2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

関連リンク

 


検索


  • Google


    WWW を検索
    とめどなく雑記 を検索

写真ピックアップ2012/04-05

  • 夜の桜
    2009年初頭までは定期的に写真を掲載していたのですが、その後サボってしまいました。写真自体は折を見て撮影していたので、現在からお気に入りなどをピックアップして掲載していきます。ファイル名は特に撮影時期ではありませんので念のため。

2009年1・2・3月撮影分

  • L1000050
    2009年になっても相変わらずぶらぶら撮った写真に終始すると思いますが、ご勘弁のほどを(^^;)。

2008年10・11・12月撮影分

  • 皆が見ないコミケの顔・その5
    D-LUX4も加わっての、バラエティに富んだ写真アルバムに…なるはず?ただ、MPはフィルムなので、掲載する予定はありません。

2008年7・8・9月撮影分

  • 祭り
    一番忙しい四半期につき、写真は少なめになるかと思います。とはいえ、新レンズを使ったりして多少浮かれてはいるかな?(^^;)

2008年4・5・6月撮影分

  • 単線のある風景
    4、5、6月分です。特に説明も無いのですが…(^^;)。まぁのんびりスナップをアップしていく…予定かと。

2008年1・2・3月撮影分

  • 円覚寺・その4
    相変わらずぶらぶら撮っています。面倒なんで、これからは3か月分、まとめようかな。

2007年10・11・12月撮影分

  • 来年に向かって歩く
    相変わらずぶらぶら撮ったものです。あまりにもとりとめなく撮ったので、3ヶ月分まとめさせていただきます(^^;)。

2007年9月撮影分

  • 機上から見る雲
    9月撮影分です。主に久米島旅行で撮った写真になっています。

2007年4・5・6・7・8月撮影分

  • 夏の海
    相変わらずぶらぶら撮った写真です。ちなみにコミケの写真は入っていません。

2007年1・2・3月撮影分

  • 桜の風景・その11
    まだまだのんびり写真です(^^;)。なんか、撮っているのも楽しいですが、現像も楽しいですね。

2006年12月撮影分

  • 築地の町並み
    相変わらずR-D1メインでぶらぶら撮影したものを掲載していきます。紅葉も都心の方まで降りてきていますので、当初はそれを中心に…といったところになるかな?

2006年11月撮影分

  • P1020232
    距離計の狂いから一時期修理に出していたR-D1が帰ってきたので、ちらほらと撮影したものをアップします。
    でもなーんかぎこちないというか…写真に対する自分なりの立脚点がしっかりしてないというか…(^^;)。
    個人的にはしっかり楽しんでいるのでいいとは思うんですけれどね(^^;)。

2006年9月 石垣島周辺旅行

  • 車に積まれたエンジン
    9月下旬に石垣島及び周辺離島を旅してきたときの写真です。
    カメラはR-D1を修理に出していたので、LC1とF10です。Exifん時に機種が書いてないのはLC1と見てください(RAWを現像・エディットして保存すると、さすがにExifデータが残らないみたい)。明るいときにはLC1にはND8のフィルターを装着しています。

2006年6月撮影分

  • 富士山を臨む
    6月撮影分です。ちょこまかと撮っているのをあげていきます。
    色々なレンズも出てきますが、だいたい使うレンズが決まりつつあるような…。

2006年5月撮影分

  • 深川の風景
     ちょっと細かな撮影が入り組んでいる月なので、まとめてのアルバムにします。
     まず最初はくらやみ祭り。のんびり行ったせいか、人垣を越えられず、てんで山車とかの写真はありませんので、期待しないように(^^;)。
     次に有楽町あたりをぶらぶら歩きながら撮った写真、お台場や川越などと、色々取り混ぜてあります。

2006年4月 浅草・皇居前広場・銀座等

  • 紅い店先
    まだR-D1に慣れていないので、運動がてら、色々テスト撮影。その途上、Jupiter-12 35mmF2.8やアベノン28mmF3.5を買ってしまったり(^^;)。その他にはスナップショットスコパー25mmF4とカラーヘリアー75mmF2.5で撮影。

2006年4月 沖縄旅行

  • 赤壁
    買いたてのR-D1を片手に沖縄をうろついた時の写真です。 レンズは基本的にフォクトレンダーのUltron35mmF1.7。広角に写っているのはUltraWide-Hrliar12mmF5.6。飛行機の撮影など、一部望遠はNokton50mmF1.5。

2006年4月 三浦半島一周

  • トンネル入口
     三浦半島一周の旅ですが、お伴にR-D1も持っていきました。  この手の負担の大きい旅ではF10といった軽いデジカメの方が適しているんですが、買ったばかりだし(^^;)、カメラとして楽しむならこちらの方がいいですしねぇ…。  そんなわけでウェストポーチで出動です。カメラ用ポーチというのがあるんですな。一眼レフも入るタイプなので、スリムなR-D1だとレンズを数個入れてもまだ余裕があったりします。  ただ、便利ではあるんですが、ちょっとデカいんですよね。カメラが入る以上、仕方ないのですが。今回はまだ涼しかったから良いですが、今後は考えないといけないかもしれません。ムレるかも。  …で、レンズはウルトラワイド・ヘリアー12mmF5.6、Jupiter-12(35mm)といったところ。実はアベノン28mmも持っていましたが、今回は使いませんでした。 ※工事現場の写真、その3とその4が入れ替わっちゃってますが、そこらへんはうまく数字順に読んでください(^^;)。

« 眼鏡な俺 | トップページ | いよいよの季節? »

2006/10/04

扇子の作り方と注意点

 そういえば以前、

扇子教再び…?

 ということで、ワンオフというか、オーダーメイドの扇子の話を書いた。

 だからということでもないと思うのだが、スタパ斉藤さんも同じように目を付けたらしい。

ててて、手作り扇子キット!!

 作り方は原始的とはいえ、サンワサプライの転写式扇子だって手軽に作れる(シートが1枚のみの添付ってところで失敗が許されない…ってところでキツいので、通販のみでも構わないから、予備の転写シールも売って欲しいところ(何か別の用途にも使いそうな気もするが))と思うのだが、やはり全面印刷が望ましいところ。

 おいらがオーダーしたところは検索でやっとたどり着いたところにお願いしたんだけれど、スタパさんの検索だと数件ひっかかっておりますな。…あー、でも1本単位でやってくれるところはさらに限られるのか…って、何故かそういうお店って、京都が多いような気が…。

 扇子=京都…ということもあるんだろうけれど、プラス「1本単位のオーダー」…というのも京都に集中するというのは一体…?


 そういえばおいらがオーダーしたとき、扇子製作担当者のことをしきりに「職人」と呼んでいたのを思い出す。実は原稿のやりとりでメールだけだと細かい話が出来ず、電話をかけた経緯があるんだけれど、そこでばしばし「職人」という言葉が出てきた。

 扇子には大まかに行って骨組みに2種類あると思う。リンク先のスタパさんのページに掲載されているような、骨が30~35本あるタイプと、お祭りや舞などで使われるような骨が10本程度のタイプ。

 前者の話をしていたら、「現在それを製作する職人にオーダーが集中していて納期が…」とかいう話が出てきたわけだ。つまり、印刷…は関わるのかわからないが、おそらく「紙を折る」「骨組みに貼る」といった作業が手作業になるのだろう。あんな多くの折り目のある扇子なので、高度な技術が必要になるのも容易に想像できるし、そうなると昔からそういう産業のあった地に必然的に職人が多い…ということなのだろうか。

 もっとも、後者ではあまり職人がどうこう…という話はなかった気がするが、しかし後者でオーダーして受け取った限り、折り目など結構綺麗にできていたので、あまり「機械仕上げ」って感じじゃなかったな。

 まぁ手仕上げ、機械仕上げの別がわかる目をしているわけでもないけれど>私(^^;)。


 ま、納期までの期間をしっかりゆとりあるように設定して作成を依頼すれば、なににせよなんとかなるとは思うけれど。職人の作業なので、GWとかお盆とか正月とか挟まないようにしないといけない…っつー話ですわな(^^;)そんな話か?。

 

 …で、スタパさんは早速オリジナルの扇子を作るのか!…と思いきや、記事の締めくくりでは市販の扇子を買って終わっているので、オーダーしたわけではなさそう。うーん、スタパさんらしくないなぁ(^^;)ぉぃ。

 ただ、おいらも作ってみてわかったけれど、結構図柄の作成は扇子だけに、センスが問われるし、骨も折れる(座布団2枚ください(^^;))。

 あの扇形のレイアウトってのは、日本画とか描いてああいう画材に慣れてないと、結構キツいですよ。絵を描くのになれていても。

 バランスの問題だと思うけれど、うまく収めるのが難しい。入れ込めばいいというわけでもないし、うまく余白を活かす…というのであれば、わびさびを問われるようなセンスが必要になってくる。

 なかなかに奥が深い世界にございまする。


 また、ファイルフォーマットの問題もあったりする。

 業者によっては対応フォーマットが豊富だったりするが、おいらのオーダーの時も、WinとMacの違いで読めなかったのか、結構すったもんだがあったりした(画質にこだわるあまり、.aiファイルをかたくなに送り続けたのがマズかったかも(あれはバージョンによってかなりフォーマットの違いとかあるらしいし)。JPEGファイルを送ったら一発OKだったし(^^;))。

 また、納期の関係でオーダーの扇子の種類を途中で替えたりしたのだが、同じ扇子とはいっても、ちこっと大きさが変わっただけで、かな~りテンプレートが変わってしまい、レイアウトの変更が必要になったり、そこでもすったもんだ(…というか、私の作業のみ)があったりした。

 メールのやりとりだけでなく、電話も必要になった…というのは、そこら辺の確認もあったわけなのよ。


 そういう、オーダーするのにある程度敷居が高い話でもある。おいらのオーダーしたところだけかな?…という気もするが(俺として「印刷」という行為である以上、同人誌作成の経験もあるので、逆にそういうやりとりが無いとどう仕上げてくるかもわからなくなってくるので、あった方が安心するんだけれど)、他の業者も「店主とのメールのやりとりで見積価格を決定」とか書いてあるところもあるので、どこでもたいがい「原稿送って、はい、おしまい」というわけにもいかないのだろう…と。

 そういう意味で、絵心だけでなく、画像フォーマットなどにも造詣があったりする必要もあるので(いや、JPEG送れば一発OKのような気が…)、素人さんにはあまりお薦めできないな…と。

 まぁ、おいらのオーダーしたところは、依頼者が原稿作るだけでなく、素材を送って業者にレイアウトからなにから作ってもらう…って方法もあるらしいし(料金はあまり変わらないらしい)、うまく依頼すれば問題はないとは思うけれど。

 大体、スタパさんも考えてみれば絵心はわからないけれど、写真の方は確かなんだし、PCに詳しければフォーマットもある程度はご存じだと思うし、レイアウトもしてしまいそうな気も。やはり写真素材のオリジナル扇子を作っていただくしか…(^^;)。


 ただ、扇子を作るにはもう一つ敷居があって、今までの話は作成するための敷居だったけれど、もっと大前提の「作成するまでの敷居」というのもある。

 「そもそもオーダー扇子が必要かどうか」ということ。

 おいらの場合は外国の方への贈答品ということもあり、またそもそもその人がおいらの似顔絵を評価してくださっているので、オーダー扇子がうまい組み合わせになったわけ。

 ただ、オーダー扇子を自分で持つ…となると、なにを印刷するかが結構問題になってくる。

 おいらでいえば、せらばに絵とかトレードマーク…とまでは言わないけれど、印刷したくなってくるが…、それを自分で持つわけでしょ?暑いときそれをひらひらさせて…。痛車じゃないんだから…(^^;)痛扇子?。

 贈答品でないと、意外と自分でオーダー扇子を持つ…というのは難しいかもしれない(贈答品でも「痛い」絵だったら、使ってくれないか…(^^;)飾ってくれるだけでも良いが)。

 しかし考えてみればお気に入り写真を扇子にしたっていいわけだし、スタパさんだったらそいう素材は山ほどありそうだから(逆に「選べねーよ!」とか言いそうな気が(^^;))、オーダー扇子もわりかし良いかと。


 そんなわけで、是非スタパさんにもオーダー扇子を発注していただきたいと…って、なにをムキにお願いしているのか…?>をれ(^^;)

 

 ちなみに、今までの話とはまったく別に、白紙の扇子に一発書きという手もある(元々の「扇子教」はこの路線)。

俺のワン・オフ

 これは本職のイラストレーターの方に東急ハンズでやっていただいたんだけれど、味と言えばこちらの方が味だね。

« 眼鏡な俺 | トップページ | いよいよの季節? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27753/12144890

この記事へのトラックバック一覧です: 扇子の作り方と注意点:

« 眼鏡な俺 | トップページ | いよいよの季節? »