2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

関連リンク

 


検索


  • Google


    WWW を検索
    とめどなく雑記 を検索

写真ピックアップ2012/04-05

  • 夜の桜
    2009年初頭までは定期的に写真を掲載していたのですが、その後サボってしまいました。写真自体は折を見て撮影していたので、現在からお気に入りなどをピックアップして掲載していきます。ファイル名は特に撮影時期ではありませんので念のため。

2009年1・2・3月撮影分

  • L1000050
    2009年になっても相変わらずぶらぶら撮った写真に終始すると思いますが、ご勘弁のほどを(^^;)。

2008年10・11・12月撮影分

  • 皆が見ないコミケの顔・その5
    D-LUX4も加わっての、バラエティに富んだ写真アルバムに…なるはず?ただ、MPはフィルムなので、掲載する予定はありません。

2008年7・8・9月撮影分

  • 祭り
    一番忙しい四半期につき、写真は少なめになるかと思います。とはいえ、新レンズを使ったりして多少浮かれてはいるかな?(^^;)

2008年4・5・6月撮影分

  • 単線のある風景
    4、5、6月分です。特に説明も無いのですが…(^^;)。まぁのんびりスナップをアップしていく…予定かと。

2008年1・2・3月撮影分

  • 円覚寺・その4
    相変わらずぶらぶら撮っています。面倒なんで、これからは3か月分、まとめようかな。

2007年10・11・12月撮影分

  • 来年に向かって歩く
    相変わらずぶらぶら撮ったものです。あまりにもとりとめなく撮ったので、3ヶ月分まとめさせていただきます(^^;)。

2007年9月撮影分

  • 機上から見る雲
    9月撮影分です。主に久米島旅行で撮った写真になっています。

2007年4・5・6・7・8月撮影分

  • 夏の海
    相変わらずぶらぶら撮った写真です。ちなみにコミケの写真は入っていません。

2007年1・2・3月撮影分

  • 桜の風景・その11
    まだまだのんびり写真です(^^;)。なんか、撮っているのも楽しいですが、現像も楽しいですね。

2006年12月撮影分

  • 築地の町並み
    相変わらずR-D1メインでぶらぶら撮影したものを掲載していきます。紅葉も都心の方まで降りてきていますので、当初はそれを中心に…といったところになるかな?

2006年11月撮影分

  • P1020232
    距離計の狂いから一時期修理に出していたR-D1が帰ってきたので、ちらほらと撮影したものをアップします。
    でもなーんかぎこちないというか…写真に対する自分なりの立脚点がしっかりしてないというか…(^^;)。
    個人的にはしっかり楽しんでいるのでいいとは思うんですけれどね(^^;)。

2006年9月 石垣島周辺旅行

  • 車に積まれたエンジン
    9月下旬に石垣島及び周辺離島を旅してきたときの写真です。
    カメラはR-D1を修理に出していたので、LC1とF10です。Exifん時に機種が書いてないのはLC1と見てください(RAWを現像・エディットして保存すると、さすがにExifデータが残らないみたい)。明るいときにはLC1にはND8のフィルターを装着しています。

2006年6月撮影分

  • 富士山を臨む
    6月撮影分です。ちょこまかと撮っているのをあげていきます。
    色々なレンズも出てきますが、だいたい使うレンズが決まりつつあるような…。

2006年5月撮影分

  • 深川の風景
     ちょっと細かな撮影が入り組んでいる月なので、まとめてのアルバムにします。
     まず最初はくらやみ祭り。のんびり行ったせいか、人垣を越えられず、てんで山車とかの写真はありませんので、期待しないように(^^;)。
     次に有楽町あたりをぶらぶら歩きながら撮った写真、お台場や川越などと、色々取り混ぜてあります。

2006年4月 浅草・皇居前広場・銀座等

  • 紅い店先
    まだR-D1に慣れていないので、運動がてら、色々テスト撮影。その途上、Jupiter-12 35mmF2.8やアベノン28mmF3.5を買ってしまったり(^^;)。その他にはスナップショットスコパー25mmF4とカラーヘリアー75mmF2.5で撮影。

2006年4月 沖縄旅行

  • 赤壁
    買いたてのR-D1を片手に沖縄をうろついた時の写真です。 レンズは基本的にフォクトレンダーのUltron35mmF1.7。広角に写っているのはUltraWide-Hrliar12mmF5.6。飛行機の撮影など、一部望遠はNokton50mmF1.5。

2006年4月 三浦半島一周

  • トンネル入口
     三浦半島一周の旅ですが、お伴にR-D1も持っていきました。  この手の負担の大きい旅ではF10といった軽いデジカメの方が適しているんですが、買ったばかりだし(^^;)、カメラとして楽しむならこちらの方がいいですしねぇ…。  そんなわけでウェストポーチで出動です。カメラ用ポーチというのがあるんですな。一眼レフも入るタイプなので、スリムなR-D1だとレンズを数個入れてもまだ余裕があったりします。  ただ、便利ではあるんですが、ちょっとデカいんですよね。カメラが入る以上、仕方ないのですが。今回はまだ涼しかったから良いですが、今後は考えないといけないかもしれません。ムレるかも。  …で、レンズはウルトラワイド・ヘリアー12mmF5.6、Jupiter-12(35mm)といったところ。実はアベノン28mmも持っていましたが、今回は使いませんでした。 ※工事現場の写真、その3とその4が入れ替わっちゃってますが、そこらへんはうまく数字順に読んでください(^^;)。

« [es]バージョンアップ | トップページ | USBが扱いやすくなる? »

2006/08/30

PCに求めるもの

 以前ちらっと読んでいた記事を、ふとしたことで思い出した。

■山田祥平のRe:config.sys■
GUIの行方

 ネタの種でテキスト作業をしている時、なんとなくIllustratorを使用している時のことを思い出し、その違いに気づいた瞬間、この記事中の記載の意味するところがわかった。

 そういえば今は何の疑問もなく「ファイル」という概念でPCを操作している。それはそれで便利なのだが、ファイルが増えてくるとファイル名だけでどうこう…というのが難しくなってくる。

 あれ?こないだ編集したファイルはなんだっけ?最新のファイルを更新すればいいんだけれど…ってなことになる。

 まぁこれはファイルのソートを日付順にし、アイコンなどでプレビュー出来るようであれば多少は改善するのだが、ファイルが多いとアイコンプレビューの更新・表示などに時間がかかり、操作がしにくくなる。アイコンが化けることもままあるし、そもそもFlashファイルはアイコンがプレビューになってくれないので、内容がわからない。

 そんなわけで、グラフィックを複数のソフトで操作したりする身としては、現在のUIに限界を感じることもある。

 一応、「ネタの種」はウィンドの左にファイラーのような表示が付加され、ファイルの一覧を見ることが出来るようになっている。それで更新日時順、見出し順に並べ替えられるのは勿論、自分の好きなように並べ替えることも可能だ。

 そしてなにより、「保存」といった動作も省かれるのもかなり楽。具体的にどういった裏の動作が行われているのかはわからないが、書いたことほ「保存したか、しなかったか」と気にしなくていいというのはかなりいい。

 これにはあまり「ファイル」という概念が無い。まぁ、実際はテキストファイルを一括したディレクトリ(サブディレクトリ)で「ネタの種」が管理しているわけだけれど、ユーザーは見出しを「箱」「小箱」といった分類で確認すればいいわけで…って、その概念は結局ディレクトリ、フォルダに近いなぁ…(^^;)。

 まぁでも従来のファイル管理から少し突きだしているような感じなんですよ。

 これに慣れてしまうと、グラフィックソフトを複数操作する間で、「ファイル」をファイル名や更新日時を頼りに、動作が重くなってしまっているフォルダの中を手繰って…というのは面倒くさい。大体、FlashでIllustratorのファイルを読み込むときは、ドラッグが使えず、ディレクトリのファイル名を指定してやらなければならなかったりと、GUIからも外れてしまう感じもする。

 そもそもアプリの終了とかいう概念も無くして欲しいかも。作業を翌日に繰り越す場合、作業途中のファイルを保存して終了し、再開の時には再度そのファイルを指定して起動しなければならないが、その途中の作業も省いて、自動で保存されていたファイルが自動で開く…みたいなオペレーションを実現して欲しいなぁ…。

 まぁそもそもグラフィックソフトでデカいファイル(…つっても、A4ドキュメント程度)を上書き保存しようとすれば、結構タスクを取られるんだよね。前回保存時から次回保存時の差分を保存してくれれば自動保存も簡略化できて、作業中に動作が止まる…ということもある程度回避できると思うんだけれど、おそらくグラフィック関係のファイルって、そういうの対応していないんだろうなぁ(テキスト関係のファイルもそういう設計になってないと思うが、そもそもデータとして軽いので、やっつけでそういう設計にしたところで、負荷があまりかからない…ってことなんだろうけれど)。

 まぁそんなわけで、もう少しファイルとかいった概念を外して、操作しやすくなってくれないかな、OSレベルで、かつアプリケーションもそこら辺をうまくシームレスに利用できるようにあれば…と。

 果たしてVistaがそれを実現してくれるかどうか怪しいところではあるが…いや、してくれないのか、記事を読めば。新MacOSでもちと厳しい感じ。

 PCももうちっと進化していただけねぇかなぁ…と、ちと思う。


 ちなみに、独自にファイルにインデックスを付けられる、フリーソフトかシェアウエアのファイラーがあった気がするが(T40pにはインストールしてあった気が…)、そういったユーティリティを使用すればある程度は改善…されるのかなぁ?(^^;)

« [es]バージョンアップ | トップページ | USBが扱いやすくなる? »

コメント

そこでファイル名というよりオブジェクト指向で。

って本来のオブジェクト指向とは違いますが、
処理速度と記憶容量が莫大だったら出来る事。

文書だったらアクロバットとかアプリケーションで
出来ている、工程ごと差分を残して、
認証(ハンコ)なども取り入れた上で、
仕上げた確定データを吐き出す事が出来る
けれど、画像やムービーは別物でしょ。

画像の作業だったら、工程の途中ごとに、
紙焼きが残ってゆくような概念で。
一つのディレクトリの中に、
RAWの丸写しとか、ラッシュやコンテとか
作業元絵とかエフェクト切り出しとか、
自動的にディレクトリが増えて
(棚にファイル箱を刺して、
作業ごとに透明バインダを使う感じ)
ファイルシステムは、それ全部を
見渡したり索引できるツリー管理する。

それ位の物が欲しいなって素人考え。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27753/11681971

この記事へのトラックバック一覧です: PCに求めるもの:

« [es]バージョンアップ | トップページ | USBが扱いやすくなる? »