2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

関連リンク

 


検索


  • Google


    WWW を検索
    とめどなく雑記 を検索

写真ピックアップ2012/04-05

  • 夜の桜
    2009年初頭までは定期的に写真を掲載していたのですが、その後サボってしまいました。写真自体は折を見て撮影していたので、現在からお気に入りなどをピックアップして掲載していきます。ファイル名は特に撮影時期ではありませんので念のため。

2009年1・2・3月撮影分

  • L1000050
    2009年になっても相変わらずぶらぶら撮った写真に終始すると思いますが、ご勘弁のほどを(^^;)。

2008年10・11・12月撮影分

  • 皆が見ないコミケの顔・その5
    D-LUX4も加わっての、バラエティに富んだ写真アルバムに…なるはず?ただ、MPはフィルムなので、掲載する予定はありません。

2008年7・8・9月撮影分

  • 祭り
    一番忙しい四半期につき、写真は少なめになるかと思います。とはいえ、新レンズを使ったりして多少浮かれてはいるかな?(^^;)

2008年4・5・6月撮影分

  • 単線のある風景
    4、5、6月分です。特に説明も無いのですが…(^^;)。まぁのんびりスナップをアップしていく…予定かと。

2008年1・2・3月撮影分

  • 円覚寺・その4
    相変わらずぶらぶら撮っています。面倒なんで、これからは3か月分、まとめようかな。

2007年10・11・12月撮影分

  • 来年に向かって歩く
    相変わらずぶらぶら撮ったものです。あまりにもとりとめなく撮ったので、3ヶ月分まとめさせていただきます(^^;)。

2007年9月撮影分

  • 機上から見る雲
    9月撮影分です。主に久米島旅行で撮った写真になっています。

2007年4・5・6・7・8月撮影分

  • 夏の海
    相変わらずぶらぶら撮った写真です。ちなみにコミケの写真は入っていません。

2007年1・2・3月撮影分

  • 桜の風景・その11
    まだまだのんびり写真です(^^;)。なんか、撮っているのも楽しいですが、現像も楽しいですね。

2006年12月撮影分

  • 築地の町並み
    相変わらずR-D1メインでぶらぶら撮影したものを掲載していきます。紅葉も都心の方まで降りてきていますので、当初はそれを中心に…といったところになるかな?

2006年11月撮影分

  • P1020232
    距離計の狂いから一時期修理に出していたR-D1が帰ってきたので、ちらほらと撮影したものをアップします。
    でもなーんかぎこちないというか…写真に対する自分なりの立脚点がしっかりしてないというか…(^^;)。
    個人的にはしっかり楽しんでいるのでいいとは思うんですけれどね(^^;)。

2006年9月 石垣島周辺旅行

  • 車に積まれたエンジン
    9月下旬に石垣島及び周辺離島を旅してきたときの写真です。
    カメラはR-D1を修理に出していたので、LC1とF10です。Exifん時に機種が書いてないのはLC1と見てください(RAWを現像・エディットして保存すると、さすがにExifデータが残らないみたい)。明るいときにはLC1にはND8のフィルターを装着しています。

2006年6月撮影分

  • 富士山を臨む
    6月撮影分です。ちょこまかと撮っているのをあげていきます。
    色々なレンズも出てきますが、だいたい使うレンズが決まりつつあるような…。

2006年5月撮影分

  • 深川の風景
     ちょっと細かな撮影が入り組んでいる月なので、まとめてのアルバムにします。
     まず最初はくらやみ祭り。のんびり行ったせいか、人垣を越えられず、てんで山車とかの写真はありませんので、期待しないように(^^;)。
     次に有楽町あたりをぶらぶら歩きながら撮った写真、お台場や川越などと、色々取り混ぜてあります。

2006年4月 浅草・皇居前広場・銀座等

  • 紅い店先
    まだR-D1に慣れていないので、運動がてら、色々テスト撮影。その途上、Jupiter-12 35mmF2.8やアベノン28mmF3.5を買ってしまったり(^^;)。その他にはスナップショットスコパー25mmF4とカラーヘリアー75mmF2.5で撮影。

2006年4月 沖縄旅行

  • 赤壁
    買いたてのR-D1を片手に沖縄をうろついた時の写真です。 レンズは基本的にフォクトレンダーのUltron35mmF1.7。広角に写っているのはUltraWide-Hrliar12mmF5.6。飛行機の撮影など、一部望遠はNokton50mmF1.5。

2006年4月 三浦半島一周

  • トンネル入口
     三浦半島一周の旅ですが、お伴にR-D1も持っていきました。  この手の負担の大きい旅ではF10といった軽いデジカメの方が適しているんですが、買ったばかりだし(^^;)、カメラとして楽しむならこちらの方がいいですしねぇ…。  そんなわけでウェストポーチで出動です。カメラ用ポーチというのがあるんですな。一眼レフも入るタイプなので、スリムなR-D1だとレンズを数個入れてもまだ余裕があったりします。  ただ、便利ではあるんですが、ちょっとデカいんですよね。カメラが入る以上、仕方ないのですが。今回はまだ涼しかったから良いですが、今後は考えないといけないかもしれません。ムレるかも。  …で、レンズはウルトラワイド・ヘリアー12mmF5.6、Jupiter-12(35mm)といったところ。実はアベノン28mmも持っていましたが、今回は使いませんでした。 ※工事現場の写真、その3とその4が入れ替わっちゃってますが、そこらへんはうまく数字順に読んでください(^^;)。

« 無神経にもほどがある | トップページ | 食べ比べネタ、大募集 »

2006/12/27

M8の操作感

 えー…、先日の記事の「問答無用」については、「コメント打ちたい!」…とのご意見もありましたが、大概内容は偏るでしょう。ただ、購入に関しての話題は、後日アップしますが、当方相当辟易していますので、蒸し返したくない経緯がございます。

 申し訳ないですけれど、そういう一方的な思いですが、あるものですから、その手の話題は今後もコメント欄には書かないようご了承ください。いやホントに。


 まぁ、カメラそのものの話題はいっこうに構いませんので、しかしそれもこちらのネタの提供が無いと話は進まないでしょうから、とりあえず数十枚、M8で撮影して自分なりに操作感を確認してみました。写真そのものはおいおい左のサイドバーの「12月撮影分」以降に掲載していきます。

 大きさとしてはR-D1とあまり変わらないはずなのだが、M8の方が妙に大きく思える。勿論デジイチよりはレンズ込みではるかに小さいのだが。


 操作のフィーリングはR-D1がメカメカしいんだけれど、M8は非常にスマートというか、あまり余計な操作をせずに撮影する…というスタンスだろうか。

 M8を手に入れてもうR-D1が要らないだろう…と言われる人もいるけれど、同じRFでありながら、コンセプトがこうも違う筐体同士だと、片方有れば十分…ということにはならないと思う。

 一眼レフにもいろんな筐体があるとは思うが、ここまで両極端なのは無いんじゃないか?

 ともかくR-D1は操作という操作をアナログなダイヤルで行うので、マニュアル志向としては便利は便利。

 しかしM8はさくさく動かすのは絞りとフォーカス、シャッタースピードくらいで、他のパラメータを設定しようとする場合は液晶画面によるボタン操作となる。しかし最低限のマニュアル操作は確保されているわけで、相当撮影場所の明暗が変わらない限りはそうそう液晶画面での設定が必要になるとは思えない。

 考えてみると…LC1のフィーリング(ダイヤル構成)に近いんだよな。そっちに慣れているとあまり感覚的に変わらなさそう。

 しかし唯一、結構頻繁に使いそうな露出補正が液晶操作になるのだが、シャッタースピードダイヤルを回してのマニュアル操作でも、ファインダー内の表示によってある程度の露出補正操作が行えるので、それでいいんじゃないの…と思えばやはりそうそう液晶画面を操作せずに済む。

 まぁこれもLC1に近いかな。あちらはEVFでより細かい操作ができるけれど。

 むしろ、露出補正を行う場合、そのダイヤルを回す際に「ロックを外す」操作が多い分、R-D1が煩雑…ということになってしまう(たったワンアクションの話なのでオーバーだが)。


 そう考えると、短い時間で場所を変えずに集中的に撮影するならM8、長い時間、明るさもころころ変わるようなところで撮影するならR-D1…という位置づけが出来ると思う。


 無論それだけではない使い分けもあるとは思うが、そこら辺は実践的においおい検討していくことにしようと思う。

 まだちょっとM8のポテンシャル…というか、どう扱っていくか…ってのが自分でも計りかねるので。


 ああ、そうそう。今のところの不満点としては、唯一ISO設定が視認できず、現在のISO設定を忘れて撮影してしまうことが多くてどーも…。

 ISO値が160で暗いところを撮影すれば、イヤでもISO値が低いということがわかるが、1250とかにしておいて明るいところで撮影しようとした場合、シャッターが普通に落ちる分、気がつかない可能性が高い。当然、ノイジーな写真に仕上がって、がっくりくる可能性もある。

 自分で自覚していればいいのだが、ついつい忘れてしまうことが多いので、出来ればファインダー内に表示して欲しいところ。あるいはどこかに「現在ISO160」とか表示切り替えするカウンターみたいなのをセットするしかないかな…?


 ちなみに、L→Mマウントの内、28/90mmマウンタを未入手だったりする。お気に入りのライツ・エルマー90mm/F4が装着できないので、早々に手に入れなければ…。

 あと、念のためマグニファイアーも欲しいなぁ…。


 そう、マグニファイアー。ファインダーの拡大レンズとでも説明すればいいのだろうか?R-D1とM8を並べてみると、その距離計の作りの大きな違いがよくわかる。基線長がだいぶ違う。M8が遙かに長い。

 「R-D1はライカを知らないヤツが設計した」とある人がいったけれど、並べてみると確かにそうかもしれないと痛感する。そしてファインダーを覗くとさらに違いがわかる。

 1mも離れていないところに、カメラに平行に棒が並んでいると思いねぇ。平行…とはいっても、15度くらいの傾きがあるので、10cmくらいの棒でも、カメラからの左右端の距離は微妙に違う。

 しかし至って微妙なので、R-D1の距離計だと普通に全体像が結像するのだが、M8だと左に合わせれば右が、右に合わせれば左がズレる。非常に微妙なピンあわせが可能なわけだ。

 こりゃ、ノクチとか使うなら必然的にボディも決まるっつーもんですな…。

 明るいレンズはM8、被写界深度を稼いでスナップ…とかはR-D1…といった使い分けにも結びつきそう。

 んでもファインダーの倍率が0.68と低いので>M8、いざというときはマグニファイアーが必要になりそう…ってことですわ。…新宿で手にはいるかな?

« 無神経にもほどがある | トップページ | 食べ比べネタ、大募集 »

コメント

なんとハッセンブンノイチ秒があるんですか。
ガシガシ開けられるじゃないですか。
0.68倍っていうのもR-D1とえらい違い。
同じデジタルRFでも全くベクトルが違っているとはね。
カメラ雑誌見た時にはそういう切り口はなかったような。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27753/13221940

この記事へのトラックバック一覧です: M8の操作感:

« 無神経にもほどがある | トップページ | 食べ比べネタ、大募集 »