2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

関連リンク

 


検索


  • Google


    WWW を検索
    とめどなく雑記 を検索

写真ピックアップ2012/04-05

  • 夜の桜
    2009年初頭までは定期的に写真を掲載していたのですが、その後サボってしまいました。写真自体は折を見て撮影していたので、現在からお気に入りなどをピックアップして掲載していきます。ファイル名は特に撮影時期ではありませんので念のため。

2009年1・2・3月撮影分

  • L1000050
    2009年になっても相変わらずぶらぶら撮った写真に終始すると思いますが、ご勘弁のほどを(^^;)。

2008年10・11・12月撮影分

  • 皆が見ないコミケの顔・その5
    D-LUX4も加わっての、バラエティに富んだ写真アルバムに…なるはず?ただ、MPはフィルムなので、掲載する予定はありません。

2008年7・8・9月撮影分

  • 祭り
    一番忙しい四半期につき、写真は少なめになるかと思います。とはいえ、新レンズを使ったりして多少浮かれてはいるかな?(^^;)

2008年4・5・6月撮影分

  • 単線のある風景
    4、5、6月分です。特に説明も無いのですが…(^^;)。まぁのんびりスナップをアップしていく…予定かと。

2008年1・2・3月撮影分

  • 円覚寺・その4
    相変わらずぶらぶら撮っています。面倒なんで、これからは3か月分、まとめようかな。

2007年10・11・12月撮影分

  • 来年に向かって歩く
    相変わらずぶらぶら撮ったものです。あまりにもとりとめなく撮ったので、3ヶ月分まとめさせていただきます(^^;)。

2007年9月撮影分

  • 機上から見る雲
    9月撮影分です。主に久米島旅行で撮った写真になっています。

2007年4・5・6・7・8月撮影分

  • 夏の海
    相変わらずぶらぶら撮った写真です。ちなみにコミケの写真は入っていません。

2007年1・2・3月撮影分

  • 桜の風景・その11
    まだまだのんびり写真です(^^;)。なんか、撮っているのも楽しいですが、現像も楽しいですね。

2006年12月撮影分

  • 築地の町並み
    相変わらずR-D1メインでぶらぶら撮影したものを掲載していきます。紅葉も都心の方まで降りてきていますので、当初はそれを中心に…といったところになるかな?

2006年11月撮影分

  • P1020232
    距離計の狂いから一時期修理に出していたR-D1が帰ってきたので、ちらほらと撮影したものをアップします。
    でもなーんかぎこちないというか…写真に対する自分なりの立脚点がしっかりしてないというか…(^^;)。
    個人的にはしっかり楽しんでいるのでいいとは思うんですけれどね(^^;)。

2006年9月 石垣島周辺旅行

  • 車に積まれたエンジン
    9月下旬に石垣島及び周辺離島を旅してきたときの写真です。
    カメラはR-D1を修理に出していたので、LC1とF10です。Exifん時に機種が書いてないのはLC1と見てください(RAWを現像・エディットして保存すると、さすがにExifデータが残らないみたい)。明るいときにはLC1にはND8のフィルターを装着しています。

2006年6月撮影分

  • 富士山を臨む
    6月撮影分です。ちょこまかと撮っているのをあげていきます。
    色々なレンズも出てきますが、だいたい使うレンズが決まりつつあるような…。

2006年5月撮影分

  • 深川の風景
     ちょっと細かな撮影が入り組んでいる月なので、まとめてのアルバムにします。
     まず最初はくらやみ祭り。のんびり行ったせいか、人垣を越えられず、てんで山車とかの写真はありませんので、期待しないように(^^;)。
     次に有楽町あたりをぶらぶら歩きながら撮った写真、お台場や川越などと、色々取り混ぜてあります。

2006年4月 浅草・皇居前広場・銀座等

  • 紅い店先
    まだR-D1に慣れていないので、運動がてら、色々テスト撮影。その途上、Jupiter-12 35mmF2.8やアベノン28mmF3.5を買ってしまったり(^^;)。その他にはスナップショットスコパー25mmF4とカラーヘリアー75mmF2.5で撮影。

2006年4月 沖縄旅行

  • 赤壁
    買いたてのR-D1を片手に沖縄をうろついた時の写真です。 レンズは基本的にフォクトレンダーのUltron35mmF1.7。広角に写っているのはUltraWide-Hrliar12mmF5.6。飛行機の撮影など、一部望遠はNokton50mmF1.5。

2006年4月 三浦半島一周

  • トンネル入口
     三浦半島一周の旅ですが、お伴にR-D1も持っていきました。  この手の負担の大きい旅ではF10といった軽いデジカメの方が適しているんですが、買ったばかりだし(^^;)、カメラとして楽しむならこちらの方がいいですしねぇ…。  そんなわけでウェストポーチで出動です。カメラ用ポーチというのがあるんですな。一眼レフも入るタイプなので、スリムなR-D1だとレンズを数個入れてもまだ余裕があったりします。  ただ、便利ではあるんですが、ちょっとデカいんですよね。カメラが入る以上、仕方ないのですが。今回はまだ涼しかったから良いですが、今後は考えないといけないかもしれません。ムレるかも。  …で、レンズはウルトラワイド・ヘリアー12mmF5.6、Jupiter-12(35mm)といったところ。実はアベノン28mmも持っていましたが、今回は使いませんでした。 ※工事現場の写真、その3とその4が入れ替わっちゃってますが、そこらへんはうまく数字順に読んでください(^^;)。

« 自分だけは覚えておきたいメモ | トップページ | 使えない十円玉 »

2006/11/22

デザインのミソ

 相変わらずメッサーシュミットを描いている。これに自転車を載せた絵を描くのだーっ!…という当初の趣旨だったような気がするが、日を重ねるにつれ、コンセプトがちょっと変わってきた。

 先に描いていたとき、ちょっと気になっていたことがある。この車のデザインって、扱いにくくないだろうか?…と。描きにくい…というのは別にして。

 メッサーシュミットの面白いところは前が大きく、後ろがすぼんでいるところ。宇宙英雄物語に登場する涙滴型宇宙船と同じデザインライン…といっていいのだろうか。

 独特のフォルムが実車として美しいわけだが、これを描くとなるとパースを取りにくい…と同時に、どのアングルが美しい顔か…というのが難しい。

 今までは俯瞰の斜め上からのアングルで今まで描いてきた。これは相対的に胴長なメッサーシュミットの特長をよく表しているアングルで、「これはメッサーシュミット」と描きやすいアングルでまだ助かっている。

 しかし車を描く以上、他のアングルも描く必要が出てくるのだが、その時にメッサーシュミットらしさを出せるか、いやそれ以前に絵として落ち着く描写ができるのか…ということ。

 何を恐れているのか…といえば、正面から描いた場合、その前面の大きさと後方の尻すぼみ故、奥行きが出ないんじゃないか…と。

 実車だと実車なので、奥行き感云々ではなく、実在すれば否応なく立体なので、奥行き感・立体感を問う問わないの話にすらならない。

 ただ、絵とするならば、2Dは勿論、3Dで精密に作ったとしても、ある程度情報をロストしているわけで、仮想空間上に立体として存在させられるかどうか…というのが疑問なわけだ。

 なにはともあれ、実際に描いてみればいいか。えいやっ!

06112201 …まぁ右な感じ。奥行きがわかりづらい…ってのがよくわかるでしょ?

 ただ、車のフロントの「顔」としての存在感や、ドライバーの演出、車の下の影、それ以前にジャンプしているというアクションをつい付加してしまったので、そっちに目がいっているでしょ。

 奥行きを問う資料には向かない絵になっているな(^^;)。ただ、まともに描こうとすると失敗しそうな気がして、他ニュアンスを盛り込んで、カットとしてそれなりに「保つ」ようにしてしまったのは絵描きとしての本能…ってことで許してください(^^;)。

 しかしついでだから別の話をしてしまえば、最近アニメで車といった機械のアイテムの描写が3DCGで描かれているけれど…固いよね。パースに全く準拠。

 んでも昔のアニメとかが当然手書きで、特によく例に挙げられるのは「カリ城」で、あれはあれでアクションこそオーバーだけれど、あれも普通に車として見られる…のだが、よく見ると意外に質感はぐにゃぐにゃしている。

 押井守が言っていたような気がするが、「あれは特殊素材で出来ていて、変形自在」なのだとかなんとか。

 当然非現実的な描写ではあるのだが、絵を「魅せる」と考えればむしろその方が魅力的ではある。

 しかし当然技術も要求されることから、更に昨今の3DCGの隆盛もあり、「手書きの車」をこなせられる人材が相当少なくなっているそうな。ちょっと惜しいよね。ロボットも同様らしい。まぁこちらは最近は需要も少ない気もする…が…(^^;)。

 ただ、「将来的には3DCGでも上手いオペレーターが手書きテイストを再現する車の描写が出てくるかもしれない」(確か押井談)という期待もあるらしい。意外にCinema4Dのデフォーマを使えば、今でも簡単に再現できるかもね。


 …とかいったことを、今回の絵を描きながら感じた次第。

06112202 ついでなので後ろアングルも描いてみた。正面の対の後方…にしたかったのだが、バリエーション無いのもつまらなかった…と考えたのか、やや45度斜めっぽい(^^;)。

 これだと胴体の特徴が見えるので先の比較にはならない。ただ、本当に真後ろから描くと、今度は3輪というところで奥行きを表現しにくいかもしれない。絵で言う後ろ、つまり前輪の方が広がっていることになるので、遠近法が…。

 そういうおそれがあるので、手書きだとつい動きを表現してしまうな(^^;)。まぁそれ以前にでたらめなマシンガンをどうにかしろよ…という気も(^^;)幌もどっか行っちゃったし。

 まぁ逆に言えば、手書きはいかにご都合主義…というか、うまく収めてくれるな、3Dの融通の利かなさに比べて…ってことか。ん~…まぁ、そんなところ。

« 自分だけは覚えておきたいメモ | トップページ | 使えない十円玉 »

コメント

昨日ケーブルテレビで「未来世紀ブラジル」を観ていたらメッサーシュミットが何回も出てきました。前からみるとまさに蛙!後部にはジェットエンジンみたいなものが付いていましたがグッドデザイン。実物走っているのを見たいものです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27753/12767729

この記事へのトラックバック一覧です: デザインのミソ:

« 自分だけは覚えておきたいメモ | トップページ | 使えない十円玉 »