2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

関連リンク

 


検索


  • Google


    WWW を検索
    とめどなく雑記 を検索

写真ピックアップ2012/04-05

  • 夜の桜
    2009年初頭までは定期的に写真を掲載していたのですが、その後サボってしまいました。写真自体は折を見て撮影していたので、現在からお気に入りなどをピックアップして掲載していきます。ファイル名は特に撮影時期ではありませんので念のため。

2009年1・2・3月撮影分

  • L1000050
    2009年になっても相変わらずぶらぶら撮った写真に終始すると思いますが、ご勘弁のほどを(^^;)。

2008年10・11・12月撮影分

  • 皆が見ないコミケの顔・その5
    D-LUX4も加わっての、バラエティに富んだ写真アルバムに…なるはず?ただ、MPはフィルムなので、掲載する予定はありません。

2008年7・8・9月撮影分

  • 祭り
    一番忙しい四半期につき、写真は少なめになるかと思います。とはいえ、新レンズを使ったりして多少浮かれてはいるかな?(^^;)

2008年4・5・6月撮影分

  • 単線のある風景
    4、5、6月分です。特に説明も無いのですが…(^^;)。まぁのんびりスナップをアップしていく…予定かと。

2008年1・2・3月撮影分

  • 円覚寺・その4
    相変わらずぶらぶら撮っています。面倒なんで、これからは3か月分、まとめようかな。

2007年10・11・12月撮影分

  • 来年に向かって歩く
    相変わらずぶらぶら撮ったものです。あまりにもとりとめなく撮ったので、3ヶ月分まとめさせていただきます(^^;)。

2007年9月撮影分

  • 機上から見る雲
    9月撮影分です。主に久米島旅行で撮った写真になっています。

2007年4・5・6・7・8月撮影分

  • 夏の海
    相変わらずぶらぶら撮った写真です。ちなみにコミケの写真は入っていません。

2007年1・2・3月撮影分

  • 桜の風景・その11
    まだまだのんびり写真です(^^;)。なんか、撮っているのも楽しいですが、現像も楽しいですね。

2006年12月撮影分

  • 築地の町並み
    相変わらずR-D1メインでぶらぶら撮影したものを掲載していきます。紅葉も都心の方まで降りてきていますので、当初はそれを中心に…といったところになるかな?

2006年11月撮影分

  • P1020232
    距離計の狂いから一時期修理に出していたR-D1が帰ってきたので、ちらほらと撮影したものをアップします。
    でもなーんかぎこちないというか…写真に対する自分なりの立脚点がしっかりしてないというか…(^^;)。
    個人的にはしっかり楽しんでいるのでいいとは思うんですけれどね(^^;)。

2006年9月 石垣島周辺旅行

  • 車に積まれたエンジン
    9月下旬に石垣島及び周辺離島を旅してきたときの写真です。
    カメラはR-D1を修理に出していたので、LC1とF10です。Exifん時に機種が書いてないのはLC1と見てください(RAWを現像・エディットして保存すると、さすがにExifデータが残らないみたい)。明るいときにはLC1にはND8のフィルターを装着しています。

2006年6月撮影分

  • 富士山を臨む
    6月撮影分です。ちょこまかと撮っているのをあげていきます。
    色々なレンズも出てきますが、だいたい使うレンズが決まりつつあるような…。

2006年5月撮影分

  • 深川の風景
     ちょっと細かな撮影が入り組んでいる月なので、まとめてのアルバムにします。
     まず最初はくらやみ祭り。のんびり行ったせいか、人垣を越えられず、てんで山車とかの写真はありませんので、期待しないように(^^;)。
     次に有楽町あたりをぶらぶら歩きながら撮った写真、お台場や川越などと、色々取り混ぜてあります。

2006年4月 浅草・皇居前広場・銀座等

  • 紅い店先
    まだR-D1に慣れていないので、運動がてら、色々テスト撮影。その途上、Jupiter-12 35mmF2.8やアベノン28mmF3.5を買ってしまったり(^^;)。その他にはスナップショットスコパー25mmF4とカラーヘリアー75mmF2.5で撮影。

2006年4月 沖縄旅行

  • 赤壁
    買いたてのR-D1を片手に沖縄をうろついた時の写真です。 レンズは基本的にフォクトレンダーのUltron35mmF1.7。広角に写っているのはUltraWide-Hrliar12mmF5.6。飛行機の撮影など、一部望遠はNokton50mmF1.5。

2006年4月 三浦半島一周

  • トンネル入口
     三浦半島一周の旅ですが、お伴にR-D1も持っていきました。  この手の負担の大きい旅ではF10といった軽いデジカメの方が適しているんですが、買ったばかりだし(^^;)、カメラとして楽しむならこちらの方がいいですしねぇ…。  そんなわけでウェストポーチで出動です。カメラ用ポーチというのがあるんですな。一眼レフも入るタイプなので、スリムなR-D1だとレンズを数個入れてもまだ余裕があったりします。  ただ、便利ではあるんですが、ちょっとデカいんですよね。カメラが入る以上、仕方ないのですが。今回はまだ涼しかったから良いですが、今後は考えないといけないかもしれません。ムレるかも。  …で、レンズはウルトラワイド・ヘリアー12mmF5.6、Jupiter-12(35mm)といったところ。実はアベノン28mmも持っていましたが、今回は使いませんでした。 ※工事現場の写真、その3とその4が入れ替わっちゃってますが、そこらへんはうまく数字順に読んでください(^^;)。

« 新宿の初体験 | トップページ | 三浦の春キャベツ »

2006/05/14

R-D1の新しいスタイル

 ところで、友人のレンズ(オプション)探しに同行し、その友人が物欲沼に浸るのを眺めてやろうというのが今回のコンセプト。

 なにぶん、安いものばかりとはいえ、ここのところレンズを買い足してばかりなので、お金がない。そこで今回は魅力的なレンズがあっても、絶対に買い足さない!と心に誓ったのだ!

 そう、レンズ沼にはまらないよう、自分のレンズ物欲を断ち切り、その思いを逆に友人に果たさせてやるのだ!と意気込んだのだ!

 見事、その目的の一部は達成され、新しいLマウントやMマウントのレンズは購入しなかった!さすが俺!大人!そうそうレンズ沼にはまってやるものですか…と。

 しかし友人は友人で収入予定が繰り下がり、手持ちがない状態での参加で、オプションはともかく、レンズは中古でも手に入れられない状態。

 うお、せっかくの買い物ツアーなのに!

06051301 …と思っていたら、あれ?なんでこんなものが私の手元に?(^^;)

 いや、中野の某店で珍しいユニバーサルファインダーを見つけ、それがまたターレット式という、レアなものだったりしたもんだから…。

 元々ユニバーサルファインダーは欲しかったんすよ。R-D1といえば、焦点距離が1.5倍になってしまう困ったさん。28・35・50mm用のフレームが用意されているとはいえ、それ以外のレンズとなると、従来の焦点距離とは違う、中途半端なフレームが必要になってしまうわけで、それに対応するのにユニバーサルファインダーが有用なわけで。

 ただ、ターレット…というギミックにもあこがれてしまう。ターレットファインダーは各焦点距離のファインダーを切り替えて使うわけで、それはそれで便利なんだけれど、前述したとおり、「中途半端な焦点距離」になってしまうR-D1ではマッチしない。

 しかし今回のは28mm域をカバーしてないのは残念だが、35mmから135mmまでカバーし、かつターレットのかっこよさを残した、いいとこどりの逸品。

 望遠域側のレンズがカビかなにかで曇ってしまっている程度の悪さなんですが、よほど暗いところでないと影響ないようなので、問題なしです(他レンズと一緒に保管する気は無いですが)。

06051302 とりあえず内蔵ファインダーでカバーできないカラーヘリアー75mmとペアで使ってみると…、おお!カッコいい!

 「リボ払い」というR-D1ユーザーグループ展に持っていいたところ、「誰を撃つの?」と言われる始末。狙い通り!(^^;)ぉぃ

 そして困ったことに、これが結構実用的なんです。

 ファインダーが二つになるので速写性は劣ります。まず内蔵ファインダーでピン合わせと露出の確認。その上でこのターレットファインダーで構図を決めて撮影…ということになるんですが、当たり前といえば当たり前なんですが、ターレットファインダーの焦点距離を合わせてしまえば、その構図とほぼ同じ構図が撮影出来ます。

 10m以上の無限遠ならピンを固定し、絞り優先AEにしてしまえば、ほとんど外付けファインダーだけで撮影も可能でしょう。

 パララックス補正もついているので(フィート表示なのがちょっとアレですが(^^;))、近距離でも結構どーにかなります。

 広角派を自認し、「男なら寄って撮れ!」と言いつつ、焦点距離1.5倍という制約に「標準以上もモノにしていかないと…」と思っていた身としては、望遠側についてもこれでカバーし、かつ面白い撮影が出来るようになると勢いづいています。

 135mmフレームまでカバーですから…90mmレンズもちょっと気になり始めています(^^;)。

 …と同時に、20~21mmもちょっと気になります。

 こちらは換算して30~32mmになるわけですが、内蔵ファインダーだと28mmフレームよりも大きい視野になるわけで、内蔵ファインダー全域よりも広い範囲が撮れてしまうスナップショットスコパー25mmでも手に負えない状況です。

 12mmは最近「心眼フレーム」を会得して深い被写界深度でどーにか…ってことになってきましたが(^^;)ホントかよ、20mm前後で明るいレンズ希望の身としては、心眼フレームというわけにはいきません。

 …となると、ピン合わせは内蔵、構図を外付け…という、望遠と同じ構成が必要になってくるわけで、まぁ35mmファインダーでどーにかカバーできるだろ…ってことになると、ターレットファインダーでどーにかなってしまうかな…というわけです。

 勿論30~32mm換算全域をカバーしている訳ではありませんが、内蔵よりはやりやすいハズです。

 おお、広角も!…って、30mmあたりを広角と呼ぶのはちょっと抵抗があるんですが、まぁいいか。

 ルサール20mm…は距離計非連動だったような気がするので…カラースコパー21mmか、アベノン21mmくらいが手頃か?(^^;)カールツァイスはコスト的にちょっと…(スタイル的にはシルバーモデルなら、ターレットファインダーとマッチしそうだが…)。

 ともあれ、レンズ沼に決別決意を完遂しつつ、別のレンズを買ってしまい、それによってまた新たなレンズ沼への深みを見いだしてしまったのは…果たして当初の目標を果たしているのか、はなはだ疑問です(^^;)。


 さて、このターレットファインダー。先にも書いたとおり、デカいです。こういうのをなんのカバーも無しにバッグにつめると、他のものを傷つけてしまうおそれがあります。

 そこでなにかしらのケースが欲しい。そんなことを新宿で友人と語らっていたら、あそこの店で探してみたら?…ということに。

 友人はカメラのオプションを探していたのですが、カメラの革ストラップのパッドがなかなか見つかりませんでした。細いお気に入りの革ストラップらしいのですが、生産中止に追い込まれたそのαなカメラとその先行きの不透明感の重圧からかぉぃ、その重さがずしりと肩や首に掛かるらしく、それを分散させるためにストラップ用のパッドが欲しいらしくて。

 カメラ用のそういうオプションは結構サプライ品で用意されているのですが、革へのこだわりか、なかなかその革質にマッチするパッドを見つけられませんでした。

 …で、新宿はあまり詳しくないのですが、そういえば革製品といえば、紀伊国屋ビル1階にそういうお店があったなぁ…と思い出し、いざとなったらオーダーメイドか?…と覚悟しつつ訪問したところ、そのものズバりなパッドがあり、問題が解決した経緯があります。

 そのあとの夕飯で定食が来るのを待ちながら、革パッドをなめす(?)笑顔の友人といったら…。今度その写真をカメラ仲間のわたなべさんに送りつけてやろうか(^^;)意味不明。

 で、そういうのを見つけられたお店なんだから、こんな変わった形のファインダーでも収められるケースぐらいあるだろう…という話になり、再来訪して捜索した次第。

06051303 お店の方にもご協力していただいて、巾着袋からガマ口まで(^^;)マジ、いろいろなものを試した結果、携帯電話ケースが良い…との結論に達しました。

 口幅、収納スペースの幅等の検証の結果、これが一番使いやすいとの結論に達したわけです。いざとなれば腰ベルトにくくりつけられるし。

 ただ、携帯電話用ケースだけあって、ターレットファインダーにしては底が深すぎます。まぁそこらへんは口の部分にスリットが入っているので、折りたたんで逆に蓋とする…というメリットを見いだしたのですが、留め具の問題がでてきます。ケースのサイズが変わってしまいますので、本来の位置に留められません。

 まぁそこらへんはマジックテープを新たに追加するとかして、自作しますか…とつぶやいたところ、店の方から衝撃の一言が!

 「あ、ポッチ金具付けてあげるよ(有償)」

06051304 なるほど、それなら確実にターレットファインダーのサイズに合わせてケースを固定できる…って、そんなことできるんすか!…と言っているそばから担当者があれよあれよというまに改造完了。数百円で携帯ケースからターレットファインダー専用ケースに早変わりです。

 …すげぇ。革は良い…とか常日頃聞いたり、なんとなく言ってみたりはしていたけれど、こう…簡単に改造とかできてしまうと、感動もんですよ。

 まぁ、考えてみれば衣服でも昔は改造…というか、寸法直したりして着続けたり、あるいは子どもや他の人に渡したりしていたので、革に限らず当たり前といえば当たり前なのかもしれませんが、ユニクロの安い服を次々買い換えしている身としては、結構衝撃です。

 ともあれ、無事ターレットファインダー用ケースが完成し、愛用させていただいてます。ターレットファインダーを売るとき、これを付けたら高値になるかな(^^;)売るつもりはまだ無いけどね。

 また、長く使うつもりのものはやはりケースとか用意して、それはやはり革にしようかと。いざ壊れても永く修復して使い続けられるような…。

 ただ、そう長く使おう…と思っているものはあまり無いんだけれど(^^;)。R-D1にはもう革ケース、あるし…。

« 新宿の初体験 | トップページ | 三浦の春キャベツ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27753/10063797

この記事へのトラックバック一覧です: R-D1の新しいスタイル:

« 新宿の初体験 | トップページ | 三浦の春キャベツ »