2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

関連リンク

 


検索


  • Google


    WWW を検索
    とめどなく雑記 を検索

写真ピックアップ2012/04-05

  • 夜の桜
    2009年初頭までは定期的に写真を掲載していたのですが、その後サボってしまいました。写真自体は折を見て撮影していたので、現在からお気に入りなどをピックアップして掲載していきます。ファイル名は特に撮影時期ではありませんので念のため。

2009年1・2・3月撮影分

  • L1000050
    2009年になっても相変わらずぶらぶら撮った写真に終始すると思いますが、ご勘弁のほどを(^^;)。

2008年10・11・12月撮影分

  • 皆が見ないコミケの顔・その5
    D-LUX4も加わっての、バラエティに富んだ写真アルバムに…なるはず?ただ、MPはフィルムなので、掲載する予定はありません。

2008年7・8・9月撮影分

  • 祭り
    一番忙しい四半期につき、写真は少なめになるかと思います。とはいえ、新レンズを使ったりして多少浮かれてはいるかな?(^^;)

2008年4・5・6月撮影分

  • 単線のある風景
    4、5、6月分です。特に説明も無いのですが…(^^;)。まぁのんびりスナップをアップしていく…予定かと。

2008年1・2・3月撮影分

  • 円覚寺・その4
    相変わらずぶらぶら撮っています。面倒なんで、これからは3か月分、まとめようかな。

2007年10・11・12月撮影分

  • 来年に向かって歩く
    相変わらずぶらぶら撮ったものです。あまりにもとりとめなく撮ったので、3ヶ月分まとめさせていただきます(^^;)。

2007年9月撮影分

  • 機上から見る雲
    9月撮影分です。主に久米島旅行で撮った写真になっています。

2007年4・5・6・7・8月撮影分

  • 夏の海
    相変わらずぶらぶら撮った写真です。ちなみにコミケの写真は入っていません。

2007年1・2・3月撮影分

  • 桜の風景・その11
    まだまだのんびり写真です(^^;)。なんか、撮っているのも楽しいですが、現像も楽しいですね。

2006年12月撮影分

  • 築地の町並み
    相変わらずR-D1メインでぶらぶら撮影したものを掲載していきます。紅葉も都心の方まで降りてきていますので、当初はそれを中心に…といったところになるかな?

2006年11月撮影分

  • P1020232
    距離計の狂いから一時期修理に出していたR-D1が帰ってきたので、ちらほらと撮影したものをアップします。
    でもなーんかぎこちないというか…写真に対する自分なりの立脚点がしっかりしてないというか…(^^;)。
    個人的にはしっかり楽しんでいるのでいいとは思うんですけれどね(^^;)。

2006年9月 石垣島周辺旅行

  • 車に積まれたエンジン
    9月下旬に石垣島及び周辺離島を旅してきたときの写真です。
    カメラはR-D1を修理に出していたので、LC1とF10です。Exifん時に機種が書いてないのはLC1と見てください(RAWを現像・エディットして保存すると、さすがにExifデータが残らないみたい)。明るいときにはLC1にはND8のフィルターを装着しています。

2006年6月撮影分

  • 富士山を臨む
    6月撮影分です。ちょこまかと撮っているのをあげていきます。
    色々なレンズも出てきますが、だいたい使うレンズが決まりつつあるような…。

2006年5月撮影分

  • 深川の風景
     ちょっと細かな撮影が入り組んでいる月なので、まとめてのアルバムにします。
     まず最初はくらやみ祭り。のんびり行ったせいか、人垣を越えられず、てんで山車とかの写真はありませんので、期待しないように(^^;)。
     次に有楽町あたりをぶらぶら歩きながら撮った写真、お台場や川越などと、色々取り混ぜてあります。

2006年4月 浅草・皇居前広場・銀座等

  • 紅い店先
    まだR-D1に慣れていないので、運動がてら、色々テスト撮影。その途上、Jupiter-12 35mmF2.8やアベノン28mmF3.5を買ってしまったり(^^;)。その他にはスナップショットスコパー25mmF4とカラーヘリアー75mmF2.5で撮影。

2006年4月 沖縄旅行

  • 赤壁
    買いたてのR-D1を片手に沖縄をうろついた時の写真です。 レンズは基本的にフォクトレンダーのUltron35mmF1.7。広角に写っているのはUltraWide-Hrliar12mmF5.6。飛行機の撮影など、一部望遠はNokton50mmF1.5。

2006年4月 三浦半島一周

  • トンネル入口
     三浦半島一周の旅ですが、お伴にR-D1も持っていきました。  この手の負担の大きい旅ではF10といった軽いデジカメの方が適しているんですが、買ったばかりだし(^^;)、カメラとして楽しむならこちらの方がいいですしねぇ…。  そんなわけでウェストポーチで出動です。カメラ用ポーチというのがあるんですな。一眼レフも入るタイプなので、スリムなR-D1だとレンズを数個入れてもまだ余裕があったりします。  ただ、便利ではあるんですが、ちょっとデカいんですよね。カメラが入る以上、仕方ないのですが。今回はまだ涼しかったから良いですが、今後は考えないといけないかもしれません。ムレるかも。  …で、レンズはウルトラワイド・ヘリアー12mmF5.6、Jupiter-12(35mm)といったところ。実はアベノン28mmも持っていましたが、今回は使いませんでした。 ※工事現場の写真、その3とその4が入れ替わっちゃってますが、そこらへんはうまく数字順に読んでください(^^;)。

« 風景の描き方 | トップページ | 疲労の蓄積 »

2006/04/01

春の鎌倉

06040101

 …というわけで、例年の(去年は違ったが)花見に鎌倉に行ってきた。

 以前、茅ヶ崎付近に住んでいた友人がこちらとのオフ会の旅にほとんど「上京」といえるような移動を強いられていたので、年に一度くらいはそちらに有利な場所設定のオフ会を…ということで「春の鎌倉」がちょうどいいだろう…と始められたこのオフ会。

 考えてみるとその友人も今や都内在住となっているので、「利点」というほどのものも無いのだが、「春の鎌倉」はそれはそれで魅力なので持続されているこのオフ会。

 しかし今回久しぶりにその春の鎌倉に訪れてみると、あまりの人の多さにちょっと辟易。いや、今までもシーズンの鎌倉はなかなかのものだったが、鶴岡八幡宮などピンポイントで混んでいる程度だったのに、北鎌倉の円覚寺から鶴岡八幡宮の裏手もずっと裏手の建長寺まで、ほとんど「並んで」歩くまでの人の多さというのは今までに無かった気がする。

 鎌倉駅前から裏手の(?)商店街の人の多さもすさまじかった。友人と並んで歩いていてもすぐ見失うほどの混雑っぷり。ちょっと今度から鎌倉探訪シーズンを考えなければいけない気もする。

 まぁそれはそれとして、せっかく鎌倉行くのならば、先週走ってないんだし、BSMで行くべきかな…と、近所の友人と連れ立っていくことに。やっぱ複数人で走ると、楽しいね(^^;)。

 コースはほとんど決まっている府中→鎌倉街道→町田→境川サイクリングロード→藤沢→鎌倉というコース。やっぱなんだかんだで走りやすいです。ただ、鎌倉街道の町田リス園前の上り坂は、角度が微妙なのか、おいらのBSMでは適したギア比が無い角度のようで、急角度ではないくせに非常に走りにくいんだよねぇ…。あそこをうまくパス出来るコースは無いかなぁ(^^;)でも非常に遠回りになるような気が…。

06040102 また、境川サイクリングロードは246までは左岸が、それから先は右岸が花盛り…というか、環境整備が偏っているのが面白い。住民比率とかで分けているのかなぁ?花を愛でながら走るには、そういうコースで走った方がいいのかも。

 まぁそんなわけで北鎌倉には3時間ほどで到着。本当は鎌倉駅に自転車を置いて北鎌倉に向かうつもりだったんだけれど、ちと遅れてしまったので直接北鎌倉集合。まぁ、先のページで北鎌倉駅周辺の自転車置き場もチェックしておいたので、そこに駐輪して散策に回ったけれど。

 人が少なければ自転車を引いての移動はさして問題ないだろうし、駐輪場所もそれなりに工夫すればなんとかなりそうと考えていたけれど(遅刻時(^^;))、さすがに今回の人の多さでは自転車を引いての移動も、駐輪場所を探すのもえらく面倒っぽかったので、北鎌倉に置いていったけれど。逆にそれは、変えるときには出発点に戻らなければ行けない…という制約が課せられることになるんだけれど、仕方なし(^^;)。

06040103 まぁ、散策には非常に適した天気で良かった良かった。円覚寺の草花もいい感じに開花してましたね。いつもの茶店でもちょうど混雑前に来られて座れたのがよござんした。餌付けが禁止されたリスはもう来なくなったようだけれど(^^;)。

06040104 そしておうす風珈琲のある、これまたいつもの茶店にも寄ったり。ただ、こちらがしばらく行っていなかった間に大幅改装。どうも店主の代が代わったらしく、なにやら豪華に…。結構オサレな感じになったけれど、「仕込み中」という、レシピそのものをまだ検討中(店に出せない)のメニューが掲載されていたり、なのに値段が途中で変更になっているという、ツッコミどころ満載のメニュー表など、親近感を感じさせる演出もなかなか…(^^;)演出じゃぁない。

06040105 あ、そういえばこのすぐ近くに最近出来たっぽいデザイナーズハウスみたいな建物があったんだけれど、その1階に猫デザインの絵画がたくさん飾ってあった。ギャラリーではなく、単なる玄関っぽいんだけれど、ギャラリーとしても成り立つようなその建物は非常に魅力。玄関だけ開放してくれねぇかな(^^;)ぉぃ。

 その後は山里といったかなぁ…。店先の竹藪が印象的なお店でお蕎麦。ちなみにここまでの間に、100m進まずになにかしら腹に入れている…という密度っぷり(^^;)。いやぁ、いいねぇ(^^;)。

 ちなみにこの店で蕎麦を待っている間、TMXくんのデジイチ知識の貧弱っぷりが暴露。

 「えっ!?デジイチって光学ファインダーなんですかっ!?」

 「液晶見て撮れないんですかっ!?それじゃぁデジカメの意味、無いじゃんっ!?」

 ある意味、心洗われるご発言です(^^;)。そんな君には是非E-330を…。

 ま、個人的には高精細が条件だけれど、EVFで、露出補正ん時簡易的でもそのプレビューが反映されたりした方がいいんじゃないのぉ…?とは思っているのだが(^^;)。

 その後は銭洗い弁天に向けてぶらぶら。途中、手焼き煎餅が売っていたので、おいらだけ(^^;)一枚所望。ただ、こん時、おいらのノリが良かったせいか、焼いてくれている人が「1度漬けでいい?」…と、ある種暗号っぽいことを言ってくれたので、「2度漬けで是非!」と発言。

 ちと離れていたところにいた友人が、それを聞いていた他の人が「なんかあの人、常連っぽい…」と噂していたのをキャッチしていたり。いや、まぁ常連ではないんだけれど(確かに以前に一度、その店で別の煎餅買ったことあるが)、そういう特典を引き出すのも、こういう旅を楽しむテクニックなのだよ。

 言ってみれば、鯨の腹の中に入り込んで、銛で突き破るみたいな…(^^;)喩違!。

 ちなみに2度漬け煎餅は非常に美味でした。ただ、3度以上になると逆に辛くてクドくなっていたかな。

 銭洗い弁天に向かう途中の化粧坂では、他の友人と駆け上る…という暴挙を愚行(^^;)。まぁお互い息が切れながらそのまま登り切ったけれど(他の人に迷惑だっつーの>をれ)、ジムに通っているその友人とあまり変わらない体力が備わってるんじゃねぇかと実感。まぁその後、一緒に自転車でやってきた友人にたしなめられて、帰りにも大量に体力必要なことを思い出しましたが(^^;)。

06040106
 銭洗い弁天では当然金を増やすために洗わなければ…と思っていましたが、これまた人の多さに断念。それこそ金ではなく、芋を洗うような混雑っぷりでした(どなたか座布団ください(^^;))。

 あとは鎌倉駅前付近を散策。最近の鎌倉みやげはなんだ?と聞かれて「麦田もち」を挙げたところ、TMXくんが法事で帰省するおみやげに大量に買い込み、若干責任を感じたり(^^;)いや、でも非常にお勧めですよ。本当に。

 また、天然素材だけというソーセージを使ったホットドッグを食いつつ、メキシカンビール(だっけ?)も一緒にくいっと飲み干すYuNKさんにほれぼれしたり(^^;)、まぁ細かいイベントが。

 そして当然締めは染太郎でもんじゃ焼きとお好み焼き。ちなみにこのとき、外人のみのグループも来店し、明らかに観光で来ている日本未経験っぽい人達だが、お好み焼きとかもんじゃ焼きとか作れるのかしら?(そういえば江戸もんじゃでは店員が作ってくれるが、染太郎はまったく逆)…と思ったら、頼んだメニューがほぼ、ただの鉄板焼き。うーん、惜しい。やはりあそこはおいらが口出しして無理してもお好み焼きぐらいは作ってやった方が良かったか。

 まぁ、席的にはKIMIくんの方が近かったので、彼に是非そういてもらいたかった…(^^;)ぉぃ。

 …で、解散…とはいっても、自転車組は北鎌倉にもっぺん移動しなければいけないんだけれど(^^;)。んでもすでに日が暮れてきて、夜行モード。

 ただ、友人はさすがに疲れたのか、輪行に移行。まぁでもせっかくだからおいらはそのまま境川サイクリングロードに。

 しかしここで大変なことが判明。その前からなんか変だなぁ…と思っていたのだが、ライトの電池が切れかかり、照射になんの効果も無いことが判明。

 町中では周辺が明るいので気がつかなかったが、藤沢でサイクリングロードに移った途端、街灯の減少っぷりにさすがに気がついた。

 幸い、それなりに点滅するので、対向車に対してのアピール度はなんとか確保できたので、衝突の危険度は回避出来たが、全然目前の路面状況が把握できない。目を大きく見開いてなんとかコースを確認できるが、国道1号を超えてから3kmくらいはほとんど街灯無し。さすがにヤバ過ぎ…ってことでサイクリングロードを外れてコンビニ探し。なんとか発見して電池交換したところ、照明復活。街灯がないサイクリングロードでもしっかり走行出来るようになった。ほっ。

 そういえばBSMにライトをつけてから電池交換した覚えがねーや(^^;)。BSM自体搭乗機会が少なく、また夜間走行も数少なく、町中ばかりの走行だったから、全然気がつかなかったが、今後は電池残量のチェックもしっかりしなくては…という反省点。

 また、もう一つチェック事項…というか、夜間走行の問題点が。こちらのライトがいくら強くなっても、走行範囲の周りにある強烈な光源が逆に危険を招くことがあったり。

 街灯の少ない範囲でのサイクリングロードの話だが、そのときは並行して走る国道っぽい道沿いのガソリンスタンドだった。強烈な明かりが周囲を照らし、しかしガソリンスタンド自体の塀でこちらの路面までは照らしてくれない。ひたすらこちらの目のあたりばかり照らしている感じで近くにいる犬の散歩をしている人をハレーション効果で隠してしまい、衝突寸前までわからなかった。

 急に犬の影が目の前に現れて、あわててハンドル切ったから回避出来たけれど、本当に危なかったなぁ、あれは…。路面も照らしてくれれば親切なのだが、前述したとおり塀の影になっていてサイクリングロードの路面までは照らしてくれなかったのよね…。あれはほんとに迷惑っつーか…仕方ないことなのかもしれないが。

 以降、体育施設のグランド照明にも気を配り、明るいところでは逆にスピードを落とすという走行体制に…(^^;)。

 そんなこんなで走行して、なんとか家にたどり着きました。ほっ。やっぱ夜間走行はできるだけ避けたいな…。でもなんとかロード・オブ・ザ・リングの時間までには帰宅しますた。

 まぁ疲労が重なったせいか、トイレに詰めたり、アレルギーを抑える薬が切れたのか、全身にじんましんが現れたり(あわてて薬を飲んで収まりましたが)、あまり楽しめませんでしたが(^^;)どーでもいいけど、サム、カッコ良すぎ(それだけはわかった)。

 ちなみに走行距離は100km程度。…あれっ?江ノ島経由で鎌倉行った時よりも距離が伸びているのはなんでだ?大船経由で北鎌倉向かうのはそんなに遠回りだったのか?

« 風景の描き方 | トップページ | 疲労の蓄積 »

コメント

以前つくば地区で、片道20Kmを自転車通勤(毎日ではないけど)していたときを思い出しました。私は、ライトを2つ搭載してました。当時の会社の人には、「何で2つ付けてんの?」ってよく聞かれたけど、街灯が無い田舎道では、手前と遠方の両方を照らすために2つ必要なんですよね。どちらか1方が電池切れになった場合の対策も兼ねてましたけど。埼玉県に引っ越してから、ほとんど自転車に乗ってないです。ある程度の速度を出して、安全に走れるところないかなぁ...。クルマが怖いんで、街中走行は苦手。

そこでHIDですよ!
誰ももう自転車とは思わない。(であろう。)
欲しい、高い、でも欲しいなぁ。(^^;)

あ~、予備ライト…って手もありますか~。でもHIDはなぁ…(^^;)。まぁ電池のチェックを欠かさないようにし、なにかしらの予備だか補助ライトを持ち歩く(走る)…ってのも考えようかなぁ…。

ちなみに町中走行時の車ですが、バイクにも乗っていた時期があって、その時の慣れで、あまり車に対して恐怖感を持っていない…ってのもあります。持たなすぎるとそれはそれで問題だと思いますが(^^;)。

「麦田もち」はめちゃめちゃウマかったですよー
配布先の親戚にも好評でした。:-)

前輪の軸のところにもう一個下側をカバーするライトっていうのはどうでしょうか!

私のとかだと付けられないんですが。

そしてMR-20の修理がまだ長引いていたりします(/_;)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27753/9399012

この記事へのトラックバック一覧です: 春の鎌倉:

« 風景の描き方 | トップページ | 疲労の蓄積 »