2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

関連リンク

 


検索


  • Google


    WWW を検索
    とめどなく雑記 を検索

写真ピックアップ2012/04-05

  • 夜の桜
    2009年初頭までは定期的に写真を掲載していたのですが、その後サボってしまいました。写真自体は折を見て撮影していたので、現在からお気に入りなどをピックアップして掲載していきます。ファイル名は特に撮影時期ではありませんので念のため。

2009年1・2・3月撮影分

  • L1000050
    2009年になっても相変わらずぶらぶら撮った写真に終始すると思いますが、ご勘弁のほどを(^^;)。

2008年10・11・12月撮影分

  • 皆が見ないコミケの顔・その5
    D-LUX4も加わっての、バラエティに富んだ写真アルバムに…なるはず?ただ、MPはフィルムなので、掲載する予定はありません。

2008年7・8・9月撮影分

  • 祭り
    一番忙しい四半期につき、写真は少なめになるかと思います。とはいえ、新レンズを使ったりして多少浮かれてはいるかな?(^^;)

2008年4・5・6月撮影分

  • 単線のある風景
    4、5、6月分です。特に説明も無いのですが…(^^;)。まぁのんびりスナップをアップしていく…予定かと。

2008年1・2・3月撮影分

  • 円覚寺・その4
    相変わらずぶらぶら撮っています。面倒なんで、これからは3か月分、まとめようかな。

2007年10・11・12月撮影分

  • 来年に向かって歩く
    相変わらずぶらぶら撮ったものです。あまりにもとりとめなく撮ったので、3ヶ月分まとめさせていただきます(^^;)。

2007年9月撮影分

  • 機上から見る雲
    9月撮影分です。主に久米島旅行で撮った写真になっています。

2007年4・5・6・7・8月撮影分

  • 夏の海
    相変わらずぶらぶら撮った写真です。ちなみにコミケの写真は入っていません。

2007年1・2・3月撮影分

  • 桜の風景・その11
    まだまだのんびり写真です(^^;)。なんか、撮っているのも楽しいですが、現像も楽しいですね。

2006年12月撮影分

  • 築地の町並み
    相変わらずR-D1メインでぶらぶら撮影したものを掲載していきます。紅葉も都心の方まで降りてきていますので、当初はそれを中心に…といったところになるかな?

2006年11月撮影分

  • P1020232
    距離計の狂いから一時期修理に出していたR-D1が帰ってきたので、ちらほらと撮影したものをアップします。
    でもなーんかぎこちないというか…写真に対する自分なりの立脚点がしっかりしてないというか…(^^;)。
    個人的にはしっかり楽しんでいるのでいいとは思うんですけれどね(^^;)。

2006年9月 石垣島周辺旅行

  • 車に積まれたエンジン
    9月下旬に石垣島及び周辺離島を旅してきたときの写真です。
    カメラはR-D1を修理に出していたので、LC1とF10です。Exifん時に機種が書いてないのはLC1と見てください(RAWを現像・エディットして保存すると、さすがにExifデータが残らないみたい)。明るいときにはLC1にはND8のフィルターを装着しています。

2006年6月撮影分

  • 富士山を臨む
    6月撮影分です。ちょこまかと撮っているのをあげていきます。
    色々なレンズも出てきますが、だいたい使うレンズが決まりつつあるような…。

2006年5月撮影分

  • 深川の風景
     ちょっと細かな撮影が入り組んでいる月なので、まとめてのアルバムにします。
     まず最初はくらやみ祭り。のんびり行ったせいか、人垣を越えられず、てんで山車とかの写真はありませんので、期待しないように(^^;)。
     次に有楽町あたりをぶらぶら歩きながら撮った写真、お台場や川越などと、色々取り混ぜてあります。

2006年4月 浅草・皇居前広場・銀座等

  • 紅い店先
    まだR-D1に慣れていないので、運動がてら、色々テスト撮影。その途上、Jupiter-12 35mmF2.8やアベノン28mmF3.5を買ってしまったり(^^;)。その他にはスナップショットスコパー25mmF4とカラーヘリアー75mmF2.5で撮影。

2006年4月 沖縄旅行

  • 赤壁
    買いたてのR-D1を片手に沖縄をうろついた時の写真です。 レンズは基本的にフォクトレンダーのUltron35mmF1.7。広角に写っているのはUltraWide-Hrliar12mmF5.6。飛行機の撮影など、一部望遠はNokton50mmF1.5。

2006年4月 三浦半島一周

  • トンネル入口
     三浦半島一周の旅ですが、お伴にR-D1も持っていきました。  この手の負担の大きい旅ではF10といった軽いデジカメの方が適しているんですが、買ったばかりだし(^^;)、カメラとして楽しむならこちらの方がいいですしねぇ…。  そんなわけでウェストポーチで出動です。カメラ用ポーチというのがあるんですな。一眼レフも入るタイプなので、スリムなR-D1だとレンズを数個入れてもまだ余裕があったりします。  ただ、便利ではあるんですが、ちょっとデカいんですよね。カメラが入る以上、仕方ないのですが。今回はまだ涼しかったから良いですが、今後は考えないといけないかもしれません。ムレるかも。  …で、レンズはウルトラワイド・ヘリアー12mmF5.6、Jupiter-12(35mm)といったところ。実はアベノン28mmも持っていましたが、今回は使いませんでした。 ※工事現場の写真、その3とその4が入れ替わっちゃってますが、そこらへんはうまく数字順に読んでください(^^;)。

« とりあえずご連絡 | トップページ | 中野の楽しみ »

2006/05/01

三浦半島一周の旅

 特に理由はなかったんですけれど、なんとなく「三浦半島を一周してみたい」みたいな思いがあったりして。

 100km超の走行も出来るようになってきて、いろんな所を走れる妙な自信を持っちゃったこともあるんだろうけれど、何かわかりやすい目的で、今までの走行をちょっと超えるような距離で手頃なのが何か無いか…と思ったら、たまたま「三浦半島一周」だった…という…ある意味、訳のわからない理由なんですが(^^;)。

 ただ、やるなら体調を整え、やったらやったで間違いなく翌日はグロッキーなので、いつでもできる…ってものでもない企画なので、なかなか今まで実現できなかったんですよね。

 しかしGWとすれば、休みが続きますので、体調を整えたあと、走行。そして休養…ってことができます。

 そんなわけで、前日ゆっくり休んだ4月30日に決行してきました。

 出発は朝7時半。本当はもうちっと早く出たかったところですが、まぁ順調に遅れた…ということで…。

06050101 まずは多摩川サイクリングロードを走るため、是政橋まで南下。そしてひたすら東進。丸子橋まで走行しました。

 まぁここら辺は今までも走行した経験があるので、普段通りのタイムペースで走行できました。今度は「直進番長」ではありませんでしたぜ(^^;)。

 で、綱吉街道を南進。これも慣れています。ひたすら綱吉街道を走っていると途中の坂がきついので、菊名あたりで下道に入り、東横線沿いを走るのがコツです。これも父方の墓があるのでよく寄っているせいで、勝手知ったるなんとやらです。

06050102 そして東神奈川経由で横浜に。ここまでは至って順調。大体2時間半くらいで到着していますが、途中朝飯食ったり、撮影したりしているので、実質はもうちょっと早く着いていてもおかしくありまえんでした。

 ただ、困ったことに、ここより先がわからない。横浜-横須賀間は未走破地区です。首都圏ノポという携帯地図も買って、不測の事態に備えました。

 しかし結局は道路標識と「16号一本」という走りやすさで、道に迷うことはありませんでしたが。

 ただ、ここがキツかった。走ったことのない道というプレッシャー…というか、「走っているところは間違っていないだろうか?」という疑心と、海風になるのでしょうか、南風がキツく、向かい風。更に空腹が追い打ちをかけてどんどんペースが落ちていきます。

 あとどのくらい走れば横須賀…という目安もよくわからず、ある意味この区間が一番キツかったですね。

06050103 まぁそれでも金沢文庫のアタリで写真を撮ったりはしましたが。

06050104 結局横須賀には2時間くらいかかってしまったような…。距離を考えると、もう少し早く走りたかったのですが、無理だったようです。

 しかしここからは知っている道。ぐんぐんとペースを上げて…といきたいところでしたが、さすがに空腹がおそってきます。

 大津のあたりまで16号を走り、北久里浜に方向転換。そしてまた横須賀葉山線に乗り換えて…ってあたりで限界を感じ、セブンイレブンで栄養補給。ほっ。本当は三崎でマグロをがっつきたかったんですが…。

06050105 しかしこの栄養補給が効いたのか、佐原だか栗田のアタリの上り坂もぐいぐい。さっさと野比から三浦海岸に入ります。相変わらず海風が強くて走りにくいのですが、まぁそこは景観に免じて…。

 …といきたかったのですが、馬鹿な暴走族連中がうるさくって、気分が台無しです。どーにかならんのか、あのぼんくらどもは…。

 ともあれ、三浦半島を南回りで三崎に近づくことに。途中大浦海岸に抜ける道があるんですが、その手前の上り坂が自転車にはキツいキツい…。あそこはどーにかならんかな…。

06050106 まぁ汗だくになりながら毘沙門あたりの風力発電を横目に、なんとか三崎に到着です。この時点で13時30分くらいだったでしょうか。

 ちなみにこの時点で87km。…普段の往復距離だよ。でもまだ帰りもあるんだよなぁ…。

06050107 三崎とくれば阿木ってもんで、阿木丼を食すべく、ちっと並んだりしたので、正確な時間はちょっと。相変わらず阿木丼はうまいですが、たまには浮気して立花とかでも食ってみたいな。ちらっと寄ってみたら意外なことに、並んでなかったりしたので(あとで寄ったから時間がずれていたのかもしれないけれど)、次があれば…。

06050108 ちなみに、前日の土曜の三崎は土砂降りだったとか。土曜の都心はぱらついた程度だったので「こりゃ走っておいてもよかったかなぁ?」とか考えていたところ、うかつだったらしい(^^;)。

06050109 ちなみに、うらりん…だっけ、直販センターではマグロの解体ショーも見られたり。小さいマグロだったので、ショー用の、商売用ではないモノだったのかもしれないけれど、マグロの頭が300円だとか、並んでいるブロック単位で1,000~1,500円と、ちとオトク感が…。自転車でなければ買っておいたところだぞ。やっぱ楽しいところだな、あそこは…。

 …というか、三崎は自転車で来る所じゃないね(^^;)。

 しかし、次の目的に向かうために油壺入口を通って引橋まで通る県道26号の渋滞を見るにつけ、車で来るところでもねぇなぁ…という気も(^^;)。電車で来ても結局この区間をバスかタクシー…となれば、その横をすいすい走る自転車もいいんだけれどねぇ…。輪行で自転車と保冷発砲スチロールパッケージを持って帰る気にはなれないなぁ…。

 …あ、クール宅急便がいいのか(^^;)。

 で、今度は134号を北進し、逗子経由で鎌倉に向かうことに。相変わらず渋滞中の路肩を走る格好なんだけれど、また暴走族連中に遭遇。…まったく、うるさい連中だ…。

 ただ、向こうも路肩を走ってくるわけなんだけれど、無理にこちらを追い抜くわけでなく、こちらが向こうに気づくまで(実は気づかないふりをしていたのだが(^^;))アオりとかもしなかったり、なにげに信号守ったり、で、遅れる仲間を退避所(…つっても、バス停や空き地なので、それもどーかとは思うが)で待っていたりと、挙動はかわいいもんなので、憎みきれないのがなんとも(^^;)。

 まぁあまり周りに迷惑にならないように、あとルールを守ってつるんでいただければな…と。

 …とか、疲労が溜まってくるとなんとなーく悟りの境地にも達してくるのも又醍醐味なのだろうか?ただ、もうすでに右膝が悲鳴を上げ始めていたり。

 右膝…ってあたり、右利きに起因する右脚に偏ってしまう負担のかけ方…が原因なんだろうなぁ。

 なのでそれからはなるだけ左脚重視で走ったり。

06050110 ともかくも、逗子を横目に、なんとか三崎から1時間半で鎌倉到着。こちらはある意味、栄養補給直後のちょっとした登り、以降の長い緩やかなくだり…って感じで走りやすいからいいんですけれども。ただ、葉山のアタリを海沿いを走ると、道が狭いくせにバスやら何やら、交通量が多いので走りにくいんですけれどもね。

 葉山ご用邸あたりで右折すればいいのかなぁ?でもそれも味気ないかな?

06050111 話を戻して鎌倉あたり。花見のシーズンほどではないにせよ、やはり結構な人出…の中、やっぱり麦田もちを購入したり(^^;)。

 あとはのんびり海岸沿いを走って藤沢経由で帰宅…と思ったら、これまた海風がかなりキツく、走りにくいったらありゃしない。

06050112 まぁそれでも江ノ島を横目に走っていた…ら、ここまで来たなら途中だけれども、ご褒美…ってことで「埜庵」に繰り出すことに。営業時間チェックしてないけれど、17時過ぎあたり到着の目安だったので、なんとかなるだろう…といってみたら、18時閉店だったらしいので、なんとかセーフ。ほっ。

 で、あまり気がつかなかったのだが、月限定メニューのかき氷…ってのがあったらしく、4月のメニューが最後…ってことだったので、その中の一つ、ブルーベリーヨーグルトを所望。なんか目が疲労っぽかったので(^^;)。

06050113 で、これが大当たり。ヨーグルトの甘みがブルーベリーの酸味(逆か?)とうまくマッチ。ちっと感動もんでした。

 これを1階で食していたので…っつーか、この時点で階段を上る気力なし(^^;)。だらーっと1階で食しながらマスターと話していたんだけれど、埜庵の鵠沼海岸開店が昨年の5月1日ということで、ちょうど1年の区切りの最後の客が私だったらしい。

 当然こちらはそこらへんなんのつもりも無く来てしまったのだが、聞かされるとなんとなく感慨深いモノになったりして…と、珈琲飲みながら18時を向かえるところで…常連さん来客(^^;)。

 うわー!しまったー、くそー!…って気に(^^;)。いや、なんのつもりも無く来たんだから、どーでもいいはずなんだけれど、そうでなくなりました…ってことになると、異様に悔しい感が…(^^;)。

 まぁ、ベスト3に入ったから、良しとするか(^^;)意味不明。

06050114 そんなわけで(?)、18時過ぎに埜庵を出発。藤沢駅付近をすり抜けて境川に合流。程なくサイクリングロードに進入し、ひたすら北進。

 相変わらず右膝がうずいてましたが、左脚エンジンだけでなんとか視野が明るい内は25km/hとか出して、できるだけ早く走りたいところ…で、急にR-D1の長時間露光撮影になぜか開眼(^^;)。ひたすら横道にズレ続け、到着時間を遅らせることに…。まぁそこらへんの話は別記事で…。

06050115 ちなみに途中、…しゃおらどんにだっけ、境川沿いに気になるラーメン屋があると言ったことがあるのは。

 そこに空腹に耐えかねて(埜庵で食ったのは考えてみればかき氷だけだし)寄ってみました。せっかく長距離走ってカロリー減らしているのに、動物性脂肪のかたまりのラーメンもどうかな…と思ったのですが、こういう機会くらいしかそこに寄れることなんて無いし…ね。

06050116 まぁ、チャーシュー麺、ライス付き…ってのはやり過ぎだと思いますけれど(^^;)。ただ、美味かったからいいんですけれどね。正直言えば他よりもぬきんでて…ってほどではないんですけれど、さっぱり感のスープと細麺で、なかなかの美味なんで、合格点はらくらくクリア…って感じですよ。

 驚いたのはチャーシューなんですけれど、切ったあと、断面を軽く焼いてましたよ?あまりそういうのって見たこと無いんですけれど、普通なんですかね?考えてみればうまみを閉じこめるいい手段だとは思いますが、手間が増えるのでそうそうやってるとは思えないんですけれど。それを見られただけでもチャーシュー麺を頼んだ甲斐があったかな。実際、一口目の香ばしさといったら…。

 ちなみにこのとき、すぐ表に駐車されていた車に当て逃げがありました。あとで見てみたら後方がぐっしゃりつぶれ、めもあてられないほどに…。それで逃げるんだから、当てた方も相当な壊れ具合のハズですが、それでも当てられた方が当て逃げされて憤慨モノです。

 ただ、目撃者が自ら名乗りをあげて…というか、車のナンバーや車種は勿論、乗っていた人の人相から服装まで出るは出るはの目撃情報。警察もすぐに来ての情報収集。まぁけが人すらいない(加害者側は知りませんが)事故なので緊急配備…ってことはないでしょうが、アシがつくのは時間の問題でしょう。悪いことは出来ないものです…というのを痛感する事故でもありました。

 …え?私?件のチャーシュー麺に夢中で、事故があったことすら知りませんでした(^^;)衝突音の記憶もさらさら無い。うーん、恐るべしチャーシューの魔力。

 ただ、あの店の自慢は餃子らしいから、また食いに行かないとなぁ…。

06050117 ともあれ、あとは真っ暗な中をひたすら走行し、22時頃家に到着しました。14時間半…って。

 まぁその時間ずっと走っていたわけではないのですが、サイクルコンピュータによる走行記録によれば、実走行時間(スピードを記録していた時間)は9時間ちょい。総走行距離は170kmちょっと…という長距離…。いやー、走った走った。

 まぁおかげで右膝が痛いんですけれど…。どう考えても走りすぎですね。あるいはもう少し身体を鍛えるなりなんなりしないと。いくら膝に負担をかけない小径車でも、この距離は…。

 ある意味悪のりしてしまったような企画ですが、でもやったことは後悔していません。結構楽しかったですし、なんだかんだで「家から行って、三浦半島一周してきたよ」という実績(?)も残せたので。

 まぁそれ以上の実績を作ろうなんて、当面思いませんが(^^;)。

 ただ、どうあれ、アベレージ17km/hちょっとというのが情けない(^^;)。

 アベレージをもう少し高めるためのトレーニング…というか、経験値稼ぎはした方がいいのかな?

 そうすると…今のところは江ノ島くらいはちょうど良い距離だから、もちっと埜庵には通うことにすっか?(^^;)よくわからない目的設定

« とりあえずご連絡 | トップページ | 中野の楽しみ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27753/9846974

この記事へのトラックバック一覧です: 三浦半島一周の旅:

« とりあえずご連絡 | トップページ | 中野の楽しみ »