2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

関連リンク

 


検索


  • Google


    WWW を検索
    とめどなく雑記 を検索

写真ピックアップ2012/04-05

  • 夜の桜
    2009年初頭までは定期的に写真を掲載していたのですが、その後サボってしまいました。写真自体は折を見て撮影していたので、現在からお気に入りなどをピックアップして掲載していきます。ファイル名は特に撮影時期ではありませんので念のため。

2009年1・2・3月撮影分

  • L1000050
    2009年になっても相変わらずぶらぶら撮った写真に終始すると思いますが、ご勘弁のほどを(^^;)。

2008年10・11・12月撮影分

  • 皆が見ないコミケの顔・その5
    D-LUX4も加わっての、バラエティに富んだ写真アルバムに…なるはず?ただ、MPはフィルムなので、掲載する予定はありません。

2008年7・8・9月撮影分

  • 祭り
    一番忙しい四半期につき、写真は少なめになるかと思います。とはいえ、新レンズを使ったりして多少浮かれてはいるかな?(^^;)

2008年4・5・6月撮影分

  • 単線のある風景
    4、5、6月分です。特に説明も無いのですが…(^^;)。まぁのんびりスナップをアップしていく…予定かと。

2008年1・2・3月撮影分

  • 円覚寺・その4
    相変わらずぶらぶら撮っています。面倒なんで、これからは3か月分、まとめようかな。

2007年10・11・12月撮影分

  • 来年に向かって歩く
    相変わらずぶらぶら撮ったものです。あまりにもとりとめなく撮ったので、3ヶ月分まとめさせていただきます(^^;)。

2007年9月撮影分

  • 機上から見る雲
    9月撮影分です。主に久米島旅行で撮った写真になっています。

2007年4・5・6・7・8月撮影分

  • 夏の海
    相変わらずぶらぶら撮った写真です。ちなみにコミケの写真は入っていません。

2007年1・2・3月撮影分

  • 桜の風景・その11
    まだまだのんびり写真です(^^;)。なんか、撮っているのも楽しいですが、現像も楽しいですね。

2006年12月撮影分

  • 築地の町並み
    相変わらずR-D1メインでぶらぶら撮影したものを掲載していきます。紅葉も都心の方まで降りてきていますので、当初はそれを中心に…といったところになるかな?

2006年11月撮影分

  • P1020232
    距離計の狂いから一時期修理に出していたR-D1が帰ってきたので、ちらほらと撮影したものをアップします。
    でもなーんかぎこちないというか…写真に対する自分なりの立脚点がしっかりしてないというか…(^^;)。
    個人的にはしっかり楽しんでいるのでいいとは思うんですけれどね(^^;)。

2006年9月 石垣島周辺旅行

  • 車に積まれたエンジン
    9月下旬に石垣島及び周辺離島を旅してきたときの写真です。
    カメラはR-D1を修理に出していたので、LC1とF10です。Exifん時に機種が書いてないのはLC1と見てください(RAWを現像・エディットして保存すると、さすがにExifデータが残らないみたい)。明るいときにはLC1にはND8のフィルターを装着しています。

2006年6月撮影分

  • 富士山を臨む
    6月撮影分です。ちょこまかと撮っているのをあげていきます。
    色々なレンズも出てきますが、だいたい使うレンズが決まりつつあるような…。

2006年5月撮影分

  • 深川の風景
     ちょっと細かな撮影が入り組んでいる月なので、まとめてのアルバムにします。
     まず最初はくらやみ祭り。のんびり行ったせいか、人垣を越えられず、てんで山車とかの写真はありませんので、期待しないように(^^;)。
     次に有楽町あたりをぶらぶら歩きながら撮った写真、お台場や川越などと、色々取り混ぜてあります。

2006年4月 浅草・皇居前広場・銀座等

  • 紅い店先
    まだR-D1に慣れていないので、運動がてら、色々テスト撮影。その途上、Jupiter-12 35mmF2.8やアベノン28mmF3.5を買ってしまったり(^^;)。その他にはスナップショットスコパー25mmF4とカラーヘリアー75mmF2.5で撮影。

2006年4月 沖縄旅行

  • 赤壁
    買いたてのR-D1を片手に沖縄をうろついた時の写真です。 レンズは基本的にフォクトレンダーのUltron35mmF1.7。広角に写っているのはUltraWide-Hrliar12mmF5.6。飛行機の撮影など、一部望遠はNokton50mmF1.5。

2006年4月 三浦半島一周

  • トンネル入口
     三浦半島一周の旅ですが、お伴にR-D1も持っていきました。  この手の負担の大きい旅ではF10といった軽いデジカメの方が適しているんですが、買ったばかりだし(^^;)、カメラとして楽しむならこちらの方がいいですしねぇ…。  そんなわけでウェストポーチで出動です。カメラ用ポーチというのがあるんですな。一眼レフも入るタイプなので、スリムなR-D1だとレンズを数個入れてもまだ余裕があったりします。  ただ、便利ではあるんですが、ちょっとデカいんですよね。カメラが入る以上、仕方ないのですが。今回はまだ涼しかったから良いですが、今後は考えないといけないかもしれません。ムレるかも。  …で、レンズはウルトラワイド・ヘリアー12mmF5.6、Jupiter-12(35mm)といったところ。実はアベノン28mmも持っていましたが、今回は使いませんでした。 ※工事現場の写真、その3とその4が入れ替わっちゃってますが、そこらへんはうまく数字順に読んでください(^^;)。

« 北海道を憂う | トップページ | 電車の思い出 »

2006/11/19

意外とねらい目のノートPC

 以前メモ書きしておいたものの、ちっとごたごたしていて記事に仕上げ損なっていたのを、久しぶりにサルベージしてみたのが以下の記事。ネタ的には若干旬を過ぎたかもしれないが、まぁおつきあいください(^^;)。


工人舎「KOUJINSHA SA1F00A」
~1kgを切る軽量ミニノート

 記事中では「尖ったノート」と評されているが、なかなかその通りの仕様で、おそらく普通には売れない気がする。

 まずクロックが500MHzというのがネックだろう。DVDも普通に再生できないというのだから、動画を扱うにはちょっと難しい気がする。まぁ、HDDにMPEG2データを移しての再生くらいまではいいような気もするが、MPEG4はどうかな?ワンセグとか…。

 そういう意味ではメディアプレーヤーとしてはどうかな、という気がする。しかしそれ以外の用途としては、モバイル用途には使えるんでない?


 なによりHDDが1.8インチに走らず、2.5インチにしたというのは英断やなぁ。このサイズで2.5インチって…。

 その規格を通すために(電力のしわ寄せ等のために)CPUが弱体化(あるいは小型化?)したのなら、しかしそれは許せると思う。

 …そやね、フォトストレージにはちょうどいいんじゃない?結構メモリカードも色々使えそうだし(CFカード:Type1のみ…というのがちょっと不満だが)。再生その他も考えたら…そだなー、メモリは1GBにして、HDDもこの際80GBにしておくと最適かも。


 メモリ容量はOSがWindowsってことを考えれば、そうしておいた方が無難…という意味合い。ただ、Linux等Windows以外のOSにすれば、512MBでもなんとかなるか?

 思い出してみれば、Windows2000とオフィス製品を500MHzのCPUで動かして、さして問題なかった時期もある。Office互換ソフトとか、いやいやテキストエディタ、ブラウザ、そのほかの軽いソフトを動かす範囲では、WinXPでも問題ないかも。いや、メモリは大いにこしたことはないが。

 しかしそもそも、WindowsXP Homeって、近々サポート切れない?Vistaリリース後、2年後だっけ?それはちょーっと早い気もするので、やっぱなにかのLinuxインストールバージョンも欲しいところ。できれば初心者でも扱いやすいディストリビューションで(^^;)ソフトがインストールしやすいとか。

 先にも書いたとおり、クロック的に重いソフトは最初から動かさないから、フリーソフトなどでしたいことは大概済んでしまうと思うし。…ってことなら、なおさらWindowsにこだわる必要ないだろうしね。


 ハード的に気になるのは、タッチパネルじゃないところか。タブレットスタイルのようになるか、ついあった方が良いように思える。

 このモデルが売れれば、後継機種の中にタッチパネル装備のモノも出てきてもおかしくないんじゃないかしらん?

 そうすれば出先の絵付きblog更新なんてのも簡単にできるようになるかも。いやいや、blog更新専用マシンとか。

 ただ、考えてみれば解像度低いとはいえ、結構小さい液晶なんでしょ?カーナビ用ということで、カスタマイズしたアイコンメニューをさくさくスイッチするくらいの用途ならいいけれど、それよりも細かいオペレーションやお絵かきにはちっとツラいかもしれない。

 だったら、搭載しないのも妥当かな?


 まぁいずれにしても、おいらが使うとすればフォトストレージメインで、テキスト作業もプラス出来るかも…といったところ。テキスト作業は[es]でもできるけれど、電車内とかならともかく、机のある所でも[es]というよりは、ノートPCでタッチタイプ…って方が効率がいいしねぇ…。ま、実際触ってみないと何とも言えないけれど、結構いいんでないでせうか。


#…とかなんとかこつこつ書いていたら、わんわんわあさんに先を越されたが(^^;)。

 しかし書いていて気がついたけれど、重さだけならVAIO-Gの方が軽いんだよね(1スピンドル)(^^;)。フットプリントは工人舎の方が小さいのか?

 とはいえ…っていうかそもそも、「旅行の時などの荷物を減らしたい」ので、「現状2kgくらいのノートPC」を「[es]+フォトストレージ」にしたい…という話だった。

 フォトストレージの部分がノートPCになるんなら、かわらねーじゃん…というところもあるが、重量が半分以下ならそれはそれでメリットであるので問題はない。

 ただ、むしろ問題になるのは旅行時となれば鞄もあるわけで、いずれの新しいノートPCも入るような鞄であれば、フットプリントよりも重さがポイント…ということかも。

 …と考えると、VAIOの方が…(^^;)。

« 北海道を憂う | トップページ | 電車の思い出 »

コメント

ここ(淀橋サンマルクカフェ)一般無償ネット貸しが終わり、
YAHOO!BBユーザのみ貸しになります。ですので当面休み。

確かに純な投影面積や体積、ノンスピンドルモデル等
考えれば現行VAIO-Uに負けますって。でも厚みは!。
三角断面でも、弾除け風に胸板に入る限度ですよ。
昔のVAIOやLooXのワイドノートを見た目半分にした
感触なので、厳密に色合わせする必要なければ。

ヨドバシ展示機で、ディスプレイが標準800*600に
化けて回避できず、GNODEチップセットが圧縮表示に
してしまうため、画面縦が滲むという凡ミスがある。
これの出ていない状態で触ったが、変な画素ゆがみ
や色モアレは感じないです。流石にリバーサル色は無理。

なお紙カタログにSDHC対応の文句あり。
どうせAIR-EDGE挿すとしたら、SDメインでも。
軟傾携帯のカードもTYPE1じゃなかったっけ。

鍵盤手前のパッドを使うのが主になりますし、
タッチパネルにすると一気に画質と薄さ感を落とす
(VAIO-Uでもesでも触らないと駄目って人別にして)
から、いっそWACOMが極小モジュール&ペン作り、
ダブルネームの限定機出すまで待て。
(と突き放して反応を待つ)

LOOX-Pで書いてみてます。
TrackPoint&膜式タッチ画面でぎらつくし視野角狭い。
操作性と安全性で当然勝ってるが本体消耗考えなくていいのか?
X41Tが代替出来ない事態ならこれで我慢効く位の物ですから。

訂正、SII/SoftBankのW-CDMAカードはType2(出口三方厚め)かぁ。
FOMAモトローラHSフルカードも分厚い。通話とアンテナ刺さるのね。

え~…、相変わらず何を書いているのかよくわからない…。

ただ、一応書いておくと、比較対象はVAIO-Gです。念のため。VAIO-Uは「キーボードがあまりにお粗末すぎる」「フォトストレージのために容量を大きくしようとすると値段が高くついてしまう」あたりで競合しないと考えています。

まぁいずれにせよ、現段階では「頭の中でシミュレーションして楽しむ」だけの話であって、財政がおっつかない有様ですから…(^^;)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27753/12718535

この記事へのトラックバック一覧です: 意外とねらい目のノートPC:

« 北海道を憂う | トップページ | 電車の思い出 »