2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

関連リンク

 


検索


  • Google


    WWW を検索
    とめどなく雑記 を検索

写真ピックアップ2012/04-05

  • 夜の桜
    2009年初頭までは定期的に写真を掲載していたのですが、その後サボってしまいました。写真自体は折を見て撮影していたので、現在からお気に入りなどをピックアップして掲載していきます。ファイル名は特に撮影時期ではありませんので念のため。

2009年1・2・3月撮影分

  • L1000050
    2009年になっても相変わらずぶらぶら撮った写真に終始すると思いますが、ご勘弁のほどを(^^;)。

2008年10・11・12月撮影分

  • 皆が見ないコミケの顔・その5
    D-LUX4も加わっての、バラエティに富んだ写真アルバムに…なるはず?ただ、MPはフィルムなので、掲載する予定はありません。

2008年7・8・9月撮影分

  • 祭り
    一番忙しい四半期につき、写真は少なめになるかと思います。とはいえ、新レンズを使ったりして多少浮かれてはいるかな?(^^;)

2008年4・5・6月撮影分

  • 単線のある風景
    4、5、6月分です。特に説明も無いのですが…(^^;)。まぁのんびりスナップをアップしていく…予定かと。

2008年1・2・3月撮影分

  • 円覚寺・その4
    相変わらずぶらぶら撮っています。面倒なんで、これからは3か月分、まとめようかな。

2007年10・11・12月撮影分

  • 来年に向かって歩く
    相変わらずぶらぶら撮ったものです。あまりにもとりとめなく撮ったので、3ヶ月分まとめさせていただきます(^^;)。

2007年9月撮影分

  • 機上から見る雲
    9月撮影分です。主に久米島旅行で撮った写真になっています。

2007年4・5・6・7・8月撮影分

  • 夏の海
    相変わらずぶらぶら撮った写真です。ちなみにコミケの写真は入っていません。

2007年1・2・3月撮影分

  • 桜の風景・その11
    まだまだのんびり写真です(^^;)。なんか、撮っているのも楽しいですが、現像も楽しいですね。

2006年12月撮影分

  • 築地の町並み
    相変わらずR-D1メインでぶらぶら撮影したものを掲載していきます。紅葉も都心の方まで降りてきていますので、当初はそれを中心に…といったところになるかな?

2006年11月撮影分

  • P1020232
    距離計の狂いから一時期修理に出していたR-D1が帰ってきたので、ちらほらと撮影したものをアップします。
    でもなーんかぎこちないというか…写真に対する自分なりの立脚点がしっかりしてないというか…(^^;)。
    個人的にはしっかり楽しんでいるのでいいとは思うんですけれどね(^^;)。

2006年9月 石垣島周辺旅行

  • 車に積まれたエンジン
    9月下旬に石垣島及び周辺離島を旅してきたときの写真です。
    カメラはR-D1を修理に出していたので、LC1とF10です。Exifん時に機種が書いてないのはLC1と見てください(RAWを現像・エディットして保存すると、さすがにExifデータが残らないみたい)。明るいときにはLC1にはND8のフィルターを装着しています。

2006年6月撮影分

  • 富士山を臨む
    6月撮影分です。ちょこまかと撮っているのをあげていきます。
    色々なレンズも出てきますが、だいたい使うレンズが決まりつつあるような…。

2006年5月撮影分

  • 深川の風景
     ちょっと細かな撮影が入り組んでいる月なので、まとめてのアルバムにします。
     まず最初はくらやみ祭り。のんびり行ったせいか、人垣を越えられず、てんで山車とかの写真はありませんので、期待しないように(^^;)。
     次に有楽町あたりをぶらぶら歩きながら撮った写真、お台場や川越などと、色々取り混ぜてあります。

2006年4月 浅草・皇居前広場・銀座等

  • 紅い店先
    まだR-D1に慣れていないので、運動がてら、色々テスト撮影。その途上、Jupiter-12 35mmF2.8やアベノン28mmF3.5を買ってしまったり(^^;)。その他にはスナップショットスコパー25mmF4とカラーヘリアー75mmF2.5で撮影。

2006年4月 沖縄旅行

  • 赤壁
    買いたてのR-D1を片手に沖縄をうろついた時の写真です。 レンズは基本的にフォクトレンダーのUltron35mmF1.7。広角に写っているのはUltraWide-Hrliar12mmF5.6。飛行機の撮影など、一部望遠はNokton50mmF1.5。

2006年4月 三浦半島一周

  • トンネル入口
     三浦半島一周の旅ですが、お伴にR-D1も持っていきました。  この手の負担の大きい旅ではF10といった軽いデジカメの方が適しているんですが、買ったばかりだし(^^;)、カメラとして楽しむならこちらの方がいいですしねぇ…。  そんなわけでウェストポーチで出動です。カメラ用ポーチというのがあるんですな。一眼レフも入るタイプなので、スリムなR-D1だとレンズを数個入れてもまだ余裕があったりします。  ただ、便利ではあるんですが、ちょっとデカいんですよね。カメラが入る以上、仕方ないのですが。今回はまだ涼しかったから良いですが、今後は考えないといけないかもしれません。ムレるかも。  …で、レンズはウルトラワイド・ヘリアー12mmF5.6、Jupiter-12(35mm)といったところ。実はアベノン28mmも持っていましたが、今回は使いませんでした。 ※工事現場の写真、その3とその4が入れ替わっちゃってますが、そこらへんはうまく数字順に読んでください(^^;)。

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006/02/28

意外に人気な品

 …と言っては失礼だが、実は江ノ島で手に入れたおみやげが、職場で隠れた人気を…。


 サイクリングで意外に困るのが、おみやげだ。おいらの場合、別に毎週色々出かけていっているんだから、もうおみやげなんて買わなくてもいいとは思うのだが、滅多に行かないところ、はじめていくところ…となると、なんとなく買ってしまいたくなる。

 気になる品も一人で食うよりは、他の誰かと…ってことにしてしまえば、食べやすいしね?(^^;)

 しかしだからといってなんでもいいか…というとそうはいかないところが困りどころなわけだ。積載量だってあるし、なにより、壊れやすいもの、生ものは避けたい。寒い昨今なら生ものくらいならまぁ大丈夫のような気がするが、場合によっては電車による移動も考えられるし、うっかりシート下のヒーター近くにでも持っていった日にゃぁ、ちとアレだ。

 ある意味、移動手段の自由度の高さが、「今後、どういうルートで帰るか」と決定づけられないため、環境の変化に弱い品の持ち帰りを躊躇させてしまう。

 特に今回、しらす豆腐なんてのがあったが、デリケートだわ、暖めたくないわ…て、絶対持って帰れない…って感じだ。保冷剤、保冷庫同梱…って手もあるが、そうすると今度は積載量にひっかかるし。

 そういうことで、なかなか難しいわけだ。


 そんなわけで、江ノ島東っ側にあるお店、しらす問屋 とびっちょの店頭なんか覗くと、「たたみいわし」なんか無難…ってわけだ(^^;)。

 しかし結構それはそれで美味そうなのだが、別に見つけたのが「そのまんまちりめん」。

 これもたたみいわし並みに運搬に便利だが、そのまま食べられるのでさらにツブしが効く。職場のおみやげに持っていったが、結構好評。お手軽につまめるしね。味も余計なものが添加されていないので素材の味が活きてていいらしい。

 まぁものがものだけに「ご飯が欲しい」「酒はどこだ」ってことになって、いまいち仕事に身が入らなくなるという弊害があるかもしれないけれど(^^;)。

いつか来る雨の土曜日

 そうそう。一度、ポプルスに行って、カラーページの規格(?)とか仕様とか、聞いておかないとなぁ…。そろそろ輪行本の本格的な構成とか考えたいし、しかしカラーページをどう使うかによって、構成も違ってくるからなぁ。

 口絵とかは一般的な常識とかあるんだろうけれど、どちらかというと口絵以外、ページ途中でのカラーページを挿入したい。ポプルス配布の料金表にはそれも可能な感じで書いてあったけれど、具体的にはどういう決まりで…ってのがわからないので、話を聞いておきたい。

 ただ、こういうのは直に聞いた方が早いだろうから店頭に出向きたいところだけれど…そうだ、日曜休みなんだっけ。でも土曜はしょっちゅう走りに行っているからなぁ…(^^;)。

 …土曜、雨が降ったときにはポプルスに行こう…ってことにしよう(^^;)。

申し込み完了っぽい

 なんかこないだまで頻繁にCircle.msからのお知らせが来ていた。

 例のコミケのオンライン申し込みのサイトのことであるが、なんのインフォメーションだか、要領を得ない。

 まぁ要するに、「色々締め切りを向かえてますけれど、もうデータの改変は行えませんので。ただ、申し込みは完了してますので、ホームページ覗いて確認してみてね」ということ…だと思う(^^;)推察。

 びみょーに語句の言い回しが遠回しで、自分としては終了させたつもりが、ステータスとして「申込完了状態」とかなんとか、微妙に「他にやる作業があるのかも」と思わせるのがなんとも…。

 まぁ実際にデータの変更など行えるので、それはそれでいいのだが、なんかはっきりしなくて、どーも…。

 確認する限りは完了しているっぽいんだけれどね。ちょっとそのあたり、FAQ…というよりは、仕様語句解説一覧とかあるといいのかもなー…とか思ったり。

2006/02/27

やっぱりOnenote?

 例のメモツール関連で少し検証が進んだので…。


 やはりどーもSVG Cats2でもフィーリングが合わず、他のソフトでどうにかならないか…と模索していた。

 OutlinePictMemo(Ver1.3)というのも見つけたが、マウスならともかくタブレットPCの素早いポインティングに追従できない点で、おいらの使用に耐えられないと判断。うーん、残念。

 他にはなかなかいいソフトは無し。どーもおいらの用途に合致するツールが見つからない。

 そこであえて原点に戻ってみることにした。つまりタブレットPCには標準添付のWindows Journalに。

 基本的に用途としてはこのソフトも合格点ではあるのだが、しかし「同時表示出来るファイラーが装備されていない」点で残念ながら必須項目を満たしていなかったと思っていた。

 …思っていた。そう、過去形だったりする。

06022701 実は調べてみると、ファイラーとまではいかないかもしれないが、ファイルのヘッダーを一覧表示する機能はあった。

 ちょっと表示域が狭いような気がするが、手書きのヘッダー部分がそのままプレビュー代わりに表示されたりと、結構メモを扱う表示としては、気が利いているかもしれない。

 ただ、「メモの一覧」というよりは「ファイルの一覧」ということで、常に「ファイルの開け閉め」は意識せざるを得ない。逆を言えば、理想型はOnenoteのように常に記録、「ファイル上書き保存」というアクションを気にせずがしがし書き込む…ってわけで、Journalだと常にファイル保存のアクションを気にしていなければならない。

 まぁ、定期保存オプションもあるのでそう気にせず、妥協できる範囲という気もする。

 そういうことである程度線をひきまくっても、データが、つまりは表示が重くなる…という感じはなかった。

 ある設定をするまでは。

 ちこちこっと設定をいじくっているとき、Journalにも筆圧オプションがついており、デフォルトでOFFだったそれをONにしてみると、筆圧を活かしたタッチを描けることがわかった。

 ただ、途端に重くなった。筆圧を用いたキャラ、1名を描いただけで、ファイル保存のアクションも時間がかかるようになってしまった。

 …ん?筆圧?そういえばOnenoteはデフォルトで筆圧タッチの絵を描けたな。

 そこでOnenoteを立ち上げてオプションを確認してみると…、筆圧オプションはデフォルトでONだった。「筆圧を使うと、ファイルが大きくなります」という注意書き付きで…。


 長くなってしまったが、どうもOnenoteが重い原因は、筆圧にあるのかも…という気が。

 当面、ツールをOnenoteに戻し、筆圧OFFでいじくってみようと思う。その上で筆圧ONの時のように重くならないかの検証をしてみようかと。オペレーションはやはりOnenoteが快適だしねぇ…。

 一応メモ用途くらいなら、筆圧はあまり問題にならないしさ(線が細ければ良し)。

まだまだ奥深い世界

 固定ギアとな?

 Nashさんがまた新しい食指を延ばそうとしている

 …というか、以前Y'sに立ち寄ったとき、Nebulaさんがビアンキのタブルコグを指さしていたときから「あ~、固定ギアか~…」と関心を示していたので、伏線はあったのかもしれない。

 ただ、私の場合、関心はなかった。…というか、↑その会話の最中、単語が一切わからなかった。

 …固定ギアって何?

 …ええ、なんとなーくあの場はうなずいていたけれど、実は何もわかってなかったという…(^^;)さりげなーくその場を離れたり…。

 まぁさすがにNashさんの記事で解説が入って、他にも検索したので、今は事情はわかりましたですよ。固定ギアっすか~…。またコアな…(^^;)。

 しかしさすがにこれはちょっと…キツいな、俺には。面白そうなのは面白そうだけれど、なぜか最近長距離移動が多くなってくると、制御し切れなさそうというか、まだそういう身体になっていない気がするというか。

 まずそれ以前にフィーリングが全く想像が出来ない。当たり前のようにフリー・ハブ車しか乗ってきていないので、固定ギアってば一体どういう乗り心地なのか…。

 いっぺん試乗してみたい気はあるけれど、ただの冷やかしに終わりそうだしな。…あるいはまた一歩、進んでしまうか?(^^;)

翌日の話

(注:この記事は26日にアップしようとして、忘れていたものです(^^;)。26日の日付で読んでください)

 うん、筋肉痛は相変わらず残っているけれど、アキレス腱付近はそう痛くない。良かった良かった。アキレス腱付近が痛いと、歩き方がいびつで、職場でよくからかわれるからなぁ(^^;)。

 しかし脇腹下あたりも痛いなぁ…。サドルや位置を変えてポジションが変わり、より前傾姿勢になって上半身にも力がかかるようになり、下半身と上半身のつなぎ目になる部分にも負荷がかかっているってことかな。そこらへん、全然いじってないからなぁ、そういう負荷はありがたいけれど…、寝起きはつらいなぁ…(^^;)みしっ…ていう。


 blogを書くために写真を見返してみると、岩本楼を思い出す。江ノ島の旅館なのだが、そこの温泉がなんとも味。かなり惹かれる。

 そのうち、一泊だけでも原稿書きのためにでもいいから、宿泊してみたい。原稿書きながら(輪行本か?(^^;))、ちと煮詰まれば温泉に入ってリフレッシュ。うーん、素敵(^^;)。

 ただ、結構高いなー。まぁそこは、交通費0でカバーするか(^^;)どこに自転車置く気だ。

 調べてみると、宿なびあたりで予約するのがオトクそう。ただ、一人で…ってのは難しそうだなぁ…。

 …誰かつきあってくれねぇか?(^^;)ぉぃ

2006/02/26

メモ書きの仕方

 何か思いついたとき、書き留めるのはネタの種かアイデアマスター…ということになってきた。

 ただ、それは「言葉」というか、テキストで…ってことになる。

 そのほかのアイデア、つまり絵的なメモはでは何に書き留めるか…となると、 タブレットPCならとりあえずはOnenoteということになる。

 実際、手書きでも罫線のついているノートに落書きし、それをキャラデザっぽくまとめていったり…といった作業もしてきた。…となると、 それの代わりを標榜するOnenoteは適している…というか、見出し順にファイリングされる面を見ても、適しているように思える。

 …使うまでは。

 実際絵的なメモ…となると、ペンツールをがしがし描きまくる…ってことになるのだが、そうするとデータ量が跳ね上がるのか、 どんどんOnenoteが重くなっていく。

06022601  右のように描いてしまうと、ヘタに画面書き換えが必要な操作をしてしまうと、 ハングしてしまったんじゃないか…と思うぐらい、うんともすんとも言わなくなってしまう。(注: 右の絵はOnenoteで読み込んだビットマップではなく、Onenote上ですべて描いた線画)

 幸いにも、OSまでは影響を及ぼすことはないのだが、下手な操作をするとOnenoteを落とすことになってしまう。

 これでは私の絵的メモの役割をなさない。

 普通のグラフィックソフトを使って、メモとしていけばいいじゃないか…という話をされるかもしれないが、 ネタの種やOnenoteを使っていると、扱っているデータを一覧できる、タグ的表示が非常に便利で、 ファイル間を行ったり来たりしてデータを確認できるその使いやすさがなんとも言えないわけ。例えファイラーがあったとしても、 それが常に同時表示されていなければならず、またメモ書き程度の低機能でも「軽い」動作を行えるお絵かきが出来ないとダメだ。

 そう考えると、結構適合するツールがなかなかない。逆にOnenoteは非常に良いツールなのだが、扱うデータによって重くなっていく、 しかもその対象が私のよく扱うデータともなれば、どうしようもない。

 そんなわけで、何かいいツールがないか…?と物色した結果たどり着いたのがSVG Cats2というツール。

06022602  一部ではOnenoteの代替ツールとして紹介されているが、確かに似ていなくもない。

 ただ、私のニーズからだけで見てみると、結構悪くない。

 まず左にページ(データ)をツリー表示できて、それぞれ選択することで表示・エディットが可能になる。で、手書きで原稿を描け、 ちょっと手間だがキャンバスサイズも後から変更できる(小さいキャンバスでメモ書きしていき、足りなくなったら広げる…という使用方法)。

 そしてなにより、このような絵を描いたくらいでは固まったと思えるくらいに重くならないこと。それはありがたい。

 ただ、不満も無くはない。今のところペン先の色の選択が3色に限られているっぽい。黒・赤・青のみ…って…。 今のところ色の変更方法は不明。…うーん。

 また、時折誤動作っぽいことも起きる。タブレットPCで線を描いていると、場所を間違えるのか、左4cmの位置に線が引かれたりする。 また、画面書き換えがうまくいかないのか、…一度だけだけど、スクロールしたらキャラクタの脚部が全然違う場所に表示されて、 それで固定された…ってことがあった。

 そして一番困ったことが、よく落ちる。そんなにシビアな使い方をしているつもりもないのだが、がしがし書き込み、 しかもがしがしアンドゥしたりするので、結構スピードについていけないのかなぁ…という気もする。

 まぁ、データをベクトルで扱っているらしく、筆圧も対応しているので、けっこうあとで重宝しそうなデータの扱い…って気もするし、 メモ程度なので色の数もまぁ少なくて結構。また、落ちやすいのを自覚してか、自動保存機能というのも装備して、 デフオルトで1分間隔だけれども保存しているので、そうそうデータが全損…ってことは無い。

 ただ、それでもシェアウェアならもう少し安定・高機能化してほしいな…というところ(使い始めてからまだ数日なので、払ってないが (10日間は試用期間))。

 使いどころがおいらとツールでコンセプト違い…ってこともあるかもしれないのでなんともいえないが、まぁ使い続ける…、続けない、 ちと難しい部分ではある。

 ただ、他にソフトが無い…という状況もあるのも困りもの。とほほ…。


 こういうメモ「描き」に適して、しかしある程度はペン先等カスタマイズ出来、ページの閲覧性が高い、そんな他の何かいいツールがあれば、 どなたか教えてください。

2006/02/25

とうとう鎌倉

06022501

  前々から書いていたが、いつかは鎌倉まで自転車で自走したかった。

 この思いのいきさつはまぁ前の記事でも読んでいただくとして、しかし「いくらなんでも遠かろう…」ということで、先送りにしていた。

 もう一つの思いとして、「真冬に天然氷のかき氷が食いたい」というのもあった。藤沢に天然氷のかき氷を出してくれる店があるのだが、 これが一年中営業しているらしい。

 だったら冬にこそ行って、かき氷を食うのが粋ってもんじゃぁねぇのか?…と(^^;)なんじゃそりゃ。

 藤沢といえば当然鎌倉の近く。藤沢まで行けば、鎌倉まで行っちゃえー!…ってな勢いだが、逆に藤沢に行くのも鎌倉まで行くように遠い… という感覚。とてもおいそれとは行けない感じ。

 そんなわけで鎌倉・藤沢行きは先延ばしにしてきたのだが、いよいよ花粉が飛んできて春もまた近し。冬が終わると言うことは 「冬の間にかき氷」という思いが間違いなく先送りになる…ということになるので、急にせかされる感覚。

 …行かねば!

 …と、ちと思い立った次第。

 …を察してか、25日朝6時に某氏が目覚まし代わりに電話をかけてきてくれたのだが、しかし年度末の仕事の疲れか、身体がなかなか起きず、 出発したのは9時50分。…だれだ、鎌倉とか行くなら7時発…とか言っていたヤツは(^^;)をれ。

 まぁともかく、冬の装備よりはやや軽装(薄着)に、BSMで出発。ともかく、藤沢でかき氷を食う。 それでおそらく3時間くらいかかるだろうから、帰りは輪行で…と、輪行袋を装備したくらいで、他は普段と変わらない感覚。

 あ、そうそう。普段と変えたところもあった。サドルの位置を変えたんだっけ。正確にはサドルピラーなんだけれど、 1~2cm下に下げてみた。サーファスのサドルに変える前にちこっと上に上げて、さらに新サドルの高さが若干高くなっていたので、 それを調整する意味合いもある。

 すると途端に走りやすくなった。サドルを換えた時点でも走りやすかったが、さらに輪をかけて…という感じ。がっつんがっつん進む。

 まずは町田…ということで、…あのリス園の前の坂とにおいの部分だけえらく抑えられたが(^^;)謎、その他はがっつんがっつん進んで (でも寝起きなのでそれなりにセーブ)50分ほどで到着。…なんか、ペース早くない?

06022502  ともかく町田からは境川沿いのサイクリングロードにエントリー。これで一気に藤沢まで… という思惑。

 気になっていたのはサイクリングロードとしての走りやすさ。多摩川のそれを走ると、専用道路の走りやすさに加え、 交差する車道を迂回路を造ってパスするという、スピードダウンを回避する非常に親切な設計。

 しかしこちらは残念ながら、2級河川だから…ということもないだろうが、迂回路はなかなかない。 河口近くになってやっと2カ所くらいあったような記憶があるが、基本的には一時停止を余儀なくされる。とほほ。

 そして町田市付近では路幅が狭く(住宅が差し迫るので)、人通りも多いのでそうスピードが出せない。

06022503  …これはハズれかな?…とも思ったが、246近くになって状況は一変。人通りは少なくなり、 路幅もそこそこ確保。どうも住宅地付近だけ状況がアレで、それ以外は走りやすい。交差車道の問題は相変わらずだが、 農耕地が多くなってくるとそもそも車道も少なくなってくるので、スピードダウンの間隔も開いてくる。 思わず30km/hとか出しちゃったりして。

 だからかどうかわからないが、えらく速い移動となり、12時くらいに藤沢到着。…えっ!?

 例の鵠沼海岸付近のかき氷屋には12時半には到着できていた。…なんかえらく速くない?調子とタイミングとか次第だとは思うが、 藤沢が2時間ちょい…ってのは…結構近いか?なんか40数km程度ってことで、 普段の週末サイクリングとあまり変わらない距離感なんですけれど。

 これは…もっとまめに来てもいいかなぁ(^^;)。ただ、途中、結構リキ入れて漕ぎまくっていた区間もあるので、全力が出せれば… ってことかもしれない。体調次第だなぁ…。

 まぁともかく、例のお店(まだ店名を覚えられないらしい(^^;))に早めについたので、ついでに昼食を。かき氷が主目的なのに、 デザートになっちった(^^;)。

06022504  で、ランチはハヤシライス。

 美味い。美味い…んだけれど、実は覚えている限り、ハヤシライスを食べたのはこれが初めてだったりする(^^;)。

 だってさー、ハヤシライスって、「カレーの辛みを取り除いてみました」みたいなビジュアルじゃん(^^;)ぉぃ。 カレーとハヤシライスが並んでいたら、カレー選んだ方がオトク…って感じ、しない?(^^;)

 洋食屋のハヤシさんがカレーとは全く別格で開発した…って知ったのはつい最近なんですよ。

 そんなわけでハヤシライス歴が全然無い身としては評価がアレなんだけれど、でも結構濃厚なソースというか、さりげに煮込んである具とか、 美味くいただけて良かったでしょ。当然完食。運動していて空腹だった…っての差し引いても美味かったんだけれども。

 そーかそーか、ハヤシライスってこういうテイストなんだ。こらインデアンカレーのハヤシライスも、俄然興味がわいてきたぞ(^^;)ぉぃ。

06022505  …で、いよいよ本命…なんだけれど、主役をハヤシライスに奪われて完全にデザート扱い… って、そらデザートだわな!…って感じの(?)かき氷。今回は宇治金時でおま!(注:あずきは氷の中に隠されています)

 なお、後方にコーヒーが見えておりますが、この時期(冬)にかき氷をオーダーしたお客さんには無償提供だそうです。ほほう、 暖まってお帰りいただくというご配慮ですな。

 ただ、あまり寒い思いはしませんでしたが。室内だけにそれなりに暖房はかかっていましたけれど、天然氷の天然氷温(?)が効いているのか、 「頭がキーン」としないように、身体が芯から冷える…ってこともなく、冬でもかき氷が堪能できる…ってのがよくわかりましたよ (後で知覚過敏な歯が痛みましたが(^^;))。事前に飲んだコーヒーのおかげかもしれませんが。

 …とここまで読んで気がついた人もいるかと思うかもしれませんが、「拝御って…コーヒー飲めたっけ?」…と。ええ、飲めません。 飲めませんが…今回は飲めましたね。…なんでだろ?水が良かったか?

 …で、前述したとおり、ちと早く来たせいで時間がある。…となれば観光だー…ってことでいよいよ鎌倉に行くことにしてみたり。

06022506  でもまずは江ノ島(^^;)なんか定番。

 結構行き飽きている感もあるんですけれど、考えてみればあの青銅の鳥居をくぐる一直線コースばかりの江ノ島。東側に行ったことないなぁ… と急に気がつき、ちとそっちを回ってみたり。

06022507  するとこういうところがあったんですねぇ…。ハーバーみたいなところというか、 その先の突堤みたいなところで釣りっつーか。

 なーんかのほほーんとしたところで、

06022508  思わず一枚(^^;)。

06022509  ちなみにそこに行く途中にも海産物を扱うお店があって、 しらす関係を扱うお店が集中していたような。いつぞやのしらす丼を探したときに、こちらに来ていれば…!(^^;)。

06022510  せめて今食っておこうか…とも思ったが、そもそも今は禁漁期間らしく、「生」 しらす料理はほとんど無し。ま、それも大切な海産物資源を守るため。我慢我慢。

 まぁそれよりも、めっちゃ混み混みで、どちらにしても入れなかったけれどね(^^;)。本当に来ようと思ったら、 11時前にでも来てないと行けないかもねぇ…。

06022511  しかし生しらすがなくてもなんとしらす料理の多いことよ…。

 …それ魅力(大泉風)。


06022512  あとは適当に裏通り巡ったり、

06022513  適当に登ったり、

06022514  まぁ適当に流しましたわ(^^;)わかる人にはわかる写真。

 何度か来ていても、やっぱそれなりに楽しめるなぁ(^^;)江ノ島。

06022515  あとは適当に鎌倉(^^;)。あ、いや、江ノ島でのんびりしすぎたせいか、ちと時間が… >鎌倉。

 いや、「行きは自転車、帰りは輪行」とか言っていたし、それで早く来たなら時間もあるはず…って考えられるかもしれないけれど、結構楽に自転車で走れたので、すでにこの時点で自走帰宅が念頭に…(^^;)。

 そんなわけで、冷えた時用にもう一枚シャツを持っていたとはいえ、日没後そんなに時間かけないで帰るのが望ましい…ってことと、行きにかかった時間を考えると、 午後3時には帰りたかった。

 とか言いつつ、新規開拓を忘れないおいら(^^;)。

06022516  まずは和菓子の亀屋。なんとなーく惹かれて、家族のおみやげ用に購入。

 自分でもすあま食ったけれど…まぁ、普通に美味い(^^;)。いや、なんか「普通に」って書いちゃったけれど、雑味が無いというか… ともかく素朴にいい感じ。

06022517  素朴といえばもう一品。手作りソーセージを使ったホットドッグとか。

 食ってみたけれど、本当に手作りというか、天然素材ということもあって、素朴。しかしジューシー。すげっ。

 普段、いかに「飾られたもの」を食っているかも痛切に実感。ここはもっとじっくり、 ビール片手にいるべきだな(^^;)そういう意味ではYuNKさん向けか?。

 ちなみにこの店、混雑時には時折、お客さんが会計をしてくれます(^^;)謎。

 ま、そんなわけでエネルギー補給もできたので、3時半くらいに出立。あとは北上…っと。その途中、行きがあんなに早かったわけもわかった。 追い風だったんだ(^^;)。なかなか30km/h、出ねぇでやんの。

 まぁでも疲労もあるし、仮にも登りだし、それでもなんとか6時半過ぎに帰宅。うーん、3時間ちょいかぁ…。 もそっと体力とかつけないとあかんねぇ…。

 しかし、幸いにもアキレス腱付近の痛みはほとんど無し(若干違和感を感じたが)。やはりサドルを下げた効果だろうか? でも1~2cm程度だで?…うーん、恐るべし。セッティングは大事だねぇ…。

 まぁそれが原因とは限らないのだが。

 ちなみに総走行距離は108km。江ノ島付近、鎌倉付近にのたのた走っていた距離は除いている(サイクルコンピュータが外れていた)が、 まぁそんなもん。

 また走って、トレーニングも兼ねるか…。


#写真ネタ。

06022518  店内にたどり着くまでに疲れそうな蕎麦屋(^^;)。

06022519  ZERO BIKEなカップル。

 鎌倉付近では最強に思えるこの自転車。うーん、やはりこういう輪行車もいいなぁ…。

06022520  藤沢大和自転車道にかかる謎の橋。国道1号から数kmの位置。

 最初、電車かなにかと思ったが、単線としか思えない幅で、そもそも電線が無い。

 車用かと思えばそもそもそれだけの幅なので、意味無いし、左右の柱の間を結ぶ欄干みたいなのがあるんだけれど、それが異様に低い。

06022521  これだけ低いと、橋そのものが囲いとなって、下から見える部分はほとんど無い。逆に言えば、 何が走るにしても周りが見えない。

 …何の施設だか、想像つかないのだが…。

2006/02/24

なにか美学(こだわり)があるらしい>わし

 我が家にとって「危険物」と指定された書籍がある。

 非常に取り扱いの難しいとされるその書籍は、けむたがられつつ、しかし家族ほぼ全員が読んでしまった。

 お袋に至っては目をはらせながら「なんであんなものを読ませたのよ!」とくってかかる恐ろしい代物。

 それが…会社の某氏が貸してくれた漫画、

06022401「長い長いさんぽ」

 内容は作者の飼い猫であるゆずとの日常、そして向かえる寿命とそれに向き合う飼い主らの自分との戦い。

06022402 そう、めでたくも二十歳を迎えるむーやんを抱える我が家にとって、まさに「人ごとではない」内容なのだ。

 そうでなくても、猫を飼ってない(あ、犬は飼っているか)元の持ち主も涙した、感動の物語を、逆にこれから向かえておかしくない身が読むと、もう号泣ものというわけだ。しゃれになりません。

 実家に帰ってきていた妹が読んだときは、読み終えた後しばらくむーやんを抱きしめていたとか。や~、怖い怖い。

 …なんか微妙に人ごとっぽく書いていますが、…ええ、その通り。私、まだ読んでいません(^^;)。

 言っては何ですけれどこの私、生まれてこのかた数千冊、数万冊(?)の漫画を読んできた身としては、その危険性くらい数P読めばすぐわかります。

 TMXくんですら数P読んだだけで「ヤバい!泣く!」と突っ返してくるくらい、火薬のにおいがぷんぷんです。

 …って、別にきな臭いにおいがぷんぷんというわけではありません。そもそも帯に書いてあるしね(^^;)。で、目に出来る(?)ページには作者のゆずに対する愛情がこれでもかといわんばかりにあふれまくっていますから、後半の展開は察するにあまりあるというか…、怖くて開けないわけです。

 そんなわけで、読まないうちに返却する予定。なんか家から持っていくの、忘れまくっていますが(^^;)。

 ただね、漫画のジャンルとしては他に類を見ない、誰もまねできないテーマを、内容としてはともかく作者が惜しみなく注いだ愛情を記したこの本を読まないわけにはいかないじゃないですか。

06022403 自費で(^^;)。

 やはりこういうのは、自分で敬意を表す…というか、金出して味わないと。まぁ泣くことになるとは思いますが。

 ある程度覚悟…というか、心の準備も必要だしね。ちょっと心身整えてから、ゆっくり夜にでも読むことにするか…。

2006/02/23

今週末の予定

 …そういえば、今年になってまだ行ってないところがいくつか…。

・赤沢スイーツ
・十二カ所神社前の焼き鳥
・和田サイクル

 和田サイクルだけはまずY'sでSPDシューズを買ってからでいいかなぁ…、という気がしているので、それ以外行っておこうかな…という気もしている。

 しかし2月も下旬に突入し、これから徐々に暖かく、あるいは季節の変わり目になるため、天候もあまり信用できなくなってくるだろう。

 そうすると…、「真冬のかき氷」がまた年越しになってしまう。今の内に藤沢に行っておきたいような…。今のところ週間天気予報も土曜は問題なさそうだし?降水確率が比較的高めなので、安心は出来ないが…。

 考えてみれば2月最後の土曜日。藤沢で押さえておいた方がいいか。

 しかし花粉の飛散も始まるので、ヘタすると岩鞍・飯能方面に近寄れなくなる可能性もあるし(今年は少なめとはいっても、杉林に囲まれているしなぁ)、行っておかないと…。

 …うーん、やっぱ藤沢かなぁ…。さすがに帰りは輪行で登戸くらいに…。

花粉の季節

 …がいよいよ到来しているらしい。

 らしい…と伝聞っぽいのは、私自身はまだなんの影響も無いからだ。「筋金入りの杉花粉症」と某内科医(?)に言われたのだが、特にこれといった症状は出ていないのだが、周りでは「朝はいいけれど、人が多くなってくると彼らについたその花粉が…」と目を洗ったり鼻をかんでいる人もいる。

 …しきい値が高いのか?>をれ

 ある程度を超えた瞬間、堰を切ったように…とか。…そういえばおいらの症状がひどい時って、例年より花粉が多い年に集中し、逆の年は全然平気…ってこともあったような。…いや、それはまだ花粉症を発症してなかったとか、沖縄にいた時とか…。うーん。

 まぁせっかくTOKさんが国分寺の耳鼻科を紹介してくれていたのだが、その季節前に事前準備を~…との目論見をすっかり忘れていたことは確かだな(^^;)スマん。

まだちょっと足りないジャストシステム

 書き忘れていたが、アイデアマスターと一太郎2006、広辞苑に類義語辞典、それにネタの種2を手に入れた。

 まぁあまりがしがし使う時間が無かったので、そうそうレポート書ける状態ではなかったが。


 ネタの種2はふつーに使っているので、特に書くことも無し。本当に必需品になると、さして挙げることもないのよね。ただ、エディタはノーマルに設定してある。枠線も書けるShurikenエディタを使った方が面白そうだが、…なーんかテキストの気軽さを求めてしまい、ノーマルなエディタを使ってしまう…。うーん。

 メーラーにShurikenとか使えばいいか?(^^;) 連携しまくりそうだなぁ…。


 広辞苑・類義語はATOKと組み合わせて普通に使ってます、これも。単語変換の時に意味とか注釈の表示がぐわっと増えてびっくりですよ。結構いいかも。


 さて、肝心のアイデアマスター。これが結構いい。機能としてはフリーウェアのIdeaFragmentなどに似ている。機能的には、逆にあちらの方が高機能かもしれない。ただ、本当に操作が簡単というか、直感的に操作できるアイデアマスターが、まずはアイデア出し…という段階においてはかなり便利。思考の阻害をされないというか…。

 まずその操作感でメリットがだいぶある感じ。

 ただ、せっかく出したアイデアも、何かに昇華されないともったいない。

 その点は一太郎2006との連携…ってところ役だってくれるだろう…とたかをくくっていた私。ただ、実際にはそうそううまくいかない雰囲気。

 具体的には、見出しをアイデアマスターで書き連ね、本文を一太郎で…という作業の流れを想定。ただ、単に流れ作業でデータ加工も一本調子…というわけではなく、構成のダイナミックな変更はアイデアマスターが得意だし、文章作成については一太郎が秀でているので、ソフトを相互に操作し、リンクしたデータも相互にやりとりされて、お互いの操作性の長所を組み合わせた文書の作成を…と思っていたのだが、そうはいかないらしい。

 ソフトの扱うデータが違う…といえばそれまでなのだが、互換性が保てる部分だけだけしかデータをやりとりできない…というか、データは取り込みっぱなし…というか。

 たとえばアイデアマスターでは系統図を思いつくままダー…っと書き連ねていくわけですが、一太郎は入れ子の見出しに変換されるわけで、しかし一太郎の見出しの階層数には制限あるので、その数を認識して系統図を作らないと、ある階層以降の系統は「ただの本文」としか認識されないとか。

 せっかくアイデアマスターに資料や設定掲示用に絵を貼り付けても無視されるし。

 ノードの文字の大きさなども一太郎→アイデアマスターには反映されないしねぇ…。

 そもそも「連携」ではなく「変換」ということらしい。うーん…。まぁ一度変換したらもう元に戻らない…というスキームだか使い方ならいいんだろうけれど、グラフィックソフトで「2つ以上のツールを相互に操作して…」ってことに慣れていると、テキスト作業くらいでも同様に出来てくれないと、お互いの長所も生かせないし、自由度高くないなぁ…という悪印象も…(^^;)。


 アイデアがだんだん系統的に関連づけられていく様は自分で操作しておいてなんだが、感動すら覚える楽しさ。

 加えて、まだそんなに実践してないが、ナレッジウインド装備の一太郎2006では文章作りの面白さも体感できるのではないかと期待している。

 ただ、段階を踏めば順序立てられるこれらの作業が、相互のデータのやりとりにより「シームレス」かなぁ…と思っていたが意外に「敷居が高い」ということは結構残念に思う。

 ここがシームレスになれば、アイデアが思いつくまま…ってところから一気に文章化までスムーズに一気に流れる…と思うのだが、どうだろう。

 まぁデータの互換性とか考えると難しいのかもしれないが、どちらもジャストシステム製なんだし、なんとか頑張っていただきたいところ。

 ひとつよろしゅうに。

2006/02/22

Macへ望むもの

アップル、またもや「謎の招待状」--28日に新製品発表へ

 うーん…、なんだろう?

 とりあえず現状、MacBook Proでも十分、インテルコアのMacってだけでも結構惹かれてはいるが、決定打にはなっていない。別にそれらに魅力が欠落している…ってわけではなく、あくまで個人的問題で

・Windowsでアプリを揃えすぎている
・タブレットPC萌え

 …というところで、今更Macとはいえ、PCが増えてもなぁ…というところ(唯一、テレビの代替…ってところはロストしているポジションではあるが)。

 ただ、逆に先の2点を担ってくれるMacが出てくれればいいわけで、前者はAppleがどうこう…じゃないけれど、エミュレータかなにかでWindowsがWintel上並みの速度で動き、タブレットPCのようにタブレットを内蔵する…といったスペックになれば、喜んでメモリを2GBにし、HDDも100GB以上でBTOするっちゅーねん。

 当然エミュレータ上のWindowsにもタブレットの筆圧が適応され、かつMac上のタブレットの扱いがWindows上のそれよりも快適な操作感…というか、実装のされ方っつーか、さすがMac!…と言いたくなるようなタブレット用アプリ(Newtonみたいな(^^;))がついてきたりとか、そういうのが出てくれないかしらん?

惰性雑記

 あ~…なんか日記を書く気力が無いなぁ~。堀江メールとか食いつきたいんだけれどなー、筆が進まねー(^^;)。

 とうとう絵も進まなくなった。別に体調悪い訳でもないんだけれど、なーんか…気が進まない。どーにかしたいが…うーん。

 やっぱ徐々に年度末に入ってくるとねぇ…。そういうことっすよ、どうしても。でもあれかな?もっと煮詰まってくると逆に逃避行動に出て、色々書きまくる気もするんだけれど、そう考えると、まだまだ追い込まれてない…ってことっすか?(^^;)ぉぃぉぃ

 まぁ、やる気がないわけでもないんですが…。そろそろ3Dにも手を付けたいし、例のサイコロ映像の編集もやりたい。

 あ、映像編集はちっと環境的な問題もあるしなぁ。「気軽に編集」って環境じゃないのよ、いま。スペックの必要なデスクトップでの作業を行っているわけだけれども、どーもそこが落ち着かない。長時間作業に向いてないというか…。

 そんなわけでノート(T40p)での作業といきたいところなんだけれど、HDDがUSB2.0だとまだ遅い。…ので、以前書いたようにeSATAにしたいが、HDDが増えていく環境に適したラトックのリムーバブルのハードがまだ出そろっていないため、どうしようもない。

 それ待ち…ってことで。

 「気軽に作業できる」ことで効率がアップするのは、タブレットPCを手に入れたおいらの2D絵で証明されているようなもんなので、その環境構築でどーにか…と。

 とはいえ、リムーバブルつっても、据え置きHDDだから、いまいち手軽さに説得力があるとも思えないのもどーも…(^^;)。

2006/02/21

う~ん…

 なんか仕事疲れのせいか、…アキレス腱付近の痛みのせいか(^^;)引いてるけど、なんか日記更新の頻度というか、日記ネタに絡んでない(自分が)気がするなぁ…。

 なんか普段のおいらだったら、がーっ…って日記ネタにくらいついていたような気がするが、最近はとんとスルーで、単に絵ばっか描いている。

 …まぁそれはそれでいいような気もするが(^^;)。

 でもパナの新デジカメラインナップにも触れてないし、携帯で死者を撮る葬式の話とか、電気用品安全法とか、普段のおいらだったらもっとくらいついている気がする。

 …でも今は「自転車描く~…」だの、「ぶるじょわまっぷタンだ~…」だの…。

 …まぁそれはそれでいいような気もするが(^^;)。

今日の落書き

06022101 昔描いたラフにペン入れ。

 なんでこれ…ってのは無いんだけれど、なんかペン入れしたくて…。

 …なんか絵描きに関して、ある意味情緒不安定になってないか?>をれ なんか計画立てて創作活動とかしないといかんのではないか?>をれ

自転車の買い方

 だからおいらは小径車、それもフォールディング専門であって(BSM-R20は非分割フレームだけれどもさ)、その他は疎いんだって。>TMX

 ただ少なくとも、和田サイにはクロスバイクの試乗車は無かったかと…。

 クロスバイクねぇ…。フレンド商会でいいんじゃない?(^^;)西国分寺店の印象が強いらしい>をれ あるいはY'sで試乗しておくとか…。

 ただ、個人的な見解なんだけれど、おいらの和田サイとのつきあい(今年まだ一度も顔出してないけれど(^^;)ぉぃ)や、TOKさんの活動を見ていると、顔見知りの自転車屋とのつきあいをしっかり作った方が、後々の自転車ライフが充実すると思うんですよ。知識や情報とかいただいたりとかね。

 ちゃんとした自転車って、「買っておしまい」ではなく、買ってから始まるもんだからね。

 そう考えると「どこで買う」じゃなくて「近く(簡単に移動可能な範囲)の自転車やの内、どこが信頼できるか」あるいは「“幅”が広いか」って方が問題になってきて、そうすると別地域の人間としてはそういう情報とかわからんとですよ。その友人がどこに住んでいるのかも知らないしさ。

 おいらはフォールディング自転車ばかり…ということで、いざ壊れてもたたんで持ち歩いて、電車で持って行ける範囲の和田サイクルで購入したわけだけれど、クロスバイクとなると、やろうと思えば電車でも持って行けるけれど(フロントがクイックリリースだったり)、そうもいかんでしょう。

 ま、全国に知れ渡る有名店も都内にはいくつかあるけれど、おいらの知っているのは小径車用パーツを扱っているところに限られるし(^^;)、申し訳ないけれど下手なこと言えないから…。

 なんだかんだで、命預ける乗り物だしさ…。

 通販で買って、修理だけ近くの自転車屋…ってこともできるだろうけれど、「その店で間違いなく扱っていた自転車」ってことであれば、心情的な部分以上に技術的に信頼も置けるわけでしょ。

 …考え過ぎか?


 話は前後するけれど、設定資料集って一体…?(^^;)

 あと、フィギアは結局買いませんでした。…誘惑に勝った!…でもこの敗北感は何?(^^;)

2006/02/20

ある意味デジャブ

トレンクル・リミテッドエディション

 あ、出すんだ。去年の自転車展のパナソニックブースの片隅で見かけた覚えがあるけれど、その後何の音沙汰も無いなぁ…と思ったら。

 値段がBSM-R20相当だなぁ(^^;)。キワモノ…と言っては何だが、惹かれるものはある。これで7.9kgってのはすげぇなぁ…。折りたたむところころ転がせないけれど、吉田カバンで持って歩こうと思えるレベルだしね。まぁ30分以上は保たないと思うが(^^;)。

 勿論買わないが、誰か買ったら是非またがせていただきたい(^^;)。

 …ただ、1年前くらいか、和田サイでほぼ同等マシンを見た覚えがある…っつーのがある意味怖いのだが…(^^;)さすがに吉田カバンはつかないだろうが。チェーンステーも曲線じゃなかったし…。

雑記

 特に今日は書くことも無し。


 脚が痛いのは相変わらず。70km程度の走行なのになー…。


 ToDoリストを作ったものの、ひたすら見忘れている、更新し忘れている…という相変わらずで、何の役にも立たなし。えーっと、俺は何をやらなければならなかったんだっけ?


 ワンフェス会場で相変わらずMixi入れ、と言われる。ああそうだ、それもあったか…。招待メールはどこだったか…。


06022001 ぶるじょわまっぷの起動画面用画像にロクなのがないので、少しはまじめに描いたのがこちら。嘘パースだなぁ(^^;)でもちょっとマイブーム。

 色塗りは久しぶりにPainterでやろうかなぁ…と思っていたりするので、完成はまだ先。

 Ver.1.0の記念用になればいいか?(^^;)結局ロクでもないヤツでしばらくつなげ…ってことっすか?>をれ

2006/02/19

ガレキとサドルとカレーうどん

06021904

 ワンフェスに行ってきました。

 なんか一部に誤解されているみたいなので書いておくけれど、コスプレ撮りに行っているわけではないので念のため。大体、 並びたくないし(^^;)。まぁ代わりにカメラ持っている友人をフリースペースに連れて行ったりはしてましたが(^^;)。

 目的はやはり造形はそれなりに興味があるので、それ関連。とはいえ、ケミカルアレルギーに加え、部屋が格段に狭く、 作業場所も無いのでこれといった工作はできないんだけれどね(それを無理にやろうとして過去にえっらい目にあった)。

 そんなわけで買えるのは限られちゃうんだけれど。今回はワンダーショウケースPLUSの白キャミイ。特価5千円だっつーんで、 一般販売では買うつもりはなかったんだけれど、発作的に…(^^;)。

 他にも欲しいのはあったんだけれど、予算的な都合で見送り…。とほ…。

 まぁでも色々刺激は受けました。そういうのを見るだけでも個人的には価値があると思っているんで。

 しかしやはり売り切れが早いのは…なんだかなぁ…(仕方ない面もあるけれど)。


 ちなみに、BSMで行ってきました。今回、Nebulaさんお勧めのサーファス(だっけ?)のサドルに換えての初走りだったんですけれど、 …いいっすね、アレ!座り心地が良くなって痛みが減る…だけかと思ったら、疲れにくくなったり、脚が動かし安くなったり、 かなり恩恵多いかも。

 アベレージも少しあがったりして、良かったです。相変わらずアキレス腱付近が痛くなるのはいつものことですが、… そういえばフェニーチェ対策にスピード出せるように!…とサドルを数cm上げたのを戻してなかったことを思い出したり(^^;)ぉぃ。

 …戻しておこう。これで痛みが引いたら…道化だな(^^;)。

 しかし今回は行きはなんら痛み無く、しかしWF会場で歩き回っての帰路の走行…ってのもあるので、 まんざら(?)サドルの高さのせいだけではないかも。

 …戻すけどね(^^;)。

 まぁサドルは大正解ということで。サンキューです>Nebulaさん。


   ちなみに帰りには築地に寄って夕食を。

 築地は日曜は休みで場内は当たり前ながら、場外も営業している店は少ない。しかし客がまったくいない…というわけでもないので、 ちらほらとやっている店もある。

06021901  そういうところを物色していたら…こんな風景を発見。

 …うどん。

 なにやら細々と存在を主張するような、申し訳なさそうな灯籠みたいな…。

06021902  …で、覗いてみると、なにやら営業している店先が…。

 実際には営業準備中だったんだけれど、数分後…ってことなので、ちと待ってみたり。

 実はこのお店、「築地虎杖 表店」というところで結構有名らしい。平日とか、築地がやっている時には混雑しているんだろうが、 さすがに日曜となると人寂し…くなく、数人が開店待ち。

 カウンター席の狭い店先ながら、でもなんとかおいらが混じっても座れるだけの席はあったので、入ってみた。

06021903  目玉はカレーうどんらしく、おいらは豚肉入りカレーうどんを所望してみた。 ちょっと写真がうまく撮れて無くてもつ煮込みうどんっぽいかもしれないけれど、これが結構美味。

 カレー!…というよりはだしの方が利いていて、その繊細な味を楽しむのがオツかと。でもちゃんとカレーの辛みもあって、 両方楽しめるわけですよ。

 カレーうどんが目玉…とは書いたけれど、実際は居酒屋さんみたいなところで、本来はお酒とつまみを楽しむところなんだろうな…という気が。 実際、うどん以外のつまみのメニューが魅惑的…。水ナスの天ぷらって、どんな味なんだろう、 隣の席の人が頼んだエリンギのソテーもうまそうだった…。嗚呼、自転車でなければ、カレーうどんをシメにして、 他のメニューを楽しんでおけたのに…。

 ちょっと機会があれば、また行ってみたいところ。無論、日曜に(^^;)他の曜日だと混み混みでしょう。

2006/02/18

漫画表現のためのツール探し

 こないだのTMXくんへの挿絵じゃないけれど、なんか漫画的表現が増えている気がする>をれ。要するにトーンとか、そういう表現手法。Webはカラーなのでそういう絵が多いが、それ以外に原稿を提供する場合は、トーン表現のものが多い。

 そういう場合はグレースケールで陰影を表現し、PhotoShopで2値化する際にトーンを作成するよう設定する…ってのが常套なんだけれど、絵全体を一括した階調でのトーン化にしかならないので、繊細な表現が出来ない場合がある。

 そういう場合はComicStudioを用いるのだが、ちこーっとデータの互換性に信頼が置けず(PhotoShopデータを読み込もうとすると最初はいつも失敗する…ので、データを加工しないと(あらかじめ2値化とか)読み込めない)、しかもデータは必ず2値化するので、その後加工して表現を広げようとする場合にちこっと制約がついてしまう。

 そんなわけでちと面倒なトーン作成なので、他に何かしらツールを用意した方がいいかなぁ…と思っていたのがPowerTone。
これは結構便利らしい…のだが、さいわいにもComicStudioに付属していた。

 ラッキー…と思ったのもつかの間。どうもComicStudio専用らしい。パッケージ版のPowerToneはPhotoShopにも対応しているのだが、ComicStudio付属版は残念ながら専用版のようで…。

 新規に買おうかな…と思うと1万円もするツールだし、ちとムズい…。

 他に解決策は…というと、これかなぁ…。PLUSにはトーン機能があるらしいんだけれど、それがどの程度使えるのか…わからんし。

 まぁそれ以前にソフトメーカーがタブレットPCでの動作は保証しかねる…とか動作環境でうたっていたりするので、相当危険な賭でもあるし、やっぱ地道にどーにかしていくしかないんかなぁ…。

2006/02/17

リカンベントの夢

 …を見てしまった。いや、寝ているときの夢。リカンベントに乗ってサイクリングする夢…。


 スコール・スリーで唯一、リカンベントを持たない男、それが俺。リカンベントとくれば当然のことながらその空を広く持てるポジション故、のんびりポタリングに使用できる。

 そんな旅をしている夢。嗚呼、リカンベント…。


 個人的にはタルタルーガのTypeRが好き…っつーか、欲しい(RFだとなおさら良い(^^;)弱っ(でも金が…))。しかしいつも書いているのだが、駐輪場所がない。

 一応団地の駐輪場があるにはあって、置いても良さそうな気がするが、あまりにも目立ちすぎて盗難が心配だ。まぁあえてああいうのを盗む人はいないとは思うが、やはり信用できない(夜間は人の目が無くなるしなぁ)。

 しかし屋内(ベランダ)保管は絶対に出来ない。あの大きさだし、もう場所がない。

 …となると夢のまた夢…。嗚呼。

 …しかし折りたたみ…って手もあるな。でもM5CompactはNebulaさんに先を越されているし…。…タルタルのFか?あれくらいは置けるスペースはあるけれど、たぶん。

 しかしあれをリカンベントって呼んでいいのか?そもそもTypeRの方がリカンベントの頭文字だろ?…まぁ広義に「リカンベント」ってことで…(^^;)。

 …どうしようかなぁ…(^^;)。

2006/02/16

お気に入りだっつーんで…

06021601 こんなん作ってみましたけど?

ホットスポットの選び方

 マクドナルドはBBモバイルに対応している。でも個人的にはモスバーガーの方に対応してもらいたいとかなんとか以前から書いていたが、こないだ行ってみたらモスバーガーはホットスポットに対応していた。

 だったらそっちでゆったりノートを打ちながら、高速回線に接続できるね。

 …と思ったのだがしかし、ホットスポットは高い。月額1,600円支払うほどは利用頻度が多いわけではない。ともなれば1日500円の1DAYなんとかで十分…という話になるのだが、モスに居座るのも2~3時間…と考えるとちょっと高い。

 BBモバイルは…確か@niftの方だったかな?1日315円がまだ楽。1日使い放題とはいえ…うーん…。


 しかしこないだそのモスバーガーでEDGE(4x)で接続してblogの更新をしたんだけれど、うまくいかなかった。

 ubicast bloggerを使用したんだけれど、その後同じ回線でWeb上から更新しなおした(カテゴリの再設定)のだが、それもうまくいかなかったので、回線が原因…という気も。

 遅い回線でレスポンスが絡んでうんだかんだ…ということ?

 そう考えると、2時間でも高速回線が使えるんだし、頻度少なければ1日500円でもいいかな…と納得させたい気も(^^;)。

 11aに対応している分、良さそうだし…。

自分メモ(ダウングレード編)

 PCのOSをプリインストールOS以外に変えたり、ダウングレードする際、ドライバの調達が問題になる。

 面倒ごとだが、IBMのマシンの場合、対応しているOSならば「ソフトウェア導入支援」というアプリさえインストールしてしまえば、他のドライバはそのアプリが一括して処理してくれる…と思っていた。

 具体的には、WindowsXPからWindows2000にインストールし直したのだが、うまくいかなかった。ソフトウェア導入支援で不足しているドライバをチェックさせたところ、オーディオドライバしかインストールされなかった。

 仕事の作業だったのでそれにかかりっきりになるわけにもいかず、ちろっと試した限りの話になるが、そういう場合は元のプリインストールOSの

c:\drivers
c:\ibmtools

 のディレクトリ構造をそっくりコピーしておいた方がいいのかもしれない。

 ソフトウェア導入支援はBIOSで機種確認をするらしいが、導入されているソフトウェアのチェックは上記のディレクトリを確認してツールのチェックをするらしく、上記ディレクトリが存在しないと該当するツールのチェックがパスされるらしい。

 まぁBIOSでドライバの有無とかバージョンとか見ないし、そういう機種別情報がソフトウェア導入支援がまるまる持っているとも思えないしなぁ…。

 実際、手動でビデオドライバなどをインストールした後、ソフトウェア導入支援を動かすと、ビデオドライバが最新かどうかのチェックが働いたことを示す表示が出たことから、先のディレクトリ構成の必要性が考えられる。

 大体、WinXPとWin2000はドライバがほぼ共通なので、そっくりコピーしておいてもいいかもしれない。

 …まぁそういう話。

 本当はWindowsXP上でVMwareを動かして、その中でWindows2000を動かした方がいいのかもしれないが…。

新技術の恐怖…っつーか、脅威っつーか…

「Google Desktop 3」ベータ版発表、複数PC間での検索が可能に

 まだX41Tに導入するデスクトップ検索ツールを何にするか悩んでいる間にGoogleは早くも新バージョンを発表した。早いなー。イキのいい企業はやはり違う。

 そして今回の新機能の目玉は「複数PC間での検索」で、これはかなり魅力。NASも対象に入ってくれているといいのだが…。

 …と思ったのだが、仕様を見てちと愕然。インデックスファイルをgoogleのサーバに置く…って。プライバシーポリシーがしっかりしていても、悪さをしているわけでなくても、さすがにそれはどーよ…と思うぞ。

 正直、Ver.2でもサーバにどんな通信しているのかわからん分、ちょっと疑心暗鬼になっているというのに…。


 同じような心配をする人はいるようで、このような記事も発見。

米EFF、Google Desktop 3の新機能にプライバシー面の問題を指摘

 幸いにも、該当する新機能は非アクティブにすることもできるのだが、そうすると目玉の機能が使用できないことになる。…なんだかなー。

 複数のPC間で検索できる…ってのは魅力だから、ユーザーのネット内のサーバ、もしくはNASにインデックスを置いて…とかいうことにならんのかね。そういうツールがあれば有料でも買うと思うのだが。まぁ1万超したらちょっとアレだが(^^;)。

2006/02/15

自転車の天使

 アキバblogに以下のような記事を発見。

史上初、ローカルヒーロー77組を徹底研究 「ローカルヒーロー大図鑑」

 いつ書いたか覚えてないが、おいらもローカルヒーローには注目しているんだけれど、…って、別に何をどうというわけではないんだけれど(^^;)たまーに日記のネタにするくらい。でも、こういう本が出てくると非常にありがたいというか、面白い。

 こういうジャンルは検索して見つける…ってたぐいのものでもないし、やればやったで大変。やはりこうして集めてくれるといいね。インターネット全盛でもこういう形で書籍が残ってくれると…って、そういう話じゃないか(^^;)。

 そのうち買おうとは思うがその前に、リンク先の紹介写真の中にチャリ・エンジェルズというのが…。惹かれる(^^;)。

 本の中の写真はえらくカッコいいが、↑のリンク先に紹介される活動はえらく地味。その幅の広さも魅力(^^;)。

 そーかそーか、ヒーローがいるなら、ヒロインがいたっていいわなー。しかも自転車がモチーフ(?)ともなれば、個人的に親近感を覚えるというもの。地理的にはえっらく離れているが(^^;)。

 そんなわけで縁遠いところだけれども、是非頑張っていただきたいところ。っつーか、応援?

#…ってことで応援。あわてて描いたので、手の大きさとかつっこまないように(^^;)。






 …っつーか、なんか描きたかっただけだろ>をれ(^^;)。

 …何かから逃げている気がする…>をれ(^^;)。

キャラをどうしよう…





 輪行本のキャラが固まってきた…気がする(^^;)。それ以前に「均一線」に慣れてきたことの方がうれしいのだが(^^;)。

 まだ「引きっぱなし」のような荒い線なのだが…まぁそれも味として…(^^;)。

 衣装は仮。大体下の子は室内着かー…って感じだし。線を引くことばかりに夢中になると、その他がおろそかになるといういい見本かも(^^;)ぉぃ。





 日記に書き忘れていたが、アイデアマスターも手に入れたので、それで構成なども検討中。そのうちシナリオにも発展させないとね。

 また、ポプルスにも行って、カラーページの挿入のさせ方とかも確認しておかないと。

 まぁなんかだんだん「輪行本」としての入れ込みが強くなるにつれ、当初の「我々の輪行の記録写真をオフセ印刷でメモリアルアルバムにする」という目的からどんどん離れているような気がするのだが(^^;)。カラーページも結局イラストに終始してしまいそうです(^^;)ぉぃ。

 あ、その前に決めないといけないことがあったな…。彼女達の名前はどうしよう…。命名とかがおそろしく苦手な私…(覚えるのだけが苦手でなかったり…(^^;))。名前決まらないと、シナリオも書けないな…。

最近の検索の傾向

 日・月あたりでちょっと機会があったので調べてみたのですが、そのあたりではサークルカット関連で来られる方が多かったですね。やはり書き方や規格でちょっと頭を悩ませているところがあったのでしょうか。

 私の前述したやり方が「このやり方なら間違いない!」…とまでは言いませんが、オンライン申し込み中、画像をアップロードした後に「下に画像が表示されていたら、サークルカットが原因で書類不備ということはありません」と表示されていたので、少なくとも同じにしていたらカットの不備にはならないと思います。

 ただ、友人はBMPでアップして同じく問題なかったようですので、私の方法のみが正解…というわけではありません。あまり堅く考えなくても大丈夫…だとは思いますが、規格くらいは合わせておいた方が良いかと思います。

 あとは2値化ね。友人(のオペレータ)とは若干やり方が違ったみたい。私は手法はほぼ同じだけれど、スクリーントーン風にしてますんで。見本無いけれど。

 ただ、キャラが小さい上に自転車まで入れ込んで、それを3組…って結構雑然としているので、トーンではなくディザの方が良かったかなぁ…と今更ながら後悔中。…まぁいいや。

 まぁ、オンライン申し込みの利点として、まだ締め切りまで時間がある…ってこともありますので、各自頑張ってください。


 ただ、日曜~月曜にかけては「キャシャーン」が多かったですね(^^;)。テレビでやったせいですね。やはりイデオンと一緒に検索する人も多いです。

 もっかいテレビで見ましたけれど、感想は映画館で見たときと変わりません。ただ、あの後「デビルマン」というのも出たあたり、まだ監督の思い入れがしっかり画面に現れていた分だけ、映画としての体裁はあったのでは…と後から反芻しています。

 最近はなぜか邦画ブームになって、出来自体もいいものが揃ってきていますが、当時は…。その中にあってキャシャーンは評価自体は悪かったですけれど、それでも映画として立脚していたとは思います。

 …未熟ですけれどね(^^;)>お話と演出が。

 紀里谷監督、また映画撮ってくれないかなぁ…。もう宇多田の旦那とは呼びませんから…。

新しい以東の走り方?

 新宿以東の走り方…というか、楽しみ方が無いか、いつも頭を悩ませていた。

 俗に「スコール・スリー」と呼ばれる面子が集まって走る際はいつも東京以西の郊外になり、都内に近い場所に住んでいるNashさん家からはいつも遠い集合になってしまう。自走にしても輪行にしても負担が大きい。

 個人にいつも負担増をさせてしまうのも申し訳ないので、調布以東とかのコースは無いか…と思案していた。

 そこに鉄腕DASHが登場。なんかはとバスの下町巡り…とかなんとかのコースに自転車がおっつけるかどうか…って企画。

 東京駅から浅草、柴又、巣鴨を回るそのコースは、東京駅から浅草までは数km、浅草から柴又までは10数km、柴又から巣鴨までは16km+都電数駅…といったところで、実際には20km程度か?

 …、走行程20数km程度。

 …めっちゃ軽い(^^;)

 自宅からと考えると柴又は相当遠く、一応「柴又行くってのは…」って考えたこともあるんだけれど、ちょっと物怖じしていた。ただ、考えてみれば輪行を併用して複数の名所を巡る…ってことにしてしまえば、適度な距離になるじゃない。

 ルート的には温泉のある浅草をゴールにしてもいいか。とげ抜き地蔵から出発して逆コースってことで。

 まぁ巣鴨にも温泉か…なんかそれに代わる施設があったような気がするが…、やはり浅草温泉…かな?

 ちょっとご一考を>スコール・スリー。


 それにしても走行順路があきらかに舗装道路オンリーなのに、山口くんはなぜフロントチェーンリングの小さいMTBで走るのか?

 愛車なの?それにしたってなんかもう少しオンロードの方が都合がいいと思うのだが…。

 まぁオンロードにしすぎる(?)と、カメラとか機材を取り付ける場所が無くなってしまうような気もする。あのMTBだと荷台が取り付けられるからね。

 しかし理由が本当にそういったことなのなら、次回は是非、小径車の高速車で走っていただきたい(^^;)ぉぃ。

 機材を乗せるスペースはごまんとありながら、結構スピードも出るぞぅ、たぶん(^^;)車種によるとは思うが。

2006/02/14

ぶるじょわまっぷタンの設定画

 なんかいよいよもって「ぶるじょわまっぷ」が走り始めている感じがするが、その中でぶるじょわまっぷタン、略して「ぶるまっぷタン」 の設定云々の話が出てきた。

 そういえばあれはちゃんとしたのは一回線画を描いたっきりで、あとはそのまま…。まぁブルマバージョンとか出したけれど、 以降は実は試行錯誤中(^^;)。

06021401  でもまぁ大体こんな感じかと。一応スカートとか、プロデューサー(?)の意向に沿って、 以前より変更してあります。

 ただ、まだ色彩で迷っています。

06021402  色彩センスが無いので、どれ…って決心がつかないのよね(^^;)。

 地味な右でいいのか(スカートのチェック柄は省略)、でも前者の方も面白いし…。

 ここはプロデューサーに何色系とか指定していただかないと。

 ただ、体操着はブルマ指定ってのは決まっていますが(^^;)。

 …って、なんだかなー(^^;)。いいのかな、こんなん描いてて。

 いや、俺自身の話ではなく、萌え系アプリとか言われているし、なんか方向性がネジ曲がらないか心配でありんす(^^;)。

 あくまで私の暴走での話なんで、TMX自身が「萌え系」にしているわけではないので念のため>ALL。

 ただ、マーキュリーはまったく別用途で送ったのに、コンバートしやがったのは彼の独断なので念のため(^^;)。

 えーっと、次はまことちゃんかな?ぉぃ

 ちなみに、ぶるじょわまっぷは「ぶるじょわまっぷ」であって、「ぶるじょあまっぷ」ではないのね。

 自分で間違えておいてなんだけど、他の人はご注意あれ。

休刊日

 本日の更新はありません。…たぶん。

#いや、ひょっとしたら夜にやるかも…。

2006/02/13

PDAの黄昏、電子辞書の隆盛

 ある日、とある電気店に行くと、一角のスペースで隅に追いやられるPDAの姿を見た。

 一時は隆盛を誇ったクリエの姿はすでに無く、ザウルスが3種並べられるのみ。それでもディスプレイされるだけでもマシなのかも。

 代わってその一角を占めているのが電子辞書。これが結構ずらりと並べられ、いつの間にこんなの多種多様になったのか?…という充実ぶりだし、さらに高機能そう。

 多種多彩の辞書内蔵はもちろんのこと、英語学習機能やカラー液晶や、ものによってはメモリカードを読んで写真まで表示できるらしい。

 なにより、キーボードが使いやすそう。…、電子辞書にPDAの機能がつかないかな(^^;)。

 電子辞書は電子手帳と違って、需要が一定的にありそうだから、そうそう没落するジャンルではなさそうやね。まぁ携帯に辞書がてんこ盛りになる時代が来たら別かもしれないが…。

マクドナルドの使い方

 国分寺駅前店にもBBモバイルが設置されたのを確認した。

 ただあそこ、混むんだよなぁ、駅前だけあって。まぁ席さえ確保すればあとはそれなりなんだけれど、そもそもあの店、禁煙じゃねーし。

 10時から18時は禁煙のようだけれど、おいらの使う時間帯はそれとはズレるようで、そうなるとケムたいケムたい…。こないだ改めて痛感したが、やはりこの店はちょっと…。

 まぁでも、いつぞやの提携以来、順調にBBモバイル対応店舗は増えているようで、他の店舗での利用がしやすくなってきた…と考えればいいか。

 …ただ、個人的には「デニーズ」「モスバーガー」「ドトール(もしくはそれ系店舗)」の対応を願っているのだが…(^^;)。


#我が家から一番近い、東芝府中東のマクドナルドにはまだ無いみたい。ただ、あそこはなんか居座りづらいからなー(^^;)。

2006/02/12

懸案事項、一つ終了

 …っつーわけで、なんとかコミケ申し込みを終了。

 まず一つ書いておくなら、サークルカットは問題なかった模様。申し込み終了時に画像が表示されるんだけれど、「画像が表示されていたら問題なし」…ってことになっていたから。その画像も問題なかったみたいだし。

 で、オンライン申し込みは個人的にはかなり便利。

 絵を下書きからタブレットでCGで描き、家から紙に文字を書くためのスペースがPCが敷き詰められたため(困ったことにあまり過剰な表現ではない)ほとんど無くなった家では、ペーパーレスで申し込みが出来るなんて夢のよう(^^;)。

 同じ項目を何度も書き込まずに済むし、プリントアウトで何ヶ月も使っていないせいで機嫌の悪いプリンタで何度も印刷しなくて済むし、なにより時間をかけて郵便局に行かないで済む。

 さらに1,000円費用がかかってしまうが、そういう恩恵に比べれば、全然問題ないっす。

 申込書をちゃんと用意し、クレジットカードを用意し、漢字の入力欄・カナの入力欄を間違わなければ楽な手段かと。

 そんなわけで、一応目を皿のようにして確認しながら申し込みをしたけれど、間違い・不備が無いかどうかは自信なし(^^;)。なんつっても、俺だからねぇ…(^^;)。

 はてさて、どうなるか…。まぁ当落に関係なく、輪行本は作るつもりだけれど。

出かけられない日

 …でもないのだが。

 実は昨日の帰り、フェニーチェの座り心地に感動したおいらは同じサドルを買うためにY'sに寄って、モデル違いだけれど同一ブランドのサドルを購入した。

 で、BSMに取り付けたので走りに行きたい!…のだが、目的地がない。こういう時は都内にでも出向いて、そうだ、江戸もんじゃでも食いに行くか…と思ったのだが、テレビを見てみると、都内でマラソンをやっているっぽい。

 マラソン…。マラソンを都内でやっているとねぇ…、交通規制がかかってバイクでうまく移動できなかった思い出が…。皇居付近から東にまったく移動出来なかった記憶がある(マラソンコースによると思うが)。

 自転車でも下手にマラソン失踪中にでも引っかかると、主要幹線道路を横断できないおそれがある。

 ま、そこは折りたたみ自転車だったら電車なり地下鉄になり切り替えて移動できるフレキシブルなところがいいわけだが、今回はBSM車種限定だし(サドルを試したいのよ)、ちょっとそれは面倒。

 新宿あたりまでなら規制はかかってないと思うが、別にそこらへんに用事は無し。

 …となると、…家でおとなしくしていますか…とのんびり過ごすことに。

 ま、日が落ちてからまだ今年になって一度も行っていない和田サイに行っておけば良かった…と後悔してしまいましたが(^^;)。

2006/02/11

ある意味飯能づくりの旅

06021101

  今日は当初はこれといった目的地は無かったんだけれど、Nebulaさんが「ムーミン谷」に行く… という話を持ち出したので、それに随行させてもらった。

 前回以降、長く左足が痛み、休養も考えていたのであまり長距離を走りたくない。加えてちょっと寝坊してしまったので(^^;)、 ブロンプトンでの輪行を久しぶりに行うことにした。何ヶ月ぶりのような気が…。

 飯能に行こうとすると、立川経由で中央線、青梅線、八高線…と乗り継ぐコースがあるが、八高線の本数が少なく、 また拝島での乗換が階段のみ…と結構キツいので、他の手段をとってみたい。

 …となると、西国分寺から武蔵野線で秋津経由、西武池袋線で向かう…という手がある…のだが、 そうすると今度は新秋津-秋津間の移動が問題になる。

 …おのれ、秋津商店街ぉぃ。

 しかしブロンプトンなら「新秋津下車→組み立て→移動→秋津駅到着→折りたたみ→乗車」ってことが簡単にできるのではないか… ってことでここでもブロンプトンの利点(簡単な折りたたみ)を利用してみることに。

 ちなみに、出かける時にちとこないだの雪上がりん時に走った影響で豪快に汚れたので、 それの除去とかやっていたらちっと遅れてしまったり(^^;)すんません>Nebulaさん。

 で、秋津での移動はやはりブロンプトンだと簡単…なんだけれど、商店街の人通りが多く、それをよける方で時間を取られてしまった。 あえて遠回りする等、別ルートを選定していてもよかったかもしれない。

 まぁそれ以外は順調で、出発が遅れたせいで集合時間には遅れたけれど(^^;)、やはり輪行は楽です。たまにはこういう旅もしないとね。

06021102  ちなみにNebulaさんはフェニーチェでの参加…って、今日はのんびり、 また~りの旅じゃなかったのかよ(^^;)まぁいいけれど。

 なお、Nashさんも参加予定でしたが、いつものごとく遅刻中でしたので、とりあえず先に回ることにします(^^;)。なぁに、 GPSに携帯もあるから、どこでも合流できますって(それでなんでいつも迷ったりして遅れるのかが謎なんですが…(^^;))。

 さて今回、「ムーミン谷」に行く前に、「飯能に美味しいうどん屋があるから行ってみよう」ということになりました。古久やという、 結構有名なうどん屋らしく、それはちょっと期待ね…ということで向かってみました。

06021103  …しかし、開店時間になっても開かないし、開く気配もない。 土曜だから定休日ということもないはずだし、閉店した…って情報もない。

 これはいったいどうしたことだ?…と思って近くの人に聞いてみたところ、

 「ああ、今日は祝日だから、休みだよ」

 あ!そういえば今日は祝日だっけ!?週休二日だとついうっかり忘れてしまいますが、そういえば祝日だったんだ…。とほほ…。

 …なんかNebulaさんに紹介されたお店に行くと、開いてない…ってこと、以前にもあったような気がするんですが… (^^;)パターン化してねぇか?。

06021104  ところでこのお店の軒先にこんなものがあったんですけれど、これってなんのおまじないだか、 魔除けでしたっけ?

 ちょっとマジ失念中(^^;)。

 仕方ないのでとりあえずここに来るまでに見つけた、なんか美味しそうな団子やがあったのでいったんそこに戻って団子で小休止、 今後の対策を練ることに。

06021105  そのお店がここ。結構美味いです。こういうところは逃しません(^^;)。

 団子もその場で焼いてくれて焼きたてを食べられます。うーん、おいしい。

06021106  そしてのれんにも書いてあるとおり、団子だけでなくまんじゅうもイケます。

 個人的には草餅もお勧めです。

 Nebulaさんは味噌付け焼き饅頭がお勧めでした。

 またこのお店のおばちゃんとの雑談も楽しく、そして「古久や以外に美味しいうどん屋はない?」とお聞きしたところ、「ぬまうどん」 というお店を教えてくれました。

 場所を聞けば「この先に洋服の青山があるから、その周りを回ればすぐに見つかる」という、 ある意味自転車乗りを信用したアバウトな教え方(^^;)。

 しかしそのお店も結構デカく、確かに難なく見つけることが出来ました。

06021107  …っつーか、外観撮り忘れたんですけれど、この中は何? (^^;)大衆食堂っぽいんですけれど。

 写真じゃぁ伝わりにくいかもしれないんだけれど、ひたすらだだっ広く、整然としているというか…、注文もセルフサービスだし。

06021108  ただ、出されたうどん、今回はきのこ入り肉汁つけうどんだったんだけれど、これが美味い。 手打ち麺だからか、なんかやわらかい食感と肉汁のこくのあるつゆがあうあう。

 麺をあたためてもらっただけあって、これが結構熱々なんだけれど、食が進む進む。Nebulaさんなんか大盛り頼んだんだけれど、 思いの外多い量ながら、結構止まらない止まらない。なかなかの掘り出し物でした。

 なお、この際にNashさんも合流。同じものをご賞味されました。

 古久やもいいけれど、ここもまた来たいなぁ。いや、次こそは古久やだけれど(^^;)。

 そしてデザートはまたあの団子屋(饅頭屋)に戻って焼き饅頭とか(^^;)。


 さて、腹ごしらえは済んだので、肝心の「ムーミン谷」に向かうことに。

 まぁ「ムーミン谷」「ムーミン谷」と書いていますが、正式には「あけぼの子どもの森公園」 というらしです。Nebulaさんが通称で「ムーミン谷」と書いているのかな?…と思っていたら、実際にムーミン谷をイメージしたり、 そういった資料を展示していたりするみたいで、ぬいぐるみすら売っていたり。

 で、飯能駅付近から自転車で移動すること30分…もかかっていないと思うんだけれど、さらっと移動できました。

06021109  なんかの体育施設に併設されているのか、結構人も多かったですね。 しかしそのひと味違う施設の雰囲気はなかなかのもの。

 ただ、実はこの日に限り、この隣に炭かなにかの工場があって、そのトロッコ線が何かの見栄えにあっているのか、 映画で炭坑の現場としてロケに使われていたらしく、その撮影に携わっている人がトイレを借りにこちらに来るもんだから、 「炭坑で作業してました」みたいな人が何人もいたりして、当初どういう設定の施設かわからなかったり(^^;)。

 周りに聞いてやっとそこらへんの事情がわかったあたり、なにか張り紙でもして事情が知りたかったなぁ…(^^;)面白かったけど。

 そういえばここで仕入れた情報としては他に「むささび亭」 というのが。

 最近飯能に通って遊んだりして、赤沢あたりでカレーも食っているよ…って話をしたらどうも「むささび亭」と間違えたらしく、 しばらく話が通じなかったり(^^;)。

 しかも相手方、その間違えた店の名前を覚えてなかったらしく、逆にこちらは気になる次第。ただ、キーワードとして 「買い取ったバスの車内での営業」「サラリーマンが休みに営業しているため、土日の営業」「こだわりのチキンカレー」 というのを教えてくれたので、そのあたりで検索した結果、先のリンク先を見つけた次第。

 なんか気になるので、今度行ってみようかと。

06021110  話が逸れてしまったけれど、ムーミン谷自体はなかなか面白い施設。個人的には「ムーミン」 には思い入れがないのだが、それでも暖かみのある曲線で構成された各建物の居心地が良く、面白かった。

 ただ、だからか人も多く、落ち着けなかったため、もう少し人が少ないときにゆっくりしに行きたいところでもある。

 まぁなかなかそれも難しそうだけれど。

06021111  あとはなんかいつものパターンっぽいんですけれど(^^;)「麦」に行ってパン買ったり、 コンブリオで念願のカレーを食ったり。

 コンブリオのカレーはやっとこさ食えましたね。鶏肉をこれでもかーっ!…ってくらいに煮込んだ、ある意味濃厚な味が面白く、 そういえば無地工房の白ワインで煮込んだカレーといい、 山王峠周辺にはどうしてこうも個性の強いカレーが点在しているんでしょうか(^^;)。でも今度はハンバーグも食べてみたい(^^;)。

 あとちょちょいと買い物して、自走して帰ってきました。脚はなんとか保ったみたいで、痛みはあまり無し。ほっ。直りつつあるようで…。 総走行距離は…サイコンを設置していないので実際の測定はしていませんが、30km程度…かなぁ?府中-東飯能間は走行してないから、 そんなもんかと思いますが。

 もう少し身体が回復したら、もちっと走りたいもんですわ。

2006/02/10

武勇伝への道

 たまーに職場の電話が一斉に鳴り出すことがある。

 正確には、順々に鳴るのだが。それも1コール。

 …そう、ワン切りで、こちらの職場は大部屋で、大体番号順に電話番号が割り当てられているわけだ。で、悪徳業者は電話番号順に1コールずつ機械でかけてくるわけ。

 なんとまぁ腹立たしいこと。

 しかし、電話が鳴り出すとなんとなーく、「あ、またワン切りだ」ということがわかる。そしておいらは比較的、後ろの番号にあたる。

 今度から「それ」が始まったら身構えて、鳴った瞬間に受話器を取ろうかと考えている…というか、その瞬間を待っている。

 電話に出たところで何の会話も始まらないんだけれど、せめて10円くらいは負担させないと(^^;)。

 …でも、「コレクトコールです」とか言われたらどうしよう。


 なお、なんか知らないが我が社の電話の液晶表示はナンバーディスプレイに対応しているはずなのに、件の番号が表示されない。…ので、相手の番号に電話をかけられない。

 …そもそもワン切りの意味が無いんじゃ…。

嗚呼、懐かしのアニメ

 そういえば銀河漂流バイファムのDVDボックス予約締め切りが近い。しかし8万円は…ちょっとなぁ…。Amazonでも6万5千円と、やはりその値段でもキツい。

 …いや、見たことのある身としては、押さえておきたいところ。いや、今再び見てみたい。このアニメは名作なんだよー。ほんとなんだよー、知らない人もいるかもしれないけれど、かなーり面白いんだよ、これ。そんじょそこらのロボットアニメじゃぁないんだ。

 正直、ファースト・ガンダムとタメ張れるロボットアニメつったら、まずこれじゃねーか?…と思うくらいの名作なんだ。

 …でも6万5千円…(--;)。

 まぁ時々、それを超える値段を躊躇無くぽーんと払っていることもあるおいらだけれども、…やっぱその値段は…(^^;)いや、内容的にはそれくらい妥当だと思うけれど。

 大体、見る時間もないしなぁ…(ビバップや探偵物語のそれもまだ全部見てねーし)。

 あー…、でも…。

サークルカット作成四苦八苦中

 この手の話のカテゴリがよくわからなくなってきたな…(^^;)。えーっと…。


 サークルカットができあがりつつあるんだけれど、いまいち要領を得ない。サイズ指定を含めたカットの規定が無いのだ。

 いや、あるのだが、これっ…って確定的なものがない。

06021003  オンライン申し込みサイトに記載がちらっとあるのだが、おそらく 「サイズは枠線の外側までで42×60ミリ、解像度は600pixel/inch」ということなのだろうが、 じつはこの数値でPhotoShopでキャンバスを作ると右のように、ぴったりのサイズにならないにならない。

 「別にこのくらいの誤差くらい…」と思われるかもしれないが、コミケの申し込みというのは恐ろしくシビアなのだ。「こういう規格」 と書かれていたら、寸分違わずそうしないと、書類不備でハネられるシビアさなのだ。

 …とはいえ、数値的にぴったりにならないんじゃぁ仕方ないんじゃないの?…ってことで配布されているテンプレートをダウンロードして見てみると、 ほぼ同じ解像度。

 992*1417で600dpiってことには違いなかったので、この数値に合わせていれば問題ないだろう、きっと。 さすがにここはそこらへんで納得しないと先に進まない(^^;)。


 もう一つ。今度は保存してアップロードするんだけれど、その際、「アップロードする画像は必ず「白黒2値化(モノクロ2階調)」 で保存してください。
 グレースケールは不可です。
 推奨ファイル形式はpng形式白黒2値で****.png(英数字のファイル名)でお願いします。
」…とあるわけだけれど、 たとえばPhotoShopでほぼ仕様通りの画像は作成できるんだけれど、それをうまくPNGに保存できない。

06021002  ポイントは「600dpiでモノクロ2階調」のPNGフォーマットってことなんだけれど、 まず普通に「別名で保存」とすると、ファイルが右の用にビットの深さが32ビットになって、画像こそモノクロ2階調でも、 データとしてそうはなっていない。

 設定するオプションはない。

 「Web用に保存」にすると、うまく設定すればビットの深さは1ビットで保存できるのだが、 Web用ということで解像度が自動的に72dpiにされてしまって600dpiで保存できないのだ。

 …えっ!?PhotoShopってそこまで融通効かなかったっけ?

06021001  まぁ600dpiで画像がモノクロ2階調で保存されていればいいかなー… と思ったりもしたのだが、配布されているテンプレートのPNGファイルを見てみると、 しっかり600dpiで1ビットというファイルフォーマット…。

 …合わせなければならん…。

 …っていうか、なんていう作成ソフト?

 そんなわけで四苦八苦したんだけれど、結果的にはMacromedia Fireworks8でファイルの最適化などを行って保存し直せば600dpiの1ビットで保存できることが判明。 なんとかコミケ推奨フォーマットファイルを作成できた。

 …Fireworksが無かったらどーすればよかったんだよ…(まぁ他にもグラフィックソフト持っていた気がするが)。

 まぁ、実はPNG以外にもTIFFとかJPEGとかでもアップロード可能だ…っつーことなので、それもいい気はするが、 推奨には合わせないと、プライドが…(^^;)何の?。

 そんなわけでカットの目処がたってきた。一回完成させているが、2値化の時にハーフスクリーントーンで階調表現を行っているんだけれど、 そこらへんをもう少し調整したいし、もう少しねばってみたい。

2006/02/09

今週末は、ちょっと一息…

 昨日になってやっとアキレス腱付近の痛みも引いてきた。

 考えてみると前回草加で90km、前々回は青梅+ROUさん家へのはじめてのおつかいで100kmと、結構酷使しているのかも。

 そんなわけで、今週末は落ち着こうかな…と思っていたり。で、来週末はいよいよ、真冬の藤沢でかき氷…ってのしようかと…。

 …で、今週末は家でのんびりかよ…とか言われそうだけれど、少し買い物を…。

 …いよいよビンディングに走ろうかなぁ…。

 Y'sで靴を買って、和田サイで三ヶ島のSPDペダルを買う…とか。

 いや、和田サイで三ヶ島のSPDペダルを…ってのはブロンプトのペダル換装を念頭に置いていたんだけれど、今のままのペダルでいいかなぁ…、折りたたみの方が取り扱いが楽だ…(三ヶ島だと折りたたみではなく、取り外し)って思い始めて、だったらBSM用に交換ペダルを揃えるだけだから、どこで買っても同じかも。

 だったら、Y'sで両方買って、その場で調整とかしてしまおうかな…と。してくれるんだかどーなんだか知らないけれど(^^;)。それ以前にY'sに三ヶ島、あるかなぁ…?

こういう折りたたみ自転車もいかが?>未所持者

 そういえば以前にPARATROOPERという自転車がどーの…と書いた覚えがある。…何を書いたかは覚えてないが(^^;)。

 ただ、リンク先の取り扱いページを見る限り、販売終了ということでもう手に入らなさそうな感じ。


 しかし最近HUMMERを発見。明らかに同じフレーム!…って、オートバックスかよ(^^;)まぁいいけど。

 よく見ると先と違ってオンロード仕様…というか、タウンユース用…にされている感じで、おとなしめ。ただその分…なのか、どーなのか、値段がかなり安くなっている。

 おそらくコンポーネント自体も廉価版だったりしているのではないか、あるいはオードバックスの魔法で安くなっているのかもしれないが(^^;)、まぁもっと派手に扱う…とか、もっとかっこよくする…というのであれば、もう少し出費して改造していく必要があるのではないかと。

 ただ、まぁ、こういう車種もあるぞ、…ということで>折りたたみ。輪行もできるとは思うけれど、適当な入れ物がないかもしれない(フェニーチェが入るトートバックも、これは無理だろう)。

2006/02/08

あ、やべ…

 サークル申し込みが全然進んでねぇ(^^;)。

 とっとと申し込み作業でもやればいいものを、つい最近もなぜかセーラーマーキュリーとか描いたり(^^;)。

 で、それを某氏に送ったり。

06020802

 …まぁ、ほんとにどーにかしなさいよ>をれ(^^;)。

そろそろPainterも…

 そういえばPainterが9.5になるんだっけ

 IX.5って表記がオフィシャルらしいが、まぁそれはそれとして。

 IXバージョン所有者としては無料アップグレード対象で、無償なのがいいね(^^;)。ただ、新機能とか未だに詳しいことはわからんけれど(^^;)。

 しかし最近使用してないねー。T40pにインストールしっぱなしだけれども、もうお絵かきマシンがほぼ完全にX41Tになったことだし、そちらにインストールしてもいいかなー…と思う次第。

 インストールしたからといって積極的に使用するかはちょと疑問だけれど、最近セル塗りみたいな絵柄しか描いてないから、水彩タッチもたまには描かないとね。

 …上手い、ヘタは別にして…(^^;)。

ロシアより愛を込めて

Art.Lebedev、有機LEDでアイコン/アニメーションを表示できるミニキー
~ショートカット操作やサブディスプレイとして利用可能

 …欲しいなぁ。日本からも先行予約、受け付けてもらえるのかな?

 ただ、言っては申し訳ないが、ロシア…ってあたり、なんか先に振り込むのは心配な気がする…(^^;)ぉぃ。日本代理店がどーにかしてくれるサービスがあればいいのだが…。

 まぁ、そこらへんのリスクを回避する意味で、一般販売を待つ…って手もあるだろう。価格が高くなってしまうが、手間と安心を考えればいいか。実際、いくらになるかわからんが。

 大体、ドライバの出来も気になるしねぇ(^^;)。やはり実際に発売され、落ち着いてから…かな。

沖縄への苦難

 うかつなことに、JALのバーゲンフェア先行予約期間に気づかなかったうつけ>をれ。

 年一~二くらいで沖縄に帰りたい身としては、そういうフェア等は逃しちゃいけないんだけれど、実際「4月」は毎年沖縄に行っているし、忘れないハズなんだけれど、うっかりしていた…。

 う~、大失敗(;_;)。まぁ、一般予約では絶対予約が取れない…ってわけでもないので、なんとか頑張ってみるかなぁ…。

 ただ予約が取れたところで頭を悩ませる問題が…。気がつくと羽田-那覇間のバーゲンフェア料金が「13,300円」と高くなっているんですけれど(;_;)。昔は1万円均一でなかった?

 代わりに名古屋とか大阪とかは1万円を下回って距離相応…ってことなのかもしれないが、昔と比べれば往復で一泊分料金が増えているようなもので、結構キツいんですが…。

 …うう、バーゲンフェアはあきらめて、格安チケットとかに走ろうかなぁ…。パック旅行で宿泊込みで2泊3万円ちょいとかあれば、時期はいつでも…。


 あと困るのが購入期限の変更

 結構キツいんですけれど(^^;)。カード決済使えばいいんだろうけれど、予約期間内の予定変更とか対応しきれないこともあるだろうなぁ…。うーん…。

 まぁ航空会社としては、キャンセルしやすいんだから多重予約とかしている人が多いだろうし、それが期間を取ってキャンセル、予約無効とかになればまた販売が難しいわけだし、多重予約とかを避けて利益確定(?)…というか、空席管理というか、販売しやすいようなシステムにしたいということなんだろうなぁ…。

 逆を言えば、予約する身としてもメリットはあるのかもしれないが。予約期間の早い時期はなかなか予約出来ないんだけれど、3日待てば多重予約している人のキャンセルが出てくる…ってことなんだから。

 ただ、結構利用している身とすれば一点、たまにマイレージを割り引きチケットに交換し、それを使用しての支払い…となると、JALカウンターに行かなければならず、それが浜松町とか都内にしかなかったりすると、その手続きのために出向かなければならず、そのスケジュールが合うかどうか…ってところでも問題になってきたり。

 そこらへんをオンライン処理できるようにしてくれれば…。

 それを抜きにしても、もう少し余裕が欲しい気も…あ、いや、やはり空席を見つけやすい改訂と考えた方が…。うーん…(^^;)。


 …それにしても、いつ、沖縄に行こう…。

2006/02/07

コミケ申し込み

 …が進んでないっす。サークルカットに注力して。

 ちと調べました、オンライン申し込みの手順。大まかに分けると、

1.会員登録
2.申し込み手続き・クレジットカード決済(2月20日まで)
3.詳細申し込み情報登録・サークルカット画像アップ(2月26日まで)
4.アンケート回答

 といった具合だと思う。ちなみに1.は済ませています。

 で、まずは2.をやれ、と>をれ。サークルカットは26日まで猶予があるんだから、その前に締め切りのある手続きをしろよ…と。まぁそれでも20日までの猶予なのですが。

 先にも書いたとおり、サークルカットもあとはスクリーントーンと(小さいので、最小限のトーンにとどめるつもり)、仕上げぐらいなので、材料全部揃える感じで整えて、申し込み手続き一切をこなしてみるか…というつもり。

 全部PC内で完結してくれるのが、そのほかの場所を取らなくていい分、楽のハズ>おいらにとっては。プリンタ打ち、のり付け等々あるからなぁ…。

 ちなみにマンレポは5月くらいまでこれまたオンラインで送れるらしい。ちょっと面白いが、あまりネタ無いなぁ(^^;)描いてみたい気持ちはあるが。

今、どこにいるよ?

電波強度と現在地の住所をリアルタイムに確認できる「W-ZERO3 Monitor」

 なんかすごいソフトだな…。W-ZERO3にはいまいち食指がのびなかったけれど、ちと欲しくなってきた(^^;)。こういうフリーソフトというか、ユーザーが特定機種向けに作成するソフトが充実してくると、そのハードはやはり流行っているのか…という気がしてくる。

 うーん、それでもやはり、まずはBluetooth装備になってくんねぇとアレかなぁ…。最近何となく、WX310KとiPAQかなぁ…という気が(Bluetooth装備で同期がしやすく、管理しやすいPDAなら型落ち含めて他機種でもいいけれど)。いつぞや買ったBluetoothキーボードも使えれば、X41Tも含めて、ワイヤレスで結構柔軟な機器構成になって面白そうだし(立ったまま長文入力というのはあきらめないといけないようだが)。

 ちょっとそこらへんに惹かれてか、モバイル・プレス買っちゃったし(^^;)。

 まぁ…、そのうち(^^;)。

サークルカット進捗状況

06020701 とりあえずサークルカットはこんな感じで。

 勿論このままだと線画だけになってしまうので、なんかトーンを貼るなりなんなりしないとね。んー、その前に枠内に絵をおさめ、文字入れするか。で、ビットマップかなんかにしてComicStudioでトーン貼り…ってことかな。

 オンライン申し込みについてはある程度調べたので、その辺の話はまたあとで。

おいおい

 今、外を見たら、車道以外結構真っ白だぞ。大丈夫か、明日の朝。早朝には雨に変わって洗い流してくれるみたいなことを言っていたけれど>天気予報、ほんまか?ほんとに洗っといてくれるかぁ?

 まぁ白く降り積もっているとはいえ、数cmのようだけれども…。

チョコレートブームだったのか…

 日曜のスタメン見たけれど、バレンタインデーだから…というわけでもなく、…いや、そういう意味もありつつ、チョコレートブームでもあるらしい。

 まぁ詳しい情勢はわからないが、8粒3千円というバカ高いチョコレートとかふつーに買いあさる情景を見ると…、俺も食いたい(^^;)。

 思い返せば、そういえば羽田空港でえらい金額のチョコレートを見て、すごすご引き返したのを思い出した。…リベンジか?(^^;)

 とりあえず多摩川サイクリングロードを川崎まで走って、電車で羽田まで移動してみようかな…。

 …っていうか、銀座あたりにもそういう店がありそうな気が(^^;)。

 とはいえ、今週末だと場違いのような気が…(^^;)バレンタインデー前。

2006/02/06

直してみた

06020603 まぁこんなもんだろう。まだ脚が長い気もするが、モデル体型…ってことで(^^;)ぉぃ。

 しかし自転車が全部俺の乗った車種限定なカットになってるな…(^^;)。

お絵かきの楽しみと苦しみ

 最近、3DCGがおろそかになっている。

 やりたいことはいくつかある。ただ、その時間がない。気がつくと、2D絵を描いてしまうからだ(^^;)。

06020602 まぁ、今は大命題、サークルカット描画…という作業があるのでそれに注力する必要があるが(そのための自転車描画練習とかも含む)、それ以上に描くことが楽しくてたまらない。

 どうも、最近またタッチを変えたのが影響しているっぽい。

 太さの「均一線」にしたのがそれなんだけれど、まだタッチを模索している段階。

 基本的に均一線なんて味がないだろう…と頑張ってIllustratorのカリグラフィを利用して筆圧線を利用して描画していたが、どうしても「ダマ問題」が解決しない。

06020601 ダマ問題とは、カリグラフィで線を描くとき、ペンを押さえた瞬間に「ダマ」が出来る現象を指す。原因は不明…って、わかっていたらそれを排除してどーにかするのだが、一般的に言われている「タブレットPC用のサポートソフト」が処理遅延を導いて悪さをしている…と言われているので、一応それ用の対応をしている…のだが、それでも出てくる。恐ろしい頻度で出てくる。

 なのでタブレットのサイドスイッチに「Ctrl+Z」を割り当てて何度でも線を引けるようにして対応しているが、3本同じ線を引いて、3本ともダマが出て、一呼吸置いてゆっくり線を引くとやっとダマが消える…という調子だから、おそろしく効率が悪く、まったく描画の調子があがらなかった。

 PCにタブレットつないでいるときも「ダマ問題」には悩まされたが、タブレットPCになってその症状はより顕著になった気がする。

 この問題に一番影響されるのはIllustratorだけらしく、他ソフトはあまり影響されない。Flashでも色塗りの時などたまーにダマになるが、無視していい程度の頻度で、サイドスイッチのアンドゥさえあれば、どーにでもなる。

 Illustratorのカリグラフィを利用して筆圧表現をする人は少なく、タブレットPCともなればさらに少なく、その問題の回避ノウハウが全くないのが実情。…なにか根本的に設定を間違っている気がしないでもないのだが、ともかくどうしようもないくらい困り果てている。

 しかし、かといって問題の少ない「PC+外付けタブレット」に戻るか…というと、そうはいかない。タブレットPCの方がより絵描きのモチベーションが高く、「その気」とのバランスはタブレットPCとの相性が一番いい。「PC+外付けタブレット」に戻って問題が解決しても、製作頻度が低くなってしまっては意味がない。


 …ので、筆圧の関係しないただの「線」に回帰しようとしているのだが、そうなると今度は絵柄の個性の問題になってくる。線が生き生きとしているかという感覚的なものもあるし。

 …なんかさ、線がね、活きないのよ、均一線だと。

 ただ、均一線の代表、セルアニメーションとか顧みると、中には活きている線を描くアニメーターさんもいて、本来動画を挟んでこそのその線なんだけれど、静止画だけで見ても線が活きている絵もある。それを目標にするしかない。

 困ったことに具体的にどうする…ってのが見えないんだけれど、もうそこは試行錯誤しかあるまいて。「気持ちのいい線」を模索するしか…。

 …ってことで、とりあえずその課程も今のところ楽しい昨今。こないだの拝御劇場も2コマ目、3コマ目のサヤも描いて楽しかった。

 おいらの本来のキャラの描き方は線を何本も書き重ね、太い輪郭線にしていく…ってのなんだけれど、実際下書きはそうなっているし。

 ただ、今回の絵では落書きタッチとはいえ、ともかく「1本の線」でどーにかすべし…ってことで描いてみたので、それなりに割り切る覚悟が必要になってくる。筆圧で線の強弱である意味輪郭をごまかしていた(…つもりはなく、その強弱も表現の手法の一つなんだけれど、本来は)部分もあえて均一線で…ってことで描いてみると、まぁそれはそれで味なのかも…と思えてきた。

 とりあえず先の2・3コマ目がなんとなくその傾向…というか、さきがけ(?)が出ているんじゃないかと。

 まぁ筆圧タッチも捨てる気はなく、「ダマ問題」がどうにかなれば戻りたいところだけれど、「均一線」での自分のタッチが見つけられたら、漫画などではその線を使い、イラストでは強弱線で…って使い分けしていこうかな…と思っていたり。

寒風の報い

 昨日は有楽町と草加に行ってきた。

 有楽町は交通会館の某アンテナショップに行ってきたのだが、交通会館だけで結構面白い特産品取り扱い店があるね。他のビルにもあるっつーんだから、結構楽しめるかもなぁ。

 飲食も出来るところもあり、今回は「むらからまちから館」のソフトクリームをいただいたが、牛乳の味が濃厚に出ている、美味いソフトクリームだった。しかしソフトクリームと言えば、近くの北海道のテナントにもあったようで、今度はそちらの味も確かめてみたい。

 また、いろいろな特産品があって、ちと迷いまくる(^^;)。北海道のショップにロイズのチョコが無かったのが不満だが、大泉洋プロデュースのカレースープが売っていたりして、今度そこの材料だけでスープカレーを作ってみようかと思ったり。

 ただ、なんか塩を使う料理…ってことになるのなら、秋田ブースの藻塩だな(^^;)。

 ともあれ、目移りしちゃうー(^^;)。結構知らない素材とかもあったりして、やはり今度誰かを誘っていってみるべきか。


 あ、そうそう。当然のことながらBSMでの出動。実は土曜に出かけようと思っていたのだが、寝坊して延期(^^;)。翌日になった…というわけ。

 ただ、土曜は寒かったわ、風が強かったわ、走行には不向きだった…って話?風には前回悩まされていたので、避けて良かったかな?日曜も寒いことは寒かったけれど、風はあまりなかった気がする。まぁ北風で、秋葉原→草加は時間かかった気がするけれど(逆は速かった)。

 もっとも、寒いとはいっても、例の(?)防寒スタイルで服装固めると、自転車こぎ始めれば汗ばむ陽気でそんな苦でもない程度。そこらへんは問題なかったかな。…あ、いや一カ所、問題が…。


 とりあえずその話はおいといて、草加に向かう。往復90kmの道程だけれど、ここのところ100km走行があったことを考えれば、そう長い道程に思えなくなってくるのが恐ろしい(^^;)。普通に走行し、草加に到着。めぼしい者物色してUターン。…大体おいらにとっての定番が固まりつつある気がする。

 あとは秋葉原に寄って帰宅するだけだったんだけれど、その辺から両足のアキレス腱付近が痛み出す。

 今までその付近が痛むというのはあまり記憶にないが(無いことは無い)、言ってしまえば翌日まで痛みが持ち越されるほどのアキレス腱の痛みというのは無かった。

 一応ペースダウンを伴ってはしまったが、自宅に着くまではもってくれたものの、ちと今後が心配になるトラブルだと思う。

 …ひょっとして寒さにヤラレたか?

 前にも書いたが、基本的に防寒対策をしているとはいえ、脚部は逆に未だにボディテックのタイツを履いて、冷却性、即乾性を高めているため、あまり暖めてない。筋肉自体が熱を持つので、それで十分かな…と。

 ただ、アキレス腱あたりって肉も脂肪も少ないんしょ?で、一番寒風に当てられて、熱の保護も無いもんだから、痛みやすかったりするのかな?(冷えて血管が収縮しているところを無理矢理運動させる)

 靴下くらいは履いていたが、今後そこらへんの保温も考えないといけないのかも。

 …単なるストレッチ不足という気もするが(^^;)。


 まぁそんなわけで脚に思いっきり違和感抱えたまま秋葉原に到着。本来はDVDメディアを買う予定だったんだけれど、すっかり忘れて帰宅してしまった(^^;)ぉぃ。…秋葉原だと安いんだけれどなー。

 ただ、忘れた原因が脚の痛みだけではなく、「日曜の秋葉原の様相」にもある。…こんなんだったっけ?

 最近秋葉原ってば土曜にしか来てなかったけれど、日曜ってなんか…スゴいことになってないか?秋葉原って本来、こんなに人がいたっけ?

 なんかあっけにとられ、何も出来なかった…ってこともある。

 ヨドバシ効果かホコ天効果か知らないけれど、秋葉原来るなら土曜だな…と確信した日でもあった。


 …そんな一日でした(^^;)無理矢理なまとめ。

 ちなみに日曜の「拝御劇場」は、土曜のBLOOD+をちらっと見たのを走行中に思い出し、なんとなーく○原さんの日記に結びついて思いついたのでした(^^;)なんで結びつくかな。

2006/02/05

久々に拝御劇場

 無責任劇場とも言う。

06020501

 …それにしてもTMXくんの件といい、サークルカットも描かずに何をやっているんだ、俺は?(^^;)


2006/02/04

HDDの増設の仕方

 家では120GBのNASがメインのファイルサーバになっている。扱うのは静止画程度のデータなので今のところ問題ない(RAW撮影するようになってからは、上限が見えてきた気がするが…(^^;))。

 映像を扱う場合はそのデータはデスクトップのデータ用HDDに放り込んでいる。NASで扱うにはレートが不釣り合いだからだ。ただ、そのため、限定された機器でしか使えない…という問題はある。

 デスクトップの方がパワーも画面の広さもあるのだが、「使いたいときに使う」という気軽さはないため、どうしても扱いが悪くなってしまう。

 なので、ちと他の方策も考えてみたい。

 普通に考えれば、USB2.0用ケースを持ってきてデスクトップHDDをそれに放り込み、USB2.0ポート装備のノートにも接続できるようにするのが順当だろう。実は実際にそうしている。

 ただ、当たり前すぎるのもなんなので、もっと他の方策はないだろうか?…と考えてみると、eSATAとかいうの?それにあたった。

 要するにシリアルATA接続しようという規格で、転送レートはUSB2.0より速い。実は先から挙げているデータHDDはリムーバブルケースにセットし、デスクトップではATA接続であるものの、他機種ではUSBアダプタを介しての接続となり、比較すれば速度低下になってはいた。

 それをノートでも行えれば、より差違の少ない操作感が得られるのではないかと。

 外付けHDDとして売られている一部製品があり、それらはUSB接続オンリーの値段とあまり変わらない。また、USB接続もできる機器もあり、さらにツブしが効く。

 先ほど挙げたように、レートがUSB2.0よりも早いから、HDDのポテンシャルをかなり引き出して高速アクセスが可能というわけだが、ノートだとCardBUS接続のPCカードを使用するしかない。

 意外に高くないのだが、…カードバスの転送レートっていくつだっけ?

 あるページにはeSATA自体は1.5/3.0Gbpsという記載があり、明らかにUSB2.0(480Mbps)より速いってのはわかるんだけれど、ノート接続の場合に介するCardBUSがボトルネックになっちゃぁ意味無いし…(それ以前にHDD自体がボトルネックになるという話も…(^^;))。。

 なんか規格策定団体のページとか調べればいいんだろうけれど、ようわからん(^^;)。CardBUSのメモリカードリーダーの記事内に実測値として「最大で毎秒132MB」という記載があったけれど、それを信じれば実測最大1.056Gbpsってことかい?


 まぁアイオーのサイトを見れば、ノート接続でも60MB/s程度の実測値が出ているようで、USB2.0の2倍だし、デスクトップのそれとも遜色ないみたいだから過敏になる必要もないか(^^;)。


#とか書いていたらラトックのリムーバブル外付けケースが発表された。

 そもそもデスクトップにはこちらが出ており、おそらくこのリムーバブルケースを外付けでも使えるようにしたのが先の製品ということか?

 もっとも、ラトック製のデスクトップのPCI拡張カードはPCI Express用で、パーツをラトックで統一…ってのは難しそうだけれど、アイオーのを使えばPCIのみのマシンでも大丈夫かな?

 ラトックのPCカードもあるし、ラトック製のパーツを使用しても我が家でなんとかノートとデスクトップでHDDをやりとりするeSATA環境を構築できるかも

 さらにラトックを選ぶ利点としては、IDE HD対応 シリアルATA変換トレイというのがあり、これを使用すればIDEの手持ちHDDも活かせる(二つくらいしかなかった気もするが(^^;)変換ロスはどんなもんだろう…?)。

 アイオーの外付けも安心できるけれど、HDDが増えていくならこちらの方が便利か?

##さらにこんな記事を見つけたりして。ああ、わかりやすい(^^;)。

2006/02/03

…とか言っているそばから

06020302 こんなん描いてみたりして(^^;)。なぜかカテゴリーが「携帯・デジカメ」だったりして…。

 こんなか?こんな感じでええのんか?>某

06020401※追記:
 M1000って、壁紙とか設定できんの?

06020402※追記2:
 じゃぁこんな感じで。

06020403※追記3:TMX地位失墜作戦進行中。

あー、いかん!

 なんかイラスト描くのが楽しくてそれに夢中になりすぎて、サークルカットのことを忘れていた!(^^;)そーだそーだ、それを描くのが主目的なんだった!

 …今回の申し込みはオンライン申し込みをしてみようと思う…ってのは以前書いたとおり。そちらにサークルカットのフォーマットのテンプレートがあるから、それに則る形で描いていけばいいんだろう、きっと。

 支払いもクレジットカードでOKってことらしい。ただ、前回のコミケで販売された申込書は申込書で申込書の整理番号を使用する…みたいなことをスタッフが言っていたような記憶があるので、それはそれで必要だったような…(まだ調べきってない)。

 また、オンライン申し込みは従来の申し込み方法とは別に外注の会社の手が加わるので、手数料1,000円がさらにかかって実は費用が従来方法よりもかかる。

 ちょっと考えどころだが、若干締め切りが延びる(具体的期間はまだ調べきってない)。手書きの手間がない。プリントアウトの手間がない(おいらの場合は絵はすべてCGでこなしているので)、郵便局に行く手間がない…ってあたりで相殺すると考えないと。

 ただ、サーバがどんな強度があるのかも不安だし、不具合があった場合に対応期間があった方が楽なので、早めに申し込むにこしたこたぁないだろうから、「締め切り」の点はさておく。

 …ま、なにごとも新しいことに挑むのはおいらにとっても楽しみだから、それも利点に加えておくか(^^;)。

 ともあれ、とっととサークルカット描いて、それと同時に手順をもちっと詳細に調べておくか。

おいらの自転車スタイル

 一応、それなりにこだわりを持っている。

 要するに服装なのだが、外見的に、自転車から離れるとサイクリストには見えないように…というのが実はコンセプトだったりする(前に書いたっけ?)。

 勿論、サイクルウェアとか着込んだ方が、乗り心地がいい、機能性も富む…といいことづくめのはずなのだが、自転車に乗ること自体を「目的」としたくない自分としては、そのスタイルは意に反してしまう。

 いや、実は「目的」なのだが、あまのじゃくというかへそ曲がりというか、単に根性曲がっている…ってだけなのか、自転車に乗ること自体よりも、行った先に「目的」を持って、そこに行く「手段」として自転車を選んでいる…という形にしたい。

 飽きっぽい性格からすると、「目的」をいつも「自転車に乗る」ということにしておくと、目的がいつも一緒なので飽きてしまう。しかし「目的」を別に設定して、いつも違う目的を設定しておくと、「手段」が同一でも長続きする…というわけ。

 なんか回りくどく自分に暗示をかけているような気がしないでもないが(^^;)、まぁそれで今のところうまくいっているんだからいいでしょ。

 …で、「目的」が自転車以外である以上、その目的にあった服装…というか、それに対して自然な服装…となると、ロードの練習で着込んでいるようなぴっちりしたサイクルウェア…というのはちと避けたい。





 大体飲食店に入ったり、買い物が主な目的になるので、そこに気楽に寄れる普段着というのが都合がいいわけだ。

 そんなわけで普段着サイクリングを頑張っているんだけれど…、そこから派生してサイクルウェアとか描きにくい絵描きになっちゃっているけれど(^^;)雑記帳参照。


 …まぁ本当はね、タイヤが小さい自転車で、普段着であくせくペダルを漕いで郊外のお店に行くと、「あんな自転車でここまで来たの!?すごいわねー、ありがとー」…って、おまけしてくれることが多いので、それでなんとか頑張っている次第です(^^;)ぉぃ。

次世代の定番

レノボ、1.16kgのCore Duo搭載ノート「ThinkPad X60s」
~T60シリーズも同時発表

 ついに発表されましたな。

 個人的なポイントとしては、HDDに1.8インチと2.5インチと選択の幅が出来たところですか。なんか2.5に人気が集中しちゃいそうだなぁ(^^;)。X60sでも2.5が使えるとなれば、そこが妥協できない点…と言っていた某氏も拒絶し続ける理由にはならないんじゃないですか?モバイル考えると1.8だと思いますが(消費電力少ないんでしょ?)

 ま、一番の大きな目玉はCore Duoですけれど。

 やはりノートでもこれは必要と思いますね(デュアルコア)。OSの範疇になると思いますが、タスク割り当てを上手くやってもらえれば、現状処理にHDDアクセスが入るとマウスカーソルの動きすら堅くなる…といったことも避けられ、思考の中断等がまったくなくなることも考えられます…っていうか、そうして欲しい。

 そういう意味ではオフィス系しか使わない人でも恩恵はあると思います。

 まぁ繰り返しますが、デュアルコアが活きる設計になっているのが前提になっていますが。ソフトが処理を割り振ったり、OSがソフトを割り振ったり…するんすよね?

 まぁシングルでは思い処理がHT機能のあるPentium4で行ったら並列処理恩恵があった…ってことはデュアルコアでも恩恵があると思いますけれど。

 …デュアルコア同士で同時にHDDにアクセスしにいったりしないのかな?バスがネックになったりとか…。

 まぁ次にノート買う時があったら、最重要条件はCore Duoっすね。当面その予定は無いですが(こないだX41T買ったばっかだっちゅーの(ローンも済んでねぇ))。その間にもう少しブラッシュアップが進んでいるといいな。あるいは値崩れ、型落ちしているとか(^^;)。

2006/02/02

今後の自転車走行の予定

 ついでにその他の自転車走行も色々考えております。

・定期走行(飯能・岩鞍ライン・買い出し走行)

 ははずせない…というか、適当にこなすとして、シーズンを考えると、


・藤沢付近走行(真冬の天然かき氷ツアー・府中→町田→滝川サイクリングロード使用想定)

・横浜走行(多摩川→川崎経由・目的未設定(中華街・カレーミュージアムあたりか?)


 …はそろそろ決行してもよろしいのではないかと。

 藤沢については寒い内に…ってのがウリですから(^^;)。まぁかき氷屋の営業を調べておかないといけませんが。

 しかしそれよりも意外に旬なのは横浜方面かも。中華街が今、旧正月シーズンでキャンペーン中だったかと。でも混雑も想像以上とも思われ(自転車駐輪して歩くにせよ)、むしろその時期はハズした方がいいかもしれません。


 あとは…、


・ムーミン谷探索(飯能付近)

・Nash氏優先輪行orサイクリング(調布以東目的地設定・以前企画した草加は複数人での輪行にもサイクリングにも向かないと思われ(交通の関係)、それ以外の企画を要検討(横浜走行がそれか?)葛飾柴又あたりか?)

・三浦半島ほぼ一周サイクリング(横須賀出発→三崎口で昼食→鎌倉まで(逆でも可)特に意味無し(^^;)三崎でマグロが食いたいだけらしい)

・森林公園リベンジ(緑生い茂る時期以外の走行企画の検討の余地(緑一面なだけで、変化が無い分、実はあまり面白くなし。紅葉の季節とか…))


 …ってくらいしか思いつきません。企画募集中(やる、やらないは別にして(^^;))。

 …そういえばどこぞのサイクリングロードが完成した暁には100km行程…ってことで、輪行走破(電車で駆けつけて、自転車で走破。疲れ切って電車で帰る…)…って話もあったような…(^^;)。

今週末の予定

 ん~…、都内に走りに行って、炭飴でも買うかな(^^;)。あと余裕があれば今度こそ「一人で江戸もんじゃ」でも行こうかな(^^;)。


 しかしこないだ郊外と都内を走ったけれど、こないだの大雪が多く残っていたのは都内の方のような気がする。

 青梅近辺で雪はまばらに残っている程度だけれど、都内のサイクリングロードの日陰は踏み固められた雪が氷となって長く残存し、危険かも。

 郊外の方が雪が多く残って危険かなぁ…と思っていたので、ちと意外。まぁさすがに今週末は平気だと思うが…(雨も降ったし)。


 まぁ…、いつか開催したい「アンテナショップ巡り」の下見ってことにでもしておこうかな…(データ集めしなければ)。行ければ草加で煎餅も買いたいが…「ついで」って距離でもないしなぁ…。でもそろそろ草加の煎餅・あられも食いたい…(^^;)。

モバイル場所

 そういえば新小金井街道だろうか、中央線を越えて南下して、坂の下あたりに、コープの正面にあるマクドナルド。車で動くときたまーに利用することがあるのだが、気がつかないうちにBBモバイルに対応していた。

 マクドナルドは以前、BBモバイル対応店舗を増やすみたいなコトを言っていたのを思い出す。

 その時点での対応店舗は私の行動範囲内では府中駅近くの20号線沿い店くらいだった。

 前述の店舗はあまり出向かないとはいえ、たまーに寄ったときにPC作業できると結構いいところ(客も夜は少ない)なので、いいかもしれない。

 いやそれ以前に、国分寺駅前や府中駅前、東芝府中東にある、なんとかという店舗も追って対応しているかもしれない。そのあたりを今度確認してみようか。

 原稿打つのにファミレスばかり使っていると、コストがかかっていかんもんで。でもマクドナルドの椅子とかは落ち着かないか…。大体そういう時はあまり、インターネットは使用しないか…(^^;)あれば便利…ってくらいで…。

ゆりかもめの旅

ゆりかもめ:声優の声で駅案内 「ガンダム」主役も

 そういえば去年末に2006年のいつからか、そうなる…って話を聞いたな。そのときは冗談で「全駅違う声優さんにしないと、ファンは食いついてこない(広い客層をカバーできない)」という話を情報筋はしていたが、まさか本当にそうするとは…。やるな…っつーか、あいつが進言したか?(^^;)

 ただ、それはそれで問題点も。それ目当ての客も下車しないと乗客数は増えてもさらなる売り上げにはつながりにくいのでは…ということで、そこらへんを改善する企画も必要…って話もあったが、それは見あたらないね。

 …いや、まてよ。「サービスは、駅の構内案内図や精算所、トイレなどの標識の前を通ると、センサーで音声案内をする」とあるが、券売機も含まれるのか?そうすると…抜け目ないなぁ…(^^;)。乗り放題券とかあったっけ?

#それにしても、ガンダムの主役…ってところで「SEEDの…」ってあたり、時代だなぁ…という気が。まぁ古谷さんだったら行くか…ってーと、俺は行かないけれどね(^^;)いや、誰であろうと駅のアナウンス目当てでどこか行こうと思わないが<をれ。

2006/02/01

コンパクトデジカメに足りないもの

欧米Olympus、耐衝撃/防水デジカメ「μ720SW」

 個人的にはF10/11は名機だと思っていて、比較的小型(コンパクトデジカメの中では大柄かもしれないが、取り回しはポケットに入る範疇ということから、ぎりぎりコンパクトデジカメの範疇内と思っている)でありながら、長時間寿命、高感度撮影、諸々…っと、機能多彩で扱いやすい…ってところで相当バランスがいいと思っている。

 これを超えるデジカメ…ってあるのかな(小型化はバッテリーとトレードオフだし…)…と思っていたが、防水があったね。さらに耐衝撃まで加わると、家庭用としてはかなり良いのでは?結構手荒な扱いになるらしいし。

 リンク先には高感度撮影時の制約(画素数が少なくなるとか)、バッテリーの撮影可能枚数とかの記載がないので、トータルバランスとしては判断しかねるが、日本発売の予定があるなら、検討の価値ありだとは思う。

 まぁ、もうF10用(おそらくF11にも使える)水中ハウジングまで買っている身としては、転ばないとは思うけれど(^^;)。


#…なんてことを書いて放っておいたら、日本発売のアナウンスが。

 バッテリーは一般的なコンパクトデジカメ並みで、「ISO2500の記録解像度は300万画素相当になる」とあるけれど、まぁそういうバッテリーで妥協できて、そうそうISO2500で撮る機会がなければ(あるいはそういうシーンは300万画素で問題ないなら)、いいカメラでない?

 あとは撮影サンプル次第やね(^^;)。

一人、出遅れる

 そういえば某氏がWebベースの日記からblogにしようかと考えているらしい。内容的にもそれで問題ないと思うので、手順簡略化のためにお勧めしたい。

 見回してみると、大抵の友人の「日記」はblogに移行しつつある。諸般の理由でblogに移行しない人もいるけれど、「blogじゃダメ」という人なわけで、「blogでもいいじゃん」って人の中では某氏は取り残されていた気もする。


 ただ、よくよく見回してみると、実はおいらも一人取り残されている状況だったりする。

 どうも友人の大半がmixiに加入しているらしく、おいらだけ入っていないのだ。

 別に紹介がないというわけでもないんだけれど、どーもなんか入りにくいような…(^^;)。閉鎖的なイメージがあるし、そんなことはない、会員数も膨大で…ってことになれば、だったらオープンなネットワークのインターネット上で問題ないじゃん…とも思ったり、どーも自分の中でうまく整合性が取れない(?)なぁ…と思っていたら、えっらい数の友人・知人が入会済み。

 あまり交流が頻繁でないCG関係のグループもできているらしかったり、何年、十何年会っていない知人が頻繁に活動しているとかいう話も聞いたり、入会するメリットはある模様。

 あるのだが…なーぜか踏ん切りがつかない(^^;)なぜだらう?。別にひっそりと活動する限りは費用もかからないんだよね?うーん…なんでだー?

玉子の問題

 東京駅あたりのインデアンカレーには機会あるごとに行っている。東京駅は家から遠いのだが、何かにつけて東京駅を経由するようにし、年末年始を除いて「週一」くらいで通っているペースにも思える(^^;)。

 ただ、さすがにこのペースだと飽きてくるので、もう少し間隔を開けるか、スパゲティなどを頼んで変化をつけようかと思う。

 まぁでもカレーライスを頼むなら、間違いなく玉子を入れる。あの黄身が無いと、満足できない身体になってきた(^^;)。

 …なのでついつい、他のカレーでも玉子を頼むようになってきた。

 実際こないだのスプーンでも半熟玉子のトッピングを頼んでみた。ただ、そうすると固まった白身と半熟の黄身が出てくるのね。インデアンの「黄身だけ」というのにすっかり染まっていたので、びっくりした…が、「半熟玉子」には間違いないので、間違ってない(^^;)なんじゃそりゃ。

 まぁそれはそれで味わえるが、どうせならとろとろ玉子の方がいい。スプーンではトッピングに「玉子」というのもあるので、おそらくそちらが生玉子だと思われ、今度はそちらを頼もうかな…と考えている。

 ただ、カレーにはどちらかというと、とろとろの白身に半熟気味の黄身の方が合うと思うのだが、どうだろう。つまり…温泉玉子?

 「白身が固まり、黄身がとろとろ」が「半熟玉子」で、「白身がとろとろ、黄身が固まっている(あるいは半熟でも白身より固まっている)」のが「温泉玉子」という定義づけでいいのかしら?

 …そういえばあじたま作るときにあっさり半熟玉子を作った覚えがあるが、温泉玉子はまだ作った覚えがないな。…どういう手順の違いがあるんだ?

 考えてみると半熟玉子は熱湯に6~7分つけて作っている。

 しかし温泉玉子は?…ってまた考えてみれば温泉で作っているんだから、温泉の温度でぐつぐつ煮込む…というわけだから、熱湯に比べれば低温で作っているというわけか。あー、なるほどね。

 そういえば以前友人に「温泉玉子作るには、温度管理をしっかりしないと」と言われた覚えがあるけれど、低温でコンロで維持するというのはそういえば若干難しいか。熱湯だったらかけっぱなしで問題ないけれど。

 温泉は大体温度が一定だから、適した沸き口見つければいいだけの話なのね。

 …コンロだったら弱火にしておけばいい話かな?(^^;)あとは時間…はどんくらいなんだろうなぁ。6~7分ってことはあるまい。

 まぁそのうち調べて、作ってみよう。温泉玉子が活きる料理…ってのはレパートリーに無かった気がするが(^^;)。

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »