2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

関連リンク

 


検索


  • Google


    WWW を検索
    とめどなく雑記 を検索

写真ピックアップ2012/04-05

  • 夜の桜
    2009年初頭までは定期的に写真を掲載していたのですが、その後サボってしまいました。写真自体は折を見て撮影していたので、現在からお気に入りなどをピックアップして掲載していきます。ファイル名は特に撮影時期ではありませんので念のため。

2009年1・2・3月撮影分

  • L1000050
    2009年になっても相変わらずぶらぶら撮った写真に終始すると思いますが、ご勘弁のほどを(^^;)。

2008年10・11・12月撮影分

  • 皆が見ないコミケの顔・その5
    D-LUX4も加わっての、バラエティに富んだ写真アルバムに…なるはず?ただ、MPはフィルムなので、掲載する予定はありません。

2008年7・8・9月撮影分

  • 祭り
    一番忙しい四半期につき、写真は少なめになるかと思います。とはいえ、新レンズを使ったりして多少浮かれてはいるかな?(^^;)

2008年4・5・6月撮影分

  • 単線のある風景
    4、5、6月分です。特に説明も無いのですが…(^^;)。まぁのんびりスナップをアップしていく…予定かと。

2008年1・2・3月撮影分

  • 円覚寺・その4
    相変わらずぶらぶら撮っています。面倒なんで、これからは3か月分、まとめようかな。

2007年10・11・12月撮影分

  • 来年に向かって歩く
    相変わらずぶらぶら撮ったものです。あまりにもとりとめなく撮ったので、3ヶ月分まとめさせていただきます(^^;)。

2007年9月撮影分

  • 機上から見る雲
    9月撮影分です。主に久米島旅行で撮った写真になっています。

2007年4・5・6・7・8月撮影分

  • 夏の海
    相変わらずぶらぶら撮った写真です。ちなみにコミケの写真は入っていません。

2007年1・2・3月撮影分

  • 桜の風景・その11
    まだまだのんびり写真です(^^;)。なんか、撮っているのも楽しいですが、現像も楽しいですね。

2006年12月撮影分

  • 築地の町並み
    相変わらずR-D1メインでぶらぶら撮影したものを掲載していきます。紅葉も都心の方まで降りてきていますので、当初はそれを中心に…といったところになるかな?

2006年11月撮影分

  • P1020232
    距離計の狂いから一時期修理に出していたR-D1が帰ってきたので、ちらほらと撮影したものをアップします。
    でもなーんかぎこちないというか…写真に対する自分なりの立脚点がしっかりしてないというか…(^^;)。
    個人的にはしっかり楽しんでいるのでいいとは思うんですけれどね(^^;)。

2006年9月 石垣島周辺旅行

  • 車に積まれたエンジン
    9月下旬に石垣島及び周辺離島を旅してきたときの写真です。
    カメラはR-D1を修理に出していたので、LC1とF10です。Exifん時に機種が書いてないのはLC1と見てください(RAWを現像・エディットして保存すると、さすがにExifデータが残らないみたい)。明るいときにはLC1にはND8のフィルターを装着しています。

2006年6月撮影分

  • 富士山を臨む
    6月撮影分です。ちょこまかと撮っているのをあげていきます。
    色々なレンズも出てきますが、だいたい使うレンズが決まりつつあるような…。

2006年5月撮影分

  • 深川の風景
     ちょっと細かな撮影が入り組んでいる月なので、まとめてのアルバムにします。
     まず最初はくらやみ祭り。のんびり行ったせいか、人垣を越えられず、てんで山車とかの写真はありませんので、期待しないように(^^;)。
     次に有楽町あたりをぶらぶら歩きながら撮った写真、お台場や川越などと、色々取り混ぜてあります。

2006年4月 浅草・皇居前広場・銀座等

  • 紅い店先
    まだR-D1に慣れていないので、運動がてら、色々テスト撮影。その途上、Jupiter-12 35mmF2.8やアベノン28mmF3.5を買ってしまったり(^^;)。その他にはスナップショットスコパー25mmF4とカラーヘリアー75mmF2.5で撮影。

2006年4月 沖縄旅行

  • 赤壁
    買いたてのR-D1を片手に沖縄をうろついた時の写真です。 レンズは基本的にフォクトレンダーのUltron35mmF1.7。広角に写っているのはUltraWide-Hrliar12mmF5.6。飛行機の撮影など、一部望遠はNokton50mmF1.5。

2006年4月 三浦半島一周

  • トンネル入口
     三浦半島一周の旅ですが、お伴にR-D1も持っていきました。  この手の負担の大きい旅ではF10といった軽いデジカメの方が適しているんですが、買ったばかりだし(^^;)、カメラとして楽しむならこちらの方がいいですしねぇ…。  そんなわけでウェストポーチで出動です。カメラ用ポーチというのがあるんですな。一眼レフも入るタイプなので、スリムなR-D1だとレンズを数個入れてもまだ余裕があったりします。  ただ、便利ではあるんですが、ちょっとデカいんですよね。カメラが入る以上、仕方ないのですが。今回はまだ涼しかったから良いですが、今後は考えないといけないかもしれません。ムレるかも。  …で、レンズはウルトラワイド・ヘリアー12mmF5.6、Jupiter-12(35mm)といったところ。実はアベノン28mmも持っていましたが、今回は使いませんでした。 ※工事現場の写真、その3とその4が入れ替わっちゃってますが、そこらへんはうまく数字順に読んでください(^^;)。

« 釜飯が食えなくても、悔い無し! | トップページ | よくある聞き間違い? »

2006/10/15

通話エリア再検証

 携帯どうしようか?…というところで悩んでいる身だけれど、携帯の第一条件は通話エリアの広さだ…と書いた。

 そこでドコモの通話エリアは本当に広いのか、確認しておきたい。

 通話エリアの広さの確認…といっても、「何平方km」とか「人口カバー率何パーセント」とか言われても、こちらとしては無意味。

 自転車などで行きそうな所が果たしてマップ上「赤い」かどうか…というのがポイントになる。

 そういう訳で今回は波照間島、与那国島、のめこい湯あたり…が通話エリアかどうかと確認しておきたい。どういうラインナップだよ?…という気がするが(^^;)、ここ1ヶ月でおいらが行った遠地…ということでは選択肢として現実的っつーかなんつーか(^^;)。


 ドコモの場合はムーバとFOMAという区分がある。最近エリアの広さではFOMAの方が広くなった…という販売店の人の台詞があったがどう確認すれば良いのやら…。

 ただ、離島関係はどちらの島も、どちらのキャリアもクリアしていた。これだけ見ると、「ムーバの方が広いんじゃないの?FOMAは狭いんじゃない?」という先入観は忘れた方がいいかもしれない(高速通信とかは別かもしれないが)。

 しかし困るのが「のめこい湯」。Web上のエリアマップを確認すると、ムーバの地図はなんとなく赤そうだな…という気がする。ところがFOMAの地図を確認すると、県境といった地図の基準になるガイドが一切無く、のめこい湯あたりが通話可能エリアかどうか、「なんとなく」すらわかりにくくなっている。これは提示データとしてはどうだろう?

 店頭のパンフでも見ればいいのだろうが、Web上のデータも整備して欲しいところ。印象的にFOMAのエリアがムーバよりも狭い感じもするしね。


 次にau。こちらはムーバ、FOMAといった区分に該当するものは無い。

 …ので、確認は簡単かなー…と思ったが、Web上のマップデータだと、のめこい湯のあたり、つまり奥多摩の向こう、山梨県丹波村のあたりが通話可能エリアなのかどうなのかよくわからない。

 どういうことかというと、関東近県全体マップが表示され、それを分割拡大表示するのだが、該当地域がちょうどマップの境目、切れ目になって、非常にわかりにくくなっている。

 地図の北も真上を向かずに傾いているので、見当もつけるのも難しい。そんなわけでこれも未確認ということで。

 ただ、島関係は楽々クリア。こないだ行ったときに波照間で通話できなかったのはやはり台風の後遺症ということなのだろう。


 ところでソフトバンク。↑と比較すれば、Web上のマップの確認は一番しやすかった。まぁ、パンフの地図を取り込んでPDFで見られるからなんですけれど(^^;)、ともかく紙と同じ検証ができるという点では、先の2社にも見習ってもらいたいところ。

 また、一番ショックだったのもここ。どうも波照間島、与那国島あたり、3Gだったら通話可能だった模様。SH53というPDCではどうしようもなかったのですが(マップ上でも実際の使用においても)、3Gはかなり力入れて通話エリア拡大に努めているように感じます。

 実はのめこい湯リベンジでも3Gの702NKIIを持っていた人がいたので確認してもらったら、温泉の大広間でアンテナ3本立っていたらしい(本人が一番驚いていた)。

 ソフトバンクというか、ボーダフォンというか、通話エリアが狭いという印象ですが、PDCの時代に出来たその印象はすっぱり忘れた方がいいかもしれません。ソフトバンクの3Gは、ドコモのムーバとFOMAの比較以上に通話エリアの拡大が起こっているようです。


 まぁ、ドコモとauとの比較ではどう…というのはわかりませんが(^^;)。

 ん~…まぁしかし、「通話エリアで選ぶなら、ドコモかau」と書いてしまいましたが、「ソフトバンクの3G」もとりあえず盛り込んであげますか。

« 釜飯が食えなくても、悔い無し! | トップページ | よくある聞き間違い? »

コメント

SoftBankは↓を見ると障害が多いみたいなので、様子見した方がいいかとおもいますよ。
「スーパーボーナス」契約でしか新規契約できないみたいなので、機種変更時にお金がかかりますし。

【不通が】〓SoftBank障害対策スレ 破遅9【普通】
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/phs/1155308411/

ん~?>障害 まぁ、常に通話しっぱなしってわけでもないので、大したことないと思うんですけれどね、私にとっては。

…というか、例えばケータイWatchとかで「障害」で検索すると、ソフトバンクだけでなくauとかドコモとかウィルコムもなにかしら障害を発生させているので、ソフトバンクだけが特に…ってこともないと思いますけれど。

まぁ、確かにカウントしたり内容を確認すると、通話に影響するトラブルは2006年の検索に引っかかる限りは、ソフトバンクが多そうですが(^^;)。それでも東京に限れば1~2回くらい?


あと、スーパーボーナス必須というのはおそらくデマではないですか?いつもblogを参照させていただいているkei_1さんは発売初日にそれに入らずにX01Tを購入されてますよ。

まぁ販売店がしっかり把握せずに「スーパーボーナス必須です」とか言っているかもしれない。販売奨励金がらみでわざと言っている可能性もあるし(^^;)。

スーパーボーナスはほぼ必須だったのは事実だったようですが、修正された模様です。
ただし、これらはかなりの騒動となりITmedia、ケータイWatchでも取り上げられております。

現在のSoftBank携帯がどうであるかは、最大手のファンサイトの書き込みで判断されてはいかがでしょうか?

http://mobiledatabank.jp/


P.S.
CGネットワーカーズの頃からイラストを拝見させていただいております(笑)

いや…その、とりあえず先のコメントのように書いてしまったのですが、なんとなく気になったので、帰りに国分寺のソフトバンクショップに寄ってみたんですよ。

そしたらしっかり店頭に何枚もの「新規受付・機種変更等はスーパーボーナスしか受け付けません」という張り紙が貼られていました。ううっ、すみません。んでもKei_1さんは別の場所のソフトバンクショップでスーパーボーナス無しで買っているんですよ~。

また、ZWEIさんは先のように書かれてるし、どうなっているんだか…。少なくともここ数日の内に買わない方がいい…ということでしょうか?(^^;)

> CGネットワーカーズの頃からイラストを拝見させていただいております(笑)

 ななななななんのことでしょうか?(^^;)何故かしらをきる

電波は拝御先生のがご専門だとは思うんすけど(笑)、FOMAって基本は2GHzのW-CDMAなんで、山間部は仕組み的に弱いんですよねー
で、それを補う800MHz帯のFOMAプラスエリアとかが最近は流行ってて、山間部にも力入れてるっぽいっす。ちなみに、M1000はグローバル携帯なんでプラスエリアはもちろん非対応(笑)ですが、それでも山間部で意外と電波拾ってます(宇都宮の山奥の某サーキットとか広島の山奥の某サーキットとか)ので、ドコモのやる気を多少感じます。^^;

auは確かPDCは巻き取り済みのハズなので、cdmaOne(2.5G)以降の端末しかないハズですが、帯域は800MHzだったと思うので、山間部もわりあい強かったのではないかと。でも昔、飯能にみんなで行ったときに圏内だったのは、ドコモのPDCだけだったのでやっぱドコモ強し、と思った記憶が。ちなみに自分はPDCを捨てきれないんで、メイン携帯はM1000ですが、デュアルネットワーク契約でPDC端末(F503i)にも切り替え可能にしてます。^^;

あと、「スーパーボーナス」については自分は全然知らないんですけど、ショップによって契約の縛りが変わるのは、わりとありがちな気もするっす...

SBモ社ページでも総務省サイトでも裏取れないけど、
デジタルホンとツーカーセルラーと、
ドコモシティホンはPDC1.5G帯割り当てで
始めたやつだったでしょ。比べるのは。

IMT2000祖父の最新局って、軽トラで運べそうな箱2つと
すかすかの四角トラスタワーと、200vとファイバーで
シンプルに出来てます@和洋国府台中学すぐそば。
FOMAの局らしい、住宅の境のコンクリ柱にPHSそっくりの
垂直組を上下二段置き、3箱吊るしてる物も目撃。
WILLCOMのOFM8本立てといい勝負の大きさです。

前世紀都心映画館(今建替え中なので匿名)勤め時の
映写技師長と直の部下のお二人が、新規が安いと
Fムーバ1.5G(黒フリップ型)揃って買って、
きまづい目に遭ったの覚えてます。
構内電話代わりに使って着信しないのはねぇ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27753/12295508

この記事へのトラックバック一覧です: 通話エリア再検証:

« 釜飯が食えなくても、悔い無し! | トップページ | よくある聞き間違い? »