2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

関連リンク

 


検索


  • Google


    WWW を検索
    とめどなく雑記 を検索

写真ピックアップ2012/04-05

  • 夜の桜
    2009年初頭までは定期的に写真を掲載していたのですが、その後サボってしまいました。写真自体は折を見て撮影していたので、現在からお気に入りなどをピックアップして掲載していきます。ファイル名は特に撮影時期ではありませんので念のため。

2009年1・2・3月撮影分

  • L1000050
    2009年になっても相変わらずぶらぶら撮った写真に終始すると思いますが、ご勘弁のほどを(^^;)。

2008年10・11・12月撮影分

  • 皆が見ないコミケの顔・その5
    D-LUX4も加わっての、バラエティに富んだ写真アルバムに…なるはず?ただ、MPはフィルムなので、掲載する予定はありません。

2008年7・8・9月撮影分

  • 祭り
    一番忙しい四半期につき、写真は少なめになるかと思います。とはいえ、新レンズを使ったりして多少浮かれてはいるかな?(^^;)

2008年4・5・6月撮影分

  • 単線のある風景
    4、5、6月分です。特に説明も無いのですが…(^^;)。まぁのんびりスナップをアップしていく…予定かと。

2008年1・2・3月撮影分

  • 円覚寺・その4
    相変わらずぶらぶら撮っています。面倒なんで、これからは3か月分、まとめようかな。

2007年10・11・12月撮影分

  • 来年に向かって歩く
    相変わらずぶらぶら撮ったものです。あまりにもとりとめなく撮ったので、3ヶ月分まとめさせていただきます(^^;)。

2007年9月撮影分

  • 機上から見る雲
    9月撮影分です。主に久米島旅行で撮った写真になっています。

2007年4・5・6・7・8月撮影分

  • 夏の海
    相変わらずぶらぶら撮った写真です。ちなみにコミケの写真は入っていません。

2007年1・2・3月撮影分

  • 桜の風景・その11
    まだまだのんびり写真です(^^;)。なんか、撮っているのも楽しいですが、現像も楽しいですね。

2006年12月撮影分

  • 築地の町並み
    相変わらずR-D1メインでぶらぶら撮影したものを掲載していきます。紅葉も都心の方まで降りてきていますので、当初はそれを中心に…といったところになるかな?

2006年11月撮影分

  • P1020232
    距離計の狂いから一時期修理に出していたR-D1が帰ってきたので、ちらほらと撮影したものをアップします。
    でもなーんかぎこちないというか…写真に対する自分なりの立脚点がしっかりしてないというか…(^^;)。
    個人的にはしっかり楽しんでいるのでいいとは思うんですけれどね(^^;)。

2006年9月 石垣島周辺旅行

  • 車に積まれたエンジン
    9月下旬に石垣島及び周辺離島を旅してきたときの写真です。
    カメラはR-D1を修理に出していたので、LC1とF10です。Exifん時に機種が書いてないのはLC1と見てください(RAWを現像・エディットして保存すると、さすがにExifデータが残らないみたい)。明るいときにはLC1にはND8のフィルターを装着しています。

2006年6月撮影分

  • 富士山を臨む
    6月撮影分です。ちょこまかと撮っているのをあげていきます。
    色々なレンズも出てきますが、だいたい使うレンズが決まりつつあるような…。

2006年5月撮影分

  • 深川の風景
     ちょっと細かな撮影が入り組んでいる月なので、まとめてのアルバムにします。
     まず最初はくらやみ祭り。のんびり行ったせいか、人垣を越えられず、てんで山車とかの写真はありませんので、期待しないように(^^;)。
     次に有楽町あたりをぶらぶら歩きながら撮った写真、お台場や川越などと、色々取り混ぜてあります。

2006年4月 浅草・皇居前広場・銀座等

  • 紅い店先
    まだR-D1に慣れていないので、運動がてら、色々テスト撮影。その途上、Jupiter-12 35mmF2.8やアベノン28mmF3.5を買ってしまったり(^^;)。その他にはスナップショットスコパー25mmF4とカラーヘリアー75mmF2.5で撮影。

2006年4月 沖縄旅行

  • 赤壁
    買いたてのR-D1を片手に沖縄をうろついた時の写真です。 レンズは基本的にフォクトレンダーのUltron35mmF1.7。広角に写っているのはUltraWide-Hrliar12mmF5.6。飛行機の撮影など、一部望遠はNokton50mmF1.5。

2006年4月 三浦半島一周

  • トンネル入口
     三浦半島一周の旅ですが、お伴にR-D1も持っていきました。  この手の負担の大きい旅ではF10といった軽いデジカメの方が適しているんですが、買ったばかりだし(^^;)、カメラとして楽しむならこちらの方がいいですしねぇ…。  そんなわけでウェストポーチで出動です。カメラ用ポーチというのがあるんですな。一眼レフも入るタイプなので、スリムなR-D1だとレンズを数個入れてもまだ余裕があったりします。  ただ、便利ではあるんですが、ちょっとデカいんですよね。カメラが入る以上、仕方ないのですが。今回はまだ涼しかったから良いですが、今後は考えないといけないかもしれません。ムレるかも。  …で、レンズはウルトラワイド・ヘリアー12mmF5.6、Jupiter-12(35mm)といったところ。実はアベノン28mmも持っていましたが、今回は使いませんでした。 ※工事現場の写真、その3とその4が入れ替わっちゃってますが、そこらへんはうまく数字順に読んでください(^^;)。

« WPCの模索 | トップページ | M8シミュレーション »

2006/10/23

時代はインスタント?

 勿論食品ではなく、カメラの話。

06102301 ちらりと先の記事で書いたが、なぜか自転車関係のフリーマーケットでインスタントカメラを買ってくるわし。

 いや、その方面には全然疎いんですよ?ただね、ちと色々理由もあるところ。

 普通の人なら「このデジカメ全盛の時に…」と思うところもしかりとは思うのだが、実際その通りではあるんだけれど、だからこそ化学反応で現れる「写真」というのに惹かれるところもあるわけ。

 なにしろコピーが取りにくい(一応「焼き増し」はできないことはない(劣化があるとは思うが))メディアというのもまた「一発勝負」というデジカメにはない緊張感が面白そうというのもある。

 ま、だったら普通のカメラがコンパクトで使いやすいじゃん…と思われるだろうが、「現像時間」がかかるのがどーも…。大体、だからこそデジカメに走ったわけなんだから。

06102302 それにこのSX-70(…のソナー…というAFモデル)は折りたたむとコンパクトになるんだ。カメラショップで現行のインスタントカメラを見てみると、新しい物ほどこんなにコンパクトなものはない。おそらく技術的にコンパクトなものを作るのは可能なのだとは思うのだが、そのボタンの大きさを見るにつれ、「写真初心者向け」という位置づけなのだろう。扱いやすさを追求する余り、筐体のダウンサイジングとは逆方向に働いてしまったようである。

 しかしこのSX-70、70年代に開発され、育てられただけあって、「初心者向け」という位置づけではない分、かなりのこだわりを持って作られている感じがする。そういう意味で筐体を持つだけでも愛着が生まれるわけ。

 そしてすごいことに、通常のSX-70はMFであり、「パンフォーカスでフォーカシングの手間を減らそう」という意図は全くない。そして私のAFモデル。インスタントカメラのファインダーを覗き、シャッター半押しでピンがあったときの衝撃ったらないね。まさかインスタントカメラで被写界深度を意識した撮影ができるとは思わなかった。

 そしてその瞬間に思い出したのはわたなべてつやさんのローライフレックスだ。二眼レフをいじくったのは実はアレが初めてなのだが、スクエアフォーマットのファインダーでピンを合わす楽しさを味わったが、先の現像の関係で「おそらく手を出さないだろうなぁ…」とあきらめかけていたのだが、品質やコンセプトの差こそあれ、また同じ「面白さ」がここで蘇ってきた。

 勿論、このAFモデルでもMFに切り替えることができ、純粋なMFモデルと同じファインダーではないのだが(二重像合致ファインダー)、ピンあわせの楽しみも味わえる。(書き忘れていたけれど、レンズがメインと一緒なので、一応…一眼レフってことになるのか?)

 加えて、露出補正もできると来た日にゃ、もうすげぇカメラっすよ。


 …と同時に、不遇なカメラでもある。

 実はこれ用のフィルムは現存しなかったりする。

 あとで調べたのだが、これ専用のフィルムは製造禁止になって久しい。詳しくはこちらをご参照。

あなろぐ茶房
SX-70色のコスモス

 一番最後に作られたフィルムの使用期限くらいの私との出会いってのは遅すぎた出会いだったのでは…?とかドラマチックに考えてみたり(^^;)。

 いやしかし、似たようなポラロイドインスタントフィルムの600シリーズというのが使えるので、まったく使えないということではない。

 こちらのフィルムは立川のビックカメラの地下でみれば、結構山積みで今後の心配はあまり感じない。

 ただ、SX-70専用フィルムの独特の青みによるノスタルジックさは失われ、ISOが上がってしまったことによる使用上の工夫などが必要になってくるのがちと不便。まぁ、気をつけていればどうにかなるとは思うし、なにぶんにもすぐに撮影結果がわかるので、ある程度はやり直しが利く(^^;)。

 まぁ、1枚百数十円というコストが考え物だが、そこはそれ…ってことで(^^;)。


 ちなみに、私が所有するインスタントカメラというのはこれが初めてでなかったりする。

06102303 実はFP-1というのも持っていたり。自分が買ったわけではないのだが、要らない人から譲り受けてそのうち自分でも使おうと思っていた。しかしその筐体のデカさ故、取り回しづらさで今まで放っておいた。

 実際は、露出計片手にスタジオとかで三脚に固定して使うもの…と後から聞かされたときには、引き取らされた人にカマされたことにようやく気づかされるのだが(^^;)そういえばデジカメがちらほらとプロ用途に使われ始めた頃だったなぁ…。

06102304 しかし今回のSX-70は並べてみればわかるとおり、かなりコンパクト。旅に十分持って歩けるそのサイズは、1枚限りの写真しか撮れない…というコンセプトを逆に活かせば、また違ったコミュニケーションツールとしても働きそうな気もするので、今後の旅を楽しみにもしてくれている。

 まぁその前に、コツとかもあるので、ちっとムーやん(我が家のネコ)でも撮って、練習しておくか。

« WPCの模索 | トップページ | M8シミュレーション »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27753/12378539

この記事へのトラックバック一覧です: 時代はインスタント?:

« WPCの模索 | トップページ | M8シミュレーション »