2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

関連リンク

 


検索


  • Google


    WWW を検索
    とめどなく雑記 を検索

写真ピックアップ2012/04-05

  • 夜の桜
    2009年初頭までは定期的に写真を掲載していたのですが、その後サボってしまいました。写真自体は折を見て撮影していたので、現在からお気に入りなどをピックアップして掲載していきます。ファイル名は特に撮影時期ではありませんので念のため。

2009年1・2・3月撮影分

  • L1000050
    2009年になっても相変わらずぶらぶら撮った写真に終始すると思いますが、ご勘弁のほどを(^^;)。

2008年10・11・12月撮影分

  • 皆が見ないコミケの顔・その5
    D-LUX4も加わっての、バラエティに富んだ写真アルバムに…なるはず?ただ、MPはフィルムなので、掲載する予定はありません。

2008年7・8・9月撮影分

  • 祭り
    一番忙しい四半期につき、写真は少なめになるかと思います。とはいえ、新レンズを使ったりして多少浮かれてはいるかな?(^^;)

2008年4・5・6月撮影分

  • 単線のある風景
    4、5、6月分です。特に説明も無いのですが…(^^;)。まぁのんびりスナップをアップしていく…予定かと。

2008年1・2・3月撮影分

  • 円覚寺・その4
    相変わらずぶらぶら撮っています。面倒なんで、これからは3か月分、まとめようかな。

2007年10・11・12月撮影分

  • 来年に向かって歩く
    相変わらずぶらぶら撮ったものです。あまりにもとりとめなく撮ったので、3ヶ月分まとめさせていただきます(^^;)。

2007年9月撮影分

  • 機上から見る雲
    9月撮影分です。主に久米島旅行で撮った写真になっています。

2007年4・5・6・7・8月撮影分

  • 夏の海
    相変わらずぶらぶら撮った写真です。ちなみにコミケの写真は入っていません。

2007年1・2・3月撮影分

  • 桜の風景・その11
    まだまだのんびり写真です(^^;)。なんか、撮っているのも楽しいですが、現像も楽しいですね。

2006年12月撮影分

  • 築地の町並み
    相変わらずR-D1メインでぶらぶら撮影したものを掲載していきます。紅葉も都心の方まで降りてきていますので、当初はそれを中心に…といったところになるかな?

2006年11月撮影分

  • P1020232
    距離計の狂いから一時期修理に出していたR-D1が帰ってきたので、ちらほらと撮影したものをアップします。
    でもなーんかぎこちないというか…写真に対する自分なりの立脚点がしっかりしてないというか…(^^;)。
    個人的にはしっかり楽しんでいるのでいいとは思うんですけれどね(^^;)。

2006年9月 石垣島周辺旅行

  • 車に積まれたエンジン
    9月下旬に石垣島及び周辺離島を旅してきたときの写真です。
    カメラはR-D1を修理に出していたので、LC1とF10です。Exifん時に機種が書いてないのはLC1と見てください(RAWを現像・エディットして保存すると、さすがにExifデータが残らないみたい)。明るいときにはLC1にはND8のフィルターを装着しています。

2006年6月撮影分

  • 富士山を臨む
    6月撮影分です。ちょこまかと撮っているのをあげていきます。
    色々なレンズも出てきますが、だいたい使うレンズが決まりつつあるような…。

2006年5月撮影分

  • 深川の風景
     ちょっと細かな撮影が入り組んでいる月なので、まとめてのアルバムにします。
     まず最初はくらやみ祭り。のんびり行ったせいか、人垣を越えられず、てんで山車とかの写真はありませんので、期待しないように(^^;)。
     次に有楽町あたりをぶらぶら歩きながら撮った写真、お台場や川越などと、色々取り混ぜてあります。

2006年4月 浅草・皇居前広場・銀座等

  • 紅い店先
    まだR-D1に慣れていないので、運動がてら、色々テスト撮影。その途上、Jupiter-12 35mmF2.8やアベノン28mmF3.5を買ってしまったり(^^;)。その他にはスナップショットスコパー25mmF4とカラーヘリアー75mmF2.5で撮影。

2006年4月 沖縄旅行

  • 赤壁
    買いたてのR-D1を片手に沖縄をうろついた時の写真です。 レンズは基本的にフォクトレンダーのUltron35mmF1.7。広角に写っているのはUltraWide-Hrliar12mmF5.6。飛行機の撮影など、一部望遠はNokton50mmF1.5。

2006年4月 三浦半島一周

  • トンネル入口
     三浦半島一周の旅ですが、お伴にR-D1も持っていきました。  この手の負担の大きい旅ではF10といった軽いデジカメの方が適しているんですが、買ったばかりだし(^^;)、カメラとして楽しむならこちらの方がいいですしねぇ…。  そんなわけでウェストポーチで出動です。カメラ用ポーチというのがあるんですな。一眼レフも入るタイプなので、スリムなR-D1だとレンズを数個入れてもまだ余裕があったりします。  ただ、便利ではあるんですが、ちょっとデカいんですよね。カメラが入る以上、仕方ないのですが。今回はまだ涼しかったから良いですが、今後は考えないといけないかもしれません。ムレるかも。  …で、レンズはウルトラワイド・ヘリアー12mmF5.6、Jupiter-12(35mm)といったところ。実はアベノン28mmも持っていましたが、今回は使いませんでした。 ※工事現場の写真、その3とその4が入れ替わっちゃってますが、そこらへんはうまく数字順に読んでください(^^;)。

« 青空の下、川縁のフリーマーケット | トップページ | 時代はインスタント? »

2006/10/23

WPCの模索

 あー、そうそう。さりげにWPCにも行ってきました。

 なんかビジネスショウといい、こういった展示会はどんどん縮小傾向にあるのでしょうか?

 ただ、シーテックを(行ってはないけれど、Web記事などを)見る限り、PC関係の展示が縮小傾向にあり、家電関係のテクノロジーというか、発展が大きい感じもするので、「白物傾向」という世の流れにマッチングしているような気もするし。

 まぁそちらはそちらで面白そうで、見ておけば良かったなぁ…と思うものの、さすがに幕張メッセは電車で行くにも遠いなぁ…。

 ちなみにWPCにしても、同時開催のセキュリティとかデジタルドキュメントとかのビジネス関係の展示会の方はブースも客層も盛況で、法人向けの…BtoBですか?そちらが盛ん…ってのも、消費者には実感を伴わない景気上昇傾向というのに関係しているのでしょうか?


 まぁ展示会を通しての世の動向分析はともかくとして、まぁぷらぷら歩いてきて気になったのをいくつか…。

 GPS…というか、カーナビ関係で気になるのはC310あたりか。もうちっと高級機もあるけれど、WindowsCEが入っている…的な位置づけなので、それは[es]があるので十分。だったら、カーナビ専用機としてコンパクトで安価な方が良し。

 そういう訳でC310で、実際使いやすそうな感じなのだが、いまいち操作が直感的でないような気がするのが気になるところ。詳しくレクチャー聞いてないので何か間違った操作をしているような気がしないでもないので、的確な判定かはともかくとしても、まぁ自転車用途で現在地を図ったり、進路検討ツールなどには十分使える…かな?


 以前より携帯型フォトビュワーが欲しいなぁ…的な話をしていたが、EPSONのP-5000も触ってきた。ただ、写真を見る…というだけに限れば、まったく遜色なく、また綺麗な液晶画面に圧巻なのだが、いまいちそれ以外の部分がよくわからなかった。RAWデータが拡大出来ないような気もするし?

 筐体もちっとデカい気が…。まぁ、諸処の性能を考えれば十分小さいとは思うのだが、だったら他に色々機能も欲しいなぁ…という気もするところ。文字入力とか。

 そこで発見した対抗馬がblufin。適当な日本語サイトを見つけられなかったので、以前の記事でご紹介。

ビジネスシヨウTOKYO IT&C/アドバンストオフィス2006:
韓Tinnos、日本市場に投入予定のPDA「Blufin」を公開

 液晶こそエプソンのAdobeRGBも再生できるそれには(当たり前だか)かなわないものの、静止画、動画を再生しても遜色ない綺麗さで、バッテリーもなかなか保つらしい(ちとどこまで信頼できるか怪しいが)。

 で、30GBのHDDも内蔵となれば、フォトストレージとしてはとりあえず使えるはず。

 OSもWindowsCEとかを装備しているので、写真に関してのデータ云々をどうにかする方法もあるはず。

 機能的に[es]とかぶってしまうが、写真データを扱うための機能としたり、あるいは[es]は通信端末…と切り分けてしまえば、使い分けはどうにかなるような気も。

 P-5000などに比べると更においらのR-D1のRAWデータの再生がおそらくできない…という大きい弱点があるような気もするが、撮影時に「JPEG同時記録」にすればどうにかなるような気も。

 そういったわけで、運用面ではどうにか双方同レベルに引き上げられるのかも。

 気になるのは値段のところなんだけれど、スペック違いのモデルもありそうだし、23日より稼働するっぽい販売サイトをとりあえず気にすることにしようかと。

 まぁ、P-5000の過去モデルでもいいかなぁ…という気もしてきたけれど(^^;)。


 なんでフォトストレージが要るのか…といえば、写真データを退避させる機材がノートパソコンのみだと、重量が重くてしかたない…ということ。

 そこで[es]+フォトストレージで重量軽減化を図ろう…というのが常日頃書いている事項。これをうまく使いこなせば、旅行先でもノートPCを持っているのと変わらない作業(テキスト打ち)が出来る。

 ただ唯一、「絵が描けない」という欠点が生じる。普段のPCはタブレットPCなので、大概はどうにかなる。

 アイデアメモ、簡単なスケッチ、blog用挿絵(図解)くらいはどうにかしたいのだが、さすがに[es]の小さな画面は、大概のグラフィックソフトによるお絵かきも、あっという間に眼精疲労につなげてくれちゃったりして、なかなかキツいものがある。

 実は以前、何の気の迷いか1度VGA解像度のグラフィックソフトを[es]に放り込んでお絵かきに挑んだことがあるのだが、5分と経たずして異世界に誘われるところだった(いや、マジで)。

 そんなわけでせっかくのタッチパネルなのだが、[es]でのお絵かきは断念したい。しかし先の用途はどうすべか…と思っているところで発見したのがこれ。

Technote TN-A501

 前にも似たようなの持っていたが、こちらの方がダウンサイジング&どーも日本の開発っぽいので、ドライバやソフトに有利か?

 実は最近ジャストシステムとバンナイズのコラボ規格というお散歩バッグというのを購入したのだが、それにもすっぽり入ってしまうサイズがなかなかいい。ちょっと気になる存在である。

 ただ、[es]とか、USB接続だけでもして書き込みデータを汎用フォーマットで抜き取ることが出来るかどうかが不安。前の似たようなモデルでは出来なかったと思う(専用フォーマットなので、Windows上で動く専用ソフトによる変換作業がないと、汎用フォーマットに変換されない)。

 まぁできないようなら…とりあえずデータ取り置きとして持ち帰りようメモとしてしまってもいいような気も。

 しかしそれだったら紙のノートにメモ書きし、あとでスキャナで読み込めばいいだけのような気も(最近使用してないが)。

 また、さらに考えてみればフォトストレージをblufinにしたら、そこそこ大きい画面なので、blogの図解イラスト程度ならどうにかなりそうな気も。

 また、Bluetooth入力のアノトペンとかあれば、[es]にすら手書きデータを…あ、いや、あれができるのはWindowsとシンビアンOS相手くらいか?WinCEとかには無理か?

 まぁそんなことを考えながらWPCを後にした、2006年、秋…(^^;)どういうオトし方だ…。

« 青空の下、川縁のフリーマーケット | トップページ | 時代はインスタント? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27753/12377772

この記事へのトラックバック一覧です: WPCの模索:

« 青空の下、川縁のフリーマーケット | トップページ | 時代はインスタント? »