2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

関連リンク

 


検索


  • Google


    WWW を検索
    とめどなく雑記 を検索

写真ピックアップ2012/04-05

  • 夜の桜
    2009年初頭までは定期的に写真を掲載していたのですが、その後サボってしまいました。写真自体は折を見て撮影していたので、現在からお気に入りなどをピックアップして掲載していきます。ファイル名は特に撮影時期ではありませんので念のため。

2009年1・2・3月撮影分

  • L1000050
    2009年になっても相変わらずぶらぶら撮った写真に終始すると思いますが、ご勘弁のほどを(^^;)。

2008年10・11・12月撮影分

  • 皆が見ないコミケの顔・その5
    D-LUX4も加わっての、バラエティに富んだ写真アルバムに…なるはず?ただ、MPはフィルムなので、掲載する予定はありません。

2008年7・8・9月撮影分

  • 祭り
    一番忙しい四半期につき、写真は少なめになるかと思います。とはいえ、新レンズを使ったりして多少浮かれてはいるかな?(^^;)

2008年4・5・6月撮影分

  • 単線のある風景
    4、5、6月分です。特に説明も無いのですが…(^^;)。まぁのんびりスナップをアップしていく…予定かと。

2008年1・2・3月撮影分

  • 円覚寺・その4
    相変わらずぶらぶら撮っています。面倒なんで、これからは3か月分、まとめようかな。

2007年10・11・12月撮影分

  • 来年に向かって歩く
    相変わらずぶらぶら撮ったものです。あまりにもとりとめなく撮ったので、3ヶ月分まとめさせていただきます(^^;)。

2007年9月撮影分

  • 機上から見る雲
    9月撮影分です。主に久米島旅行で撮った写真になっています。

2007年4・5・6・7・8月撮影分

  • 夏の海
    相変わらずぶらぶら撮った写真です。ちなみにコミケの写真は入っていません。

2007年1・2・3月撮影分

  • 桜の風景・その11
    まだまだのんびり写真です(^^;)。なんか、撮っているのも楽しいですが、現像も楽しいですね。

2006年12月撮影分

  • 築地の町並み
    相変わらずR-D1メインでぶらぶら撮影したものを掲載していきます。紅葉も都心の方まで降りてきていますので、当初はそれを中心に…といったところになるかな?

2006年11月撮影分

  • P1020232
    距離計の狂いから一時期修理に出していたR-D1が帰ってきたので、ちらほらと撮影したものをアップします。
    でもなーんかぎこちないというか…写真に対する自分なりの立脚点がしっかりしてないというか…(^^;)。
    個人的にはしっかり楽しんでいるのでいいとは思うんですけれどね(^^;)。

2006年9月 石垣島周辺旅行

  • 車に積まれたエンジン
    9月下旬に石垣島及び周辺離島を旅してきたときの写真です。
    カメラはR-D1を修理に出していたので、LC1とF10です。Exifん時に機種が書いてないのはLC1と見てください(RAWを現像・エディットして保存すると、さすがにExifデータが残らないみたい)。明るいときにはLC1にはND8のフィルターを装着しています。

2006年6月撮影分

  • 富士山を臨む
    6月撮影分です。ちょこまかと撮っているのをあげていきます。
    色々なレンズも出てきますが、だいたい使うレンズが決まりつつあるような…。

2006年5月撮影分

  • 深川の風景
     ちょっと細かな撮影が入り組んでいる月なので、まとめてのアルバムにします。
     まず最初はくらやみ祭り。のんびり行ったせいか、人垣を越えられず、てんで山車とかの写真はありませんので、期待しないように(^^;)。
     次に有楽町あたりをぶらぶら歩きながら撮った写真、お台場や川越などと、色々取り混ぜてあります。

2006年4月 浅草・皇居前広場・銀座等

  • 紅い店先
    まだR-D1に慣れていないので、運動がてら、色々テスト撮影。その途上、Jupiter-12 35mmF2.8やアベノン28mmF3.5を買ってしまったり(^^;)。その他にはスナップショットスコパー25mmF4とカラーヘリアー75mmF2.5で撮影。

2006年4月 沖縄旅行

  • 赤壁
    買いたてのR-D1を片手に沖縄をうろついた時の写真です。 レンズは基本的にフォクトレンダーのUltron35mmF1.7。広角に写っているのはUltraWide-Hrliar12mmF5.6。飛行機の撮影など、一部望遠はNokton50mmF1.5。

2006年4月 三浦半島一周

  • トンネル入口
     三浦半島一周の旅ですが、お伴にR-D1も持っていきました。  この手の負担の大きい旅ではF10といった軽いデジカメの方が適しているんですが、買ったばかりだし(^^;)、カメラとして楽しむならこちらの方がいいですしねぇ…。  そんなわけでウェストポーチで出動です。カメラ用ポーチというのがあるんですな。一眼レフも入るタイプなので、スリムなR-D1だとレンズを数個入れてもまだ余裕があったりします。  ただ、便利ではあるんですが、ちょっとデカいんですよね。カメラが入る以上、仕方ないのですが。今回はまだ涼しかったから良いですが、今後は考えないといけないかもしれません。ムレるかも。  …で、レンズはウルトラワイド・ヘリアー12mmF5.6、Jupiter-12(35mm)といったところ。実はアベノン28mmも持っていましたが、今回は使いませんでした。 ※工事現場の写真、その3とその4が入れ替わっちゃってますが、そこらへんはうまく数字順に読んでください(^^;)。

« 進捗状況 | トップページ | カメラ小ネタ集 »

2006/06/14

時事ネタを二つほど…

 なんかひたすら趣味的なことしか書いていない…って、日記blogなんだからそれくらいいいじゃないか…と思ったりもするのだが、それだけ…ってのもさみしいので、少しは時事ネタを。

 とはいえ、サッカーとか興味ないから、ワールドカップとかのネタも書けないしなぁ…。

 ちなみに初戦大敗したのは、残念だけど、望みが出てきたかなぁ…という気がしている。なんか初戦が始まるまでは、妙に踏ん切り付かない、浮ついた感じがあった。一度痛い目にあっておかないといけない気がしていた。

 これはWBCで気がついた「一度どん底へ」論で、日本人は一度地べたにはいつくばってからが強い…という私独自の論法(^^;)。…だもんで、本戦前の調整試合では負けておくことをお勧めしていたのだが…(なんか世論的には非公式試合から勝ち続けないといけない雰囲気を醸し出していたが(サッカーに限らないことだけど)、本番に力残すためにもあまり根詰めない方がいいと思うのだが、ああいうのは。大体、敵に手の内見せてどうするの?)。

 まぁ負けるのは初戦でも構わない気もするが、これから立ち上がったとしても予選のシステム上、「間に合わない」ということになるとちょっとキツいかもね。ここがWBCと違うところかな。まぁあっちも本来は間に合ってなかったのだが…。

 …興味無いと言いながら、ばしばし書いている気がするが(^^;)でも中継見てなかったよ。ちなみに敗因は本当のところはようわからんが、翌日の報道ステーションの解説はド素人の私にも「ああ、そういうことなのか」と納得できるようなわかりやすさだったのは一応書いておこう。

 他の解説は全然わからん(^^;)。

 シンドラーのエレベータにはビビっている。同じく自転車をエレベータに乗せて運んでいる身としては、他人事とは思えない。

 ただ、自宅マンションのエレベータはもう数十年乗り降りしているが、不安を感じたことは一度もない。さすが、線路を挟んだ向こう側がその製造元である東芝の製品・メンテだ…っていうことが関係しているかどうかはわからんが(^^;)。

 まぁ、エレベータ開発用高層建物も工場内に見えるところに住んでいる身としては、妙に安心してますな。

 ただ、そこのエレベータだけに乗っているわけでもないので、他所では油断は出来ない。ついついエレベータメーカーをチェックする癖がついている。

 しかし、個人的にはあまり「シンドラーめ!」…という気にはなっていない。疑ってはいるが。

 そもそも、仕事上、製造元と保守会社が別になる…なんてケースは山ほど見ているし、そうなることによる責任の所在の曖昧さというか、実際製造元だけでどうこうということになるとも限らないとも思うし。

 まぁマスコミ対応は、いいにしろ悪いにしろ、日本独自のやり方…ってのがあったりするわけで、シンドラーが唯一「上手くない」対応しちゃったりしたものだから、「悪者がいると安心」するマスコミの格好の標的になっちゃったりして、あら探し受けちゃったりして、より悪者扱いされるようになっているようだけど…。

 「実際、シンドラーの事故が多いじゃん」と言われるかもしれないが、他社の事故リストが出てないと、比較対象にすらなないと思われ。

 また、最近になって地方自治体が自治範囲に限って調べたところ、シンドラー社の製品の事故率(故障率だったかな?)が他社製品よりも明らかに高い…という、客観的な比較のようなデータが出てきた

 ただ、これもからくりがあって、シンドラー社は官公庁施設の入札などに対し、戦略的な安値で入り込むことによってシェアを確保しているという。

 逆に言うと、そういう安値優先のところにしか食い込めないわけで、そういうところは保守についても同様に入札を行い、メーカーに限らない保守会社を選定することも多い。

 民間などでは、特にそういった体制を取らず、メーカーにそのまま保守を依頼するケースが多い…とすれば(あくまで仮説)、仮にメーカー以外が保守することにより事故発生率が多いとすると、統計的に「シンドラー社のエレベータの事故率(故障率)が多い」ということになってしまう。

 視点一つ違えば判断もしようがない…ってことですな。(※追記:広島市調査の記事のリンク追加。…あ、でも「広島市施設」…ってことは同一管理団体下のエレベータ…ってことで、条件が揃ってくるか?ちょっと俺も先走ったか?(^^;))


 別にシンドラーを擁護しようという話でもないのだが。全世界的に死亡事故を起こしているということは間違いないし、しかし他社製品の同様の事故率はどうなのか、マスコミ見ている範囲ではデータは無いし。

 他にも判断できる材料も少ないわけで、マスコミみたく感情的に騒ぐのもどうかと(マスコミも頑張って情報収集、分析等してもらいたいけれど、部分部分の補填にしか過ぎないからなぁ…。事故情報もメーカーも開示しないみたいだし)。

 無論放っておく訳にはいかないので、まずは今回の事故のみに限って、警察の検証結果待ち…ってことになるかと。そこから反省材料、他に活かす教訓などを得ていくしか。

 その間は第三者としては静観するしかないとは思いつつ、他所のエレベータに乗るときは第三者ではなくなるような気もするのだが…。

« 進捗状況 | トップページ | カメラ小ネタ集 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27753/10520344

この記事へのトラックバック一覧です: 時事ネタを二つほど…:

« 進捗状況 | トップページ | カメラ小ネタ集 »