2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

関連リンク

 


検索


  • Google


    WWW を検索
    とめどなく雑記 を検索

写真ピックアップ2012/04-05

  • 夜の桜
    2009年初頭までは定期的に写真を掲載していたのですが、その後サボってしまいました。写真自体は折を見て撮影していたので、現在からお気に入りなどをピックアップして掲載していきます。ファイル名は特に撮影時期ではありませんので念のため。

2009年1・2・3月撮影分

  • L1000050
    2009年になっても相変わらずぶらぶら撮った写真に終始すると思いますが、ご勘弁のほどを(^^;)。

2008年10・11・12月撮影分

  • 皆が見ないコミケの顔・その5
    D-LUX4も加わっての、バラエティに富んだ写真アルバムに…なるはず?ただ、MPはフィルムなので、掲載する予定はありません。

2008年7・8・9月撮影分

  • 祭り
    一番忙しい四半期につき、写真は少なめになるかと思います。とはいえ、新レンズを使ったりして多少浮かれてはいるかな?(^^;)

2008年4・5・6月撮影分

  • 単線のある風景
    4、5、6月分です。特に説明も無いのですが…(^^;)。まぁのんびりスナップをアップしていく…予定かと。

2008年1・2・3月撮影分

  • 円覚寺・その4
    相変わらずぶらぶら撮っています。面倒なんで、これからは3か月分、まとめようかな。

2007年10・11・12月撮影分

  • 来年に向かって歩く
    相変わらずぶらぶら撮ったものです。あまりにもとりとめなく撮ったので、3ヶ月分まとめさせていただきます(^^;)。

2007年9月撮影分

  • 機上から見る雲
    9月撮影分です。主に久米島旅行で撮った写真になっています。

2007年4・5・6・7・8月撮影分

  • 夏の海
    相変わらずぶらぶら撮った写真です。ちなみにコミケの写真は入っていません。

2007年1・2・3月撮影分

  • 桜の風景・その11
    まだまだのんびり写真です(^^;)。なんか、撮っているのも楽しいですが、現像も楽しいですね。

2006年12月撮影分

  • 築地の町並み
    相変わらずR-D1メインでぶらぶら撮影したものを掲載していきます。紅葉も都心の方まで降りてきていますので、当初はそれを中心に…といったところになるかな?

2006年11月撮影分

  • P1020232
    距離計の狂いから一時期修理に出していたR-D1が帰ってきたので、ちらほらと撮影したものをアップします。
    でもなーんかぎこちないというか…写真に対する自分なりの立脚点がしっかりしてないというか…(^^;)。
    個人的にはしっかり楽しんでいるのでいいとは思うんですけれどね(^^;)。

2006年9月 石垣島周辺旅行

  • 車に積まれたエンジン
    9月下旬に石垣島及び周辺離島を旅してきたときの写真です。
    カメラはR-D1を修理に出していたので、LC1とF10です。Exifん時に機種が書いてないのはLC1と見てください(RAWを現像・エディットして保存すると、さすがにExifデータが残らないみたい)。明るいときにはLC1にはND8のフィルターを装着しています。

2006年6月撮影分

  • 富士山を臨む
    6月撮影分です。ちょこまかと撮っているのをあげていきます。
    色々なレンズも出てきますが、だいたい使うレンズが決まりつつあるような…。

2006年5月撮影分

  • 深川の風景
     ちょっと細かな撮影が入り組んでいる月なので、まとめてのアルバムにします。
     まず最初はくらやみ祭り。のんびり行ったせいか、人垣を越えられず、てんで山車とかの写真はありませんので、期待しないように(^^;)。
     次に有楽町あたりをぶらぶら歩きながら撮った写真、お台場や川越などと、色々取り混ぜてあります。

2006年4月 浅草・皇居前広場・銀座等

  • 紅い店先
    まだR-D1に慣れていないので、運動がてら、色々テスト撮影。その途上、Jupiter-12 35mmF2.8やアベノン28mmF3.5を買ってしまったり(^^;)。その他にはスナップショットスコパー25mmF4とカラーヘリアー75mmF2.5で撮影。

2006年4月 沖縄旅行

  • 赤壁
    買いたてのR-D1を片手に沖縄をうろついた時の写真です。 レンズは基本的にフォクトレンダーのUltron35mmF1.7。広角に写っているのはUltraWide-Hrliar12mmF5.6。飛行機の撮影など、一部望遠はNokton50mmF1.5。

2006年4月 三浦半島一周

  • トンネル入口
     三浦半島一周の旅ですが、お伴にR-D1も持っていきました。  この手の負担の大きい旅ではF10といった軽いデジカメの方が適しているんですが、買ったばかりだし(^^;)、カメラとして楽しむならこちらの方がいいですしねぇ…。  そんなわけでウェストポーチで出動です。カメラ用ポーチというのがあるんですな。一眼レフも入るタイプなので、スリムなR-D1だとレンズを数個入れてもまだ余裕があったりします。  ただ、便利ではあるんですが、ちょっとデカいんですよね。カメラが入る以上、仕方ないのですが。今回はまだ涼しかったから良いですが、今後は考えないといけないかもしれません。ムレるかも。  …で、レンズはウルトラワイド・ヘリアー12mmF5.6、Jupiter-12(35mm)といったところ。実はアベノン28mmも持っていましたが、今回は使いませんでした。 ※工事現場の写真、その3とその4が入れ替わっちゃってますが、そこらへんはうまく数字順に読んでください(^^;)。

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006/04/30

とりあえずご連絡

 ご心配いただいている方もいらっしゃるかもしれませんので念のために書いておきますが、私、自走して完走し、おかげさまで無事、帰宅しております。

 詳しくはまた後日。今日はちともう寝ます(^^;)。とりあえず今は筋肉痛が明日出るかどうかが心配(^^;)。

2006/04/29

5月3日は?

 繰り返しになりますが、5月3日には東京の中野にて、DoGAの今年度のCGコンテストの受賞作上映会があります。

 詳しくはリンク先をご覧いただくとして、無料ですのでお時間のある方はどうぞお越しください。

 私もスタッフとして働いています(^^;)。

 上位入賞作があとの方…になるので、途中入場も…まぁいいんじゃないかな(^^;)。

2006/04/28

昨日の謎

 なんか昨日の記事のアクセス件数が異様に多いぞ?どっかでURLか何か、貼られたか?なんか勝手なことぬかしてんなー…とか評されてたか?(^^;)

 まぁあくまで個人的見解でのセレクトだし、知っている範囲での車種だし、そこらへんはご勘弁。…っつーか、個人のblogだしねぇ(^^;)。

 あるいは本当に自転車の選定に迷っている人も多かった…ってことか?

 ただ、スペック的にどーよ…ってことではなく、ノートパソコンの選定の時にも言ったような気がするが「あ、これがいい」と思ったらそれにするのがいいと思う。結局は愛着が重要なんだから。

 無論、使用目的から的外れた車種を選んでしまっては元も子もないのである程度はスペックも重要視しないといけないけれど、好きでもない車種を載り倒せるか…っつーと、そうでもないもんなので、そこらへんはバランス良く…ね。

 ちなみに自画像は最近忙しくて散髪に行ってないために長髪になったのを反映させています。GW中には行きたいな…。

 …絵があるからアクセス数が増えた…なんてことはないよな?

06042805 …と思いつつ、一応保険にリハビリカットを挿入。あー、キャラが固まってないのがもろバレ(^^;)少しここで4コマ描くなりして固めた方がいいか?

近況報告

 自宅前の道路工事が終わったようです!

 白線ライン描きとかまだ残っているようですが、騒音の出る工事はもうおそらくないでしょう!やったー!やっと安眠の日々が戻ってくる!

 ただ、心の傷は深いようで、ちょっとデカいアイドリング音が聞こえると、もうそれだけでびくびくです(^^;)。


 本業のピークも、いよいよ収まってきたのかも。

 2~3月からゆるやかに忙しくはなってきましたが、4月になった途端全開。なんも手につかない状態でしたが、やっとこさなんとか…なったのかな?

 まぁそれでも土日はしっかり休めていたのでアレなんですけれど(旅行も行ってしまいましたが、予約した2ヶ月前ではその頃にはある程度ケリがついている予定だったので…。ただ、日を追う毎にスケジュールがどんどん後ろに「広がりながら」ズレていき…)、締め切りがシビアな仕事ばかりで、精神的余裕は無かったですねぇ。

 そういえばそのせいか、ここ2ヶ月、とんと絵を描いていなかったような…ってことで、自転車の乗り方:カメラ編でちょっとリハビリがてら描いてみたりしたんですけれど…、なんかあの記事、アクセス件数が桁違いなのは何故?

 ともあれ、創作活動も復帰しなければ…というところ。まぁそれ以外の活動もそろそろせっつかれるような気もしますが…(謎)。

2006/04/27

自転車の乗り方:カメラ編

 友人から質問を受けた。安い折りたたみ自転車が欲しいとのこと。

 折りたたみ自転車初心者に対して書いた記事といえば、下の記事を引用したい。

折りたたみ自転車に躊躇している人へ…

 ただ、これは「置いておく場所が無い人」という前提のついた記事であって、先の質問を受けた人はそこら辺は問題なかったと思うので、HandyBike8より後の記載を参照して欲しい。

 無論、その参照範囲前の車種でも、街中でのKOMAや、積み下ろしが多いのであればトレンクルと、十分通用する車種ではある。ただ、さすがに初心者にはちょっと勇気の要る値段だし(^^;)。

 …となると、HandyBike8やYAMAHONくらいしかお勧めは無い…というか、知らない。安い折りたたみ自転車はもっと他にも売っており、DIYショップなどでたくさん取り扱いがあるが、それらはちと範疇に無いのよね。

 だから、そちらで「どれ」…ってのはちょっと。

 かといって「好きにしな」とつっぱなすのもどうかと思うので、せめて経験から選定のコツくらいは伝授しておこうかと。


 どういうことかというと、そもそも「カメラを持ってのサイクリング」というのが目的らしいので、それに適した自転車を…ということで。

06042801

 …とか言いつつ、実は私はその方面には疎かったり(^^;)ぉぃ。前にも一回書いたと思うんだけれど、何度かカメラを持ってのサイクリングには出かけているんだけれど、走っている内に「走っている」ことの方が主目的になり、カメラに気が回らなくなって撮らなくなってくるのよね(^^;)。

 まぁ体力の無かった初期の頃の話なので、今は大丈夫かとは思うけれど(実際、こないだの鎌倉の撮影の例もあるし)。ただ、初期の頃の癖で、カメラを持ってのサイクリング…って機会があまり無くなってしまったのは事実。しかしせっかくR-D1を入手したんだから、これからなんとか…。

 まぁそれはそれとして(^^;)、おそらく、やはりカメラをカバンに忍ばせるか首からぶら下げるかして、自転車で軽やかに移動。目的地で素早く降りて撮影…はもとより、移動中でも気になったものや風景があれば、すぐに撮影体制に…っていうコンセプトだろうと思う。

 そのコンセプトに見合った自転車は何か…となると、やはり小径自転車というのが挙げられると思う。

 おそらく乗り降りが多い、よってストップ&ゴーが多い…となると、車輪が小さい分、こぎ出しが軽い小径車の方が有利ではないかと。

 また、フレームの形状も少なからずその使いやすさに影響を与えると思う。

 乗り降りが多いということは、当然車体をまたぐわけで、その際にサドル・ポストとハンドルの間の高い位置にフレームがあったりすると邪魔で、乗り降りが億劫になってしまう。通常のロードなどでは当然フレームのある位置なのだが、小径車では無いものが多い(あるものもあるので注意)。

06042802

 無論、足を後ろに跳ね上げる…という乗り降りもあるのだが、人間の身体の構造上、「脚だけを後ろに跳ね上げる」という姿勢は取りにくい。

 必然的に上半身も前につんのめってしまうのだが、それを毎度…ってのも全身筋肉の鍛錬にはちょうど良いかもしれないが、やはり面倒。そしてなにより、カメラを首からぶら下げていたら、どこかにこつんとぶつけてしまうかもしれない。それはたいした衝撃でなくても、ヤでしょ?

 そうするとフレームが人間の乗り降りを邪魔しない形状のものが望ましく、かつ、そうするとフレーム強度を出しにくい構造になるので、そのへんは信頼できるメーカーのものを…ってことになる。

 ちなみにそういう意味でお勧めなのは、我が愛車でもあるブリヂストンモールトンだったりするのだが、さすがに予算オーバーでしょう。んでも、YAMAHONも合格範囲ですよん。


 あとの注意点は…カメラの積み方かな?

 さっきから「首にぶら下げて」とか書いるが、街中をぶらぶら…って時にはそれでいいのだが、大きな移動の時にはそこにひっさげていたら、カメラも危ないし、首も痛い。

 カメラバッグに入れたいところだが、ショルダーバッグだったりすると、自転車では不便。まぁメッセンジャーバッグというのもあるが、カメラとなるとかさばるし、デジイチらしいので交換レンズとか考えると…。

06042806

 バックアップやウェストポーチなら良し…ってことになるが、場合によっては自転車にバッグをくくりつけるものいいだろう。

 そうすると取り付け位置は必然的に目が届きやすく、すぐに引っ張り出しやすい前方…ってことに。

 そしてこれもまた小径車に有利だったりするのだが、荷物をくくりつけるスペースが大きい。大径車だと車輪が大きくて、バッグなどを取り付けるスペースが確保しにくいのよね。

 で、ハンドル位置、当然ストレートバーのそれで、ドロップハンドル不可だが(小径車でドロップハンドルは市販ではそうは無いと思いますが)、リクセンカウル等のアダプタを経由してバッグを装着。内部のクッションは工夫しないといけないが、カメラぐらいはどうにかなるでしょう。自転車によってはキャリーを取り付けられるのもあるようなので、カメラバッグをうまく固定するのもいいだろう。

 また、やりようによっては先のアダプタに市販のカメラバッグをそのままくくりつける手もある模様(バッグ側のアダプタのみが売っているのもあるようで、工作でバッグに取り付ける)。まぁ信頼性の面であまりお勧めしませんが(^^;)。

 無論、そんな乱暴な運転をしないのであれば、後部に大型のショッパーを取り付けて、そこにカメラバッグを放り込む…って手もある(私はカメラバッグではなくてウェストポーチですが、それです)。

06042803_1

 そういう工作のしやすい(?)自転車を選ぶのも手。無論、ちょっとした距離を走っているときも、バッグ等は身体にくくりつけておく…というのなら話は別だけど。


 ちなみに、自転車の荷重容量をアップするように改造した際は、スタンドも増強しないと簡単にひっくり返るので、そこらへんをいじれるような車にしておかないといけない。サイドスタンドはてんで信頼置けません。

 センタースタンドが取り付けられるのが理想だねぇ…。


 まぁ、そこらへんから市販の自転車を選ぶ必要があるかと。申し訳ないけれど、先から書いているとおりDIYショップとかで売っている車種はよく知らないので、そこらへんはうまく選んでいただくしか…。

 知っている中で選ぶとすると、上の条件(そういえば「折りたためる」という条件が抜けているなぁ(^^;)友人からのメールには挙げられていたような…)をふまえた上で最適なのは、知っている中では…MC-1かな?フレームの形もちょうど良いし。

 そもそも荷台があり、しかも折りたたんでも荷台は上を向いたまま(実はそういう折りたたみ自転車は唯一無二かも)。さらに折りたたんだままころころ転がせるので、そこをうまく利用すると、荷物を完全に自転車に預けたまま、行動範囲が異様に広がる便利な自転車だったりする。

 荷台をどう改造するか…というか、どういうトランクをくくりつけるか、MC-1ファンサイト経由とかで各人のページを参照すれば、いろんな例があると思う(^^;)ので確認してみましょう。

 まぁサスが無いので、カメラ入れるならまずクッションを考えないといけないとは思うが…(まだ身体にくくりつけた方がいいか?(^^;))。

 価格的には…今いくらなんだ?あんまり高くないイメージを勝手に持っているんだけれど(^^;)。定価的には5万円だけれど…(^^;)。


 近距離でいい…というのなら、ストライダも意外にいい選択肢かも。ほとんど荷物をくくりつけられないけれど、気軽に乗る範囲のみ…ってのなら…。

 乗り降りに関しては「前が開いていない」という、先の前提に引っかかるかもしれないが、後方スペースの無さが十分カバーしてくれて、乗り降り頻度には問題ない形状になっている。

06042804

 問題は、スタンドが無いということ。車に荷物をくくりつけなければいい…というレベルではなく、純粋に「スタンドが無い」のだ。

 気軽に停車、降車して撮影するとき、自転車をぱっとどこかに留められることが大前提になるが、スタンドがないと立てかけられるところがないか右往左往してしまうことになるし、なにより撮影中、身体にたてかけてしまうことになる。

 まぁそれでいい…って人はそれでも構わないかもしれないが(一応オフィシャルな止め方で安定することは安定するのだが…)、不便でもあるのでどうにかしたい。

06042807

 たしか京都か奈良のカスタムショップでハンドメイドを取り扱っていたような…。

 ちなみにストライダも確か5万円以下。ギア、無いけれど、街中走るには十分なはず。


 そういえばどこ走る…ってのは聞いてないなぁ。山中も含む…となれば、問答無用でこれでしょうが(^^;)。
(えらく安いので、フレーム以外のコンポーネントが廉価版だと思うので、本当のMTBっぽく使うとヤバいとは思うけれど(山中走るなら、グレードの高いパーツに交換する必要アリ…かと(よく知らないけれど(^^;))))

2006/04/26

Macの使い道

“ロケーションフリー”がMac OS Xに対応
-加賀電子にライセンス。5月後半にMac用ソフト発売へ

 ロケーションフリーが他社にライセンスされる…ってのは前にも聞いたような気もするが、こうも具体的に他社ライセンスがどういう恩恵がある…ってのが明確化したのは今回が初めてか。

 …Macかぁ…。

 前にも書いたけれど、Macは欲しいながら、使い道がなかった。唯一、テレビの代わりになれば…くらいは考えていたものの、あまり適したユニットが無いように思えていた。

 ただ、ソフトの出来や機能次第だが、コトによってはこれで問題なくなったり…するのか?ちょっと気になるところ。

 どこかデモとかやってもらって、その出来次第で、夏頃、我が家にiMacが鎮座ましましたり…ってことはあるのかしらん?(^^;)無いような気も

ともかくですねぇ…

 今日も今日とて工事中です→家の前の道路。

 行ったり来たりしているので、たまに静かになったり、たまにうるさくなったり。静かになったタイミングで寝ればいいのか?…今だなぁ(^^;)日記書いている場合ではないのでは…。


 他に、右手がポンコツ寸前です。

 仕事で使うオンラインシステムがマウスオペレーション主体なんですが、それで書類をつくりまくったら、見事にマウスを握れなくなりました。鬼のように書類つくりまくったからなぁ…。

 おかげで、常に職場の薬箱にある湿布を貼りっぱなしです。それでもマウスを握れないこともあり。とほほ、労災ですよ、これはもう。

 …と、職場の人に説明しても「家でもマウス握っているだろ」と言われて、仕事で手を壊したと理解してもらえません(ヒロシ風)。

 逆にここの読者ならわかってくれるだろう。ThinkPad信奉者であり、絵描きである私が、普段、一切マウスを握らないことを(トラックポイント+タブレット)。

 ちなみに、マウスは握れませんが、ペンは握れます(^^;)。キーも一応打てます。ただ、えらくミスタッチが増えたり、前腕下部の筋肉の働きがあてにならないっつーか…。やっぱなんかおかしいです。

 絵を描く時間が無いんですけれど、今度試してみて、愕然とするような出来だったらどうしよう…。労災もらっても割に合わないな…。

2006/04/25

成分分析

 何を今更…という気もしますが、ちとやってみました。

拝御 礼の成分解析結果 :

拝御 礼の62%は濃硫酸で出来ています。
拝御 礼の23%は欲望で出来ています。
拝御 礼の14%は運で出来ています。
拝御 礼の1%は見栄で出来ています。

 濃硫酸…ってのをなんか別のにしてもらえれば、結構面白い結果なんだけれどなぁ…。惜しい(^^;)なにがだ。

 ちなみに、「御」と「礼」の間には全角スペースを入れるのがオフィシャルです。某掲示板ではハンドルネームにスペースを入れられないので、便宜上「_」を入れたりしていますが…。


 ちなみにR-D1は…

R-D1の成分解析結果 :

R-D1の59%は血で出来ています。
R-D1の21%は不思議で出来ています。
R-D1の19%は株で出来ています。
R-D1の1%は元気玉で出来ています。

 …血。

 株…ってのは、エプソンとコシナのことか?あとはオーナーの血なのか?不思議…ってのは「なんでデジイチと違う仕上がりに?」…ってことか?

 元気玉…って、レンズのことか?んでもレンズは付属しない、筐体のみの販売だから、ファインダーに入っているレンズ分で1%ということか?

 まぁいずれ、…というか、すでに少し感じていますが、それだけ自分の一部…ってことになりそうです(長期保証に加入していて良かった…)。


 また、こちらもやってみました。

Bromptonの成分解析結果 :

Bromptonの半分は勇気で出来ています。
Bromptonのもう半分はマイナスイオンで出来ています。


 これはかなり言い得て妙。輪行など、色々な所に飛び出す勇気を持てば、マイナスイオンばりの癒しがある…と。

 …詭弁だ(^^;)。でも、いい詭弁だ。


 ちなみに本名だと(以下の記載は一部省略済み)

*****の成分解析結果 :

*****の65%は信念で出来ています。
*****の31%は回路で出来ています。
*****の4%は電波で出来ています。

 …4%が気になる。

タクシー天国

 沖縄に行っていたときの移動手段はもう言わずもがな、ブロンプトン。那覇周辺ならこれで大抵どーにかなります。宜野湾にも行けます。

 インター8にも換装してあるので、多少の坂もどうにかなります。まぁ、泡瀬からこどもの国に行こうとは、洒落にも考えませんが(謎)。

 ただ、そういう交通手段はまだ一般的ではない。…ので、その折りたたんだ筐体を持ったままホテルを出ると、タクシーが一斉にドアを開けるわけです。

 いや、必要ないです(^^;)。最近そうやってお断りするのが、だんだん快感になってきました(^^;)ぉぃぉぃ。


 ただ、今回の旅で遭遇したのは、自転車に乗って移動してるんだ…っつーのに、明らかに併走して「乗ってかない?」と誘いをかけているタクシー。

 …どん欲すぎるぞ(^^;)。

 ただ以前、確かにママチャリを後ろに乗っけて走っているタクシーを見たことありますし、地元の人は「自転車→疲れたor面倒→タクシーに移行」…というフローがあるのかもしれません。

 でも私にとって、故障・雨天等以外でそういうことになったら、敗北を意味します(^^;)。

2006/04/24

沼は深く、視界は限りなく暗く

 デジイチを買った人は、大概レンズ沼という底なし沼への危険にさらされます。それはもうずぶずぶと。単焦点マンセー…とか言っていた人が入手困難な、手ぶれ補正機能を内蔵したVRなんとかとかいうレンズを買って喜んでいるアタリ、自制と堕落ぉぃは背中合わせといっていいでしょう(^^;)ぉぃ。

 まぁ、そういうわかりきっった図式がわかっているので、デジイチを選ばず、あえてレンジファインダーを選んだわけでもあります。

 ただ、考えてみればズームレンズもない、単焦点ばかりのこの世界。むしろ沼の奥深さはこちらの方が広かったりして(^^;)。何しろ、戦前のレンズや、ロシアのレンズ等、それころ世界どころか時代も広すぎ。

06042402 気がつけば、手持ちのレンズ資産の他にロシア製jupiter-12というレンズも手に入れていたりして(^^;)。

 35mmF2.8と、そもそもその画角はF1.7という高性能なの持っているじゃん…と思いつつ、「…あ、味が違うんじゃないか?」とあえて買ってしまうあたり、もうずぶずぶと…(^^;)。

06042403 ただ、金額が安いんですよね。2万してません。それでいて写りは比較的しっかりしています。逆光に弱いっぽい、強い光に弱いっぽいんですけれど、それをうまく避ければ深みのある色調で味のある描写をしてくれます。

 ちょっと気をつけなければいけないのは、レンズ後群がデカくて長いんですよね。一歩間違えば装着不可能だったところです(実際、ベッサRには装着不可能らしい)。レンズを取り外したときのそこにハメるキャップが専用のものでないといけないので、ちょっとレンズ交換時に取り扱い注意…ってところです。また、逆光に弱いのはどこぞに書いてあったような気がしますが、このあたりに起因しているらしいです。


06042404 また、困ったことにアベノン28mmF3.5ってのも入手していたり(^^;)。早くも2本追加ですか?>をれ

 ただ、jupiter-12は安かったし、ロシア玉に興味があったから。アベノンはそもそも、28mmという画角のレンズが無かったから、仕方ないんですよー(^^;)。

 まぁスナップショットスコパー25mmってのもありますけれど、あれ、距離計連動しないから、ピン合わせのできるレンズも欲しくって。

 しかし、ピン合わせがよりシビアに必要になる開放側の写りは、ちょっと荒いというか…甘いような気がする。

 縮小用途では問題ないけれど、他のオーナーさんが「もっと線が細ければ…」といっていたのがよくわかる…(^^;)購入前に一応事前調査はしていたらしい>をれ。

 とはいえ、内蔵ファインダーで構図を確認でき、ボディもスリム(っつーか、パンケーキっぽい)。やはり安かったし(3万円しない。でもレンズキャップがありあわせで、フードと排他…ってのはそのうちどーにかしないと(^^;))、発色も問題ないので、とりあえずは問題なし…と。

 んでもそのうち、ボケ味を作れる28mmを入手したくなるかな(^^;)。


 ところで、安物2つ…というとアレなんだけれど、この両方に共通して不満なのが、絞りを設定しにくいこと。

 jupiter-12は絞りが前方レンズのフード内にあるような形で、絞りをいくつに設定する…って時には前をのぞき込まなければならない。実際に絞りをいじる時も、そのフード内側に触れなければならない。フードが深いので、レンズに触れてしまう…ってことはまず無いが、それはどうよ…という気も。

 また、アベノン28mmも、フード内部ではないとはいえ、左側面下に絞り表記があって、数値を確認したい場合はカメラをひねるなり持ち上げたりしなければならない。

 普通、カメラ上部からレンズ筐体を見れば、距離から被写界深度、絞りまで一緒に確認でき、その後ファインダーを覗く…という一連のアクションになると思うのだが、2つのレンズはその途中にワンアクション必要になってくるわけで、ちともどかしい。

 …ひょっとして、値段が安いのはそのせいか?(^^;)


#つたないながら、また作例を用意してみましたので、興味ある方はこちらをご覧ください。

世の中の不満

 おかげさまで夕べはぐっすり、長時間眠れました。ああ、睡眠って、こんなに楽しいものだったのか…。

 まぁ、今晩からはわかりませんが…。

 で、ついでなので、もう一つ、違う不満を…。

06042401 右の写真を見てもらいましょう。日曜、13時頃の皇居広場の写真です。ちょっと別件の用事が出来たので、電車で行ったついでに寄ってみました。

 …雨、降ってません。

 ええ、このあたりで12時頃、集合の予定だったんですけれど、天気予報では雨で、しかも夕方になるにつれ、本降りになる…と言うところまで。

 …16時頃、都心でぱらついた程度なんですけれど…。いやさ、新宿では確かに傘が必要なくらいの降りにはなったものの、しとしと…って感じだし、なにより、家に帰ると降った形跡すら無いという…。

 まぁ、あくまで「予報」だから仕方なし…なんでしょうけれど、週間天気予報から注視していたら、日程が近づくにつれ降雨確率がどんどん上がっていくのを見ると、雨降るのが確実…ってように見えるじゃんかよー!せっかくの小径自転車の会合をよー!

 …まぁ、先の寝不足の状態から考えるに、へろへろ~な状態で往復40kmも走らなかった分、安全に過ごせて良かったのかもしれないけれど(^^;)。

2006/04/23

眠れぬ日々

 ここのところ、睡眠不足が続いている。なぜなら、目の前の道路で工事が続いているからだ。

 深夜に。

 こないだ、東京で深夜に地震があったでしょ?あの時間も工事していて、うるさくて起きていたですよ。起きていた…っつーか、寝かせてもらえないっつーか…。先週からこんな感じで…。いや、もっと前か?なんつーか…そこら辺の記憶も曖昧で。

 本業でへろへろ~と帰ってきても、うるさくって眠れない夜が続くから、せめて土曜は朝から昼も寝てやれと、当然目覚ましも切った訳ですな。

 …朝から工事やってんだ、土曜も、やつら。24かよ。完全に寝る時間(無音時間)無し。さすがに土曜の夜はやらねーだろう…と思ったら、少なくとも夜の1時まではやっていやがった。とはいえ、記憶があるのはそこまで。こう寝不足が続くとこっちも多少うるさくてもグロッキーで、バタンキューですよ。夢見悪くても寝てしまいますよ。

 翌朝、金属カッターの金キリ音でたたき起こされるまでは。

 日曜だぞ!おい!!さすがに殺意を覚えましたが、残念ながら日本の法律ではおそらくこちらが不利。ちょっと出かけて気を紛らわすことにしました。頭痛がするくらい眠いんですが…。

 ああ、電車内のなんと静かなことか…。


 で、帰ってくるとさすがに日曜。工事現場にだれもいません。どうやら今夜は静かになりそうです。

 …ので、もう寝ます。おやすみなさい。

 ああ、我が家の周りって、こんなに静かだったんだ…。

2006/04/21

名物違い

 …あれっ?

 タンカンってば沖縄在住時から北部の方でふつーに作られて、売られて、買って、食っていたから、何の気無しに「沖縄の名産」と思いこんで、沖縄土産としてふつーに扱っていたけれど、今回指摘があって調べてみたら、奄美大島の名産…ってことになっているのね?

 根拠としては「日本で最大の栽培面積」ってことで、栽培しているところは鹿児島以南…ということもあり、沖縄もふつーに産地…ってことだったのね。

 うーん、でも沖縄土産…ってことではどうだったのかな?

 まぁ、元々の産地は中国広東省らしいので、あまりこだわらない方がいいのかも(^^;)。

GWの予定・2

 とりあえず「東西南北均等に」ってのは却下(^^;)早くも。まだ1~2日が休めるかどうかわからないけれど、休めれば長い…と思ったのだが、後半の休養も考えないといけないので、4コース…ってのは多いかも…と。

 …だもんで、もちっと厳選し、新機軸を中心に考えると、「葛飾柴又」と「三浦半島一周」ってあたりはどうかなぁ?という気が。つまり数を少なくする分、距離を長くして減カロリーを稼ごう…と(^^;)。


 まぁ葛飾柴又は、前々から自転車で行ってみたいところでもあるし、そもそも雨降る1回しかないしねぇ。大体…、ミッキーマウス事件という、いやな思い出もあるので(^^;)超謎・一部爆、改めて訪れて、新しい思い出も作りたいところ。

 草加に行けるんだから、葛飾柴又にも行けるだろう、きっと>をれ。


 あと、三浦半島一周。これは朝早く出て多摩川を下り、丸子橋から横浜に移動。で、そのまま横須賀経由で三浦半島先端、三崎口で昼食。

 あとは逗子をかすめて三浦半島西海岸を走って鎌倉、藤沢、町田経由で帰宅…と。距離的には簡単に100kmを超えるので、場合によっては途中リタイヤもありうるかと。

 柴又は柴又を訪れるのが目的なので、R-D1とかも持っていこうかと思うが、三浦半島一周は私にしては珍しく、「走ること」自体を目的にするつもりなので、デジカメも記録用のF10くらいにし、服装もできるだけサイクリング用に…って、持ってないので普段と変わらない気もするが(^^;)。

2006/04/20

中野の情報

 あ、そうそう。中野駅前付近で、美味い料理屋ってあります?10~20人程度で打ち上げをする予定なんですが…。

 まぁ週末、リハビリがてらBSMででも寄って、歩いて、軽く調査するつもりではありますが、なんかお勧めがあれば、チェックしてみようかと…。


 ちなみに、東中野駅前に親戚がいるので、そちらに聞いた方が早そうな気もしますが、もう10数年会っていないので、いきなり行って「中野駅前に美味いところ、ある?」なんて、聞けない聞けない(^^;)。

GWの予定

 …実は、本業が思いの外忙しく、エナジーをすっかり吸い尽くされて(そのため、新しいエナジー分(?)を補給しようとする反作用、もしくは危機意識による保護作用が働いて、物欲という形で新しい創作用の道具を買い求めちゃったりもする>R-D1)、仕事以外では抜け殻のようになっていたせいか、GWが近い…ってことにも気づかなかったりする今日この頃。

 …とほほ、全然予定、立ててないわ。

 でも休む。全力でリフレッシュしてやるわー!

 …とはいってもねぇ、こないだ沖縄行ったばかりだし…(精神的リフレッシュにはなったけれど、体力使った分、ちとアンバランスに…)。

 …で、気になるのは脇腹。まず、ここのところロクに走ってない。月初めに鎌倉まで行った程度。

 そして本業のストレスが溜まると何に走るか…というと、間食。書類作成のためずっと座りっぱなしになるせいか、「せめてその状態で動けるところは動かしたい」とおもうのかあるいは舌の上だけでも刺激が必要になるのか、ともかく間食に走ってしまう私。

 …だもんで、ヤバい。

 となれば、手は一つ。走りまくるか。とりあえず東西南北均等に行っておくか。北は川越、いや、もう少し先か?西は飯能…でいいよなぁ。南は…また藤沢にかき氷を食いに行くか。で、東は…草加…いや、葛飾柴又にしてみるか。

 いくつか、もそっと先に設定してもいいような気がする…。まぁ今思いついた話なんで、もう少し調査するなり、練ってみるか。ともあれ、日帰り出来る範囲で(泊まりの費用はこないだ使い尽くした(^^;))、走りまくってみよう。それでリフレッシュだー!

 まぁあまり走りすぎて、疲労をGW開けに持ってきては意味がないので、加減はしないとね(^^;)どうしようかなぁ…。天気にも左右されるし。


 なお、3日だけはDoGA上映会にかり出される予定。中野だな、中野。

週末の予定

 先週末は沖縄をブロンプトンで走ったとはいえ、さしたる距離ではない。その前の週も諸般あって、ロクに走ってない。

 …となると、次の週は走りたいぜー!…ってことになるのだが、いかんせん沖縄で遊んだせいか、寝不足。

 本業も多忙で夜遅く、週末は旅行で夜遅く…って、眠気が貯まっているなぁ…(^^;)。

 …ので、土曜はぐっすり眠ります。逆に、日曜は走るどー!…んでもどこに?

 …あ、

4月23日、小径オフ

 …BSMでぶらっと行ってみようかなぁ…。土曜に掃除しておこう。黄砂をかぶっているかもしれん(^^;)。

 ROUさんとかもリハビリ(?)にどう?私は直接会場に行くけれど、慣れてなければ輪行でもいいんだし。

 天気悪くなっても輪行で帰ればいいんだし>それは俺(^^;)。

#…参加表明しとかんといかんのか?Nebulaさん以外、全然知らないけれど…(^^;)でも物怖じする気はないらしい>をれ。

2006/04/19

誘惑に勝てず…

 沖縄の記事に使用されている写真を見ていて気づかれた方がいらっしゃるかどうか…。ちょっと今まで掲載してきた写真とちょっと雰囲気の違うのがいくつかあるんですけれど…。


06041901 そう、何の気の迷いかとうとう購入してしまったR-D1(^^;)。欲しい欲しいとは長年思い続けていたのだが、その金額故今まで断念していた。

 ただ、年度末の多忙な鬱憤が溜まり、かつたまたま新品安値の出物があり、さらには金利0%ローンキャンペーン中だったりしたものだから、ついうっかり…(^^;)。ああ、しまった。でもうれしい(^^;)。

 ちなみにシリアルは3千番台。ネットにはR-D1sが出た頃に無印を買った人が5千番台だった…という書き込みもあるあたり、「大量に仕入れていたけれど売れ残り、とうとう新モデルも出てしまったので在庫処分を…」的なところだったのだろう。思いの外安かった。…いや、ふつーのデジイチに比べればまだだいぶ高いのだが…(^^;)。

 無論、デジイチを選ぶという選択肢もあったはずだが、レンズ資産を除けば、あのミラーボックスがあるが故に厚くなる厚みやレンズを含めた筐体のデカさ。それに伴う取り回しの面倒さ、相手に対する圧迫感等々、どーしても気に入らない。第一、みんな持ってるし。

 他の人とほとんどカブらない。比較的小さい筐体。写真を撮る楽しさをダイレクトに伝えてくれそうな仕様…ってところを色々鑑みると、どーしてもR-D1といったところに落ち着くわけですよ。

 実際、比較的小型のウェストポーチを用意したのだが、それにすんなり、レンズを装着した本体がおさまり、他に交換レンズ3本が入ってしまった。無理すればさらにF10くらい入ってしまいます。

 そのウェストポーチは、長くないレンズを装着したデジイチ+長くない交換レンズ1~2本入れる用(まぁ、ズームレンズなら、2本あればコト足りるんですけれど、普通)。かなりスリム、コンパクト。

 無論、コンパクトだけあって、ズームレンズがない。AFなんてありゃしない。測光も中央重点測光だけで逆光ん時スポット測光無しにどーすんの?…等々、デジイチ選んでいりゃぁなんの問題にもならない不便な点もあるんだけれど、やっぱそこは使う人の工夫次第…って感じもするわけですよ。それが面白そうで…。


 ちなみに、LC1というカメラも持っているわけで、それとの差別化はどーなるか…?

 実はLC1もお気に入りのカメラなんだけれど、どーしても不便なところもあった。主なところは2点。

 「ボケ味が弱い」「高感度モードが無い」

 前者はCCDが小さいための宿命であり、後者はISO400どまりという幅の少なさ。人物を撮っていると物足りないし(さすがにマクロは問題ないけれど、あまりマクロで撮るって機会、無いしなぁ…)、暗いところでの撮影はF10にゆずってしまい、しかしオートなので撮っててもあまり面白くなく…。

 逆に言えば、親戚の会合などの写真や、日中の、ボケ味の要らない街角スナップには非常に適しているんだけれど、夜間などやポートレートにはちょっとツラいなぁ…というセッティングだったわけだ。

 そうすると、ISO1600まであって、明るいレンズを装備できるR-D1がそれ意外のところをカバー…ってことになるわけですよ。

 まぁ他に速写性、資料収集的撮影…ってところはLC1…ってことになると思うけれど。

 ポートレートにしても、パララックスを考えれば、まだLC1が有利なんですが(実際友人を撮ってみましたが、まだ慣れていないだけあって、ズレる…)。


 無論、いずれのケースもバックアップはF10なんだけれど。感度としてはR-D1が並んでしまったけれど、速写性ではまだまだ優位性が高い。まだまだお世話になりまっせ。


 まぁともあれ、そのR-D1を沖縄に持っていって撮影した写真を掲載していたりもするので、こちらでもどーぞ。

 LC1の時にはあまりそういう気にならなかったんだけれど、R-D1だと撮ったものを見せびらかしたくなりますね(^^;)。

2006/04/17

旅に出てました。

06041701

 まぁ、私の場合、定番の沖縄ですが…、また(^^;)。ちょっとリフレッシュがてら行って参りました(この時期が安いんで…)。

06041702 内容としてはほとんど毎度同じような内容なのでとりたてて書くことでも無いんですけれど、友人と久しぶりに遊べたのは楽しかったですね。

 前回は確か一人旅で、さらに雨にたたられた…という不遇な環境でしたが(自転車で走りたかったので一人旅はいいんですけれど、天候が…ねぇ)。

 今回も確かに雨にたたられたんですが、レンタカーも借りていたのであまり問題はなかったです。
(ちなみに写真は全て今回撮ったものだけど、文章とはなんの脈絡もなく掲載してますんで、念のため)

06041703 本来は輪行本用にロケっとこうかなぁ、そういう写真を撮っておこうかなぁ…という思惑もあったのですが、それは天候上の理由で断念。

06041704 しかし、レンタカーがSクラスとはいえ、1日3,150円、ガソリン代入れても5,000円行かなかったのはうれしかったなぁ…。たまたまそういうキャンペーンに巡り会ったんだけれど…、やっぱホテルとか通して予約した方がいいのかしらん?

06041705 しかし、微妙に時間に追われた旅だったなぁ…。旅立ちからして仕事に追われたり、時間的余裕を持って出かけたら電車が遅れたり。

 沖縄でもなんか変な時間帯のレンタカーの手配になってしまい、チェックアウト前にレンタカー返却という、面倒なことになったり(自転車があるので移動自体は問題なかったが)。

 帰りもあやうく便に乗り遅れそうだったんだけれど、たまたま便に遅れが出たため、結果的に余裕はあった。

 …のだが、それで油断したのか、手荷物引換券を空港内で無くすという失態(^^;)飛行機人生初。

 ただ、「場合によっては最後の受け取り」とは言われたものの、結果的に照合も早く済み(自転車・手渡しで手配していたからかもしれない)、引換券があるのとさして変わらない時間で手続きできたのはありがたかった。

 ありがとう、JAL(…と、たまにはほめておかないと(^^;)ぉぃ)。

06041706 そうそう、JALといえばそういえば今回は珍しくJクラスに乗ってみた。1,000円の違いだが、果てさてその料金分の差はあったのか…というと、鈍感な身としてはよくわからない(^^;)。

 ただ、往復共に寝てしまったのだが、後から考えてみると寝やすかった気がする。後で身体が痛くなる…ってこともなかったし。隣の人との肘のぶつかり合いもあまり無かった気がするし、1,000円くらいなら、贅沢な席…というほどのものでもないけれど、2時間を少し快適に過ごすなら、結構いいかも。

06041707 あとは…何があったかな。たまたまシーミーの時期(友人には23日あたりがピークと聞いた気がするが、他の地元の人に聞いたら、那覇あたりは16日あたりがピークだとか)で、公設市場あたりの店舗にお休みが多かったり。

 で、たまたま土産を大量に買い込みたかったので、たまたま気が引かれたお店でその分を買ったところ、元々その日の内にシーミーにお墓に行きたかったところで、しかしまだ売り上げが全然伸びていなかったところだったので、ちょうど良かったとか。

 なんかご先祖様の巡り合わせっぽい…ってな話になって、おいらも拝まれちゃったよ(^^;)。買い物していて拝まれたのなんか、初めてだ。

06041708
 また、郷土村みたいなところで、地元の人との交流…ってのもあったなぁ…。あれも楽しかったなぁ…。

 意外にまだまだ沖縄を堪能していない自分を認識しちゃったりして…。

 …えーと、書き漏らしは無いかな?

2006/04/15

…というわけで、

06041501 ほとんど逃亡のように旅に出ています。探さないでください…。

 …まぁ、来週には当然のごとく復帰しますけれどね(^^;)。

2006/04/13

風景線画の続き

 一応隙間を見つけてはこつこつやってます(タイトルに線画…ってつけてますけれど、最終的には色つけまでデフォルトなんですけれどね(^^;))。まぁ他にしなければいけないことがあるような気がするんですが(^^;)。

 とりあえずこのような風景写真をおこそうとすれば、

06041301

 このようになります。

06041302

 立体感…というか、彩色の際に道に落ちる影が印象に残る、あるいはそれで立体感が出ると考えたので、道には線ディティール的にノータッチ。そのせいで線画段階では立体感が無いけれど、とりあえずうまくいっているような…。

 奥~の方の緑まで線で表しちゃっているけれど、そこは略して、塗りでごまかしてしまう…って手もあったなぁ…。

 そういう意味では彩色との折り合い、実践をしてみないといかんね。

 しかしこういう不規則な線は描く野大変そうに思えるけれど、結構雑に描いてもそれなりに絵になるのが判明。

 逆に直線…というか、素直な線しかないとなると逆に、線画だけだとえらくさみしくなってしまうことが判明。

 たとえばこれ。線画にしたあと、鳥居を赤く塗り直せば何かのイラストに流用できそうだなぁ…というハラ(^^;)。

06041303

 しかし線画段階だとさみしいことこの上ない。

06041304

 まぁ塗ってしまえばどうにかなるかもしれないが、塗った後のイメージを固めておく意味でも、やはり彩色の実践は行っておきたい。…なかなか時間がないが(^^;)。

 ちなみに、せっかくIllustratorでトレスしているんだから、ある程度その機能を使ってみたい。

 その検証用に次はこちら。

06041305

 ちと手間取りながら進行中。ブレンド機能で多くの梁とか描くのを簡易化できないかな…と。まぁ、そのうち…。

2006/04/12

比較的自分メモ

フレッツ・シリーズの接続に関する工事・故障情報

 おう、Bフレッツだよ、俺。こりゃ該当するな。4月19日かー。

 午前1時くらいまでは使っている可能性があるから、気をつけなければならないし、復旧後はルーターリセットの必要性もあるかもな。

 そこらへん忘れるとパニクりそうなので、blogに記載しておこう。…でもフレッツが動いてなかったら、その(この)メモを見られないのでは?(^^;)

太陽を追ってはいけない

オリンパス E-330【第4回】
太陽を追いかけろ

 つい忘れがちだが、そういえばそういうことよね。しばらく記事を読んでいて、「ん?何が危険なんだ?」と思っていたり(^^;)。

 考えてみれば、ここのところ光学ファインダーで望遠レンズを覗く機会がない。望遠に限らず、標準だろうが広角だろうが同じ。うーん、全部コンパクトカメラやEVFだ(^^;)。

 双眼鏡・望遠鏡すら覗いてないから、記事の危険性がいまいちピンとこないんだなぁ…。

 唯一、日食の時に「太陽をレンズのあるもので…」とかいう話が氾濫するので、そこらへんで自覚することもあるが、最近日食無いよねぇ…?

 これからもデジイチが普及していく今、記事の危険性を再周知する意味でも、日食が必要な…!えっ!?(^^;)何を言っているんだ、俺は?

自分の未知数

 結果、へろへろ…とはいえ、鎌倉まで自転車で往復できることはわかった。往復100km程度だが、まぁ安心して移動出来る目安としてはしばらくはそこらへんと見ておくべきだろう。

 気温や湿度が変われば又疲労度も違うだろうし、季節によってある程度目安は変えるべきかな。

 ただ、これはBSMでのことである。17インチ車で…と。

 24インチとかそれ以上の大きさのタイヤの自転車ではどうなるんだろう?…と思うこともある。ちょっと試してみたいが、小径車しか持っていない身としては、さらにもう駐輪場所(盗難のおそれがない室内、ベランダのスペース)が無い身としては、確認のしようがないのがちょっと残念。借りるわけにもいかないしね。

 まぁ1~2万程度の市販車を使って…って手もあるが、その程度の自転車で1日100kmを目指せと?…うーん…(^^;)。

 やはりしばらくは手持ちの小径車ではっちゃけるか(^^;)。

2006/04/09

近況…

 まだ本業疲れが…。

 先週はさして作業量が多かったわけでもないんだけれど、ちと気合い入れた作業があったり、それまでの仕事の区切りになったというか、そのせいでそれまでの疲れがはき出されてしまったというか、最後に次に向けての頭の痛い問題が持ち上がったり…だの、ちょっとグロッキー気味…。

 そんなわけで、土日はちょっと出かけたくらいで、家でのんびり…。ちょっと用事もあったんだけれども、急に先方のキャンセルも入るしなー。まぁでも、逆にそれはそれで良かったのかな…。少し疲れが取れたような…。

 んでも明日からのことを考えると…嗚呼、まだ年度末は終わらない…。

2006/04/06

繰り返される後悔

 あえて反省点を挙げるとすれば、初回あたりを見ていないことだ。

 あれほどハマった「踊る大捜査線」も実は最初の数話を見ていない。普段はなんでも鑑定団を見ていて、やがて周りの情勢…というか、評価を聞いてやっと見てみた…というていたらく。

 これは同じくアカギにもいえることで、結構後悔している。

 …ともなれば、この番組改編時期にあたり、新番組は「せめて1話だけでも」撮っておく…ということにしてしまったわけ。

 HDDレコーダで番組表を受信できるとこういう時ありがたいのだが、深夜時間帯のアニメ枠を見て愕然。ほとんど隙間無し。…あれ?最近ここまで氾濫していたか?

 ちょい前にも「ああっ、VHF局とUHF局が入り乱れて、レコーダ1機では録画しきれない!」みたいなこともあったけれど、特定曜日のみ…って感じだった。なんか今回は毎日、VHFとUHF、番組入り乱れているような…。

 幸いにも、こちらはテレビ神奈川、テレビ埼玉、MXテレビ(若干画質悪)とUHF局3つが受信できるので、うまーく選択すると、結構漏れがない。その構成を考えているとき、なーんか何かのパズルをしているようで、妙に複雑な心境だったのだが(パズルはほとんどしない)。

 …まぁ、こう録画に夢中になれる「ドラマ」がなかなか出てこないのがさみしいんですけれど…。

 で、大体安心していたら、一つ漏れがあるのを発見した。その時間はHDDレコーダは別の番組を録画する予定で、今にして思えばPC録画だけでもしておけばよかったのだが、なんとなーく「生で見ておけばいいか」くらいにしか考えなかった俺。最近本業が多忙で、残業続きとなれば、そもそも録画したもののチェックなどする時間もなく、だったら寝る前に見ておけばいいか…程度にしか考えなかった。

それが「桜蘭高校ホスト部」。…前番組のアカギとはエラい違いだ(^^;)。

 ところがこれが意に反して面白い。まったく予備知識無く見たので、最後のオチも(今から思えばなんとなーくOPでそう感じてはいたのだが)かなり効きまくって楽しめた。ちと伏線も張ってあり、後から「ああ、そうか!」と思うこともあったので、もう一度見返しておきたかったのだが…、

 撮ってなかった(;_;)。

 なんか、同じ過ちを犯しているような…。

過ぎ去りしエイプリルフール

 ネット上では4月1日となるとエイプリルフールネタが広がってそれなりに楽しめるのだが、ここではそういう展開が無くてすんまそん。いや、年度の区切りはいつも忙しくて、そういうことを考えている余裕が無くて…。

 その割には鎌倉とか出かけていましたが(^^;)ストレス発散。で、おいらの誘導で道を間違えたりすると、「まぁ、エイプリルフールだから…」と、意図しない免責ができたりして(^^;)助かった。

 …でまぁ、それ以上のネタはないんだけれど、気になった記事を一つ。やじうまWatchなんだけれど、4月1日の記事。

 「自殺の実行をほのめかす投稿もなく」とあるが、実行したらどうほのめかせというのか(^^;)。過去ログは見てないけれど、本当に感動の雰囲気なのか?大丈夫なのか?嘘であって欲しい…と切に望むエイプリルフール…。

2006/04/03

近況

 ちと本業の方が忙しくなるようで、その余波でこちらの更新が滞るかもしれませんのであしからず。夜間に更新すればいいやんか…という気もするんですけれど、最近のココログは夜間はすさまじくレスポンスが悪くて…。

 で、昼休みは昼休みでもも展の感想とか書いているので(^^;)。ただ、疲れてぼーっとしてて、それもままならないような気もするけれど…(^^;)。

2006/04/02

疲労の蓄積

 鎌倉走行が相当効いた…というか、年度末進行の疲れも溜まり、今日は寝まくり(^^;)。

 昼間で寝ていたこともあったけれど、昼寝も導入。今日の記憶、あまり無し(^^;)。

 まぁ昨日のことを思い出せば、そういえば写真を撮りまくったことを思い出した。いや、撮りまくってないか。LC1で、 1GBのSDカード1枚でRAW撮影していたので、70枚くらいしか撮れない…とするとなんか気後れしちゃって、 逆にあまり撮らないようになっちゃったり。

 今後は予備カードを持ったりして、心理的に余裕を持たせるようにしないとな。

 他にもRAW撮影のデータ保存、DVDに保存するのが普通だと思うが、 写真データの閲覧性を考えればNASに保存して検索しやすいようにし、しかしNASもそろそろ容量的にヤバくなってきたことを考えれば、 ちと考えなければいけないのだが、とりあえずそれは余談(でも後日考えよう…)。

 で、その写真を撮ってたときには、最近は以前の記事にも書いていたとおり、風景写真をトレスするのがマイブームなので、 「おまえもトレスしてやろーかー!」と撮っていたのを思い出す(^^;)。

 そこらへんのトレースとかでもしようかな…と思っても、身体動かず(^^;)。…っていうか、 それ以前にしなければいけないことがあったような…。

 …でも、身体動かず(^^;)。そんな1日…(^^;)。

2006/04/01

春の鎌倉

06040101

 …というわけで、例年の(去年は違ったが)花見に鎌倉に行ってきた。

 以前、茅ヶ崎付近に住んでいた友人がこちらとのオフ会の旅にほとんど「上京」といえるような移動を強いられていたので、年に一度くらいはそちらに有利な場所設定のオフ会を…ということで「春の鎌倉」がちょうどいいだろう…と始められたこのオフ会。

 考えてみるとその友人も今や都内在住となっているので、「利点」というほどのものも無いのだが、「春の鎌倉」はそれはそれで魅力なので持続されているこのオフ会。

 しかし今回久しぶりにその春の鎌倉に訪れてみると、あまりの人の多さにちょっと辟易。いや、今までもシーズンの鎌倉はなかなかのものだったが、鶴岡八幡宮などピンポイントで混んでいる程度だったのに、北鎌倉の円覚寺から鶴岡八幡宮の裏手もずっと裏手の建長寺まで、ほとんど「並んで」歩くまでの人の多さというのは今までに無かった気がする。

 鎌倉駅前から裏手の(?)商店街の人の多さもすさまじかった。友人と並んで歩いていてもすぐ見失うほどの混雑っぷり。ちょっと今度から鎌倉探訪シーズンを考えなければいけない気もする。

 まぁそれはそれとして、せっかく鎌倉行くのならば、先週走ってないんだし、BSMで行くべきかな…と、近所の友人と連れ立っていくことに。やっぱ複数人で走ると、楽しいね(^^;)。

 コースはほとんど決まっている府中→鎌倉街道→町田→境川サイクリングロード→藤沢→鎌倉というコース。やっぱなんだかんだで走りやすいです。ただ、鎌倉街道の町田リス園前の上り坂は、角度が微妙なのか、おいらのBSMでは適したギア比が無い角度のようで、急角度ではないくせに非常に走りにくいんだよねぇ…。あそこをうまくパス出来るコースは無いかなぁ(^^;)でも非常に遠回りになるような気が…。

06040102 また、境川サイクリングロードは246までは左岸が、それから先は右岸が花盛り…というか、環境整備が偏っているのが面白い。住民比率とかで分けているのかなぁ?花を愛でながら走るには、そういうコースで走った方がいいのかも。

 まぁそんなわけで北鎌倉には3時間ほどで到着。本当は鎌倉駅に自転車を置いて北鎌倉に向かうつもりだったんだけれど、ちと遅れてしまったので直接北鎌倉集合。まぁ、先のページで北鎌倉駅周辺の自転車置き場もチェックしておいたので、そこに駐輪して散策に回ったけれど。

 人が少なければ自転車を引いての移動はさして問題ないだろうし、駐輪場所もそれなりに工夫すればなんとかなりそうと考えていたけれど(遅刻時(^^;))、さすがに今回の人の多さでは自転車を引いての移動も、駐輪場所を探すのもえらく面倒っぽかったので、北鎌倉に置いていったけれど。逆にそれは、変えるときには出発点に戻らなければ行けない…という制約が課せられることになるんだけれど、仕方なし(^^;)。

06040103 まぁ、散策には非常に適した天気で良かった良かった。円覚寺の草花もいい感じに開花してましたね。いつもの茶店でもちょうど混雑前に来られて座れたのがよござんした。餌付けが禁止されたリスはもう来なくなったようだけれど(^^;)。

06040104 そしておうす風珈琲のある、これまたいつもの茶店にも寄ったり。ただ、こちらがしばらく行っていなかった間に大幅改装。どうも店主の代が代わったらしく、なにやら豪華に…。結構オサレな感じになったけれど、「仕込み中」という、レシピそのものをまだ検討中(店に出せない)のメニューが掲載されていたり、なのに値段が途中で変更になっているという、ツッコミどころ満載のメニュー表など、親近感を感じさせる演出もなかなか…(^^;)演出じゃぁない。

06040105 あ、そういえばこのすぐ近くに最近出来たっぽいデザイナーズハウスみたいな建物があったんだけれど、その1階に猫デザインの絵画がたくさん飾ってあった。ギャラリーではなく、単なる玄関っぽいんだけれど、ギャラリーとしても成り立つようなその建物は非常に魅力。玄関だけ開放してくれねぇかな(^^;)ぉぃ。

 その後は山里といったかなぁ…。店先の竹藪が印象的なお店でお蕎麦。ちなみにここまでの間に、100m進まずになにかしら腹に入れている…という密度っぷり(^^;)。いやぁ、いいねぇ(^^;)。

 ちなみにこの店で蕎麦を待っている間、TMXくんのデジイチ知識の貧弱っぷりが暴露。

 「えっ!?デジイチって光学ファインダーなんですかっ!?」

 「液晶見て撮れないんですかっ!?それじゃぁデジカメの意味、無いじゃんっ!?」

 ある意味、心洗われるご発言です(^^;)。そんな君には是非E-330を…。

 ま、個人的には高精細が条件だけれど、EVFで、露出補正ん時簡易的でもそのプレビューが反映されたりした方がいいんじゃないのぉ…?とは思っているのだが(^^;)。

 その後は銭洗い弁天に向けてぶらぶら。途中、手焼き煎餅が売っていたので、おいらだけ(^^;)一枚所望。ただ、こん時、おいらのノリが良かったせいか、焼いてくれている人が「1度漬けでいい?」…と、ある種暗号っぽいことを言ってくれたので、「2度漬けで是非!」と発言。

 ちと離れていたところにいた友人が、それを聞いていた他の人が「なんかあの人、常連っぽい…」と噂していたのをキャッチしていたり。いや、まぁ常連ではないんだけれど(確かに以前に一度、その店で別の煎餅買ったことあるが)、そういう特典を引き出すのも、こういう旅を楽しむテクニックなのだよ。

 言ってみれば、鯨の腹の中に入り込んで、銛で突き破るみたいな…(^^;)喩違!。

 ちなみに2度漬け煎餅は非常に美味でした。ただ、3度以上になると逆に辛くてクドくなっていたかな。

 銭洗い弁天に向かう途中の化粧坂では、他の友人と駆け上る…という暴挙を愚行(^^;)。まぁお互い息が切れながらそのまま登り切ったけれど(他の人に迷惑だっつーの>をれ)、ジムに通っているその友人とあまり変わらない体力が備わってるんじゃねぇかと実感。まぁその後、一緒に自転車でやってきた友人にたしなめられて、帰りにも大量に体力必要なことを思い出しましたが(^^;)。

06040106
 銭洗い弁天では当然金を増やすために洗わなければ…と思っていましたが、これまた人の多さに断念。それこそ金ではなく、芋を洗うような混雑っぷりでした(どなたか座布団ください(^^;))。

 あとは鎌倉駅前付近を散策。最近の鎌倉みやげはなんだ?と聞かれて「麦田もち」を挙げたところ、TMXくんが法事で帰省するおみやげに大量に買い込み、若干責任を感じたり(^^;)いや、でも非常にお勧めですよ。本当に。

 また、天然素材だけというソーセージを使ったホットドッグを食いつつ、メキシカンビール(だっけ?)も一緒にくいっと飲み干すYuNKさんにほれぼれしたり(^^;)、まぁ細かいイベントが。

 そして当然締めは染太郎でもんじゃ焼きとお好み焼き。ちなみにこのとき、外人のみのグループも来店し、明らかに観光で来ている日本未経験っぽい人達だが、お好み焼きとかもんじゃ焼きとか作れるのかしら?(そういえば江戸もんじゃでは店員が作ってくれるが、染太郎はまったく逆)…と思ったら、頼んだメニューがほぼ、ただの鉄板焼き。うーん、惜しい。やはりあそこはおいらが口出しして無理してもお好み焼きぐらいは作ってやった方が良かったか。

 まぁ、席的にはKIMIくんの方が近かったので、彼に是非そういてもらいたかった…(^^;)ぉぃ。

 …で、解散…とはいっても、自転車組は北鎌倉にもっぺん移動しなければいけないんだけれど(^^;)。んでもすでに日が暮れてきて、夜行モード。

 ただ、友人はさすがに疲れたのか、輪行に移行。まぁでもせっかくだからおいらはそのまま境川サイクリングロードに。

 しかしここで大変なことが判明。その前からなんか変だなぁ…と思っていたのだが、ライトの電池が切れかかり、照射になんの効果も無いことが判明。

 町中では周辺が明るいので気がつかなかったが、藤沢でサイクリングロードに移った途端、街灯の減少っぷりにさすがに気がついた。

 幸い、それなりに点滅するので、対向車に対してのアピール度はなんとか確保できたので、衝突の危険度は回避出来たが、全然目前の路面状況が把握できない。目を大きく見開いてなんとかコースを確認できるが、国道1号を超えてから3kmくらいはほとんど街灯無し。さすがにヤバ過ぎ…ってことでサイクリングロードを外れてコンビニ探し。なんとか発見して電池交換したところ、照明復活。街灯がないサイクリングロードでもしっかり走行出来るようになった。ほっ。

 そういえばBSMにライトをつけてから電池交換した覚えがねーや(^^;)。BSM自体搭乗機会が少なく、また夜間走行も数少なく、町中ばかりの走行だったから、全然気がつかなかったが、今後は電池残量のチェックもしっかりしなくては…という反省点。

 また、もう一つチェック事項…というか、夜間走行の問題点が。こちらのライトがいくら強くなっても、走行範囲の周りにある強烈な光源が逆に危険を招くことがあったり。

 街灯の少ない範囲でのサイクリングロードの話だが、そのときは並行して走る国道っぽい道沿いのガソリンスタンドだった。強烈な明かりが周囲を照らし、しかしガソリンスタンド自体の塀でこちらの路面までは照らしてくれない。ひたすらこちらの目のあたりばかり照らしている感じで近くにいる犬の散歩をしている人をハレーション効果で隠してしまい、衝突寸前までわからなかった。

 急に犬の影が目の前に現れて、あわててハンドル切ったから回避出来たけれど、本当に危なかったなぁ、あれは…。路面も照らしてくれれば親切なのだが、前述したとおり塀の影になっていてサイクリングロードの路面までは照らしてくれなかったのよね…。あれはほんとに迷惑っつーか…仕方ないことなのかもしれないが。

 以降、体育施設のグランド照明にも気を配り、明るいところでは逆にスピードを落とすという走行体制に…(^^;)。

 そんなこんなで走行して、なんとか家にたどり着きました。ほっ。やっぱ夜間走行はできるだけ避けたいな…。でもなんとかロード・オブ・ザ・リングの時間までには帰宅しますた。

 まぁ疲労が重なったせいか、トイレに詰めたり、アレルギーを抑える薬が切れたのか、全身にじんましんが現れたり(あわてて薬を飲んで収まりましたが)、あまり楽しめませんでしたが(^^;)どーでもいいけど、サム、カッコ良すぎ(それだけはわかった)。

 ちなみに走行距離は100km程度。…あれっ?江ノ島経由で鎌倉行った時よりも距離が伸びているのはなんでだ?大船経由で北鎌倉向かうのはそんなに遠回りだったのか?

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »