2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

関連リンク

 


検索


  • Google


    WWW を検索
    とめどなく雑記 を検索

写真ピックアップ2012/04-05

  • 夜の桜
    2009年初頭までは定期的に写真を掲載していたのですが、その後サボってしまいました。写真自体は折を見て撮影していたので、現在からお気に入りなどをピックアップして掲載していきます。ファイル名は特に撮影時期ではありませんので念のため。

2009年1・2・3月撮影分

  • L1000050
    2009年になっても相変わらずぶらぶら撮った写真に終始すると思いますが、ご勘弁のほどを(^^;)。

2008年10・11・12月撮影分

  • 皆が見ないコミケの顔・その5
    D-LUX4も加わっての、バラエティに富んだ写真アルバムに…なるはず?ただ、MPはフィルムなので、掲載する予定はありません。

2008年7・8・9月撮影分

  • 祭り
    一番忙しい四半期につき、写真は少なめになるかと思います。とはいえ、新レンズを使ったりして多少浮かれてはいるかな?(^^;)

2008年4・5・6月撮影分

  • 単線のある風景
    4、5、6月分です。特に説明も無いのですが…(^^;)。まぁのんびりスナップをアップしていく…予定かと。

2008年1・2・3月撮影分

  • 円覚寺・その4
    相変わらずぶらぶら撮っています。面倒なんで、これからは3か月分、まとめようかな。

2007年10・11・12月撮影分

  • 来年に向かって歩く
    相変わらずぶらぶら撮ったものです。あまりにもとりとめなく撮ったので、3ヶ月分まとめさせていただきます(^^;)。

2007年9月撮影分

  • 機上から見る雲
    9月撮影分です。主に久米島旅行で撮った写真になっています。

2007年4・5・6・7・8月撮影分

  • 夏の海
    相変わらずぶらぶら撮った写真です。ちなみにコミケの写真は入っていません。

2007年1・2・3月撮影分

  • 桜の風景・その11
    まだまだのんびり写真です(^^;)。なんか、撮っているのも楽しいですが、現像も楽しいですね。

2006年12月撮影分

  • 築地の町並み
    相変わらずR-D1メインでぶらぶら撮影したものを掲載していきます。紅葉も都心の方まで降りてきていますので、当初はそれを中心に…といったところになるかな?

2006年11月撮影分

  • P1020232
    距離計の狂いから一時期修理に出していたR-D1が帰ってきたので、ちらほらと撮影したものをアップします。
    でもなーんかぎこちないというか…写真に対する自分なりの立脚点がしっかりしてないというか…(^^;)。
    個人的にはしっかり楽しんでいるのでいいとは思うんですけれどね(^^;)。

2006年9月 石垣島周辺旅行

  • 車に積まれたエンジン
    9月下旬に石垣島及び周辺離島を旅してきたときの写真です。
    カメラはR-D1を修理に出していたので、LC1とF10です。Exifん時に機種が書いてないのはLC1と見てください(RAWを現像・エディットして保存すると、さすがにExifデータが残らないみたい)。明るいときにはLC1にはND8のフィルターを装着しています。

2006年6月撮影分

  • 富士山を臨む
    6月撮影分です。ちょこまかと撮っているのをあげていきます。
    色々なレンズも出てきますが、だいたい使うレンズが決まりつつあるような…。

2006年5月撮影分

  • 深川の風景
     ちょっと細かな撮影が入り組んでいる月なので、まとめてのアルバムにします。
     まず最初はくらやみ祭り。のんびり行ったせいか、人垣を越えられず、てんで山車とかの写真はありませんので、期待しないように(^^;)。
     次に有楽町あたりをぶらぶら歩きながら撮った写真、お台場や川越などと、色々取り混ぜてあります。

2006年4月 浅草・皇居前広場・銀座等

  • 紅い店先
    まだR-D1に慣れていないので、運動がてら、色々テスト撮影。その途上、Jupiter-12 35mmF2.8やアベノン28mmF3.5を買ってしまったり(^^;)。その他にはスナップショットスコパー25mmF4とカラーヘリアー75mmF2.5で撮影。

2006年4月 沖縄旅行

  • 赤壁
    買いたてのR-D1を片手に沖縄をうろついた時の写真です。 レンズは基本的にフォクトレンダーのUltron35mmF1.7。広角に写っているのはUltraWide-Hrliar12mmF5.6。飛行機の撮影など、一部望遠はNokton50mmF1.5。

2006年4月 三浦半島一周

  • トンネル入口
     三浦半島一周の旅ですが、お伴にR-D1も持っていきました。  この手の負担の大きい旅ではF10といった軽いデジカメの方が適しているんですが、買ったばかりだし(^^;)、カメラとして楽しむならこちらの方がいいですしねぇ…。  そんなわけでウェストポーチで出動です。カメラ用ポーチというのがあるんですな。一眼レフも入るタイプなので、スリムなR-D1だとレンズを数個入れてもまだ余裕があったりします。  ただ、便利ではあるんですが、ちょっとデカいんですよね。カメラが入る以上、仕方ないのですが。今回はまだ涼しかったから良いですが、今後は考えないといけないかもしれません。ムレるかも。  …で、レンズはウルトラワイド・ヘリアー12mmF5.6、Jupiter-12(35mm)といったところ。実はアベノン28mmも持っていましたが、今回は使いませんでした。 ※工事現場の写真、その3とその4が入れ替わっちゃってますが、そこらへんはうまく数字順に読んでください(^^;)。

« Macの使い道 | トップページ | 近況報告 »

2006/04/27

自転車の乗り方:カメラ編

 友人から質問を受けた。安い折りたたみ自転車が欲しいとのこと。

 折りたたみ自転車初心者に対して書いた記事といえば、下の記事を引用したい。

折りたたみ自転車に躊躇している人へ…

 ただ、これは「置いておく場所が無い人」という前提のついた記事であって、先の質問を受けた人はそこら辺は問題なかったと思うので、HandyBike8より後の記載を参照して欲しい。

 無論、その参照範囲前の車種でも、街中でのKOMAや、積み下ろしが多いのであればトレンクルと、十分通用する車種ではある。ただ、さすがに初心者にはちょっと勇気の要る値段だし(^^;)。

 …となると、HandyBike8やYAMAHONくらいしかお勧めは無い…というか、知らない。安い折りたたみ自転車はもっと他にも売っており、DIYショップなどでたくさん取り扱いがあるが、それらはちと範疇に無いのよね。

 だから、そちらで「どれ」…ってのはちょっと。

 かといって「好きにしな」とつっぱなすのもどうかと思うので、せめて経験から選定のコツくらいは伝授しておこうかと。


 どういうことかというと、そもそも「カメラを持ってのサイクリング」というのが目的らしいので、それに適した自転車を…ということで。

06042801

 …とか言いつつ、実は私はその方面には疎かったり(^^;)ぉぃ。前にも一回書いたと思うんだけれど、何度かカメラを持ってのサイクリングには出かけているんだけれど、走っている内に「走っている」ことの方が主目的になり、カメラに気が回らなくなって撮らなくなってくるのよね(^^;)。

 まぁ体力の無かった初期の頃の話なので、今は大丈夫かとは思うけれど(実際、こないだの鎌倉の撮影の例もあるし)。ただ、初期の頃の癖で、カメラを持ってのサイクリング…って機会があまり無くなってしまったのは事実。しかしせっかくR-D1を入手したんだから、これからなんとか…。

 まぁそれはそれとして(^^;)、おそらく、やはりカメラをカバンに忍ばせるか首からぶら下げるかして、自転車で軽やかに移動。目的地で素早く降りて撮影…はもとより、移動中でも気になったものや風景があれば、すぐに撮影体制に…っていうコンセプトだろうと思う。

 そのコンセプトに見合った自転車は何か…となると、やはり小径自転車というのが挙げられると思う。

 おそらく乗り降りが多い、よってストップ&ゴーが多い…となると、車輪が小さい分、こぎ出しが軽い小径車の方が有利ではないかと。

 また、フレームの形状も少なからずその使いやすさに影響を与えると思う。

 乗り降りが多いということは、当然車体をまたぐわけで、その際にサドル・ポストとハンドルの間の高い位置にフレームがあったりすると邪魔で、乗り降りが億劫になってしまう。通常のロードなどでは当然フレームのある位置なのだが、小径車では無いものが多い(あるものもあるので注意)。

06042802

 無論、足を後ろに跳ね上げる…という乗り降りもあるのだが、人間の身体の構造上、「脚だけを後ろに跳ね上げる」という姿勢は取りにくい。

 必然的に上半身も前につんのめってしまうのだが、それを毎度…ってのも全身筋肉の鍛錬にはちょうど良いかもしれないが、やはり面倒。そしてなにより、カメラを首からぶら下げていたら、どこかにこつんとぶつけてしまうかもしれない。それはたいした衝撃でなくても、ヤでしょ?

 そうするとフレームが人間の乗り降りを邪魔しない形状のものが望ましく、かつ、そうするとフレーム強度を出しにくい構造になるので、そのへんは信頼できるメーカーのものを…ってことになる。

 ちなみにそういう意味でお勧めなのは、我が愛車でもあるブリヂストンモールトンだったりするのだが、さすがに予算オーバーでしょう。んでも、YAMAHONも合格範囲ですよん。


 あとの注意点は…カメラの積み方かな?

 さっきから「首にぶら下げて」とか書いるが、街中をぶらぶら…って時にはそれでいいのだが、大きな移動の時にはそこにひっさげていたら、カメラも危ないし、首も痛い。

 カメラバッグに入れたいところだが、ショルダーバッグだったりすると、自転車では不便。まぁメッセンジャーバッグというのもあるが、カメラとなるとかさばるし、デジイチらしいので交換レンズとか考えると…。

06042806

 バックアップやウェストポーチなら良し…ってことになるが、場合によっては自転車にバッグをくくりつけるものいいだろう。

 そうすると取り付け位置は必然的に目が届きやすく、すぐに引っ張り出しやすい前方…ってことに。

 そしてこれもまた小径車に有利だったりするのだが、荷物をくくりつけるスペースが大きい。大径車だと車輪が大きくて、バッグなどを取り付けるスペースが確保しにくいのよね。

 で、ハンドル位置、当然ストレートバーのそれで、ドロップハンドル不可だが(小径車でドロップハンドルは市販ではそうは無いと思いますが)、リクセンカウル等のアダプタを経由してバッグを装着。内部のクッションは工夫しないといけないが、カメラぐらいはどうにかなるでしょう。自転車によってはキャリーを取り付けられるのもあるようなので、カメラバッグをうまく固定するのもいいだろう。

 また、やりようによっては先のアダプタに市販のカメラバッグをそのままくくりつける手もある模様(バッグ側のアダプタのみが売っているのもあるようで、工作でバッグに取り付ける)。まぁ信頼性の面であまりお勧めしませんが(^^;)。

 無論、そんな乱暴な運転をしないのであれば、後部に大型のショッパーを取り付けて、そこにカメラバッグを放り込む…って手もある(私はカメラバッグではなくてウェストポーチですが、それです)。

06042803_1

 そういう工作のしやすい(?)自転車を選ぶのも手。無論、ちょっとした距離を走っているときも、バッグ等は身体にくくりつけておく…というのなら話は別だけど。


 ちなみに、自転車の荷重容量をアップするように改造した際は、スタンドも増強しないと簡単にひっくり返るので、そこらへんをいじれるような車にしておかないといけない。サイドスタンドはてんで信頼置けません。

 センタースタンドが取り付けられるのが理想だねぇ…。


 まぁ、そこらへんから市販の自転車を選ぶ必要があるかと。申し訳ないけれど、先から書いているとおりDIYショップとかで売っている車種はよく知らないので、そこらへんはうまく選んでいただくしか…。

 知っている中で選ぶとすると、上の条件(そういえば「折りたためる」という条件が抜けているなぁ(^^;)友人からのメールには挙げられていたような…)をふまえた上で最適なのは、知っている中では…MC-1かな?フレームの形もちょうど良いし。

 そもそも荷台があり、しかも折りたたんでも荷台は上を向いたまま(実はそういう折りたたみ自転車は唯一無二かも)。さらに折りたたんだままころころ転がせるので、そこをうまく利用すると、荷物を完全に自転車に預けたまま、行動範囲が異様に広がる便利な自転車だったりする。

 荷台をどう改造するか…というか、どういうトランクをくくりつけるか、MC-1ファンサイト経由とかで各人のページを参照すれば、いろんな例があると思う(^^;)ので確認してみましょう。

 まぁサスが無いので、カメラ入れるならまずクッションを考えないといけないとは思うが…(まだ身体にくくりつけた方がいいか?(^^;))。

 価格的には…今いくらなんだ?あんまり高くないイメージを勝手に持っているんだけれど(^^;)。定価的には5万円だけれど…(^^;)。


 近距離でいい…というのなら、ストライダも意外にいい選択肢かも。ほとんど荷物をくくりつけられないけれど、気軽に乗る範囲のみ…ってのなら…。

 乗り降りに関しては「前が開いていない」という、先の前提に引っかかるかもしれないが、後方スペースの無さが十分カバーしてくれて、乗り降り頻度には問題ない形状になっている。

06042804

 問題は、スタンドが無いということ。車に荷物をくくりつけなければいい…というレベルではなく、純粋に「スタンドが無い」のだ。

 気軽に停車、降車して撮影するとき、自転車をぱっとどこかに留められることが大前提になるが、スタンドがないと立てかけられるところがないか右往左往してしまうことになるし、なにより撮影中、身体にたてかけてしまうことになる。

 まぁそれでいい…って人はそれでも構わないかもしれないが(一応オフィシャルな止め方で安定することは安定するのだが…)、不便でもあるのでどうにかしたい。

06042807

 たしか京都か奈良のカスタムショップでハンドメイドを取り扱っていたような…。

 ちなみにストライダも確か5万円以下。ギア、無いけれど、街中走るには十分なはず。


 そういえばどこ走る…ってのは聞いてないなぁ。山中も含む…となれば、問答無用でこれでしょうが(^^;)。
(えらく安いので、フレーム以外のコンポーネントが廉価版だと思うので、本当のMTBっぽく使うとヤバいとは思うけれど(山中走るなら、グレードの高いパーツに交換する必要アリ…かと(よく知らないけれど(^^;))))

« Macの使い道 | トップページ | 近況報告 »

コメント

ちょ…っと、煮詰まっているところで書いているので、ちと考え方や回答の幅が狭いような気もします(^^;)。

他の方でご意見がありましたら、忌憚なく書き込んでやってください。ちなみにカメラっつーのはデジイチですので、念のため。

ストライダ用のスタンドですが、セレクトイット(上記URL)という通販サイトで、オリジナルのスタンドを発売しています。自分も使っていますが、結構安定して自立しますよ。
ただし、スタンドの分横幅が増えますので、純正の輪行袋には納めずらくなるかもしれません。(和田サイクルオリジナルの輪行袋では問題ありませんでした)

おぉう、情報ありがとうございます>くまさん。和田サイ輪行袋も結構シビアなサイズ(ぴっちぴち)だった記憶があるので、あれが大丈夫なら大概の輪行袋は大丈夫だと思います(勿論保証はしませんが(^^;))。

初めまして、折りたたみ自転車や、カメラ散歩、などで検索していて辿り着きました。
とても興味深いお話で、個人的にかなり参考になりました
自分はバイク+カメラな事が多く、事故で靱帯を失ってから自転車にはあまり乗れなくなりましたが
車に積んで現地での移動の足として、ハンディ8やストライダを狙っている現状です。
カメラも撮影に重点を置こうとすると一眼レフになってしまい散歩には向きませんが
出歩きに重点を置いてポラロイドや上位コンパクトを持ち歩くようにして
最近やっと楽しめるようになってきました。
R-D1羨ましいです、自転車に乗ってR-D1で撮影なんて素敵な選択ですね
でわ長々と失礼致しました、これからも覗きに来ますので頑張って下さいませ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27753/9781188

この記事へのトラックバック一覧です: 自転車の乗り方:カメラ編:

« Macの使い道 | トップページ | 近況報告 »