2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

関連リンク

 


検索


  • Google


    WWW を検索
    とめどなく雑記 を検索

写真ピックアップ2012/04-05

  • 夜の桜
    2009年初頭までは定期的に写真を掲載していたのですが、その後サボってしまいました。写真自体は折を見て撮影していたので、現在からお気に入りなどをピックアップして掲載していきます。ファイル名は特に撮影時期ではありませんので念のため。

2009年1・2・3月撮影分

  • L1000050
    2009年になっても相変わらずぶらぶら撮った写真に終始すると思いますが、ご勘弁のほどを(^^;)。

2008年10・11・12月撮影分

  • 皆が見ないコミケの顔・その5
    D-LUX4も加わっての、バラエティに富んだ写真アルバムに…なるはず?ただ、MPはフィルムなので、掲載する予定はありません。

2008年7・8・9月撮影分

  • 祭り
    一番忙しい四半期につき、写真は少なめになるかと思います。とはいえ、新レンズを使ったりして多少浮かれてはいるかな?(^^;)

2008年4・5・6月撮影分

  • 単線のある風景
    4、5、6月分です。特に説明も無いのですが…(^^;)。まぁのんびりスナップをアップしていく…予定かと。

2008年1・2・3月撮影分

  • 円覚寺・その4
    相変わらずぶらぶら撮っています。面倒なんで、これからは3か月分、まとめようかな。

2007年10・11・12月撮影分

  • 来年に向かって歩く
    相変わらずぶらぶら撮ったものです。あまりにもとりとめなく撮ったので、3ヶ月分まとめさせていただきます(^^;)。

2007年9月撮影分

  • 機上から見る雲
    9月撮影分です。主に久米島旅行で撮った写真になっています。

2007年4・5・6・7・8月撮影分

  • 夏の海
    相変わらずぶらぶら撮った写真です。ちなみにコミケの写真は入っていません。

2007年1・2・3月撮影分

  • 桜の風景・その11
    まだまだのんびり写真です(^^;)。なんか、撮っているのも楽しいですが、現像も楽しいですね。

2006年12月撮影分

  • 築地の町並み
    相変わらずR-D1メインでぶらぶら撮影したものを掲載していきます。紅葉も都心の方まで降りてきていますので、当初はそれを中心に…といったところになるかな?

2006年11月撮影分

  • P1020232
    距離計の狂いから一時期修理に出していたR-D1が帰ってきたので、ちらほらと撮影したものをアップします。
    でもなーんかぎこちないというか…写真に対する自分なりの立脚点がしっかりしてないというか…(^^;)。
    個人的にはしっかり楽しんでいるのでいいとは思うんですけれどね(^^;)。

2006年9月 石垣島周辺旅行

  • 車に積まれたエンジン
    9月下旬に石垣島及び周辺離島を旅してきたときの写真です。
    カメラはR-D1を修理に出していたので、LC1とF10です。Exifん時に機種が書いてないのはLC1と見てください(RAWを現像・エディットして保存すると、さすがにExifデータが残らないみたい)。明るいときにはLC1にはND8のフィルターを装着しています。

2006年6月撮影分

  • 富士山を臨む
    6月撮影分です。ちょこまかと撮っているのをあげていきます。
    色々なレンズも出てきますが、だいたい使うレンズが決まりつつあるような…。

2006年5月撮影分

  • 深川の風景
     ちょっと細かな撮影が入り組んでいる月なので、まとめてのアルバムにします。
     まず最初はくらやみ祭り。のんびり行ったせいか、人垣を越えられず、てんで山車とかの写真はありませんので、期待しないように(^^;)。
     次に有楽町あたりをぶらぶら歩きながら撮った写真、お台場や川越などと、色々取り混ぜてあります。

2006年4月 浅草・皇居前広場・銀座等

  • 紅い店先
    まだR-D1に慣れていないので、運動がてら、色々テスト撮影。その途上、Jupiter-12 35mmF2.8やアベノン28mmF3.5を買ってしまったり(^^;)。その他にはスナップショットスコパー25mmF4とカラーヘリアー75mmF2.5で撮影。

2006年4月 沖縄旅行

  • 赤壁
    買いたてのR-D1を片手に沖縄をうろついた時の写真です。 レンズは基本的にフォクトレンダーのUltron35mmF1.7。広角に写っているのはUltraWide-Hrliar12mmF5.6。飛行機の撮影など、一部望遠はNokton50mmF1.5。

2006年4月 三浦半島一周

  • トンネル入口
     三浦半島一周の旅ですが、お伴にR-D1も持っていきました。  この手の負担の大きい旅ではF10といった軽いデジカメの方が適しているんですが、買ったばかりだし(^^;)、カメラとして楽しむならこちらの方がいいですしねぇ…。  そんなわけでウェストポーチで出動です。カメラ用ポーチというのがあるんですな。一眼レフも入るタイプなので、スリムなR-D1だとレンズを数個入れてもまだ余裕があったりします。  ただ、便利ではあるんですが、ちょっとデカいんですよね。カメラが入る以上、仕方ないのですが。今回はまだ涼しかったから良いですが、今後は考えないといけないかもしれません。ムレるかも。  …で、レンズはウルトラワイド・ヘリアー12mmF5.6、Jupiter-12(35mm)といったところ。実はアベノン28mmも持っていましたが、今回は使いませんでした。 ※工事現場の写真、その3とその4が入れ替わっちゃってますが、そこらへんはうまく数字順に読んでください(^^;)。

« 携帯の選び方 | トップページ | 通話エリア再検証 »

2006/10/14

釜飯が食えなくても、悔い無し!

06101402

  先週はぶらりとのめこい湯に行ってきた…というのは書いたとおり。かなりな向かい風に閉口し、 苦労して行ったものだから、そのうち誰かを誘っていきたい気はあったものの、向かい風無くても結構な距離なので、紅葉も含めて機会を図って… と考えていた。

 しかしまぁ、毎週走るくらいでないと体もなまってしまう。だもんで今週もどこか手軽なところに走っておかないと。…ということで、 友人を誘って青梅あたりに行こうということに。

 ただ、立川に集合してみると…どーもなんか「のめこい湯ってどういうとこよ?」みたいな空気が…え?行くんすか? 誰もそんなことは口に出してはいないんだけれど、妙に「キツい走行もしてみてーなー…」みたいな空気になっていた。

 …俺を含めて(^^;)。

 いや、無風だったし、前回は「強烈な向かい風」「サドル設定変更による腰痛」といった要因があったので「途中で歩く」 という自転車乗りにとっては敗北的行動に陥ってしまったけれど、その要因が排除された今日だったら走れるかも…。

 …って、先週の今日ってのはどーよ(^^;)。

 まぁまずは、「梅が練り込まれた麺が売りのうどん」をちっと攻めてみましょうか…ということになり、日向和田の美よしの園に向かうことに。

 立川駅からいったん多摩川に降り、サイクリングロードを西進。途中TOKさんに追い越されたり(^^;)あなた、 あの後折り返して右岸を南下していかなかった?対岸から見てたで。

 ともかくも多摩川上水分岐も通り過ぎ、さらにその先の「堰」が見える段になると、「ほう、ダムが見えるねぇ…」とtoMoさん。いやいや、 あれは堰です。そうですか、ダムが見たいですか…。

 この時点でとりあえず目的地は小河内ダムに延長(^^;)。

06101403  そして吉野街道をひた走り、美よしの園へ。立川から大体1時間半くらいでしたっけ? 休憩入れて…だから、結構早かったんでない?

06101404  で、適度に疲れているので、梅干しも効きそう(^^;)。改めてメニューを見てみると、 私は梅ざるうどんと梅干しおにぎりのセットがあったのがそれを。

06101405  ただ、他の人の頼んだ山かけうどんもかなり美味そう。白玉ぜんざいも糖分補給には有効だし、 美味そうだし、結構ツボなお店ですなぁ(^^;)。

 うどんはざるうどんも含め、京風つゆといった風合いで、食感も含め、なかなか面白い風合い。他に比較できるうどんが存在しない… って感じで面白かった。麺ものほのかな梅風味なので、それほど梅の存在をどうこうしない控えめさがいいし、もう少し主張が欲しいなぁ… というときは、一緒に出てくる梅胡麻をつゆに振りかけると、一気に梅の風味が増してくる。

 なかなか面白かったので、次は山かけを狙わないとな(^^;)。

06101406  梅パフェも注文したが、おにぎりも一緒に食っていると、 結構オーバーな量だったかも(^^;)。 それでもすっぱあまいソフトクリームとコーヒーゼリーと甘め抑えめなスポンジなどの織りなす食感はなかなかのもの。ただ、 フレークまで食べきれなかったのが情けないわし(^^;)。

 このお店、食べ物だけでなく焼き物なども置いてあって、注文したメニューが出てくるまでも飽きなかったり。陶芸は素人だけれども、 それでも楽しめるのもあるのがいいな。

 ただ、一番興味を引いたのは「タオルマフラー」だったんだけれど(^^;)。

 そんなわけで結構のんびりしつつ、美よしの園を後にしたのが11時半くらいだったか…。

06101407 次は先の通り、小河内ダムを目指すことに。ここからは大体…ひたすら走ったか。 奥多摩駅前で小休憩を取りつつ、トンネルをいくつか抜けた後、小河内ダムに到着。うーん、なんかあっさり。

 前回はこのルートも比較的キツかった気がするが、向かい風もない、腰痛など抱えていない…等でさらりと走って来れたかも。うんうん。 よかよか。

06101408   この小河内ダムでも比較的ゆっくり観光を(^^;)。 そういえばあまりダムなんて来ないもんね。小河内ダム周辺を比較的ゆったりぶらぶら。気がつけば14時くらいに…。

 さてどうしましょう。ここまで来たからには…行きますか?のめこい湯に。大菩薩ラインを登りつつ、菩薩様に会いにいきませうか?…と。

 まぁ、私もここまで来るのに比較的調子よかったので、大菩薩ラインもなんとかなるかもなぁ…という淡い期待もあったりして(^^;)。 つまりリベンジ…ということ。

 そういう訳で再度のめこい湯に行くことに。早速大菩薩ラインにさしかかると…、みんなおいらを抜いていく…(^^;)。

 「いいか、覚えておけ!登坂能力の差が実力の差ではないことを!」

 …という、「ランバ・ラルかよ!」とヴィンちゃん風ツッコミを期待した発言も無視されつつ、抜かれていく(^^;)。 こっちはローギアも歯数が少ないからなぁ…。

06101409  しかしそれでも先週よりは登坂しやすい。結果、一度も車から降りず、大菩薩ラインを突破、 のめこい湯に!やった、リベンジ完了!

 ぱんぱんに張ったふくらはぎを温泉に浸すのも心地いいというもの。ただ、股間のあたりがスレて、ひりひりしていましたが(^^;)。

 ただ、途中ぶらぶらし過ぎたせいか、時間がかなりおしてしまった。のめこい湯を後にしたのが大体16時半。山の稜線に太陽も隠れ始め、 周りも薄暗くなり始めている。幸い薄曇りだったのが晴れ始めて空自体が明るくてすぐに視界が悪くなる…ってことになっていないのが救いだが、 速攻で帰らなくてはならない。

 幸い下り主体ということで、本当に奥多摩駅まで1時間くらいで走れたのだが、周りはどんどん暗くなり、 小河内ダムを越えたあたりからすっかり夜間走行モード。うーん、いかん。その暗さになると、むしろトンネル内の方が明るく、 落ち着いてしまうのはどういうことか(^^;)。

 まぁなんとか無事故で済んでなにより。

 で、実は板橋あたりから自走してきたというtoMoさんがお疲れということで、ここらから輪行…ということでおさらば。 そして我々はせっかくだからもう少し自走して…そだなー、考えてみればもうこんな時間(17時半)だし、 日向和田あたりまで行けばいい感じの時間だから、美味しい釜飯でも…と言った途端、

 「なに俺をのけ者にして美味しいものを食べようとしているんですかー!」

 …ということで、急遽離脱を撤回(^^;)。そのまま日向和田に向かうことに。

 ただ、夜間走行のためにスピード出せなかったせいか、着いた頃には看板…。残念ながら釜飯を食うことが出来なかった。あう。 なんともまぁtoMoさんには申し訳ない限り(いや、他の参加者にもですけれど<晩飯と言い出した手前)。

 こうなると代替店…ってところなんですけれど、ここらへん他に知っているお店って、大概もう閉まっているからなぁ… と頭の中で検索していると、そういえばこの時間でも空いている店があったなぁ…と思い出したのが…山城屋(^^;)。そう、 宮ノ平すぐ近くのあそこ。

 移動は一駅くらいしか離れていないのですぐ。行ってみればやっぱり開店していた。まぁここで鮎の塩焼きや蕎麦でも食えればいいかなぁ… と入店してみると、他の客が既に食べ終わっていた鍋のいい匂いが…。

06101410  気がつけば鴨鍋が!(^^;)またか

 いや~、なんか「山城屋といえば鴨鍋」が定番になってなくないか?でも美味いからいいんですけれど。シメのおじやもうまかったしねぇ。

 釜飯が食べられなかったのは残念でしたが、全然悔いは残りませんでしたね(^^;)。のんびり鍋をつついたので、 疲労も吹き飛ぶというもの。

 しかし店を出ると疲労云々ではなく、「寒い」というのが一番の問題かと。まぁここでタオルマフラーが活きてくるわけですが(いや、 のめこい湯出たときから、いや、その前から活きてましたが)、それでもちょっとまだつらい。

06101401  そこでいきなりtoMoさんから有り難いレクチャーが。 その日たまたまユニクロのウェアを着ていたんだけれど、それって袖に意味不明の「穴」が開いているんですよ。 寒風がそこから差し込んでキッツいなぁ…と思っていたんですけれど、toMoさんが 「そこに親指差し込んでグローブを付けると手首、冷えないですよね」。

 つまりこういうこと。お!そうだったのか!おかげでまた防寒度が増しました。さんきゅー!

 それでもまだ寒かったですけれど(^^;)。ただ、都心に向かうにつれ、段々と寒さも和らいできたのは嬉しいやらなんやら… 複雑な心境です(^^;)。


 まぁともあれ、総走行距離は110kmちょい。前回は行きも帰りも多摩川サイクリングロードを使ったので、実は遠回りだったんですけれど、 今回の帰路は青梅から自宅までほとんど最短コースっぽいルートだったので、20km近い節約になったかも。

 それでも家に着いたら22時過ぎていましたが(^^;)色々なところでのんびりしすぎた。

 まぁ今回は個人的にはリベンジ目的だったけれど、次回、奥多摩湖近辺の紅葉及びのめこい湯再び…ってことをコンセプトにするなら、 9時立川発でぶらぶらしながら行くととても満喫できません。

 …ので、輪行して少しでも早く行ったりして、奥多摩以降のスケジュールを2時間くらいは前倒しくらいはしないとね。


 ああ、あと、もうこれからの手袋は指の出るヤツではなく、全カバーしないと。

 都内はまだ全カバーでなくてもいいかもしれないけれど、郊外の日陰や夕方、夜は指先かじかんで、 まともにブレーキング出来なくなってしまいます。

 同様に上着も必須。カバンに忍ばせておく位は必要。やはり淡々と冬の足音は近づいているようです。

« 携帯の選び方 | トップページ | 通話エリア再検証 »

コメント

あぁぁ~、行きたかったです・・・青梅・奥多摩・大菩薩・・・。
私が行ってれば、きっとヴィンちゃん突っ込みをして差し上げましたのに(爆

14日は予定が入ってたので残念ながらパスでした。
やはり、山の上はもう防寒が必須なんですね。
平地ばかり走ってるので、ついうっかり普段のままの装備で行ってしまうところでしたが、
現地の報告を聞いて自分の予定>>>河口湖(恐らく御坂峠)・三峰山(たぶん大滝の湯)アタックについて、
しっかり準備しないと~と思いました。
参考になるレポどうもですw
ではまた次の機会に~。今度は『真冬の埜庵』かしら・・・?w

翌日の日曜は超へたってました。脚よりも肩にしこりが残っているという感じ。帰りの下りは楽しかったですがさすがに夜は怖かったですよ。これからの季節だと3時には下りたいですね。

怖かった…という割には相当速かったような気が(^^;)>下り。こちらは追いつけず、時折見かける工事の人に「何分か前にこれこれこういう自転車が降りていきませんでしたか?」と確認していましたから(気がつかないうちに追い抜いていたりしないかどうかの確認)。

しかし聞く人聞く人、すべて「ああ、あの自転車ね」って知ってましたから、これがやがて「青梅街道下り最速・南米の銀狼伝説」になっていくわけですね(^^;)ぉぃ。


ま、そんなわけで防寒にはくれぐれもお気を付けて>DFRさん。埜庵は真冬前にみかん氷に行かないとね。ああ、いかん。まだ予約してねーや(^^;)。

拝御さんが気にされていたピーク地点の標高は約650mでした。
GPSのログをプロットしてみると……なんだかすごいことになってましたよ(笑

>すべて「ああ、あの自転車ね」って

ぅ、そんなに人々にインパクトを与えるんなら南米号の後に宣伝用ノボリでもくくり付けて1時間いくらかで走ろうかしらん。(^^;)

GPSログ見ましたが一部垂直になってますね、垂直に!

皆さん無事で何より(^^)
次回はきっと参加しますとも、ええ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27753/12295462

この記事へのトラックバック一覧です: 釜飯が食えなくても、悔い無し!:

« 携帯の選び方 | トップページ | 通話エリア再検証 »