2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

関連リンク

 


検索


  • Google


    WWW を検索
    とめどなく雑記 を検索

写真ピックアップ2012/04-05

  • 夜の桜
    2009年初頭までは定期的に写真を掲載していたのですが、その後サボってしまいました。写真自体は折を見て撮影していたので、現在からお気に入りなどをピックアップして掲載していきます。ファイル名は特に撮影時期ではありませんので念のため。

2009年1・2・3月撮影分

  • L1000050
    2009年になっても相変わらずぶらぶら撮った写真に終始すると思いますが、ご勘弁のほどを(^^;)。

2008年10・11・12月撮影分

  • 皆が見ないコミケの顔・その5
    D-LUX4も加わっての、バラエティに富んだ写真アルバムに…なるはず?ただ、MPはフィルムなので、掲載する予定はありません。

2008年7・8・9月撮影分

  • 祭り
    一番忙しい四半期につき、写真は少なめになるかと思います。とはいえ、新レンズを使ったりして多少浮かれてはいるかな?(^^;)

2008年4・5・6月撮影分

  • 単線のある風景
    4、5、6月分です。特に説明も無いのですが…(^^;)。まぁのんびりスナップをアップしていく…予定かと。

2008年1・2・3月撮影分

  • 円覚寺・その4
    相変わらずぶらぶら撮っています。面倒なんで、これからは3か月分、まとめようかな。

2007年10・11・12月撮影分

  • 来年に向かって歩く
    相変わらずぶらぶら撮ったものです。あまりにもとりとめなく撮ったので、3ヶ月分まとめさせていただきます(^^;)。

2007年9月撮影分

  • 機上から見る雲
    9月撮影分です。主に久米島旅行で撮った写真になっています。

2007年4・5・6・7・8月撮影分

  • 夏の海
    相変わらずぶらぶら撮った写真です。ちなみにコミケの写真は入っていません。

2007年1・2・3月撮影分

  • 桜の風景・その11
    まだまだのんびり写真です(^^;)。なんか、撮っているのも楽しいですが、現像も楽しいですね。

2006年12月撮影分

  • 築地の町並み
    相変わらずR-D1メインでぶらぶら撮影したものを掲載していきます。紅葉も都心の方まで降りてきていますので、当初はそれを中心に…といったところになるかな?

2006年11月撮影分

  • P1020232
    距離計の狂いから一時期修理に出していたR-D1が帰ってきたので、ちらほらと撮影したものをアップします。
    でもなーんかぎこちないというか…写真に対する自分なりの立脚点がしっかりしてないというか…(^^;)。
    個人的にはしっかり楽しんでいるのでいいとは思うんですけれどね(^^;)。

2006年9月 石垣島周辺旅行

  • 車に積まれたエンジン
    9月下旬に石垣島及び周辺離島を旅してきたときの写真です。
    カメラはR-D1を修理に出していたので、LC1とF10です。Exifん時に機種が書いてないのはLC1と見てください(RAWを現像・エディットして保存すると、さすがにExifデータが残らないみたい)。明るいときにはLC1にはND8のフィルターを装着しています。

2006年6月撮影分

  • 富士山を臨む
    6月撮影分です。ちょこまかと撮っているのをあげていきます。
    色々なレンズも出てきますが、だいたい使うレンズが決まりつつあるような…。

2006年5月撮影分

  • 深川の風景
     ちょっと細かな撮影が入り組んでいる月なので、まとめてのアルバムにします。
     まず最初はくらやみ祭り。のんびり行ったせいか、人垣を越えられず、てんで山車とかの写真はありませんので、期待しないように(^^;)。
     次に有楽町あたりをぶらぶら歩きながら撮った写真、お台場や川越などと、色々取り混ぜてあります。

2006年4月 浅草・皇居前広場・銀座等

  • 紅い店先
    まだR-D1に慣れていないので、運動がてら、色々テスト撮影。その途上、Jupiter-12 35mmF2.8やアベノン28mmF3.5を買ってしまったり(^^;)。その他にはスナップショットスコパー25mmF4とカラーヘリアー75mmF2.5で撮影。

2006年4月 沖縄旅行

  • 赤壁
    買いたてのR-D1を片手に沖縄をうろついた時の写真です。 レンズは基本的にフォクトレンダーのUltron35mmF1.7。広角に写っているのはUltraWide-Hrliar12mmF5.6。飛行機の撮影など、一部望遠はNokton50mmF1.5。

2006年4月 三浦半島一周

  • トンネル入口
     三浦半島一周の旅ですが、お伴にR-D1も持っていきました。  この手の負担の大きい旅ではF10といった軽いデジカメの方が適しているんですが、買ったばかりだし(^^;)、カメラとして楽しむならこちらの方がいいですしねぇ…。  そんなわけでウェストポーチで出動です。カメラ用ポーチというのがあるんですな。一眼レフも入るタイプなので、スリムなR-D1だとレンズを数個入れてもまだ余裕があったりします。  ただ、便利ではあるんですが、ちょっとデカいんですよね。カメラが入る以上、仕方ないのですが。今回はまだ涼しかったから良いですが、今後は考えないといけないかもしれません。ムレるかも。  …で、レンズはウルトラワイド・ヘリアー12mmF5.6、Jupiter-12(35mm)といったところ。実はアベノン28mmも持っていましたが、今回は使いませんでした。 ※工事現場の写真、その3とその4が入れ替わっちゃってますが、そこらへんはうまく数字順に読んでください(^^;)。

« 音楽の聴き方 | トップページ | 自転車の不安と希望 »

2006/06/03

高麗に走る

06060301

 以前より、2ヶ月ほど飯能・岩鞍ラインに出向いていない…ということを書いていた。土曜になると雨が降り、土曜でないとこのラインはあまり意味をなさないので、なかなかそちらに出向けない。しかしそうするとなおさら、あちらで手に入る食べ物の味が恋しくなってくるわけだ。

 そんなわけで、珍しく雨の予報が入っていなかった今日にこそ、飯能・岩鞍ラインに行くことに!

 …が!週間天気予報でこそ「雨の予報が入っていなかった」のだが、前日になって「予報が悪くなりました」と、雨の予報が!なんでやねん!

 時々あるんだ、毎週末に呪われたかのように、定期的に雨が降る土曜…って。去年の10月がそうだった。よく覚えている。若干11月にかかる形で、毎週末雨が降って、かなり悶々とさせられた覚えがある。

 またその悪夢が…と思いきや、降っても霧雨程度…ということなので、決行を決意。まぁここのところ、土曜降っても日曜は回復…ってこともあったので、走行だけは欠かしていなかったけれど(悪夢の10月は日曜も降っていた)。

 ただ、夜に用事があったため、スケジュールを申し訳ないけれど、他の面子に前倒しでの実行をお願いした次第。すみません。

 で、9時半に河辺駅集合とあいなった。…実は、多摩川からのアクセスと、「麦」へのアクセスを考えると小作駅が都合が良く、自分としてもそちら集合にしたかったのだが、地図を見たとき勘違いした…という経緯があったのは秘密だ(^^;)。

 まぁでも結果的に「たまご倶楽部」に近い集合場所だったから、いっかー!早く行けるし。まぁ、早く着きすぎて開店準備中の乱入になってしまったのはご迷惑だったかもしれないが(^^;)。

 また、新しく「フレッシュどら焼き」というのも別の店で開拓。Nebulaさんはなんとかチーズ入りといったのを購入し、また私はいちご入りといったものを購入。後で食べてみたが、これがかなり美味い。

 中身も美味いが、Nebulaさんが力説する「皮の美味さ」もその通りで、「フレッシュ」と名付けられたのがよくわかる。

 またぞろ、買い出しツーリングの定番コースに組み込もうかな…という気もしていたり(^^;)たまご倶楽部寄るついでに行けるしな…。

06060302 そんな寄り道しながら「麦」に行ったため、当然のごとく当初のタイムスケジュールより遅れる遅れる(^^;)。ただ、「麦」に着くと、レーズンパンの焼き上がるちょい前…という、逆にタイミングいい頃合いだったため、ちと待たせてもらいながら、のんびりと休憩。バザーの品とかもちろっと物色。なんか美味しそうなジャムがあるんですけどー。

 ま、焼き上がり立てのパンもいただいたりして、「麦」気分を満喫。R-D1も自慢できたし(^^;)ぉぃ、満足満足。

06060303 続いては赤沢スイーツに向かうことに。ここで「本来は麦に寄った後、飯能に直行してうどんを食う」予定だったYoshiえさんをご馳走作戦でまるめこみ、山王峠に引きずり込むことに成功(^^;)謎。初の登頂に成功す。すばらしい!もう「サイクリストの血を吸う山王峠」とは呼ばせない!(^^;)意味不明

06060304 赤沢スイーツではいつも通り、物色合戦。夏の新作も美味そうなのそろいですばらしいでごわす。買うだけ買って、まだ食べていませんが(^^;)後でゆっくり…。

 そして次は「古久や」に。以前、空いているはずの土曜に行ったはずが、しかし祝日でもあったために休業日で入れずじまいだった店にリベンジと相成った。

 どうも人気店らしく、店前に行列が出来ていたが、数人程度で、すぐに空きそうな雰囲気だったため、ちょっと待機。ちなみにその行列の中にはロードのサイクリストさんもいらして、ちっちゃいタイヤのこちらの一団が、都内から自走してきた…と話すと、若干あきれ気味…(^^;)。やっぱそーかー…。

 …でもそんなツーリングばかりしているおいらが、26インチタイヤとかのロードに乗り換えたら、どうなるんだろう?…という気がちょっとしている最近。

 「自転車生活」で10万程度のモデルの特集が組まれていたりして、ちょっと気になっています。後に「南米の銀狼」の称されることとなる、Nashさんの南米号の走りっぷりにも魅せられているので、ちょっとこの夏、もう一台加わっちゃったりして…(^^;)どこ置くんだ?。

 ともあれ、間もなく古久やに入店出来、Nebulaさんお勧めの「暖かい肉汁うどん」を注文してみる。「冷たい肉汁うどん」は麺が冷えてて、汁はあったか…と、後で汁がぬるくなるだけ…っつー話なので、あまり望ましくないそうです。

06060305 ほどなくやってきたそれですが、食ってみると…美味い!美味すぎる!肉汁うどんは数回、いくつか食ったことあるけれど、これは絶品です!細めの柔らかい麺が蕎麦感覚に近い食感だから…ということでもないんですけれど、でもそれで食べやすくなっていますし、なにより肉汁のしみた付け汁の美味いこと!勘ですが、出汁だか隠し味に椎茸のそれが強く足されていると思うんですけれど、どうでしょう?

 ともかくも、普通盛りを頼んでしまいましたが、大盛りにしておけばよかったなぁ…と後悔してしまいました。

 また、天ぷらも頼みたかったところですが、時間が遅かったこともあり(それでも2時前後だったような…)、品切れ状態。今度はもっと早く来なければ…。

 …そう、午後3時には閉まってしまう人気店のようなので、来ようとされている方はくれぐれもお気を付けて。

 ちなみに「古久や」はこのへんです。確か日曜・祝日お休みですので、ご注意のほどを>社長(謎)。

 ともあれ、満足ながら「また来よう」と心に誓う私でした。

 また、高麗にも走り、ちと「ムササビ亭」というカレー屋を偵察。その近くの豆腐屋で湯葉も買ったり。湯葉は試食で食ったものの、わさび醤油で食う代物らしく、しかし某氏におみやげで進呈してしまったので、わさび醤油味がわからず、また買い出しに行こうと、これまた誓約(^^;)。

 …なんかどんどん、買い出しリストが増えていくような…。

 とうとう高麗まで範疇が広がってしまい、手に負えなくなっていくかも…。うひー。一辺図説というか、地図とリストを作らないとダメねー。

06060306 ま、そんな一日でした。ちょっと濃密すぎて、夜の用事にその脚(自転車)で駆けつけたのはどーかと思いますが、まぁ…いいか(^^;)ぉぃ。

 ちなみに総走行距離は確認してないのですが、高麗のあたりで60km超えていたので、80~90km程度…かな?

 ツーリングからは夜の用事で途中離脱した形になっていますが、皆さん無事に帰られましたでしょうか?

« 音楽の聴き方 | トップページ | 自転車の不安と希望 »

コメント

ごめん、ツーリング行けず。
群馬の山奥で社会人っぽくゴルフしてた(^^;

拝御さん提供の焼きたて麦パン誘惑に負けて──なるほど、うまいっ!──結局、山王峠に挑戦する羽目になった(笑)Yoshiえ?!です。
レトロ風レンジファインダーカメラ(しかしてその実態は最新デジタル)や八戒もかくやと思うほどの美食(意味不明)へのこだわりは半端でないですね。おかげさまで楽しめました。
なお、帰りはわたしひとり輪行(^^;

お疲れ様でした。

あれから何故か狭山湖と多摩湖一周して帰りました(^^;
日曜日はひたすら寝てましたとさ・・・

本日は九州におりますので写真のアップはまた後日(^^)

皆さんお疲れ様!
朝っぱらからパンクしたりとどうなるか心配でしたが無事帰宅することができました。疲れたけどああいう旨いものがあると行かん訳には行きませんね。当日は飯食って風呂にも入らず即寝てしまいましたとさ。

みなさん、お疲れ様でした。ご無事でなにより。…GaoYanさんは大丈夫かな?(^^;)Nebulaさんところでもお見かけしないような…。

ROUさんも次回は是非ご参加を。…って、次は天然かき氷の藤沢とか考えて居るんですけれど、自走で…(^^;)保つ?。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27753/10400372

この記事へのトラックバック一覧です: 高麗に走る:

« 音楽の聴き方 | トップページ | 自転車の不安と希望 »