2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

関連リンク

 


検索


  • Google


    WWW を検索
    とめどなく雑記 を検索

写真ピックアップ2012/04-05

  • 夜の桜
    2009年初頭までは定期的に写真を掲載していたのですが、その後サボってしまいました。写真自体は折を見て撮影していたので、現在からお気に入りなどをピックアップして掲載していきます。ファイル名は特に撮影時期ではありませんので念のため。

2009年1・2・3月撮影分

  • L1000050
    2009年になっても相変わらずぶらぶら撮った写真に終始すると思いますが、ご勘弁のほどを(^^;)。

2008年10・11・12月撮影分

  • 皆が見ないコミケの顔・その5
    D-LUX4も加わっての、バラエティに富んだ写真アルバムに…なるはず?ただ、MPはフィルムなので、掲載する予定はありません。

2008年7・8・9月撮影分

  • 祭り
    一番忙しい四半期につき、写真は少なめになるかと思います。とはいえ、新レンズを使ったりして多少浮かれてはいるかな?(^^;)

2008年4・5・6月撮影分

  • 単線のある風景
    4、5、6月分です。特に説明も無いのですが…(^^;)。まぁのんびりスナップをアップしていく…予定かと。

2008年1・2・3月撮影分

  • 円覚寺・その4
    相変わらずぶらぶら撮っています。面倒なんで、これからは3か月分、まとめようかな。

2007年10・11・12月撮影分

  • 来年に向かって歩く
    相変わらずぶらぶら撮ったものです。あまりにもとりとめなく撮ったので、3ヶ月分まとめさせていただきます(^^;)。

2007年9月撮影分

  • 機上から見る雲
    9月撮影分です。主に久米島旅行で撮った写真になっています。

2007年4・5・6・7・8月撮影分

  • 夏の海
    相変わらずぶらぶら撮った写真です。ちなみにコミケの写真は入っていません。

2007年1・2・3月撮影分

  • 桜の風景・その11
    まだまだのんびり写真です(^^;)。なんか、撮っているのも楽しいですが、現像も楽しいですね。

2006年12月撮影分

  • 築地の町並み
    相変わらずR-D1メインでぶらぶら撮影したものを掲載していきます。紅葉も都心の方まで降りてきていますので、当初はそれを中心に…といったところになるかな?

2006年11月撮影分

  • P1020232
    距離計の狂いから一時期修理に出していたR-D1が帰ってきたので、ちらほらと撮影したものをアップします。
    でもなーんかぎこちないというか…写真に対する自分なりの立脚点がしっかりしてないというか…(^^;)。
    個人的にはしっかり楽しんでいるのでいいとは思うんですけれどね(^^;)。

2006年9月 石垣島周辺旅行

  • 車に積まれたエンジン
    9月下旬に石垣島及び周辺離島を旅してきたときの写真です。
    カメラはR-D1を修理に出していたので、LC1とF10です。Exifん時に機種が書いてないのはLC1と見てください(RAWを現像・エディットして保存すると、さすがにExifデータが残らないみたい)。明るいときにはLC1にはND8のフィルターを装着しています。

2006年6月撮影分

  • 富士山を臨む
    6月撮影分です。ちょこまかと撮っているのをあげていきます。
    色々なレンズも出てきますが、だいたい使うレンズが決まりつつあるような…。

2006年5月撮影分

  • 深川の風景
     ちょっと細かな撮影が入り組んでいる月なので、まとめてのアルバムにします。
     まず最初はくらやみ祭り。のんびり行ったせいか、人垣を越えられず、てんで山車とかの写真はありませんので、期待しないように(^^;)。
     次に有楽町あたりをぶらぶら歩きながら撮った写真、お台場や川越などと、色々取り混ぜてあります。

2006年4月 浅草・皇居前広場・銀座等

  • 紅い店先
    まだR-D1に慣れていないので、運動がてら、色々テスト撮影。その途上、Jupiter-12 35mmF2.8やアベノン28mmF3.5を買ってしまったり(^^;)。その他にはスナップショットスコパー25mmF4とカラーヘリアー75mmF2.5で撮影。

2006年4月 沖縄旅行

  • 赤壁
    買いたてのR-D1を片手に沖縄をうろついた時の写真です。 レンズは基本的にフォクトレンダーのUltron35mmF1.7。広角に写っているのはUltraWide-Hrliar12mmF5.6。飛行機の撮影など、一部望遠はNokton50mmF1.5。

2006年4月 三浦半島一周

  • トンネル入口
     三浦半島一周の旅ですが、お伴にR-D1も持っていきました。  この手の負担の大きい旅ではF10といった軽いデジカメの方が適しているんですが、買ったばかりだし(^^;)、カメラとして楽しむならこちらの方がいいですしねぇ…。  そんなわけでウェストポーチで出動です。カメラ用ポーチというのがあるんですな。一眼レフも入るタイプなので、スリムなR-D1だとレンズを数個入れてもまだ余裕があったりします。  ただ、便利ではあるんですが、ちょっとデカいんですよね。カメラが入る以上、仕方ないのですが。今回はまだ涼しかったから良いですが、今後は考えないといけないかもしれません。ムレるかも。  …で、レンズはウルトラワイド・ヘリアー12mmF5.6、Jupiter-12(35mm)といったところ。実はアベノン28mmも持っていましたが、今回は使いませんでした。 ※工事現場の写真、その3とその4が入れ替わっちゃってますが、そこらへんはうまく数字順に読んでください(^^;)。

« 俺の期待度はどこまで昇華? | トップページ | 青梅・グルメ関係 »

2006/10/08

拝御は主に上り坂と向かい風に弱い

06100801

  元々温泉が好きな私。

 最近は都内でもいくつかの温泉に入れるのでうれしい限り。

 ただ、それらは「化石温泉」という、地下に埋まっている温泉水を引き出して温め直しているもの。

 どうせなら湧いてくる温泉にそのまま入ってみたい。そういうところ、あったっけ?…ということで「のめこい湯」 に行ってみようかと。

 以前に友人の車で「ほったらかし温泉」経由で行った覚えがあるんだけれど、奥多摩湖からそれほど離れていなかったような気が…。

 …自転車で行けるんじゃないかしらん?…と思ったのが運の尽き(^^;)。ちとぶらりと行ってみようと思い立ってしまいました。

 ルート的に問題がなければ、友人誘って入りに行ってもいいしね。

 そんなわけで、9時頃出発。まぁ御岳山あたりまでは慣れた行程なので、多摩泡サイクリング道路経由ですらすら行けるものかと。

06100802  実際、晴天に恵まれ、空気も澄んでいる様子。

 ただ、西の向かい風が…。猛烈に発達した低気圧が東北から北海道方面にありながら結構影響を及ぼして、時折強い西風をもたらします。… 向かい風には弱いんだよな、俺(^^;)。

06100803  とはいえなんとか普段くらいのペースで走り続け、御岳山までたどり着きます。

06100804  …となると、久しぶりに玉川屋で蕎麦を…(^^;)。

06100806  昼食代わりにのんびり蕎麦を手繰りましたとさ。

06100805  のんびりしすぎてだいぶ時間を食ってしまったような(^^;)。

 奥多摩までたどり着いてみれば3時間。…うーん、のんびりしすぎのような…。で、ここからが未知のルートです。

 まぁ、奥多摩までは線路に沿って走り、あとは道なり…ってので迷いようがないものの、距離感を保てないので、 どうペースを守ればいいのかがよくわからない。

 こういう時はちっとGPSが欲しくなってくるところ。うーむ。

 しかし今回の障害はもう一つ。

 奥多摩湖に向かう途中、必然的に何カ所かのトンネルをくぐるんだけれど、これが前々日まで続いた大雨の影響が…。

 雨漏りすんのよ。

 まぁぽたぽた落ちるくらいならまだいいんだけれど、上に小川が通っているんじゃねーの?…ってな感じでぼたぼた、 じゃーじゃー降ってくるのさ。路幅は狭い、サングラスもしていて暗い、後ろからは車がやってくる、対向車もいる…となると、 避けるのも難しいわ、考えてみれば路面が濡れているわけだから、そうそう回避運動もとれないわ…で、濡れるわ危険だわで結構散々。 どーにかしていただかないと…。

 泥も含んでいるから、自転車も服も結構汚れちゃったよ。とほほ~。

06100807  …でまぁそれでもゆるやかな上り坂をえっちらおっちら登っていくと、 ふいに左手に小河内ダムが…。

 おお、大増水しているからか、結構な放水量に迫力が…。青々とした空をバックに白い瀑布は結構絵になるでよ。

 しかしまぁ下流がそういえば結構な増水になっていたような(^^;)まぁしゃぁないか。

06100808  ともあれ、御岳山から1時間くらいで奥多摩湖に着いたような。 さすがにここからは高低差はあまりなし。すいすい湖畔を走るのも気持ちいいところ。

 しかし、ここからちっと道を間違えそうなので、地図を片手に慎重に交差点を確認。

06100809  ちなみに、このあたりに来れば必ず確認しなければならないのが、これ(一部爆)。

06100810  おお、暖かい!(一部超爆)

06100811  当然こんなのも撮影済み…っていうか、ただのプラスチック製の浮きになっているので、 どこがドラム缶だ…という気も。

06100812  ま、こちらは相変わらずの健在っぷり。あの超ハイテク湯船は今も健在でしょうか?謎・ 一部爆(^^;)うちわネタばかりじゃのう

 …で、奥多摩湖を過ぎてくるといよいよのめこい湯まで10kmといったところ。そこに出てくる「大菩薩線(だったかな?)」という看板… というか路線標識。

 …登りだ(;_;)。なんか延々と続くその登り、…登り切ると菩薩が見えるようになってくるのでしょうか?

06100813  車で走っているときには気がつかなかったんですけれど、結構キツい登りが続くのね。 自転車にはちとキツい。

 いや、ギア比によってはなんとかなりそうな気もするものの、ここにきて「向かい風」も…。

 考えてみればここまで60km走っている脚で、キツい登りと向かい風のダブルパンチはちとキツいっす。とうとう歩き出す俺(^^;)。 いやぁ、どんな坂でもトラブルない限りは歩いたりしなかったんだけれどなぁ…。うひぃ…。

 もうへろへろになりながら坂を登っていると、気楽なおばはんがバスから手を振ったり。…おばぁ、それは怒りを買ってるって気がついてる? (^^;)

 もうゴールまでは数kmなんだけれど、心がくじけそうになって、このまま引き返して帰ろうかな…という気も…。もうほとんど、 自分との闘い…といった趣。うひゃー…。

 しかしそれでも少しでも回復すれば少し漕ぎ、へたっては押して歩きを繰り返し…なんとこさ最高部を突破、 ちろっと下り始めたところで以前見た建物を発見。

06100814  のめこい湯だ~…。小河内ダムから1時間くらいかけてやっと到着。… 昼メシを食ったとはいえ、片道5時間っつーのはどーよ(^^;)。

 もう本当にへろへろになりながらつかる温泉は感慨深いであります。多少混んでいたものの、湯船につかりゃぁそういったことは問題なし。 思わず「極楽、極楽」とつぶやいてしまいます。

 なんかたっぷり1時間は浸かっていたような…。

 …ただ、ひさしぶりに来たこののめこい湯、本当にかけ流しなのだろうか?…という気も。

 いや、硫黄温泉特有のぬめりっつーか、そういう感触も匂いもあったけれど、以前来たときより薄いような…。

 昔は「長湯しないように」といった、長湯するとむしろ成分が効きすぎて危険…的な記載が脱衣所にあった気がするが、 今回は見つけられなかった。

 成分表も替えられていたような…。うん?

 ただ、前回は別の温泉経由で行ったので、より硫黄臭が敏感に効いていたのかもしれない。

 湯質もそうして比較したからより敏感にそう思っただけかもしれないし、おいらの勘違いかもしれないけれど…。

 とはいえ、ホームページでも「かけ流し」という文句が無くなっていたのも気にかかる…。何かの報道で「かけ流し」 が出来なくなる規制かなにかもあったような…なかったような…。

 まぁ、今回は温泉質云々よりも、そこにたどり着いた達成感と温泉のいやし…ってところが主眼なので、あまり気にしてないし、 別に温泉はかけ流しでなければならない、かけ流し原理主義というわけではないのでいいんだけれど。

 とはいえ、記憶ちがいなのかどうなのか…という観点からすると、気になって仕方がない(^^;)。

 …なんてことを考えながら湯に浸かり、脱衣所でコーヒー牛乳を飲み(当然片手は腰に)、大広間でのんびり、 のめこい湯前の現地販売所あたりで購入していたガーリック味のラスクをぼりぼり食いながら、けだるい午後を満喫…しつつ、 湯冷めしないように体温調整。

 のめこい湯は600円で3時間なので、それくらいの時間は満喫したかったのだが、しかしもう午後3時半にまでなっていたので、 そうのんびりもしてられない。自転車にライトを装備しているので夜の走行は構わないが、湖畔の道を自転車で夜… というのはツラそうな気がする。街灯もないような気がするし。車も危険のような気がする。とっとと帰らなくては。

 …というところで身支度を調え、早速帰宅。しばらくは登りが続くものの、往路であれだけ苦しめられた登りが今度は下り坂。 多少は楽できるだろう…と思っていたら…、

 すげぇ楽(^^;)。

 もう、一度時速53kmという瞬間最高スピードを見て以来、できるだけ減速するようにブレーキ握りまくっていたが、 ともかく下りで楽しまくり。往路で1時間半から2時間近くかかっていた奥多摩駅からのめこい湯の間を1時間で走っちゃいましたよ(^^;)。 その後も快調、ばしばし快走。

06100815  ちっと地平線に覗く月にびっくりもしたり。…そういえば、 地平線近くの月って最近余り見てなかったような。家の周りだと結構障害物多くてそういう「月」 って見てないような気がするんだけれど、地平線近くになると、結構デカく見えるのね。

 デジカメ写真で見ると全然実感無いけれど。

 ま、そういう夜の生で見る風景に感慨を覚えつつ、しかし真っ暗な玉川サイクリングロードには恐怖したり(^^;)ライトがてんで効かねぇ。 …Nebulaさんのライトくらい、強力なのでないとアカんよねぇ…。

 そういうブレーキング的なマイナス要素があったとはいえ、帰りは4時間くらいで走破。総走行距離は132km程度。 ちっと今までよりも長い距離になっているが、下りで漕がない距離もあったとはいえ、キッツい行程だったのは間違いない。

 友人を誘って…ってことも考えていた行程だけれども、ちっとキツすぎてどうかな…という気がする。

 まぁ、輪行で青梅、奥多摩あたりから…ってのなら、距離的には問題ない気もするが。ただ、 それまでして行く温泉が魅力的なモノかどうかはちと考慮する必要があるな。なんなら小菅の湯にすっか? そっちも魅力的なのかどうかはようわからんが(^^;)。

 …秘湯とかの方がいいか?そうすると…馬頭温泉か?(^^;)一部爆

 ま、これくらいの走行距離で、もう少し高低差の無いところも見つけてみたいところ。

« 俺の期待度はどこまで昇華? | トップページ | 青梅・グルメ関係 »

コメント

む、132kmとは出来ますな。
つーことで、新生フェニーチェで行きますので(^^)

奥多摩駅から輪行だと…
下りが楽しめて良いかもね。
後、洞窟は中々面白かったです。。

ガーン!
まさか今も健在とわ。^^;;; >馬頭館
またいつか行ってみたいですね~

しかし、アレがなぜハイテク湯船と
呼ばれたか思い出せないんすけど。

200LXで赤外線通信してた風景は
思い出せるのに。(ぉぃ

これ、紅葉の季節になると、かなり景色が良さそうですねー。

上りなら、antで行けば大丈夫だと思うんで是非是非行きたいですよー
……下りのブレーキが怖いですけど(笑

君たちはこういう苦労話を書いても嫌がらないのかね、ふつー(^^;)。まぁ…そういうことなら、紅葉の季節にまたセッティングしますか…。うーん、俺はブロかなぁ…。

ただ、TMXくんは冬の方がいいわねぇ、馬頭館は(^^;)。雪で薄化粧したところをさくさくと歩くのが…。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27753/12219873

この記事へのトラックバック一覧です: 拝御は主に上り坂と向かい風に弱い:

« 俺の期待度はどこまで昇華? | トップページ | 青梅・グルメ関係 »