2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

関連リンク

 


検索


  • Google


    WWW を検索
    とめどなく雑記 を検索

写真ピックアップ2012/04-05

  • 夜の桜
    2009年初頭までは定期的に写真を掲載していたのですが、その後サボってしまいました。写真自体は折を見て撮影していたので、現在からお気に入りなどをピックアップして掲載していきます。ファイル名は特に撮影時期ではありませんので念のため。

2009年1・2・3月撮影分

  • L1000050
    2009年になっても相変わらずぶらぶら撮った写真に終始すると思いますが、ご勘弁のほどを(^^;)。

2008年10・11・12月撮影分

  • 皆が見ないコミケの顔・その5
    D-LUX4も加わっての、バラエティに富んだ写真アルバムに…なるはず?ただ、MPはフィルムなので、掲載する予定はありません。

2008年7・8・9月撮影分

  • 祭り
    一番忙しい四半期につき、写真は少なめになるかと思います。とはいえ、新レンズを使ったりして多少浮かれてはいるかな?(^^;)

2008年4・5・6月撮影分

  • 単線のある風景
    4、5、6月分です。特に説明も無いのですが…(^^;)。まぁのんびりスナップをアップしていく…予定かと。

2008年1・2・3月撮影分

  • 円覚寺・その4
    相変わらずぶらぶら撮っています。面倒なんで、これからは3か月分、まとめようかな。

2007年10・11・12月撮影分

  • 来年に向かって歩く
    相変わらずぶらぶら撮ったものです。あまりにもとりとめなく撮ったので、3ヶ月分まとめさせていただきます(^^;)。

2007年9月撮影分

  • 機上から見る雲
    9月撮影分です。主に久米島旅行で撮った写真になっています。

2007年4・5・6・7・8月撮影分

  • 夏の海
    相変わらずぶらぶら撮った写真です。ちなみにコミケの写真は入っていません。

2007年1・2・3月撮影分

  • 桜の風景・その11
    まだまだのんびり写真です(^^;)。なんか、撮っているのも楽しいですが、現像も楽しいですね。

2006年12月撮影分

  • 築地の町並み
    相変わらずR-D1メインでぶらぶら撮影したものを掲載していきます。紅葉も都心の方まで降りてきていますので、当初はそれを中心に…といったところになるかな?

2006年11月撮影分

  • P1020232
    距離計の狂いから一時期修理に出していたR-D1が帰ってきたので、ちらほらと撮影したものをアップします。
    でもなーんかぎこちないというか…写真に対する自分なりの立脚点がしっかりしてないというか…(^^;)。
    個人的にはしっかり楽しんでいるのでいいとは思うんですけれどね(^^;)。

2006年9月 石垣島周辺旅行

  • 車に積まれたエンジン
    9月下旬に石垣島及び周辺離島を旅してきたときの写真です。
    カメラはR-D1を修理に出していたので、LC1とF10です。Exifん時に機種が書いてないのはLC1と見てください(RAWを現像・エディットして保存すると、さすがにExifデータが残らないみたい)。明るいときにはLC1にはND8のフィルターを装着しています。

2006年6月撮影分

  • 富士山を臨む
    6月撮影分です。ちょこまかと撮っているのをあげていきます。
    色々なレンズも出てきますが、だいたい使うレンズが決まりつつあるような…。

2006年5月撮影分

  • 深川の風景
     ちょっと細かな撮影が入り組んでいる月なので、まとめてのアルバムにします。
     まず最初はくらやみ祭り。のんびり行ったせいか、人垣を越えられず、てんで山車とかの写真はありませんので、期待しないように(^^;)。
     次に有楽町あたりをぶらぶら歩きながら撮った写真、お台場や川越などと、色々取り混ぜてあります。

2006年4月 浅草・皇居前広場・銀座等

  • 紅い店先
    まだR-D1に慣れていないので、運動がてら、色々テスト撮影。その途上、Jupiter-12 35mmF2.8やアベノン28mmF3.5を買ってしまったり(^^;)。その他にはスナップショットスコパー25mmF4とカラーヘリアー75mmF2.5で撮影。

2006年4月 沖縄旅行

  • 赤壁
    買いたてのR-D1を片手に沖縄をうろついた時の写真です。 レンズは基本的にフォクトレンダーのUltron35mmF1.7。広角に写っているのはUltraWide-Hrliar12mmF5.6。飛行機の撮影など、一部望遠はNokton50mmF1.5。

2006年4月 三浦半島一周

  • トンネル入口
     三浦半島一周の旅ですが、お伴にR-D1も持っていきました。  この手の負担の大きい旅ではF10といった軽いデジカメの方が適しているんですが、買ったばかりだし(^^;)、カメラとして楽しむならこちらの方がいいですしねぇ…。  そんなわけでウェストポーチで出動です。カメラ用ポーチというのがあるんですな。一眼レフも入るタイプなので、スリムなR-D1だとレンズを数個入れてもまだ余裕があったりします。  ただ、便利ではあるんですが、ちょっとデカいんですよね。カメラが入る以上、仕方ないのですが。今回はまだ涼しかったから良いですが、今後は考えないといけないかもしれません。ムレるかも。  …で、レンズはウルトラワイド・ヘリアー12mmF5.6、Jupiter-12(35mm)といったところ。実はアベノン28mmも持っていましたが、今回は使いませんでした。 ※工事現場の写真、その3とその4が入れ替わっちゃってますが、そこらへんはうまく数字順に読んでください(^^;)。

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006/01/31

どうしようかな、輪行本…

 最初は友人との写真を収録したメモリアルオフセット本製作を目指していたものの、50部からの印刷のそれともなると、関係者分以外の在庫の処分を考えれば一般領布を検討せねばならず、そのニーズに対応した内容を付加するために、「輪行啓蒙」という内容の内包を考慮し、その手段として自分の得意分野の「絵」を使用しての紙面作りを検討すれば、自然と漫画形式でのそれの収録が必然となり、そのためのキャラクター作りを考えはじめると自ずとわいてくる愛着…。

 なんか最近、写真掲載なんかどーでもいいかー…という気が…(^^;)ぉぃ。まぁ、輪行例としての写真は掲載したいのだが。

 …っつーか、横道に逸れて、「萌ぇ輪」とか描きたくなってくる欲求…(^^;)なんじゃそりゃ。…頑張って別冊とか作れってか。…っていうか、それを主目的にするか?(^^;)ぉぃぉぃ

 ああ、ページ構成検討にはそれ用のアイデアマスターの登場を待っているが、その間にどんどんコンセプトが頭ん中の混迷の渦の中に…。早く来てくれ、アイデアマスター!

 …まぁ今週はそういう雑念を忘れ、キャラデザとサークルカット作成を主眼にしなければ…。

欠落する持続力

 最近、ニンテンドーDSをいじっていない。

 なんかもう、X41Tで絵を描くのが楽しくって楽しくって…。確か大人の脳のトレーニングを続けていたと思うのだが、すっかりのなまけっぷり。

 まぁ絵を描く作業は前頭葉を使うので、それなりに脳の運動はしているとは思うのだが、偏ってはいるな(^^;)。

 実はある人に「英語の勉強、せんかい!」とまくしたてられていて、それにうってつけの「えいご漬け」というのを挙げられたが、それが続けられるのか、自信が持てない(^^;)。

 …っていうか、PC版のそのソフト、持っていたよな?>をれ(^^;) やはりそちらも三日坊主…。あー…、やっぱ無理かなぁ…。

 でも俺なんて、絵を描いてなんぼ、だし…。

絵描きの資質

 職場の一部の人には、おいらが絵が描ける…というのはバレてる。…っていうか、一部ノベルティグッズに絵を提供しているしねぇ。

 まぁ、あまり知れ渡っていないみたいだけれど。

 おかげでそれは一部の人の認識でとどまっており、あまりおいらには「絵描き」というイメージはないらしい。

 そんな中(?)、ちと離れた部屋に新しい人がやってきた。俺のよく知っている人と同室なので、ちょっと遊びに行ってみたが、…まぁいつものフランクなおいら(^^;)。

 つとめて明るく振る舞っていた(?)ので、ちょっと明るい印象を与えられたかな?>新人

 で、おいらが去った後、その新人に「今の人はこれを描いた人なの」…と、以前おいらが作った職場のノベルティグッズ(キャラものっぽい(^^;))を指し示した人がいたらしい。

 すると、「えっ!?あの人が描いたんですか?こういう絵って、電車男とかに出てくるアキバ系が描くものだと思ってました。あんなさわやかな人が描いているとは思いませんでした!」と言ったとか。

 聞いたか、てめーら!(^^;)ぉぃ

 …何を書きたい記事なんだか…(^^;)。

ジンギスカン・キャラメルの次はこれだ!

 知っている人は知っている、あの悪評高きジンギスカン・キャラメル…。

 あの一世を風靡した(?)あの味を継ぐもの…。実は、私はその次の候補を知っている…。


 以前に銀座あたりの「アンテナショップ」界隈の話を書いた。まさに、「アンテナショップ銀座」(^^;)誰か座布団をください。

 そのあたりをうろついていたとき、ふと目にとまったのがわかやま喜集館・和歌山県アンテナショップ

 和歌山…。ええ、当然頭の中の地図では場所が特定されていません(^^;)。

 しかしその喜集館でリサーチした結果、これからのイチオシが判明!


 それが備長炭!!


 …あー、いや。以前からなんですけれど(^^;)。

 しかし今、備長炭を侮ってはいけない。アニメ「びんちょうタン」が始まる今、その秘めたるパワーは計り知れない。

06013102  …そう、その秘めたるパワーを持つもう一つがこれ!備長炭之飴! !

 以前これを渡して食わせた人が数人いるんだけれど、もだえながらもなんとか食えた人、途中で挫折した人、多数!

 再び食した人は、皆無!…俺以外は(^^;)。俺は妙に気に入っちゃっていたりします。

 食う人をものすごく選び、しかし、なんだかんだで身体には良い(ハズ)なこの飴、 その衝撃的な味はジンギスカンキャラメルに決して負けるとも劣りません!…っていうか、身体に良い分、有利(^^;)なにが?。

 そしてこれが先の喜集館で手に入りますので、是非どうぞ~!(^^;)近々、また買いに行かないとなぁ…。

 あ、そうそう。↑はキワモノですが、そのほかの備長炭関係の食物は結構イケます。

06013103  クッキーやマカロンあたりは万人に受け入れられます。

06013104  クッキーは見かけ、まさしく炭ですが、結構美味しいので、 まずはこちらをお試しあれ~(^^;)。

 …とりあえずまかり間違って、びんちょうタンブーム…から始まって、備長炭ブーム、あるいは和歌山ブームが始まるかもしれないから、 その前に情報発信しておこう、うん(^^;)意味不明。

2006/01/30

あ、そういえば

 そろそろ夏コミの申し込み時期か…、確か。

 えーと…(申し込み冊子を見る)、ああ、もう振り込みはしていいのか。ただ、「配置用データの送付期間」が2月6日から2月13日とあるな。この期間に早めに済ませておこう。

 まだ全然手順を確認していないが、今回からオンライン申し込みというのがあるらしいので、それを利用してみようかな。しかし期間の終わりになってくると、負荷が多くなってオンラインシステムに障害が出たりしないかな…?(^^;)

 …早く済まそう。

 まぁそのための基本データはとっくに出来ているんだけれど、あとはジャンルコードとサークルカットか。

 ジャンルは「鉄道・旅行・メカミリ」の609か?自転車というと「スポーツ」の705という気もするが、なんつっても「輪行」とか、自転車での気軽な旅の提案なので、あくせくした「スポーツ」よりも「旅行」の手段としてとらえてもらいたい気持ちから、やっぱ609という気が…。

 サークルカットは…デジタル申し込みを確認してとっとと描かなければ…。ただ、まだキャラが固まってないんだよなぁ(^^;)。

06013101 女の子2人組にしたい欲求が出てきたので、前回までのキャラをちょっと忘れて、改めて「2人組」ということでデザインし直してみたのが右。…実はコンセプトも何も無いんだけれど、対にしてデザインしようと思うと意外とすんなり描けたり。…謎(^^;)。

 まぁもう少しブラッシュアップして、カットに結びつけ、かつ本編の製作もしなければ…。

#気がつけば、最近「輪行」してねぇなぁ。目的地まで走ってしまっているぞ(^^;)。最後の輪行って、ひょっとしたら去年の宮古島かもしれづ…。

 …あえて、なにか輪行したいかも…。

ある意味、業務連絡

 えー、この記事は某みるきぃ関係者限定の内容ですので、関係や以外の方は読まれてもわからないと思います。読み飛ばしてください。

 逆に言えば、関係者はよく読んでおくように。


 TMXくんが広島に帰られるそうです。詳しいことは機会を作るので(後述)本人に聞いていただくとして、一応聞いた限りではコミケでは上京してくるし、それ以外の何かでも上京してくるつもりだ…っつーので、「名古屋時代のROUさん」みたいなイメージが強く、あまり今までの接触回数と変わらないんじゃねーかという気もなきにしもあらず(^^;)鎌倉花見オフも来る…つってるしなぁ…(鎌倉とは限らないが…(^^;)ぉぃ)。

 まぁでもせっかくなので(?)、記念オフっつーかミーティングでも行いたいと思います。

 思い出の深いオフの再現がいいかなー…と思ったので聞いてみると「冬滝」とか言われていますので、

・雪が降るのを待つ
・雪に関係なく行く
・まぁ御岳山でいいじゃん(ただし下山だけでもスピード徒歩(謎(^^;)極一部理解))
・奥多摩湖周遊散歩でお茶を濁す
・脈絡無く三崎口

 …ってあたりで考えています(^^;)アバウトだなぁ。

 あるいはアンミラ…って手もありますが、なんかのんべんだらりとしている印象もあるので、やはり身体に覚えさせておかないと(^^;)何を?。

 あ、今後の打ち合わせは、いつもの掲示板の方で…。


 ちなみに、広島ですが、比較的簡単に誕生日割引航空チケットとか手に入りそうですねぇ…(^^;)往復2万かぁ…。広島は何が美味いのかなぁ?面白いのかなぁ?(^^;)

カレーの増殖

 そういえば何かの検索をしていて知ったんだけれど、カレーのスプーンが国分寺南口にもできた!(どんな検索してたんや?(^^;))

 西国分寺は結構遠回りだったので、こういう近場にできるのはありがたいね。

 毎週通う…ってことは味に飽きやすい身としては避けなければならないけれど(^^;)、食いたい…って時によりやすくなったのは確か。

 …で、一応下見も済ませていたり(^^;)。西国分寺店は狭いことで有名だったけれど、国分寺店は広い…っていうか、なんかスナック風(^^;)元店舗?。まぁおかげで結構ゆったり食べられるかな。

 メニューはほとんど変わらないみたいだけれど、お気に入りのツナサラダが無いのはちょっとショック(^^;)まぁいいけど。また、日替わりメニューが2店舗、リンクしているのかは不明。リンクする理由がないと思うので、ばらばらだとは思うけれど…。

 まぁほぼ同じ味…って感じなので、安心はできるな。今度からはそちらをちょくちょく利用させてもらおう。西国分寺も駅を利用するついで…ってこともあるだろうけれど。

夢のあと…

ソニー、AIBO、QRIO、QUALIA撤退
~VAIOなど好調で決算は増収増益

 あー…、AIBOはいつかは欲しいと…実は思っていたんだけれどなぁ(^^;)。

 最近のモデルは従来のペットには無い機能を装備満載しているので、面白い楽しみ方ができるかなぁ…と思っていたんだけれど…。うーん。

 QUALIAも撤退かぁ…。なんか欲しいの、あったような気がするが…。(ページを見返してみる)…あれ?無いなぁ(^^;)ぉぃ。イヤホンくらいは欲しかった気もするが…。

 QRIOは直に見たこと無いので、特に思い入れ無し。


 しかしな、これらはなんかSONYらしさのあるラインナップでもあったわけだし、いってみればフラッグシップというか、メーカーイメージ役でもあったわけだから、そのうちどれか一つでも残してもらわないと。他のラインナップって、基本的に「手の届く」位置じゃん(なんか語弊があるけれど)。

 なんか、AIBOくらいは残して欲しかったなぁ…。なんか、SONYらしい…、とんがったものを…。

 …ああ、でもアレがあったか…(^^;)。

2006/01/29

選択できる自由

オリンパス、初のライブビュー機能搭載一眼レフ「E-330」
~コンパクト機のようにスルー画で構図を決定

 ほう。オリンパスのこのシリーズはデジイチの弱点の一つをダストリダクションというもので解決している、個人的には評価している代物。デジイチで何選ぶ?…と聞かれると、実は上位にランキングされちゃったりするのだが、CCDがちと小さいので、いまいち抜きん出ないんだよなぁ…、俺ん中で。

 ただ今回、一眼の利点を取り入れつつ、デジカメとしての利点も取り入れようとする「両得」的なコンセプトがより明快になった感じ。他との差別化という意味では結構いいと思うのだが、周りはどう評価するだろうねぇ…。

 いや、おいらもこれを使うとしたらファインダーが主だと思うが、他にライブビューも選択可能…ってところに撮影のバリエーションの幅の広さができるというのが重要。


 先に書いた「CCDが小さい」ってあたりはなんか「ネムい」画像に現れてくる欠点だと思うんだけれど、レンズキットのサンプルを見る限りの話であって、ズイコーの上級レンズでの撮影画像サンプルを見ると、意外に…平気っぽいと思うのだが。

 だからボディのみとお気に入りレンズ…ってセットで買えばいいのかな?ただ、そーすっと高くなるんだよなぁ…(^^;)。


 しかし、レンズといえば、こちらを使うという手もあるしね。他社製レンズで味とかも出てくるかねぇ?んでも確認しようが無くなるのがちょっと…。

 とはいえ、ここまで書いてみて、やはり「レンズ地獄」が待っていることは明白なので(ダストリダクションによる交換のしやすさもあって)、やはりここは自制しかないな…と(^^;)撮影時は楽しそうなのはわかるが…。

やっぱり

 筋肉痛に襲われる(^^;)。

 や~、やっぱ風がなー。全然スピードでなかったもんなぁ>府中→飯能間。青梅まではあまり影響なかった気がするが、「麦」でお茶をいただいているときも時々突風にあおられていたような天候。

 逆に帰る時は追い風になってくれそうなもんだけれど、青梅→練馬間は多摩湖サイクリングロードを使用したため、追い風ではあるものの、車止めが多くて速度が維持できない有様。…やはりあの道はスピード出したいときには不向きだな。

 しかし一般車道では太い路線しかなくて危険だし…。うーむ。


 ともあれ、じっと休養していることに(おかげで12時間とか寝ちゃったよ(^^;))。…プロテインとか飲めばまた違ってくるのか?>効果

2006/01/28

ROU氏の横暴

06012801

  今回はこちらの記事で調べた蕎麦屋を制覇することに。

 やはり前回売り切れで蕎麦が食えなかった恨みを…って理由もあるのですが、それよりも最近MR20で走っていないROUさんを走らせたい… という目的が強かったりする(^^;)。最近一緒に走った覚えが無いもんなー。

 そんなわけで、最近走ってないROUさんが走りやすい、しかし多少なりと走り甲斐があるルート…と考えると、 ROUさんの居住地域の西武池袋沿線で輪行しやすい東飯能から、多少なりと走る青梅目標…ともなれば、ちょうどいいかなー。 蕎麦というヘルシーなものも目的だしなー…といったあたりで調整してみました。

06012802  ちなみに他の同行者はNebulaさんでしたが、例のビアンキで来てくれました。 フェニーチェでしたっけ?フレームの構造はタルタルーガTypeSと同一なんですが、そもそもそのフレームの断面が違ったり、 雰囲気はかなり違いますね。なにより、速そう…(^^;)。負けてらんねー。

 実際速かったんですが、ROUさんのMR20から異音がし、すぐに自転車がおかしくなる…って状態ではなかったのですが、 念のためペースを落としての走行となったので、その潜在能力は不明。

 しかし通勤にも使って1日何十キロか走っているんだから、侮れないよなぁ…(^^;)なんの目の敵なんだか…。

 まぁともあれ、東飯能に集合して青梅に向かって出発。途中「麦」に寄ると、普段より1時間遅れのパンの製作中だったとか。寝坊か?… と思いきや、この寒い時期はパン酵母の発酵が遅れ気味だとか。なるほど、自然を求めた地も良いのですが、 寒い地域でもあるのでそういう弊害もあるんですね。しかしそれはそういうパンを求める私としては、我慢しなければならないところですね。

 でもぶどうパンが釜に入るところで、プレーンなパンは焼き上がっていたので、そちらは難なく入手。次はぶどうパンを買いに来よう。

 また、焼きたてパンや紅茶をいただいちゃったりして、またのんびりと過ごさせていただきました。ありがたい限りです。

 そんなあたたかい「麦」も後にして、今度は「たまご倶楽部」です。みそたま等々入手。 なんか裏ではたまごのパック詰め共同作業をしていましたが、いつか「たまごかけごはんの食べ比べをする」とお話しした方もいらっしゃって、 「うちのだし醤油はどうだった?」と聞かれました(^^;)。ええ、以前に書いた話をしました(^^;)長かったのであまり聞いてもらえなかったような… 。

 でもなんだかんだで暖かいお店かも。そういえばここのお店もはずれが無く、今回はゆずジャムを買ってみた。後日パンに付けて食ったけれど、 やはり美味しかったねぇ…。こんどはいちごジャムだな。

 そしてその次に会社の同僚に以前教えてもらい、機会があれば買っている「松乃屋」(だったかな?)の大福も購入。ここは人気店らしく、 昼過ぎにはいつも売り切れているところ。しかしこの日は蕎麦屋開店に合わせて出発しているので(それでも「麦」 でのんびりしすぎて遅れ気味だったけれど(^^;)後悔はしていない)、在庫には問題なし。

 しかしすぐに行列の出来る店なんだよね。うちらが行ったときには人っ子一人いなかったんだけれど、 我々が注文している最中に急に人が集まってきて、あっという間に行列…。なんだったんだ、 あの集まり具合は(^^;)なんか我々を待っていたかのごとく。

 そういえばROUさんは串団子にもご満悦。俺も食えば良かった…(行列に再度並ぶ気はなかった)。

06012803  そしていよいよ本命のイベント、まずは蕎麦屋の榎戸

 こちらは新築の店舗という感じで清潔感がありました。ただ、客席が少なく、並びやすい…ってところがあるかもしれません。 我々も少し待たされました(ちょうど食べ終わった客がいたので、入れ替わりに近かったけれど)。

 蕎麦は普通の蕎麦と限定食の十割蕎麦とあって、まだ十割が残っていたのでそちらを所望。食してみると、蕎麦の薫り高く、 なめらかで腰のある蕎麦でした。なかなか味わい深く、味わって食べられました。

 また、箸袋に取り付けられている爪楊枝の取り付け方の凝りよう…。なんか侮れないかも(^^;)。いろんな意味でいいっすねー。

06012804  さて、次は「はら」日向和田までちこっと走り、「はら」に到着。 そちらもなんとか売り切れ前で問題なし。

 写真は2段重ねですが、けっこう量があるので、普通の人は1段でも問題ないかも。

 十割蕎麦は無いみたいで、つなぎと思われる山芋(あくまで推測)の食感を楽しむ蕎麦だと思います。蕎麦だけの香りではない、 楽しめる食感になっていました。

06012806   ただ、こちらのお店は蕎麦だけではない趣が…。古民家を改装したその店は、 雰囲気ありすぎ。縁側から差し込む日差しの柔らかいこと。

06012805 なにより、いろりがあるんですよー。しかもそのいろりで芋を焼いているー。 それを食べても良いとー。すばらしい。すばらしすぎる、日本的情緒。

 ROUさんがその情緒にすっかりヤラれ、ほんわか状態。なんかえっらくくつろいでました、我々。

 そのくつろいでいるさなか、蕎麦が売り切れでのれんがしまわれる始末。…3人で2段重ね頼んでいたからか? (^^;)

06012807  まぁなにはともあれ、都会ですさんだ心を癒すのにはお勧めです、このお店。

06012808  さて、基本的に今回のツアーは以上で終了。

 いったん青梅駅に引き返し、各自自転車を折りたたんで輪行準備。

 いやぁ、フェニーチェは恐ろしく小さくなりますな。ちょっと感心。

 しかしおいらは最近なまっているので、いつも通りに自走して帰宅しようとしていた…ところ、ある男…ROUさんがあることを言い出した。

06012901

 

06012902

06012903

06012904

 
 …という、非常に横暴な男のせいで、青梅から府中まで帰るだけのハズが、練馬まで走ることに…。

 途中天乃屋にも寄ったりしつつ、気がつけば青梅駅から3時間…。いや、疲れていたし、風強かったし、道もよくわからんかったし。ほら、 ROUさん家って、一回しか行ったこと無いから…。

 でもなんとかたどり着いて、渡してきましたよ。…ああ、こんな横暴なROUさんが更正するのはいつの日か… (この記事には一部嘘があります(^^;))。

 ちなみに走行距離はこのせいで106km。…100km超。そういえばこの走行距離だけでなく、終日風が強くて難儀したっけ…。 明日が楽しみだ…(^^;)。

2006/01/27

blogだらけ

 表のメニューをちこっと直した。はてなのblogに加え、gooのblogもリンクした。

 以前からあったblogなのだが、ちょっと最近ほったらかしすぎ(^^;)。数ヶ月手をつけてなかった…。かといって、あまりネタがないので、そうそう頻繁に更新できるものでなし、しかし手放すのも惜しい…と。


 「5人娘…」云々のページは、以前レッツーノート倶楽部というパナソニック公式blogに実在した5人娘をインスパイヤ(^^;)して描いたキャラなのだが、一応A44ユーザーだったこともあるものの、最近のレッツノートはさわってもいないので、話がそれ以上盛り上がらなかった(^^;)。

 そんなわけで閑古鳥状態に陥ったのだが、思いついた「キャラもの」というか、「シチュエーションキャラ」…というか、そんなのを思いついたらアップする場…って感じでやっていこうかな、と思ったりして。実際、うなボーンとか描いているし(^^;)。

 まぁそうすると、タイトル変えないとなぁ…。…はてなもFlash貼れるといいのだが…。また、ファイルのアップロード先も無いんだよな。今はWebの方にFTPであげて、リンクさせているので、どーもいまいち不便…。


 「落書き」の方は絵描き機能がついている…ってんで申し込んで、しばらくハマっていたもの。ちょうどPC-VA93J/GLを手に入れた時期と重なり、お絵かきBBS程度の機能なら処理能力も問題なかったので、一時ハマっていた。

 ただ、目の前からPC-VA93J/GLをどかしてしまった経緯もあり、そうすると「落書き」の方も自然に離れてしまった…と。

 しかし考えてみると現在、しっかりX41Tabletにハマっているじゃん…と。そちらで運用しても良さそうやね。

 とはいえ、処理能力はしっかりあるX41T。そうするとIllustratorやFlashで描くので全く問題ないので、逆にお絵かきBBSって感じでもないかも(^^;)ぉぃ。実際、コスプレイラストとかに今、ハマっているからなぁ…。

 まぁ落ち着いたら「落書き」の方も…。今のところ「萌えっぽいシチュエーション」を描く板…ってコンセプトだろうか?

 素直に「引き上げ」てもいいとは思うが、せっかく作成したblogなんだし、機会あればちょくちょく更新していく…って感じにしようかと。


 もっとも、友人に言わせると「なんでblogを分けているんだ?」ってことになるらしい。

 最近は「blog」といえば「日記のホームページ」という意味で使われているようだけれど、システムとしての名称が本来の使い方でしょう。

 その中で「カテゴリ」といった分類が自動で行われるのもまたblogの大きな特徴で、そのカテゴリ別のインデックスも当然作られるわけですから、多種の内容をともかく同一blogに放り込み、カテゴリで分けて表示させればいいじゃないの…ということで。

 特に現在、…まぁblogだけを見ている人はアレですけれど、DTIのサイトからだと上部にメニューが表示され、そこから各blogを選択できるようになっているので、そのメニューをカテゴリのインデックスURLにリンクするようにしてしまえばいいのではないか…ってことですわなぁ。

 ただ、私の場合にはあまりにもごった煮なんすよ、ジャンルが。普通の日記もあれば、旅日記もある。自転車の話題もあれば、ちとセクスィーな絵もあるし、3DCGソフトの解説なんてのもある。そういうのが長ったらしいURLではなく、全部含んだblog全体に関して寄せられる人に関し(最近はblog専用の検索も多いし)、あまりにもごちゃ混ぜしすぎると、わかりにくいのではないかとね。DTIから来る人だけでもないし。

 サイドバーにメニュー付けてもいいんだけれど、それだったら複数blog持ってもいいんじゃないか…ってことで現在の形態になってます。まぁそれで満足しているわけじゃないんですけれど。

 まぁ機会あるごとに改良していけばいいかな…。まだ具体的な目標みたいなのは無いけれど…。

長年の疑問…の半分

 米田裕さんのblogエイドアームが紹介されていた

 ほうほう、エイドアームっていうんですか、あれ。いや、たまーにドロップハンドルの途中にブレーキレバーがついている車を見たことあったけれど、あれがなんて言うのか常々疑問で…(^^;)。

 あれって便利そうですね。結構あそこらへんを握る(手を置く)ポジションでのライディング時間も長いので、あそこでブレーキングできるとなると安心できますね。

 ただ、いまだによく仕組みがわかりませんが(^^;)。また、将来換装予定のブルホーンでも使えるのかどうなのか…。

06012702 いや、その件に関してはちょっと事情が変わってきた。Nebulaさんのビアンキに対抗するなら、ドロップハンドルのポジションを戦闘態勢にして追いすがるしかないんじゃないかと(^^;)そういえばSPDもいい加減導入せねば…。今はブルホーンみたくデュアルコントロールレバー付近を直に握りやすいよう、若干上向きにハンドルを固定しているからなぁ…。

 まぁそうなったらそうなったで、エイドアームもあればいいか…。

 あ、でもそうするとフロントの積載とかが犠牲になるか…。積載量を取るか、スピードを取るか…って感じっすか?(^^;)前者だったような気が…

日本語キーボードの理由

 ファミレスで原稿書いているのは私だけではない。

 あ、いや、原稿というか、「資料を広げて、何かを書く(勉強する)」ということで言えば、学生とか、生涯学習をしている人とか、同じくファミレスなどで時々見かける(22日はとみに多かった気が…)。

 意外と紙ベースの人が多く、ノートPCを使っている人は外見「ビジネスマン」…って人以外はあまり見た覚えがない。

 まぁともかく、そういう人たちは机狭しと資料を広げているわけだが、PCだとそこらへんはPCだけの幅で済む…ので、飯とか食いやすい(^^;)。

 …つっても、T40pの時はSXGA+と画面が広かったのでいろいろな画面をこれみよがしに開き、CTRL+TABで切り替えてコピー&ペーストしたりしていたが、X41TとなるとXGAと画面が狭く、「資料を広げる」というのもなんだったり。

 CTRL+TABで切り替えればいいじゃん…という話もあるが、一つの画面に多数のウィンドを開いていると、目的のウィンドにたどり着くまでに時間がかかってしまう。

 …ので、そこでWinDeskWideの登場となる。これで使用中のウィンドをグループ分けできる形になるので、狭い画面も有効活用できる。

 問題は「CTRL+TAB」に代わるショートカットだが、私の場合はほとんど使用しない「無変換」を割り当てて利用している。左手の親指一本で画面がさくさく切り替わるので、重宝している。


 …とまぁ、コアなユーザーならThinkPad買った日にゃぁ「ふつー、買って即英字キーボードでしょ」というところでしょうが、ショートカットの割り当てを考えると、未割り当ての多い日本語キーボードの方が有利ではないかと、あえてそちらで使用を続けている。キートップがヘタって交換するときも日本語で。

 まぁさすがにEnterキー周辺の変則キーは困りものだけど(^^;)、そこは慣れで…。

2006/01/26

検索の必要性

 実を言うと、大雪浅草の帰りに秋葉原に寄ったとき、数個W-ZERO3の在庫に遭遇した。

 ちょっと心惹かれたのだが、年末の買い込みのカード引き落としなども迫っているので、ここは心を鬼にして控えた。…つらかった(^^;)。

 ただ、同じ日に大戸屋で「さぁ、どこに行こうか」という検討時の情報収集の際、FOMAや京ぽんで情報検索をしているのを見ると、なにかしらそういう用途で欲しくなってしまう。

 なってしまうのだが、頻度はおそろしく低い気がする。使うとしたら今回のように目的無く出かけてしまったときや、はじめての目的地に無かっで出かけるときなど。

 そういう時は通信端末がどうしても必要になってしまい、そういった用途用に端末が欲しくなってしまうわけで、W-ZERO3にぐらぐらきてしまうわけだ。ただ、そこまで投資する必要があるのか…?

 そう考えてふとぐるんぐるん頭を巡らせてみたら…、あ、そーだ。考えてみたら俺、ザウルス持っているじゃん。それに今のEDGEのCFカードをさせば、検索用途だけならどーにでもなるじゃん(^^;)。そう、ググる程度なら、ザウルスで十分なんだから、それを持ち歩けよ>をれ(当日はまったくの手ぶら)。

 まずはそこからはじめないといけないらしい(^^;)たはっ。


 …ザウルスか。久しぶりに750を整備すっか。でもPDA用途としてはそんなばしばし使わないにしても、出先でちょこっと通信して検索する程度なら、それ以前の機種でもいいかなぁ…。独自仕様の縦型のやつとか…。QVGAでもあまり問題にならない?

 ま、それ以前にバッテリへたっているかもしれないけれど、ちとひっぱりだしてみようかな…。なんかパーツがおかしくなっているのがあれば、そういえば若松通商の4Fか5Fにそこらへんのパーツが揃っているフロアがあるから、そこで補充すれば…。あ、でもSLシリーズのみかな?


#これがらみで久しぶりにSSTを覗いてみたけれど、なんか今年の3月で閉鎖されるとか書いてあったような…。シャープ提供ソフトとかはチェックしておいた方がいいのか?

##MI-E21とSL-B500を発掘。ちといじくってみた。

 E21は専用OSだけあって、全体的に結構きびきび動く。ただ、ブラウザが古すぎるのか、見られないページが多い。自分の日記のページすら見られない。見られない…というか、文字化けデータが表示されて変なことに。CSSだともうアウトか?

 B500もFlashなどに対応してないが、見られないページ、あるいはデータは素直にハネて、それ以外の部分をすかっと見せるので、使用上はそちらの方が問題ない感じ。

 ただ、メモリが少ないと言われたC700と同世代のモデルなので、恐ろしいほどのもっさり感が…。やはりC750以上でないと。やっぱそちらをどうにかするか…。

袋を持ちあるく

スーパーのレジ袋有料化へ 07年度導入目指す

 別に構わないなぁ。トートバッグとか持ち歩く癖をつけないといかんとは思うが。とはいえ、鞄を持ち歩かず、急に買い物をする必要も出てくるとは思うが。

 別に5円くらいの出費くらいどうというものでもないが、数が重なれば…以前に、そもそも使い捨て袋をなくそうという話なので、そっちの努力をしないとね。

 そういえばちょっと前、フレンド商会で折りたたみのショルダーリュックを見た気がするな。

 おりたたむとポケットに入りそうな勢いで、展開すると多少の荷物を入れて、ショルダーリュックのようにして身体にくくる…と。

 荷物をほとんど乗せないサイクリング等において、急に出先で荷物ができた時用のそれなんだけれど、これからはそういうのが必要になってくるかもね。

 まぁ自転車でなければ普段から鞄持ち歩けばいいだけかもしれないが、…ものによってはかさばるし…。使ってないのにかさばるって嫌じゃん。


 それにしてもその後、ゴミ袋とかどーすべか。バッグで袋を節約しても、今までタダで再利用していたゴミ袋がなくなるわけだから、ゴミの出し方によっては結局それ用の袋を購入しなければならず、出費が多くなる…ってことか?

印刷できんの?できないの?

手書き入力技術「Anoto」専用紙が印刷可能--沖データ、印刷の新規格を発表

 あれ?これを読むと今までユーザー側等での印刷は不可能だった…ってことかい?>Anoto専用紙

 どこかがPDFかなにかで「用紙が足りなくなったらこのデータを印刷して使ってね」って配布してなかったっけ?何かのアノトペンと一緒に…。

 で、誰かが印刷したんだけれど、うまく使用できなかった…ってどこかにレポートされていたような気がする。なんか…いい加減だなぁ(^^;)>PDF配布。

 まぁ、現状より「少し」入手性が高くなったと言うことだろうが>専用用紙、該当機種がまだ1機種ってあたり、まだまだ敷居は高いのかも。

2006/01/25

ボールペンの妙

プラチナ万年筆、自動車のサスペンション型ボールペン

 …使いやすいのかね?(^^;)

 まぁ若干、こういうキワモノ文房具には惹かれるところではあるけれど。実際、1万円の手作りボールペンも持っているしね(^^;)。

 使っているけれど、あまり上手く文字が書けない(^^;)。ただ、みょうな「しっくり」感があるので使い続けている。愛用品だ。

 ただ、今その愛用品から浮気しようかなぁ…と思っているところも。

 いや、こないだ行った池袋のサイクルショップで見つけたんだよね。グリップ全体…というか、ほぼペン全体がカーボンのボールペン(^^;)。あれはどうだろう?さすがに三千円以上と高価だが、なーんか使ってみて違う部分があるのだろうか?うーん、購入していないのだが、妙に後ろ髪がひかれる…(^^;)。

諸般の現状

 ふと、当blogのアクセス状況を確認してみた。

 2004年4月より開始した当blog。使用容量は47MBほど。もっとも、容量としては5GBあるので、使用率0.95%と、1%にも満たない(^^;)。

 まぁでも、写真主体でない割には、使っている方ではないかと…。あ、でも3つのblogの総計だからグラフィックもあるし、写真もそれなりにあるしなぁ…。


 本家日記の方はすでに1270記事あまりをアップしている。1日あたり2記事ほどのペースか?PVは総計、16万あまり。これまた1日あたり、245PV程度といったところ。

 多いんだか、少ないんだか(^^;)。


 最近頑張って絵をアップし続けている(まだまだ少ないが(^^;))雑記帳は開始は本家日記よりちょっと遅かった覚えがあるが、それにしたって総PVは2万3千程度。1日あたり、39PV(^^;)。えらく少ないなー。

 まぁ23記事しかないからかな…と思うところでもあるが、CG雑記の方が177記事なのに、総PV6万7千あまりと、特化した内容の割には1日あたり100PV程度とそこそこな数なので、やはり記事数の少なさ、長期間のほっぽりっぱなし等々、原因があるなぁ…。

 まぁでもこれからは頑張って更新していかなければ。…コスプレイラストをこちらに持ってこようかな(^^;)だんだんココログ規格外の「Flashデータのアップロード」も慣れてきたし…。


 また、ココログのアクセス解析でリンク先も見てみた。

 未だにDTIのmain.htmにブックマークしている人も多いっぽい(未だに2005年謹賀新年って書かれているページ)。別に止めないが、もうあのページは更新しませんからね?

 そちらからだと見えないページ(blog)もありますんで、ご注意のほどを。あ、でもどちらからもリンクしてないページ(blog)もあるなぁ(^^;)。

 それ以前に、そこらへんのblogは最近全然更新してないが(^^;)いかんなぁ…。どーにかせねば…。

 ともあれ、できるだけindexの方から入ってくださいね。あ、でもFlash貼っているから、そういうのが苦手な人は…(^^;)。

 また、今のメニュー画面がうざったければ(画面が狭くなる)、main.htmの方がいいかぁ…。やっぱそういう人向けに改良すっかな>main.htm。

HDDビデオカメラの本命か?

ソニー、30GB 1.8型HDDを搭載したハンディカム
-「HDD スマートプロテクション」を装備

 おお、ソニーから出たね。

 エブリオも悪くはないんだか、バッテリー面でちょっと…ってところがあった。駆動時間が短いんだよね。外付けバッテリーをりようするという回避策があって、それはそれでケーブル1本がそれほど邪魔になるとは思えないし、かつカメラ筐体が軽いまま…というのはメリットとも思えるのだが、本体だけ完結するなら完結してもいいだろう。インフォリチウムが云々ではなく、大容量バッテリーのラインナップが最初からあって、流用できる…ってあたりもいい。

 また、機能も多彩そうなのがいいね。本体だけでドルビーサラウンドが録音できるっつーのは面白い。うまく編集すれば5.1chでDVD作れるんでしょ?

 「どうでしょう」よろしく旅の記録を作るなら、「後ろ」から聞こえる「カメラマン」の発言や位置がはっきりしていると、良いのではないかと。2chだとマイクに近い輩の発言がうるさいだけだからね(^^;)。

 で、音量が大きければそちらだけのゲインを下げる…ってことができればいいんだけれど、それはプロ並み機材(ソフト)と労力が要りそうだなぁ(^^;)。

 まぁともあれ、もう少しじっくり仕様を見る必要があるとは思うけれど、旅記録用には本命のビデオカメラが出てきたと思う。

 まぁ記録は撮っても、編集を面倒くさがり、なかなかDVDまで仕上げないおいらが持っていても仕方ないので、すぐに購入する気はないが(^^;)写真撮る方も楽しいし。

 あー、まぁでも「ワンタッチDVD」やるだけでも違うか…。

目線のもらい方・鬼門編

■[私信][目線]Re:目線のもらい方。

 ワンフェスはおいらにとって鬼門なんだぁ…(^^;)。

 いや、コミケだけが特殊なんですよ、撮影手法。

 コミケはカメラマンは並ばずに、扇状に広がって撮れ…というのがルールなんですよ。ただ、そういうルールがあるイベントってのは他にあまりないらしく、他イベントでは並んで撮影を待つ…ってスタイルなので、待つのが苦手な私には向かないんです。目立つ必要ないし(^^;)。

 まぁその方式だと必然的に一対一になるので、某氏はそちらの方が性に合うってことかな?ただ、どうあがこうとおそろしく時間かかるから、覚悟しておくように。あとトークも盛り上げないと、いい表情とかもらえないぞ!(^^;)一期一会なんだから

 ちなみに、モータショウとかコンパニオン撮影系は並ぶ並ばない以前の問題なので、そちらはまだ得意かな。


 …っていうか、お総菜くらい差し出せ!(^^;)

2006/01/24

今週末の予定

 今のところ、例の奥多摩売り切れ蕎麦屋制覇を考えているんですけれど、いいっすかね?>誰となく(^^;)

 友人のMR20乗りのひさびさのサイクリング(輪行)をかねたいと。

 ただ、蕎麦屋、青梅駅から近いです。リハビリにしても走行距離が短すぎです。乗り継ぎも面倒そうだし。

 そこでMR20乗りの方、東飯能集合でどうでっしゃろ?別に飯能駅でも構わないけれど。

 そこから飯能大橋、岩渕あたりを経由して岩鞍も通る小曾木を通って(通ったこと無いのでどんなルートだかわからんが(^^;)青梅に向かうルートを組み込んでみては(別に岩鞍-青梅間は別のルートでも構わないが)。すこしは走行距離伸ばして、リハビリ兼ねないと。往復20km程度でちょうど良いんじゃないかな。

 出来れば「麦」に軽くよって、パンの入手も兼ねましょう。上手くすれば焼きたてが手にはいるかも(逆に早すぎるかも)。時間があればちょっといただいちゃったりして(^^;)。

 また、青梅駅(その手前の駅だったかな)のお勧め大福も紹介しましょう(人気で昼前には売り切れる人気店)。

 とりあえずよろしくご検討くださいませ>誰となく(^^;)。

 もっとも、私は自宅から自走しますけれどね(^^;)一応輪行袋も持っていきますが。


#…10時東飯能集合、のんびり走行で11時青梅(↑ルートなら、青梅まで1時間もかからないと思うが、「麦」で時間調整とか(^^;)甘く見ている…)。で、11時半開店の蕎麦屋を2店制覇。腹ごなしに川井まで走って、次回目的地釜飯屋の探索…とか(^^;)ぉぃ。

やっぱり非一眼デジカメ?

 αSweet Degitalを狙っている友人がいる。

 例のコニカミノルタのごたごたで、「そのうち値崩れをするのではないか」と狙っているらしい。

 αレンズが使えてCCDシフトの手ぶれ補正だからね、欲しいところはわかる。例えコニカミノルタが無くなっても。…いや、例えではないんだが(^^;)。

 …でまぁ、おいらも狙ってみるか?…と思うと踏ん切りがつかない。どうしてもデジイチの焦点距離何倍とか、CCDゴミ問題とか、納得がつかない…のは、以前から書いているとおり。

 まぁ他の友人のようにデジイチに単焦点レンズを装着して「それのみ」という漢らしい使い方というのならアリだと思う。実際あこがれる。ただ、そこまで割り切るなら、筐体の小さいカメラで…とか多少こだわりたいところだし、しかしその友人のそれはうまい具合に小さくまとまっているので、それ以外の…って考えるとなかなか…(^^;)。

 まぁ、「非デジイチ」というへそ曲がりな条件を鑑みて、自分の資産を活かしつつ、面白い写真を狙うなら、RD-1という手もあるが(CCDゴミ問題は先の「外出時は交換無し」ってことで)、さすがに予算オーバーだ。

06012402 だもんで、それ以外の、俺の欲求を満たしてくれるデジカメをねらうなら何がいいか~…ってなると、とりあえず現状DSC-R1ってことになる。前にも書いたっけ?あれはいい。

 いいが…、デジイチ並みの金額を考えると、さすがにそれは…と思っていた(^^;)。

 ただ、話の種に…と調べてみると、…なんかどんどん急落している?

 ニッシンパルで82,900円って…。デジイチ買って、明るいレンズ買うと、もっと相当高くなるでしょ?これでも十分でない?

 まぁさすがにLC1もあるのですぐには買うつもりはないが、…うーん、7万5千くらいまで来たら考えようかな(^^;)。

キャラデザ続行中…だが…

 解説役の俺、ボケキャラ1名、ツッコミ1名…といった登場人物を想定している「輪行本」。

06012401 とりあえず先にデザインできているキャラをボケキャラとし、ツッコミをもう一人…とデザインしたいところだが、どーもなんかうまくいかない。うーん、イメージが固まらない。


 基本的に、誰かモデルを仕立てないとキャラクターとか作れないおいら。先の娘はたまたまさんま御殿あたりを見ていて「こんな感じで…」と思って描いたキャラ。元のモデルが誰だったかはようわからん(^^;)。

 ツッコミキャラもだれかモデルを仕立てないといかんかなぁ。でもそういう女優さんとかグラビアモデルとかいるかな?

 そもそも服装とかもなにかしら参考にしないとどーも…。そこらへんの資料もどうにかせんとなー。

 …女性雑誌を購入しに行かなければならんかっ!?(^^;)ああ、昔仕事でウェディングドレスを描かねばならず、資料を買いに本屋に行ったらそこを会社の後輩に見られ、「結婚するんですかっ!?」としばらく追求されたことを思い出す(^^;)。

 キャラクターデザインとは常にそのようなリスクを伴うものなのだ…(^^;)ぉぃ。

 既存のアニメキャラとかから引用する…って手もありそうだけれど、「誇張」や「抽象化」されているもののそれを引っ張ってきても「劣化したコピー」みたいになるのもなんだし、特に今回、多少デフォルメするとはいえ「現実にある自転車」と一緒に描くキャラという関係上、現実のモデルからデフォルメしていきたいこともあるしね。

 まぁそんなわけで、多少なりとリスクを伴ってでも、どーにかしないと…(^^;)だからリスクじゃねーって。

秘湯紹介

 温泉好きとしては常にアンテナを張って情報収集を心がける日頃。そんなわけで引っかかったのが、以下の記事。

東京から小1時間で行ける雪見露天?

 ほほう、雪見温泉を目標に草津やら大雪時の浅草などに繰り出した身としては気になるところ。

 …しかし、四季の湯温泉?どっかで聞いたような…。

 で、リンク先を見てみる。…森林公園近くのあそこじゃねーか(^^;)。

 記事を読んでいくと「毎朝、人工積雪マシーンで雪を降らせます」とある。あー、そういえばなんか得体の知れないマシーンがあったなぁ…というのは覚えている(^^;)。

 当時はなんて想像していたか覚えてないが、そーかそーか、降雪機だったのか。疑問が氷解したぜ(^^;)…て、当時もそう思っていたような…。


 当時は金額的に妥協できる料金にたまたま割引してもらったので、それなりに楽しんだけれど、通常料金ではなぁ…って評価だったような気がする(個人的には温泉以外の施設も充実していたので、入場料と考えれば悪くなかったと思うのだが…、でも結局浪費してしまうか(^^;))。

 ただ、リンク先を見てみると、当時よりも安くなってねーか?時間帯にもよるかもしれないが。

 現在は割引券無しで1,980円(13時までは1,200円だけど、それまでの利用はまず無理でしょう)、16時以降は1,500円ってところか。

 当時は「2,100円の入浴料が、1,260円に割引」と記載が残っている。…まぁ若干か(^^;)。

 夜の帰宅を覚悟すれば、それなりに安い料金になりそうだけれども、どうかね?あるいはまた自転車で行けば、割引券くれるかなぁ?(^^;)

2006/01/23

ギュウ~っと煮込んだ贅沢ビーフカレー

 …というのがデニーズに登場した。1,200円もする。


 21日は都内とはいえ、雪中行軍だったので、今日はゆっくりお休み。本当は走りたかったし、実際晴天だったけれども、昨日の雪の残りがまだ路上に多く、氷だったらスリップ、水だったら汚れと共に巻き上がり、こちらや車体を汚しまくってよろしくないだろう…ってことで、走行取りやめ。とほー。

 まぁそんなわけでのんびりテキスト作業でも…とやってきたのがデニーズで、そこで見つけたメニューがそれ…ってこと。

 普通おいらの場合、カレーに千円以上出す…ってことはまずないんだが、そこはメニューマジック。その食欲そそる写真に引き込まれ、つい頼んでしまいました(^^;)。普段はスプーンカレーだってプレーンなのに…(^^;)。

 ただ、実際食べてみると、美味しかったですね。値段相応かはわかりませんが、それでもなんか味わい深かったし、ほんとにことこと煮込んだんじゃねーかっていうビーフとか。えっらく量が少ないんですけれど、その分人件費かけました…って感じがする(^^;)ここではほめ言葉。

 正直、もっと安くてもっと美味しいカレーを知っていますが、しかしファミリー「レストラン」らしく、ひたすら行儀良く、しかし深みもあるように作られているこのカレーはこれはこれでアリなんじゃないかなぁ…というコメントでいいかな…と日記ネタになるかどうかを考えつつ食う私(^^;)。

 …で、まぁ本題は実はそれではなく(^^;)、その「ことこと煮込む」ということ。

 そのカレーを食っていて、こないだ釜飯を食いに行ったときの友人の話を思い出した。

 彼はチャーシューだったかと思うが、肉を同じくことこと煮込んで作った…というのは同じ。そうか、そういう料理も味わい深いものを作るなら、たまにはそういうのもいいかな…とちとやる気になってみたり。

 …ただ、ここで問題になるのが時間と費用。

 まぁ「時間」は時間がかかりすぎる…ということなのだが、家でずっとその鍋に縛られるわけでもなく、仕込みの段階と、時折様子を見るために鍋を覗くといった行為が出来ればいいわけで、「家にいる」ことが出来ればいいだけの話なんだから、そんな問題でもあるまい。

 問題なのは費用の方だ。燃料費。ガスをつけっぱなしというのは費用や精神的負担がよろしくない。実際、どんなもんだろうねぇ…。

06012301 友人は石油ストーブで部屋の暖房ついでに料理を作るという効率派なんでもーまんたいらしいが、我が家にはもう電気暖房機しかないので、料理するならガスコンロしかない。

 うーん、やっぱなんか面倒だなぁ…(^^;)考えるところからして。

 しかし時折、「作ってみたい」という衝動と、「面倒だ、やめておけ」という妥協との狭間で揺れ動く私の心…(^^;)。

念願の…

au、2年契約の「MY割」と、余った無料通話分の「3ヶ月くりこし」

 …っしゃー!

 やっと念願のauの無料通話分繰り越しサービスだっ!これが無いと私の場合、携帯使えません。だって、ほとんど使わないから(^^;)。

 一番使うときで月3,000円くらいかな。ボーダフォンの2,000円無料通話繰り越しと、無料通話当月分で支払って、千円程度翌月繰り越し。ただ、その月ぐっと使ったら、翌月以降はあまり使わないので、すぐまた繰り越し上限2,000円に復帰するのよね。

 そんな無料通話繰り越しをはじめたのがボーダフォンで、当時auを持っていた私はSH53という「なんでも入り」端末が出たこともあって、「ボーダフォンからauに乗り換える人はたくさんいますけれど、逆って滅多に無いですね」と店員に言われつつ乗り換えたわし。

 以来、基本使用料だけで済んでます、わし(^^;)au時代は多く使った月にちっと増える。

 まぁそれで過ごしている昨今なんですが、しかし端末のバラエティを考えると、ボーダフォン以外が魅力なんですよねー。702NK関係のスマートフォンも魅力なんですけれど>ボーダフォン。

 まぁでも選択肢が増えるのはありがたいです。悩みどころが増えるわけですけれど。

 もっとも、そのauの繰り越しサービス開始が8月っつーのは…。長いなー。

#…ってなことを書いて、アップロードするのが遅れていたら、ボーダフォンも新機種・新サービスを打ち出してきた

 うーん…(^^;)。

 あ、そうそう忘れていたが、本来、メール受信がタダ(文字量による) というボーダフォンのサービスにも惹かれていた
ずっとタダ扱いだったので(明細に濃く残らない)忘れていたが(^^;)、結構ありがたいサービスなので、それをはずしたくもないなぁ…。しかしボーダフォン内でも、3Gに機種変更にすると、そのサービスが無くなるらしい…。うーん。


 あともう一つ忘れていたが、ボーダフォンは災害時に強いというメリットがある。…契約回線数が少ないから(^^;)。

 なんか災害があったときドコモは回線がパンクしてつながらない…って報道があると、大抵隅に「ボーダフォンでは問題なかった」とかあるのよね(^^;)。

 まぁ相手先にも寄るけれど、若干メリット…なのかなぁ?(^^;)

##…とか書いていたら、auの新機種も発表になっているなぁ

 でも考えてみれば、おいらがauに乗り換えるなら8月以降になるんだから、まだ先の話で、最近の端末をどうこう言っていても仕方ないか(^^;)。


###…って、ドコモも新機種を発表しているな

 こちらはデザイン重視の筐体の発表…ってな感じか。

 う~ん、迷ってしまうなぁ…って、まだ迷う必要は無いのか(^^;)。

更新情報

 あ、そうそう。コスプレイラストを久しぶりに更新しましたのでお知らせします。

 実はタブレットPCの導入で結構効率よく描けています。諸々の関係で、前は「線画楽し、色塗り億劫」でしたが、今は「色塗り楽し、線画億劫」になってます(^^;)。ちょっとIllustratorの操作に難があるので…(昔はそれよりも色塗りに難があったけれど、Flash8になって一部仕様が使いやすくなったので)。

 …線画もFlashで描くようにしてみようかな?

 まぁそんなわけで実は結構描きかけも溜まっていますので、次弾もまたいずれ…。

 …あ、そういえば去年夏にフランチェスカさんを撮らせていただいたのをまだイラスト化してないな…(--;)。あれは描いて、お送りしないと…。

2006/01/22

1時間半で35%

 X41Tabletのバッテリー消費量。ちょっと外に出て原稿打ちつつ、1時間半経ったところでそのバッテリー表示に気がついたんだけれども、8セルバッテリー積んでるんだけれど、そんなもんかぁ?

 …と思ったが、計算してみると100%で4時間10分。おそらくアラートが4時間前で出てしばらくして使用不能になると思うので、実働4時間弱というところか…。

 ただ、実はファミレスの常温中で浅草大雪の記事を作成していたので、写真を収録したメモリカードへのアクセスも多いし(まだHDDに退避してなかった)、PhotoShopで大量の写真を扱ったり(メモリが逼迫して、HDDアクセスが頻繁だったタイミングもあった)、タブレットモードでイラストも描いている(デニーズで(^^;))。

 そういう使用頻度で考えると、カタログ値では6時間くらいだったしなー、わりかし妥当な数字かも…という気も。

雪の浅草、タイルの向こうの雪

06012201

  21日は東京でも記録的な大雪が降った。「記録的」とは「5年ぶりの大雪」ということなんだけれども、 まぁ北国に比べればおそらく微々たるものだろう。

 それでも、雪に対してあまり対策の施されていない東京にあっては、「大雪」であり、大体の予定がキャンセルされる大事だったりする。

 当然週末、「週一40km」を掲げている私としても、その予定をキャンセルせねばならない状態。仕方なく家でのんびり絵でも描こうかな… と思っていたところでかかってきた電話が某氏の「どこかでかけない?」というお言葉。

 しかし、確かに例年こういった雪の場合は奥多摩やら御岳山とか行っていた身ながら、もうすぐ昼の12時になろうか… というところでは郊外への移動はちょっとめんどい。

 …ので、「ノート用のメモリを買いに行かねばならない」という他の某氏の用事にかこつけて、都内の温泉でも行ってみようか…ということに。

 …こないだ草津行ったばかりだというのに懲りないな(^^;)。

  幸いにも、多少雪による混乱があるとはいえ、公共交通機関を用いての移動は可能だったため、 大抵のところには行けた。

 むしろ、雪のために外出を控えた人も多いらしく、むしろ電車内など快適なくらい(^^;)。

 ともかく石神井公園経由で池袋に向かい、まずはノートPC用メモリを確保。さて、どうしたものか。

 実は個人的に好みの温泉に「としまえん」がある。あそこに併設されている温泉が結構綺麗な庭があり、 それを眺めながらの入浴というのが気持ちいい。

06012203  特にその庭に、五右衛門風呂ではないが、一人用の丸い湯船があって、 その庭の中での入浴というのが非常に気持ちよく、それが雪の中…というのがいったいどーいうものか…という感じ。

 もっとも、雪の中の入浴ってば、それこそこないだ草津で体験したばかりだし、「としまえん」が集合場所の石神井公園と移動場所の池袋の間… という位置であるので「戻る」というちと後ろ向きな行動だったり(^^;)なんじゃそりゃ、入浴料が館内着・ タオル等込みでも2千円以上と高価だったりすることもあり、今回はちと遠慮。

 いろいろ検討した結果、浅草温泉に行くことに落ち着いたり。いやまぁ、安くて気軽…ってーと、 そこくらいしか思いつかなかったもんで(^^;)。

06012204  関係ないけれど、その検討をしたのが昼飯を兼ねた大戸屋なんだけれど、 はじめて入ったけれど、安価で和食で、ヘルシーで多彩で…いいねー(^^;)。

 うちの近くか職場の近くにできてくれねぇかしら?(^^;)

06012205  まぁそれはそれとして、地下鉄で浅草へ行くと、そこは雪景色の浅草寺。ああそうか。 温泉入りたい、入りたい…とそちらばかり気持ちが一杯だったが、考えてみれば雪をかぶったお寺…ってもんもあったのね。

 思わず写真、撮りまくり。

06012206  撮りまくり過ぎて思わず屋台で焼きそばとビールを一杯(^^;)。

 いや~、やっぱこの誘惑には勝てません。ビール一缶、500円という価格ですが、これがまた美味い(^^;)。

 友人はワンカップ大関500円でしたけれど、それも美味いわ、もつ煮込み、焼きそばも美味い美味い。

 まさに大雪マジック(^^;)。

 そんなのらりくらりと浅草をうろつきつつ、当初の目的の浅草温泉をめざしたのが大体午後4時。遊びすぎだって(^^;)。

 まぁ外でうろついて冷えた身体をあっためるにはちょうどいいんじゃない?…ってことで温泉の前に立つと…、

06012207

  ぐあああああっ!?今、その4時ですけどーっ!!??

06012208  呆然とする我々。ちょっとこの事態はしゃれにならない。本当に身体冷えていたから… (いや数人、ちょっと酒でほんのりしていたのもいましたが(^^;)、一人は完全に冷えていたしなぁ…)。

 頼み込んで…ってわけにもいかず、戻るわけにもいかず、さてどうしたものか…というとき、ふと思い出した浅草番組。

 いずれ浅草を歩くツアーでも組もうかと名所などを調べていて、某テレビ番組で、浅草の銭湯を紹介していたのを思い出した。 温泉ではないけれど、ここの他に身体を温められる風呂があったはずだ!

06012209  …で、聞き込みの結果、ほどなくここを発見。こちらは順当中に営業中。ほっ。

06012210  こちらは温泉でなく、ただの銭湯なんだけれど、冷えた身体にはもはやそれはどちらでも良く、 ともかく入浴しなければ…と。

 ただ、落ち着いてよく見てみると、なんか昔の記憶にある「銭湯」という風景がしっかり残っている銭湯であり、 男湯も女湯ともつながっている番台があったり、湯船の上には富士山の絵がでかでかと掲げられていたり、非常に「銭湯」。 なにやら近々テレビのロケもあるらしく、どうもなんどもそういうのに使われているっぽいのだが、それもよくわかる。

 逆にそういう雰囲気をほとんど貸し切り状態で味わえたので、それはそれで良かったかも(^^;)。

 窓の向こうにかすかに見える降雪で、一応「雪見風呂」も体験できたし(^^;)。

06012211  そして帰りに見たのがライトアップされた浅草寺。暗闇の中に浮かび上がる建物と、 ライトが当たる降雪、雪景色。なかなか幻想的な光景でありました。

06012212  降雪を見上げながらの建物撮影ってば、その奥行き表現の強調とかに…ならないかしらん? (^^;)この解像度だと無理か…

 F10で撮ったんだけれど、F11の、マニュアル機能(シャッタースピード優先)とか使いたかったな…。

06012213  また、ライティングが幻想的になるので、 シルエットとかが活きる構図の写真にもなるのよね。

06012214  ま、そんなこんなで雪の都内を堪能してきました。

 昔だったら郊外で雪にまみれて遊んでいたところなんですけれど、若干日和ったかなぁ…と思うところもあるものの(^^;)、 まぁ諸々予定が合わなかったんだから仕方ないじゃん…ってことで。

 いやいや、いつかまた、奥多摩の、滝に行くために氷のはる川をざぶざぶ渡る…という、あの伝説のツアーを復活させたいな(^^;)。 今考えれば、週間天気予報で週末の雪はわかっていたんだから、決行するしないは別にして、声をかけて予定ぐらい立てておけば良かったな… (^^;)。


#余談:
 「浅草に行ったら江戸もんじゃ」と今年の目標にしていたのだが、閉まっていた(^^;)。いや、 午後4時時点では開いていたのを確認したのだが、寒くて「風呂が先」と後回しにしてしまったため、午後5時過ぎには閉店してしまったと… (;_;)。こ…今度こそ!


  こう大雪になると、困るのは人間だけでないらしい。鳩も寒さと雪で居場所が無く、人間がいるのに店頭などに避難する有様。

06012215 その様子を撮ろうとしたところ、ちょうど店員が追い出しにかかったところで、 追い出された鳩を激写!右のようになった次第(^^;)。

 ピンがあってないけれど、そこに両者のあわてっぷりを見いだしてください(^^;)。


 ちなみに、浅草みやげはまた亀十のどら焼き。もう私の中で定番になりつつある(^^;)。でも高いんだよなぁ…(;_;)。

 

2006/01/21

@niftyに帰れ

 最近のおいらのインターネット上の活動の中心はblogに移行してしまっている。

 別にそのことはどうと気にしてはいないが、blog以外の、ホームページサービスが充実してないのはどうかなー…という気はしている。

 ちゃんとしたコンテンツを持てないおいらが問題だとは思うが、それと同時に「20MB」といったホームページ容量の方も問題だろう。blogでは2GBとかなのにー。この差はいったい何?

 …と思っていたら、@niftyがこんなサービスを発表した。

@nifty、MT設置が可能な容量2GBの新ホームページサービス「lacoocan」

 ほう。ホームページ作成に2GBの容量が使えると。俺、@niftyの会員だよ~。入会できるよ~。

 ちなみに今の@niftyの契約コースはお手軽5コースという基本料金950円のダイヤルアップコース(…の他に、ココログ・プラスのコース)。プロバイダとしての契約は必要ないけれど、メアド等のサービスの享受は必要なので、基本料金の安いコースで…としていたら、必然的にこんなコースになってしまった。

 実はこの下にもう一つ、月額250円のお手軽1コースというのがある。しかしこちらのコースは「5」と違ってホームページ開設(20MB)が利用できない。それは痛いので、「5」にした次第。

 ただ、lacoocanを利用すれば、ドメイン変更は伴うが、基本料金を700円下げつつ、容量を2GBにアップできるので、lacoocanの使用料を払っても、おいらにとっては実はオトクなプランだったりする。

 コスプレイラスト関係のHTMLファイルのソース置換が面倒そうだが、節約面でも今後のファイル増でもメリットがあるので(複数ファイル転送もblogよりもFTPで楽そうだし)、やる価値はあるな。


 ちなみに、

@nifty、オンラインストレージ「マイキャビ」の最大容量を10GBまで拡大

 …というのもあって、これもジャストシステムのインターネットディスクを使用しているので乗り換えるのも手かな…とは思ったものの、こちらは料金的にあまり差違は無いみたいなので、これはそのままかなぁ…。同期が簡単なインターネットディスクだし。

ワカサギを追え!

 そうそう。当blogで最近「ワカサギ釣り」と書いている件は、「氷上」のそれですので念のため。

 南瓜大王さんにご紹介いただいた方のページには「ワカサギ釣りは初心者には氷上よりも氷結してない湖面のボート釣りの方が適している」と書かれている。

 それは当たり前で、氷上では釣り場ではかならず「穴」を開けなければならず、竿をそこから移動できない。移動するには再度穴を掘る必要があって、それが手間。ボート釣りではそもそも氷がないので場所が自由自在。アタリが無くてもすぐに移動できるわけだ。

 当然初心者なわしとしてはボート釣りが最適なわけだが、ボート釣りはワカサギ釣りでなくても出来るしね(余談だが、アンチバスフィッシング派。釣りは食える魚でないと)。

 やはり氷上で寒さに耐えつつ、ボート乗船人数制限のないグループ分けっつーか、移動自体はボートの制約を超えるからね。そういう点でも面白いっつーか…。まぁ一番は「酔わない」ってことなんですが(^^;)酒飲みながらでは別。

 まぁそんなわけで(?)ちょっとあこがれるわけですよ>氷上釣り。

 ともかく、関東近県でそういう釣りが出来るところ。つまりは日帰りできるところ…ってことで検索してみると…群馬県・榛名湖ってところがありますね。

 …って、草津よりも近くじゃん!?日帰りできる範疇だよね?検索で見つけたページのリンクメモ


 また、赤城山大沼という地名も出てきたが、前述とあまり変わらないね>場所。時間も変わらないものかと。

 これまた検索で見つけたページのリンクメモ


 まぁ、一人で盛り上がっているだけなのだが、さすがに一人で行ってもアレなので、誰か誘いたいけれど、適切な時期はいつかな?とりあえず記事にして置いておく…ってことで。

2006/01/20

さらば…、

コニカミノルタ、カメラ/フォト事業を3月で終了
~デジタル一眼レフ資産をソニーに売却

 まああぁぁぁぁぁぁ…、TC1デジタルの夢は潰えた…ってことかな(^^;)。

 幸いにもコニカミノルタには特に思い入れはないが(フィルムカメラのα…なんとかが押し入れの奥にあったような気がするが)、TC-1だけは使いまくったというか、ベスト・オブ・マイカメラ(フィルム部門)なもんで、GRデジタルよろしく、デジカメ化で再現するのを若干期待していたのだが…(;_;)。

 まぁ今のところ健康的なTC-1で当面遊ぶけれど、扱いは慎重にならないとなぁ…。


 しかし昨今のカメラ業界再編がここまで劇的だったとは…。

WBSネタ

 18日放映分のWBSん中で、いくつかネタが…。


 地図の話があった。従来の紙地図はカーナビやWeb等のマップサービスに取って代わられるので、紙地図なりの良さを出せる、特定用途に特化したり、付加価値をつけた地図作りが流行りだしている…という話。

 その中で「アンテナショップマップ」というのがあった。

 ああっ、それはぁっ!?俺も考えていたのにーっ!!


 …いや、以前より自治体アンテナショップ一覧というページを利用し、旅行の幹事などを行う場合、そこを利用して情報を仕入れたり、経由して観光協会と打ち合わせしたり…ということをしていた。

 そのうち、「観光案内だけでなく、物産を取り扱う店も多いな…」ということに気がつき、そのうち「アンテナショップ巡り ~都内で全国名産物ツアー~」とか組もうかな~…とか思っていたところなのに、先を越された!このCOPYCAT(byNOVA)がっ!(^^;)ぉぃ

 まぁ、そういうのもあり…ってことで。あのマップは欲しいなぁ(^^;)すでに他力本願。


 あと湯たんぽ。

 クリーンで便利な暖房グッズとして紹介されていたが、つい最近、その湯たんぽでやけどだか低温やけどを負った輩の足を見たばっかなんで、「やっかいな代物」と認識していたのですが、どちらなのでしょう?>KIMI(^^;)こぼしたんだっけ?

 まぁ基本的には便利なグッズなんでしょうが、他のアイテムよりはゆるいものの、結局「道具」である以上、若干「使う人を選ぶ」ということなのでしょうか?(^^;)


 ちなみに、草津の宿は一部、温泉を循環させてその温度で部屋を暖める機械が設置されており、それも湯たんぽ並みに快適だった。

 …が、その熱が放熱されるヒートプレート(当然湯温)に寝ているときに足をひっかけて、あやうく低温やけどを負いそうになった別の輩が…(^^;)。

 やっぱ「道具」は「道具」だ…(^^;)。

いよいよ出たね、新Video Collection

アドビ、HDV対応「Premiere Pro 2.0」など映像関連ソフト
-統合型「Production Studio」で連携を強化

 出ましたな。2年ぶりか?>バージョンアップ

 ちょっとまだ新機能は把握していない。

 ただそれ以上にソフトの構成が目につく。…あの、Adobe Creative Suitesとカブるんですけれど>PhotoShop&Illustrator。Creative SuitesユーザーとProduction Studioユーザーはカブらない…という判断なのでしょうか?

 …な、なんか納得いかねぇ…。


 しかし別の見方をすると、若干事情が異なってくる。

 Video Collection StandardからのPremium版アップグレードが123,900 円(税込)で、Standard版へは81,900 円(税込)となる。

 従来ユーザーから見てStandard版からPremium版に移るメリットとしてはAfter Effects 7.0がProfessionalになるわけだが、その割には差額が42,000円と、実はオトクなコースなのではないかと。

 あ、でもアドビストアの「Windows版 Adobe After Effects 7.0 Professional 日本語版 アップグレード」を見てみると、71,400 円(税込)ってなってるな。昔は10万くらいしなかったか?まぁそれでもオトクか…。

 Video Collection Standardから各ソフトのアップグレード(+PhotoShopとIllustratorのライセンス)に対して81,900 円の価値を見いだし、かつAF Proに42,000円でアップグレードできる…というメリットを見いだせるかどうかがカギだなぁ(個人ユーザー。法人ユーザーは問答無用でしょう(^^;))。

 Encore DVD 2.0によるフローチャート形式のメニュー画面の作成は便利そうだしなぁ…。


 まぁでもすぐにはぽんぽん映像作成しないし(しなさいよ(^^;))、しかしアップグレード価格も期間限定というわけでもなさそうだし、お金が貯まってからでいいか。

 しかしVideo Collection買ってから一度もAF使ってないしなぁ(^^;)他は結構使っているのだが、必要とするシーン設定の機会が…。

 また、PhotoShopとIllustratorがカブるのは、考えてみればマシンが3台あるんで、ライセンス考えるとちょうど良いかもしれづ(^^;)。

 ところで話は変わるが、最近「4k」と言われる映像を見た。

 1kが横解像度1024ドットの意らしく、4kはHDTVの4倍の解像度を指し示す、次期ハイビジョン…とかいう規格らしい。詳しいことはわからないけれど(^^;)、しかし規格としてはハリウッドでも最近なんとかという共通規格化がされて、今後高解像度録画、もしくは公開などで使用される規格っぽい。

 実際、六本木ヒルズのどこぞのリアプロ劇場はその規格で現在ハリポタを公開しているらしい(大阪にも1カ所あるらしい)。

 私が見たのは非圧縮4k映像というもので、大きなシンポジウム会場で後ろの方からスクリーンを眺めただけなので詳しくは見ていないが、遠隔地の演題に立つ人を映し出した映像はあきらかに高解像度のPowerPointなどのスライドをさらにしのぐ(なんつっても横4096だからね)鮮明さで、度肝を抜かれた。もっと近くの席で見ていたらどうだったろう。

 昔、超高解像度HDTVブラウン管モニタで見た無圧縮ハイビジョン映像(対応したカメラによる撮影素材)を見たとき並みの衝撃だったな。あ、でも4kの映像見たのはそれがはじめてじゃないな。1回友人と見た覚えがあるが、なんか変な映像だったので、綺麗さがわかっても衝撃が伝わってくるような代物ではなかった(^^;)ね、しゃおらどん。

 ただ、今回は「遠隔地講義」を想定したデモを見たんだけれど、単に講演台にたたずむ講演者、またその周りにある本や各資料などが無造作に置いてあるだけの映像なのに、妙に「そこにある」という説得力に満ちている。

 おそらくSD映像だと「そこにそういうものが見えている」という感覚なのだろうが、4kだとそのディティール描写などが圧倒的で、講演者が「この資料は」と指し示した日には、カメラがズームしなくてもこちらが双眼鏡で確かめたくなるくらいの強烈さ(^^;)意味不明。

 まぁ、せっかくの高解像度をただ、カメラをフィックスして講義を映すだけ…ということになんの意味があるのだろうか…と見ない内は思うのだが、その圧倒的な描写力はそれだけで価値を持つものなのだな…と思った次第。

 …でも圧縮されていたらまた別かな?


 ちなみ、映画撮影機材で撮った素材をフィルムスキャンして4kに直した、四季などを写した映像も見せられたけれど、色深度の違いとかなんやかんやで、微妙に色あせている感じがして、無圧縮ながら先の映像素材なみの感動は無かったなぁ…。

 明らかに通常の映写よりも解像度は違うんだけれども。

 そういえば、ちゃんと4k対応したカメラで撮った、別の四季映像はすさまじかった。解像度が高すぎると、そういうところまで明確に差が出てくるのかも。


 また、4kフルCG映像というのも見た。どこが作ったかは覚えてないが、タツノコの名があったのは覚えている。タツノコI.G.でなかったのは、「ストーリー作成」の担当だったからか?

 これまたあまり感動はなかったのだが、考えてみれば横4096なんて映像素材をフルCG(それも3D)で作っているんだから、感動しろよ>をれ…って感じなのだが、先の映像を先に見せられるとね(^^;)。

 無論、よく作り込まれていて「HDTV用のテクスチャ素材を貼ったモデルを4kでレンダリングし直しました」というものではなく、ちゃんときっちし作られていた印象だが、逆に3DCGの場合はしっくり作り込まれすぎて、細部まで「整って」しまい、高解像度が逆に活かされてないかもしれないなぁ。

 自然の風景はフラクタルに「不整」な部分が細部までしっかりととらえられる分、高解像度が活きているわけで…。

 ただ、そのほかに銀河系を遠景からとらえ、ワンカットでカメラがその中心部にぐーっと寄っていく映像も見せられたんだけれど、さすがにそちらはパーティクルが細かい分、すっげぇ綺麗。圧倒、引き込まれる。やはり素材をシビアに選ばれる規格なのかも。


 で、ここで閑話休題。

 実は話の本題はそういうことではない(^^;)。

 聞いた話だが、現在4kの映像を作成するにあたり、HDTV規格を利用しているらしい。

06012003 どういうことかというと、HDTVの4倍の規格ということもあり、4k画像を格子状に4分割し、おのおのの信号をHDTVとして保存するらしい。右はおおざっぱだけど、…大体こんな感じでない?(^^;)

 …なので、カメラ自体は4k規格のオリジナルなカメラである必要があるわけだが、その信号を記録するレコーダーはHDTV規格のものを4台…ということらしい。

 つまり編集するときはその「4つのHDTV映像を、同期をとれるようにして別途編集」し、映写時にまた格子状に組み合わせればいいだけ…ということらしい。

 …で、気になったのが最初のアドビ製品のページの中でのPremiereProのサンプル画像の一つ。HTDV映像を「4トラックを同時に表示してプレビュー/編集可能」とありますねぇ…。

 将来的に4kも編集可能になるんじゃない?(^^;)えらく長い前フリだなぁ…。

自画像の難しさ

 輪行本のキャラクタをデザインするのはいいが、一人ではだめ。もう一人も描かないと…って、自分か。

06012002 自分なー。占い師じゃないけれど、自分のことを描くのは難しいんだよなー。blogじゃ気楽に描いているけれど、原稿上で他キャラとのやりとりとか自転車とのからみもあるとなれば、おざなりにはできないし…。で、ついカッコよく描いてしまうと美化してることになるし、かといってくだけて描くとなんかしっくりこない。

 実際右のようだとどーもしっくりきていない。うーん…。もう少し割り切って、「美化しすぎじゃん」と言われること覚悟で、かっこよく描いてしまおうかな…。

 あるいは自分以外をモデルにする?完全オリジナルキャラは「博士」役(?)には難しいからなぁ…。…和田さんとか?(^^;)なんでやねん

 …、やっぱり自分でいくか…(^^;)。

 ああそれと、もう一人くらいデザインしておこうかな。「おねーさんと博士」という図式にすると、なにか足りない。…ああ、ぬいぐるみの「マスコットキャラクター」が足りないんだな(^^;)どういう連想の仕方だ?。

 ただ、ぬいぐるみや非人間形のキャラだと自転車とからませるとき、扱いが難しそうだ。

 …うーん、今の女の子を天然ボケキャラに据えて、ツッコミ役のキャラをデザインして、その子らのかけあいを作る線にしてみようかな…。

2006/01/19

…というわけで、

06011905

  仙台に行ってきました。

 …以上(^^;)ぉぃ。

 いやー、仕事で行ったので、特に書くこと無いっす~。まぁそれでも気がついたことを書いてみるか…。


 実は、新幹線に乗るのが苦手…というか、乗り方がよくわからない(^^;)。

 考えてみると新幹線よりも飛行機に乗った回数の方が遙かに多く、在来線から新幹線にどう乗り換えてよいものか、よくわからなったりする。 大体、suicaが使えないんでしょ?どーしろと?

 今回も在来線から乗り込んで大宮で新幹線に乗り込む予定でsuicaで入り込もうとした瞬間、「あ、 suicaで入ってはマズかったのでは?」とあわてて駅窓口に移り、乗車券と特急券を購入した次第。

 そして、新幹線に乗り込む際に駅構内の自動改札があることを知るに至り、諸般の事情が飲み込めてきた。

 新幹線の自動改札で、乗車券・特急券のチェックを行っているのね。昔は車内で「乗車券を拝見」とかしていたと思うのだが、 それを新幹線ホームの入口・出口でチェックするようになったのか。あれは面倒そうだしなぁ。 両方重ねて自動改札していっぺんにチェックすれば、手間も少なくなるというもの。

 また、suicaが使えないのもわかった。面倒だしな。でも工夫のしようもあると思うが。… suicaってチャージ上限が1万円とかあったっけ?それがネックになっているのかもね。

 しかし指定席は車内チェックはあるのかな?指定席なんてまず使わないから、わからんわ(^^;)。

 そう、指定席で思い出したが、東北新幹線のはやてとかだっけ?あれって全席指定なのね。指定席券持たずに乗ろうとしていたよ(^^;)。

 ただ、たまたま早く新幹線ホームに行ったら、はやての1本前の…やまびこかなんかだったかな、自由席のある車両が先に着いていたので、 ついそちらに乗り込んでしまった次第。運が良かった。

 ちなみに新幹線の乗り心地だけれども、空いていたこともあって快適だったけれども、微妙によく揺れますな。 ノートPCを折りたたみ台に乗っけていたけれど、ブレまくる。HDDアクティブプロテクションが働かない程度のブレだけれども、 ちょっと怖いので、膝上での操作に変えた。

 乗り心地云々には影響しないブレだけれども、ちょっと…(^^;)。


06011907  仙台では昼・夜と牛タンづくし…つっても、有名店ではなかった。 普段だったら着の身着のままでゆったり店探しに時間を費やし、ここぞというときにその店に突入…ってところなんだけれど、 考えてみれば今回は仕事で行ったので、時間も行動範囲も縛られているんだった(^^;)。駅構内の牛タン通りで食事を済ます。 うーん、悪くはないが(^^;)。

 こういう機会では事前の下調べ・複数プランの作成が重要だなぁ…と悟った次第(^^;)。

 まぁでも美味かったけれど。…あ、でも考えてみれば。牛タン定食って以前は都内でもさんざんっぱらねぎし定食食っていたので、 あまりありがたみが無いかもなぁ(^^;)最近は値が上がっちゃったので食ってなかったけれど。


06011906  あとは仙台市内で見つけた妙な店。…ガンダムショットバー… って(^^;)有名なところなんですか?。

 仙台活動時間中には営業していなかったので詳細はわかりませんが、店頭に掲げられているメニューになかなか惹かれるものが…(^^;)。


 えーっと、あとは…無いなぁ(^^;)。うーん…、まぁほら、仕事だから…。

単に

かつての雰囲気

 「ツンデレ萌え」ってだけのコトじゃないでしょうか?(^^;)

 オタッキーな分析なので、あえてトラバも無し(^^;)。あー、ちくしょー(^^;)謎。

キャラクターデザイン進行中

 …でもないか(^^;)。なんか衣装がしっくりこないなー。

06011903 描き方はこんな感じ。線の幅が均一な描き。今までは線の強弱をつけていたけれど、均一な方が楽。数描かなければならないことを考えると、これでいきます。まぁ、アニメ絵に近い描き方なんだけれど。

 昔はアニメも線に強弱ついていたんだけれどね。ファースト「ガンダム」とか「あしたのジョー」とか思い出せばわかりやすい。最近のでも演出上、強弱つけるのもあるけれど、イレギュラーなカットだし。大人数作画に加わるので、描き手の個性が強く出てしまう線の強弱を許容してしまうと、作画監督の負担が増大して制作スケジュールや人件費等の問題が出てくるんだろうな、きっと。

 まぁでも、均一な線でも「生きた線」を描く人はいるんだし、そういう線を目指したいところ。

06011904 ちなみに動かすとこう。なんかさくさく描けるから、「ああ、俺も自転車描くの、慣れてきたなー」…と思ったら、単にショッパで自転車のフレームを描かなくていい分、楽だっただけという(^^;)。でも助かるなー(^^;)ぉぃ。

購入ソフト検討

 例のジャストシステム熱ですが、検討した結果、まだ決断まで至っていませんが、大体以下のもんを購入しようかと。

・一太郎2006ヴァージョンアップ版
・アイデアマスター
・角川類義語新辞典forATOK
・ネタの種2

 ジャストマイショップの割引価格やダウンロード販売利用しても、2万円超しそうだなぁ(^^;)とほほ…。

 なお、

・ConceptSearch /R.2

 …はまだ検討中。どこかいい比較サイトとか無いかな?まぁまだ新バージョンが出てないので比較のしようが無いと思うし、CPU占有率とか、そういう面での比較ってあまり無いような気もするが。


 一太郎2006はさしあたってすぐに必要性は無いんだよなぁ、実は。ただ、後述する連係機能とか考えると、バージョンアップしておいた方が無難だろうし…。

 新機能もあまりこれというのは…。まぁ、個人で使用しようとすると、冊子印刷機能が結構面白いかも。

 他のソフトで同類機能ってあるんかねぇ?プリンタドライバでカバーしているのもあんの?

 軽く調べるとFinePrint5ってのが汎用性ありそうだけれど?これならソフト選ばなさそうだ。…あ、そーすっと一太郎2006のその機能の特色が…(^^;)。

 そもそも、A4印刷しかできないプリンタしかないしな。両面印刷でもないし。

 でもA5冊子を頑張って作る…ってことにすれば…。

 まぁATOK2006もついてくることだし、やっぱ押さえておこうかと。


 アイデアマスターは他フリーウェアもあるんだけれど、UIと一太郎連係機能に期待をかけて。

 例の輪行本の作成に関して、構成を考える時に便利そうだな、と。基本的には漫画中心の原稿にしたいんだけれど、章によっては文章+写真(イラスト)って構成も考えられるので、そうなれば文字の打ちやすい一太郎との連携は必須。


 類義語辞典は前から使ってみたかった。似たような単語は思いつくんだけれど、肝心の思い出したい単語を思い出せない…なんてことはしょっちゅうなので(健忘症?(^^;))、これがあると便利そうだし。ダウンロード版でコストも抑えられそうだ(バックアップに気をつけなければ)。


 ネタの種2はもう定番過ぎる定番なので(おいらにとって)、無難にバージョンアップ。

 …あー、金はいくらあっても足りないなぁ(^^;)。

写真の意味

 そういえば草津の記事がそれなりに人気だった。

 ただ、人気の理由が「写真が多い」ということで、人を引きつける記事はビジュアル効果も考えなくてはな…と思い返されるところでもある。

 自転車の旅ではどうも手がいつもハンドルを握っているせいか、カメラのシャッターが煩わしくなってしまい、写真がなかなか撮られない。必然的にその記事は写真が少なくなってしまうのだが、やはりそれではマズいかも…という気がしてきた。

 ちょっとなんか今後の対応を考えないとなぁ…。


06011901 …、F10をケースに入れて腰のベルトにつけているのだが、厚着の昨今、衣服をよけてそれを取り出さなければならないため、かなり億劫になっている。シャッターチャンスを逃す要因でもある気がする。

06011902 これをリュックなどの肩のベルトに取り付けるようにすれば、かなり取り出しやすくなる。自転車に乗っている時のグローブは薄手のものを使用しているので、F10のオートで写真撮るくらいは問題ないだろう。

 ちょっとそういう運用で試行し、写真撮影枚数を上げてみるか。

 ただ、そうすると今のハンドストラップだけだと落下が怖いから、ネックストラップへの換装が必要かな。…なんか適度なの、持っていたかな?

2006/01/18

本末転倒?

 ちと、…後日書く予定だが、例のジャストシステムのソフト関係を調べていたところ、製本工房というのを見つけた。

 具体的な使用例はこれこれ

 …輪行本…というか、輪行写真メモリアル本(内輪向け)はこっちで作るかぁ?(^^;)どうよ>しゃおらどん

 で、同人誌関係は外向け輪行啓蒙本化とか(^^;)。ああ、どうしよう。

 ちなみに、構成等はアイデアマスターが出てから整理しようと考えているので、それ待ち(キーワードくらいは書き留めておくべきか)。

06011801
 ただ、以前書いたキャラクターはデザイン中。顔はほぼ右の通り。あとは衣装だなぁ。模索中。

 一応この子が入門者なので、あまりバイクっぽい衣装でない方が自然だけれど、ある程度自転車を連想させる衣装でないとねー。それがなぜかスパッツと思っている俺もどーなんだ…とは思うけれど(^^;)。

 なんかいい衣装、ないかのう…。まぁ、おいおい…。

目線のもらい方

 某氏がオートサロンに行ってきたと日記に書いていた。ああ、そういえばそんなんあったか。その頃は郊外で自然食を食っていたよ(^^;)。君も自然に帰れ(^^;)。

 まぁそれはそれとして、「おねーちゃんの目線をもらうのが難しいよ~ 」とか言っているな。…そんなに難しいか?

 カメラ向けて普通に「こっち向いて~」とか声かけると大概向いてくれるぞ?

 過去にモーターショウで、すっげぇ人気があるブースで人垣に入れず、仕方なくその外側からG2(液晶モニタ回転式で、カメラを頭上に持っていってもファインダー画像を確認できる)で撮ったときも、それで数枚目線もらったし(もらってない画像は1枚程度だったか)。

 …っていうか、ああいう場ってカメ小みんな黙々と撮っているから、声かけた方が向こうも助かるんじゃなかろうか?まぁみんないっぺんに声かけたら逆に困るとは思うが(^^;)。

 いっぺん一緒に行ってみる?(^^;)


#もっとも、コンパニさんがいらっしゃるようなイベントは全然行ってないんだけれどねー、最近。まぁコスプレイベントも全然行ってないんだけれどね(^^;)、コンパニ系ってそもそも、交流とか無いから…。

2006/01/17

あ、そうそう、

 明日、日帰り出張で仙台に行くんですけれど、どっか行っておいた方がいいところってあるっすかね?

 …つっても、ほとんど駅前から移動できないんで、昼飯、晩飯くらいなんすけれど(^^;)。

それにしても、

 ******さん、もうなんか****たの?>***

 1秒も見てないんだけれど、明らかに***と*が*っていたような…(謎)。

「ペイル・コクーン」&「鉄路の彼方」購買促進キャンペーン(^^;)…になってない

 なんかすっかり情報が遅くなってしまったのだが、一応書いておこう。

 1月18日に発売になる「ペイル・コクーン」と「鉄路の彼方」というDVDがあるのだが、実は去年、すでに見ていたりする。

 これら2作品は「ほしのこえ」と同じく個人製作(作画作業作業の大半を個人で制作しているという意味で、その他の体制は問わない(^^;))による作品。

 個人制作といえば昔、ダイコンフィルムというのがあった。「電車男」のOPアニメの元になったのが有名で、内容も大体あんな感じ。

 しかしセルを使用しての8ミリフィルム撮影という、アナログで手間のかかるその作業は個人制作の域を超えて多人数での作業をもってしても量をこなすことは難しく、なかなか量産以前に10分を超える作品を作成することは困難だった。

 しかし昨今のデジタル技術の普及により、かなり作画の手間を抑えられ(それでも「劇的に」ってほどでもないのだが)、あまりマンパワーを必要としない分、団体制作によるアニメ制作にはない持ち味が凝縮された企画などが期待されている。

 …とはいっても、その手の作品はおいら自身は「ほしのこえ」以降はあまり話に聞いていない。あるにはあるが、Web公開が主だったりして、DVDでの公開というのはあまり数が無いだろう(いや、あるのは知っているんだけどサ(^^;)名前が思い出せない…)。

 ただ、今回のように同一レーベルから一度に複数作品出るというのはおそらくはじめてでない?これがノれば、企画としても今後も考えられるわけで、メジャー…というか、既存のアニメ作品って大体似たようなのが多い昨今、まぁマイナーとかB級とか、当面単に「メジャーでは出しにくい」という企画が多くなるとは思うけれど(^^;)、小粒でもピリリと辛い作品がお目にかかれるような市場に発展することを期待すれば、今回の作品にも期待がかかるというもの。

 …っていうか、買って(^^;)ぉぃ。別においらは何の関わりあいも無いけれど(^^;)一応めちゃめちゃ遠い遠縁が無いことは無いが…。

 いや、それで市場が広がれば、他にも面白い作品が出てくるかもしれないんだから、それはそれでいいか。


 …で、せっかく過去に作品を見ているんだから、プレビューでも。

 「ペイル・コクーン」は「ほしのこえ」が気に入っているのなら、まず問題なく入り込める作品。絵柄も既存アニメに習った手法なので(キャラが2D)、大抵の人は違和感なく入り込める絵柄でしょう。

 勿論3DCGも多用していて、それを生かした持ち味もあります。

 個人的な感想としては、カメラワークが非常に上手いです。察するに、作画枚数は少ないんですけれど、カメラの動きを生かしてそれを気づかせない…というか、画面に入り込めるようなカメラワークを設定していたら、たまたま作画枚数が少なくて済んだ…的な上手さを感じます。

 そのカメラワークに惚れてDVD買おうと思ってます。

 まぁ、マンパワーの少なさの必然というか、世界観描写の少なさがちょっと目につきますが、登場人物の人間関係に重点を置いているので、あまり欠点という気はしません。演出上、そこらへんを推察するのもまたキーにもなっています。

 無論「もっと余力があったなら」そちらの世界観の構築を加えれば(地下都市の生活とか)さらに物語が広がったであろうことも考えられますが、まぁこれは制約といったところでしょうか。

 物語の方は先にも書いたとおり、視聴者が「推測」するのもまた楽しみになっているので、あえて詳細は記載しないでおきましょう。若干好みが分かれる話かもしれないなぁ…。おいらは問題なかったけれど。

 あ、そうそう。試写ん時は複数人で見たんだけれど、物語の結末をどう解釈するかで論争になったりもしたので、友達をわいわい見るのもいいかもしれません。


 さて、評価が難しいのが「鉄路の彼方」。

 言ってしまうと物語と世界観描写に深みが無いんだよなぁ…。設定的にはあるんでしょうけれど、それが生きていない感じです。

 絵柄がアクが強く、見る人を選びますが、この作者独特の個性のようなもので、それは欠点ではありません。私は過去作品から結構慣れ親しんでいるので、結構好きです。

 ただ、その個性に頼りすぎたか、描写に特色が出ているんですけれど、アクが強い分、繊細な遠景描写が難しく、それを省略するのもまた味なんですけれど、特殊な設定の舞台になっているため、その遠景による世界観の構築が無いために雰囲気が出きっていない…という。

 まぁあまりにも特殊すぎて、じゃぁ実際にどう描写するのか…っていうと実に難しい問題なのですが(^^;)。

 他にもツッコミどころはあるんですよね。ただ、物語のコンセプト的には惹かれるものはあるんですよ。「ペイル」の方が若者向けなら、こちらは30代以上向けっぽいような(いや、両方とも違う世代が見ても面白いと思いますが(^^;))。

 ちょっと一人で仕事後に帰ってきた家でくつろぎながら見る…って感じですか。

 ともかく、こちらの作品を見るときにはコツがいります。同時収録されている作品を先に見ることです。確か過去作品の中に今回作品と同一キャラが出ていたかと思います(うろ覚えなので保証は出来ませんが(^^;))。

 描写への慣れ、作家個人の作品傾向の習得等々を作品作成順序に習って見るというのがこのDVDへの対策というか。それによって個々の作品世界…ではなく、作家個人の世界観傾向がうかがい知れ、その辺で深みが出てくるかと思います。

 出来は決して悪くはないので(肝心なところで逃げを打っているところは許せませんが(^^;)謎)、こちらも是非どうぞ。


 …とまぁそんな感じで、とある方面との関係のために、宣伝宣伝…っと(^^;)宣伝になってねーよ。

 あ、そうそう。「TANK SWAT01」の方も見ているのですが、こちらはまだ発売まで時間があるので、また改めて…。

おたまはんを使わない方法

 TOKさんも書いているが、おたまはんが人気らしい。

 TOKさんに頼み込んで、関東風・関西風両方確保してもらって我が家で味わっている身としては、納期待ちの輩に対して優越感を持ってほくそ笑んでいたりもするのだが(^^;)ぉぃ、実はあまり消費量は多くない。

 理由は「たまご倶楽部」にある。

 最近そちらで玉子を買っているのは先に書いたとおりだが、特色上、たまごかけご飯はそちらの玉子を使うようにしている。

 で、ポイントはその黄身が濃厚で、甘みも強い…ということだ。

 おたまはんを買ったことがある人は原材料記載を見てもらえればいいのだが、醤油とみりんが主成分になっている。関東風・関西風の違いはこのみりんの配合料の違いで、関西風が甘みが増しているらしい。

 無論、これはこれで美味いのだが、甘みの強い玉子を使うと、それに甘みを掛け合わせているようで、そもそもご飯だって甘いものだし、甘さだらけでちとどうだろう(おかずに辛みのあるものを用意するとちょうどいいかもしれない)。

 実はたまご倶楽部では「たまごかけご飯に最適」と銘打って、だし醤油を売っている。実を言うと過去、おたまはん入手時に食べ比べを行った経緯があるが、そのことをその食べ比べ前に玉子入手のために寄ったたまご倶楽部の店員に話すと「是非このだし醤油もエントリーして頂戴」と勧められた。

 ただ、友人の家でのその食べ比べの際は忘れてしまって…(^^;)。結局、たまごかけご飯を3杯食ったんだから、3種食べ比べれば良かったな…と思う次第。

 まぁともかく、私ん家にはそのだし醤油があるわけで、それの原材料記載を見てみると、みりんは入っていることは入っているが、その前にだし成分が記載されており(だし醤油だから当たり前なのだが)、記載順序から考えれば、そちらの成分がみりんよりも濃厚になっている。

 もうおわかりかと思うが、元々甘みの多い玉子にそれ以上甘みをかけず、むしろだしによる味の深みを目指しているわけで、コクのあるたまごかけご飯ができあがるわけだ。

 普通の、スーパーなどで売っている淡泊な玉子なら、おたまはんの方が美味いと思う。甘みを上手く補完してくれるはずだからだ。

 ただ、おたまはんが無いのなら、玉子で甘みを増すために、そういう玉子を入手し、だし醤油で味わい深いたまごかけご飯に仕上げることをお勧めする。

 たまご倶楽部なら、おなじところのだし醤油がいいでしょう(実際おいらもハマっています)。なにやらグッチ裕三お勧めのだし醤油らしいから(^^;)どんなんやねん。

2006/01/16

時間に追われて

 久しぶりの運動だったので、筋肉痛が…(^^;)。まぁ翌日に出てくるだけマシか?

 普段も痛くなることはあるにはあるが、今回はちっとだけキツい。おそらく時間に追われたからだろう。

 行きは以前2時間半かかっていたところに待ち合わせ2時間前に出発したし、帰りは帰りで後ろにつかれた見知らぬ自転車の追い上げを勝手に「アオられた」と解釈し、逃げ切り走行とかしていたので(^^;)想定走行、それなりにスピード出していたし。

 ただ、それくらいのことが無いと、ハリが無くていかんね。普段「買い物にいくだけ」「目的地のない走行」ともなれば、自然と「のた~…」っとした走行になってしまう。

 時間を決めて、少しでも早く着くように…と思うと走行にもハリが出る。また一緒に走る人と競うように走ってもいいわけで、やはりそういうシチュエーションを用意しないと走行に身の入らない性格の私らしい。

 …とはいえ、またGaapといえど、TOKさんと併走できるようには思えないが(^^;)。

冬のイベント

 なんかのニュースで、山中湖が珍しく凍結して、一部でワカサギ釣りが出来るようになっている…と書かれていたような。

 しかし、ワカサギと聞くと、思い出すのが西永福だったか…。某氏の住まいがあったため、よく呑みに行っていた覚えがある。その店はもう閉店してしまったので、思い出だけの話になってしまうが。

 ただ、その思い出の中で悔やんだ思いがある。確か季節もののワカサギのてんぷらを食い損ねたんだっけ?季節のメニューの多い店だったけれど、なぜかワカサギのそれをひたすら食べ損ね、なんかワカサギという言葉にコンプレックスを覚えるぞ(^^;)。

 そんな、冬の甘酸っぱい思い出…(^^;)ぉぃ。

 しかし、そういえばワカサギ釣りとかしたことないな。…したいな(^^;)。

 考えてみれば、ある意味「どうでしょう」ステイタスでもあるし(^^;)一部爆。

 …どう?(^^;)>誰となく

 山中湖は凍結したといっても、本来凍結する湖でなし、監視下でないと危険…ってことなので、素人が行くのはどうかということで、もっと別なところがいいでしょう。

 しかし遠くてもねぇ。

 関東近県で日帰りできる範疇で、氷の上でワカサギ釣りが出来るところなんてあるかな?

 まぁこないだ草津とかでお金使ったばっかだから、すぐってわけにはいかないな。やるとしたら2月か。まぁシーズンがいつからいつだかわからんけれど(^^;)。

イケない考え

 その後、あまりX41TでBluetoothを使用していない(^^;)。別に例の小型キーボードが使いにくい…というわけではなく、まだそんなに必要性のあるシーンに出会ってない…ってだけのことだ。

 普通にノートスタイルで文字打っていることの方が多いし。

 まぁでも、たまーに使うこともあるので、あればあるでいいことではあります。想定として、この先Bluetooth内蔵携帯orPHSの使用も見込むし(通信&同期)。

 ただ、やはりBluetoothユニットが邪魔。USBアダプタで、派手に筐体から飛び出している。邪魔で使用上問題がある…というところまでは行かないが、やはり出来れば内蔵出来た方が望ましい。

 で、X41にBluetoothを内蔵しようとするとここに記載のあるIntegrated Bluetooth IV with 56K Modem (BMDC-3)というのが必要になってくるらしい。

 あとアンテナ(13N5329)、LCD アイコン・プレート(13N5330)の3つを揃えれば内蔵可能というネットでの情報。実際日本の窓口で取り寄せて、換装された方もいるらしい。むう、情報ありがたうございます。

 …しようかな(^^;)。費用的には1万円オーバーで、CFカード並。他デバイスで使用できない弊害があるが、内蔵出来てPCMCIAポートをつぶさないといった利点もあるので、高いってわけでもあるまい。ちょっと惹かれる。

 惹かれるのだが、そうそう使い倒すものでもなし。さて…。

 …と思案したところで目に入ったのがT40p。

 …そういえばBluetoothユニットが内蔵されていたっけ(^^;)。

 軽く調べてみると、LCD周りを除き、X41と共用できるっぽい。

 T40pはもうモバイルPCではないのでBluetoothを多用するわけでもなく、またUSBユニットで代用しても問題ないし。

 まぁさすがになんともないPCから部品を取り出すわけで、それで一気に不安定になりそうな気もしないでもないから、すぐにやろう!…って気にはまだ至っていない(^^;)勇気が…。

 でもなんかもう一つ、Bluetoothデバイス(PHSとか…)を手に入れちゃった日には…(^^;)。

2006/01/15

奥多摩からの挑戦状

 さて、今回の奥多摩サイクリングでは、いくつかネタを仕入れてきました。

 食ってきた日向和田の釜飯ですが、近くの店で「釜飯美味しかったですよ~」とか世間話していると、「なかいで食べたの?」という、 未知の店名が…。

 どうやら、他にも釜飯の美味いところ、それも地元の人お勧めのお店があるらしいです。…つっても、 実は数日前にテレビで紹介されていたかららしいのですが(^^;)。

 釜飯 なかい… というところだそうです。

 テレビネタは過信しない方が良いかと思いますが、そもそもパン屋の「麦(むじ)」だって、テレビの紹介がきっかけでしたしね。 まずは調べないと…って、行ってこいってか?(^^;)そのうちみんなで行こうぜ~

 …でも遠そうだなぁ…(^^;)御岳の向こう…って。


 次~。蕎麦屋。

 日向和田…というか、青梅以西といえば、何度か「蕎麦巡り」をしたところ。何カ所か蕎麦屋を知っていますが、今まで知らなかった、 ある意味「別ジャンル」的なそば屋があることが、これまた地元の方からの聞き込みで判明(^^;)何しに行ってたんや。

 「別ジャンル」…それは、「すぐ完売」ジャンル。

 …ほら、蕎麦屋でよくあるでしょう。「本日分の蕎麦が売り切れたので、閉店」…ってやつ。ラーメンの「スープが切れたので…」相当? (^^;)

 あまり奥多摩方面でそういった蕎麦屋はありませんでしたが、今回一気に2店舗も発掘してしまいました。

そば処 はら

蕎麦 榎戸


06011503  「はら」の方は12時頃は売り切れていませんでした。 撮影時にはのれん代わりの旗が出ているでしょう。

 しかし14時前には売り切れていました。聞いてみると、早いときにはそれくらいで売り切れるそうです。…11時半開店なのに?

06011501 06011502  そして榎戸。こちらも14時半くらいに通りかかると、すでに閉店の看板が…。しかし数人、 食事が終わった客が出てきたところを見てみると、14時の注文段階で売り切れた…と見るべきか?

 ちなみにそちらも11時半開店。

 どちらも2時間ちょいの人気店。まぁ列が出来る売れっぷり…というよりは、生産数の問題だとは思いますが、それだけ厳選少数の材料の蕎麦… ってこと。

 …制覇してみないか?(^^;)意味不明

 まぁ11時半開店時にどちらかにいて、食事。で、30分もかからず移動できるので(by自転車)、続いて食事…ってか。 ちょっと両方押さえておきたいなー(^^;)味わって食えよ。

 そのうち、制覇ツアーでもしませう(^^;)。

失われしみそたま

 久しぶりに走ってきた。

 最近40km以上走ったのでは1月3日の浅草くらいか。…ってーと、10日以上ぶりか。…あまり間開いてなかったな(^^;)。まぁいいや。

 今回は奥多摩です。ちと友人とまた例の釜飯に行ってきました。

 ただ、その友人は自転車を持たないので、現地集合です。一人で多摩川サイクリングロードをひた走り、2時間かからずに走り抜けました。…あら?速い?10時に出て、11時50分に着いてました。うーん、前はもうちょっとかかったような気もするが…。

 ただ、あまり速く走れている感覚はない。…持続力か?…まぁいいか(^^;)。

 …でまぁ、あまりトピックはありません(^^;)。以前行ったところだし。相変わらず美味しいです。健康的っす。人気店だし。

 また、近場にこんにゃく屋なるものも見つけました。とろさしみという、刺身こんにゃく用具材が結構美味しかったり。

 まぁ今回はそこの食事だけが目的でしたので、お話としてはこのくらい。

 あとは帰り、青梅の地玉子を買ったくらいで(^^;)。

 あ、そうそう。そこの「みそたま」ファンにお知らせしなければならない衝撃の真実が…。

 我々が最初にみそたまに出会ったあの日…というか、あのシーズン、たまたま試食キャンペーンをはっていたそうなんですが、そのせいか、あるいはそのキャンペーンで虜になってしまった面子がblogで広告しまくってしまったせいか、人気が出て、品薄状態だそうです。

 15時くらいに行きましたが、とっくに売り切れていたそうです。買い占め組がいるそうで(^^;)ホントかよ。

 まぁそんなわけで、今後入手困難が予想されるみそたまです。ご愁傷様です(^^;)。

 …と、終わらせないのがこの私。お話を伺って、「前日までに(おそらく出来るだけ早く)電話連絡なりで数量を知らせてくれれば、取り置きます」とお聞きしました。

 今後、あの方面に出立する場合には、あらかじめ参加確認を取り、その際にみそたま予約数も受け付けますので、一括取り置きしておきましょう(^^;)若干マジ。


 …ちなみに、暑かった。パーカーなんか着て自転車運転なんかしてられない陽気。奥多摩地区に近づくにつれ、山肌の日陰や流れる水のせいか、北風に乗った冷風で、急に寒くなりましたが。

 今回だけか?これからも要注意かな?まぁ天気予報通りみたいだから、そちらに注意しておけばいいか…>気温。

2006/01/14

おかしいな

 この冬はここのところの冬の中で一番の寒さらしい。

 その寒い冬に、さらに寒い草津にも行った。

 勿論もっと寒いところもあるのだが、おいらの経験の中で…ってことで、やっぱ寒い思いをしているはず。

 …なのに、耳あて(イヤーウォーマー)が欲しいと思ったことがない。朝の草津でも耳あてが欲しいなぁ…と思った覚えがない。

 別に耳が痛くないことはない。昔は寒さに耳がじんじん痛み、しょっちゅう耳あてしたり、なければ手を当てて押さえまくっていた覚えもある。

 なのに最近そういう感覚が無い。何かの前兆だろうか?

 でも、むしろ寒くても耳が痛くない方が血行が良くて問題なさそうに思えるのだが、…そういうもんでもないか?(^^;)

 まぁ耳あてが無くてもいいんなら、それにこしたことはないか…。うーん…。

2006/01/13

最近、ジャストシステムにお熱

 Wordよりも、一太郎を好んで使うことは以前にも書いている。一番最初に使用したパソコン用ワープロソフトがそれで、DOSの頃に使いまくったことも要因かもしれないが、設計がなんか日本人的にしっくりくるのがいい…ということもあるかもしれない。

 だから…というわけではないが、なんかどーも最近ジャストシステムづいている気がする(まだ一太郎2006導入は迷っているが(^^;))。

 一太郎、一太郎と言ってはいるが、一番使用しているソフトはネタの種だ。「一太郎よりも」というよりも、「一番使用しているパソコンソフト」として使いまくっている。

 もっとも元祖(?)は紙copiで、最近はFlashの取り込みに対応しているということで、そちらにも惹かれたりもするのだが(^^;)。

 ネタの種1では紙copiとの違いが明確ではなかったけれど、バージョンアップして違いが明確になってきたような。ネタの種2でもFlashの取り込みには対応してないんじゃないかな?うーん…、ネタ帳としてはネタの種が最適だけれども、スクラップソフトとして紙copiも買おうかなぁ。


 バージョンアップといえば、ConceptSearchもR.2になるらしい。

 デスクトップ検索といえばGoogle デスクトップ 2が定番どころかとは思うが、実際私もあるPCでは使用している。

 ただ、「タダより高いものはない」という考えがあったり、機能が豊富なので、外部アクセスがどうしても多くなり、処理タスクを占有してしまっている印象も強く(ベータ版)、どうもあまり気持ちのいいものではない。

 とはいえ、デスクトップ検索自体はかなり重宝するものだし、その機能自体は欲しい。

 …と考えると、素性のいいもの(?)…として、先のConceptSearchとかが気になっていたわけ(^^;)。ただ、Outlookの検索や、ウェブサイト閲覧の履歴の検索ができないといった、機能的にちょっと…という気も。

 無論自然文検索といったアドバンテージもありますですよ。

 ただ、調べてみると、MSNサーチツールバーwith Windowsデスクトップサーチというのもあるのね。Windowsとの親和性と考えると、一番相性がいいような気がするのだが、どうだろう?機能的には一番おとなしい気もするが、コスト・親和性では無視できないかもね。

 ちなみに、グーグルを除いて「ウェブサイト閲覧の履歴に対する検索が弱い」と書いてはいるが、考えてみれば「ウェブサイト閲覧の履歴」に対する検索ってば、「ウェブサイト」に対する検索を改めて行えばいいだけのことのような(^^;)。

 とはいえ、検索結果のページの別の語句を覚えていたり、検索結果の数十ページの一つとなると、再検索した後さらに熟読せねばならなかったり、先の検索後にサイトの情報、もしくはサイト自体が無くなっていて情報が閲覧できなかったり…ってことを考えると(実際あった話)、やはり「ウェブサイト閲覧の履歴」に対する検索機能は欲しいところではあるんだけれど…。

 まぁ、X41Tにはまだこの手のソフトを導入していないので、どれかにするか、もう少し検討しようかな…。


 ジャストシステムネタに話を戻すと、他ソフトではアイデアマスターというのもある。

 いわゆるアイデアプロセッサーといわれるソフトで、フロチャート作図ソフトではあるが、思いついたことを次々羅列し、それを関連づけたりして整理し、…あー、まぁリンク先を見てください(^^;)ぉぃ。

 しかし調べてみると、同ジャンルのフリーソフト・シェアウェア類があり、そちらを選定するという手もある。

 また、図的にこだわらなければ、そもそも一太郎のアウトラインプロセッサーなどを利用して同じようなことが出来るし、ネタの種もそういった用途を想定している。

 無理に新しくアイデアマスターを選ばなくてもいい…のだが、使い勝手は良さそうだ。

 また、アイデアマスターのPro版にはスケジュール作成機能というのもあり、これが結構仕事で使用するには重宝しそうな機能なのでものすごく欲しいのだが、Pro版になった途端、値段が2万円超…と、どう見てもそういうのを作る人(仕事)向け値付けになっていて、「私用でついでに仕事にも使おう」的ユーザーからひっぺがされている気がする。

 …職場で買ってくれねぇかな(^^;)。


 そんなわけでジャストシステムのソフトに惹かれているわけだが、ハード的なものだとそこのオンラインショップの独自規格なとかを購入したのが記憶に新しい。

 実際使用しているが、結構便利で、かなりのお気に入りだ。背負いとして使用していると一部に常に負荷がかかりすぎて、すぐに痛んでブチ切れてしまうんじゃないか…と心配になるところがある。たまにショルダーバッグとしてベルトをかけかえて休ませてやらないといけないかな?

 ともかく、これといい、これといい最近妙に元気がいいジャストシステムのようなのだが、気のせいだろうか?

ザクティHD1の行方

三洋、720p MPEG-4撮影可能なハイビジョン「Xacti」
-2GB SDカードに20~40分撮影可能。126,000円

 さすがに10万はキツいな。

 また、4GB以上のSDカードの対応も楽観できそうとはいえ不明だし、そのあたりの保証も欲しい。

 まぁなんと言っても「HDDビデオカメラよりも高い(実売は不明)」「HD映像編集環境構築が(おいらにとって)高価」「SD映像撮影オンリーにしても、既存C4等シリーズに比べてアドバンテージが少ない」といった点でちょっと今回は保留。

 とはいえ、ワイコンなどが用意され、どこにつけるのか外部マイク入力端子まで内蔵されているあたり、面白そうなことは面白そうなんだけれど。三脚用ねじ穴に固定できるグリップが登場し、それにアクセサリシューでもついて、マイクが接続できるようになるかもしれない。それでワイコンもついてくれば機動力として面白いかもね。

 とりあえずこんな勢いの三洋は応援しないと~。金銭面では無理だが(^^;)。まぁ月産5千台ってことも言っているし、向こうもそう売れるものではないという自覚はあるようで…(^^;)。

火事の事後

 最近、うちの近所で火災があった。

 結局ぼやで済んだと言うが、周囲一体に消防車がずらっと並んでスゴかった。それも通勤時間帯だったので、それなりな騒ぎになっていた。

 こうなると野次馬根性で現場に向かいたいところだが、先にも書いたとおり、ちょうど通勤時間だったので、消防車の間をすり抜けて走り去るのがせいぜい…。

 まぁこれまた先に書いたとおり、拡声器で「府中市消防局ですが…」とか言ってぼやで鎮火…という情報をもらったので、それで問題ないと言えば問題ないのだが、やはりどんなもんだったのか気になる。

 火災現場に舞い戻ってもいいのだが、それを傍目に見てもたいした情報は得られない。

 火元はどこか、原因は何か、けが人はいたのか。そういう情報を現代の情報社会、ひょっとしたらインターネットで検索できるんじゃないかと気がついて、検索してみた。

とりあえず東京消防庁のホームページを見てみると、ここに災害情報とあって、最近の火災などの情報が掲載されている。

 ただ、「主立った…」ものであり、軽微な火災については掲載されていないらしい。実際掲載されているのをずらっと見てみると、全部けが人以上の被害者が出ている。

 ぼや程度だと掲載はされないみたいね。まぁそれまで含めていたら膨大だし、その程度にまで手間かけているくらいなら、他のことに手間かけた方がいいか。

 …でも、blogとか共通フォーマットを定義していたら、そんな手間でもないとは思うんだけれどもね。

 しかし、今回のおいらの検索に関係なく、こういうページを見ていると、世の中いろいろあるんだなぁ…と実感する(^^;)。感謝状も結構出されているのね(^^;)。

 ある意味防災意識というか、危機意識というか、こういうところを見て、何かしら自覚せんとあかんなぁ…という気にもなったり。


 ちなみに府中消防署のホームページも発見したが、やはり先のぼやの情報は掲載されていなかった。

 …やっぱもっと情報化した方が良かないか?blogって、そういうのに使えるよね?(^^;)報告書を電子化して、上司への報告時、もしくは決済時に自動でアップロードするマクロ(バッチ?)化とか…

2006/01/12

海外の盲点

携帯電話の「国際ローミング」、料金トラブル急増

 身につまされるなぁ…。

 …って、外国に行ったことがないどころか、そもそもパスポートを持っていないおいらがなんでこの話に身につまされるか…っつーと、知り合いの、仕事で海外行く人が着信しやすいように国際ローミングの携帯をわざわざ自前で買って、「着信するだけならタダだから便利だよ~」とか言っていたのに対し、「…え?そういえばなにかの漫画で国内の携帯電話を海外に持っていくと着信にも料金かかるって書いてあった気が…」と答えたところ、「そんな馬鹿な~」と相手にされず。

 しかし気になったために買った携帯の電話会社や渡航先を確認してWebで検索したり調べたところ、間違いなく着信にも料金がかかることが判明して教えてあげたところ、礼を言われて…結局持ってかなかったような。

 まぁこれは被害でも何でもなかったんだけれど、思いこみは怖いな…という話。たまたまおいらがそういうネタを知っていたから、どーにかなったわけで…。キャリアの情報提供もややこしい…ってこともあるのではないかとは思うが。

 いや、検索するとさくっと「着信にも料金がかかります」といった情報はすぐにわかったか。ただ、「あれ?着信に料金かかったっけ?」と疑問に思ってはじめて検索するような事項だから、「着信に料金かから無いのは当たり前」とか思っていると、ずっとわからないだろうし、「海外で携帯使うのに注意点は?」とか思って「いろいろ」検索してやっとたどり着く情報ではなかろうか?

 ちょっとそこらへんのアピールも携帯電話会社としては必要ではないだろうか?小さい注意書き程度ではなく…。

さらば、大相撲

 そういえば初場所が始まっているのね。

 いつか「今度、両国場所が始まったら、見に行きたい。今度こそ焼き鳥を食いたい」とか書いたような気がしたが、ちと草津出費のために、今回は延期(^^;)。

 かといって相撲嫌いになったわけではないので念のため。…実を言うと、相撲好きでもないのだが(^^;)。

 いや、「相撲の雰囲気好き」なわけで(^^;)意味不明。

 まぁ両国国技館の雰囲気とか、相撲好きでなくても飲み込まれてしまうわけで、ちょっと年に一度くらいは味わっておきたいな…と思うわけですよ。

 まぁおいらの身分では出方さんがつく席には座れないのだが(^^;)レポート書くから、だれか招待してくれないかしら?。

 でも出方さんが来なくても、面白いもんは面白いしね。次の両国場所とかチェックしておこうかな…。

裏の仕事

 まったくの気のせいかもしれないが、X41Tはウィルススキャンが快適だ。

 T40pの方がわずかにCPUスペックが上回る高クロックなのだが、ウィルスバスターのウィルススキャンがかかっていると、他処理が重くなる。

 対して、X41Tのそれはメールの送受信とか、ウィルスバスターに負荷がかかる処理ならそれにともなって重くなるが、それに関係しない何かの処理の場合、あまり重くなったりという印象がない。

 そもそもIBM(レノボ)ではThinkVantageテクノロジと証する技術の中で、ThinkVantage バックグラウンド・プログラム・マネージャーというソフトを公開している。これを利用すれば裏でウィルススキャンしていても負荷率を低減し、表に出ている処理に負荷がかかってないように見えるので、現状の正体はこれかな…とか思えたりもする。

 しかしそもそもそのソフトをはプリインストールもされてないし、インストールしてもいない。

 公開されている情報の対象機種に「X41」は入っていても、「X41Tablet」が記載されていないので、導入には二の足を踏んでいる。X41が対応していれば使えそうな気もするが、他に使用可能なThinkVantageソフトには対応しているものにはきちんと「X41Tablet」と記載されているので、ちとバックグラウンド・プログラム・マネージャーのインストールはしにくい。

 すると何が原因か?

 まぁそもそもX41Tは使い始めたばかり。T40pは使い始めて2年ほどで、そもそもクリーンインストールもしたこと無いので、ウィルススキャンに限らず、何か重くなっているのかもしれない。

 ただ、既存ノートユーザーにはその回転速度の遅さから忌み嫌われる1.8インチHDDについても、確かにひたすらHDDにアクセスするような処理には時間もかかるが、なんかバス上の並列処理が行われている感じで、普段の使用でHDDの遅さを体感することは少ない。

 なんか、過去のM/Bよりも並列処理関係が洗練され、そこらへんが快適になっているのかもなー…と勘ぐってみたり。

 まぁ先にも書いたとおり、まだ常駐物の少ないマシンだし、そもそも気分的なものもあるし、大体モバイルPCのくせに1.5GBものメモリを乗っけている…ということもあるので、偏った見方なのかもしれないが(^^;)。

 現状快適で問題ないので、別にこれ以上原因追及しようとも思わないしね(^^;)。

2006/01/11

およ?

アップル、Intel Core Duo搭載の「MacBook Pro」

アップル、Intel Core Duo搭載の「iMac」
~従来の筐体のままx86化

 思ったよりも早く出たね。

 Macだったらモトローラチップでもいいじゃんとか思っていたけれど、「既存のiMacより2~3倍、既存のPowerBookよりも4~5倍高速でありながら、価格は同じだ」とか言われると、さすがに新型の方が気になってしまう。

 まぁ、今のところMacが必要なシーンは無いので、ノートなら小型軽量な何か、デスクトップならテレビ機能内蔵のものでないと…ってところなので、すぐに欲しいというわけではないが、そういう要求にフィットするのが出ると、我慢できないかもしれない(^^;)。

 インテルだらけ…ってのも面白くないが、ここまで性能向上するなら仕方ない。デュアルコアも魅力だし、ちっとこの先要注目か。下手すっと、今使っているソフトのクロスアップグレード…ってことはさすがにないか(^^;)。いや…魅力的なハードなら…。いやいや、ウィンテルだってデュアルコアのPCだって出るんだし、それだったらコストもかからん。

 まぁそれでも、昔からMacにはあこがれていたので、そろそろ何か一機種、欲しいところではあるが(^^;)。

X41Tabletのお伴

 X41Tで絵が描けなくなってきている。

 …とはいっても、「付属のペン」で…ということ。

 実を言うと…というか、PC-VA93J/GLの時にも書いていたと思うが、確か、IP-110-0G…いや、消しゴムがあるから、UP-911E-02DDの方かもしれない(^^;)。ともかく、Intuos3グリップペンではない、液晶タブレット用のペンがタブレットPCで流用可能…という情報を元に、お絵かき用のペンがあったので、それをX41Tでも使っていた。

 実際、タブレットPCに付属のペンは筐体に収める関係上、特殊な形状をしていることが多く、絵を描くペンとしてはフィットしにくく、しかしUP-911E-02DDあたりはタブレットに付属してくる通常の形状をしているので、扱いやすい。

 …ので、最近はもっぱらUP-911E-02DDで絵を描いていたのだが、外にまではあまり持ってこないことが多い。

 最近、昼休みに日記用にカットを描こうかな…と久しぶりに内蔵ペンの方で絵を描きはじめたら、簡単なカットなのにものすごくペンが引きにくい。断面がかまぼこ状なので、手にはフィットしつつも、角度自在に力を均等に加えられないため、線が引きにくいのだ。

 …これからはUP-911E-02DDも常に持ち歩くようにしなければならんかな。でもなくすと怖いなぁ。6千円もするし…。

2006/01/10

自転車本はやめます

 「輪行本」にします(^^;)ぉぃ。

 いや、「自転車本」だと、オールマイティな自転車のジャンルに広がっちゃいそうですけれど、基本的には輪行を中心に、こまやかな移動ができたり、自然に優しい移動の出来る旅行やサイクリングの勧め…ってことだから、「輪行本」の方が良かろうて。

 まぁ…コードネームで(^^;)、実際の本の名称はまた別のに決めていくです。


 まずはコンセプト…は、ほぼ先に挙げたとおり。あと今までの輪行の写真を織り交ぜてメモリアル的に。

 次に構成はどないしよ。メモリアルを考えると写真掲載のためのカラーページは確保する必要がある。ただ、それだけだと本当にただのメモリアルだ。印刷数が多いため、それをハケさせるためにオリジナルコンテンツが必要になる。それが「輪行のススメ」であって、それをどのような記事にするか…となると、…やはり漫画しかないか、おいらの場合。

 なんかストーリー仕立てにしてその中で輪行のすばらしさを伝えていく…ってのが格好いい本にはなるとは思うが(「アオバ…」とか「美味しんぼ」とか)、組み立てが大変そうなので、キャラクターが対話して解説していく形にしようかと思う(「ダーリンは外国人」みたいな…)。

 一人は…俺だな(^^;)。もう一人はキャンペーンガール(?)でもデザインして、彼女に対応してもらおう。

 で、実際の輪行を紹介する形でカラーページを挿入すれば、ページの流れも自然かな?

 どうだろう?

走行の予定と邪魔

 正月は食べ過ぎた。運動も不足。後輩がえらくダイエットに成功している。

 …という、プレッシャーがあるので、週末も走りたいところだけれど、週間天気予報ではなにやら雨の予感…。

 まぁ今から週末の予報なんて、ズレたり、変わったりするのは当たり前だから、もうしばらく様子を見てもいいかな。

 天気が問題なければ、…飯能あたりに正月のご挨拶に?(カレー屋を除く(^^;)超ぉ)

 あるいは…他のところに行ってみる?一応持ちネタとしては輪行で三崎漁港でマグロ丼…とかいうネタもございますが?>スコール・スリー

 輪行で横須賀集合。三浦半島を回って三崎で昼食。さらに回って鎌倉で解散…とか。三浦半島一周(…でもないけれど)、マグロの旅…ってところかな?

 別に今である必要はないですが。春先が一番いい季節でしょうし。もっともそのころは、花粉症のため私は欠席する可能性が濃厚ですが(^^;)。

 他は…うーん…(^^;)。

弱っているときこその攻め?

米Sanyo、HD記録に対応した「Xacti HD1」
~2.2型有機ELディスプレイを採用

 なんだよ、ヘロヘロの三洋って言われて、デジカメの将来も不安…って言われていたけれど、めちゃくちゃ元気じゃん(^^;)。

 メディア容量の少なさとバッテリーがものすごく心配だけれども、某社のSDカード記録だけれど、フォーマットはMPEG2という動画デジカメよりは納得できる仕様。…HD記録ってことだけれど、SD記録も出来るんか?ちょっとそこが気になる。場合によっては解像度よりも録画時間優先にしたい場合もあるだろうし。

 とりあえず予備バッテリー、メディア2枚、データ吸い上げ用デバイスを伴ってのお出かけ。そして編集(ソフトは?)、QTデータにしてCD-RかDVD-Rで配布…って想定かな。ちょっと気になるでよ。

 …でもすでに持っているザクティC4をほとんど有効活用してないうちにHD1に移るのもなんだなー(^^;)。どうにかせねば。…そういえば、Premiere廉価版(Premiereシリーズで唯一ザクティのMPEG4ファイルをWinodws上で編集できる)を購入するって話はどーなったんだ>をれ(^^;)。

#あ、SD記録も出来るのね。ちょっと安心。

 しかし時を同じくしてSDHCの話も持ち上がっている。これには対応するのだろうか?時期的には難しそうだが?

 HD記録ともなれば容量的にも要求が高くなるから、4GB以上の容量は必須になってくるだろうし、ハードの対応としてはどうなのかも気になる。日本発表が無いのはそのせいか?

 容量が高くなるのは結構だが、今までのSDカードと違って互換性が無くなるのは、他の規格を思い返せばちょっと危機的にも感じてくる。

 ただ、FAT16とFAT32との違いもあるし、仕方のない規格変更かもしれないが。これはCFカードにもついてまわった、カード規格以前の問題だしねぇ。

 個人的には別段、今持っている機器は2GBまでのSDカードで問題ないし、4GB以上が別規格になるというのなら、それが必要なデバイスを購入する際にそれ対応になるまで待つ…ってことで問題ないとは思うが。

2006/01/09

草津の朝

06010901

 草津の旅も今日が最後。ただ、諸般の事情により、宿のチェックアウトの後、早々に帰らなければならず、特にイベントの予定も無し。

 ただ、それだとせっかく2泊したのにもったいない…と思っていたところ、「共同浴場だったら24時間開いているところもあるし、 そうでなくても5時からたいてい開いているので、朝食までの間に行ってみたら?」…という話が持ち上がり、朝早起きして共同浴場巡りをすることに。

 とはいえ、朝食は8時だから、2時間は時間が欲しい。…となると、6時出発…のためにそれより早く起きなければ…。でも前日、なぜか 「マッスルボディは傷つかない」のメイキング鑑賞会が開かれ、それなりに夜遅かったような… (^^;)安田の海外ヘタレっぷりにスパりまくる面々…。

06010902  まぁそれはそれとして、留守番一人を残して共同浴場巡りに出発。東の空は明るいものの、 さすがに日がまだ昇っておらず、外気も天気予報の最低気温、マイナス12度っぽい感じ。

 肌指す寒さの中、ガイドブック片手に近場の共同浴場を探すこと10分、やっと巡り会えた…、

06010903  「白嶺の湯」(右の建物)。ここがなければ我々、凍えて、 そこより先の外湯にたどり着けなかったかもしれない(^^;)ぉぃ。しかし住宅街のど真ん中にあるので、わかりにくいでござるよ。 探しているとき、ちょっと怖かった(^^;)無いかも…って。

 ともかく、まずはここで20分くらい、体の芯を暖める感じでゆっくりお湯につかった次第。いや~、いい湯でした。

06010904  次に向かったのが瑠璃の湯。ちなみにこの湯までは他の入浴客や地元の方はいませんでしたね。

 こういうところでゆったり湯につかる朝ってのはいいですねぇ…。

06010905  そして7時頃になって、湯畑の前にあるので有名な「白旗の湯」にも向かいました。

 さすがに温泉街ど真ん中…ということでここは3人ほど先客がいました。しかし普段からすれば恐ろしいほど空いている感じ。

 そもそも、女湯が清掃に入っていたため、カップルが遠慮する…という好環境も手伝ったかもしれません(^^;)。

 また、ここは泉質も強く、湯船が二つあったり、脱衣所と湯船の敷居がほとんどなかったりして面白かったり。いやいや、 一度行っておくべきところですね。

 ちなみに同じく温泉街ど真ん中の「千代の湯」は、4人ほど先客を確認したので、遠慮しました。さすがに3湯も入ると余裕が…(^^;)。

 で、まーだ若干時間があったので、近くの「地蔵の湯」にも向かってみたり。いや、この行程が妙に険しく…(^^;)謎。

06010906  実際ついてみると、なんと建物改築中のため、温泉が利用できなかったり…!

 あとで、数ヶ月前に浅草に来ていて、宿で留守番していたROUさんに話してみたら、「初日に地蔵の湯はやってないからね…って言ったやん! 」とか。

 …すんません、覚えていませんでした(^^;)。

 まぁそんなわけで、そろそろ時間なんだけれど、最後の湯が「改築中」…というのもオチとしてはつまらないので、 もう1湯くらいはつかりたい…と地図を眺めてみたところ、なんとか宿と現在地の間に「巽の湯」というのを発見。ちょっと道に迷いながら、 なんとか到達できました。

06010907  朝食時間が迫っていましたが、あまりせかして入ってもなんですので、適当な時間入浴して、 出た次第。

 …今回の中では一番広かったような気が…。逆に言えば、瑠璃の湯の狭さは…(^^;)。まぁ、一番狭いのは関の湯なんですが。 あの狭さっぷりは面白い!(^^;)

06010908  そんなわけで、駆け足ながら何カ所か外湯を巡った次第。 駆け足だったので泉質とかうまく味わってないような気もしますが、個人的には結構満足しています。前日も入れれば、 共同浴場で6カ所入ったのか…。もっと巡ってみたいなぁ。昼の観光シーズンは人も多いので堪能しにくいから、 こういう朝の入湯もいいかもなぁ。

 また機会があれば行きたいな~。しかし共同浴場も各区の運営でもっているわけで、 そと者で利用させていただいている身としてはありがたい限りです。これからもよろしくです(^^;)ぉぃ。

 ちなみに、朝食には見事に遅刻しました(^^;)食えなかったわけではないですが。また、 帰りの車中では爆睡していたので特にトピックとか無いです。すんませんでした>同乗者。

2006/01/08

草津の楽しみ方

06010811

 草津二日目。入っている宿は朝食もうまそうなので、目も覚めるというもの。ただ、朝食よりもはやく目が覚めてしまったので、 朝風呂に入ったりして時間調整。宿も掛け流しの温泉なので、気持ち良し。

06010812  風呂から上がってもさらに時間があったので、暖炉の前でのんびりテキスト打ってみたり。

 なんか洋風だけど、しっくりする宿で、やっぱええなぁ…。朝食も美味かったし。

 …いや、ペンションのオーナーにこのページのアドレスが知られて見られているから書く訳じゃないけれど(^^;)。

06010813  ちなみにこの日の予定は、温泉巡りという手もあったんですけれど、それだけというのももったいないので、 観光に殺生河原や湯釜に行こうという話になりました。そのためにまず白根火山ロープウェイ駅まで移動するよう、 志賀草津道路を走っていると…道路封鎖の表示板が…。

 一応ロープウェイには徒歩やスキーで向かえるルートもあるんだけれど、そのロープウェイも強風で止まっているとのこと。

 …だめやん(^^;)。

 そんな訳で、温泉巡りに集中しようという話になって、とりあえず近くの、ちょうど開店時間にあたったベルツ温泉センターに行ってみたり。

06010814  ちょうど開店一番乗りできたので、入湯15分はもう貸し切り状態。 やりたい放題でしたね(^^;)ぉぃ。

 まぁそれが無くても、湯船が一つしかないとはいえ、寒くない雪見温泉というのがいいですね。

06010815  他に行った温泉は共同浴場。とりあえず草津内で適当に見かけたそれの中で、 空いているそこを選んでいたところ、「関の湯」「凪の湯」あたりに入ってきました。

 町中に点在するこの施設は結構狭く、ところによっては湯船に3人はいればもう一杯…という施設なので、 どうしても空き具合で入湯するか検討していたら、とりあえず先の2カ所になった次第で…。

 雰囲気あって面白かったのですが、「凪の湯」はえらく熱くて、難儀しました(^^;)。

 あとは「西の河原温泉」でとりあえずは温泉巡りは終了。朝風呂も含めれば5湯入ったわけで、結構のぼせそうな有様。 まぁ成分がキツい泉質ってこともあるので、あまり入りすぎてもなぁ…ってこともあるので、時間的にはまだ廻れる余裕はあったんですけれど、 ここらへんで温泉巡りは終了…。

 宿に戻って休憩していたら、そのまま寝てしまいました(^^;)。結構疲れていたのかもなぁ…。

 いや、なんだかんだで寒かったですし、西の河原は露天風呂で降雪の中では結構キツい…(^^;)。

 帰ってからは実はアルコールも入ったので、やっぱそれで眠っちゃうんだよなぁ(^^;)。

 でも結構温泉を堪能できたんで、良かったんですけれどもね(^^;)。

2006/01/07

草津よいとこ、一度は泊まれ

06010801

  …ってことで、今現在草津に来ております。

 去年…もう一昨年か、草津に日帰りで行って、いいところだから一度は泊まりたいな…ってことで宿を取って遊びに来ている次第。

 いや、なんか急に思い立って、「連休とはいえ正月明けだから空いているだろう」とか憶測し、友人募って宿を手配し、 ぶらっと行ってきました。

 ただ昨今、例年にない強烈な寒波の影響で、北日本のあたりが豪雪だ…ということなので、草津も雪の心配がありました。

 まぁ結論から書けば、車で移動できる範疇だったのですが、当然チェーンは必須。徒歩でも降り固まった雪で滑りやすく危険… という有様でしたが。

 ともあれ、YuNKさんの車で4人、関越道を走り伊香保I.C.で降り、あとは一般道で、太陽誘電の工場を眺めながら草津に向かった次第。

 ただ、そのまま草津に行っても面白くないので、尻焼き温泉に立ち寄ってみることにした。

 途中、さすがにチェーンをつけなければならない道路状況になっていたりしたけれど、なんとか尻焼き温泉に到着…してみると、 他にも車が数台駐まっていて、物好きは我々だけではなかったんだなぁ…と実感(^^;)。

06010802  氷点下の気温の元、こんな川をせきとめてできている尻焼き温泉に入ってきましたよ。
 寒い中、川辺で服を脱いでざぶん…と入った時点で、スリッパが必要なことを思い出しました(^^;)。まぁ無くてもどーにかなりますが、 あった方が良かったなぁ…。

 まぁでも温泉自体は気持ちよかったので、OKでしょう。

06010803  その後は浅草に向かい、宿に直行。今回の宿はペンション・リシュモン。 数ある草津の宿の中で、ゆったりとした宿で、そこそこの値段、食べ物に特色があるところ…と探してみてここにしてみました。

 実際洋食中心の食事なんですけれど、逆にそういう旅をあまりしてなかったのでそれが新鮮で、実際美味いし、なかなか楽しめました。

06010805  ちなみに宿に着いてから食事の時間までに間があったので、 その間にもちらっと湯畑付近を散策。

 さすがに日が落ちると暗くなってきますが、F10とかで夜の草津とか撮っていると面白いですね。 バッテリー低下もあまりありませんでしたね。

06010804  ついでに一湯だけですが、温泉も入ってきました。大滝の湯で、 合わせ湯とかなかなか面白い湯もありました。

 温泉からあがった後は当然コーヒー牛乳です(^^;)。

 あと、飯喰った後はどうでしょうのDVD大会(^^;)。

 ま、そんな感じで草津を楽しんでいます。明日は他の温泉巡りとかしてみたいと思っています。

旅に出ます。

06010707 探さないでください(^^;)。

 ちなみに結局デジカメを持っていきましたが、寒くても一応使えています。

2006/01/06

防寒対策

 実は週末にちょっと寒いところに出かける予定。そちらの最近の最高気温を調べてみると、マイナス5度と氷点下らしい。…最高気温でも氷点下。…うーん。

 無論防寒対策を厳重に…という話でもあるんですが、それ以上に悩むのが持っていくカメラ。動作推奨温度に氷点下なんて無いぞ、うちのデジカメ(^^;)。

 また、屋内外の温度差があると結露の問題もあるし、あまり電子機器を持ち歩くには向かないかなぁ…と思い始めたり。

 そうすると…やはり、フィルムカメラの出番だろうか。カモーン、ベッサ(^^;)フィルム、あったかな…。

 あるいはそこまで過敏にならなくても大丈夫かな?…LC1も5年保証とか入っているから、冒険してみようかな(^^;)危。でもどうせすぐにバッテリーは動かなくなるだろうしなぁ…。うーん…。

 結露対策については、とりあえずカメラカバーとか用意し、屋外から屋内に移動するときにカバーをして、筐体にすぐに暖気がかからないように、ゆっくり温度が上昇するようにすれば対応可能だとは思うが、しばらくはカメラ使えないっつーか…。

 滅多に行かないところなので写真は撮りたいし、しかしそれでカメラをおかしくもしたくないし、一応Web用にデジタルデータの方がありがたいし…さぁ、どうしたもんか…。

いらっしゃいませ、ご主人様

 あまり信じてもらえないが、おいらはほとんどメイド喫茶に行ったことがない。

 …最近は。

 実は、故あって、コスチャが出来た頃には何度か行ったことがある。ただ、本当に初期の頃の話であって、その頃はまだ「おかえりなさいませ、ご主人様」とか言わない。まだ普通に「いらっしゃいませ」だった。

 …だもんで、実は「おかえりなさいませ」と言われたことが無い身だったりする。

 今更ながら、「言われたらどんな気持ちなんだろう…」と気にはなってしまうが、さすがに昨今のブームに突入してしまうと、外から眺めているだけでおなかいっぱいって感じで、行きたい行きたい…って気分でもない。

 なんか…ね、猫も杓子もメイド服…となると、それが普通っぽくってどーも特色が薄れている気がして…。何か別のオリジナリティのある何か(服を変えるという意味ではなく)をそろそろ作り出して欲しいな…と思う今日この頃。

 …まぁ、「普通」とは書いてしまったけれど、未だに秋葉原の路上で普通にメイドさんがいると驚いてしまうおいらだけれども(^^;)。

どうでもいいが

 アクセス解析を見ると、4日から世の中が動き出した…って気がする。

 昼休みのアクセス数が…(^^;)。

 そもそも冬休み中のアクセス数が総じて少なかったけれど、ひょっとしてみなさん、職場から見てます?

 まぁ別に構いませんが…、そういう傾向がわかるとつい、職場で開けないような絵でも飾っておこうかな…という気が(^^;)。

 もっとも、実際そんなことやったら、おいらがNiftyから追い出されそうですが(^^;)。

2006/01/05

楕円病

 …というものがある。楕円(正円)が正確に描けないという病気で、それによって自分の絵に自信が持てなくなる…というのが一番の症状だ。

 実を言うと、私も楕円病にかかっている。人によってはリハビリで症状を和らげる、あるいは完治する場合もあるが、早期治療が有効的とされているため、私のような歳になると、完治する見込みは薄い。

 若い人で絵を描いている人は、早めに検診を行い、少しでも症状があるならば、早期にリハビリ治療を行うことをおすすめするぉぃ。


 …ただ、楕円病にかかっていても、実はあまりその楕円に「楕円っぽくない」という印象がない。

 周りが思う以上に本人が「楕円らしくない」と思いこんでしまうことに問題があり、そのせいで自分の絵に自信が持てなくなり、重度になると楕円に限らず、その他の絵が描けなくなると言う合併症を併発してしまう。

 確かに、楕円病患者の描く楕円はテンプレートなどに重ね合わせれば正確ではないかもしれない(…っていうか、ほとんどの人の楕円は正確ではないとは思うが、世の中には信じられないが、フリーハンドでほぼ正確な円・楕円を描く人もいるんだよなぁ…:余談)。

 しかし、「楕円を描く」ための絵ではない限り、たとえば「カメラのレンズを斜めから描く」とか「タイヤを斜めから描く」といったことでは楕円以外に、カメラの筐体やタイヤを装備した車自体の描画範囲も大きいため、楕円メインではなくなってきて、「正確な楕円」の必要性が薄い。

 なにより、手書きであれば「正確な楕円」ではないことが手書きの証明であり味でもある。実は楕円病でもよほど変な線でも無い限り(そもそも「楕円」にすら見えない線だったり)問題ないことの方が多いのだ(たぶん(^^;))。そのことに気づいて、ある意味「開き直り」ができれば、苦ではなくなる。

06010501
 最近おいらが落書きレベルとはいえ自転車を描いているのは、そういう抵抗をなくすためのリハビリを兼ねている。右は冬コミで使用した名刺に使用したイラスト。小径車は自信ないうちに自転車を描き出すのに最適かも(^^;)。

 まだ26インチといった大きさの楕円を描くまでは開き直れていないが、自分なりの楕円を描いて、手書きの味だ…と納得できるようになってきた。自転車を描くには楕円は必須だし、その開き直りなしには今後、自転車本とか描けないだろうしね。

 まぁ、Illustratorの曲線補正とか併用して、純粋な「手書き」ではないのだが(^^;)。

気になる映画

押井監督 実写とアニメで“立ち食い史”

 リアルタイムで…というか、キネカ大森に「紅い眼鏡」を見に行った身としてはすげぇ気になる存在です。「押井監督の実写作品」としても「立ち喰い史」としても、早く見てみたいものです。

 ただ、気になるのは、前衛的すぎないか、自分の好きなようにやりすぎちゃっていないか…という不安。時々暴走するからな、あの人は…。まぁ思い当たるのは…あの「紅い眼鏡」の続編の、なんていったっけ?(^^;)あれとか…

 まぁ、他にあまり実写作品知らないのでなんだけど。

 ある意味「紅い眼鏡」も普通の実写とは違うテイストで「異端」っぽかったけれど、あれはあれでアクがコクになっていたからなぁ。

 「アバロン」もいまいちウケなかったけれど、個人的には評価している。

 おいらにとっての「個人的な当たりはずれが激しい」実写作品なので、今回のもどう転ぶか…不安なわけですよ、嗚呼。

 まぁ…肩の力を抜いて臨め…ってことかもしれませんが。ストーリー的には愛すべき「立ち喰い師」の話なのでそこらへんは抵抗無いんだけれど、問題は映像表現か…。

 予告編ぐらい見ればとっつけるのかとっつけないのかわかるので、リトマス代わりにどっかで見られないかしらん?

必ず見るアニメ

 そういえば最近友人と「何のアニメを見る?」って話で、なんか萌え系が挙げられていたような気がするけれど(なんだっけ?俺、それ見てなかった気がする)、おいらは文句なく「アカギ」を挙げた(このネタ、まだ書いてなかったよね?(^^;))。

 まぁその友人達もそれも見ていたようだが、やはりあれは燃えるよね。麻雀をまったく知らない、ドンジャラ程度の知識しかなくても、なんか完全に雰囲気に飲まれてしまう。

 実はうっかり最初の数話を見ていないのだが、ネット上の評判を聞いてちらっと見たところ、完全に落ちた…と(^^;)。

 意外にも原作知っていて楽しんでいる友人も多いのだが、おいらはあえて原作を知らないでいようと、情報をシャットアウトしている。だからあまり先んじた情報とか書かないでね(^^;)。まぁ先の麻雀の役とか言われても、理解できないので安全だけど(^^;)。

2006/01/04

どうでもいいけれど、

 今日の通勤途中で「まだ世間は動き始めてないなぁ…」と実感。

 道、がらがら。通勤しやすい~(^^;)。この調子で毎日…は無理か(^^;)。

よく意味がわからない(嘘)

米Kodak、2つのレンズを搭載したコンパクトデジカメ「V570」

 またわけのわからんものを出してきたな…と思ったり。

 ただ、ミソはレンズ構成か。「23mm単焦点レンズと、同39~117mm光学3倍ズームレンズ」ということを考えると、28mmよりも広い画角のレンズと120mm近いズームレンズがあの小さい筐体に入っている…と考えると、納得がいく。あまりそういう広域をカバーしたレンズって無いし、あってもデカいものになるんだろう、きっと。また、コンパクトカメラ用に安くしなければならない等々考えると、妥協的にこういうものになってしまった…ということだろうか。

 F値も比較的明るいし、結構面白いかも。本来なら必要ない、レンズ切り替え用のプリズムが挟まっているせいで画質的にはどうか…という気もするが、まぁそこらへんは日本発売発表の有無があってから…ってことだな、確認は。

 まぁ個人的にはこれもアリかな、とは思う。まぁこれまた個人的にはF10といった別のアドバンテージがあるデジカメを持っている以上、そこをカバーしつつのレンズ2つのアドバンテージを出してくれないと購入にはたどり着かないが(少なくとも画質の変わらないISO800とか、なんらかのISO1600、もしくは手ぶれ補正)、おもろい発想の製品作りは続けてもらいたいな。

あれっ?

 年末の原稿の追い込み、コミケ、正月休みで普段と違う生活サイクルだったせいか、なんか日記の書き方を忘れてしまったような(^^;)。

 あれー、ネタとかどう仕入れたっけ?

 ちょっとなんかそこらへん取り戻すまで、薄っぺらな記事が続くと思いますが、ご容赦を。

 …まぁ、取り戻しても、薄っぺらさは変わらないと思いますが(^^;)。

2006/01/03

初詣に行ってきました

06010301

 実は1月1日にも地元の神社に行っていたんですけれど、混み混みで断念していたんですよ。…で、3日だったら空いているだろう。だったら浅草でもいいか…と考えて友人と行ってみたら…、

06010302 混み混みでした(^^;)。変わらないですねー、三が日は。認識甘かったです。

 まぁでも人の捌きが慣れていたので、結構さくさく進んで行けて、3~40分で初詣出来たので、良かったんじゃないかな?某神社では1時間半とか言われたからなぁ(^^;)。

 話を戻すと、浅草には自転車で行ってきました。先の連休に200km走り、コミケで体力を使っているので電車でもいいかなぁ…とか思いましたが、正月三が日、だらー…っとしているのもなんなので、あえてBSMで走ってみました。

 2日にちこっと雨が降ったため、路面が濡れていて車体も若干汚れてしまいましたが、問題はそこらへんだけでした。

 三が日のおかげで車が少なく、特にトラック系大型車、また路駐車が少なく、非常に走りやすかったです。インナーもしっかり着込んでいたので、また日差しもあったためにそれほど寒くなく、また前日の雨のおかげで適度な湿度が呼吸しやすさにも影響していたかと。

 まぁ快適でした。上野あたりを除けば(^^;)。

 で、友人と合流して浅草寺を初詣。で、いつものごとく江戸もんじゃで昼食を。

 ちなみにこのとき、順番待ちでぼーっと待って花やしきの方を見ていると、なにやら人だかりが移動していく。そしてその中心になにやら見覚えのある人物が…。

 あ!アントニオ猪木だ!

 なにか「闘魂神社」とかいう催し物があったらしく、その移動中を目撃した次第。ああ、猪木さんに会いに行きたい…とか思いつつも、実はこの時結構空腹で、江戸もんじゃの順番待ちから離れるわけにはいかず…、猪木さんよりももんじゃ焼きを選んだ次第(^^;)。

 いや、相変わらず江戸もんじゃのもんじゃ焼きはおいしいでござるよ。でも、まだ食ったことのない、横浜から来られた隣の席のあんず巻きも美味しそうでござる(^^;)謎。

 次はあんず巻きも食わねば…と、一人でも来ようと思った次第。

 結構腹一杯に食った後、さきほどのアントニオ猪木を見に闘魂神社に行くと、あ、いた!猪木さんだ!猪木さんって結構ちっちゃいんだな!?…と思ってよく見ると、

 アントニオ小猪木だった(^^;)。

 でも、「おかげでした」の「細かすぎて伝わらないものまね選手権」で「音のない落下」芸に魅せられている身としてはそちらのファンでもあるので、それはそれで興奮して握手してもらったり、写真撮ってもらったり(友人のカメラで撮ってもらったので、まだ未入手)。

 まぁ、そんなこんなの浅草初詣でした(^^;)。


06010303 ちなみに、友人のいないときに浅草の亀十のとらやきというものも入手していたりする。写真は…ちょっと形がいびつになっていますが、自転車の輸送なので、そこらへんはご勘弁を(^^;)。

 いや、浅草を歩いていてなんとなく気になって、2~30分ほど並んで買った代物。実は並んでいる間はいくらするものなのか知らずにいたんだけれど、レジの前に立ってはじめて1個300円程度するものと判明。びっくりしたものの、せっかく並んだのに購入しないのももったいないので、数個購入して家で食ってみたんだけれど…うめぇ…。

 確かに「さんまのまんま」で明石家さんまと林家正蔵が食っていたと言うだけのことはある、衣の方がひと味もふた味も違う代物。すげぇものを見つけてしまった…。

 機会があればまた食ってみたいが、1個300円はそうそう買えるものじゃねーしなぁ…(^^;)。

2006/01/02

更新のお知らせ

 この時期通例の、コスプレイラストを更新しました…ので、興味のある方はそちらもご覧くださいませ。

 今回は暫定版なしで、さくさくっと完成版をいくつもアップできると…いいなぁ(^^;)。

 でも、3DCGのレポートとかもしてーし、他のイラストも描きたいしなぁ…。うーん、相変わらず時間無いかも(^^;)。

2006/01/01

あけましておめでとうございます

 いよいよ2006年もあけました。どもどもおめでとうございます。まぁ特に何ってものもないんですが。4日からは暦通り、仕事だし(^^;)当たり前だ。

 そういえば、今年は平日日数計算でカレンダー見ていたときに気がついたんですけれど、土曜が祝日って日が多いんですよね。年に4日もあるのも珍しいのではないかと。

 で、そうすると週休二日の会社に勤めている身としては、振り替え休日が無い土曜祝日は土日以外のせっかくのお休みが4日も少なくなる…という、悪夢の年なわけで…。あうあう。

 まぁそんな年ですけれど…よろしくです(^^;)意味不明。頑張って年賀CGも表に貼りましたからー。ちょっと急いで描いたので、タッチが変ですけれども(^^;)。

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »