2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

関連リンク

 


検索


  • Google


    WWW を検索
    とめどなく雑記 を検索

写真ピックアップ2012/04-05

  • 夜の桜
    2009年初頭までは定期的に写真を掲載していたのですが、その後サボってしまいました。写真自体は折を見て撮影していたので、現在からお気に入りなどをピックアップして掲載していきます。ファイル名は特に撮影時期ではありませんので念のため。

2009年1・2・3月撮影分

  • L1000050
    2009年になっても相変わらずぶらぶら撮った写真に終始すると思いますが、ご勘弁のほどを(^^;)。

2008年10・11・12月撮影分

  • 皆が見ないコミケの顔・その5
    D-LUX4も加わっての、バラエティに富んだ写真アルバムに…なるはず?ただ、MPはフィルムなので、掲載する予定はありません。

2008年7・8・9月撮影分

  • 祭り
    一番忙しい四半期につき、写真は少なめになるかと思います。とはいえ、新レンズを使ったりして多少浮かれてはいるかな?(^^;)

2008年4・5・6月撮影分

  • 単線のある風景
    4、5、6月分です。特に説明も無いのですが…(^^;)。まぁのんびりスナップをアップしていく…予定かと。

2008年1・2・3月撮影分

  • 円覚寺・その4
    相変わらずぶらぶら撮っています。面倒なんで、これからは3か月分、まとめようかな。

2007年10・11・12月撮影分

  • 来年に向かって歩く
    相変わらずぶらぶら撮ったものです。あまりにもとりとめなく撮ったので、3ヶ月分まとめさせていただきます(^^;)。

2007年9月撮影分

  • 機上から見る雲
    9月撮影分です。主に久米島旅行で撮った写真になっています。

2007年4・5・6・7・8月撮影分

  • 夏の海
    相変わらずぶらぶら撮った写真です。ちなみにコミケの写真は入っていません。

2007年1・2・3月撮影分

  • 桜の風景・その11
    まだまだのんびり写真です(^^;)。なんか、撮っているのも楽しいですが、現像も楽しいですね。

2006年12月撮影分

  • 築地の町並み
    相変わらずR-D1メインでぶらぶら撮影したものを掲載していきます。紅葉も都心の方まで降りてきていますので、当初はそれを中心に…といったところになるかな?

2006年11月撮影分

  • P1020232
    距離計の狂いから一時期修理に出していたR-D1が帰ってきたので、ちらほらと撮影したものをアップします。
    でもなーんかぎこちないというか…写真に対する自分なりの立脚点がしっかりしてないというか…(^^;)。
    個人的にはしっかり楽しんでいるのでいいとは思うんですけれどね(^^;)。

2006年9月 石垣島周辺旅行

  • 車に積まれたエンジン
    9月下旬に石垣島及び周辺離島を旅してきたときの写真です。
    カメラはR-D1を修理に出していたので、LC1とF10です。Exifん時に機種が書いてないのはLC1と見てください(RAWを現像・エディットして保存すると、さすがにExifデータが残らないみたい)。明るいときにはLC1にはND8のフィルターを装着しています。

2006年6月撮影分

  • 富士山を臨む
    6月撮影分です。ちょこまかと撮っているのをあげていきます。
    色々なレンズも出てきますが、だいたい使うレンズが決まりつつあるような…。

2006年5月撮影分

  • 深川の風景
     ちょっと細かな撮影が入り組んでいる月なので、まとめてのアルバムにします。
     まず最初はくらやみ祭り。のんびり行ったせいか、人垣を越えられず、てんで山車とかの写真はありませんので、期待しないように(^^;)。
     次に有楽町あたりをぶらぶら歩きながら撮った写真、お台場や川越などと、色々取り混ぜてあります。

2006年4月 浅草・皇居前広場・銀座等

  • 紅い店先
    まだR-D1に慣れていないので、運動がてら、色々テスト撮影。その途上、Jupiter-12 35mmF2.8やアベノン28mmF3.5を買ってしまったり(^^;)。その他にはスナップショットスコパー25mmF4とカラーヘリアー75mmF2.5で撮影。

2006年4月 沖縄旅行

  • 赤壁
    買いたてのR-D1を片手に沖縄をうろついた時の写真です。 レンズは基本的にフォクトレンダーのUltron35mmF1.7。広角に写っているのはUltraWide-Hrliar12mmF5.6。飛行機の撮影など、一部望遠はNokton50mmF1.5。

2006年4月 三浦半島一周

  • トンネル入口
     三浦半島一周の旅ですが、お伴にR-D1も持っていきました。  この手の負担の大きい旅ではF10といった軽いデジカメの方が適しているんですが、買ったばかりだし(^^;)、カメラとして楽しむならこちらの方がいいですしねぇ…。  そんなわけでウェストポーチで出動です。カメラ用ポーチというのがあるんですな。一眼レフも入るタイプなので、スリムなR-D1だとレンズを数個入れてもまだ余裕があったりします。  ただ、便利ではあるんですが、ちょっとデカいんですよね。カメラが入る以上、仕方ないのですが。今回はまだ涼しかったから良いですが、今後は考えないといけないかもしれません。ムレるかも。  …で、レンズはウルトラワイド・ヘリアー12mmF5.6、Jupiter-12(35mm)といったところ。実はアベノン28mmも持っていましたが、今回は使いませんでした。 ※工事現場の写真、その3とその4が入れ替わっちゃってますが、そこらへんはうまく数字順に読んでください(^^;)。

« コミケ参加、次回への懸念 | トップページ | 模索中案件 »

2006/08/19

慣習が変わるか…?

 前にもちらっと書いた覚えがあるが、Headline-Deskbarとかで気になるニュースをチェックし、ネタの種などにメモっておくことが多いのだが、そのまま忘れて、あるいはネタが風化して日記に昇華せずにお蔵入り…ということもよくある。

 まぁそれっきり…というのももったいないネタもあるので、ちといくつかピックアップしてご紹介。


メルシャン スクリューキャップの良さ訴え ワインのコルク栓は古い?

 ワインのコルク栓を何度か瓶の中に落とし込んだことのある身としては、賛同するところのあるニュース(もう、それ用の器具(安全に栓を抜く器具)がないと飲む気にすらならない)。でも「ワインならコルクだろう!」…と固持する人も多いんだろうなぁ。

 んでも遙かに利便性の高いスクリューキャップをやはり私は支持。持っているレンズもスクリューマウントばかりだしな(^^;)。


男性も日傘を 愛好会発足、活動を開始

 もうリンク切れになっているが、紫外線がとみに強い沖縄での活動の紹介だった気がする。男性も日傘を…という啓蒙活動を行おうとしているらしい。

 これも個人的には賛成。本当に紫外線はヤバいからな。沖縄の人はそれを避ける術が上手く、むしろ本土の人よりも色白の人も多いかもしれない(…って、タクシーの運ちゃんに言われた)。

 ただ、農業や水産業などにかかわると話は別。結局昼間に外に出る必要性だって高い。そうなれば日陰ばかり歩くわけにもいかないし、ランニングコストのかかる日焼け止めクリーム以外の対策を考えなければならないと。

 そうなると女性が持っていて違和感なくても、男性では大ありのそれをどうにかして活用しやすくしたい…ってのはまったくの道理。

 ただ…やっぱ似合わねーよな(^^;)。まぁそれは発想の転換で、女性に似合う日傘を男性に似合うデザインにすればいいだけの話。「傘」という形態にとらわれなくてもいいわけだし。

 そこらへん、…えーっと、NISSANの提供のなんとかデザイン研究所…って番組でやってくんねーか?(^^;)タイトル覚えられずに提供が印象に残る番組…


環境問題に一言:「My箸を持ち歩く会を結成。環境活動は楽しみながら」、林マヤ氏

 割り箸はさほど環境に影響を与えてないと聞くが?

 他の森林資材の余りなどを使っているためと聞いているので、まず他の資材の削減(コンクリの型枠とか)を推進した方が、効率よく、また結果的に割り箸も減るらしい…と聞いた(昔の記憶(^^;))。

 まぁ最近は中国産にシフトしているらしいので、真偽も怪しいし、合っていたとしても昔の話だから、今はどうだか…。

 ただ、それ以前にその、主な輸入先の中国が今まで安値でやってきてくれたけれど、最近値上げの話を持ち出して、日本国内卸業の人たちが戦々恐々としている…という話も聞く。

 むしろその面でMy箸活動はあってもいいような気も。

 関係ないけれど、一時期、My七味唐辛子を持ち歩いていた時期がありました(^^;)沖縄の吉野屋ってセルフ式客席だから、七味の自由な利用がしにくいのよ…。


 …といった次第で、古い慣習を変えようとしている話をまとめてみました。どれもびみょーに「ささやか感」があるのが逆に親近感に結びついている話題か?(^^;)

« コミケ参加、次回への懸念 | トップページ | 模索中案件 »

コメント

 割り箸は基本的に環境問題とはほぼ無縁、ということらし
いです。先日、割り箸の生産者団体の方がラジオ出演されて
いました。

 その方によると、材料は間伐材、要するに商品としての木
材になり得ない、間引きにより発生したものから製造される
のだとか。後はいわゆる木っ端、材料として加工された後に
残される端材などで、割り箸を目的に伐採されるものはない
とのこと。
 そのままだと単なる「燃えるゴミ」として扱われるものを
使用しているのだそうです。

 日本で消費される木材の割合から言うと、1パーセントに
も満たないということでした。
 ちなみに、大半を占めるのは紙と建築資材だそうです。

 中国からの材料もその間伐材だと言うことでして、使われ
ない木材をわざわざ輸送費を掛けて買い取っているのに、中
国政府からも悪者扱いされるのはあんまりだという主旨のお
話をされていました。

 だからといって、割り箸自体が使い捨ての商品であること
は変わりませんし、ゴミの減量という観点でみると意外にば
かに出来ないものなのかもしれません。

 ちなみに。割り箸、my食器というのは日本だけのものら
しいという話を聞きます。そういわれると、西洋はもとよ
り、当の中国も食器は使い回しでした。
 そのあたりの事情を書いた本もあるのですが、宣伝になる
といけないので本の題名は伏せることにします。
 「穢れ」あたりをキーワードにググるとヒットするかもし
れません。

 とりとめない長文、失礼いたしました。
 それではまた。

元ネタの提示無しに話をするのも危険なのですが、まぁここでの世間話ということで(^^;)。

あと、日本の林とか森とか、まったく手を加えない方がいいのか…というとそうでもないらしく、ある程度間伐した方が森全体にいいという話もあります。実際今「間伐」と打ったところ、辞書機能が「森全体を健康にするための行為」みたいな表示をしましたし。

ただ、そういった「林業」がそうそう人材多いとも思えませんし、費用もそうそう足りてるとも思えません。

だったらまだその「燃えるゴミにしかならない」ものを有効利用して費用を稼ぎ出した方が、むしろ森にとって良い結果をもたらす…という考え方も前に聞いた覚えがあります。勿論程度問題ですが。

まぁ、全体として、客観的なデータに基づいて、何を目指し、何をすべきか、その指針をきっちり出せればいいし、それをしっかり実現できる体制…ってのが必要なんでしょうけれど…そうもいかないんでしょうねぇ…。

箸と言われると、目撃で知ってる此処
しか教えられないって知識少ないですね。

箸勝本店
http://www.hashikatsu.com/
(小売は天バー「ギャラリー」>縦バー下段プルダウン。
天「飲食店」からは、利休箸個別写真のみ)

元祖おでん(チチブデンキ)から神田明神側。
1階で店が有る訳でないので立ち入りずらく、
扱い品全てがワンタイム箸らしい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27753/11506396

この記事へのトラックバック一覧です: 慣習が変わるか…?:

« コミケ参加、次回への懸念 | トップページ | 模索中案件 »