2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

関連リンク

 


検索


  • Google


    WWW を検索
    とめどなく雑記 を検索

写真ピックアップ2012/04-05

  • 夜の桜
    2009年初頭までは定期的に写真を掲載していたのですが、その後サボってしまいました。写真自体は折を見て撮影していたので、現在からお気に入りなどをピックアップして掲載していきます。ファイル名は特に撮影時期ではありませんので念のため。

2009年1・2・3月撮影分

  • L1000050
    2009年になっても相変わらずぶらぶら撮った写真に終始すると思いますが、ご勘弁のほどを(^^;)。

2008年10・11・12月撮影分

  • 皆が見ないコミケの顔・その5
    D-LUX4も加わっての、バラエティに富んだ写真アルバムに…なるはず?ただ、MPはフィルムなので、掲載する予定はありません。

2008年7・8・9月撮影分

  • 祭り
    一番忙しい四半期につき、写真は少なめになるかと思います。とはいえ、新レンズを使ったりして多少浮かれてはいるかな?(^^;)

2008年4・5・6月撮影分

  • 単線のある風景
    4、5、6月分です。特に説明も無いのですが…(^^;)。まぁのんびりスナップをアップしていく…予定かと。

2008年1・2・3月撮影分

  • 円覚寺・その4
    相変わらずぶらぶら撮っています。面倒なんで、これからは3か月分、まとめようかな。

2007年10・11・12月撮影分

  • 来年に向かって歩く
    相変わらずぶらぶら撮ったものです。あまりにもとりとめなく撮ったので、3ヶ月分まとめさせていただきます(^^;)。

2007年9月撮影分

  • 機上から見る雲
    9月撮影分です。主に久米島旅行で撮った写真になっています。

2007年4・5・6・7・8月撮影分

  • 夏の海
    相変わらずぶらぶら撮った写真です。ちなみにコミケの写真は入っていません。

2007年1・2・3月撮影分

  • 桜の風景・その11
    まだまだのんびり写真です(^^;)。なんか、撮っているのも楽しいですが、現像も楽しいですね。

2006年12月撮影分

  • 築地の町並み
    相変わらずR-D1メインでぶらぶら撮影したものを掲載していきます。紅葉も都心の方まで降りてきていますので、当初はそれを中心に…といったところになるかな?

2006年11月撮影分

  • P1020232
    距離計の狂いから一時期修理に出していたR-D1が帰ってきたので、ちらほらと撮影したものをアップします。
    でもなーんかぎこちないというか…写真に対する自分なりの立脚点がしっかりしてないというか…(^^;)。
    個人的にはしっかり楽しんでいるのでいいとは思うんですけれどね(^^;)。

2006年9月 石垣島周辺旅行

  • 車に積まれたエンジン
    9月下旬に石垣島及び周辺離島を旅してきたときの写真です。
    カメラはR-D1を修理に出していたので、LC1とF10です。Exifん時に機種が書いてないのはLC1と見てください(RAWを現像・エディットして保存すると、さすがにExifデータが残らないみたい)。明るいときにはLC1にはND8のフィルターを装着しています。

2006年6月撮影分

  • 富士山を臨む
    6月撮影分です。ちょこまかと撮っているのをあげていきます。
    色々なレンズも出てきますが、だいたい使うレンズが決まりつつあるような…。

2006年5月撮影分

  • 深川の風景
     ちょっと細かな撮影が入り組んでいる月なので、まとめてのアルバムにします。
     まず最初はくらやみ祭り。のんびり行ったせいか、人垣を越えられず、てんで山車とかの写真はありませんので、期待しないように(^^;)。
     次に有楽町あたりをぶらぶら歩きながら撮った写真、お台場や川越などと、色々取り混ぜてあります。

2006年4月 浅草・皇居前広場・銀座等

  • 紅い店先
    まだR-D1に慣れていないので、運動がてら、色々テスト撮影。その途上、Jupiter-12 35mmF2.8やアベノン28mmF3.5を買ってしまったり(^^;)。その他にはスナップショットスコパー25mmF4とカラーヘリアー75mmF2.5で撮影。

2006年4月 沖縄旅行

  • 赤壁
    買いたてのR-D1を片手に沖縄をうろついた時の写真です。 レンズは基本的にフォクトレンダーのUltron35mmF1.7。広角に写っているのはUltraWide-Hrliar12mmF5.6。飛行機の撮影など、一部望遠はNokton50mmF1.5。

2006年4月 三浦半島一周

  • トンネル入口
     三浦半島一周の旅ですが、お伴にR-D1も持っていきました。  この手の負担の大きい旅ではF10といった軽いデジカメの方が適しているんですが、買ったばかりだし(^^;)、カメラとして楽しむならこちらの方がいいですしねぇ…。  そんなわけでウェストポーチで出動です。カメラ用ポーチというのがあるんですな。一眼レフも入るタイプなので、スリムなR-D1だとレンズを数個入れてもまだ余裕があったりします。  ただ、便利ではあるんですが、ちょっとデカいんですよね。カメラが入る以上、仕方ないのですが。今回はまだ涼しかったから良いですが、今後は考えないといけないかもしれません。ムレるかも。  …で、レンズはウルトラワイド・ヘリアー12mmF5.6、Jupiter-12(35mm)といったところ。実はアベノン28mmも持っていましたが、今回は使いませんでした。 ※工事現場の写真、その3とその4が入れ替わっちゃってますが、そこらへんはうまく数字順に読んでください(^^;)。

« 夢の乗り物 | トップページ | R-D1とM8のせめぎ合い(おいらの頭の中で) »

2006/10/02

あ゛っ!?

マンガ評論家の米沢嘉博さん死去 コミケ代表長く務める

 えっ…、あっ…そーなの?てんでそんな気配は感じてなかったんですけれど…えーっ、なんかまだ信じられないな…。

 …えー…っ!?

 …っと、ちょっとあまりに突然の話すぎて、動揺している私。うーん、整理してみよう(何を?)。

 まず…俺のコミケとの関わりだな。はじめて参加したのは平成元年か翌年くらいだったような気がする。「そういうイベントがある」と聞いて、なんとなしに通い始めた気がする。草の根BBSで仲間とサークル参加しだしたり。

 その中にスタッフもいたために、設営やら撤収やら行うようになった…ような気が。で、撤収だと反省会の時間に米沢さんが出てきて、顔を知るようになったような覚えが。

 うん、顔を知っているだけ。話をしたことすらない。ただ、俺にしてはしっかり顔を覚えたので、いつかまんだらけでばったり会ったとき、「あ、名前思い出せないけれど、顔を知っているから友達に違いない」と肩を叩いて声をかけそうになった(^^;)。寸前に米沢さんと気づき、「あっちがこちらを知っているわけないじゃん!」と気づいて難を逃れたがぉぃ。

 そんなわけで米沢さんと直接の関わりはない。ただ、コミケは一般参加、サークル参加の別を無くせば、沖縄在住時も皆勤賞並みに参加し続け(実際には、沖縄転勤が切れる際、急遽転勤期間が延びて予定が狂い、1日も参加できなかった回がある)、なんだかんだでおいらの人生になんとはなしに影響を与えられたイベントでもある。

 しかし、考えてみると長く参加し続けているイベントってば、これくらいしかない。一番有名だから、参加人数が多く、知り合いも多い、システムが性に合っている等々。

 そんな長く参加していると、色々通してなんとはなしに感じるのが米沢さんの存在だった。

 「大体、コミケって米沢さんの私物じゃん」というスタッフの言葉も聞いたことがある。

 いい意味でも悪い意味でも…と解釈するまでもなく、本当にその言葉通り…だと思っている。スタッフを通してみれば、主要なスタッフはそれを了解した上で、しかし自分も楽しめるポジションにおいてスタッフとしてそれを支えている。少なくとも私はそう解釈していた。

 そしてそういう姿勢が見えているからこそ、私自身も、まぁ自分が楽しむのがメインとはいえ、そしてコミケというイベントのなにがしかの助けになれば…と設営にいそしんでいたりもする。

 イベント自体がクリエイト…という感じがあったからこそ、設営すら「何かを作っている」感があって、楽しかった。いや、今もだけど。

 そういう雰囲気をなにげに作ってくれていたのは大元は米沢さんだったんじゃないかと思っている。そう考えてみると、やはりそれなりに影響を受けていると思う。


 その米沢さんが亡くなった。コミックマーケット準備会の公式ページを見ても事実確認できる。見たし。ただ、やっぱまだ実感として湧かない。

 まぁ先にも書いたとおり、そもそも常に米沢さんを意識する環境ではない。ちょっと考えてみて「あ、米沢さんの影響かな」と振り返ることが出来るっつー話なので、そもそも実感どうこういうレベルではないのかもしれない。

 しかし、なにげにショックに感じているのを実感している。後からじわじわ来るのかもなー…。


 米沢さんを一番意識できるのはともあれ、私にとってはコミケということになる。そのコミケは今後どうなるというのだろうか?詳しくは公式ページをみていただくとして、準備会の代表が替わっているので、運営上は問題はないのだろう。

 ただ、…どうなんだろう。今後、今までと違う「流れ」になっていくような気がしないでもない。無くなっていく…とか、違う運営になる(もうけ主義とか)…とか、そういうことではない。いや、なんかあるかもしれないが。

 しかし、なんか違ったモノになってしまうのではないかという気もする。「米沢イズム」というものでもないと思うが、何か今まで会場が変わっても変わらなかった「空気」というものが変わってしまうんじゃないかなぁ…という気も…。

 まぁそれが変わるからおいらがどうこう…ということにはならないと思うけれど…。うーん…。

 …まぁようわからん話っす。大体、急な話だし…。静かに見守ればいいだけの話だと思うし。


 ま、そういった話(?)はそのうち整理しようかな…とも思うが、しなくてもいいかな…とも思う。コミケ自体、今まで色々危機があったけれど、米沢さんとスタッフの皆さんはなんとか守ってきてくれた。いろんな意味での「場」だけれど、名も無き作家の作品発表の場を維持しようとしてくれていたんだと思う。

 知っている人は知っている、以前コスプレイラストの本を作ったことがあるのだが、そんな需要も供給も果てしなく微々たるものと簡単に推察できるジャンルの本をスタッフに見せたことがあるが、「でもこういうのも作ってこられるのもコミケなんだよな」と言っていたのを思い出す。

 なんにせよ、おいらのすべきことはご託を並べることでなく、「作品」を作ることなんだろうな。同人誌とかならそれをコミケに持って来るなり、なんなり。

 とはいえちとスランプ中なんだけれど(^^;)、そういう場でなにをすべきか。「場」がどうこうではない、「場」に持ち込むものをどうするんだ…ということが本筋だと思う、作家ならば。

 作家を名乗るには情けない私だけれど、自分のすべきことを見極める位はしなければ…。

 そう、何にせよ、常にずっと同じ…ってわけにはいかない。必ず変化し続ける世の中なんだから…って、米沢さんの死ばかりは早すぎるだろーっ!53歳?早いって!


 …何書いているのかようわからん記事で申し訳ないが…(本当に動揺しているもので…)。んー…、後で消すかも、この記事。…消さないかも。…わからん。

« 夢の乗り物 | トップページ | R-D1とM8のせめぎ合い(おいらの頭の中で) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27753/12118243

この記事へのトラックバック一覧です: あ゛っ!?:

« 夢の乗り物 | トップページ | R-D1とM8のせめぎ合い(おいらの頭の中で) »