2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

関連リンク

 


検索


  • Google


    WWW を検索
    とめどなく雑記 を検索

写真ピックアップ2012/04-05

  • 夜の桜
    2009年初頭までは定期的に写真を掲載していたのですが、その後サボってしまいました。写真自体は折を見て撮影していたので、現在からお気に入りなどをピックアップして掲載していきます。ファイル名は特に撮影時期ではありませんので念のため。

2009年1・2・3月撮影分

  • L1000050
    2009年になっても相変わらずぶらぶら撮った写真に終始すると思いますが、ご勘弁のほどを(^^;)。

2008年10・11・12月撮影分

  • 皆が見ないコミケの顔・その5
    D-LUX4も加わっての、バラエティに富んだ写真アルバムに…なるはず?ただ、MPはフィルムなので、掲載する予定はありません。

2008年7・8・9月撮影分

  • 祭り
    一番忙しい四半期につき、写真は少なめになるかと思います。とはいえ、新レンズを使ったりして多少浮かれてはいるかな?(^^;)

2008年4・5・6月撮影分

  • 単線のある風景
    4、5、6月分です。特に説明も無いのですが…(^^;)。まぁのんびりスナップをアップしていく…予定かと。

2008年1・2・3月撮影分

  • 円覚寺・その4
    相変わらずぶらぶら撮っています。面倒なんで、これからは3か月分、まとめようかな。

2007年10・11・12月撮影分

  • 来年に向かって歩く
    相変わらずぶらぶら撮ったものです。あまりにもとりとめなく撮ったので、3ヶ月分まとめさせていただきます(^^;)。

2007年9月撮影分

  • 機上から見る雲
    9月撮影分です。主に久米島旅行で撮った写真になっています。

2007年4・5・6・7・8月撮影分

  • 夏の海
    相変わらずぶらぶら撮った写真です。ちなみにコミケの写真は入っていません。

2007年1・2・3月撮影分

  • 桜の風景・その11
    まだまだのんびり写真です(^^;)。なんか、撮っているのも楽しいですが、現像も楽しいですね。

2006年12月撮影分

  • 築地の町並み
    相変わらずR-D1メインでぶらぶら撮影したものを掲載していきます。紅葉も都心の方まで降りてきていますので、当初はそれを中心に…といったところになるかな?

2006年11月撮影分

  • P1020232
    距離計の狂いから一時期修理に出していたR-D1が帰ってきたので、ちらほらと撮影したものをアップします。
    でもなーんかぎこちないというか…写真に対する自分なりの立脚点がしっかりしてないというか…(^^;)。
    個人的にはしっかり楽しんでいるのでいいとは思うんですけれどね(^^;)。

2006年9月 石垣島周辺旅行

  • 車に積まれたエンジン
    9月下旬に石垣島及び周辺離島を旅してきたときの写真です。
    カメラはR-D1を修理に出していたので、LC1とF10です。Exifん時に機種が書いてないのはLC1と見てください(RAWを現像・エディットして保存すると、さすがにExifデータが残らないみたい)。明るいときにはLC1にはND8のフィルターを装着しています。

2006年6月撮影分

  • 富士山を臨む
    6月撮影分です。ちょこまかと撮っているのをあげていきます。
    色々なレンズも出てきますが、だいたい使うレンズが決まりつつあるような…。

2006年5月撮影分

  • 深川の風景
     ちょっと細かな撮影が入り組んでいる月なので、まとめてのアルバムにします。
     まず最初はくらやみ祭り。のんびり行ったせいか、人垣を越えられず、てんで山車とかの写真はありませんので、期待しないように(^^;)。
     次に有楽町あたりをぶらぶら歩きながら撮った写真、お台場や川越などと、色々取り混ぜてあります。

2006年4月 浅草・皇居前広場・銀座等

  • 紅い店先
    まだR-D1に慣れていないので、運動がてら、色々テスト撮影。その途上、Jupiter-12 35mmF2.8やアベノン28mmF3.5を買ってしまったり(^^;)。その他にはスナップショットスコパー25mmF4とカラーヘリアー75mmF2.5で撮影。

2006年4月 沖縄旅行

  • 赤壁
    買いたてのR-D1を片手に沖縄をうろついた時の写真です。 レンズは基本的にフォクトレンダーのUltron35mmF1.7。広角に写っているのはUltraWide-Hrliar12mmF5.6。飛行機の撮影など、一部望遠はNokton50mmF1.5。

2006年4月 三浦半島一周

  • トンネル入口
     三浦半島一周の旅ですが、お伴にR-D1も持っていきました。  この手の負担の大きい旅ではF10といった軽いデジカメの方が適しているんですが、買ったばかりだし(^^;)、カメラとして楽しむならこちらの方がいいですしねぇ…。  そんなわけでウェストポーチで出動です。カメラ用ポーチというのがあるんですな。一眼レフも入るタイプなので、スリムなR-D1だとレンズを数個入れてもまだ余裕があったりします。  ただ、便利ではあるんですが、ちょっとデカいんですよね。カメラが入る以上、仕方ないのですが。今回はまだ涼しかったから良いですが、今後は考えないといけないかもしれません。ムレるかも。  …で、レンズはウルトラワイド・ヘリアー12mmF5.6、Jupiter-12(35mm)といったところ。実はアベノン28mmも持っていましたが、今回は使いませんでした。 ※工事現場の写真、その3とその4が入れ替わっちゃってますが、そこらへんはうまく数字順に読んでください(^^;)。

« @niftyに帰れ | トップページ | 1時間半で35% »

2006/01/22

雪の浅草、タイルの向こうの雪

06012201

  21日は東京でも記録的な大雪が降った。「記録的」とは「5年ぶりの大雪」ということなんだけれども、 まぁ北国に比べればおそらく微々たるものだろう。

 それでも、雪に対してあまり対策の施されていない東京にあっては、「大雪」であり、大体の予定がキャンセルされる大事だったりする。

 当然週末、「週一40km」を掲げている私としても、その予定をキャンセルせねばならない状態。仕方なく家でのんびり絵でも描こうかな… と思っていたところでかかってきた電話が某氏の「どこかでかけない?」というお言葉。

 しかし、確かに例年こういった雪の場合は奥多摩やら御岳山とか行っていた身ながら、もうすぐ昼の12時になろうか… というところでは郊外への移動はちょっとめんどい。

 …ので、「ノート用のメモリを買いに行かねばならない」という他の某氏の用事にかこつけて、都内の温泉でも行ってみようか…ということに。

 …こないだ草津行ったばかりだというのに懲りないな(^^;)。

  幸いにも、多少雪による混乱があるとはいえ、公共交通機関を用いての移動は可能だったため、 大抵のところには行けた。

 むしろ、雪のために外出を控えた人も多いらしく、むしろ電車内など快適なくらい(^^;)。

 ともかく石神井公園経由で池袋に向かい、まずはノートPC用メモリを確保。さて、どうしたものか。

 実は個人的に好みの温泉に「としまえん」がある。あそこに併設されている温泉が結構綺麗な庭があり、 それを眺めながらの入浴というのが気持ちいい。

06012203  特にその庭に、五右衛門風呂ではないが、一人用の丸い湯船があって、 その庭の中での入浴というのが非常に気持ちよく、それが雪の中…というのがいったいどーいうものか…という感じ。

 もっとも、雪の中の入浴ってば、それこそこないだ草津で体験したばかりだし、「としまえん」が集合場所の石神井公園と移動場所の池袋の間… という位置であるので「戻る」というちと後ろ向きな行動だったり(^^;)なんじゃそりゃ、入浴料が館内着・ タオル等込みでも2千円以上と高価だったりすることもあり、今回はちと遠慮。

 いろいろ検討した結果、浅草温泉に行くことに落ち着いたり。いやまぁ、安くて気軽…ってーと、 そこくらいしか思いつかなかったもんで(^^;)。

06012204  関係ないけれど、その検討をしたのが昼飯を兼ねた大戸屋なんだけれど、 はじめて入ったけれど、安価で和食で、ヘルシーで多彩で…いいねー(^^;)。

 うちの近くか職場の近くにできてくれねぇかしら?(^^;)

06012205  まぁそれはそれとして、地下鉄で浅草へ行くと、そこは雪景色の浅草寺。ああそうか。 温泉入りたい、入りたい…とそちらばかり気持ちが一杯だったが、考えてみれば雪をかぶったお寺…ってもんもあったのね。

 思わず写真、撮りまくり。

06012206  撮りまくり過ぎて思わず屋台で焼きそばとビールを一杯(^^;)。

 いや~、やっぱこの誘惑には勝てません。ビール一缶、500円という価格ですが、これがまた美味い(^^;)。

 友人はワンカップ大関500円でしたけれど、それも美味いわ、もつ煮込み、焼きそばも美味い美味い。

 まさに大雪マジック(^^;)。

 そんなのらりくらりと浅草をうろつきつつ、当初の目的の浅草温泉をめざしたのが大体午後4時。遊びすぎだって(^^;)。

 まぁ外でうろついて冷えた身体をあっためるにはちょうどいいんじゃない?…ってことで温泉の前に立つと…、

06012207

  ぐあああああっ!?今、その4時ですけどーっ!!??

06012208  呆然とする我々。ちょっとこの事態はしゃれにならない。本当に身体冷えていたから… (いや数人、ちょっと酒でほんのりしていたのもいましたが(^^;)、一人は完全に冷えていたしなぁ…)。

 頼み込んで…ってわけにもいかず、戻るわけにもいかず、さてどうしたものか…というとき、ふと思い出した浅草番組。

 いずれ浅草を歩くツアーでも組もうかと名所などを調べていて、某テレビ番組で、浅草の銭湯を紹介していたのを思い出した。 温泉ではないけれど、ここの他に身体を温められる風呂があったはずだ!

06012209  …で、聞き込みの結果、ほどなくここを発見。こちらは順当中に営業中。ほっ。

06012210  こちらは温泉でなく、ただの銭湯なんだけれど、冷えた身体にはもはやそれはどちらでも良く、 ともかく入浴しなければ…と。

 ただ、落ち着いてよく見てみると、なんか昔の記憶にある「銭湯」という風景がしっかり残っている銭湯であり、 男湯も女湯ともつながっている番台があったり、湯船の上には富士山の絵がでかでかと掲げられていたり、非常に「銭湯」。 なにやら近々テレビのロケもあるらしく、どうもなんどもそういうのに使われているっぽいのだが、それもよくわかる。

 逆にそういう雰囲気をほとんど貸し切り状態で味わえたので、それはそれで良かったかも(^^;)。

 窓の向こうにかすかに見える降雪で、一応「雪見風呂」も体験できたし(^^;)。

06012211  そして帰りに見たのがライトアップされた浅草寺。暗闇の中に浮かび上がる建物と、 ライトが当たる降雪、雪景色。なかなか幻想的な光景でありました。

06012212  降雪を見上げながらの建物撮影ってば、その奥行き表現の強調とかに…ならないかしらん? (^^;)この解像度だと無理か…

 F10で撮ったんだけれど、F11の、マニュアル機能(シャッタースピード優先)とか使いたかったな…。

06012213  また、ライティングが幻想的になるので、 シルエットとかが活きる構図の写真にもなるのよね。

06012214  ま、そんなこんなで雪の都内を堪能してきました。

 昔だったら郊外で雪にまみれて遊んでいたところなんですけれど、若干日和ったかなぁ…と思うところもあるものの(^^;)、 まぁ諸々予定が合わなかったんだから仕方ないじゃん…ってことで。

 いやいや、いつかまた、奥多摩の、滝に行くために氷のはる川をざぶざぶ渡る…という、あの伝説のツアーを復活させたいな(^^;)。 今考えれば、週間天気予報で週末の雪はわかっていたんだから、決行するしないは別にして、声をかけて予定ぐらい立てておけば良かったな… (^^;)。


#余談:
 「浅草に行ったら江戸もんじゃ」と今年の目標にしていたのだが、閉まっていた(^^;)。いや、 午後4時時点では開いていたのを確認したのだが、寒くて「風呂が先」と後回しにしてしまったため、午後5時過ぎには閉店してしまったと… (;_;)。こ…今度こそ!


  こう大雪になると、困るのは人間だけでないらしい。鳩も寒さと雪で居場所が無く、人間がいるのに店頭などに避難する有様。

06012215 その様子を撮ろうとしたところ、ちょうど店員が追い出しにかかったところで、 追い出された鳩を激写!右のようになった次第(^^;)。

 ピンがあってないけれど、そこに両者のあわてっぷりを見いだしてください(^^;)。


 ちなみに、浅草みやげはまた亀十のどら焼き。もう私の中で定番になりつつある(^^;)。でも高いんだよなぁ…(;_;)。

 

« @niftyに帰れ | トップページ | 1時間半で35% »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27753/8281921

この記事へのトラックバック一覧です: 雪の浅草、タイルの向こうの雪:

« @niftyに帰れ | トップページ | 1時間半で35% »