2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

関連リンク

 


検索


  • Google


    WWW を検索
    とめどなく雑記 を検索

写真ピックアップ2012/04-05

  • 夜の桜
    2009年初頭までは定期的に写真を掲載していたのですが、その後サボってしまいました。写真自体は折を見て撮影していたので、現在からお気に入りなどをピックアップして掲載していきます。ファイル名は特に撮影時期ではありませんので念のため。

2009年1・2・3月撮影分

  • L1000050
    2009年になっても相変わらずぶらぶら撮った写真に終始すると思いますが、ご勘弁のほどを(^^;)。

2008年10・11・12月撮影分

  • 皆が見ないコミケの顔・その5
    D-LUX4も加わっての、バラエティに富んだ写真アルバムに…なるはず?ただ、MPはフィルムなので、掲載する予定はありません。

2008年7・8・9月撮影分

  • 祭り
    一番忙しい四半期につき、写真は少なめになるかと思います。とはいえ、新レンズを使ったりして多少浮かれてはいるかな?(^^;)

2008年4・5・6月撮影分

  • 単線のある風景
    4、5、6月分です。特に説明も無いのですが…(^^;)。まぁのんびりスナップをアップしていく…予定かと。

2008年1・2・3月撮影分

  • 円覚寺・その4
    相変わらずぶらぶら撮っています。面倒なんで、これからは3か月分、まとめようかな。

2007年10・11・12月撮影分

  • 来年に向かって歩く
    相変わらずぶらぶら撮ったものです。あまりにもとりとめなく撮ったので、3ヶ月分まとめさせていただきます(^^;)。

2007年9月撮影分

  • 機上から見る雲
    9月撮影分です。主に久米島旅行で撮った写真になっています。

2007年4・5・6・7・8月撮影分

  • 夏の海
    相変わらずぶらぶら撮った写真です。ちなみにコミケの写真は入っていません。

2007年1・2・3月撮影分

  • 桜の風景・その11
    まだまだのんびり写真です(^^;)。なんか、撮っているのも楽しいですが、現像も楽しいですね。

2006年12月撮影分

  • 築地の町並み
    相変わらずR-D1メインでぶらぶら撮影したものを掲載していきます。紅葉も都心の方まで降りてきていますので、当初はそれを中心に…といったところになるかな?

2006年11月撮影分

  • P1020232
    距離計の狂いから一時期修理に出していたR-D1が帰ってきたので、ちらほらと撮影したものをアップします。
    でもなーんかぎこちないというか…写真に対する自分なりの立脚点がしっかりしてないというか…(^^;)。
    個人的にはしっかり楽しんでいるのでいいとは思うんですけれどね(^^;)。

2006年9月 石垣島周辺旅行

  • 車に積まれたエンジン
    9月下旬に石垣島及び周辺離島を旅してきたときの写真です。
    カメラはR-D1を修理に出していたので、LC1とF10です。Exifん時に機種が書いてないのはLC1と見てください(RAWを現像・エディットして保存すると、さすがにExifデータが残らないみたい)。明るいときにはLC1にはND8のフィルターを装着しています。

2006年6月撮影分

  • 富士山を臨む
    6月撮影分です。ちょこまかと撮っているのをあげていきます。
    色々なレンズも出てきますが、だいたい使うレンズが決まりつつあるような…。

2006年5月撮影分

  • 深川の風景
     ちょっと細かな撮影が入り組んでいる月なので、まとめてのアルバムにします。
     まず最初はくらやみ祭り。のんびり行ったせいか、人垣を越えられず、てんで山車とかの写真はありませんので、期待しないように(^^;)。
     次に有楽町あたりをぶらぶら歩きながら撮った写真、お台場や川越などと、色々取り混ぜてあります。

2006年4月 浅草・皇居前広場・銀座等

  • 紅い店先
    まだR-D1に慣れていないので、運動がてら、色々テスト撮影。その途上、Jupiter-12 35mmF2.8やアベノン28mmF3.5を買ってしまったり(^^;)。その他にはスナップショットスコパー25mmF4とカラーヘリアー75mmF2.5で撮影。

2006年4月 沖縄旅行

  • 赤壁
    買いたてのR-D1を片手に沖縄をうろついた時の写真です。 レンズは基本的にフォクトレンダーのUltron35mmF1.7。広角に写っているのはUltraWide-Hrliar12mmF5.6。飛行機の撮影など、一部望遠はNokton50mmF1.5。

2006年4月 三浦半島一周

  • トンネル入口
     三浦半島一周の旅ですが、お伴にR-D1も持っていきました。  この手の負担の大きい旅ではF10といった軽いデジカメの方が適しているんですが、買ったばかりだし(^^;)、カメラとして楽しむならこちらの方がいいですしねぇ…。  そんなわけでウェストポーチで出動です。カメラ用ポーチというのがあるんですな。一眼レフも入るタイプなので、スリムなR-D1だとレンズを数個入れてもまだ余裕があったりします。  ただ、便利ではあるんですが、ちょっとデカいんですよね。カメラが入る以上、仕方ないのですが。今回はまだ涼しかったから良いですが、今後は考えないといけないかもしれません。ムレるかも。  …で、レンズはウルトラワイド・ヘリアー12mmF5.6、Jupiter-12(35mm)といったところ。実はアベノン28mmも持っていましたが、今回は使いませんでした。 ※工事現場の写真、その3とその4が入れ替わっちゃってますが、そこらへんはうまく数字順に読んでください(^^;)。

« 江ノ島の下見 | トップページ | 八方ふさがり? »

2006/12/12

色の幅の必要性

 最近ようやっと、デジカメのホワイトバランスとか色温度とかなんたるものか…というのがわかってきた(^^;)。

 デジカメしか使ってないくせに、そういう基本的な部分をてんで理解せず、しかもそれを気にしてなかったのは問題のような気も…。

 しかし、まだ実践はしてないけれど、撮った写真のプリントを行うことを考えれば、色調整というか、色に関わる部分を知っておくのは当然のことでしょう。してなかったのがどうかしていたんだけれど(^^;)。


 そんなわけで俄然興味が出てくるのがAdobeRGBとか、世間でデフォルトになっているsRGBといった規格。当然、色数の多い規格の方に魅力を感じるわけで、そうなるとsRGBよりもAdobeRGBの方が魅力的だ。

 そちらを選択すると、緑の表現力が増えるらしい。そういえばEPSONの最新フォトストレージで対応液晶を搭載し、サムスンからも比較的安価な液晶モニタが出るような。

 ほうほう、それはねらい所かな…と思ったが、よくよく考えてみよう。


 最終目標はプリントだ。通常の用紙か印画紙かはわからんけれど。そうなると、特にインクなどを使うプリントなら、必然的にsRGBの色空間よりも狭いCMYKになってしまう。

 印画紙だとCMYKの枷は外れるのか?しかし、フィルムから印画紙まで化学反応揃いならともかく、撮影した時点ではデータであって、どこかの過程でフィルムなり印画紙に焼き付けるにしても、色再現性…というのはどうなんだろう?


 いずれにしても、基本的にWeb上で不特定多数に公開する、プリントして直に会う人に見せる…くらいの用途としては、意外にAdobeRGBの必要性をあまり感じなくなってしまった。

 …ってことにして、対応機器の揃えとかから逃れようと必死(^^;)。まぁ、なんとかその気を無くしましたが。

 んでも、忘れ続けているけれど、ヒューイくらいは購入して、キャリブレーションくらいはしておかないとなー。


 また、ちっと、だからこそこだわるべき、ある表現手法をぽっと見つけましたが。ちっと手間なのですぐには取りかかれないんだけれど、いずれテストとかしてみたいと(謎)。なんか金かかりそうだけれど(超謎)。

 まぁいずれご報告しますんで、その時まで…秘密で>おーつかさん(^^;)更謎。

« 江ノ島の下見 | トップページ | 八方ふさがり? »

コメント

ほい、ネギトロにかけるしょうゆや、半熟たまご入りシチューで
着ている服にカラフルなイラストを描くという表現手法は
秘密って事で!(←んなアホな...)

商業印刷(CMYK4色)よりも最近のインクジェットプリンタの方がインクの色数が多いケースがあるため(6色とか7色とか鮮やかな発色が楽しめます。当然、CMYK4色よりも再現できる色は増えます。ただし、RGBには及びませんが。

なので少数出力するならば、色数の多いインクジェットの方が鮮やかで良いかもです。

当然、紙やプリンタの機種によっても色味が変ってくるので、何度も色調整と出力を繰り返しながら好みの色に調整するのがベターなのかな、と個人的には思ってますけど。

それを考えるとK一色は、比較的楽でいいんですよね(笑

プリンタ出力は面倒くさい…(^^;)というか、設置場所の確保が…。黒一色も階調不足にならないかな?

昔はプリントが家でできるのがお手軽~…とか思っていたんですけれど、今はすっかりプリント屋まかせですねぇ(^^;)。

まぁそれも意図した色味であがってくるか心配ですが、キャリブレーションとかしっかりしておき、以前わたなべさんからご教授いただいた「補正無しで!」でなんとかなるのかしらん?

キャリブレーション……というか、ICCプロファイルでちょっと痛い目を見たもので(笑

夏コミの表紙を色見本付で印刷所に持っていって、「見本通りにお願いします」と。結果は見本と全く違う色で出力されてきました。

ディスプレイと自宅プリンタの色味はまぁまぁ合っていたので気にしていなかったのですが、どうやらウチのディスプレイは赤みがかって表示されるようで、プリンタはその色を忠実に再現してしまった模様なのです。

確かにデータを見ると、マゼンタが入っていない色でも赤みがかって表示されてました。

スミ一色は、カラーに比べれば……といった意味合いで(^^:

そう言えば、私、デジカメの写真を紙にプリントしたこと無いな。試しに近所のカメラ屋さんでやってもらおうかしら

ICC…わからん。キャリブレーション、ホワイトバランス、色温度がわかったところで、実務的な(?)ICCプロファイルの役割とか理解しないといかんような>わし。

…なんかいい書籍かサイト、探してみないといかんなぁ…。実はおいらのこないだの同人誌も、カラーはあまり意図通りの色彩ではなかったし…(^^;)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27753/13040614

この記事へのトラックバック一覧です: 色の幅の必要性:

« 江ノ島の下見 | トップページ | 八方ふさがり? »