2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

関連リンク

 


検索


  • Google


    WWW を検索
    とめどなく雑記 を検索

写真ピックアップ2012/04-05

  • 夜の桜
    2009年初頭までは定期的に写真を掲載していたのですが、その後サボってしまいました。写真自体は折を見て撮影していたので、現在からお気に入りなどをピックアップして掲載していきます。ファイル名は特に撮影時期ではありませんので念のため。

2009年1・2・3月撮影分

  • L1000050
    2009年になっても相変わらずぶらぶら撮った写真に終始すると思いますが、ご勘弁のほどを(^^;)。

2008年10・11・12月撮影分

  • 皆が見ないコミケの顔・その5
    D-LUX4も加わっての、バラエティに富んだ写真アルバムに…なるはず?ただ、MPはフィルムなので、掲載する予定はありません。

2008年7・8・9月撮影分

  • 祭り
    一番忙しい四半期につき、写真は少なめになるかと思います。とはいえ、新レンズを使ったりして多少浮かれてはいるかな?(^^;)

2008年4・5・6月撮影分

  • 単線のある風景
    4、5、6月分です。特に説明も無いのですが…(^^;)。まぁのんびりスナップをアップしていく…予定かと。

2008年1・2・3月撮影分

  • 円覚寺・その4
    相変わらずぶらぶら撮っています。面倒なんで、これからは3か月分、まとめようかな。

2007年10・11・12月撮影分

  • 来年に向かって歩く
    相変わらずぶらぶら撮ったものです。あまりにもとりとめなく撮ったので、3ヶ月分まとめさせていただきます(^^;)。

2007年9月撮影分

  • 機上から見る雲
    9月撮影分です。主に久米島旅行で撮った写真になっています。

2007年4・5・6・7・8月撮影分

  • 夏の海
    相変わらずぶらぶら撮った写真です。ちなみにコミケの写真は入っていません。

2007年1・2・3月撮影分

  • 桜の風景・その11
    まだまだのんびり写真です(^^;)。なんか、撮っているのも楽しいですが、現像も楽しいですね。

2006年12月撮影分

  • 築地の町並み
    相変わらずR-D1メインでぶらぶら撮影したものを掲載していきます。紅葉も都心の方まで降りてきていますので、当初はそれを中心に…といったところになるかな?

2006年11月撮影分

  • P1020232
    距離計の狂いから一時期修理に出していたR-D1が帰ってきたので、ちらほらと撮影したものをアップします。
    でもなーんかぎこちないというか…写真に対する自分なりの立脚点がしっかりしてないというか…(^^;)。
    個人的にはしっかり楽しんでいるのでいいとは思うんですけれどね(^^;)。

2006年9月 石垣島周辺旅行

  • 車に積まれたエンジン
    9月下旬に石垣島及び周辺離島を旅してきたときの写真です。
    カメラはR-D1を修理に出していたので、LC1とF10です。Exifん時に機種が書いてないのはLC1と見てください(RAWを現像・エディットして保存すると、さすがにExifデータが残らないみたい)。明るいときにはLC1にはND8のフィルターを装着しています。

2006年6月撮影分

  • 富士山を臨む
    6月撮影分です。ちょこまかと撮っているのをあげていきます。
    色々なレンズも出てきますが、だいたい使うレンズが決まりつつあるような…。

2006年5月撮影分

  • 深川の風景
     ちょっと細かな撮影が入り組んでいる月なので、まとめてのアルバムにします。
     まず最初はくらやみ祭り。のんびり行ったせいか、人垣を越えられず、てんで山車とかの写真はありませんので、期待しないように(^^;)。
     次に有楽町あたりをぶらぶら歩きながら撮った写真、お台場や川越などと、色々取り混ぜてあります。

2006年4月 浅草・皇居前広場・銀座等

  • 紅い店先
    まだR-D1に慣れていないので、運動がてら、色々テスト撮影。その途上、Jupiter-12 35mmF2.8やアベノン28mmF3.5を買ってしまったり(^^;)。その他にはスナップショットスコパー25mmF4とカラーヘリアー75mmF2.5で撮影。

2006年4月 沖縄旅行

  • 赤壁
    買いたてのR-D1を片手に沖縄をうろついた時の写真です。 レンズは基本的にフォクトレンダーのUltron35mmF1.7。広角に写っているのはUltraWide-Hrliar12mmF5.6。飛行機の撮影など、一部望遠はNokton50mmF1.5。

2006年4月 三浦半島一周

  • トンネル入口
     三浦半島一周の旅ですが、お伴にR-D1も持っていきました。  この手の負担の大きい旅ではF10といった軽いデジカメの方が適しているんですが、買ったばかりだし(^^;)、カメラとして楽しむならこちらの方がいいですしねぇ…。  そんなわけでウェストポーチで出動です。カメラ用ポーチというのがあるんですな。一眼レフも入るタイプなので、スリムなR-D1だとレンズを数個入れてもまだ余裕があったりします。  ただ、便利ではあるんですが、ちょっとデカいんですよね。カメラが入る以上、仕方ないのですが。今回はまだ涼しかったから良いですが、今後は考えないといけないかもしれません。ムレるかも。  …で、レンズはウルトラワイド・ヘリアー12mmF5.6、Jupiter-12(35mm)といったところ。実はアベノン28mmも持っていましたが、今回は使いませんでした。 ※工事現場の写真、その3とその4が入れ替わっちゃってますが、そこらへんはうまく数字順に読んでください(^^;)。

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006/07/31

原稿のやりとりの苦労

 ポプルスへの入稿は済んで、印刷したやつはどうする?…という話はしているものの、原稿自体の問題は一切無い。

 ただ、もう一カ所、入稿して「これを印刷して」と頼んだところがあるのだが、そちらとはつい昨日まで、「規格が違う」などと色々やりとりしていた。

 ちょっと特殊な原稿なので仕方ないのだが、原稿の規格の提示がどーも要領を得ず、しかも途中納期が合わないので仕様を変更したら、原稿の規格もびみょーに変更になって、それに合わせてレイアウトを変更しなければならなかったり…と色々あった。

 まぁ、元々こちらの原稿をIllustratorで作成しているので、何度規格が変更になろうと、劣化無しにレイアウトし直せるし、さしたる手間でもないのでいいんだけれどね。

 ただちょーっとそこらへんの規格の基準がわかりにくい…ってのがあるんだよなぁ。

 何の話か…ってのは、サプライズ企画なのでちっと黙っていたいと思う(ここに書いたところで、相手にはわからないと思うが)。ただ、絵描きには面白い原稿なので、そのうち紹介したいとは思うけれど。

 あー、うずうず(^^;)。

すれ違う[es]

 ちなみに、[es]を買おうと奔走したりもしたのだが、まだ入手できていない。

 コミケまでには入手、環境を整え、情報ツールとして使用したい意向がある。…ので、今週中には入手したいと思ったのだが…。

 まず、立川ビックカメラでは「黒の機種変更」モデルがない。在庫切れ。白の機種変更ならあると言われたのだが、白モデルはあまり欲しくない…っていうか、画面の周りが白いと、どーもちらちらする。

 有楽町では夜遅かったせいか、買えたり手続きできたものの、品物渡しが翌日になるため、また来店しなければならない…のが面倒なので、ヤメた。

 立川には「明日、入荷予定」という情報も得たので翌日行ったりもしたのだが、おいらの行動が鈍かったせいか、やはり売り切れ…。そんなわけ。

 これはちょっとヤバい状況。いや、入手できない云々…ではなく、ここまでのすれ違いは「縁がない」状態に近い。

 ともかくも、「運」として手に入れられないアイテムというか、購入の相性が悪いというか…将来的にも手に入らない、手に入れないパターンに近い。あんのよ、そういうことが。

 欲しいな…と思い、金もり、世間には満ちあふれている製品なのになぜか購入までに巡り会えず、それっきり…と。

 具体的には…何があったかな?(^^;)ぉぃ

 まぁそんなわけなので、ちとヤバい。まぁ無くてもコミケは過ごせると思うのだが、以前書いたとおり、人並みな、携帯でまかなうような外出先での情報ツールの所持をしたいこともあるし、なんとか購入してみようかと。

 …もうウィルコムストアしかないかな…(^^;)。

2006/07/30

久しぶりの走行

 土曜は久しぶりに長距離走ってきた。コースはいつもの飯能。久しぶりに「古久や」の肉汁うどんが食いたかったし、「麦」も8月いっぱい夏休みなので、まとめ買い(^^;)。

 とりあえず東飯能に向かうために、BSMを引っ張り出し、簡単にチェック。1ヶ月以上またがってないと、結構空気、抜けているものねぇ…。まぁでも問題もそれくらいで、ちょちょいと注油して出立。

 ブランクあるので、普段なら1時間半で着くところだが、2時間くらいかな…と目算していた。ただ、キツい上り坂があるわけでもないので、ブランクがあろうとなかろうとあまり差は無かったみたい(^^;)。あっさり1時間半で飯能到着。

 ちなみに雨天。ただ、ぱらぱら降る…って感じで夕立とも違うし、かといって霧雨っぽく雨粒が細かい…ってもんでもない。小雨ながら雨粒がしっかりしていた。

 梅雨時の雨ではない…って感じで、なんとなく季節が変わったと感じ取ったり。でも大した雨でもないので、さしたる雨対策もせずに古久やに到着。

 11時過ぎながら、もう店内は70~80%埋まっていたが、こちらは一人なので、さらっと座れた。待つことしばし、あの味が目の前にやってきた。

 いや~、相変わらず美味いね、この肉汁うどんは。しかし一人だとちっとさみしいので、今度又どなたかご一緒ください(^^;)。

 …で、この後普段なら赤沢スイーツに行く所なんだけれど、帰宅後に用事があったので出来るだけ早く帰りたい…ので、今回はなくなくパス。直接「麦」に向かうことに。

 「麦」ではいつもの憩いのひととき…のハズが、妙にデンシャラス(^^;)なにかあったらしい。まぁでも楽しかったです。やはりあそこは恐ろしいほど自然に囲まれているのデスね…(謎)。

 まぁ買いだめ目的はしっかり果たし、あとは普通に帰宅。あ、そうそう。新しく、「天乃屋」の近くの「ヴェルデ」っつーアイス屋も開拓しました。結構美味い。いずれ皆さんをお誘いしなければなぁ…。

 あ、そうそう。そこを開拓する際、普段走らない道を通ったりしたんだけれど、新しい店を見つけたり。いや、昔からあったのかもしれないが、非常に見つけにくいところに店があったり、それが「うどん」屋だったりして、妙に惹かれたり。いや、古久やで食った後なので、さすがに食いませんでしたけれど。

 そういえばその古久やにも映画「UDON」のポスターが貼ってあったな。…うどんブームでも起こるのだろうか?いやまぁ別に構わないが。特に元淡彩房なうどん屋(名前を覚えていない(^^;)ぉぃ)とかは是非そのブームの恩恵に乗っかっていただきたいところなのだが、古久やがそのブームに乗っかって、さらに混雑しちゃうと…ヤだなぁ…(^^;)。

 うまいバランスが取れることを望む(^^;)。

 …でまぁ、天乃屋でも軽く買いだめして帰宅。

 リハビリのつもりの走行だったので、普段よりは短距離だったんだけれど、なんとなくまだ余力があったっぽいし、次の用事ではウナギを食う予定だったので帰りも燃料には困らないだろう…ということで、荷物を下ろして再びBSMに乗車。

 有楽町に向かう(^^;)。

 まぁ結果、総走行距離は115kmで、ヘタすっといつもより長距離なんでない?…って気も(^^;)。まぁ、ハードなリハビリということで(^^;)翌日の体の重いこと…。

 ペースは遅いものの、なんとか長距離走行はこなせるっぽいので、次回は藤沢に行ってみるかな。7月は食い損ねたけれど、8月の季節かき氷を食わねば。…混んでいるような気もするが(^^;)有る意味時機を逸したか?。

2006/07/29

PC関連のネタ

 …もいくつか。


 昔はPC-98の型番さえ聞けばスペックをぼろぼろ暗唱していたような気もするが、昨今は「PCI Ex…なんだっけ?」とすっかり疎くなってしまった私。

 とはいえ、CPUがデュアルコア化したくらいの傾向はわかっているもので、

Intel、Conroeの価格とMeromのスペックを公開

 …と聞くと、ちょっとわくわくしてしまう。ただ、デスクトップは最近はとんと食指が伸びず、もっぱらMeromの方が気になるわけだが。

 …省電力なんだっけ?>Merom

 そういえばX41Tの後継機がてんで姿を見せない昨今でもあり、X60Tはどうしたよ?…と思うところなのだが、Merom搭載の機会をうかがっている…と信じたい(^^;)。

 ちなみにこないだ、とうとうT60のタブレットPC版の夢まで見てしまった。

 お絵かきにタブレットPCが手放せなくなってきた昨今、今のX41Tに万が一のことがあったら代替機を用意しなければならない。…となると、やはりX60Tが控えてくれているのがいいのだが、大画面の方がやりやすいし、T60Tってのもあると…(^^;)。

 


IE7は優先度の高い自動更新で配布

 ちょっと怖いな。IE7の必要性はわからんでもないが、ほとんど強制に近いって…。初物には手を出したくないタイプなのだが…。

 第一、IDiskツールがIE7(ベータ版だけど)に対応していないなど、ブラウザ変更で動かなくなる環境もあるような。

 まぁなんとか勝手に更新されないような手段を講じたい。無論、安定してきたら(枯れてきたら)IE7に更新してもいいけれど。

輪行本がすべてではないので念のため

 そういえば、おいらは輪行に関してはブロとかBD-1とか、そういうオプションの多いのを、あるいはKOMAとか、より特化したモデルを使いなよ派…というか、原理主義に近い(過激派ではない(^^;))ので、輪行本もそういう内容になっている。

 ただ、輪行本を入稿した帰り道、西国分寺駅に降り立ったら、DIYショップで売っているような折り畳み自転車をしっかり輪行袋に入れて輪行している人を見た。

 組立も手慣れている感じで、それで問題ない…って感じだったので、入校した原稿をキャンセルしたい気持ちにもなったり(^^;)。

 まぁそういう偏った内容にもなっているので、あまりアテにしないように(^^;)ぉぃ。

2006/07/28

自転車で撮影サイクリング

 自転車の旅で何が困るというと、荷物の持ち運び。

 ちょっとした量だったらどうこういう話ではないが、小さくても重いもの、かさばるもの…となると、色々考えなければならなくなる。

 まぁ私の場合はショッパーを工夫してどうにかこなしているが、最近処理に困りつつあるのがカメラ。

 いや、F10くらいのコンパクトデジカメならたいしたことはないが、R-D1となると話は別だ。結構高いカメラでもあり、交換レンズも持ち歩きたいとなると、デジイチより小さいアイテムとはいえ、かさばってくる。

 一応ウェストポーチなんぞをば用意しているのでそれでなんとかなる面もあるが、ヘタに重いレンズを入れていると、腰痛を引き起こしかねない(意外とたまに重いレンズがあるんだ、これが…。

 そんなわけで、なにか自転車でのいいカメラの運搬方法はないかなぁ…と常日頃思っていたところで見つけたのがこれ。

ユニコ、自転車に取り付けるカメラバッグ「フォトサイクリスト3.5」

 BSMを前提に考えるなら、この取り付け場所はほとんど使っていない部分だ。それにこの大きさのバッグなら、R-D1でレンズを選べば、汎用仕切りパッドを利用してもう1~2本交換レンズも入れられるやもしれない。

 もっとも、商品見本の写真はブルホーンにすんなり取り付けられているが、ドロップハンドルに、ワイヤーが内向きに飛び出るデュアルコントロールレバー…という組み合わせでも大丈夫かちっと心配。

 まぁ、デュアルコントロールレバーを使っている限りは、ブルホーンに替えたからってあまり変わらないだろうから、交換しようとは思わないが。

 ただ、バッグ自体が小さめだから、どうにかなりそうな気もする。ワイヤーをうまく取り回せば、これくらいの大きさのものは…。

 代わりに(?)自転車転倒がちょっと怖いが、意外とドロップハンドルがカメラバッグのバンパーになるかもしれないし。まぁそれについてはそれよりも、蓋の開け閉めをしっかりしなければならないということになるだろうが。

 まぁ、とりあえずBSMに取り付けてみたい気はする。ライトとサイクルコンピュータをどっかに移動させないと(アタッチメントがいるなぁ…)。


 値段も高くないし、和田サイに発注しようかな。ただ、しばらくあちら方面に行く暇無いから、今回ばかりはフレンド商会に西国分寺にしておこうかしら…。

 それにしてもリクセンカウルみたいな汎用的なアタッチメントでないのが残念。…改造しちまおうかな(^^;)和田サイにリクセンカウル・アタッチメントの雌側のプレートだけ…ってのがあるんだっけ?品薄で。

物欲再び

 レンズをころころ替えられて写真を撮るのがものすごく楽しいR-D1に、暗所も強いF10。こう揃っていると、これ以上カメラも要らないな…という気になっているのだが、ちとこの記事を見て「うーん…」とうなってしまった。

パナソニック、液晶モニターもワイドになった「LUMIX DMC-LX2」
~1,020万画素の16:9CCDを搭載

 スペックとか素性とか、結構好みなんだよなぁ…。16:9という比率も画作りに面白そうだし、比較的マニュアルっぽくも使えそう。当然オートで楽々…ってのもあるし、手ぶれ補正だけでなくISOも1600くらいまで設定できるとか?

 全部入れられればいい…ってなもんでもないと思うのだが…負けそう(^^;)。

 まぁR-D1にしばらくハマってLX2のことを忘れようとして、でも12月くらいになっても惹かれていたら…考えようかな(^^;)。

軽く[es]を触る

 入校した帰りにちこっと触ってきた>[es]。

 結構いいね。本家(?)はスライドの質感がチャチぃと感じてどーも気に入らなかったんだけれど、[es]はかっちりしていていい。

 キーボードも配列が特殊なところが慣れが必要だけれど、押しにくい…ってことはないので、どーにかなる範疇のような気が。無論、こまめな爪切り前提ってことで(^^;)。

 とりあえず筐体の第一印象は結構いいので、やはり手に入れてみたいね。機種変更で音声・通信定額コースというプランだろうか。

 PCでのメール作業も主体なので、DDも欲しいのだが、ウィルコムストアでは売り切れだなぁ…。当面は[es]にUSB接続か?まぁ滅多に使うスタイルでもないので、それでもいいような気もするが…。


#…待てよ?俺がPCでPHS使うのって、出先でメールを送らなければ!…って時だわなぁ。それ以外は…ブラウジング以外あまり使う機会がない。

 元々ウィルコムの通信定額コースは「PCに接続して通信すると」上限が高く、元々あまり使いたくなかった。しかし必要な手段だと思っていた。

 しかし、送信メールを[es]に同期して、[es]で送信してしまえば、「PCに接続して通信する」必要がなくなるわけだ(ワンクッション入って、ちっと手間だが、出来るだけ[es]で送信メールを書くよう努めればいいわけで…)。ブラウジングは[es]単体でやっちまえばいいんだし、ファイル転送なんて外ではあまりしないし。

 ホームページ更新はFTPでしたいところでもあるけれど、まぁそれ自体最近はしないから我慢して、blog更新くらいなら[es]単体でもどうにかなるんだし。

 …あ、結構どーにかなりそうだなぁ(^^;)[es]単体のスタンダードなコースで…っつーかDD無くても。

 ただ、そーすっとワイヤレスな同期がしやすい環境が欲しいなぁ…(^^;)。

2006/07/27

やじうまWatchネタ

 え~、とりあえず7月26日分。


 タモリ倶楽部は見逃せないっぽいなー。でも、天候にもよるけれど、翌日は久しぶりのサイクリングだし、早寝したかったのになぁ(^^;)。

 まぁビデオ(HDDレコーダ)撮ればいいような気もするが、どーもなぜだか、タモリ倶楽部は生で見たい気がするんだよなぁ…。なんでだろ?


 スパムの件はリンク先を見ていないが、独創的なスパムはネタにして絵にしよう…とおいらも思ったことがある。

 そういえばそれ以前に、そういうことを企画したblogか何かに参加しようとしたことがあったような…なかったような…。

 ともあれ、いつぞやからちとスパムをチェックして、画像化してやろうとテキストのみ保存し始めたことがあったのだが、だんだん不毛に思えてきてやめてしまった経緯がある(^^;)量も多いしさ。

 日記のネタにいいかなぁ…と思っていたりもしたのだが、まぁ、日記更新努力の裏には、そういう没ネタも埋まっている…というお話…(^^;)なんだそりゃ。

創作意欲の刺激

 輪行本を脱稿したものの、タスク表をチェックするとすぐまたとある原稿の締め切りが迫っているのが発覚し、あわてて筆を走らせている今日この頃。

 それは「原稿」と言っている以上静止画なのは当然なのだが、一息ついたら「動画」を作りたいと思っている今日この頃でもある。

 先の原稿が終わり、今の原稿にあたるちょっとの隙間にちょちょいとFlash触ってみたが、一気に複数枚、ラフでも描く余力が無かったのには笑った…というか、笑えなかったが(腕が震える)。

 まぁそのうちあたろうと思っていた矢先、ショウビズ・カウントダウンを見た。

 全米チャートでまだ19位か29位だったかと思うが、キアヌ・リーブス主演の映画が紹介されていた。

 キアヌ・リーブス「主演」とあるので当然実写…と思いきや、デジタルペイントをほどこしたアニメーションっぽい…っていうか完全にトレスして色塗りまくっていたので、アニメーションそのものになっている。ただ、結構実写に忠実にトレスしているので実写のベースが活きている画。

 実写テイストのアニメーションなのか、アニメーションテイストの実写なのか、そこらへんをどう紹介していいのかちと不明。

 実写をトレスする方法は別に今に始まったことではなく、ディズニーでも白雪姫からありそうな話…なのだが、それはあくまでアニメーションを作るための下地としてであり、「アニメーションのような実写」となると、あまり例はない。

 ただ、例がないわけではなく、何年か前にもアメリカでそういう作品が公開されたと、同じ番組で見た記憶もある。

 ただ、それは幻想的なイメージを醸し出そうと、かなり実写をいじった画作りだった記憶がある。絵画的な画作りというか…。また、それ以外の作品もあった気が…(ヨーロッパあたりで…)

 ただ、今回のはかなりリアルにトレスしてあり、ジャパニメーションテイストの彩色もしてある。いや、それ以上に細かく描き混んでいて、それを突き抜けたアメリカンコミック調に近い感じか。

 内容的には、なにか非現実的描写も多いらしく、おそらく日常シーンから違和感なく非日常シーンへ移行できる、もしくは日常シーンから非日常シーンを思わせる「違和感」を盛り込むための手法と捉えた方が良いのかもしれない。

 必然的にそのような表現手法を採った気もする。

 ただ、作業量的には恐ろしく膨大かと(何分映画かは知らないが)。コマ数を上げたアニメーション(実写テイストを残すために、どーも秒間24コマ以上で作成している気がする)を作成するだけでも大変なのに、考えてみればそのベースとなる実写もきちんと作成しているので、2本分作成しているようなものでは?

 まぁ実写パートはブルースクリーンバックでがつがつ作っているのかもしれないが。しかしアニメーションは線画とか手書きっぽいんだよなぁ。デジタルペイントを取り入れても、大変なものは大変な気がする。

 彩色も結構スムースなので、実写にエフェクトかけて色つけました…って単純なものでもないと思うし…。

 ランク的にはまだ上位ではないものの、クリエーターとしてはものすごく興味惹かれる作品。…と同時に、そういうのも作ってみたいなぁ…という欲求も(^^;)。

 …ほら、トレスって、俺のオハコじゃん(^^;)ぉぃっ!。

 まぁ、作業量を考えると、とても気力が保たない気がするが…(^^;)。


#…っていうか、どなたか何て作品か、教えてください(^^;)。

体調崩し気味

 …っていうか、単に下痢ってだけなんだけれど(^^;)。

 いやぁ、ちっとも明け切らない梅雨に、こないだまで緊張と疲労が続いていたから、バランス崩しちゃったのかもしれない。胃腸だけで済んでいるのはまだマシかも。

 もっとも、原稿に追われていたときにはそこらへんは大丈夫だったんだけれど、頭痛に襲われていたしねぇ。今考えれば、バファリン飲んでおけば良かった…。

 …また自転車長距離走るようになれば、元の体調取り戻せるかな?いきなり三浦半島一周しようとは思わないが(^^;)近場からリハビリ…。

2006/07/26

走るぞ!

 考えてみると、コミケまでに体力を回復させなければならない。1ヶ月以上ひきこもっていたので、体だってなまっているっ…つーか、太っちまった。

 こりゃいかん!…ってことで、これから毎週走らないと復活せんような。

 とはいえ、週間天気予報で週末を見てみると…雨のおそれあり…ってあるなぁ…。まぁこの季節の週間天気予報は梅雨前線のちょっとした動向でころりと変わるからなぁ。

 かといって、この週末逃すと、当面「麦」のパンが食えなくなるし…。うーむ。

 まぁ、準備はしておこう。東飯能で入校祝いにうどん食ってから(^^;)「赤沢スイーツ」経由で「麦」だ。

 雨が降ったら翌日に「麦」だ。でもその時は「麦」→青梅方面の蕎麦屋…だな。うどん屋、日曜休みだし。

輪行本入校

 …というわけで、なんとか輪行本、入校いたしました。ほっ。これで事故でも無い限り、12日(2日目だで!)に発行できそうです。

 ただ、「無事、脱稿」ではありません。塗ってない(トーンを貼ってない)ページもあります(^^;)数ページ。まぁ、線と吹き出しはきちんとあるので、読めないってことはありませんので、どうかご容赦を(__)。

 いやもう、かなりへろへろっすよ。原稿描きってこんなツラかったっけ?まぁ、苦労の大半は自転車描画なんだけれど(^^;)。これがあるページと無いページでだいぶスピードが違ったのをよく覚えている。

 結構手を抜いて描いているんだけれど、それでも線が多い方だからね。

 そんなわけでちと体調を崩し気味。とほー。数日創作活動を休止して、睡眠に徹しなければ(^^;)。


 …で、忘れる前に振り返ってみる。へろへろになった原因を探りつつ、また他に「こうしておけば良かった~」…という点もいくつかあるので。

 

反省点

・とっつきが悪かった(作業期間を余裕を持った形で設ける)※1

・製作前のフォントの確認がおろそかだった(作業用PCにお目当てのフォントが入っていなかった)

・ツールの使い方がいまいち悪い(IllustratorとPhotoShopの連携をもっと重視すれば良かった)※2

・原稿にノンブル(ページ数)を入れ忘れた

※1:今回は6月中頃だったけれど、5月中頃、出来れば4月からコンテを始めれば…(モチベーションが問題になるか…)。

※2:例えば線画をIllustrator、塗りをPhotoShop…とかいう手法を採ろうとした場合、CS2では問題ないのかもしれないが、CS以前だと位置合わせが面倒になる場合がある。
 Illustrator上で外枠を作って、枠ごとPSD形式で書き出し、その枠を使ってIllustrator上に戻したとき、「整列」機能を使って位置合わせ…って手が使える(後から思いついた)。


注意点
・Illustratorのワークエリアの確保(RAMディスクを300MBばかし確保したが、データ的に重いページを表示した場合、複数ページを表示できなくなる場合がある。HDD上だとスピードがロストするので、その辺の調整をしておけば良かった。今回はなんとかなったけれど)

 

 …とりあえずこんなところか。すぐに思い出すのは…。

 あー、なんか原稿に関しても色々心残りも…(^^;)。でもまた次…とは思わない。いや、作りたい気持ちもあるにはあるが、他にやりたいこともあるしねぇ…。

 まずは寝る(^^;)昼型に戻さなぁ…。

カメラバッグをさまよい探す

 …ってわけでもないけれど、沖縄旅行の時にノートPC同梱できるカメラバッグを探した反動か、未だにそういったものを物色する昨今。

 先の時に探したバッグはカメラ、交換レンズ、ノートPCの他、着替えなども入った大容量で、しかし比較的コンパクトと結構重宝したが、旅行を伴わず、しかしノートPCが必要って時は、もっと小型のもあっても良し。

 ハクバのは小型なんだけれど、ビジネスライクでちょっとスタイルが気に入らない(実用性は高いと思うけれど)。それに、B5ノートとはいっても、大容量バッテリーのX41Tだと、サイズがぎりぎりで、ちょっと使いづらいのよね。

 そんなわけで、ノート対応だったらもうちょっとデカい機種対応がいいなぁ…と思っていたら、

ロープロ、ノートPC対応のカメラ用リュック

 …というのが発表された。9月ってことなので、そこまで物欲が続いているか疑問だけれど、自転車で使っても良さそうな気がするので(転んだら大惨事だが…)、ちょっと惹かれる…。チェックしておこう。


 ちなみに、ヨドバシカメラでかなりおしゃれな、トートバッグみたいなカメラバッグを見つけたことがあったな、そういえば。

 その時は先の沖縄旅行前で、カメラしか入らないそれは残念ながら見送らざるをえなかったんだけれど、今からカメラ単体バッグを買うなら、それだなぁ…。

 あれはどこ製だったかなぁ。おしゃれすぎて、おいらが持って様になるのかどうか、その方が心配だなぁ…(^^;)。

2006/07/21

[es]をおあずけ

 今のところW-ZERO3[es]は買うつもり。今使用しているPHSカードの機種変更で。

 ただ、まだ触ってもいない機器なので、通販とか予約はしたくない。また新規ではない「機種変更」ということでそう簡単に入手できるとも思えないので、しばらく先になるとは思う。

 まぁ別に急いでいないので、それで構わない。むしろその間に周辺機器が充実して欲しい。開発発表はだいぶされているが、実際にすぐに使える機器はまだ少ないようだから。いくら勢いがあっても、本当に製品化されるかどうか、実際に製品にならない限り、信用しないことにしている。

 とりあえず確実視されているのはこのデバイス。

W-ZERO3[es]で使えるminiSD無線LANカード登場

 筐体からはみ出す…ってのがちと気に入らないけれど、USB外付けよりはよっぽどマシ…いや、メモリカードが一緒に使えないのは弊害か?

 まぁ個人的にはBluetoothを早くどーにかしてもらいたいところ。無線LANはあまり使用しない気がする>おいらの場合。

 ただ、miniSD無線LANカードはそれはそれで別の機器で重宝試走なので、本当に実売1万円未満なら欲しいところ。

 しかし本当に製品化されるにせよ、生産数や流通経路やおいらの買い物のタイミングとかで、必ず手に入るってもんでもないので、やっぱりこれも慎重に考えないといけない気がする(^^;)石橋を叩いて渡らない派っぽい。

たまには偽善ぉぃ

 ますますカオスと貸していく我が部屋。いい加減掃除したいところだが、なかなか時間がないし、あれば真夏、真冬とかで作業しにくいところもあって、ひたすら放りっぱなし。ますますカオス化に拍車がかかっているわけだが…、せめて要らない本くらいはどーにかしないと。

 …と思っていたところで発見した記事。

<福島・矢祭町>新設図書館の本、寄贈呼び掛け

 …バージョンの古いLW用のHowTo本でもいいのかな?(^^;)一時期買いあさったこともあって、けっこうそういう本、貯まっているのよね。

 まぁ向こうでも要らない…ってことになったら破棄する…ってあるから、送るだけ送ってもいいような気も(^^;)問い合わせろよ。

 ほら、捨てるよりも誰かに譲る…って方が、気が楽じゃん。それで名前も刻まれるなら、なおさら「やる気」も出てくるというもの(^^;)なんの言い訳だよ。

 ともあれ、しかしこういう時、ちゃんとした本を読んでない…ってのはカッコ悪いなぁ…。あとは…漫画ぐらいしかないしなぁ…。漫画でもいいのかな?でも図書館にはふさわしくないのばかりだしなぁ(^^;)

2006/07/20

進捗状況

 原稿に追われてへろへろです。おかげで「疲れている」「顔色が悪い」「クマがいる」と言われている昨今。とほほ。

 そういえば原稿で1コマ、面倒そうなので後回しにしていたところがあるんだけれど、えぇーい、面倒だ!…と勢いで描いたら、10分で描けました(^^;)。なんとかなるもんだ…というか、雑なことこの上ないんだけれど、逆にそれが「効果」になっているので、結果オーライということで(^^;)。

 清書はあと2ページ残っていて、1ページはラフもまだ終わってないけれど、なんとかなるでしょう。

 ただ、膨大に残っている「塗り」(トーン貼り)。これが…。

 あと3ページほど、文字で書きたいことを後書きがわりにいれこんでしまおうと考えているので、おそらく締め切りまでに終わらないような気がする。

 締め切りは思い切って、23日午後5時と勝手に自分で決めてしまおうかな、とも思っていたり。いや、その数日後の平日が本当の締め切りなんだけれど、どうも持っていく時間なさそう…。

 そんなわけで、多少未完成でも、入校しちゃおうかな…。いや、FTP投稿とかでなんとかぎりぎりまでねばっちゃおうかな…と自分の中でせめぎ合っている昨今…。

2006/07/19

走りたい予定

 考えてみれば先月後半から原稿に追われる日々で、ろくに自転車で走っていない。一応自転車通勤とはいえ、微々たる距離だしね。

 そうなると体がなまってくるというかなんというか、そのくせ、その原稿を発表する場では体力が必要とくる。そのために運動不足になるという不思議な相関関係はどーよ…という気もするが…。

 まぁともかく、かつかつ原稿を進めるのは最優先としても、終わり次第体力復活も目指さなくてはならない。なんつっても腰の筋肉オチまくりで、腰痛が復活しつつあるかんね(^^;)。

 そんなわけで、29日か30日に走りに行かねば。それまでには原稿も脱稿しているだろう。してなければ、…まぁそれはそれで別の意味で走りに行かないと(^^;)意味不明。

 …っていうか、翌月8月だから、今の内「麦」でパン買っておかないと、1ヶ月お預けじゃん。行っておかないと~。「赤沢スイーツは8月終わりから9月始めだっけ?(昨年は)

 天候次第では翌日になると思うけれど、まぁその頃は梅雨も明けているだろう。スコールに気をつければ…(^^;)楽観。

 翌週も…えーっと、8月5日か、そちらも走っておかなければならんわな。そっちはまた藤沢にでもして、季節のかき氷を食っておこう。

 まぁ2回の走行で体の筋力がどうこう…とは思わないが、精神面ではリフレッシュ確実だし~(^^;)。

 …って、一番の懸案事項は、BSMのメンテナンスを全然してないことなんだけれど(^^;)暇無い。まぁ、あと2~3回の走行くらいどうってことないだろうけれど、タイヤ交換くらいはしておきたいなぁ…(最近スリップしやすかったような)。


#…と思いつつ、追加で、今の原稿以外に、描かなきゃいけないこともあったような…(^^;)。

ものすごい誘惑

705Tユーザーに「ガチャピン変身キット」プレゼント

 うっ。うううううううっ…。

 …機種変更でもいいのかなぁ?(^^;)俺の趣味に合致する端末ではないのだが…

2006/07/18

で、輪行本の行方

 締め切りは延ばせてもらったけれど、思ったよりも延びなかった。いや、延ばそうと思えば延ばせるのだが、特急料金が追加される。そうすると想定販売価格を考えると、原価割れを引き起こすなぁ。現在も想定の単価ぎりぎりなのに~…。

 まぁ趣味でやっているので利益がないのは構わないんだけれど、あまり損が出てもね(^^;)。大体、全部売れると思えないし。

 あと心配事といえば、いくつかの校正をすっとばすことかな。文字校正はこっちが文字を入れてアウトライン化とかもしているので、チェックする話でもないのだが、乱丁とか無いか心配だし~。色校もしたいところなのだが…うーむ。

 なんか同人誌作るの久しぶりなので、計画性の無さが色々引き起こしているような。あー、なんか新鮮なトラブル(^^;)ぉぃ。まぁ…なんかトラブったらトラブったでどーにかしよう、うん(^^;)。

 まぁそんな心配するよりも、原稿をアップすることを考えなさいよ>をれ。まずはそれからだ。


 実際、24ページ構想で20ページまで清書が終わっている(1コマ除いて)。おお、もう終わったも同然じゃん…とか言われそうだが、清書終わっている内、16ページをまだ塗ってない。トーンを貼ってない状態…といった方がいいか。これをIllustrator上でやらないといけないから、これが結構面倒。パスで貼るのよ、パスで。

 大体、ラスト2ページ、まだラフも出来てないし(^^;)。

 ま~…、連休中の怒濤の進行を思い出せば、次の週末根を詰めればどーにかなりそうな気がしないでもないが。

 あー、でもあとがきとか補足ページ(?)も書かないといけないし、やっぱけっこうタイトだなぁ。なんつっても特急料金だけは回避しないと…(^^;)それかよ。


#次があるなら、イベントの4ヶ月前には描き始めないと話にならんな…>をれ。

2006/07/16

ココログの今

 えー…、ココログユーザーでないとわからない不便を強いられていましたが、11~13日のメンテナンス以降、快適です。

 直後は知らないんだけれど、夜間も結構すんなり入れるような…。いよいよ「ふつーに使える」状態になってきたか?(一時期も「ふつーに使える」状態だったけれど)

 とりあえず「引っ越そう」という気にはなっていません(^^;)まぁ面倒なので。

 

 びみょーなのは

【特設】ココログレスポンス問題お知らせブログ

がトラブったらしく、更新が出来なかったり記事が消失したりしたらしい。どこまでトラブれば気が済むんだ>@Nifty。

 しかし問題はそこではなく、そのために臨時に解説された

ココログレスポンス問題お知らせブログ(臨時)

のこと。

 その解説の経緯は

Typepad.comの障害に伴った特設ブログの移行について

自体に書いてあるのが詳しい。…「ココログフリーはベーシック・プラス・プロとは別システムとなっているため、万一ベーシック・プラス・プロのレスポンスが悪化したときも迅速に情報をご案内できるためです。」…って(^^;)。

 そんなに有料プランの安定性が信用できないってか。

 …って、理屈的に考えて、何かあった際のお知らせを同じ場所に置くことこそ愚の骨頂であり、そう考えれば別に設置するのは当たり前なんだけれど、そのプランにいる身としては、そういう判断されるのもツラいところやで…(^^;)。

無償な仮想PC

 ただより高いものはない…とか思いつつ、タダのものを見ると心ときめいてしまう性格。しかしそれでもなにか疑心暗鬼になってしまうのがこのニュース。

MS、仮想PC作成・実行ソフト「Virtual PC 2004」日本語版を無償公開

 …タダでいいの?しかし無償なのは有り難いが、本当にそれでいいのか?>MS なんか別のビジネスモデルに乗っけられる伏線とか?ちょっと素直に喜べないわし(^^;)。

 まぁそもそも、仮想PCを俺が使うかどうか、怪しいのだが(^^;)。使う必要性が感じられない…。

 メモリを大量に積んだマシンでLinuxとか別OSを使う…って手も考えられるが、別にLinuxで動かしたいソフトがあるって訳でもないんだよね。

 やっぱMacOS上でWindows使う…って方が現実的っぽいな、おいらの場合。まぁまだそれは実現性無いが(^^;)費用的にも、用途的にも。

 なんかおいらもVirtual PCを使うメリットというか、なんかオトクがあるのかしらん?

2006/07/15

一番のスコール

 本当はなんとか自転車を駆って走りたい週末ではあったが、入校をとっとと済ませ、また締め切りの調整などもあるから、さくさくポプルスに行こうと。幸いにも前日…というか、ほぼ当日に締め切りの原稿もアップしたし(ちょっとチェック不足のような気もするのだが)。

 …でまぁ、そういう話をポプルスでしていたところ、急に外の様子がおかしくなってきた。段々暗くなっていく。

 ポプルスは福生と立川に事務所があったので、近い方の立川に行ったんだけれど、福生から「こっちは今“嵐”だ」という連絡が入ったのが聞こえた。

 …嵐って。確かに立川に来る途中、北西の方向が明らかに暗く、デカい雨雲がいるなぁ…、それが寄ってきているんだというのはわかっていたけれど、「嵐」とまで表現するのもどうなんだろうか…と。

 ただ、打ち合わせ等も終わり、さぁ帰ろう…としたところでいよいよ雨が降ってきた…ので、雨宿りにちと軒下(ではないけれど(^^;))を借りることにした。

 実際、すぐに雨がざーざー降ってきたのだが…様子がおかしい。風が吹き荒れ、雷は鳴り、雨は横殴りにすごい量。

 それはまるで…嵐のように…(^^;)。

 いやスゴかった。目の前の交差点以外が見えなくなるような雨量もそうなんだけれど、ひっきりなしに鳴りまくる雷とかも。だってほぼ5秒おきに鳴るってどーゆーことよ。光る・鳴るのローテーションがここまで短いのもあまり体験はなく、あまりの激しさに瞬停どころか実際に停電も。停電自体は1~2分で復旧するんだけれど、それも何度もあって…。覚えている限りは3回。もう1~2回あったような気も。

 沖縄で結構慣れてそうなおいらだけれど、今回ばかりはちとびびった。あそこまで短いスパンの雷は本当に経験無いなぁ…。

 まぁ幸いにも、30分から40分くらいで止んだみたいで、そこらへんは普通のスコールっぽく済んだのでいいんだけれど、帰ろうと駅に向かったら、電車が止まってるんだもんなぁ。中央線も、南武線も。両方止まってたらこちらはどうしようもないなぁ…。

 そんなわけで、現在近くのスタバ(っぽいところ)でテキスト打ち中。X41T持っていって良かった(ポプルスの雨宿り中では原稿を描いていた(^^;))。電車が復旧するまではちとゆっくりしてよう。

 …それにしても、青梅方面には代わりに…ってわけでもないが、Nebulaさん達が自転車で走りに行っているはずなのだが…大丈夫だろうか?(^^;)

神業が見られる場所

 今でこそ駅すぱあとや乗換案内という電車のルート検索が手軽になっているけれど、ちょっと前までは路線検討となると路線図とにらめっこしなければならなかったし、時刻表を眺めながらうんうんとうならなければならなかった。

 苦痛この上ないことなのだが、どーもこれを至上の喜びとする人もいるらしく、なにより、そういう人達と必ずしもカブらないが、おそろしく検索性の高い人たちもいる。

 時刻表をぱらぱらとめくって出発、到着の経路を時刻付きでぱぱっと導き出してしまい、ついでにちょちょいと交通費も出してしまう。そんな人、いるよねぇ。

 なんかそろばんの暗算みたく、じつはたいがいの計算(?)を頭の中でしていて、ゆびでそれを確認するよろしく、時刻表めくっているだけなんじゃないの?…という気すらしてくる。

 そこまでの神業っぽい人は身近にはいなかったが、かならずいたのがみどりの窓口だ。どこそこからそこここに行きたいんですけれど、どーやって…?とか聞くと、どこからか時刻表を取り出して、すかすかっと経路を導き出すんだよなぁ、あの人たち。まぁ本職だから…と言われればそれまでなのかもしれないが、本職だってそこまで身につくものか?

 ただ、そういう人たちに会える場が、徐々に少なくなってきているらしい。

JR東、みどりの窓口を次々廃止 後釜の券売機に苦情も

 まぁ、そのままなくなる…ってことでもないようだが。主観的に見ると影響ない範囲だし(^^;)ぉぃ。

 しかし客観的には不便を強いられそうな人もいるようなのね。「使いにくいときには駅員を呼んでくれ」というのもごもっともなのだが、一手間増えるのもなんだかなぁ…(^^;)窓口でも呼ぶこともあるけどさ。

 ま、最近はあまり利用してない私が言うのもなんだけれど。あまり新しい旅先、開拓してないな、そういえば…。新幹線乗るのに何の券が必要なのかわからない人間なので、窓口は結構必要なのだが…。

 しかしKaeruくんか…。ネーミングになんのひねりもないなぁ…(^^;)「買える」ってことでそ?。

2006/07/14

肝心なこと

 …あ、原稿にかまけていてすっかり忘れていたが、サークルの売り子さんも探さないといけないんだった(^^;)。

 さすがに一人だと…会場前、直後くらいは問題ないが、12時近くなるとうずうずしはじめるだろうし、わし(^^;)。

 うーん、どうしようかな…。まぁでもやっぱり、原稿を最優先に考えなければ…。まずそれを終わらせてから考えよう。うん。んでもそうしている内に皆さんスケジュール押さえられたりして…(^^;)やばっ。あー、どうしやう…。


#…、そういえばコスプレ撮影とかもどうしよう…(^^;)。

 勿論好きで撮ってきているんだけれど、今後コスプレイラストとかにもあまり時間割けそうもないし(逃避で割きそうな気もするが(^^;))、ちょっとマンネリ化してきているのでやめてしまおうか…とも考えていたり。あるいは何か路線打破出来る新機軸な企画でも欲しいところ。

 …っていうか、R-D1で撮りたいが、あの会場はツラいわねぇ(^^;)。久々にLC1に登場願うか。

 いや、両方持って、R-D1でポートレートを多少頑張ってみるか。試行錯誤しつつ、平行してLC1とか…(^^;)仰々しいなぁ…。

 R-D1用の予備バッテリーと、大容量SDカードも欲しいな…。

コミケの告知

 …をしていなかったことを思い出したので、大元のページ
に告示画像を掲載。キャラ設定中に描いたものを寄せ集めたものなんだけれど(^^;)。

 リンク情報を確認すると、未だ「main.htm」から来ている人も多い。あのファイル、削除してしまってもいいような気もするが、まぁ放っておく。

 ただ、先のリンクから来られることをお勧めしますので。更新しているのはそちらだけですので(半年に1回の更新ですけれど(^^;)…っていうか、今回の更新でローカルのファイルがどこにあるかわからなくなり、小1時間探し回った…というのは内緒だ)。

自転車に思いが募る…

 わからない人にはわからないとは思うが、「原稿」に向かう姿勢というのは、ツラいものではあるが、やめるわけにもいかない…というか、やめたくはない。

 やめたくはないが…嫌(^^;)。

 自己表現に携わって他人との連携が必要になってくると(印刷やイベント出展等)、どうしても締め切りというのが出てきて、それに追われてしまう。そしてそれに向けて突っ走しらざるをえない。他を顧みず。

 そう、原稿描いていると、自転車に乗れなくなるのだ。さすがに走っている暇がない。思い返してみると、最後にまともに乗ったのは藤沢行った時だから…1ヶ月前かぁ…。ああ、ご無沙汰。

 で、ふとウェザーニュースとか見てみると、土曜くらいはなんとか持ちそう?降らなければ、ストレス発散代わりに1日くらい…って、その日はカラー原稿締め切り日やんかーっ!

 …でも1日くらい、延ばしてくれないかな?(^^;)実際、ちと間に合わなくなってきているし。でも丸1日かけるほどでもないので、近場で済ますかも(^^;)。

 うーん、岩鞍…いや、青梅付近で蕎麦か釜飯…かな?で、速攻で帰って原稿…っと。まぁ締め切りと天候と気分次第で…(^^;)それもどうよ…。

 本格的な週末走行などは、コミケ原稿が終わってからだな、きっと。うーん、早く終わらせなければ…。

 …終わるかなぁ?(^^;)

次期Officeの買い方

 考えてみればWordとかExcelとか、そう大した機能を使っているわけではない。それらソフトがなければ困るが、それが装備する高機能でなければならないというわけでもない。

 そうすると、一太郎とかOpenOfficeでも構わないわけ。

 ただ、やはり互換性の問題とか考えると、純正を確保しておきたいところでもある。最近は使っていないとはいえ、PDAとかデータの同期を考えると、Outlookだって必要だし。

 そんなわけで、次期MS Officeも気になるのだが、


■企業におけるデジタルワークスタイル環境の実現に向けて
「the 2007 Microsoft Office system」日本語版の製品ラインナップを発表


 …とある。個人的に必要としているのはWORD、EXCEL、Outlookが必要なわけで、そうするとMicrosoft Office Personal 2007となる。

 ただ、忘れてしまいそうになるが、タブレットPCユーザーとしては、Onenoteも欲しい。そうすると…うまいセットが無いので、全部込みのMicrosoft Office Ultimate 2007ってことになる。

 おいおい、そこまではいらねーし、大体幾らなんだよ?(^^;)。

 まぁ、Personal+Onenote個別アップグレード…ってことになるとは思うけれど。

 …いや、なんかわからんけれど、今度のOfficeは面白そうなので、ちょっと前向き(^^;)。まぁ、いつ出るかわからんけどさ。

頭の弱さとお好み焼き

 発掘あるある大辞典で脳の活性化のための脳トレーニングを挙げていた。DSとか使わずにセルフでできる簡単なやつ。

 例えば「右手親指と左手小指を立て、それを左右反対にするのを交互に繰り返す」とか、「右手は2拍子、左手は3拍子を刻む」とか、簡単なもの。

 ただ、やってみるとおそろしく出来なかったわし(^^;)。ともかくめっためた。番組でやっていた劇団ひとりや伊集院光よりもヒドい有様で、自ら愕然(--;)お二人とも自信を持ってくださいぉぃ。

 いやー、ポイントは別々のことを行う並行作業ということらしいが、いつも書いているとおり「きわめてシングルタスク」の私としては当然の結果だったかもしれないが、ここまで不器用とは思わなかった…。とほー。

 まぁやるだけでも脳のトレーニングになるらしいから、時間があればやってみようとは思うけれど、…なんか滅入るなぁ…(^^;)何を今更。


#テレビネタでもう一つ。「チューボーですよ」で「お好み焼き」がテーマの際、コーチとして東京駅すぐ近くのTOKIAの地下にある、なんとかというお好み焼き屋が紹介されていた。

 あそこは「インディアン」のすぐ近く…っつーか、はす向かいなのでよく知っているけれど、そういえばいっつも行列ができていたな。

 ああいうテレビを見ると食いに行きたくなるところだけれど、いつも長い行列を見ている身としては、行きたくないなぁ(^^;)そのうち食ってみたいとは思うが。

 …そういえば「店の人が焼いてくれるお好み焼き」…って、屋台以外で食ったこと無いような気も…。まぁ江戸もんじゃが該当しそうだけれど、極力もんじゃ食ってるもんな、あそこじゃ。

 うん、やっぱそのうち食いに行ってみよう。でも一人だと入りにくいなー(^^;)。

2006/07/10

いよいよココログも正念場か?…っつーか、最期?ぉぃ

 今の内にお知らせしておきましょう。

ココログメンテナンス実施について(7/11 14:00-7/13 14:00)

 いまもうココログはある意味、スゴいことになっているらしい。

 とりあえず知っている範囲では、

・深夜帯にメンテナンスページが激烈に重くなり、事実上ログオンできない
・他人の記事が掲載されることがある

 …といったところ。他にもあるらしいですが。

 私としては後者にはまだ巡り会ったことはないが、前者は確かにこないだ、どうしようもなかった。最近の更新は昼休みなどに行っているから実害無いのだが…。

 これが改善されるならありがたいところなのだが、@Niftyのメンテナンスはその後面倒なことになるからなぁ…。やっぱバックアップはしておかんといかんかも。

 データ欠損…ってことはまずないと思うが…。なにがあるかわからんからなぁ…、ここは(^^;)。

#メンテナンス前にも色々障害が出ているらしい。更新に苦労するんですけれど…。詳しくはこちらも参照してください。

 …というか、しばらく音沙汰無かったら、こちらこちらで状況をチェックしていただけると助かります。長引きそうだったら(長引かなくても更新不可能状態中は同様かも)左のBBSとかを使用する予定。

週末の出来事

 …つっても、別件を打ち合わせしつつ、夏コミの原稿を描いていましたが、なにか?(^^;)

 しかしまぁこういう時、「持ち出せるCG環境」というのはある意味便利っつーかなんつーか。カラー原稿も外で描けるんだからたいしたもんだ。


 で、そのカラー原稿をちまちまPhotoShopで色塗りしていますが、それも久しぶり。普段はPainterでやっているような塗りを何故かPhotoShopでやっています(時間短縮を図るため)。そしたら段々コツをつかめてきて、楽しんでやってますよ。疲労はそのままですが(^^;)…っていうか、根を詰める分、蓄積度はデカいような気が…。

 なんとなく目処が立ってきたような気がしますが、あくまでカラー原稿の話。本文原稿の目処はまだ霧の中…(^^;)とほほ…。

2006/07/07

進捗状況

06070701 やってはいるんですよね、ちまちまと。ただ、なかなか進まない…(^^;)。ちと疲れが溜まってきたかも。とほー。

 でも、描いていること自体は疲れても楽しいんですよね。これで締め切りさえなければ…(^^;)ぉぃ。なんでとっつき、早く描きはじめなかったのか…と(^^;)自分を責めるわし。

灼熱の沖縄

 こういう記事を発見。

那覇市で気温35度、7月としては過去最高

 実を言うとうちの親父は暑いの嫌い人間だ。

 そんなわけでこないだの沖縄行きは時期的に反対していたのだが、「沖縄の暑さはむしろ快適だし、東京の方が暑いよ」と説得して連れ出した次第。

 もっとも、梅雨のこの時期では順当に沖縄の方が暑く、かつ湿度も何故か高かったので、おいらも含めてかな~りやられてしまったが(^^;)。

 それでも33~34度くらいで落ち着き、沖縄の人数人と話もしたが、「34度より高くなること無いねぇ」と言っていた矢先にこれですよ。

 ひょっとしてうちの親父が周りを暑くしているのか?(^^;)いや、↑ん時はいなかったけれど

欲しい物リスト

 ちょっと今、結構金欠なので、物欲を封印するように努めている。

 ただ、それでも「あ、これはあると便利よね」と思うと、つい買ってしまいそうになるし、実際便利そうなのもあるので、とりあえずピックアップするだけはしておく。

 

コレガ、USB機器をネットワーク共有できるデバイスサーバー

スキャナもプリンタもまとめてLANで共有! エバーグリーン「DN-HPS302」

 一つのUSB機器を複数の機器でシェアするための機器で、スキャナとかプリンタとか使う際に便利そう。

 ただ、その両方の機器共、最近は滅多に使わないんだけれどね(^^;)。まぁだからこそ、いざという時に困らないように環境を整えておく必要があるかもしれないけれど。

 

グレタグマクベス「huey」
お小遣いで買えるカラーマネージメントツール

 考えてみればおいらがこの手の物を今まで持ってなかった…ってのも不思議なアイテム。まぁ、今までの物は高かったからなんだけれど、そもそもカラーマネージメントに関しては疎かったから…というか、気にしないようにしていた。

 草の根BBS時代からCGを描いている身としては、見る人の環境によってCRTの質もザラ…ってのは論議するまでもない話で、どう調整したところで結局こちらの意図する色で見てもらえることは滅多にない…と自覚し始めた頃から、「赤は赤、緑は緑、青は青」とわかって明暗が付けばカラーはそれでいいや。構図やコンセプトで魅せる絵にしないと…というスタンスに変えてしまったため。

 実際、今も厳密なカラー設定にはこだわってない。まぁさすがにRGBからCMYKに変換したときに変な色になってしまっては困る…くらいのチェックはするが。

 まぁでも今、安価に手軽に液晶上だけでもカラーマネージメントできるなら、やってしまいたいところ。


 とりあえず現時点では2個だけど、そのうち追加してみっか。

2006/07/06

デジカメプリントの仕方

 沖縄で、R-D1で撮った家族写真のプリントアウトはDPE屋に依頼。100枚以上もあるとさすがに自宅でプリント…というのは面倒。まぁ、1枚でも自宅でプリントアウト…ってのは滅多にしないが。

 最近は家電屋店頭にプリントアウトしてくれる機械もあるので、少ない枚数ならそちらでやるが、100枚といった量になれば、DPE屋に放り込んだ方がいい。

 調べてみると、フジカラー系ショップでフジカラープリントがそういうことをやってくれるらしい。

 無論、他にも同様のサービスもあるだろうが、今回DPOFで印刷指定したメモリカードを渡し、店頭で該当ファイルのみコピー。メディアはすぐに返却し、コピーしたファイルで作業…と、メディアを長時間預けなくていいのが面白い。

 まぁ旅行後なら別に預けてもいいのだが、旅行途中とかのプリントアウトだったら、こういう違いは気になるのではないかと。

 またプリント機も店頭に置ける小型のものではなく、どデカい機械なので、画質も期待できるのでは…ということもあった。


 ちなみに、こちらにも書いてある通り、色補正…というか、明るさ調整もできる…というのも狙い。100枚もチェックできますかっつーの。

 さらに、なにぶんにも中央重点測光のみの露光なもんで、被写体アンダーというのもザラ(^^;)ぉぃ。そこらへんをカバーしてもらう…というのはこの枚数ではかなり楽。

 まぁだったら、RAWで補正しやすいデータ量…というか、色(明暗)深度を確保しろよ…って話もあるが、そもそもRAWが読み込める対応フォーマットなのかは不明。ネットで調べる限り、そのあたりの情報を得られなかった。

 ただ、同様のサービスでデータの送信、注文をインターネットで行えるネットプリントではJPEG以外不可っぽいので、JPEGのみで撮ったのは正解かもしれない。

 …となると、「RAW撮影もしたいぞー!」…という時は、R-D1s相当機能の「RAW+JPEG同時記録」機能を使わざるをえないだろう…。まぁいいけど。


 仕上がりを見てみると、印画紙プリントということもあって、画質・質感はなかなか。おいらの見た目だとLサイズプリントでも、もう少し高画素でないと髪の毛とかの細かい描写が自然ではないなぁ…と思うんだけれど(R-D1って600万画素だっけ?)、素人目にはほぼ問題ないでしょう。

 階調も結構綺麗に出て、いい感じ。プリントアウトっぽい「縞」っぽい雰囲気もまったく無いしね。当たり前だけど(^^;)。

 明るさ補正も、人物がアンダーだったところを明るくしても、周りがあまり破綻しなかったりするのでいいね。

 ただ、それも程度問題で、無理やり引き上げるとノイズが出てきてしまうのがツラいところ。ここらへんがフィルムとの差か。いや、フィルムでも無理やりそうすれば同じくノイジーになるとは思うのだが、他の部分の階調表現にあっという間に限界がくるような感じではあるので、色深度の差はしっかりあるな…と。

 また、水族館みたいに明暗の差が極端な場合(水槽が明るく、その周りが暗い)、暗部の引き起こしにかかると水槽の階調がつぶれてしまい、妙なことになってしまう。

 水槽(の中の魚)のみ撮った写真でも、コントラストが妙なことになってしまうものが多々あった。

 水槽があるシーンに限っては、補正無し…と指定すれば良かったと後悔中。まぁこれもフィルムに劣る階調の無さのなせる技か…。RAWで撮っておけば良かったのかな?しかしそこまでサービス良くしてくれるかな?

 まぁでも総じて手軽…ってことを考えれば、欠点はあっても便利ってことには違いないので、これからも利用しようと思ったらするかも。


 時間があれば、データをバックアップした後、SDメモリカード内で自分で補正しておいた方が良さそうだけれど。

2006/07/05

こちらもそろそろ替え時か?

 携帯電話を替えようかな…という話を書いたことがあるが、PHSもそうしようかな…と思い始めている。

 データ通信用にCFカード型PHSを持っているが、最近とんと使っていない。「ネット25」なので「せっかく契約している“使い放題”がもったいない…」ということはとんと無いが、まったく使ってないのはやはりもったいない。月額基本料払っているのに。

 使わないシーンが無いわけでもない。ノートPCで使うべき所だと思うのだが、家での作業が増えているので、外で使うシーンが少なくなっているだけだ。

 ノートPCを持ち歩き、それで通信を行う必要性がまったく無くなったわけではない。ただ、その頻度は今のところ少ない。


 また、そもそも携帯端末、つまりPCを使わずにインターネットに接続する…という必要性はあるにはある。例えば路線検索。最近は携帯だけで行えるのだが、これが今のところうまく出来ない。使い慣れてないのと、これといったパケット割引を契約していないので、利用料金の面で躊躇してしまう。

 これもすんなり利用したいということもある。

 そんなわけで色々考えてみると、個人的にはWX310Kあたりが最適かなぁ…という気がしている。W-SIMでないのがもったいない気がするが、Bluetooth内蔵でPCとの連携が出来れば便利だと思うわけだ。

 …ただ、通信だけBluetoothが使えて、同期とかはUSBケーブルでないと…とかあるのかな?それは面倒だなぁ。

 W-ZERO3がBluetooth内蔵してくれれば…と思うこともあったが、そちらでも同様だったらヤダなぁ…。

 
 

 …とかいう、なんだかうやむやした記事を書いたまま放っておいたのだが、気がつけばWS007SHが発表になった。

 もともと、W-ZERO3は大きい、もう少し小さければ…と思っていたところなので、意外と願ったりかなったり。

 無線LANが無いけれども、あまり多用するとも思えないので、それはそれでいいかなぁ…とも思ったり。

 で、キーボード内蔵とくれば、結構難なく携帯メールとか打ち返せそうだし、面白そう。

 とはいえ、相変わらずBluetoothが内蔵されていないのがツラいなぁ…。一応アダプタで対応できるということだけど、USBでしょ?一体型…ってわけにもいかないと思うし、面倒そう。ケーブル接続とあまり変わらない気も…。

 まぁ、代わりにクレードルが出るらしいので、ちょっと考えるところか…。

 個人的には欠点と思えるところもあるんだけれど、それ以上に魅力もあるので、いよいよ機種変更を考えるところではある。ただ、開発中オプションを見極めたいところもあるし、実際触らないと体感もわからないし(小さい画面のタップが使いやすいんだかどーなんだか)、初期ロットは外すつもりだけれども。

 …、予約してないと入手しにくそうだけれど…(^^;)。

沖縄でR-D1

 今回の沖縄の旅には、R-D1を持ち込んでみた。以前にも沖縄に持ち込んだコトはあったんだけれど、その時は慣れなかったからねぇ。今回は慣れたところ…だろうか?

 レンズはウルトラスーパーワイドへリアー12mmF5.6、アベノン28mmF3.5、ジュピター12 35mmF2.8、ノクトン・クラッシック40mmF1.4、エルマー90mmF4を携帯。ただ、実際に使ったのは12mm、28mm、40mmくらい。ちらっと90mmも使ったけれど、有効ではなかった(?)ねぇ…。

 やはり誰かに同行してそちらのスナップを撮影…となれば、広角寄りになるものね。せっかくの90mmが活躍し損ねたのはちと残念。

 35mmを使わなかったのはほとんど40mmでカバーできたり、直射日光が強くて逆光などに弱いジュピター12には荷が重いと思ったから。

06070501 ただ、沖縄の緑は、ジュピターの方が映えた気もするな…。金城町石畳付近や夕方の公設市場とかは、そちらで撮っておけばよかったと後悔中。一人旅だと、そちらが主体になりそうな気も…。


06070502 主体になったのはノクトン・クラッシック40mmF1.4。これは普段から使い慣れているし、開放側での被写界深度の表現とか楽しみたかったから…ってのもあるし、暗いシーンでも撮れるのがいい。実際使いやすかった。

06070503 ただ、途中からアベノン28mmF3.5主体になった。当たり前だけれど、画角のおさまりがいいから(^^;)。そう、主賓を撮るための撮影なんだし、沖縄の直射日光下くらいは絞ってパンフォーカスでしょう。

 しかし、口径が小さいからか、若干周辺光量落ちも見られたり。もっとも、それも味っぽく感じられるので、これはこれで。アベノンは何故かあまり使い込んでいなかったけれど、もっと使い倒してもいいような気がする。やれよ>をれ(^^;)。

 ただ、開放側でもう少しボケて欲しいなぁ…。


06070504 ちなみに撮影データはすべてJPEG。あまりRAW現像を念頭に置いていない…というか、主賓がプリントアウト希望なので、そこらの写真屋のプリント機が対応しているか心配だったので、無難にJPEGで…と。

 それにできるだけ失敗を抑えることを考えれば、数撮ってカバーしないと(^^;)。…となると、メモリカードに潤沢に入る方式の方が…。

 ただ、WBはオート…と、ここらへんは素人っぽいわし(^^;)。あとから調整しにくいんだから、そこらへんはうまくしろよ…という気も…(^^;)。

 

 また、有る意味バッテリーテストっぽくなったが、撮影データ確認もおりまぜて、200枚はまぁなんとか行くのではないかと。バッテリーが1/3ほどのところで一日終わっちゃったしなぁ。

 ただ、不安を押さえる意味で、予備バッテリーが欲しくなってきた。そう高いものでもないと思うのだが、どうだろう?

 

06070505 ちなみに、沖縄特有の強い日差しがファインダーに入ってくると、距離計の操作がわかりにくいシーンがあった。二重像がよくわからなくなったり…とか。

 そういうシーンでは撮影者もサングラスをしないといけないかも。NDフィルタなファインダー用アダプタとかもあるんだっけ?

 まぁサングラスで解決しそうな気もするが、おいらのそれはなんとかというコーティングがしてあって、それでEVFとか覗くと変な縞模様が出てきてしまい、余計にわからなくなってくる。

 R-D1はEVFではないのだが、LC-1のそれでサングラスでファインダーを覗かないという癖がついてしまったのでややこしい。そのうちどーにかしないと…。

 

06070506 撮影中、うかつにも左手に持っていた線香が写り混んでしまった例があった。2枚だけだけど。

 ファインダーでは何ともなかったのでそのままシャッター押したわけで、レンジファインダーにありがちの失敗なんだけれど…、この俺がそんなケアレス…(^^;)ぉぃ。ちょっとショックです。とほー。

 

 ところで、必然的に自然光撮影ばかりになるので、場合によっては顔に影が落ちることもある。

 ナチュラル派(?)のおいらとしては、むしろ「その時はそういう光源、照明だった」というのがわかって、そういうのは気にしないタイプなんだけれど、記念と思っている人はやはりそうもいかないかも。

 そう考えると、R-D1といえどストロボが必要なのかもな…と。それで被写体の影をカバーするっつーかなんつーか。

 デュフューザー…だっけ?それを用いれば、そう強い灯りにも、影にもならんと思うし。

 ただそうすっとアクセサリーシューがなぁ…。外付けファインダーが使えなくなる。

 しかし、ストロボ使うのは人物相手の近接撮影だから、28~50mmのいずれかぐらいには違いないので、問題にはならないか。

 R-D1にはシンクロ接点があるので、一応ストロボも使えることになる…が、どういうのがいいのかねぇ?

 フラッシュといえばこういう記事が最近あった。


富士フイルム FinePix F30【第5回】
iフラッシュの仕上がりに驚いた


 これはコンパクトカメラの「いい機能」の例だけれど、調光をうまくすればこういうのも撮れるようになるのかねぇ。

 ノンストロボ派だけれど、こういうのにも手を出し始めようかなぁ…(^^;)。しかしRF機に適したそういう機材ってあんのか?

2006/07/04

信じられないものを目撃!

 そうそう、思い出したが沖縄旅行中の話なのだが、レンタカーで本部付近を流していたとき、ふと信号待ちをしていると、野良犬がてくてく車の前を横切った。

 青信号を渡ってきたわけだが、その後、交差点脇でうろうろし始めた。なんだろう?…と思っていたのだが、こちらの信号が青になったので、走り始めよう…と思ったら、そのイヌも同じ方向に走り始めた。


 おいおい、あのイヌ、信号を守っているぞ!


 実際は飼い犬なのか、本当に野良犬なのかは不明だが、なにぶんにも野良猫、野良犬が多い土地柄…でありつつ車社会という環境において、「自然淘汰」が非常に厳しい(ある時期になると、それこそ道ばたは死屍累々…)となると、例え「野良」であっても、成犬ともなればそれくらいの知恵は…つくのかも。

 いや、本当だって(色々と)。

2006/07/03

タブレットPCで絵コンテを描く

 久しぶりにココログのメンテナンスページを見てみると、トラックバック数が若干上がっている。ここでは大抵スパムなのだが、チェックしてみると今回は違った。

 X41Tを新しく購入した人が、Flash8遅延問題の参照に使ってくれたらしい。

X41 tabletでFlashの動作が重くなる問題

 参考になったなら幸いです。

 …で、ふと気になって、他の記事も拝見すると、

タブレットPCのJournalを絵コンテ仕様に

 …とある。

 タブレットPCで絵コンテ…。実はおいらもOnenoteで似たようなことをやっている。

06070301 おいらの場合は罫線ではなく、背景画像を用いて、PhotoShopやIllustrator、なんならWordとかで作成した絵コンテのテンプレートをJPEGとかにしてまんま読み込ませている感じ。これならどんなイメージでも下に敷ける。

 これでは黒い罫線になっているけれど、それではなくカラーにした方が、その部分の手書き線が埋もれなくていいかもね。

06070302 Journalでも同様のことができるかな?…と思ったら、やはりひな型を設定するところで背景画像を設定できるので、ほぼ同様のことができるよう。

 1ページ目にタイトル領域が出てしまうので、これをどうするかで若干使い勝手が違うような気もするが。

06070303 まぁ、私はもうOnenoteで作り始めてもいるので、Journalではこれ以上はどうこうとはしないつもりだけれど、1ファイル内に複数ページを収納するような感覚になるJournalの方が、「コンテ」としてはしっくりくるような気もする(右画像は「2ページ目」ということで、右下にページ数が出ている。簡易ファイラーみたいな機能もあるので、右画像のように複数ファイルを管理することも出来る(同時に開くことは出来ない))。

 高機能だからOnenoteが便利…ってことはなさそう(Onenoteだと、1ページ=1ファイルで、タグで管理…という感覚なので、「次ページ」「前ページ」といった管理ができないっぽい(まだ操作を理解してないだけかも))。

 Onenoteが便利な部分もあるけれどね(どこが…とはすぐには答えられないけれど(^^;))。

 これも参考になるといいなぁ…。すでに解決していそうな気もするが…(^^;)、まぁ、他の人にも参考になれば…。


 こんな感じでぽつぽつとタブレットPCがクリエイティブ方面ででもユーザー数増やしていって、そちら方面の環境が充実しれくれてもうれしいなぁ…(^^;)。

進捗状況

 へとへとです。詳しくは後日日記に書きますけれど、へとへとなんです。

 まぁ、一番の懸案の本業の原稿は終わりました。まだリテークとか出てくるかもしれないけれど、もう勘弁してくれー。

 リテークが無いにしても、不規則活動(?)していたので、復帰に時間かかるかも。それでもなんとかちろちろと原稿描くけれどね。

 そんなわけで、日記もまだ散発になるかもしれないけれど、勘弁してね。…はぁ。

#本業の原稿はいろんな意味でかなり不満の残る出来になってしまったので、あまり触れずにいてほしい>関係者。

2006/07/02

空港への走り方

 ところで、羽田空港を利用したとき、ふとターミナル間に目をやると、自転車、それもママチャリを使っているのを見た。

 それがどうしたと言われるかもしれないが、空港職員が移動用に使用しているのならともかく、どうみても「近くの学生がぶらっと立ち寄った」風体…ってのはおかしくない?

 どこかから自転車で来る方法が?

 どうも羽田空港への交通手段というと、おいら自身はまだ見てないんだけれど、「どうでしょう」で昔、歩いて羽田から出る方法が無かった…という印象から、車、バス、電車以外の進入手段が無いのでは…と思っていたわけ。

 だからちと意外。

 まぁ、自転車は「車両」だから、車が通っていればどうにか…って方法があるのかもしれないが、…どうなんだろうねぇ。

 家から川崎までは自転車で行けるから、そのまま羽田空港まで…ってのはちと行ってみたい気はする。そしていつか、そのまま輪行で飛行機に…とか(^^;)ぉぃ。

たまにはこんな、親孝行

06070201

 この間の6月30日から、沖縄に行っていました。

 「またか」「忙しいはずじゃ?」…と思われるかもしれませんが、今回は普段と違う事情があります。

 親父がこの春、仕事から完全引退したので、食事などで慰労会とかしよう…という話があったのですが、4月からしばらく私が多忙でなかなかそういうことができませんで、だったら仕事が暇になる時期を見計らい、そういえばおいらが沖縄に住んでいたときに一度も来たこと無かったし、いっそ豪勢に沖縄旅行でもプレゼント、おいらも案内役で同行しようか…ということになったわけです。

 そんなわけで、主賓主体の旅なので、おいらの自由があまり無い旅です。そこらへんが違うのですな、普段と。大体、自転車持ち込んでないし(^^;)。

 また、そもそもこの時期、忙しくなるはずではなかったんですよ。で、予約しておいたら仕事の方がズレこんで、沖縄にまで仕事を持ち込むハメに…(言っておきますけれど、夏コミ原稿ではなく、本業の原稿の話ですよん?)。

 あまりにこの原稿がせわしなかったので、予定とか全然立ててませんでしたけれど(^^;)。まぁ、…行けばどーにかなるかな?…とは思っていたけれど。


 ともあれ、金曜に有休を取って羽田から昼に出立。夕方に沖縄着。早速ホテルに荷物を置いて、首里城からぶらぶらと国際通り、公設市場に流れるコースが1日目。

 幸いにも、羽田ではどんより雲の空で、沖縄に着いたら青く澄み切ったそら…と、非常に良い対比になっていたのがいつもながら印象的。

 ただ、いつにもまして湿度が高かった気がしたんですけれど、沖縄のこの時期、こんな湿度でしたっけ?うーん…。この高湿度には2日目まで悩まされたり。

 で、那覇空港から早速ホテルにタクシーで移動。ここで運ちゃんから色々情報を得て、翌日のコースを決定。うんうん、やはり現地の方の情報を貴重だわ。いくつか知らなかった情報が…。


06070202 首里城はひさしぶりに行ったけれど、世界遺産に登録されて、ちと様相が変わりましたな。土産物屋というか、物販関係ができるだけ土地の外に追い出されたというか…(^^;)。

06070203 また、金城町石畳もぶらぶら。あそこらへんは前からお気に入りの場所で、そういえば沖縄行くと必ずあそこを歩いているような気がする。自転車を持ち込んだときも(^^;)。

06070204 国際通りもぶらぶら歩いて、土産物を物色…つっても、親がだけれど。なんか土産物の傾向がおいらと親とだいぶ違うので、おいら自身の土産は買えなかった。

 7月という、考えてみればフルーツもなかなかいいのがあったりしたんだけれど、なぜかアクセサリーとかに走る親。うーん、いいのを物色できんかったわし…。残念。

06070205 ちなみに晩飯は公設市場2階。抑えどころとしては定番っぽいけれど、美味い店は美味いんだから仕方ない。実際美味かったし(^^;)。ちなみに2階は複数のお店が入居しているわけだけど、どーも混んでいる店をあえて選ぶのがコツらしい。

 ちなみに、「1階で食材を選んで、2階で調理」ということはしなかった。そこまでこだわる親でなし、かつ、先ほどの運ちゃんに「高いだけだし、メニュー豊富だから2階だけで十分」とアドバイス受けてたし(^^;)。

 そんなわけで1日目は終了。まぁおいらは原稿があったけれど(^^;)。

 

 2日目はレンタカーを手配して、ちょっと遠出。うかつなことに沖縄に来るまでにレンタカーを手配していなかったので、初日のホテルチェックイン時にフロントに手配をお願いしていた。なんか混んでいたとか言われて、手配に時間かかっていたけれど。

 どうもレンタカーは現地で手配した方が安くあがる印象があるんだけれど、シーズン中は事前に手配しておいた方が良いかもしれない。手配を頼んだレンタカー会社とレンタカーに貼られた社名が全然別だったし…(^^;)。

 まぁ、ホテルから手配したからか、配車がホテル前…ってのは楽だったけれど、予定時間より30分遅刻。なんか久米島でも似たようなことが…(^^;)。親も憤慨していたけれど、沖縄時間はそんなものなので、あまり気にしてもしかたないのに…とか思ったり。

 そんなわけで、予定がぎっちしの人は、配車ではなく、取りに行った方が確実かも。ただ、結局その移動時間や手間もかかるので、あまり変わらないと思うんだけれど…。

 で、届いた車は比較的新しいbB。あれはいいね。広いし運転しやすい。今のところ予定無いけれど、車買うなら、アレがいいなぁ…。

 ともあれ、レンタカーで最初に向かったのは…、昔住んでいたところ。…なんで?あと、前の職場。…別にいいんですけれど。

 ちなみに住んでいたところの近くに、かなーりたくさん、いろんな店が出来ていてびっくり。ああ、おいらがいた頃にこういう環境だったなら…、あまり変わらないな(^^;)ぉぃ。


06070206 で、戦跡巡りは3日目に譲るため、北部自然とか満喫してもらうために、まず万座毛とか行ったり。そして海洋博公園。

06070207 ちなみに途中でブラジル食堂にも寄ったり。…そういえば、初めて入ったな。どんぶりに大と小があったけれど、大は…でけぇなぁ(^^;)多い。普通の人は小で十分かも。夕食まで腹一杯だったよ(^^;)別にいいけれど。美味かったし。


06070208 で、本部を横断しつつ、海洋博記念公園に。当然美ら海水族館が目当てなんだけれど、以前にも寄ったふるさと郷土村の方に立ち寄って、のんびり過ごすのがささやかな私のお楽しみ。前回は向こうの方にエイサーのようなものを習ったけれど、今回は三線を習ったり。結構面白い(^^;)。

 しかしはやく水族館に行きたい親がじれ始めたので、ここは残念ながら、早々に退散。とほほ。また来なくては…(^^;)。

06070209 水族館はいつも通りにお楽しみ。やはり何度来ても面白い。今回はジンベイザメの餌付けもタイミング良く見られたりして、更に面白かった。


06070210 他には今帰仁城跡にも行ったり。ここはほとんど石垣跡しか残らないものの、なんか雰囲気があって、かつ眺めが最高なのでご招待。

 ただ、事前にスコールが降り、ちと雲が残ってしまった関係上、あまり眺めが良くなかったのは残念。うーん。


 そして個人的には本日のメインイベント。古宇利島に向かうことに。

 知っている人は知っている離島。基本的には船でしか行けないらしく、実際私もその手前の屋我地島までしか行ったこと無い。

 屋我地島は奥部島(あそこは無人島かい?お墓は山ほどあったが…)を通じて橋がかかっていたんだけれど、その先は…ってことだったんだけれど、最近ここが古宇利大橋という橋で結ばれたらしい。

 これこそ1日目にタクシーの運ちゃんに教えてもらった情報なのだが、どーも1km近く長さがあるらしい。おお!なんかどっかの海中道路とか、来留間大橋(だっけ?)みたいだな!…と思って行ってみたわけ。

06070211 実際、その光景はびっくり。ろくに写真撮ってないけれど、かなりの景観。

06070212 まぁ個人的には宮古島の方が上だと思うが(^^;)、海中道路よりも「橋」って感じがあるので、これはこれで迫力。なかなか楽しい。ああいう風景を見られると、心が洗われるね。

 実はここまで結構長距離車を運転したから、結構へろへろ。でもこの光景でかなりリフレッシュしてみたり。うんうん。


06070213 ちなみに、途中にある「屋我地ビーチ」でかなり特異な光景を見たのだが…。これは一体…。立ち寄ってみたかったが入場料取られるみたいだったので、ヤメた。沖縄の海岸にはプライベートビーチというのは存在せず、基本的に誰でも立ち入れるハズなのだが、そういう交渉するのも面倒だったので、「外」から写真を撮っただけ。このときは古宇利大橋で頭がいっぱいだったし(^^;)。

 まぁでも機会があれば、泳ぎに行ってみたいものだ。


 で、もう日もだいぶ傾いたので、あとはUターンして帰宅。途中高速道路を使ったとはいえ、1日中1人で運転しまくったので、この日もベッドに直行。少しは原稿やったけれど…進まねぇ…(^^;)。

 

 3日目は昼に早々に飛行機…の予定なんだけれど、なんにも無し…というのもなんなので、レンタカーを借りたままだし、何部の戦跡巡り。…といっても、平和記念公園とひめゆりの塔くらいしか時間的に廻れなかったけれど。

06070214 しかしまぁ、親父くらいの年代になると戦争とか沖縄戦に関してはおいらには計り知れない思いもあるようで、献花などおごそかな旅にもなったり。

 意外に充実した戦跡巡りになったようだが、平和記念公園の資料館が閉まったままなのは朝早かったからだろうか…。あそこの沖縄戦の展開を示した展示物は秀逸なので見てもらいたかったが…残念。ひめゆりの塔のそれは開館していたので、そちらで感慨を深めていただきましたが。

06070215 あとは喜屋武岬でシメ。現地の人に「ふつーの観光客は滅多に来ない」と言われたんですけれど、大概ここに来ている私は何?(^^;)

 で、帰宅。東京はぐずついていました(^^;)。

 

 今回は7月の初旬と、結構いい時期で天候にも恵まれ(若干スコールに見舞われましたが)、招待旅としてはいい気候でした。ただ、1~2日目はかなり多湿でツラかったですけれど(^^;)梅雨明けって、こんなんだっけ?。

 まぁ、概ねいい沖縄の印象を持ってもらったようで良かったかな。おかげで「また連れていけ」と言われてますけれど(^^;)。

 ただ、帰ってくるとムーさん(飼い猫)がかなりへそを曲げていたので、当面無理かと思いますが(^^;)。

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »