2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

関連リンク

 


検索


  • Google


    WWW を検索
    とめどなく雑記 を検索

写真ピックアップ2012/04-05

  • 夜の桜
    2009年初頭までは定期的に写真を掲載していたのですが、その後サボってしまいました。写真自体は折を見て撮影していたので、現在からお気に入りなどをピックアップして掲載していきます。ファイル名は特に撮影時期ではありませんので念のため。

2009年1・2・3月撮影分

  • L1000050
    2009年になっても相変わらずぶらぶら撮った写真に終始すると思いますが、ご勘弁のほどを(^^;)。

2008年10・11・12月撮影分

  • 皆が見ないコミケの顔・その5
    D-LUX4も加わっての、バラエティに富んだ写真アルバムに…なるはず?ただ、MPはフィルムなので、掲載する予定はありません。

2008年7・8・9月撮影分

  • 祭り
    一番忙しい四半期につき、写真は少なめになるかと思います。とはいえ、新レンズを使ったりして多少浮かれてはいるかな?(^^;)

2008年4・5・6月撮影分

  • 単線のある風景
    4、5、6月分です。特に説明も無いのですが…(^^;)。まぁのんびりスナップをアップしていく…予定かと。

2008年1・2・3月撮影分

  • 円覚寺・その4
    相変わらずぶらぶら撮っています。面倒なんで、これからは3か月分、まとめようかな。

2007年10・11・12月撮影分

  • 来年に向かって歩く
    相変わらずぶらぶら撮ったものです。あまりにもとりとめなく撮ったので、3ヶ月分まとめさせていただきます(^^;)。

2007年9月撮影分

  • 機上から見る雲
    9月撮影分です。主に久米島旅行で撮った写真になっています。

2007年4・5・6・7・8月撮影分

  • 夏の海
    相変わらずぶらぶら撮った写真です。ちなみにコミケの写真は入っていません。

2007年1・2・3月撮影分

  • 桜の風景・その11
    まだまだのんびり写真です(^^;)。なんか、撮っているのも楽しいですが、現像も楽しいですね。

2006年12月撮影分

  • 築地の町並み
    相変わらずR-D1メインでぶらぶら撮影したものを掲載していきます。紅葉も都心の方まで降りてきていますので、当初はそれを中心に…といったところになるかな?

2006年11月撮影分

  • P1020232
    距離計の狂いから一時期修理に出していたR-D1が帰ってきたので、ちらほらと撮影したものをアップします。
    でもなーんかぎこちないというか…写真に対する自分なりの立脚点がしっかりしてないというか…(^^;)。
    個人的にはしっかり楽しんでいるのでいいとは思うんですけれどね(^^;)。

2006年9月 石垣島周辺旅行

  • 車に積まれたエンジン
    9月下旬に石垣島及び周辺離島を旅してきたときの写真です。
    カメラはR-D1を修理に出していたので、LC1とF10です。Exifん時に機種が書いてないのはLC1と見てください(RAWを現像・エディットして保存すると、さすがにExifデータが残らないみたい)。明るいときにはLC1にはND8のフィルターを装着しています。

2006年6月撮影分

  • 富士山を臨む
    6月撮影分です。ちょこまかと撮っているのをあげていきます。
    色々なレンズも出てきますが、だいたい使うレンズが決まりつつあるような…。

2006年5月撮影分

  • 深川の風景
     ちょっと細かな撮影が入り組んでいる月なので、まとめてのアルバムにします。
     まず最初はくらやみ祭り。のんびり行ったせいか、人垣を越えられず、てんで山車とかの写真はありませんので、期待しないように(^^;)。
     次に有楽町あたりをぶらぶら歩きながら撮った写真、お台場や川越などと、色々取り混ぜてあります。

2006年4月 浅草・皇居前広場・銀座等

  • 紅い店先
    まだR-D1に慣れていないので、運動がてら、色々テスト撮影。その途上、Jupiter-12 35mmF2.8やアベノン28mmF3.5を買ってしまったり(^^;)。その他にはスナップショットスコパー25mmF4とカラーヘリアー75mmF2.5で撮影。

2006年4月 沖縄旅行

  • 赤壁
    買いたてのR-D1を片手に沖縄をうろついた時の写真です。 レンズは基本的にフォクトレンダーのUltron35mmF1.7。広角に写っているのはUltraWide-Hrliar12mmF5.6。飛行機の撮影など、一部望遠はNokton50mmF1.5。

2006年4月 三浦半島一周

  • トンネル入口
     三浦半島一周の旅ですが、お伴にR-D1も持っていきました。  この手の負担の大きい旅ではF10といった軽いデジカメの方が適しているんですが、買ったばかりだし(^^;)、カメラとして楽しむならこちらの方がいいですしねぇ…。  そんなわけでウェストポーチで出動です。カメラ用ポーチというのがあるんですな。一眼レフも入るタイプなので、スリムなR-D1だとレンズを数個入れてもまだ余裕があったりします。  ただ、便利ではあるんですが、ちょっとデカいんですよね。カメラが入る以上、仕方ないのですが。今回はまだ涼しかったから良いですが、今後は考えないといけないかもしれません。ムレるかも。  …で、レンズはウルトラワイド・ヘリアー12mmF5.6、Jupiter-12(35mm)といったところ。実はアベノン28mmも持っていましたが、今回は使いませんでした。 ※工事現場の写真、その3とその4が入れ替わっちゃってますが、そこらへんはうまく数字順に読んでください(^^;)。

« 今日の読み間違い | トップページ | 意外とねらい目のノートPC »

2006/11/18

北海道を憂う

 15日の夜に急にNHKから「ピロロロロ~、ピロロロロ~」と、毎月1日の昼12時ちょい前にいつも聞いているような音が聞こえたと思ったら、何の前触れもない感じで津波警報が出された。

 え?どこかで地震が?…とか思っていたが、なかなか地震の話が出てこず、ひたすら津波に警戒するよう呼びかけのみの内容。しかし警報に直接関係ない身としては勝手ながら、津波そのものよりもまずその原因はなんぞや?…と気になってしまう次第。

 やがで、千島列島沖でのM8クラスの…あー、ライカのデジカメ欲しいなぁ…。…あ、いやいや、マグニチュード8クラスの地震があったと判明。あ、国外でしかも公海上(?)ですか。陸の被害の話が出ずにまず津波警報…というのは確かにその通りですね、とようやく納得。

 まぁ、直接は関係ないんだけれど(^^;)。


 結果的には大した津波は来なかったらしい。無論、最大50cmの潮位の変化があったのは大したもの…なのかもしれないし、そこらへんの判断はよくわからない。

 しかし記憶に新しいところではスマトラ沖地震の津波…ってところでして、それに比べれば影響は雲泥の差というところ。しかしマグニチュード8だって相当な地震でしょ?この差は一体…?

 …と思って調べてみたら、あちらはマグニチュード9クラスだった。マグニチュードだから、今回の地震の2倍以上のエネルギーってことだよね?そら違うわ。

 いや、それでも差が大きすぎる。その差はおそらく、海底での地形の変化の違いかもしれない。今回はどうだかわからないが、スマトラ島沖では広範囲に渡って地滑りに相当する地形の変化があったという観測結果もあるし、それが津波を引き起こしたのなら、よく「震源地は~、深さ30km」という地中の話とは別に、それによって引き起こされる海底地形の変化がどう伴うか…ということなのかも。

 地中の揺れがそのまま海の水に伝わるだけで、津波になるとも考えにくいし…(むしろ吸収しちゃわない?)。

 スマトラ島沖ではいままで類を見ないほどの地形の変化があり、今回はあまり無かったのかもしれない。

 ただ、そんな差違など速報でわかるわけもなく、だったらまず「最悪の事態」を考えて予報するのは当たり前の話で、津波予報で予想何メートルだの発表されて避難を呼びかけるのはまっとうな対応かと。

 大体、2mっていったらあーた、身長越えちゃうじゃないの。そして以前見た津波関係の実験映像など見ると、膝までの津波でも立っていられないし、そうなると「歩けないから危険」とかいうのではなく、色々流れてきたり、ヘタすると建物に変に力がかかるから倒壊の危険もあるわけで、諸々危険。

 実際は何cm潮位が上がってもまだ湾の中とか堤防で問題なし…というマージンもあるだろうが、そもそも「予報」なんだし、なんであれ避難するのが妥当な対応だと思う。


 ただ、後から聞けばあまり避難する人が少なかったという。テレビでちらっと聞いた話なのでどこまで正確かわからんし、m単位で予報が出た地域はしっかり避難し、cm単位のところが少なく、で、平均を取ったら「思ったよりも少ない」ということなのかもしれないが。

 いや、それでも先のようにcm単位でも危険なことは危険なんだけれどね。

 しかしこれも聞くところに寄れば、「港に係留している船が心配」と港に車で向かう人が続出したため、渋滞まで発生したというし、それもきけんじゃねーか。なにかの津波の際は、そこを襲われた…という話も聞いた覚えもある。

 そもそも津波といっても、高い波が一波襲ってくる…ってだけならまだしも、その後ろには同じ高さの海水が連なってくるらしいので、「ビッグウェーブ」とは又違うらしい。

 かなり厚みのある波…ということ。そしてそれが収まっても何度か襲ってくるともいうし、「収まって襲ってくる」ならまだしも、収まらないうちに次が来ると、足し算されて高い・厚い波になって襲ってくることもあるので、一度津波が襲ってきてもその後警戒し続けなければならないらしい。

 一部地域では一番潮位が上昇したのは、津波警報(注意報?)が解除された後だった…というし。


 そういう津波の恐ろしさを考えれば、襲ってきた後でこそ「大したことはなかった」と笑えるにせよ(何隻か転覆してしまいましたが)、その前の警戒はしっかりしていただきたかった。

 大体、北海道なら考えてみれば俺がどうこう言う以前に奥尻島という教訓もあるんだから、おいらが今更どうこう言う問題でも無いと思うけれど。

 まぁ今回は、誰かも言っていたけれど、避難訓練だと思って、今後に活かしていただきたいと思うのココロ。


 それにしてもしかし、そもそも行ったこともない北海道(民)を心配するのか>をれ。

 …だって、「水曜どうでしょう」を生んだ土地ですよ!?ああいう傑作を生み出す人々が危険にさらされるなんて、耐えられませんよ!

 …と、レベルEにでてくるどこぞの好戦種族みたいなことを言ってみるテスト(^^;)。


 まぁでもホントなので、気をつけてくださいね>道民。

 いや、そのほかの地域の沿岸部在住者、来訪者も。

« 今日の読み間違い | トップページ | 意外とねらい目のノートPC »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27753/12718527

この記事へのトラックバック一覧です: 北海道を憂う:

« 今日の読み間違い | トップページ | 意外とねらい目のノートPC »