2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

関連リンク

 


検索


  • Google


    WWW を検索
    とめどなく雑記 を検索

写真ピックアップ2012/04-05

  • 夜の桜
    2009年初頭までは定期的に写真を掲載していたのですが、その後サボってしまいました。写真自体は折を見て撮影していたので、現在からお気に入りなどをピックアップして掲載していきます。ファイル名は特に撮影時期ではありませんので念のため。

2009年1・2・3月撮影分

  • L1000050
    2009年になっても相変わらずぶらぶら撮った写真に終始すると思いますが、ご勘弁のほどを(^^;)。

2008年10・11・12月撮影分

  • 皆が見ないコミケの顔・その5
    D-LUX4も加わっての、バラエティに富んだ写真アルバムに…なるはず?ただ、MPはフィルムなので、掲載する予定はありません。

2008年7・8・9月撮影分

  • 祭り
    一番忙しい四半期につき、写真は少なめになるかと思います。とはいえ、新レンズを使ったりして多少浮かれてはいるかな?(^^;)

2008年4・5・6月撮影分

  • 単線のある風景
    4、5、6月分です。特に説明も無いのですが…(^^;)。まぁのんびりスナップをアップしていく…予定かと。

2008年1・2・3月撮影分

  • 円覚寺・その4
    相変わらずぶらぶら撮っています。面倒なんで、これからは3か月分、まとめようかな。

2007年10・11・12月撮影分

  • 来年に向かって歩く
    相変わらずぶらぶら撮ったものです。あまりにもとりとめなく撮ったので、3ヶ月分まとめさせていただきます(^^;)。

2007年9月撮影分

  • 機上から見る雲
    9月撮影分です。主に久米島旅行で撮った写真になっています。

2007年4・5・6・7・8月撮影分

  • 夏の海
    相変わらずぶらぶら撮った写真です。ちなみにコミケの写真は入っていません。

2007年1・2・3月撮影分

  • 桜の風景・その11
    まだまだのんびり写真です(^^;)。なんか、撮っているのも楽しいですが、現像も楽しいですね。

2006年12月撮影分

  • 築地の町並み
    相変わらずR-D1メインでぶらぶら撮影したものを掲載していきます。紅葉も都心の方まで降りてきていますので、当初はそれを中心に…といったところになるかな?

2006年11月撮影分

  • P1020232
    距離計の狂いから一時期修理に出していたR-D1が帰ってきたので、ちらほらと撮影したものをアップします。
    でもなーんかぎこちないというか…写真に対する自分なりの立脚点がしっかりしてないというか…(^^;)。
    個人的にはしっかり楽しんでいるのでいいとは思うんですけれどね(^^;)。

2006年9月 石垣島周辺旅行

  • 車に積まれたエンジン
    9月下旬に石垣島及び周辺離島を旅してきたときの写真です。
    カメラはR-D1を修理に出していたので、LC1とF10です。Exifん時に機種が書いてないのはLC1と見てください(RAWを現像・エディットして保存すると、さすがにExifデータが残らないみたい)。明るいときにはLC1にはND8のフィルターを装着しています。

2006年6月撮影分

  • 富士山を臨む
    6月撮影分です。ちょこまかと撮っているのをあげていきます。
    色々なレンズも出てきますが、だいたい使うレンズが決まりつつあるような…。

2006年5月撮影分

  • 深川の風景
     ちょっと細かな撮影が入り組んでいる月なので、まとめてのアルバムにします。
     まず最初はくらやみ祭り。のんびり行ったせいか、人垣を越えられず、てんで山車とかの写真はありませんので、期待しないように(^^;)。
     次に有楽町あたりをぶらぶら歩きながら撮った写真、お台場や川越などと、色々取り混ぜてあります。

2006年4月 浅草・皇居前広場・銀座等

  • 紅い店先
    まだR-D1に慣れていないので、運動がてら、色々テスト撮影。その途上、Jupiter-12 35mmF2.8やアベノン28mmF3.5を買ってしまったり(^^;)。その他にはスナップショットスコパー25mmF4とカラーヘリアー75mmF2.5で撮影。

2006年4月 沖縄旅行

  • 赤壁
    買いたてのR-D1を片手に沖縄をうろついた時の写真です。 レンズは基本的にフォクトレンダーのUltron35mmF1.7。広角に写っているのはUltraWide-Hrliar12mmF5.6。飛行機の撮影など、一部望遠はNokton50mmF1.5。

2006年4月 三浦半島一周

  • トンネル入口
     三浦半島一周の旅ですが、お伴にR-D1も持っていきました。  この手の負担の大きい旅ではF10といった軽いデジカメの方が適しているんですが、買ったばかりだし(^^;)、カメラとして楽しむならこちらの方がいいですしねぇ…。  そんなわけでウェストポーチで出動です。カメラ用ポーチというのがあるんですな。一眼レフも入るタイプなので、スリムなR-D1だとレンズを数個入れてもまだ余裕があったりします。  ただ、便利ではあるんですが、ちょっとデカいんですよね。カメラが入る以上、仕方ないのですが。今回はまだ涼しかったから良いですが、今後は考えないといけないかもしれません。ムレるかも。  …で、レンズはウルトラワイド・ヘリアー12mmF5.6、Jupiter-12(35mm)といったところ。実はアベノン28mmも持っていましたが、今回は使いませんでした。 ※工事現場の写真、その3とその4が入れ替わっちゃってますが、そこらへんはうまく数字順に読んでください(^^;)。

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006/06/28

遅滞の見込み

 諸般の事情により、今後しばらくこのblogの更新頻度が格段に落ちる見込みです。

 夏コミ原稿だけの話ではありませんので念のため。色々あるもので申し訳ない…。

 …っていうか、締め切り後に原稿依頼してくるって、どーゆーことよ?(--;)怒(謎)

 逃避で書き込む…ってことも考えられるけれど、そういう時間もしばらく無いからなぁ…(謎)。

MDの首

 携帯音楽プレーヤーと書くと、確実に「iPod」を指す昨今、皆様いかがお過ごしですか?

 iPod miniを使いつつ、しかしメインストリーム嫌いな身としては本当はSONYのネットウォークマンあたり使ってみたいものの、以前のあまりの評判の悪さに手を出さずじまい。

 しかし思い返してみれば、iPod以前にも「携帯音楽プレーヤー」というのはあったはず。そうそう、おいらも持っていたMDプレーヤー。

 そういえばあれは今、どうなっていただろう…?と思っていたら、こんな記事。

<MDプレーヤー>ソニーからヒット商品、生産追いつかず

 ほう。それはいい話だね…と思ったが、こちらの記事を読んでいると、なんかそういう話でも無いような気がする。

もちろん買ったヨ!! ソニーのHi-MDウォークマン「MZ-RH1」
 つまり、パソコンを経由して、MDに入っている楽曲をiPodなどに転送することが可能ってことで、それ目的が多いってことでそ?

 それって、MD資産をMP3やATRAC、AACに移行させる用途で人気であって、MD市場を広げるどころか、縮小させるためのツールになってねぇか?

 まぁ便利なツールがあることにはありがたいけれど、なんか自分の首を絞めていることにつながってないか、それを自覚しているのかどーか…とか、勝手ながら心配してみたりして…。

嗚呼、おおいなる勘違い

 …をしていたことに、最近気がついた。

ソニー、16GBフラッシュメモリ採用の
「VAIO type U」<ゼロスピンドル>モデル
~ワンセグチューナを搭載

 …を見たのだが、そういえば、VAIO-Uといえばこの記事でそのゼロスピンドルモデルで「Windowsが実用になんのか?」といったことを書いている。

 …何をどう勘違いしていたんだろう?思いだしてみると、どーも「16GB」を「1.6GB」的なイメージで捉えていたらしい(^^;)ぉぃ。

 そりゃ、「Windowsが実用になるの?」とは思うさ、誰だって。

 でも16GBだったら、そもそもおいらだって15GBなノートだって持っているし、まぁ20GBに届かないのでちょっとキツいが、用途を絞ればどーにかなるさ。何考えてるんだ?>をれ(^^;)

 いやいや、失礼しました>SONY他。うーん、

 そういうわけで、ちと惹かれるものの、思ったより「革新的な使い勝手が得られる」ようにはあまり思えないので、買わないけれど。

 いや、駆動部を気にしなくていいだけでも十分メリットだと思うけれど。それに体感的にはまた違うかもしれないしね。

2006/06/26

携帯電話の移動先

 てんで活用していない携帯電話なんだけれど、そろそろ新品も欲しいなぁ…と思っているところ。

 新品…というか、キャリアすら替えても構わない…と思っている。さして使っているわけではないので電話番号を周知している相手も少なく、メアドはさらに少ないので、電話番号変更のお知らせくらい、どうということはない。

 まぁそれでも面倒といえば面倒だと思うけれど。

 まぁ、MNP(モバイル・ナンバー・ポータビリティ…だっけ?)が始まるまで待ってもいいんだけれどね、逆に。

 なんで、一応情報収集くらいはしておこうかな…と思っていたところ、以下の記事を発見。

KDDI、auの無料通話分を「無期限くりこし」

 おぉう!そういえばauも無料通話分繰り越しサービスを今夏から始める…とか言っていたのを思い出すが、こういうのを繰り出してきますか!

 もうこうなりゃ、MNP始まる前に切り替えだー!…と思ったが、落ち着いて考えてみる。

 なんだ、繰り越し上限額…というのもあるのか。

 まぁそれでも便利といえば便利か。おいらの場合、無料通話分繰り越しが数ヶ月、月上限額繰り越されるシーズンもあるしなぁ。

 ただ、最大無料通話分がいくらチャージされるのかという比較を行う必要はありあそう。んでも面倒くさいんで、そのうち…ってことで(^^;)。

 まぁ、楽しい選択肢が広がるのはいいことなので。

血迷いの果て

 職場のある人が異動してしまうので、送別会を開こうと某氏が周知したところ、誤ってそのある人にまでその告知を周知してしまった。

 しかしご安心めされぃ。上には上がいるもので、歓迎会の主賓からも会費を取ったヤツもいる。

 …まぁ私なんだけれど(^^;)。

 何を血迷ったんだろうねぇ。リストから外したつもりが抜けて無く、しかもおいら自身も直接請求していて、主賓本人も「ここはそういうものなのか?」とつい払ってしまったものだから、数年経った今でもなにかにつけて言われる始末(^^;)まぁ仕方ないのだが。

 今思い返しても、なんでそんなことをしてしまったのか、わからない…。勿論そんなことはその1回こっきりなんだけれど。

 まぁ、それに比べれば…小さい小さい(^^;)。

2006/06/25

依頼禁止

 ちと土曜、走りに行きたいはやる気持ちを抑えて、なんとかポプルス行って夏コミの予約と締め切り打ち合わせしてきた。

 …意外と締め切りが近いことが判明(^^;)。ちょっと焦り気味。

 その他の原稿とか頼まれごととか整理してみると、かなーり色々詰め込んでいるようなので、しばらく他タスクを入れ込まないようにするつもり。

 職場のノベルティグッズの依頼も来そうな気がするが…断りたいなぁ…(^^;)…っていうか、もう1ヶ月前に何故頼まない?。

 うーん、なんか人生の中で一番2D絵に追われているような気がするのは、気のせいだろうか?

2006/06/24

Origamiの行き着く先は?

Origamiのセカンドチャンスは冬に来る?

 実を言うとこの記事、読んでない(^^;)。読んでないが、まだまだOrigamiは続いているぞ…ということでご紹介。

 ただ、MicrosoftやIntelがからむこの手のデバイスは、Ver.3になって初めて実用性が出てくる…という法則性もあるのだよ…ということで、セカンドチャンスがあろうと無かろうと、俺だったらサードチャンスまで待とう…というところ。

 Windowsしかり、TabletPCしかり、第三世代で実用性がぐっと増すと思うんですよ。実際今おいらが多用しているX41Tだって、タブレットPCでは第三世代と呼ばれているし、それをがしがし使っている身としては、がっちし実用的なんすよ。

 未だになんかそのことが皆に気づかれてないのがもったいないんだけれど。

 Origami…というか、UMPCか。それも最初の盛り上がりからどんどん冷めてきて、タブレットPCと同じ道を歩みそうなんだけれど、そうだとすれば逆に個人的には望みがあるんですけれど(^^;)。

 もっとも、今回はVAIO-Uという、競合しているんだか、共闘しているんだか、どう捉えていいのかようわからん人気アイテムがある…というのがなんだけれど。

君は怪しい骨董屋か?(^^;)謎

■[物欲][青歯][NOKIA]Nokiaの新型Bluetoothデジタルペン。

 知ってるっつーの。デジタルペンは昔からチェックしていて、アノト…というか、マクセルのページもチェック済み。ロジクールも海外では販売しているって知ってた?今は無きぷらっとほ~む店頭に通っていたのはそれの並行輸入品のチェックとかしていたのよ。初期のモデルって、太すぎるからね、改良されてどんどんスリムになっていくのを待っていた…うちに、タブレットPCを手に入れてしまったので、あまり必要性が無くなってしまったと(^^;)。

 ただ、携帯電話とのコンビになると、それはそれで最強で、使いようでかなり面白いことにもなるかと。そういう意味では未だにチェックはしているんだけれど…なかなか広まらないね、この手のデバイスは。便利なんだけれどなぁ…。

 そんなわけで、こういうページも参照のこと。おいらが持っているのはA501ね。X41Tの後はてんで使ってないけれど(^^;)。

2006/06/23

ノートPCチェック

 相変わらず、買いもしないのにノートPCチェック(^^;)。

 買いもしないのに…と書いてはいるが、なにかあれば代替、次世代マシンとして購入するつもりはあるので、その候補チェック…といったところか。

 それが前回書いたタブレットPCの新型チェック…の他に、別のジャンルのノートも調べている。

 最近はX41Tのことばかり書いているが、しっかりT40pも使用している。あまりがしがし使ってはいないが、X41Tのバックアップ…というか、高負荷作業担当として使用することがある。

 基本的に大画面が必要な場合、3Dデータ・映像データ編集作業担当となるわけだ。

 そんなわけで、大画面な、グラフィックチップが3D寄りノートをチェックをしているわけ。ちなみに、軽い方がいい。トラックポイントも必須。そうすると必然的に範囲が狭まってくるので、結局ThinkPadかこちら…ってことになる。


日本HP、17型WUXGA液晶搭載モバイルワークステーション


 環境的には、ThinkPadの方がThinkVantageがあっていいのだが、HPのそういうところってどうなのだろう?

 まぁ、ある程度は市販のソフトやフリーソフトでどーにかなるかもしれないので、多少寛容にになってもいいか。トラックポイントのようなポインティングデバイスを搭載したPCって、他に無いし。

 モデルとしてはnw9440とnw8440と二つあるようだけれど、基本的な仕様は共通なのかしらん?仕様上大きく違うのはグラフィックチップのようで、Quadro FX 1500MとMobility Fire GL V5200となっているが、…どっちがどっちやら(^^;)最近こういう情報にはまったくうとい。

 まぁ金額から推察すれば、前者だろう。

 あとはテンキーの有無、それから必然的に筐体の大きさ…ってことになるだろう。

 まぁ私程度の使用だったら、テンキーにこだわる必要も無いし、そもそもそんなにパワーが絶対的に必要…ってほどでもない。

 だったら多少パワーが下回っても、小さくて軽い方が使い勝手良さそうだ。nw8440で十分かな…っと。それも下位モデル。それに少しオプションを足して、と。

 まぁ、軽いとは言っても、T60の方がまだ軽いようだけれど。…つっても、液晶サイズもグラフィックメモリ量もHPが上だからなんだけど(^^;)。

 14型、15型でもいいかなぁ…と思っていたりすると、こういう記事も目に入ってくる。


本田雅一の「週刊モバイル通信」
フルサイズノートパソコンにすべてを集約してみると……


 17型の利便性か…。ThinkPad並みの使い勝手(ThinkVantage)が確保できるなら、それもいいかなぁ…。でも結構寝転がって使うこともあるから、3kgはキツいかなぁ…(^^;)そんな姿勢ヤメろ。

 しかし、記事の最後に関連すれば、HPも3kg程度のそれに落ち着いているので、WindowsノートにもMacBookPro並みの携帯性があるってことか?

日記の使い方

 ある日、事情があって過去の自分のスケジュールをしら別必要が出てきた。過去のある時期の自分の挙動を確認する必要がある。

 別に警察に取り調べを受けて、アリバイを証明するためのとっかかりに…とかそういうことでもないのだが、例年のあることが去年はいつぐらいだったか…ということを確認して、今年は大体いつぐらいに…と推察するためのざいりょうにしたり、ということだ。

 ただ、日記には直接的に書いていない事項なので、調べてどうにかなるかな?…と思ったが、なんとなく自分にだけわかる暗号というか、符号っぽいことが書かれていて、時期的な判断は出来るようになっていた。


 ここではぐだぐだ書いているだけの日記だが、なんか今回、一番日記らしく利用されたような気もする(^^;)。日記とはいえ、基本的には人に読ませる「記事」「ネタ」なので、そういう用途は想定していないんだけれどね。結構内情を赤裸々にバラしているのかも(^^;)そうでもないか。

2006/06/22

レンズ沼の上の薄氷

 R-D1…というか、L/Mマウントに関しては一応画角が一通り揃ったので、レンズ欲望は落ち着きつつあります。

 まぁカラースコパー21mmはまだ狙っていますが、5万前後の現行製品ですから、「そのうち」…で問題ないでしょうし、幸いにもマイブームは「標準~望遠」ですから、さしあたってそれが無くても支障はありません。

 まずは35mmから上を堪能しますわ。…ってところで

コシナ、ゾナータイプのMマウントレンズ「C Sonnar T* 50mm F1.5 ZM」

 と、ラインナップを仕掛けてくるコシナは何か私に狙っているのでしょうか?(^^;)

 50mmといえばおいらの手持ちではノクトン50mmF1.5とノクトン・クラッシック40mmF1.4の牙城です。いまさらその画角に新しいレンズは必要なさそうです。

 ただ、片方「クラッシック」と冠が付いているものの、両方「ノクトン」です。球面・非球面の差、また10mmの差やF値の差もあるわけですが、まったく違う味のレンズがあっても…という気もなきにしもあらず。

 …いや、無い(^^;)。なくさねばならぬ。どうしても…というのであれば、ジュピターとか、安いので…(^^;)そういえばジュピター8ってゾナーのコピーだっけか。

 まぁ、そんなコシナの罠におびえる日々。

 

 ちなみに、カメラネタでもう一つ。

ハクバ、ロープロのカートにもなるノートPC対応カメラリュック

 使いやすそうだが、さすがにバッグで4万4千円はなぁ…。

 量販店でも3万は切らないだろう。まぁでも近々、いずれにしろノートPCとレンズを含むカメラを一緒に収められるカバンが欲しいんだけれどね。カートにこだわらず。

 まぁなにかしらのカバンもそのうち…。

テキストデバイス

 なんとなくitmediaを読んでいたところ、

小寺信良:
~来なかった未来~ PDAはなぜ衰退したか (3/3)

 あたりにPSION NetBook Proという文字を発見。…PSION。懐かしい。そういえばそういうPDAもあったなぁ…。日本語化・通信が面倒そうなので結局さわりもしなかったが、扱いやすそうなキーボード、筐体にはあこがれもした。

 巡り巡ってその筐体のOSが今は一部携帯にも採用され、某友人はそのプログラミングにものめり込んでいたり、過去の何が現在のどこに来ているか…なんてわからないものだなぁ…と思いつつ、その大画面なPSIONの値段を確認してみると、記事中には5万円程度で購入…と書いてる。

 …5万円!

 …と、一瞬心が揺らいだが、危ない危ない。シンビアンOSでもないし、WinCEだし、1.1kgという重さだし、タブレット専用スタイルにならないし、別に今、これを選ぶ理由はない。

 …ということで納得させた、自分を(^^;)。とはいえ、WinCE用のソフトだって、いいのはあるし、環境整えればモバイル用の端末としてはそこそこ使えるとは思う。

 そんなわけで、何かの際には…とも思うのだが、何処で手に入るんだかわらかん筐体だし、なんか一期一会…って気も…(^^;)。

2006/06/21

週末の予定

 予報では雨…ってことは走れなさそうだから、今度こそポプルスに行こう。…っていうか、相当天気良くない限りは、ポプルスに行かなければ(^^;)。

 いい加減、夏コミの予約と原稿規格の打ち合わせをしないと…。締め切りも設定しないといけないんだろうなぁ…。間に合うかな?

 なんか自転車描く段になって、ペースが遅くなってきている気がする(^^;)。ちょっと不安。

 個人的にはさくさく描いてとっとと入稿し、出来ればコピー誌かチラシ程度を作成し、でも出来ればFlashアニメ習作とかに移りたいんだけれどなぁ…。

 …うまくいかないもんだ…。

おとなしいblog

 最近、ここにしては更新頻度が少なくてすみません。なんかネタが無くって…。

 まぁネット上のニュースをリンクしてそれこれ…と書き込むのならすぐに記事書けそうなんだけれど、おんぶにだっこみたいな記事…ってのもなんだかなぁ…ということであまりしないようにしていたり。

 まぁ最近はそういう記事ばっかのような気も(^^;)でも本当に興味ある記事だったら、どうしても書きたくなるので、それにリンクも張るしねぇ…。

 ネタが無い原因は、原稿作成とかに注力しているから。

 まぁさくさく描いてしまおう…とか思ったものの、背景につい注力してしまったり(線画の割には時間がかかる)、ちまちましはじめちゃったり。うーん、効率悪いのう>をれ(^^;)。

 ある意味、妙に更新頻度の高いblogではなく、従来の(?)原稿注力…ってのも本来の姿のような気もするが…そうでもないか(^^;)。

 まぁそういう季節なのであしからず(__)。

2006/06/19

ああ、そうそう

 またフォトアルバム更新しましたのでお知らせしておきます。一昨日撮ったのもまだあるので、それもそのうちアップするですよ。

さて、Mac

Intel Mac用仮想化ソフトウェア
「Parallels Desktop for Mac」の発売開始

 出てしまいましたね。一つのマシンでMacとWinが動けばいいだろうなぁ…とは思っていましたが、いよいよもって…。うーん、スゴい。

 まぁでも手放しには喜べないみたい。いくつか制約もあるようなので。

 まず英語版というか、外国での発売なので、日本語的サポートがないので、何が制約かがわからない(^^;)。

 まぁ少なくともDirect3Dといったところが使えないみたいですが、3Dを使用しようとしなければ問題ではないでしょう。

 USBも1.1には対応したというが、2.0に対応したかどうか不明。まぁ1.1だけでもさしあたっては大丈夫だと思うけれど。おいら程度の用途では。

 CD-ROM等のマウントの安定性も大丈夫かどうか…。まぁ、心配しててもはじまらないか。

 Windows内ではとりあえずハードなグラフィック処理をともなうようなことさえしなければ良さそうな感じ。とはいえ、出来るだけ外付けグラフィックチップの方が良さそうな感じではあるようだけれど。

 うまくすればパフォーマンス的にネイティブの半分…ってことだから、1.6GHzの半分でも800MHz…ってことは、大概の処理は問題無さそうな気が。2Dだったらペイントソフトも動くんでない?なかなか面白そうなことになってきた。

 まぁ問題はコストで、結局Windowsのライセンスは必要だし、ハードも上位機種の方が…ってことになるわけだし。だったらWindowsとデータ互換性のあるMacネイティブなソフトを揃えれば?…ってことになるんだけれど。

 しかしOffice系ソフトはそれで済んでしまうとは思うけれど、グラフィック系のソフトとなると、そうもいかないわけで…。

 まぁもうちょっと自分が何をしたいか、そのために必要な環境は何か、それに合ったマシン環境は何か、Macは適合するか…とか、きちんと検討しないと始まらない話だと思う。

 もっとも、先立つものがないので、検討するまでもなく始まらないのだが(^^;)なんかいつもこんなオチ。

2006/06/18

テレビに影響されるクチ

 …つっても、料理番組ですが。

 「チューボーですよ」を見ていたら、テーマが「親子丼」と来て、結構シンプルな素材・手順で仕上がっていたので、「こりゃ俺も作らないとな…」と、翌日の夕食はこれに決定。親父にも食わせることに。

 買い出しでは鶏肉2種、ネギ、みつばを購入し、あとは家にある調味料で。鶏ガラスープはいつもの粉末状のやつで(^^;)テレビでは挽肉とはいえ、鶏肉から作っていた。まぁここらへんはさらに家庭寄りのアレンジと言うことで…(^^;)。

 皮付き肉は皮の側をあらかじめ鉄網で焼いておく。後で煮込むので、あくまで皮をぱりぱりにする程度の焼きのみ。

 だしはお湯に昆布だし(これも粉末(^^;))を入れ、鶏ガラスープの素を入れて味をつくり、ぶつ切りしたネギを1本分入れる。ネギを入れたまましばらく煮込んだけれど、味がしみたらすぐに出した方がネギ味が立っていいかもしれない。次回はちと試してみよう。

 あとは普通に親子丼作る器に移すわけだけれど、だしがしっかり濃く出来ていれば、醤油、みりんは少なめで問題無さそう。みりんはお玉半分以下、醤油はそれよりちょっと多め…という具合。辛みが足りなかったら醤油をちょっと足し。後で煮込むので結構それで問題ないみたい。

 あと、玉子は2回に分けて流し込んで作った。玉子の2回目投入後に1~2分待ってしまったが、1分も待たなくて良かったなぁ…(反省点)。もっととろとろにできたものを…。

 …といった具合にほぼ問題なく出来た。ただ、今までも親子丼を作っていなかったわけではなく、大体の手順はそれと変わらないので慣れていた…ということもある。

 しかし、「チューボーですよ」を見ていて大いに参考になったのは、実は丼への盛りつけの時。

 親子丼作る器を使って具をご飯に乗せるとき、どうしても器にご飯粒が付いてしまいそうになり、それを避けようとしてうまく盛れなかった。ただ、番組内ではそこらへんは気にせずに盛りつけしていたのを見逃さなかったわし。

 そうか、くっついてもいいのか!

 …ってことで、躊躇無くやってみたら、上手くいった(^^;)どういうところで悩んでいるんだ>をれ。

 …まぁそういったわけで、テレビの力も借りて、ちょっと玉子のとろとろ感が出せなかったが、結構美味く親子丼が出来ましたとさ。たれが今までと全然違う手順だけれど、こちらの方が断然美味いわ。手間も難しくないし。これからはこれで行こう。

 それと、やっぱぱりぱりした皮があると違うなぁ…(テレビでも言っていたけれど)。こちらは手間だけど、必要な一手間…って感じだし、出来る限りはやってみよう。

 ま、またそのうち作ろう…という時に、同じ失敗やらかさない為に、自分メモの記事…っと(^^;)。

2006/06/17

たまには南へ

06061701

 ここのところ週末といえば雨が降っているイメージがある。

 実際には土日のいずれかが雨…ということで、片方は降っていなかったりもするような…。ただ、私のスケジュールの関係上、なぜか降らない方に用事が出来たりして、ろくに走れなかったイメージがある。

 だが調べてみると、2週間前、ちゃんと飯能に走りに行っているのだが、もう毎週走ってないと「最近走ってないなぁ…」的イメージになってしまう今日この頃。

 ともあれ、週末に近づくにつれ、その天気が気になってしまう。しかし最近の週間天気予報は当てにはならない。週初めの予報から前日までまったく違う予想に落ち着き、また当日になったらなったで前日予報と違っちゃったりして、梅雨前線恨めしや…ということになっている。

 その弊害として、友人と予定を立てられない…ということになってしまうのだが、一人なら何とかなるこの身の上。天気さえ何とかなれば…と空を見上げつつ、今日はなんとか雨が降らなさそうなので、出かけることにした。

 目的地は最近行っていない埜庵。4月30日に三浦半島一周の時に寄った以来だから、1ヶ月半か。まぁそこかしこに目的地があるので、なかなかスパン短く寄れないのだが(^^;)。

06061702 朝早くにちょっと用事があったので、それを済ませて出かけたのが10時10分。ちょっと遅いね。しかし鎌倉街道を走り、境川サイクリングロードに入ってひたすら南下。向かい風にちとペースを抑えられつつも、なんとか2時間半で埜庵に到着しましたとさ。

 最初に自走で行ったときの記事を見返してみると、ちょっと遅め。確かにあまり30km/hとか出した覚えがない。

 実を言うと、自宅-町田間は比較的速かった。ただ、以降は歩行者も多く、また緑生い茂る季節になり、サイクリングロード両脇より生える雑草がコースを狭めていたりして、思うようにスピードを出せなかった…ということがある。加えての向かい風。原因はおそらくそのあたり。

 最初の自走は2月ということで寒くて外を出歩く人も無し。ペースを上げても気温が低いのであまり疲労につながらなかった…ということもあるかもしれない。

 そうそう。多少BodyTechとか着て暑さ対策などもしたのだが、2月に比べれば体感温度上の走りやすさも違う…ってこともあるかもしれない。

 まぁ代わりに汗かきまくって、ダイエットには良さそうだけれど(^^;)。

 ともあれ、埜庵でのんびりとかき氷食ってきました。

 忘れていたけれど、天然氷だからいい…ってもんでもなくって、シロップもなかなかいい…というのも書いているけれど、季節のメニュー…っていうのもあるのを忘れてはならない…ってことも、一応記事に書いてんな。

06061703 前回来たのは4月末だったので、うかつなことに5月のメニューを味わい損ねてしまった…ので、今回はしっかり6月のメニューを味合わないと…ってことで注文したのが江の浦オレンジ。…江の浦ってどこだ?

 しかし頼んでおいてなんだけれど、オレンジ…つまりみかん…ってことは、それのかき氷って水っぽくならないだろうか?酸味も強すぎるとかき氷としてどーよ…って気もするし。

 ただ、食ってみるとまったく問題なし。意外なほど水っぽくなく、酸味も抑えめで甘み中心。でも甘ったれておらず、しっかりオレンジ風味もあって、じめじめした季節にさわやかな味わいを醸し出してくれる逸品。

 結構気温も上がって、運動したてということもあった身なんですけれど、えれぇ涼しくなりました。なりすぎて、「ああ、涼しい上に小腹空いちゃったなぁ…」と、そのあとハヤシライス食ってしまうくらい(^^;)逆だろ。

 こうなると俄然興味が湧いてくるのが梅酒とかメロンとか。実は両方ともあまり好きじゃないんだけれど(嫌いでもない)、めちゃめちゃ興味わいてくるなー。また月内に行けないかな…。

 ちなみに、店主さんともお話させていただきましたが、見事にここを読まれてました(^^;)うひゃー。良かった、余計なこと書かないで(^^;)。以前の三浦半島一周後の顛末もご存じでした(^^;)動けなくなった。

 …っていうか、その後に来店されたサイクリストの間で三浦半島一周して来たヤツがいる…と評判になったらしいです。やった、ウケ狙っただけのことはあった(^^;)ウケ狙いだったのかよ。

 まぁ、川越から荒川サイクリングを追いかける…というウケ狙いは見事にハズしてしまった経歴も持っていますが(^^;)。

06061704 そうしたのんびりしたひとときも堪能しつつ、ついでに江ノ島にも行ったりしてちょこまかお買い物。まぁ数少なかったですが、あそこはいつ行っても人が多いな!しらす専門店はいつも長蛇の列!いつかあそこで食してみたいが、朝早く行かないとダメなんだろうなぁ…。…泊まり込みでいってやろうかな、いつか(^^;)だれかつきあう?。

 そして来た道を戻るルートで帰宅…てなもんなんですけれど、この際は追い風で、非常に走りやすい。帰りは疲労が溜まる分、えてして時間かかるようなもんなんですけれど、目的地で時間を費やして遊んでいない分体力のロスが少なかったこともあってか、行きと変わらない時間で帰れました。

 結果、走行距離はいつものごとく100kmでしたけれど、尾を引く疲れ…って感じじゃなかったですね。まぁ代わりにちと億劫になることが家であったんですけれど、これはまぁ…自転車には直接関係ないことなので、省略(^^;)謎。

 やっぱ週一くらい走っておくと、鬱憤が晴れていいかも(^^;)。この調子で週末の天気も毎回晴れてくれるといいんだけどなぁ…。あ、紫外線のこともあるから、曇天ぐらいがいいかぁ…(^^;)。

全部入っているけれど、足りないノート

 そういえば去年だったか今年だったか、なにかの展示会で見た覚えがあるノート。

Dialogue、可動型ディスプレイ搭載モバイルノート
~3.5Gデータ通信機能搭載機も

 展示会の時に「近々出る」と聞いておきながら、さっぱり見かけないなぁ…と思ったら、やっとかい。

 ちなみに見たことあるのはV33iの方で、VMは初めてWebで見た。なんだこりゃ(^^;)ほめ言葉。もうちょっと稼働範囲広ければ、そのままタブレットPCだなぁ…(背面がさらにフラットでないとダメか)。

 とはいえ、VMは面白いっちゃー面白いし、実際実用的だと思うけれど、想定の用途ではあまり使わないしな、俺(^^;)飛行機内でPC。

 そんなわけで俺的に実用度はV33iの方か…。非筆圧とはいえ、タッチパネルも結構使えそう。

 ただ、共通してバッテリーが弱そう。そもそもVMは航空機内での使用を想定されているので、そこらへんは最近AC電源供給とかされてるとか思うんだけれど、それ以外のシーンではてんで力不足じゃねーか?

 色々入っていて面白そうなんだけれど、日本のニーズとして一番の基礎になるバッテリー駆動時間の解決が図られていないところがちと残念。うーん…。

 そういう意味では日本のモバイルマシンはバッテリー駆動時間とかで心配することがあまりなくなってきているけれど、逆にBluetoothが入ってなかったりして、ちと惜しかったり…。なーんかバランスがうまく取れていない気が…(^^;)。

2006/06/15

輪行本進捗状況

 ちょっとペースが落ちています。

 ネームはあと数ページを残すのみ…といったところなのですが、平行して下書き、清書を行うことにしました。ワークフローに確認の意味もありますが。

 ネームはComicStudio上で行い、下書きもそのまま。ただ、以降の清書はIllustratorに移ります。あっちのベジエ曲線の方が相性がいいので。

 枠線、吹き出しもそちらで行おうと思っています。キャラ・背景だけ描いてComicStudioに戻ろうかとも思いましたが、おそらく自由度が高いのはIllustratorでしょう。

 陰影もIllustratorでつけようかと思っていますが、スクリーントーンにして、それだけComicStudioに戻そうかなぁ…とも悩んでいたり。


 で、ペースが落ちている原因は…自転車(^^;)。原稿最初の数ページは自転車出てこないので安心してましたが、出始めると下書きの段階でペースが落ちる落ちる(^^;)。なかなかまだ慣れていないなぁ…と実感することしきり。ちょっと心配になってきました。

 下書きはまだまだ量が多いからなぁ…。ComicStudioでの下書きを省略して、Illustrator上での作業を増やそうかなぁ…とも思ったり。それで効率変わるのかどうか知りませんけれど(^^;)。

2006/06/14

おかげさまで

 腰痛は治まってきました。

 変な角度を取ると(ひねりを加えて座る…とか)まだ痛みがぶり返すんですけれど、普通の姿勢を取っている限りは問題ないですね。

 まぁ日常生活を営むには問題ないレベルにはなっております。やはり健康っていいなぁ(^^;)。

カメラ小ネタ集

 最近、撮影だけでなく、なにかしらの会合にもR-D1を持って行っている。で、触らせると皆、結構興味津々。

 大概の人が欲しがるが、同じく大概金額であきらめてしまう。うーん、残念だなぁ…と思う反面、逆にユーザー数が多いと、現時点でもレンズを探す・購入するのに大変(king2でジュピターの85mmF2ってのを欲しかったのだが、月曜か火曜くらいにホームページに入荷が告知され、お、週末に買いに行こう…と思ったら、木曜には売り切れていたり)だったりするので、変に価格破壊でユーザー数が激増したら、中古市場も奪い合いになってしまうので逆に困るかも。

 新品レンズが登場してくれてもいいけれど、いいヤツは結構するからなぁ…>値段。

 自分が手に入れたから言うわけでもないけれど、今くらいがいいバランスなのかもしれないなぁ…。

 デジタルライカの登場が噂されているが、出たところで果たして新規ユーザーの開拓なるか?既フィルム派のリプレイスで終わるような気がしないでもないが…どうだろう?

 

 こないだ、渋谷で中古カメラ市みたいなのが開かれていた。距離計連動型L/Mマウント用他規格レンズマウンタには心惹かれたが、考えてみれば他規格で持っているレンズもないし、これ以上沼の深みにも入りたくない…ということでなんとか自制できた。ほっ。

 レンズや他のカメラ等々見て回ったが、特においらにとって出物と思える物はなかった。ほっ。しかし反射式ファインダーが無かったのはちょっとショックだなぁ…。

 また、お年を召した方も多かったが、若い人が悩みながらマニュアルカメラを物色する様も見たりして、若い世代の新興もまぁなんとかなるのかな…と思ったりもしたり。

 …で、この市に関してはここからが本題で、コシナもブースを構え、自社製品を展示しており、一部で話題の(^^;)ベッサR2M/R3Mも展示されていた。

 当然、ヘリアー・クラシック50mmF2装備で。

 今考えるとR-D1に装着させてもらって試し撮りの一枚もしてくれば良かったのだが、ちょっとショックな一言を聞いて、動揺してそんなん忘れていた。

 R*Mは既発売のR*Aから露出優先AEを外したマニュアル志向のカメラで、レンズセットの発売が基本ながら、場合によっては本体のみの発売も検討されているらしい。

俺:「じゃぁ、レンズ単体も…」

店員:「それは絶対、無い!」

 有無すら言わさず…(^^;)そこまで力強く否定しなくても…。

 まぁ…レンズだけ欲しい方も、セットでご購入あれ(ちなみにその場にいた写真家の老人達は、「ボディだけ欲しいのになぁ…」とおっしゃっていたのが印象的)。

 

 で、市ではなにも買わなかったのだが、実は別のところでこっそり新しいレンズを入手していたりして(^^;)。

 昔から広角派で「男なら寄って撮れ」実践派とすれば、デジカメも広角を選んでチョイスし、望遠側のスペックなど気にしたことがなかった。大体、レンジファインダーってば広角、標準系メインととらえられるし(ヴィゾフレックスでもねぇと)。

 ただ、R-D1は焦点距離換算1.5倍となってしまうため、広角が広角として使用できない弊害が伴ってしまう。これは面倒くさい。面倒くさいが慣れなければならない。慣れてしまうと…、意外に標準側も楽しくなってきて、普段撮らない望遠系のレンズが楽しくなってきた。

 つまり「全部入れてしまえ」的広角から「捉えたいところを切り取る」的望遠の面白さに気づいた故、そちらに移りつつあるわけだ。

 そうすると35mm以上のレンズが俄然面白くなってくるわけで、そちらを色々選んでいる状態になっている。

 で、気がつけば90mm前後の望遠系レンズを2本ほど…(^^;)。だってー、ユニバーサルファインダーもあることだし~(^^;)。

 まぁそのうち紹介しましょう。

 …で、レンズの総計ですが、10本と、2桁の大台に達してしまいました(^^;)。すっかりレンズ沼です。

 ただ、もともと持っていたもの、もらいものレンズ群に、非ライカ系…というか、「高価ではない」レンズを買い足している状態なので、意外に費用はかかってなかったりしますので念のため。

 とりあえずR-D1購入以降だけでカウントするなら、レンズだけで10万ちょい、ユニバーサルファインダーを含めればさらに2万5千円アップなんですけれど、高級な一眼用ズームレンズでも1本でそんなんするの、あるでしょ?

 こちらはその投資で10本のレンズをとっかえひっかえ遊べる環境になっていますので、よっぽどコストパフォーマンスがいいと思うんですけれど、どーでしょー?(^^;)

 画角だけでいうと12mmから90mmまで比較的隙間無く埋まっている感じなのですが、あと1本、21mmくらいは欲しい気も(^^;)。

 ただ、カラースコパー21mmでいいかなー…と思ってまして、現行製品なので、あまり急いて購入しなくてもいいかな…とも思ってます。第一、広角欲が無くなってきているし。

時事ネタを二つほど…

 なんかひたすら趣味的なことしか書いていない…って、日記blogなんだからそれくらいいいじゃないか…と思ったりもするのだが、それだけ…ってのもさみしいので、少しは時事ネタを。

 とはいえ、サッカーとか興味ないから、ワールドカップとかのネタも書けないしなぁ…。

 ちなみに初戦大敗したのは、残念だけど、望みが出てきたかなぁ…という気がしている。なんか初戦が始まるまでは、妙に踏ん切り付かない、浮ついた感じがあった。一度痛い目にあっておかないといけない気がしていた。

 これはWBCで気がついた「一度どん底へ」論で、日本人は一度地べたにはいつくばってからが強い…という私独自の論法(^^;)。…だもんで、本戦前の調整試合では負けておくことをお勧めしていたのだが…(なんか世論的には非公式試合から勝ち続けないといけない雰囲気を醸し出していたが(サッカーに限らないことだけど)、本番に力残すためにもあまり根詰めない方がいいと思うのだが、ああいうのは。大体、敵に手の内見せてどうするの?)。

 まぁ負けるのは初戦でも構わない気もするが、これから立ち上がったとしても予選のシステム上、「間に合わない」ということになるとちょっとキツいかもね。ここがWBCと違うところかな。まぁあっちも本来は間に合ってなかったのだが…。

 …興味無いと言いながら、ばしばし書いている気がするが(^^;)でも中継見てなかったよ。ちなみに敗因は本当のところはようわからんが、翌日の報道ステーションの解説はド素人の私にも「ああ、そういうことなのか」と納得できるようなわかりやすさだったのは一応書いておこう。

 他の解説は全然わからん(^^;)。

 シンドラーのエレベータにはビビっている。同じく自転車をエレベータに乗せて運んでいる身としては、他人事とは思えない。

 ただ、自宅マンションのエレベータはもう数十年乗り降りしているが、不安を感じたことは一度もない。さすが、線路を挟んだ向こう側がその製造元である東芝の製品・メンテだ…っていうことが関係しているかどうかはわからんが(^^;)。

 まぁ、エレベータ開発用高層建物も工場内に見えるところに住んでいる身としては、妙に安心してますな。

 ただ、そこのエレベータだけに乗っているわけでもないので、他所では油断は出来ない。ついついエレベータメーカーをチェックする癖がついている。

 しかし、個人的にはあまり「シンドラーめ!」…という気にはなっていない。疑ってはいるが。

 そもそも、仕事上、製造元と保守会社が別になる…なんてケースは山ほど見ているし、そうなることによる責任の所在の曖昧さというか、実際製造元だけでどうこうということになるとも限らないとも思うし。

 まぁマスコミ対応は、いいにしろ悪いにしろ、日本独自のやり方…ってのがあったりするわけで、シンドラーが唯一「上手くない」対応しちゃったりしたものだから、「悪者がいると安心」するマスコミの格好の標的になっちゃったりして、あら探し受けちゃったりして、より悪者扱いされるようになっているようだけど…。

 「実際、シンドラーの事故が多いじゃん」と言われるかもしれないが、他社の事故リストが出てないと、比較対象にすらなないと思われ。

 また、最近になって地方自治体が自治範囲に限って調べたところ、シンドラー社の製品の事故率(故障率だったかな?)が他社製品よりも明らかに高い…という、客観的な比較のようなデータが出てきた

 ただ、これもからくりがあって、シンドラー社は官公庁施設の入札などに対し、戦略的な安値で入り込むことによってシェアを確保しているという。

 逆に言うと、そういう安値優先のところにしか食い込めないわけで、そういうところは保守についても同様に入札を行い、メーカーに限らない保守会社を選定することも多い。

 民間などでは、特にそういった体制を取らず、メーカーにそのまま保守を依頼するケースが多い…とすれば(あくまで仮説)、仮にメーカー以外が保守することにより事故発生率が多いとすると、統計的に「シンドラー社のエレベータの事故率(故障率)が多い」ということになってしまう。

 視点一つ違えば判断もしようがない…ってことですな。(※追記:広島市調査の記事のリンク追加。…あ、でも「広島市施設」…ってことは同一管理団体下のエレベータ…ってことで、条件が揃ってくるか?ちょっと俺も先走ったか?(^^;))


 別にシンドラーを擁護しようという話でもないのだが。全世界的に死亡事故を起こしているということは間違いないし、しかし他社製品の同様の事故率はどうなのか、マスコミ見ている範囲ではデータは無いし。

 他にも判断できる材料も少ないわけで、マスコミみたく感情的に騒ぐのもどうかと(マスコミも頑張って情報収集、分析等してもらいたいけれど、部分部分の補填にしか過ぎないからなぁ…。事故情報もメーカーも開示しないみたいだし)。

 無論放っておく訳にはいかないので、まずは今回の事故のみに限って、警察の検証結果待ち…ってことになるかと。そこから反省材料、他に活かす教訓などを得ていくしか。

 その間は第三者としては静観するしかないとは思いつつ、他所のエレベータに乗るときは第三者ではなくなるような気もするのだが…。

2006/06/13

進捗状況

 あの取っつきの悪さを考えると、意外と言えば意外、ネームが20ページくらいになっています。(まぁ他にほったらかしになっている案件がいくつもあるんですけれど(^^;)某女史、某団体、某氏、すんません_(__)_)

 絵的に後回しにしているコマもあったりするんですけれど、それでも全体的な流れはほぼできあがっているし、ネームだけなら今週中になんとか終わらせられそうな雰囲気。

 おそらく24ページのモノクロ原稿、カラー表紙…ってことになるかな?表紙もモノクロでもいいような気もするが、どっちがよかべ?

 …24ページって普通?一応ほぼ全ページ、漫画になっていますが…。

 あとは早々にポプルス行って、規格をもうちょっと詰めて、予約してスケジュール確認しないとな(見積も(^^;))。

2006/06/12

腰が痛い…

 日曜から猛烈に腰が痛い…。

 伸ばしていると特に問題はないのだが、曲げると痛い。腰痛っぽい。

 …というか、土曜に重いカメラバッグ(ポーチ)を腰にくくりつけて色々歩き回ったせいかと。ポーチを外して肩にかけると楽で負担も分散できたのだが、それに気づくまで数時間、ひたすら腰に負担をかけた報いか、翌日に筋肉痛のようにおそってきた。うひゃぁ。

 座っているのもつらい状態。とほほ…。どうしよう。

 まぁ放っておけば、しばらくすれば戻るとは思うけれど…。うーん、バンテリンでも塗っておくか…。

R2Sの真実

 ちと調べ物をしていたらBSMのサイトリがニューアルしているのに気がついた。

 その時、はっとしてさらに奥を見てみると、BSM-R2Sってやっぱり純正モデルやんかー!と発覚。うぬぬぬぬ…。

 前に見た雑誌の記事の問い合わせ先がショップじゃなくてブリヂストンだったからおかしーなー…と思っていたが、そういうことだったか…。

 ただ、コンポーネントを確認してみると、クランクあたりがデュラエースで、他は105だったりその他のコンポーネントが混ざっていたりして、「そこかしこデュラエース」というR20とはまた違ったモデル…ということらしい。写真小さいから、クランクばかり目立って、かなりブルーだったですよ(^^;)。

 でもこれで一安心。…というか、R20とほぼ同じフレームが補修部品に加わったと考えれば(後部スイングアームのカラーが違うが)、むしろ前向きかな?

 いや、そうするとフレーム売りの方に該当カラーが無いか確認した方がいいのか。

 シルバー系はいくつかあるみたいだから、そのうちのどれかだなぁ…。

 まぁフレームを交換して「補修」っていうのもどうかと思うけれど(^^;)、金さえかければR20と同じモデルを作れる…と考えられるわけでもあるか…。うーん。


 ともあれ、BSMが以前よりもとっつきやすくなって、オーナーが増えて市場が広がり、オプションも増えるようなら既オーナーにも恩恵があるので、敷居が下がることは歓迎です。

 まぁ、値段の面で(高級自転車に乗ったことのない人にとっては)あまり低くなっていない気もしますが(^^;)それだけの価値はあると思うんですけれどねぇ。

2006/06/11

日曜は休日

 土曜は用事があって、電車移動。天気もそこそこ良かったので自転車で走りたかったのだが、仕方ない。まぁ翌日も梅雨前線が南下して雨が降らないらしいから、明日にかけるか…。

 …と思っていたら、朝から雨…。あぁう…。

 土曜日は土曜日で楽しかったのだが、若干恨めしい…。ぬぅ。

 まぁ天気には逆らえない。ネームでも書くか…と思ったが、ほとんど寝て過ごしてしまった(^^;)。平日夜間にネームを書いていたので寝不足で、その反動というかなんというか。

 …お休みの日は、お休みしないと…(^^;)。

デジタルライカ対するわずかな期待

独Leica、Mレンズにデジタル対応コードを付加
~従来レンズも有償で改造

 やられた…。完璧にしてやられた。

 何度か「L/Mマウントレンズ、8~9本はあるかな」とか書いたことがあったが、実はライカレンズは一本も含まれていない。見事までに他メーカーばかりだ。

 …っていうか、ライカのレンズ、高い。高い理由はわかるのだが、絶対値としてそういう値段を用意できない。…ので、他メーカーなどに流れてしまうわけだ。唯一、ふるーいLマウントのライカレンズとかは手が出せそうだが、先の対応にLマウントは別だしなぁ…。

 しかし、最近のフォクトレンダーのレンズくらいなら、なんとなくコシナも有償サービスでやってくれそうな気がしないでもないが。あー、でも無理かな。権利的に?

 そもそも6bitで、数字を1(0?)~64までの数字…となれば、ライカ製のレンズでいっぱいいっぱいだろう(いや、Mマウントだけだから、たいした数でもないか?)。

 まぁカメラの機能として、ライカに限らずどのレンズでも、メニュー操作で独自プリセットにセッティングしてExifに書き込む…ってなことくらいはしてくれるとうれしいんだけれど

 …って、それはR-D1もなんだが…(後整理が大変で…)。またファームアップしてくんねぇかな?(^^;)画像最適化はPCでの現像で十分だからさ。


 ところで記事中気になるのが、「(焦点距離が)1.33倍に伸びるため」といったあたり。

 そもそもこのデジタル対応コードの付加はデジタルライカ発表の布石だろう。

 過去の開発発表以来、何の音沙汰もなかったけれど、最近秋の発表会か何かで披露くらいはする…という情報があったので、気にはなっていた。

 そもそもR-D1はお気に入りとはいえ、その焦点距離倍率に不満を持っていたし、レンズも(他社製とはいえ)画角だけならだいぶ揃ってきたので、受け入れ体制は万全。

 ただ、考えてみればライカの現行モデルのMPやM7も46万円前後という金額。R-D1だって清水の舞台から飛び降りたようなモノだから、デジタルライカなんてなにをかいわんや…ってこと。

 しかし!しかしもしも!もしも35mmフルサイズだったら、50万超してもライカショップで低金利ローンを…!とか思っていたのだが、残念ながらその期待はちと過剰だったみたいね。

 それでも、1.33倍はR-D1の1.53倍よりはマシだと思いますけれど。うーん。28mmが37mmちょい…ってことだから。

 まぁぁぁぁぁぁ…、いずれにせよ、気にしなくていい…ってことかな(^^;)。

土曜の出来事

 土曜は地方から友人が上京していたので、ちと都内に遊びに行ってきました。

 朝からカメラ屋巡りとか新宿御苑巡り、呑みと、結構ぐりぐり歩き回ってしまったような。

 カメラ屋巡りはなんか定番となりつつあるコースなんだけれど、この「巡り」って中野・新宿近辺で終わっちゃうんだよね。コースとしては有楽町まで指定しているんだけれど、たどり着いたことって無い(^^;)。いっぺんちゃんと通しで行ってみたいところ…なんだけれど、それも時間かかりすぎるのでどうかという気が…(^^;)。

 上野、浅草、有楽町の別コースを作るべきかな?


 新宿御苑は簡単な撮影コースってことで。しかし考えてみると俺、東京生まれの東京育ちなのに、新宿御苑来るの、初めてだわ。横を通ることはめっちゃあるけれど、中はなぁ…。東京タワーよりも遙かに頻度が低い。ちと新鮮(^^;)。

 実際、自然も一杯でびっくりしたわー。多い緑の向こうに見えるビル群が印象的だわ。時間の関係で全部巡らなかったけれど、機会あればまた全部ぐるりと回ってみたいわ。

 ちなみに、全部回らなかった原因の一つに、筑紫哲也、永六輔の座談会というのがあった。新宿御苑開園100周年記念でエコロジーとかのテーマだったので、まぁ有名人を見ておこう、望遠の練習だ、ちらっと聞くだけ聞いたらさようなら…とか思っていたのだが、これが思いの外面白かった。結局1時間くらい聞いてしまい、本当はもっと聞いても良かったのだが、なにぶんにも時間がなかったので、そこらへんで切り上げてしまった。うーん、残念。

 まぁあれだ。主義主張で賛同できないところもあったりもするんだけれど、それでも芸達者というか、今まで積み上げてきたモノを持っている人は違うなぁ…と実感させられたり。

 んーと、まぁそんなところかな?(^^;)他にもいくつかネタはあるんだけれど、それはまた別にまとめて…。

2006/06/09

今週末の予定

 …雨っぽそうだなぁ…。まぁだったら、いや、降らなくても夏コミ用のネームしろっっつーねん>をれ。

 とはいえ、梅雨に入りそうなこのシーズン。わずかな走行のチャンスは逃しちゃならねぇ…って気もするし、1日雨の予報が無いような土日になれば、いずれかの日にどこか走りに行こうかとは思ってます。運動の維持のため。

 とりあえず…一人でも藤沢かな。埜庵の天然かき氷。こないだ北の川越行ったし、東の都内はしょっちゅう(そういえば草加にはご無沙汰だが)。西の飯能は先週行ったばかりだから、あとは南か…といった次第。そういえば5月の始め以来か。

 まぁさくっと行って、カロリー少ないかき氷でも食って、ちょっとハラが満たないなら、江ノ島まで足伸ばして魚食って、鎌倉で何か物色して帰れば十分かな。

 今のところ日曜が大丈夫っぽそうだから、軽く行ってくるか…。

 まぁダメならダメで整備しろ…って気もしますが(^^;)そういえばデュラグリスも買った。

 そういえば関係ないが、いつぞや浅草の江戸もんじゃにふらり一人で行ったとき、一人でも来いよと言っていたおばさんなのに「ひとりじゃさみしいから、友達でも連れておいで!どーせ暇なんでしょ!」…って言われた(^^;)4月だったような気が。

 こっちもまた行かないとなぁ。…誰か連れて(^^;)。


#そもそも土曜に予定が入っちゃったな…。日曜は朝ゆっくり起きたいな(^^;)。あー、でも10時頃なら13時着、鎌倉行かず、藤沢・江ノ島あたりを2時間くらいゆっくりして、18時過ぎ着で家に戻るくらいだったら、ちょうどいいか…。

 …ネームはいつ書くんだ?(^^;)

まだまだ素人

 まだまだ新鮮な気持ちでR-D1を使っています。

 こないだは飲み会での写真を撮ってみました。ただ、会場が恐ろしく暗い。明るくても、40mmF1.4で1/15~1/30がやっと。間接照明すら届かないところでは、1/8とか1/4という有様。

 さすがになんなんで一脚(三脚は狭くて使えない)を用意したところ、12mmF5.6の全員集合写真もブレ無く撮れました。

 ただ、後は酒が入った勢いで「一脚も邪魔だー!」とひたすら手持ちで撮ったので、ブレまくり(^^;)。

 いや、それよりもピンぼけばかり…といった方が正確でしょうか。雲台のマウンタを付けっぱなしで操作しづらかった(マウンタが出っ張って、ヘリコイドを回す指に干渉していた)ってこともあるけれど、暗すぎて距離計を確認しにくかった…ってこともある(暗いところのコントラストの低い被写体ばかりで、二重像のブレがわかりにくい)。開放しすぎで被写界深度が浅すぎた…ということもある。

 もうここは割り切って、ある程度絞り、シャッタースピードも固定してしまうのがおそらく最善策…と気づくまで、ずいぶんかかったこと。

 無論そうしてしまうと暗くなってしまうのだが、なーに、現像時に露出補正すれば…と思っていたのだが、RAW撮影にするのを忘れていた…。全部JPEG…。ノイズだらけ(;_;)。

 いやー、酒が入るとろくなことがありませんな(^^;)。

 ガキの頃に(ガキの頃から…ではない)フルマニュアルカメラをいじくっていた経験でなんとか…と思っていたけれど、もちっとじっくりいじくって、撮影シーンでの適正な設定をさくっと導き出すようにならないとな…と思うと共に、酒に振り回されてもいけないな…と思うことしきり。

 ちなみにその時呑んでいたのは大吟醸「女泣かせ」。…俺が泣いちゃうよ(^^;)。

タブレットPCチェック

 特に買い換える予定でもないのだが、一応新製品チェック。

 こちらのジャンルはとみに覇気が無い…というか、盛り上がってないものの、自分としては最重要部類の機種になるので、どんなメーカーのものでもチェックしておくのだ。

日本HP、防滴キーボード/耐荷重500kgfの
モバイルノート

 …の記事の一番下。tc4400 Tablet PCというのがエントリされている。スペック的にはHPの旧機種とあまり変化無いのだが、タブレットPCでCore Duo(T2500(2GHz))搭載ってのはおそらく日本初なのではないかと。要チェックや。

 ただ、XGAで2kg超というのが代わり映えしないな~…といったところ。まぁ、Bluetooth内蔵に免じちゃおうかな。


 ただこれが、なんとなくX41Tの新モデル(X60T?)の足音…って気がしなくもない…(まったくの勘)。

 それがCore Duoで、Bluetooth内蔵で、XGAを超える高画素…っていうのなら、買い換えたいところ。…って、まだ現X41Tのローンが残っているな…(^^;)R-D1のローンも抱えているなぁ…。

 その前に、一番最後の条件がちと現実性のない要望っぽいのだが(^^;)気がついたらハイパーファクトリーでも東芝の大画面モデル、取扱終わってる(メーカーの販売終了)しなぁ…。

2006/06/07

明日のお知らせ

 そうそう、明日8日は深夜から夕方くらいまで、ここにメンテナンスが入るらしいので念のため。

 その間、こちらも更新できませんし、コメント・トラックバック等もできませんので念のため。

 ちなみに時間は…どうせ延びるだろうなぁ…(^^;)。

 念のため、バックアップも取っておこうかなぁ…。

無償だったとは…\(^o^)/

 最近は情報の無さから、リップサービスかなにかだったのかなぁ…と思っていた

エプソン、R-D1をR-D1s相当にするファームウェア

 …が、公開された。うぉ、本当だったのか!?まぁ若干期待してsモデルではなく、無印初代を購入したのだが。ありがとー、EPSON!

 ただ、まだアップデートしていない。なんとなくファームアップデートは「失敗するとおおごと」になりそうで躊躇してしまったり。

 なのでまだ手を付けていないのだが、うかつなことに、ファームウェアが公開された翌日にいきなりISO1600を常用しなければならない場面に遭遇したりして、ちょっと後悔中。ノイズが低減されているんでしょ?とほほ…。

 一応無印でもあまり不便を感じていないのだが、sモデルの方が便利という部分もあるので、やはりアップデートすべきかな…と。

 唯一、「バッテリーの撮影可能枚数が少なくなる」という欠点があるらしいが、クイックビュー対応によるそれ…ってことなんでしょ?設定でOFFにできるらしいから、そうしてしまえば枚数も増えるんじゃないかな?RAW、JPG同時記録とかを設定してしまうと、CPUやカードアクセスが増える分、多少電力食われるとは思うけれど、液晶ほどでもないと思うし。


 あと、記事ではあまり見えないけれど、EPSON Photolier もVer1.21と上がったものが使えるのもいいね。例の高画素変換とかそのうちしてみたい。写真原稿とかに使えるかしらん?使う機会は今のところ無いが(^^;)。

ノートPC拡張の選択肢

 またも自分メモ。

アイ・オー、ExpressCard対応のeSATAカード

 外付けHDDといえばUSB2.0対応機が主流だけれど、データ転送速度的には、実測度比較でもeSATAとかが速い。できればこちらを使用したい。

 ただ、CardBus用カードは存在するものの、ExpressCard用は見かけなかった…ような気がする。

 もっとも、ExpressCardスロットのあるPCを持ってないので、意味無い情報なのだが、まぁ今後のノート選定の情報としてメモ…。


#…ということを書いていたのだが、蹴茶を見ると、すでにいくつかeSATAカードがあったみたい(^^;)。

2006/06/06

除湿の仕方

 友人からの忠告は「保管庫を買え」というものだった。

 レンズ沼にずぶずぶハマり、今のところその沈み具合は止まっているものの、まだ怪しいところにいる自分としては、手持ちのレンズの保管についても気を配らなければならないところに来ている。

 なんつっても8本だか9本あるからね。

 で、「除湿器付きの保管庫がヨドバシで1万円台で出ているぞー」という話をその友人がしていた。なるほど、安い。カビの不安等を退けて、安心を買えるのであればそれは高い金額ではない。

 …が、デカい。その保管庫。

 我が部屋にそんなん置くスペースはもう無い。どうしたもんか。

 …となんとなしにビックカメラをうろつくと、目に入ったのが容量8リットルのタッパーっつーか、保管箱。ああ、そうか、こういう保管の仕方もあったっけ。

 いろんなタイプがあるんだけれど、湿度計が付いていて、しかも外から見やすいようホルダーがついていて、取り付け簡単というのがあって、1600円ときたもんだ。安い安い。シリカゲル付けても2000円に行かない。

 早速家に帰って使ってみたところ、レンズ全部の他に、R-D1、TC-1などのコンパクトカメラも入った。また、湿度も40%を切ったあたりで安定している。

 デジイチだとレンズ2本と本体入れればいっぱいいっぱいかもしれないが、L/Mマウント程度のものだとこれくらいで十分十分。

 手で持てる軽さなので、置き場所も困らないし、当面はこれで十分だな。レンズが増えたらわからんが…(^^;)。

自転車の不安と希望

 自転車雑誌というと、ロードとかMTBとかのカタログ、乗りこなし、レースの詳細結果等々、専門の方向けかな?…と思っていたりもしたのだが、「自転車生活」といった、先に挙げたレース性のものよりもライフスタイルとして自転車を…といった、ライトな視点に基づいた雑誌も最近出ていることを知ったりして。

 で、レースっぽくない衣服などの記事も載っていたりするので、こりゃ輪行本の資料にいいや~…と購入した次第。

 しかしぱらぱらとページをめくってみると、ブリヂストンモールトン:BSM-R2Sという見慣れない型番が!

 し、新型っ!?R20と見た目ほとんど変わらないし、デュラエースも装備となとなっ!?しかも価格は30万円を切っている!…そ、そんなばかなっ!?

 しかしそのような情報はホームページ上で見かけず、謎のモデル。

 そこで和田サイに寄ったときに「そんな情報ある?」と聞いてみると、どうもショップオリジナルらしいというご推察。デュラエースも世代がちっと古いらしい。…ほっ、おぢさん、びっくりしちゃったよ(^^;)。

 …となると、R20のアドバンテージ(?)はまだまだあるな。

 とはいえ、R2Sの写真にある純正フロントキャリアとバッグの組み合わせはちと真似ようと思っていたり。ドロップハンドルでも当たりにくそうな感じになっているし。

 また、BSMのフレーム売りなんつーのも始まるらしいので、カスタムとか作りやすくなるのかもね。トラストフレームもいいけれど、Fフレームも実際乗っていて便利だから(フロントディレーラーだけはちっと考え物だけれど(スピードドライブで回避するべきか?))、もし次があればそれも選択肢にしたい。

 あるいはR20の故障などにも対応しやすい…とかあるかな?

2006/06/03

高麗に走る

06060301

 以前より、2ヶ月ほど飯能・岩鞍ラインに出向いていない…ということを書いていた。土曜になると雨が降り、土曜でないとこのラインはあまり意味をなさないので、なかなかそちらに出向けない。しかしそうするとなおさら、あちらで手に入る食べ物の味が恋しくなってくるわけだ。

 そんなわけで、珍しく雨の予報が入っていなかった今日にこそ、飯能・岩鞍ラインに行くことに!

 …が!週間天気予報でこそ「雨の予報が入っていなかった」のだが、前日になって「予報が悪くなりました」と、雨の予報が!なんでやねん!

 時々あるんだ、毎週末に呪われたかのように、定期的に雨が降る土曜…って。去年の10月がそうだった。よく覚えている。若干11月にかかる形で、毎週末雨が降って、かなり悶々とさせられた覚えがある。

 またその悪夢が…と思いきや、降っても霧雨程度…ということなので、決行を決意。まぁここのところ、土曜降っても日曜は回復…ってこともあったので、走行だけは欠かしていなかったけれど(悪夢の10月は日曜も降っていた)。

 ただ、夜に用事があったため、スケジュールを申し訳ないけれど、他の面子に前倒しでの実行をお願いした次第。すみません。

 で、9時半に河辺駅集合とあいなった。…実は、多摩川からのアクセスと、「麦」へのアクセスを考えると小作駅が都合が良く、自分としてもそちら集合にしたかったのだが、地図を見たとき勘違いした…という経緯があったのは秘密だ(^^;)。

 まぁでも結果的に「たまご倶楽部」に近い集合場所だったから、いっかー!早く行けるし。まぁ、早く着きすぎて開店準備中の乱入になってしまったのはご迷惑だったかもしれないが(^^;)。

 また、新しく「フレッシュどら焼き」というのも別の店で開拓。Nebulaさんはなんとかチーズ入りといったのを購入し、また私はいちご入りといったものを購入。後で食べてみたが、これがかなり美味い。

 中身も美味いが、Nebulaさんが力説する「皮の美味さ」もその通りで、「フレッシュ」と名付けられたのがよくわかる。

 またぞろ、買い出しツーリングの定番コースに組み込もうかな…という気もしていたり(^^;)たまご倶楽部寄るついでに行けるしな…。

06060302 そんな寄り道しながら「麦」に行ったため、当然のごとく当初のタイムスケジュールより遅れる遅れる(^^;)。ただ、「麦」に着くと、レーズンパンの焼き上がるちょい前…という、逆にタイミングいい頃合いだったため、ちと待たせてもらいながら、のんびりと休憩。バザーの品とかもちろっと物色。なんか美味しそうなジャムがあるんですけどー。

 ま、焼き上がり立てのパンもいただいたりして、「麦」気分を満喫。R-D1も自慢できたし(^^;)ぉぃ、満足満足。

06060303 続いては赤沢スイーツに向かうことに。ここで「本来は麦に寄った後、飯能に直行してうどんを食う」予定だったYoshiえさんをご馳走作戦でまるめこみ、山王峠に引きずり込むことに成功(^^;)謎。初の登頂に成功す。すばらしい!もう「サイクリストの血を吸う山王峠」とは呼ばせない!(^^;)意味不明

06060304 赤沢スイーツではいつも通り、物色合戦。夏の新作も美味そうなのそろいですばらしいでごわす。買うだけ買って、まだ食べていませんが(^^;)後でゆっくり…。

 そして次は「古久や」に。以前、空いているはずの土曜に行ったはずが、しかし祝日でもあったために休業日で入れずじまいだった店にリベンジと相成った。

 どうも人気店らしく、店前に行列が出来ていたが、数人程度で、すぐに空きそうな雰囲気だったため、ちょっと待機。ちなみにその行列の中にはロードのサイクリストさんもいらして、ちっちゃいタイヤのこちらの一団が、都内から自走してきた…と話すと、若干あきれ気味…(^^;)。やっぱそーかー…。

 …でもそんなツーリングばかりしているおいらが、26インチタイヤとかのロードに乗り換えたら、どうなるんだろう?…という気がちょっとしている最近。

 「自転車生活」で10万程度のモデルの特集が組まれていたりして、ちょっと気になっています。後に「南米の銀狼」の称されることとなる、Nashさんの南米号の走りっぷりにも魅せられているので、ちょっとこの夏、もう一台加わっちゃったりして…(^^;)どこ置くんだ?。

 ともあれ、間もなく古久やに入店出来、Nebulaさんお勧めの「暖かい肉汁うどん」を注文してみる。「冷たい肉汁うどん」は麺が冷えてて、汁はあったか…と、後で汁がぬるくなるだけ…っつー話なので、あまり望ましくないそうです。

06060305 ほどなくやってきたそれですが、食ってみると…美味い!美味すぎる!肉汁うどんは数回、いくつか食ったことあるけれど、これは絶品です!細めの柔らかい麺が蕎麦感覚に近い食感だから…ということでもないんですけれど、でもそれで食べやすくなっていますし、なにより肉汁のしみた付け汁の美味いこと!勘ですが、出汁だか隠し味に椎茸のそれが強く足されていると思うんですけれど、どうでしょう?

 ともかくも、普通盛りを頼んでしまいましたが、大盛りにしておけばよかったなぁ…と後悔してしまいました。

 また、天ぷらも頼みたかったところですが、時間が遅かったこともあり(それでも2時前後だったような…)、品切れ状態。今度はもっと早く来なければ…。

 …そう、午後3時には閉まってしまう人気店のようなので、来ようとされている方はくれぐれもお気を付けて。

 ちなみに「古久や」はこのへんです。確か日曜・祝日お休みですので、ご注意のほどを>社長(謎)。

 ともあれ、満足ながら「また来よう」と心に誓う私でした。

 また、高麗にも走り、ちと「ムササビ亭」というカレー屋を偵察。その近くの豆腐屋で湯葉も買ったり。湯葉は試食で食ったものの、わさび醤油で食う代物らしく、しかし某氏におみやげで進呈してしまったので、わさび醤油味がわからず、また買い出しに行こうと、これまた誓約(^^;)。

 …なんかどんどん、買い出しリストが増えていくような…。

 とうとう高麗まで範疇が広がってしまい、手に負えなくなっていくかも…。うひー。一辺図説というか、地図とリストを作らないとダメねー。

06060306 ま、そんな一日でした。ちょっと濃密すぎて、夜の用事にその脚(自転車)で駆けつけたのはどーかと思いますが、まぁ…いいか(^^;)ぉぃ。

 ちなみに総走行距離は確認してないのですが、高麗のあたりで60km超えていたので、80~90km程度…かな?

 ツーリングからは夜の用事で途中離脱した形になっていますが、皆さん無事に帰られましたでしょうか?

2006/06/02

音楽の聴き方

 ちょっと自分メモを。

ビクター、定額制音楽配信対応のプレーヤー
-カラー液晶/CCコンバータ内蔵。1GB/512MB


 機器自体よりも、音楽配信というのが気になる。それも定額制っつーのが。

 どういうラインナップになるのかはわからないが、何曲でも定額…っつーなら、定期的に中身を入れ替えて、最新曲を聴くというコンセプトで運用するというのも手だろう。

 好みの曲を入れて、それを繰り返し聞く…というのも手だとは思うが、ラジオ代わりという考え方はダメか?

 もっとも、FM自体内蔵しているのでラジオそのものでもあるようだが。また、マイクも内蔵しているので、音声面でツブしの効くデバイス…って考え方もあるし、結構悪くないかも。

 まぁあまり他の音声を録音する…というケースを思いつかないので、ボイスレコーダー代わり…ってことになると思うが、だったら携帯でもよかないか?

 それに、1GBで2万7千円というのが、小容量で高価…という気がしないでもないが。再生時間もちと不明ってのが気になる…。

 まぁともかく、その定額配信というのがあるのかどうなのか…ってあたりを調べてみると、

ナップスタージャパン設立、定額制の音楽配信サービスを来春にも開始

 これのことか?なんだよ、まだ先じゃん。それもちと本当にやるかどうか、怪しい気がする。

 会社が怪しい…という意味ではなく、外国発のサービスで国内の著作権がからむ話、特にJASRACがからんでくると、おいそれと実現する話でもないと思ってるんだなー、わし。

 …となると、正式サービス発表まで信用しないことにするわし。

 他に定額制は無いものか…と調べてみると、

リアル、定額制音楽配信サービス「リアルミュージック」正式サービス

 …っつーのがあった。こちらはもう正式サービスか。

 あ、でもひょっとしてPC再生専用か?…となると、携帯音楽端末では使えないなぁ…。

 …とは言いつつ、これはこれでちょっと気になる。

 もともと静寂に耐えられない人間なので、家では見て無くてもほとんどテレビつけっぱなし。そうすると「見てない」としても、なんとなく意識がそちらに集中したり、結局見なくてもいいものを見てしまったりしてしまう。まぁおかげで雑学とか頭に放り込まれたりもするのだが、見ないで済むなら見なくたっていい…のだが、そういった場合、なにか鳴っていて欲しい。

 ラジオでもかけていればいいような気がするが、より意識を集中させるために音楽オンリーなチャンネルの方がいいような気がするし、だったら衛星放送の有線みたいなサービスなんてのが良かった。

 ただ、部屋の配置の関係上、衛星が飛んでいる方向にアンテナを設置できなかったり、微妙に高価な印象があったりした。1,000円/月超えちゃうとね、どーも高い気が…。

 …となると、光回線(VDSLだけど)を活かした方の有線でどーにか…ってのが現実的で、ネットラジオとかポッドキャスティングとかの方を利用する…って手もあるが、それは…疎かった(^^;)。

 そうだ、全然知らないや>ネット音声放送。

 先のリンク先のリアルは「安価に最新の曲に触れられる」イメージで食いついたが、この新サービスに限らず既存のチャンネルで何か「使える」方法はないか、つらっと調べてみるか…。どう調べればいいか、ようわからんが(^^;)。

 で、空いているノートPCでも使って受信しっぱなしにすればいいか~。

2006/06/01

そろそろ替え時?

ケータイ新製品SHOW CASE
905SH(ホワイト)

 そういえばボーダフォンのSH53にしてから、ずいぶん経つ。2年くらいにはなるんじゃなかろうか?

 …ともなれば、端末自体には特に不満がないものの(単に使い込んでないだけの話なのだが)、そろそろ買い換えてもいいような気も。

 しかし、そもそも当時「全部入り」と謳われて選んだ端末だから、後継(?)機種ともなれば、同等に機能豊富であってもらいたいもの。使う使わないは別にして(^^;)。

 そう考えると何がいいだろう…となると、先のリンク先のような905SHって手があるのを思い出した。

 この機種、ワンセグに阻まれて見落としがちだけれど、「比較的全部入り」なのよね。お財布携帯機能とか、一部機能はないけれど、Bluetoothもさりげに入っているのは俺にとってポイントが高い。

 ワンセグ視聴中も電話着信できたりと、マルチタスクなのもいい。そうそう電話がかかってくるユーザーでもないのだが(^^;)。

 もっとも、そもそも外でテレビを見るかどうかも疑わしいが。ただ、時間が空いたときの暇つぶし、また、ラジオの代わりの情報収集としてもまぁ使えるか(災害時はわからんが)…程度に考えていいのであれば、悪くはないか…と。


 もっとも、3Gに端末が替わるなら、メールがある程度無料…ってサービスが終わってしまうので、ボーダフォンにこだわる必要もない。

 ナンバーポータビリティの開始が近く、かつauもくりこし割引の開始が近いことを考えれば、別キャリアだっていいはずだ。

 メールアドレスはさすがに変更になるらしいが、携帯メールのアドレスを公開しているのはごく一部なので、通知はそんな面倒でもない。

 もっとも、ボーダフォンがソフトバンクになるにあたって、なにかまた別のメリットもあるかもしれない。時期を見てそろそろ…とは思っているが、その時期をどう判断するか…が勝負の分かれ目なのかもしれない(^^;)なんの勝負だ?。

ひょっとしたら待ち望んでいたかも?

 ん?

ノキア、「Nokia 6630」日本語版を6月1日発売

 …TMXくんが買いそうだな(^^;)。FOMA持っていれば使えるんでしょ?で、Bluetoothも積んでて、Symbian OSとなると、いつぞやのドコモ純正よりはよっぽど使いやすいのでは。

 まぁ価格が価格なんで、絶対買うとも思えないが(^^;)。

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »