2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

関連リンク

 


検索


  • Google


    WWW を検索
    とめどなく雑記 を検索

写真ピックアップ2012/04-05

  • 夜の桜
    2009年初頭までは定期的に写真を掲載していたのですが、その後サボってしまいました。写真自体は折を見て撮影していたので、現在からお気に入りなどをピックアップして掲載していきます。ファイル名は特に撮影時期ではありませんので念のため。

2009年1・2・3月撮影分

  • L1000050
    2009年になっても相変わらずぶらぶら撮った写真に終始すると思いますが、ご勘弁のほどを(^^;)。

2008年10・11・12月撮影分

  • 皆が見ないコミケの顔・その5
    D-LUX4も加わっての、バラエティに富んだ写真アルバムに…なるはず?ただ、MPはフィルムなので、掲載する予定はありません。

2008年7・8・9月撮影分

  • 祭り
    一番忙しい四半期につき、写真は少なめになるかと思います。とはいえ、新レンズを使ったりして多少浮かれてはいるかな?(^^;)

2008年4・5・6月撮影分

  • 単線のある風景
    4、5、6月分です。特に説明も無いのですが…(^^;)。まぁのんびりスナップをアップしていく…予定かと。

2008年1・2・3月撮影分

  • 円覚寺・その4
    相変わらずぶらぶら撮っています。面倒なんで、これからは3か月分、まとめようかな。

2007年10・11・12月撮影分

  • 来年に向かって歩く
    相変わらずぶらぶら撮ったものです。あまりにもとりとめなく撮ったので、3ヶ月分まとめさせていただきます(^^;)。

2007年9月撮影分

  • 機上から見る雲
    9月撮影分です。主に久米島旅行で撮った写真になっています。

2007年4・5・6・7・8月撮影分

  • 夏の海
    相変わらずぶらぶら撮った写真です。ちなみにコミケの写真は入っていません。

2007年1・2・3月撮影分

  • 桜の風景・その11
    まだまだのんびり写真です(^^;)。なんか、撮っているのも楽しいですが、現像も楽しいですね。

2006年12月撮影分

  • 築地の町並み
    相変わらずR-D1メインでぶらぶら撮影したものを掲載していきます。紅葉も都心の方まで降りてきていますので、当初はそれを中心に…といったところになるかな?

2006年11月撮影分

  • P1020232
    距離計の狂いから一時期修理に出していたR-D1が帰ってきたので、ちらほらと撮影したものをアップします。
    でもなーんかぎこちないというか…写真に対する自分なりの立脚点がしっかりしてないというか…(^^;)。
    個人的にはしっかり楽しんでいるのでいいとは思うんですけれどね(^^;)。

2006年9月 石垣島周辺旅行

  • 車に積まれたエンジン
    9月下旬に石垣島及び周辺離島を旅してきたときの写真です。
    カメラはR-D1を修理に出していたので、LC1とF10です。Exifん時に機種が書いてないのはLC1と見てください(RAWを現像・エディットして保存すると、さすがにExifデータが残らないみたい)。明るいときにはLC1にはND8のフィルターを装着しています。

2006年6月撮影分

  • 富士山を臨む
    6月撮影分です。ちょこまかと撮っているのをあげていきます。
    色々なレンズも出てきますが、だいたい使うレンズが決まりつつあるような…。

2006年5月撮影分

  • 深川の風景
     ちょっと細かな撮影が入り組んでいる月なので、まとめてのアルバムにします。
     まず最初はくらやみ祭り。のんびり行ったせいか、人垣を越えられず、てんで山車とかの写真はありませんので、期待しないように(^^;)。
     次に有楽町あたりをぶらぶら歩きながら撮った写真、お台場や川越などと、色々取り混ぜてあります。

2006年4月 浅草・皇居前広場・銀座等

  • 紅い店先
    まだR-D1に慣れていないので、運動がてら、色々テスト撮影。その途上、Jupiter-12 35mmF2.8やアベノン28mmF3.5を買ってしまったり(^^;)。その他にはスナップショットスコパー25mmF4とカラーヘリアー75mmF2.5で撮影。

2006年4月 沖縄旅行

  • 赤壁
    買いたてのR-D1を片手に沖縄をうろついた時の写真です。 レンズは基本的にフォクトレンダーのUltron35mmF1.7。広角に写っているのはUltraWide-Hrliar12mmF5.6。飛行機の撮影など、一部望遠はNokton50mmF1.5。

2006年4月 三浦半島一周

  • トンネル入口
     三浦半島一周の旅ですが、お伴にR-D1も持っていきました。  この手の負担の大きい旅ではF10といった軽いデジカメの方が適しているんですが、買ったばかりだし(^^;)、カメラとして楽しむならこちらの方がいいですしねぇ…。  そんなわけでウェストポーチで出動です。カメラ用ポーチというのがあるんですな。一眼レフも入るタイプなので、スリムなR-D1だとレンズを数個入れてもまだ余裕があったりします。  ただ、便利ではあるんですが、ちょっとデカいんですよね。カメラが入る以上、仕方ないのですが。今回はまだ涼しかったから良いですが、今後は考えないといけないかもしれません。ムレるかも。  …で、レンズはウルトラワイド・ヘリアー12mmF5.6、Jupiter-12(35mm)といったところ。実はアベノン28mmも持っていましたが、今回は使いませんでした。 ※工事現場の写真、その3とその4が入れ替わっちゃってますが、そこらへんはうまく数字順に読んでください(^^;)。

« 今度は自転車を描いてみた | トップページ | 道ばたのレンズカバー »

2006/11/26

紅葉の季節

06112309

  日本には四季というものがあり、春夏秋冬折々の季節を楽しめるわけで、当然今の季節は紅葉などが見頃。

 本来は丹波山村ののめこい湯に向かう…という目的ながら、本当はその途上、紅葉を愛でようや…というのが真の趣旨だったりします。 まぁのめこい湯から紅葉が見られれば一番なのですが、そういう地形にはなっていなかったような…。

 しかし問題は天気予報でした。いやまぁ、天気予報そのものが問題ではなく、天候そのもの…なんですけれど、経緯を考えると 「天気予報そのもの」が問題だったような気が…。

 予報に寄れば、23日当日南から近づく低気圧に伴う雨雲により雨模様…ということで、週のはじめの予報では降水確率は高かったものです。 しかし23日に近づくにつれ、徐々に確率が低くなっていきました。ほうほう、予報の正確性が上がるにつれ、 その雨雲のコースが外れることが段々と判明してきたのね…と見ていました。

 しかし前日に突如その確率が70%に跳ね上がるという暴挙(?)。そらまぁおいらもびっくりですが、他の参加予定者もびっくりです。 そんな予報では到底立川から青梅、奥多摩を越え、丹波山村まで自転車で行けると思いません。

 急遽予定を変更し、のめこい湯行きを別の日に延期することにしました。

 ただ、大人な判断としてはそうするのは当然だろう…とは思うのですが、なんとはなしに天気図と雨雲レーダーを見る限り、 「必ず雨が降るって感じには見えない…」という野生の勘が…。

 せっかくの祝日を予定変更して部屋に閉じこもりっきりというのはもったいない…という未練たらしい思いがそうさせたのかもしれませんが、 しかしなにかうずうずとしたものが残る。

 まぁのめこい湯はすんなりあきらめるにしても、紅葉の季節、もみじ狩り…というのを考えれば、御嶽山駅付近の紅葉も見物… という過去の経験もあります。

 とりあえず行動範囲を青梅線圏内に絞り、いざという時(降雨)は輪行に移行…ということにすれば避難もできるというものです。… っていうか、なんのための輪行か(^^;)。

 それにそもそもそういえば、この日しか都合の付かないtoMoさんが新しいデジカメを買って、写欲を満たしたい…という話もありますし、 それで紅葉の撮影も兼ねられれば一石二鳥になるかしらん?…とまぁとりあえずその程度の軽い企画を立案。決行することに。

 ただなぜかNebulaさんが「8時に青梅ね」と言い出し、また早起きするハメに…。

 いずれにせよ、天候次第で朝から出るか、そもそも出かけようがないじゃん…ってことになりかねませんので、5時に起きてそのときの天候、 天気予報(ウェザーニュースは朝は5時に更新していたような…)で総合的に判断する…ということに。…早い(^^;)。


 …でまぁ、慣れてはいないんですけれど無理やり起きてみると…真っ暗(^^;)。

 空模様なんてわからない。道路を見て降ってないのを確認したくらい。これでなんの判断ができるというの…(^^;)。

 しかしそういえばウェザーニュースの一番早い予報更新時間が朝5時だったような気がしたのを思い出し、最新の予報を見てみると降水確率が… 、

 30%

 おいおい、70%ってのはどこいったんだ(^^;)。前日21時まではその確率だったぞ。なにがどうなっているんだか…。

 いずれにせよ、予報だけ見ても降雨にはあまり遭遇しないことが容易に想像された為に、blogに決行告知。色々準備を始め、 日が出た6時過ぎに出発しました。

 いつも通り多摩川サイクリングロードに向かうと、この川沿いも結構紅葉が増えてます。こら行き先も期待できるか…と思いきや、 ふと遠方を見てみると山間部に雲海のような光景が…。
06112308
 本当に大丈夫か、行き先。予報が70%から30%に落ちたことをいいことに浮かれているけれど、予報がアテにならない…ということは逆に 「降ってもおかしくない」ということを意味していることを再認識させられたり。そんな暗雲な雰囲気。

 まぁ実際に見えているこの方向は五日市方面で、青梅、奥多摩の方ではないのだが。しかし似たような地形なんだし、ちょっと心配。

 ともかくも、走り初めてどんどん青梅に近づくと…特に天候で懸念することは特に無し。むしろ日の光が強くなっているような…。

 そんなこんなで青梅には予定の10分過ぎくらいに到着(^^;)。見ればすでにNebulaさんが到着して朝飯食ってます。

 そしてもう10分ほど遅れてtoMoさんが到着。周辺は祝日の朝で、元々雨予報だったこともあってか、観光客も少なく、静かです。 さすが8時の青梅。我々もこないだの築地よりは楽にしても、妙にテンション低(^^;)。


 で、基本的に青梅から奥多摩の間をぶらぶらという当初のコンセプトだったので、それを基本にしたコース取りを…と相談。 まぁ個人的にはこの時点で「もう雨は無いんじゃねーか」とのめこい湯でもいいかなー…という気はしていたのですが、皆に 「のめこい湯は25日」と告知していたこともあるので、そうもいかないかなー…と揺らいでいたり。

 ただ、前述したとおりカメラの試写…というか、写欲を満たす目的もあるので、まずはおいらの紅葉のおすすめポイント、御嶽山駅付近 (の渓谷)に向かうことに。もっとも、そこらへんの紅葉の案配がどんなもんか知らずに言ってますが。行ってみるまでわからない(^^;)。 まぁどうしようもなかったら自転車なんだし、すぐに別の目的地を探しますよ。


 とりあえず青梅街道を西に走り、途中吉野街道に移りました。で、まぁどこか腰を落ち着けて朝飯…というか、 エネルギー補給できるところはねーかなー…ということで「美よしの園」へ確かあそこは結構早くから開店していたような気がしたので…。

 しかし言ってみて判明したのは「9時半開店」ということ。…あ、9時過ぎだ、今(^^;)。

06112301  あきらめて立ち去ろうとすると、準備ができていないうどんとかは無理だけど、それ以外なら… と扉を開けてもらいました(^^;)。

06112302 ありがたく白玉ぜんざいを注文し、お茶も付いているので暖まることができました。ほっ。


 そして梅干しもありましたので、糖分とクエン酸をエネルギーに(^^;)、御嶽山駅付近を目指して走り出します。

 しかしこの時、高層に雲がかかっているものの、太陽も顔をのぞかせはじめました。

 …あの雨の予報はっ!?

 降る気配も一向に感じられず、賭に勝ったとここで確信しました。そして思いついた単語は…、

 勝ち組(^^;)


 まぁそんなこんなで御嶽山駅付近の、渓谷脇にある、お酒で有名な澤之井の直営店…なのかな?「いもうと屋」 という食事処のあるあたりから川辺にエントリー。

06112310  そしてそこで目にした風景は…それはもうすごい紅葉っぷり。

 その場所にたどり着くまで吉野街道沿いは林で川辺が見えなかったので、紅葉の案配などてんでわかりませんでしたが、景色が開けた途端、 全員のテンション最高潮(^^;)。

 頃合いもちょうど良く(イチョウはかなりの散り際っぽいんだけれど)紅葉なんか緑は当然、黄色、オレンジ、赤と全色とりそろっている感じ。 いやいや、それだけではなく、グラデのかかっている木も。

 誰かの言葉を借りれば、「紅葉の宝石箱や~」って感じ。いやマジで。

  新調したデジカメ、GR-Dを持参したtoMoさんはさぞやご機嫌だろうと思いきや、意外に不機嫌。 シャッターはバシバシ押しているものの「ズームと絞り解放で、前景紅葉、バックぼけな写真を撮りたい~」と、28mm単焦点を手に、 悔しがる始末。

06112312  つまりこういうことですな。さすがに開放値があっても、28mmじゃちょっと… ねぇ(^^;)。それでも寄ってマクロとか、かなり楽しんで撮影されてました。

 私は紅葉撮影も入るかも…と想定した時点でそういう撮影の必要性も感じたので、まぁ別の理由もありますけれど、R-D1の単焦点ではなく、 28-90mmのズーム付きLC1でした。広角から望遠まで、かなり多種な撮影が楽しめて、ここでも勝ち組(^^;)…と言いたいけれど、 CCDが小さいので、ボケ量はあんまり無いんだけどね(^^;)。最短マクロも30cm程度なので、 数cmまで寄れるマクロで葉を撮ったり… というのが出来なくてちと不満。

 今から考えれば、F10も持っていたんだから、それも併用すればいいんだけれど、すっかり忘れてましたわ(^^;)。

 そういえばNebulaさんはコダックの2つのレンズを装備する…なんて言いましたっけ、あのデジカメを持参。 片方は通常のズームレンズとはいえ、もう片方は単焦点ながら23mmという超広角。 しかもコダックカラーが紅葉の色調をうまく表現しそうな予感。

 …意外と一番の勝ち組?

 ともあれ、皆でばしばし撮影しまくり、川のこちらであちらと、上流下流に行ったり来たり。はたまた川の中にまで…は行かないが(^^;)、 それくらい撮りまくった感じ。

 そこらへんの成果は左のサイドバー内の11月撮影分の下の方に掲載しているので、 是非ご覧ください。


06112303  無論、途中メシを食ったりも。いもうと屋の「おぼろ豆腐膳」とか。 そういえばいもうと屋周辺に何度か行っているけれど、まともに膳をか食べたの、今回が初めてかも。

 んでもヘルシーながら、結構美味いなー。

 また、写真はないけれど、屋台の手作り饅頭とか。普段だったらもっと屋台出ているという話だったけれど、 今回はその饅頭しか見つけられなかったのはもったいない…。

06112304  あとそういえばゆず茶もいただいたか。これもなかなか良かったなぁ…。

06112305  これを出していたお店というのも妙に味で、装飾が凝っている…というか、 色々つぎ込んでいる(?)んだけれど、妙にハズしているというか(^^;)。 まぁそれが妙な独特の雰囲気を醸し出していて面白いっちゃー面白いんだけれど。 食い損ねたメニューも美味しそうなものもあったので、また行ってみたいかも。


06112306  ともあれ、そんなこんなで…ありゃ、結構時間が…。 とてものめこい湯なんて行っていられる時間ではありません。

 なんか御嶽山駅付近の川沿いでほとんど終わってしまったけれど、奥多摩湖とかのめこい湯とかは土曜日にあるし、 撮影をしっかり楽しんだので今日は今日でいいかな…と。のめこい湯はまた改めて…。

 しかし、そもそもNebulaさんにのめこい湯に至る「菩薩ライン」を是非走っていただきたいというコンセプト。 そのNebulaさんが土曜は出られないということが発覚!…となると、土曜は残念ながら中止の危機…っていうか、中止の方向やね。

 しかしそうなると今日、御嶽山駅付近だけで終わるのはもったいない。奥多摩湖だけでも行っておきたいところ。 かなり時間は切迫しているものの、行くだけは行ってみることに。

06112307  坂をひいこら登り、なんとか日の昇っている内に到着。奥多摩湖ではぶらぶらとしましたが、 しかし明らかに日没が近づく感じ。早急に下山(違)することに。

 で、頃合いからすれば夕食が必要といったところ。…となると、以前食べ損ねた「あの」釜飯を食べたいところ。 前回は食い逃した経験もあるので、あらかじめ携帯の電話帳に電話番号を控えていたり。もう同じ轍は踏まないのだ。

 早速電話してみると「17時半までには入ってくださいね」とのこと。

 …、あと1時間なんすけど…。

 下りとはいえ、日がかげり始め、暗くなり、寒くなるのに奥多摩湖から日向和田に自転車で1時間…というのはちっと厳しい。いやまぁ、 ロードなら平気なのかもしれないけれども…。

 ともかく、14~20インチタイヤで下り最速で走ることに。

 どんどん暗くなる青梅街道を、ともかく走る。走る。ひたすら走る。Nebulaさんのフェニーチェがえっらい勢いで下っていく。… っていうか、突き放していく(^^;)。途中、こちらを待っていてくれたりして、こりゃNebulaさんだけなら間に合っていたな…。

 そういえば登りん時は俺がえっれぇ足を引っ張ったんだよね(^^;)。下りくらいは最速を…と思っていたら、 見事そちらでも足を引っ張ってしまったかぁ…(^^;)。

 ともかくがしがし走ったところ…なんとか制限時間10分前に到着。「本日は閉店」と告知されていたものの、 ちゃんと電話で取っておいてもらったので、今回はちゃんと食せました。

 相変わらず美味しい釜飯でした。なんか前回と具が違うところがあったような気がしますが、 季節物ということで時期によって違うんでしょうな。

 そんな感じで客も一人もいない店内でのほほんと釜飯をいただき、一息ついた我々。 心残りはその近所の刺身こんにゃくが買えなかったことですが、まぁそれはまた今度。

 あとは帰宅の徒に付くわけですが、さすがにその途上でつらっと雨に降られました。ただ、ほんとうにつらっと…って感じで、 走行には一切支障がありませんでしたが。

 そんなわけで、全行程107kmの走行でしたが、まぁ、結構楽しめました。写真も見てねん。

« 今度は自転車を描いてみた | トップページ | 道ばたのレンズカバー »

コメント

同じ頃、一向に雨の降らなさそうな天を仰いでしかめっ面を
する壮年男子がいた。そして思いついた単語は…、

負け組 (+_+)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27753/12832385

この記事へのトラックバック一覧です: 紅葉の季節:

« 今度は自転車を描いてみた | トップページ | 道ばたのレンズカバー »