2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

関連リンク

 


検索


  • Google


    WWW を検索
    とめどなく雑記 を検索

写真ピックアップ2012/04-05

  • 夜の桜
    2009年初頭までは定期的に写真を掲載していたのですが、その後サボってしまいました。写真自体は折を見て撮影していたので、現在からお気に入りなどをピックアップして掲載していきます。ファイル名は特に撮影時期ではありませんので念のため。

2009年1・2・3月撮影分

  • L1000050
    2009年になっても相変わらずぶらぶら撮った写真に終始すると思いますが、ご勘弁のほどを(^^;)。

2008年10・11・12月撮影分

  • 皆が見ないコミケの顔・その5
    D-LUX4も加わっての、バラエティに富んだ写真アルバムに…なるはず?ただ、MPはフィルムなので、掲載する予定はありません。

2008年7・8・9月撮影分

  • 祭り
    一番忙しい四半期につき、写真は少なめになるかと思います。とはいえ、新レンズを使ったりして多少浮かれてはいるかな?(^^;)

2008年4・5・6月撮影分

  • 単線のある風景
    4、5、6月分です。特に説明も無いのですが…(^^;)。まぁのんびりスナップをアップしていく…予定かと。

2008年1・2・3月撮影分

  • 円覚寺・その4
    相変わらずぶらぶら撮っています。面倒なんで、これからは3か月分、まとめようかな。

2007年10・11・12月撮影分

  • 来年に向かって歩く
    相変わらずぶらぶら撮ったものです。あまりにもとりとめなく撮ったので、3ヶ月分まとめさせていただきます(^^;)。

2007年9月撮影分

  • 機上から見る雲
    9月撮影分です。主に久米島旅行で撮った写真になっています。

2007年4・5・6・7・8月撮影分

  • 夏の海
    相変わらずぶらぶら撮った写真です。ちなみにコミケの写真は入っていません。

2007年1・2・3月撮影分

  • 桜の風景・その11
    まだまだのんびり写真です(^^;)。なんか、撮っているのも楽しいですが、現像も楽しいですね。

2006年12月撮影分

  • 築地の町並み
    相変わらずR-D1メインでぶらぶら撮影したものを掲載していきます。紅葉も都心の方まで降りてきていますので、当初はそれを中心に…といったところになるかな?

2006年11月撮影分

  • P1020232
    距離計の狂いから一時期修理に出していたR-D1が帰ってきたので、ちらほらと撮影したものをアップします。
    でもなーんかぎこちないというか…写真に対する自分なりの立脚点がしっかりしてないというか…(^^;)。
    個人的にはしっかり楽しんでいるのでいいとは思うんですけれどね(^^;)。

2006年9月 石垣島周辺旅行

  • 車に積まれたエンジン
    9月下旬に石垣島及び周辺離島を旅してきたときの写真です。
    カメラはR-D1を修理に出していたので、LC1とF10です。Exifん時に機種が書いてないのはLC1と見てください(RAWを現像・エディットして保存すると、さすがにExifデータが残らないみたい)。明るいときにはLC1にはND8のフィルターを装着しています。

2006年6月撮影分

  • 富士山を臨む
    6月撮影分です。ちょこまかと撮っているのをあげていきます。
    色々なレンズも出てきますが、だいたい使うレンズが決まりつつあるような…。

2006年5月撮影分

  • 深川の風景
     ちょっと細かな撮影が入り組んでいる月なので、まとめてのアルバムにします。
     まず最初はくらやみ祭り。のんびり行ったせいか、人垣を越えられず、てんで山車とかの写真はありませんので、期待しないように(^^;)。
     次に有楽町あたりをぶらぶら歩きながら撮った写真、お台場や川越などと、色々取り混ぜてあります。

2006年4月 浅草・皇居前広場・銀座等

  • 紅い店先
    まだR-D1に慣れていないので、運動がてら、色々テスト撮影。その途上、Jupiter-12 35mmF2.8やアベノン28mmF3.5を買ってしまったり(^^;)。その他にはスナップショットスコパー25mmF4とカラーヘリアー75mmF2.5で撮影。

2006年4月 沖縄旅行

  • 赤壁
    買いたてのR-D1を片手に沖縄をうろついた時の写真です。 レンズは基本的にフォクトレンダーのUltron35mmF1.7。広角に写っているのはUltraWide-Hrliar12mmF5.6。飛行機の撮影など、一部望遠はNokton50mmF1.5。

2006年4月 三浦半島一周

  • トンネル入口
     三浦半島一周の旅ですが、お伴にR-D1も持っていきました。  この手の負担の大きい旅ではF10といった軽いデジカメの方が適しているんですが、買ったばかりだし(^^;)、カメラとして楽しむならこちらの方がいいですしねぇ…。  そんなわけでウェストポーチで出動です。カメラ用ポーチというのがあるんですな。一眼レフも入るタイプなので、スリムなR-D1だとレンズを数個入れてもまだ余裕があったりします。  ただ、便利ではあるんですが、ちょっとデカいんですよね。カメラが入る以上、仕方ないのですが。今回はまだ涼しかったから良いですが、今後は考えないといけないかもしれません。ムレるかも。  …で、レンズはウルトラワイド・ヘリアー12mmF5.6、Jupiter-12(35mm)といったところ。実はアベノン28mmも持っていましたが、今回は使いませんでした。 ※工事現場の写真、その3とその4が入れ替わっちゃってますが、そこらへんはうまく数字順に読んでください(^^;)。

« 自画像の難しさ | トップページ | WBSネタ »

2006/01/20

いよいよ出たね、新Video Collection

アドビ、HDV対応「Premiere Pro 2.0」など映像関連ソフト
-統合型「Production Studio」で連携を強化

 出ましたな。2年ぶりか?>バージョンアップ

 ちょっとまだ新機能は把握していない。

 ただそれ以上にソフトの構成が目につく。…あの、Adobe Creative Suitesとカブるんですけれど>PhotoShop&Illustrator。Creative SuitesユーザーとProduction Studioユーザーはカブらない…という判断なのでしょうか?

 …な、なんか納得いかねぇ…。


 しかし別の見方をすると、若干事情が異なってくる。

 Video Collection StandardからのPremium版アップグレードが123,900 円(税込)で、Standard版へは81,900 円(税込)となる。

 従来ユーザーから見てStandard版からPremium版に移るメリットとしてはAfter Effects 7.0がProfessionalになるわけだが、その割には差額が42,000円と、実はオトクなコースなのではないかと。

 あ、でもアドビストアの「Windows版 Adobe After Effects 7.0 Professional 日本語版 アップグレード」を見てみると、71,400 円(税込)ってなってるな。昔は10万くらいしなかったか?まぁそれでもオトクか…。

 Video Collection Standardから各ソフトのアップグレード(+PhotoShopとIllustratorのライセンス)に対して81,900 円の価値を見いだし、かつAF Proに42,000円でアップグレードできる…というメリットを見いだせるかどうかがカギだなぁ(個人ユーザー。法人ユーザーは問答無用でしょう(^^;))。

 Encore DVD 2.0によるフローチャート形式のメニュー画面の作成は便利そうだしなぁ…。


 まぁでもすぐにはぽんぽん映像作成しないし(しなさいよ(^^;))、しかしアップグレード価格も期間限定というわけでもなさそうだし、お金が貯まってからでいいか。

 しかしVideo Collection買ってから一度もAF使ってないしなぁ(^^;)他は結構使っているのだが、必要とするシーン設定の機会が…。

 また、PhotoShopとIllustratorがカブるのは、考えてみればマシンが3台あるんで、ライセンス考えるとちょうど良いかもしれづ(^^;)。

 ところで話は変わるが、最近「4k」と言われる映像を見た。

 1kが横解像度1024ドットの意らしく、4kはHDTVの4倍の解像度を指し示す、次期ハイビジョン…とかいう規格らしい。詳しいことはわからないけれど(^^;)、しかし規格としてはハリウッドでも最近なんとかという共通規格化がされて、今後高解像度録画、もしくは公開などで使用される規格っぽい。

 実際、六本木ヒルズのどこぞのリアプロ劇場はその規格で現在ハリポタを公開しているらしい(大阪にも1カ所あるらしい)。

 私が見たのは非圧縮4k映像というもので、大きなシンポジウム会場で後ろの方からスクリーンを眺めただけなので詳しくは見ていないが、遠隔地の演題に立つ人を映し出した映像はあきらかに高解像度のPowerPointなどのスライドをさらにしのぐ(なんつっても横4096だからね)鮮明さで、度肝を抜かれた。もっと近くの席で見ていたらどうだったろう。

 昔、超高解像度HDTVブラウン管モニタで見た無圧縮ハイビジョン映像(対応したカメラによる撮影素材)を見たとき並みの衝撃だったな。あ、でも4kの映像見たのはそれがはじめてじゃないな。1回友人と見た覚えがあるが、なんか変な映像だったので、綺麗さがわかっても衝撃が伝わってくるような代物ではなかった(^^;)ね、しゃおらどん。

 ただ、今回は「遠隔地講義」を想定したデモを見たんだけれど、単に講演台にたたずむ講演者、またその周りにある本や各資料などが無造作に置いてあるだけの映像なのに、妙に「そこにある」という説得力に満ちている。

 おそらくSD映像だと「そこにそういうものが見えている」という感覚なのだろうが、4kだとそのディティール描写などが圧倒的で、講演者が「この資料は」と指し示した日には、カメラがズームしなくてもこちらが双眼鏡で確かめたくなるくらいの強烈さ(^^;)意味不明。

 まぁ、せっかくの高解像度をただ、カメラをフィックスして講義を映すだけ…ということになんの意味があるのだろうか…と見ない内は思うのだが、その圧倒的な描写力はそれだけで価値を持つものなのだな…と思った次第。

 …でも圧縮されていたらまた別かな?


 ちなみ、映画撮影機材で撮った素材をフィルムスキャンして4kに直した、四季などを写した映像も見せられたけれど、色深度の違いとかなんやかんやで、微妙に色あせている感じがして、無圧縮ながら先の映像素材なみの感動は無かったなぁ…。

 明らかに通常の映写よりも解像度は違うんだけれども。

 そういえば、ちゃんと4k対応したカメラで撮った、別の四季映像はすさまじかった。解像度が高すぎると、そういうところまで明確に差が出てくるのかも。


 また、4kフルCG映像というのも見た。どこが作ったかは覚えてないが、タツノコの名があったのは覚えている。タツノコI.G.でなかったのは、「ストーリー作成」の担当だったからか?

 これまたあまり感動はなかったのだが、考えてみれば横4096なんて映像素材をフルCG(それも3D)で作っているんだから、感動しろよ>をれ…って感じなのだが、先の映像を先に見せられるとね(^^;)。

 無論、よく作り込まれていて「HDTV用のテクスチャ素材を貼ったモデルを4kでレンダリングし直しました」というものではなく、ちゃんときっちし作られていた印象だが、逆に3DCGの場合はしっくり作り込まれすぎて、細部まで「整って」しまい、高解像度が逆に活かされてないかもしれないなぁ。

 自然の風景はフラクタルに「不整」な部分が細部までしっかりととらえられる分、高解像度が活きているわけで…。

 ただ、そのほかに銀河系を遠景からとらえ、ワンカットでカメラがその中心部にぐーっと寄っていく映像も見せられたんだけれど、さすがにそちらはパーティクルが細かい分、すっげぇ綺麗。圧倒、引き込まれる。やはり素材をシビアに選ばれる規格なのかも。


 で、ここで閑話休題。

 実は話の本題はそういうことではない(^^;)。

 聞いた話だが、現在4kの映像を作成するにあたり、HDTV規格を利用しているらしい。

06012003 どういうことかというと、HDTVの4倍の規格ということもあり、4k画像を格子状に4分割し、おのおのの信号をHDTVとして保存するらしい。右はおおざっぱだけど、…大体こんな感じでない?(^^;)

 …なので、カメラ自体は4k規格のオリジナルなカメラである必要があるわけだが、その信号を記録するレコーダーはHDTV規格のものを4台…ということらしい。

 つまり編集するときはその「4つのHDTV映像を、同期をとれるようにして別途編集」し、映写時にまた格子状に組み合わせればいいだけ…ということらしい。

 …で、気になったのが最初のアドビ製品のページの中でのPremiereProのサンプル画像の一つ。HTDV映像を「4トラックを同時に表示してプレビュー/編集可能」とありますねぇ…。

 将来的に4kも編集可能になるんじゃない?(^^;)えらく長い前フリだなぁ…。

« 自画像の難しさ | トップページ | WBSネタ »

コメント

前略、先日はおもいっきり間違ってすみません。

タツノコの「カラス」1xHD(1960*1080ですら、
ものすごく「見えること」に苦しんだと。
先輩の吉田伊織氏が記事書いてるはずなので、
返本されたばかりの雑誌探してください。
http://www.stereosound.co.jp/hivi/hivi-bn/bn/0601.html

>レコーダーはHDTV規格のものを4台
確かにHDDレコーダを4並列で走らせて、
長蛇の列を作らせてた技研公開は観てる。
分割は色差成分だったか詳細は
忘れたけど、決して区間分割は無いぞ。

>将来的に4kも編集可能
普通はSDワークテープ作って下編集するって。

只でさえワークがHD現行規格だったら、
酔うまで行かなくてもかなりつらいとおもう。
(でもラッシュや初号試写というフィルム流儀が
必要になるのは仕方ない。
何かゴミや見切れ(正しくは余分に写ってる)
の確認としてスクリーンが欠かせないから。)

劇場有料公開に使ってるのはこの機種
http://www.ecat.sony.co.jp/visual/projector/products/index.cfm?PD=22177&KM=SRX-R105
万博で使ったのとは別物だから一応。
http://www.nhk.or.jp/strl/group/tv/index.html

4分割はプロジェクターの制御だけか?少なくともプロジェクターの制御PCの画面上では当社画面を4分割して制御していたぞ。

んでも中継時、1/4画面がフリーズしたりしていたので、その単位で転送していたりするんじゃないの?

あ、いや、プロジェクター自体のトラブルってこともあるか。

しかし技術者から「カメラで撮影したデータは4分割してHDTV機器に記録」って軽く聞いたんだけれどなぁ…。

…はっ!?軽くあしらわれたのかっ!?(^^;)

あぎゅ、迂闊でした見事。どうにも直らず。
atm(非同期)網で無圧縮HDを伝送するのは
既存ので、そこを田の字に4並列して、ですね。
だと記録出しも、タイムコード同期だけか。
つっかえる理由は不明。そのPC上では
横取りで監視してるだけで、追いつかなくて
映せていないなら、支えても問題ない。

premire2のやつはABCDロールといっても、
まだ混ぜる効果は別作業でないと、でしょ?。
いっそどこまで作業に耐えるのかは、
データの流量や流速を見越してでないと

リアプロは御用ね。スクリーンの見る面に対して
前・後(透過)だから、お客様の後ろじゃない。
更にT-JOYなど既存のデジタル上映は、きっちり
圧縮かけて1xHD以上フィルム並かつブレ無い品質。
映写機然としたランプハウス外付けの機械で、
HDD暗号復元機構つき送出機もデファクト機種なり。

あ…、相変わらず読みにくいですが、ともかく「田」の字の4分割の方で…ってことで?

PremierePro2は単に4画面の表示くらいはできるようになった…って現状の確認で、今4kがどうこう…って話ではないです。将来、さらに各パーツのスペックがあがっていったら、家庭用PCでも4k映像の編集も…って、どんな必要性やねん(^^;)。

六本木の「リアプロ」劇場ってのは勢いで「リアプロ」と書いてしまいました。すんません単に「プロジェクター」の意味のつもりでした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27753/8245339

この記事へのトラックバック一覧です: いよいよ出たね、新Video Collection:

» [davics:3955] After Effect 7.0について [DAVICS共同ブログ]
Premiere Proの話題が一段落したようなので… After Effectsのバージョン7.0が発表されましたが、皆さんどう思われますか? 期待するところなど語っていただければ。 ちなみに、AEってどんなソフト?というような質問でもOKです。 AdobeのWebにおけるAfter Effe..... [続きを読む]

« 自画像の難しさ | トップページ | WBSネタ »