2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

関連リンク

 


検索


  • Google


    WWW を検索
    とめどなく雑記 を検索

写真ピックアップ2012/04-05

  • 夜の桜
    2009年初頭までは定期的に写真を掲載していたのですが、その後サボってしまいました。写真自体は折を見て撮影していたので、現在からお気に入りなどをピックアップして掲載していきます。ファイル名は特に撮影時期ではありませんので念のため。

2009年1・2・3月撮影分

  • L1000050
    2009年になっても相変わらずぶらぶら撮った写真に終始すると思いますが、ご勘弁のほどを(^^;)。

2008年10・11・12月撮影分

  • 皆が見ないコミケの顔・その5
    D-LUX4も加わっての、バラエティに富んだ写真アルバムに…なるはず?ただ、MPはフィルムなので、掲載する予定はありません。

2008年7・8・9月撮影分

  • 祭り
    一番忙しい四半期につき、写真は少なめになるかと思います。とはいえ、新レンズを使ったりして多少浮かれてはいるかな?(^^;)

2008年4・5・6月撮影分

  • 単線のある風景
    4、5、6月分です。特に説明も無いのですが…(^^;)。まぁのんびりスナップをアップしていく…予定かと。

2008年1・2・3月撮影分

  • 円覚寺・その4
    相変わらずぶらぶら撮っています。面倒なんで、これからは3か月分、まとめようかな。

2007年10・11・12月撮影分

  • 来年に向かって歩く
    相変わらずぶらぶら撮ったものです。あまりにもとりとめなく撮ったので、3ヶ月分まとめさせていただきます(^^;)。

2007年9月撮影分

  • 機上から見る雲
    9月撮影分です。主に久米島旅行で撮った写真になっています。

2007年4・5・6・7・8月撮影分

  • 夏の海
    相変わらずぶらぶら撮った写真です。ちなみにコミケの写真は入っていません。

2007年1・2・3月撮影分

  • 桜の風景・その11
    まだまだのんびり写真です(^^;)。なんか、撮っているのも楽しいですが、現像も楽しいですね。

2006年12月撮影分

  • 築地の町並み
    相変わらずR-D1メインでぶらぶら撮影したものを掲載していきます。紅葉も都心の方まで降りてきていますので、当初はそれを中心に…といったところになるかな?

2006年11月撮影分

  • P1020232
    距離計の狂いから一時期修理に出していたR-D1が帰ってきたので、ちらほらと撮影したものをアップします。
    でもなーんかぎこちないというか…写真に対する自分なりの立脚点がしっかりしてないというか…(^^;)。
    個人的にはしっかり楽しんでいるのでいいとは思うんですけれどね(^^;)。

2006年9月 石垣島周辺旅行

  • 車に積まれたエンジン
    9月下旬に石垣島及び周辺離島を旅してきたときの写真です。
    カメラはR-D1を修理に出していたので、LC1とF10です。Exifん時に機種が書いてないのはLC1と見てください(RAWを現像・エディットして保存すると、さすがにExifデータが残らないみたい)。明るいときにはLC1にはND8のフィルターを装着しています。

2006年6月撮影分

  • 富士山を臨む
    6月撮影分です。ちょこまかと撮っているのをあげていきます。
    色々なレンズも出てきますが、だいたい使うレンズが決まりつつあるような…。

2006年5月撮影分

  • 深川の風景
     ちょっと細かな撮影が入り組んでいる月なので、まとめてのアルバムにします。
     まず最初はくらやみ祭り。のんびり行ったせいか、人垣を越えられず、てんで山車とかの写真はありませんので、期待しないように(^^;)。
     次に有楽町あたりをぶらぶら歩きながら撮った写真、お台場や川越などと、色々取り混ぜてあります。

2006年4月 浅草・皇居前広場・銀座等

  • 紅い店先
    まだR-D1に慣れていないので、運動がてら、色々テスト撮影。その途上、Jupiter-12 35mmF2.8やアベノン28mmF3.5を買ってしまったり(^^;)。その他にはスナップショットスコパー25mmF4とカラーヘリアー75mmF2.5で撮影。

2006年4月 沖縄旅行

  • 赤壁
    買いたてのR-D1を片手に沖縄をうろついた時の写真です。 レンズは基本的にフォクトレンダーのUltron35mmF1.7。広角に写っているのはUltraWide-Hrliar12mmF5.6。飛行機の撮影など、一部望遠はNokton50mmF1.5。

2006年4月 三浦半島一周

  • トンネル入口
     三浦半島一周の旅ですが、お伴にR-D1も持っていきました。  この手の負担の大きい旅ではF10といった軽いデジカメの方が適しているんですが、買ったばかりだし(^^;)、カメラとして楽しむならこちらの方がいいですしねぇ…。  そんなわけでウェストポーチで出動です。カメラ用ポーチというのがあるんですな。一眼レフも入るタイプなので、スリムなR-D1だとレンズを数個入れてもまだ余裕があったりします。  ただ、便利ではあるんですが、ちょっとデカいんですよね。カメラが入る以上、仕方ないのですが。今回はまだ涼しかったから良いですが、今後は考えないといけないかもしれません。ムレるかも。  …で、レンズはウルトラワイド・ヘリアー12mmF5.6、Jupiter-12(35mm)といったところ。実はアベノン28mmも持っていましたが、今回は使いませんでした。 ※工事現場の写真、その3とその4が入れ替わっちゃってますが、そこらへんはうまく数字順に読んでください(^^;)。

« Macへ望むもの | トップページ | 花粉の季節 »

2006/02/23

まだちょっと足りないジャストシステム

 書き忘れていたが、アイデアマスターと一太郎2006、広辞苑に類義語辞典、それにネタの種2を手に入れた。

 まぁあまりがしがし使う時間が無かったので、そうそうレポート書ける状態ではなかったが。


 ネタの種2はふつーに使っているので、特に書くことも無し。本当に必需品になると、さして挙げることもないのよね。ただ、エディタはノーマルに設定してある。枠線も書けるShurikenエディタを使った方が面白そうだが、…なーんかテキストの気軽さを求めてしまい、ノーマルなエディタを使ってしまう…。うーん。

 メーラーにShurikenとか使えばいいか?(^^;) 連携しまくりそうだなぁ…。


 広辞苑・類義語はATOKと組み合わせて普通に使ってます、これも。単語変換の時に意味とか注釈の表示がぐわっと増えてびっくりですよ。結構いいかも。


 さて、肝心のアイデアマスター。これが結構いい。機能としてはフリーウェアのIdeaFragmentなどに似ている。機能的には、逆にあちらの方が高機能かもしれない。ただ、本当に操作が簡単というか、直感的に操作できるアイデアマスターが、まずはアイデア出し…という段階においてはかなり便利。思考の阻害をされないというか…。

 まずその操作感でメリットがだいぶある感じ。

 ただ、せっかく出したアイデアも、何かに昇華されないともったいない。

 その点は一太郎2006との連携…ってところ役だってくれるだろう…とたかをくくっていた私。ただ、実際にはそうそううまくいかない雰囲気。

 具体的には、見出しをアイデアマスターで書き連ね、本文を一太郎で…という作業の流れを想定。ただ、単に流れ作業でデータ加工も一本調子…というわけではなく、構成のダイナミックな変更はアイデアマスターが得意だし、文章作成については一太郎が秀でているので、ソフトを相互に操作し、リンクしたデータも相互にやりとりされて、お互いの操作性の長所を組み合わせた文書の作成を…と思っていたのだが、そうはいかないらしい。

 ソフトの扱うデータが違う…といえばそれまでなのだが、互換性が保てる部分だけだけしかデータをやりとりできない…というか、データは取り込みっぱなし…というか。

 たとえばアイデアマスターでは系統図を思いつくままダー…っと書き連ねていくわけですが、一太郎は入れ子の見出しに変換されるわけで、しかし一太郎の見出しの階層数には制限あるので、その数を認識して系統図を作らないと、ある階層以降の系統は「ただの本文」としか認識されないとか。

 せっかくアイデアマスターに資料や設定掲示用に絵を貼り付けても無視されるし。

 ノードの文字の大きさなども一太郎→アイデアマスターには反映されないしねぇ…。

 そもそも「連携」ではなく「変換」ということらしい。うーん…。まぁ一度変換したらもう元に戻らない…というスキームだか使い方ならいいんだろうけれど、グラフィックソフトで「2つ以上のツールを相互に操作して…」ってことに慣れていると、テキスト作業くらいでも同様に出来てくれないと、お互いの長所も生かせないし、自由度高くないなぁ…という悪印象も…(^^;)。


 アイデアがだんだん系統的に関連づけられていく様は自分で操作しておいてなんだが、感動すら覚える楽しさ。

 加えて、まだそんなに実践してないが、ナレッジウインド装備の一太郎2006では文章作りの面白さも体感できるのではないかと期待している。

 ただ、段階を踏めば順序立てられるこれらの作業が、相互のデータのやりとりにより「シームレス」かなぁ…と思っていたが意外に「敷居が高い」ということは結構残念に思う。

 ここがシームレスになれば、アイデアが思いつくまま…ってところから一気に文章化までスムーズに一気に流れる…と思うのだが、どうだろう。

 まぁデータの互換性とか考えると難しいのかもしれないが、どちらもジャストシステム製なんだし、なんとか頑張っていただきたいところ。

 ひとつよろしゅうに。

« Macへ望むもの | トップページ | 花粉の季節 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27753/8798890

この記事へのトラックバック一覧です: まだちょっと足りないジャストシステム:

» ジャストシステム アイデアマスター [怠慢我侭日記]
アイデアマスター[送料無料]  ジャストシステムのアイデアマスターというソフトに興味がある。  アイデアマスターの解説文を見ると、関連ある言葉同士を線で結びつける「ツリー形式のグラフィカルなマップ」を、簡単なキー操作で描くことができる発想支援ツールです。頭の中に湧き上がる考えを次々に書き出し、整理し、さらにその過程の中から新たな発想を生み出すというアイデアの広がりを、パソ... [続きを読む]

» [MONO] アイデアマスター [刮目(かつもく)日記]
 asin:B000E5N3JQ:detail  何でこう初物が好きなのでしょうか。「アイデアマスター」ジャストシステム社を買ってしまいました。アイデアマスターは、頭に浮かんだ考えや事例の断片を集積し、整理し、組み合わせ、新しいアイデア発想を生みだし、まとめ上げていくことができるアイデアプロセッサです。  操作はいたって簡単、文字を入力し、[Enter]を押すと文字枠(以下ノード((要素又はテキストのこと。))という)ができます。もう一度[Enter]を押すと、関係線が伸びて、次のノード... [続きを読む]

« Macへ望むもの | トップページ | 花粉の季節 »