2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

関連リンク

 


検索


  • Google


    WWW を検索
    とめどなく雑記 を検索

写真ピックアップ2012/04-05

  • 夜の桜
    2009年初頭までは定期的に写真を掲載していたのですが、その後サボってしまいました。写真自体は折を見て撮影していたので、現在からお気に入りなどをピックアップして掲載していきます。ファイル名は特に撮影時期ではありませんので念のため。

2009年1・2・3月撮影分

  • L1000050
    2009年になっても相変わらずぶらぶら撮った写真に終始すると思いますが、ご勘弁のほどを(^^;)。

2008年10・11・12月撮影分

  • 皆が見ないコミケの顔・その5
    D-LUX4も加わっての、バラエティに富んだ写真アルバムに…なるはず?ただ、MPはフィルムなので、掲載する予定はありません。

2008年7・8・9月撮影分

  • 祭り
    一番忙しい四半期につき、写真は少なめになるかと思います。とはいえ、新レンズを使ったりして多少浮かれてはいるかな?(^^;)

2008年4・5・6月撮影分

  • 単線のある風景
    4、5、6月分です。特に説明も無いのですが…(^^;)。まぁのんびりスナップをアップしていく…予定かと。

2008年1・2・3月撮影分

  • 円覚寺・その4
    相変わらずぶらぶら撮っています。面倒なんで、これからは3か月分、まとめようかな。

2007年10・11・12月撮影分

  • 来年に向かって歩く
    相変わらずぶらぶら撮ったものです。あまりにもとりとめなく撮ったので、3ヶ月分まとめさせていただきます(^^;)。

2007年9月撮影分

  • 機上から見る雲
    9月撮影分です。主に久米島旅行で撮った写真になっています。

2007年4・5・6・7・8月撮影分

  • 夏の海
    相変わらずぶらぶら撮った写真です。ちなみにコミケの写真は入っていません。

2007年1・2・3月撮影分

  • 桜の風景・その11
    まだまだのんびり写真です(^^;)。なんか、撮っているのも楽しいですが、現像も楽しいですね。

2006年12月撮影分

  • 築地の町並み
    相変わらずR-D1メインでぶらぶら撮影したものを掲載していきます。紅葉も都心の方まで降りてきていますので、当初はそれを中心に…といったところになるかな?

2006年11月撮影分

  • P1020232
    距離計の狂いから一時期修理に出していたR-D1が帰ってきたので、ちらほらと撮影したものをアップします。
    でもなーんかぎこちないというか…写真に対する自分なりの立脚点がしっかりしてないというか…(^^;)。
    個人的にはしっかり楽しんでいるのでいいとは思うんですけれどね(^^;)。

2006年9月 石垣島周辺旅行

  • 車に積まれたエンジン
    9月下旬に石垣島及び周辺離島を旅してきたときの写真です。
    カメラはR-D1を修理に出していたので、LC1とF10です。Exifん時に機種が書いてないのはLC1と見てください(RAWを現像・エディットして保存すると、さすがにExifデータが残らないみたい)。明るいときにはLC1にはND8のフィルターを装着しています。

2006年6月撮影分

  • 富士山を臨む
    6月撮影分です。ちょこまかと撮っているのをあげていきます。
    色々なレンズも出てきますが、だいたい使うレンズが決まりつつあるような…。

2006年5月撮影分

  • 深川の風景
     ちょっと細かな撮影が入り組んでいる月なので、まとめてのアルバムにします。
     まず最初はくらやみ祭り。のんびり行ったせいか、人垣を越えられず、てんで山車とかの写真はありませんので、期待しないように(^^;)。
     次に有楽町あたりをぶらぶら歩きながら撮った写真、お台場や川越などと、色々取り混ぜてあります。

2006年4月 浅草・皇居前広場・銀座等

  • 紅い店先
    まだR-D1に慣れていないので、運動がてら、色々テスト撮影。その途上、Jupiter-12 35mmF2.8やアベノン28mmF3.5を買ってしまったり(^^;)。その他にはスナップショットスコパー25mmF4とカラーヘリアー75mmF2.5で撮影。

2006年4月 沖縄旅行

  • 赤壁
    買いたてのR-D1を片手に沖縄をうろついた時の写真です。 レンズは基本的にフォクトレンダーのUltron35mmF1.7。広角に写っているのはUltraWide-Hrliar12mmF5.6。飛行機の撮影など、一部望遠はNokton50mmF1.5。

2006年4月 三浦半島一周

  • トンネル入口
     三浦半島一周の旅ですが、お伴にR-D1も持っていきました。  この手の負担の大きい旅ではF10といった軽いデジカメの方が適しているんですが、買ったばかりだし(^^;)、カメラとして楽しむならこちらの方がいいですしねぇ…。  そんなわけでウェストポーチで出動です。カメラ用ポーチというのがあるんですな。一眼レフも入るタイプなので、スリムなR-D1だとレンズを数個入れてもまだ余裕があったりします。  ただ、便利ではあるんですが、ちょっとデカいんですよね。カメラが入る以上、仕方ないのですが。今回はまだ涼しかったから良いですが、今後は考えないといけないかもしれません。ムレるかも。  …で、レンズはウルトラワイド・ヘリアー12mmF5.6、Jupiter-12(35mm)といったところ。実はアベノン28mmも持っていましたが、今回は使いませんでした。 ※工事現場の写真、その3とその4が入れ替わっちゃってますが、そこらへんはうまく数字順に読んでください(^^;)。

« 関税・税金の面倒 | トップページ | 中村優に注意されたい »

2006/10/17

デジカメの悩み

 のめこい湯リベンジでコンパクトデジカメの画質の限界を感じたからか、R-D1が手元にないのにじれてきた。何とはなしに「修理はのんびりでもいいよん」とは言ったけれど、やっぱ早くしてもらいたいなぁ。

 ただ、修理費の確保という面では、ちと時間が欲しい(^^;)。たはは…。

 まぁともかく、「R-D1の無い今だから…」ということではなく、「これから先もR-D1が無いタイミングがあるかも」という前提で、何かマニュアルが楽しめる筐体・ダイナミックレンジが比較的広いカメラが欲しいところ。

 ただ、デチイチといった大きさのあるカメラはダメ。取扱が面倒だし、被写体に警戒もされたくない。コンパクトなのが(とりあえずスナップ等には)一番。


 そんなわけで、前から言っている16:9という比率が楽しめそうなパナのLX2とか惹かれている。

 まぁジョイスティック操作っというのがなんだけれど、マニュアル的操作も楽しめそうだし。

 しかし、パナソニックのデジカメは「写真を扱うメーカーじゃなかったから絵作りの面でお薦めできないなぁ…」と真顔でおっしゃる写真屋(PhotoShopじゃなくって、本当の写真屋)のコメントを思い出せば、ちっと気が引ける。

 …ってことは、そこらへんは理解しているハズのライカ側が調整している製品、D-LUX3なら良いのでせうか?

 ただ、どう調整の具合が違うのかがようわからん。両社は過去にもOEMの製品が出たことがあるが(OEMっつーか、共同開発らしい)、パナソニックとライカの絵作りを比較した記事は、機種が違うこちらの記事くらいしか見つからなかった。まぁLC1も持っているので、まったく関係ない内容でもないのだが(^^;)。

 ただ、読む限りは画質的にはあまり変わらなさそうだ。実はパナのコンパクト機は、JPEGファイルなどを見ると、妙なブロックノイズっぽい「荒さ」が感じられるので(LC1では見受けられない)、それだけでちとイヤっぽかった。

 いや、印刷したり、blogの記事の写真にしたり、友人に渡すためにXGAくらいに縮小したりすればそんなノイズは気にならないのだが、…どーも…ね。

 なので、ライカだとそこらへんの圧縮を違うようにしてくれていないかなー…的な期待はあったのだが、考えてみれば同じヴィーナスエンジン積んで、おそらくそれのパラメータを変えているだけだろうから、そう変わらないんだろうなぁ…という気が(^^;)。

 色調が違うだけくらい?それ以外の違いを見つけられる比較記事とか無いかなぁ。


 ブロックノイズだけの問題かしらん?…ということであれば、RAW撮影という手もある。ちっと検索してみると、こういう記事を発見した。


 RAW撮影したところをトリミングし、別途JPEG化している模様。この画像を見る限り、おいらが気にしている「ブロックノイズっぽい荒れ」は感じられない。つまり、RAWで後調整すればいいんでないの…ってことになるわけだ。

 しかし考えてみればRAW形式ってCCDの生データだから、パナとライカの違いは無いはずなんだよね。…そうすると、ここだけみれば「ライカでないと」という理由はないね。


 ただ、これも記事中に書いてあることなのだが、考えてみればRAW形式ってメタデータだからこれっぽっちも圧縮効いてないのよね。

> 512MBのまっさらのSDで記録方式をRAWに指定したら撮影可能枚数16枚と表示

 …とある。LC1とかR-D1とか数百万画素だったからあまり気にしてなかったけれど、1GBでも32枚ってのはなぁ…(^^;)。

 そうなるとやはりJPEGを併用し、あ、これはRAWでないと…という撮影でRAW…という使い分けが必要。…となると、JPEGもないがしろにできないわけで…。やはり絵作りの差を確認したいなぁ…。

 いや、正直言うとスタイル的にライカの方が好きなんだけれどね(^^;)。そこそこ金額差があるので、スタイリングの違いだけじゃぁ…ねぇ…。


 まぁ、最初の話に戻れば、一番はレンズも共通して使えるM8…ってことなのだろうが、これはまた更に財政を…。


 …ってところで悩んでいるのよ…みたいな話を某氏にしていたら、ウルトラC…というか、別の選択肢を授けられた。

 R-D1をもう一台買ったら?

 はっ…と雷に打たれた感じがしたね。全然念頭になかったよ。

 考えてみれば別に、新品をもう一台、ローンで買え…という話でも無い。中古でもいいわけだ。このカメラ、そうそう乱暴に扱うとも思えないし。

 M8が出たらR-D1を売って多少なりと中古市場で値崩れとかしねぇかな…と。

 まぁ元の数が少ないので、数千円も崩れないような気がするが(^^;)いや、さばく必要で下げるかも?。

 ともかく、コスト的にはM8の次くらいのランクに位置するわけだが、1/2どころか、1/3くらいで済む話なんだし、使い勝手はしれている。代替しながら使っていけばいいわけで、ローテーションも可。

 いざというときは2台体制というのも可能だろう(ファイル管理が大変っぽいが)。

 幸いにも、M8に完全には入れ込んでいない。焦点距離1.33倍という換算値の少なさは魅力だし、ファインダーもいいらしいのだが、以前書いた通り、完全にM8の魅力がR-D1を上回っているわけではない。

 おいらにとっては写真も大事だけれど、写真を撮るときの「撮影スタイル」も大事であって、むしろそのときの被写体とのコミュニケションのためにカメラもダシにして交流を図る、写真を撮りやすくする…ということもある。

 なので、「えっ、なんでデジカメなのにフィルム巻き上げてるの!」なんてまさに狙ったとおりのリアクションだし、「なんかそのカメラ、(レンズが小さくて)可愛いですね」なんてのもデジイチに無いポジションを得るいい材料だったりもする。

 あ、R-D1は裸だとデザイン的にのっぺりとしているんだけれど、速写ケースとかの本体カバーをつけると、相当魅力的になるので、筐体のデザインについてはそれ装着前提…ということで。


 ともかくだ、その最後の選択肢も悪くはない。まぁ今すぐ…という話でもないのだが、なーんかどうにかしたいところ。

 さぁ、どうする?>をれ(^^;)

« 関税・税金の面倒 | トップページ | 中村優に注意されたい »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27753/12315998

この記事へのトラックバック一覧です: デジカメの悩み:

« 関税・税金の面倒 | トップページ | 中村優に注意されたい »