2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

関連リンク

 


検索


  • Google


    WWW を検索
    とめどなく雑記 を検索

写真ピックアップ2012/04-05

  • 夜の桜
    2009年初頭までは定期的に写真を掲載していたのですが、その後サボってしまいました。写真自体は折を見て撮影していたので、現在からお気に入りなどをピックアップして掲載していきます。ファイル名は特に撮影時期ではありませんので念のため。

2009年1・2・3月撮影分

  • L1000050
    2009年になっても相変わらずぶらぶら撮った写真に終始すると思いますが、ご勘弁のほどを(^^;)。

2008年10・11・12月撮影分

  • 皆が見ないコミケの顔・その5
    D-LUX4も加わっての、バラエティに富んだ写真アルバムに…なるはず?ただ、MPはフィルムなので、掲載する予定はありません。

2008年7・8・9月撮影分

  • 祭り
    一番忙しい四半期につき、写真は少なめになるかと思います。とはいえ、新レンズを使ったりして多少浮かれてはいるかな?(^^;)

2008年4・5・6月撮影分

  • 単線のある風景
    4、5、6月分です。特に説明も無いのですが…(^^;)。まぁのんびりスナップをアップしていく…予定かと。

2008年1・2・3月撮影分

  • 円覚寺・その4
    相変わらずぶらぶら撮っています。面倒なんで、これからは3か月分、まとめようかな。

2007年10・11・12月撮影分

  • 来年に向かって歩く
    相変わらずぶらぶら撮ったものです。あまりにもとりとめなく撮ったので、3ヶ月分まとめさせていただきます(^^;)。

2007年9月撮影分

  • 機上から見る雲
    9月撮影分です。主に久米島旅行で撮った写真になっています。

2007年4・5・6・7・8月撮影分

  • 夏の海
    相変わらずぶらぶら撮った写真です。ちなみにコミケの写真は入っていません。

2007年1・2・3月撮影分

  • 桜の風景・その11
    まだまだのんびり写真です(^^;)。なんか、撮っているのも楽しいですが、現像も楽しいですね。

2006年12月撮影分

  • 築地の町並み
    相変わらずR-D1メインでぶらぶら撮影したものを掲載していきます。紅葉も都心の方まで降りてきていますので、当初はそれを中心に…といったところになるかな?

2006年11月撮影分

  • P1020232
    距離計の狂いから一時期修理に出していたR-D1が帰ってきたので、ちらほらと撮影したものをアップします。
    でもなーんかぎこちないというか…写真に対する自分なりの立脚点がしっかりしてないというか…(^^;)。
    個人的にはしっかり楽しんでいるのでいいとは思うんですけれどね(^^;)。

2006年9月 石垣島周辺旅行

  • 車に積まれたエンジン
    9月下旬に石垣島及び周辺離島を旅してきたときの写真です。
    カメラはR-D1を修理に出していたので、LC1とF10です。Exifん時に機種が書いてないのはLC1と見てください(RAWを現像・エディットして保存すると、さすがにExifデータが残らないみたい)。明るいときにはLC1にはND8のフィルターを装着しています。

2006年6月撮影分

  • 富士山を臨む
    6月撮影分です。ちょこまかと撮っているのをあげていきます。
    色々なレンズも出てきますが、だいたい使うレンズが決まりつつあるような…。

2006年5月撮影分

  • 深川の風景
     ちょっと細かな撮影が入り組んでいる月なので、まとめてのアルバムにします。
     まず最初はくらやみ祭り。のんびり行ったせいか、人垣を越えられず、てんで山車とかの写真はありませんので、期待しないように(^^;)。
     次に有楽町あたりをぶらぶら歩きながら撮った写真、お台場や川越などと、色々取り混ぜてあります。

2006年4月 浅草・皇居前広場・銀座等

  • 紅い店先
    まだR-D1に慣れていないので、運動がてら、色々テスト撮影。その途上、Jupiter-12 35mmF2.8やアベノン28mmF3.5を買ってしまったり(^^;)。その他にはスナップショットスコパー25mmF4とカラーヘリアー75mmF2.5で撮影。

2006年4月 沖縄旅行

  • 赤壁
    買いたてのR-D1を片手に沖縄をうろついた時の写真です。 レンズは基本的にフォクトレンダーのUltron35mmF1.7。広角に写っているのはUltraWide-Hrliar12mmF5.6。飛行機の撮影など、一部望遠はNokton50mmF1.5。

2006年4月 三浦半島一周

  • トンネル入口
     三浦半島一周の旅ですが、お伴にR-D1も持っていきました。  この手の負担の大きい旅ではF10といった軽いデジカメの方が適しているんですが、買ったばかりだし(^^;)、カメラとして楽しむならこちらの方がいいですしねぇ…。  そんなわけでウェストポーチで出動です。カメラ用ポーチというのがあるんですな。一眼レフも入るタイプなので、スリムなR-D1だとレンズを数個入れてもまだ余裕があったりします。  ただ、便利ではあるんですが、ちょっとデカいんですよね。カメラが入る以上、仕方ないのですが。今回はまだ涼しかったから良いですが、今後は考えないといけないかもしれません。ムレるかも。  …で、レンズはウルトラワイド・ヘリアー12mmF5.6、Jupiter-12(35mm)といったところ。実はアベノン28mmも持っていましたが、今回は使いませんでした。 ※工事現場の写真、その3とその4が入れ替わっちゃってますが、そこらへんはうまく数字順に読んでください(^^;)。

« 週末の予定 | トップページ | New X41Tablet »

2005/12/03

もう、環七は走らない

 さりげにblogで招集かけてみたものの、みんな時間が合わずに招集しきれず、とりあえず今週末は流局に…と流してみようとしたものの、気がつけば「てめぇ一人ででもいってこい」的な別の流れを作られてて、実はのんびり家で過ごすのもいいかなぁ…との思惑が見事に打ち砕かれてしまった草加サイクリング(^^;)。

 サイクリングとはいえど、主たる目的「草加煎餅」を買う…というのがあったので、「サイクリング」とは名ばかりの「移動」なんだけれども(^^;)。

 いや、草加煎餅ってふつーにそこらに売っていて、ふつーにそれらを食っているじゃないですか。ただ、WBSで地域ブランドがらみの特集を見ていたところ、「そこらに売っているふくらみだらけの煎餅を見ると、どこが草加煎餅なのか」と草加煎餅を自ら作っていらっしゃる方のご発言が。

 …それは俺に対する挑戦だね?(^^;)ぉぃ

 確かに今までウラの取れた草加煎餅(間違いなく草加産ということ)を食ったことがない。それをもって草加煎餅を食ったとは片腹痛いわ、と俺に対して言っているのだな!?(^^;)注:番組・特集の意図や発言はそんなことではありません

 …ので、一人でも行ってきました。

 ただ、草加となると、遠い。電車で行けば武蔵野線から乗り換えて1時間くらいで行けるのだが、自転車となると…環七を廻っていくか、秋葉原経由で行くしかない。環七といえば自動車道路というイメージなので、そうなりゃ行き慣れた秋葉原を経由して行くしかない。幸いにも秋葉原からは草加まで日光街道でほぼ一本状態。地図を持たずとも行きやすい。

 早速朝早く出かけよう…と思ったら、出発前の軽い点検でBSMのフロントディレーラーの不調が発覚(チェーンに当たる)。そこらへんを整備していたらどんどん時間が遅れ、結局10時過ぎに出立となってしまった。しかも走り出して復路で荷物が多くなると、やっぱりチェーンが当たったり…。…やはりコーフーのフロントディレーラーマウントが欲しい…(;_;)。

 まぁ過ぎてしまった時間は仕方ない。さくさく漕いで、途中走り雨の雨宿りを交えながらとりあえずいつものコースで秋葉原に到着。2時間かからないようになったなぁ…。

 で、ここからは初めての道をえっちらおっちら…。地図を持っていけば良かったのかもしれないが、まぁ持たないのも醍醐味で(^^;)単なる面倒くさがり。でも時間無い時は持って行けよ…という気も(^^;)。

 一直線とはいえ、びみょーに道を間違えそうな雰囲気ばしばしだったりしておどおど進んだからか、結局草加には若干3時間を切るか…ってタイムで到着しますた。

 実際草加の街並みを眺めていると、「草加煎餅」で有名な割には「ふつーの街」って感じで、観光地してないですねぇ。それを良しと見るか、つまらないと見るかは人次第かもしれないけれど、苦労して着いたので、もう少し観光地しているといいなぁ(^^;)ぉぃ。

 で、煎餅屋も街中にとけ込んでいて結構わかりにくいかも。ただ、こういったサイトをあらかじめ参照させていただいていたので、そこらへんのお薦めを巡ってみることに。

 まずは自転車で行くと場所がわかりやすい(?)「小宮のせんべい」。覗いてみるといかにも「ザ・煎餅屋」といった趣。趣もなにも、店頭でさくさく煎餅を手焼きしているんだから、一気に情緒も増すというもの。自転車で行くと真っ先にこの店にたどり着くので(本当は違うのだが(^^;))、そういう店内作りはありがたいねぇ。

 こじんまりとしていても煎餅職人の店って感じで、で、そのウラで子供達がドタバタしてんのねぇ(^^;)。それをBGMに店員さんの煎餅の説明聞いていたりすると「ああ、草加煎餅の本場にいるんだぁ…」という感慨がなぜか湧いてきます(^^;)意味不明。

 で、いくつか試食し、いく袋か購入。惹かれる煎餅バージョン(えび入りとか)もあったんだけれど、そこはまた来たときの楽しみということで(^^;)。

 次は「小宮のせんべい」近くの「甚平せんべい本舗」というところ。ここは販売の店頭のみのようで、手焼き光景とかは無し。ただ、なんとか知事賞とか取った煎餅がウリのようで、そこらへんをいくつか物色。高い大きなのから、小さいのの詰め合わせ小袋までバリエーション豊か。おまけももらったりして結構ほくほくしたりして(^^;)。

 で、ちょっと走らせて今度は「源兵衛せんべい」というところに。ここは駅前通から電柱とかに「こちら」とか書いてあるので、場所はわかりやすいかも。

 ただ、通販に重きを置いているのか、ちょっと店頭が寂しい感じがして…。いや、応対してくれたおばあちゃんと盛り上がったんだけれど(^^;)。勿論、きちんと煎餅は確保。

 この時点で結構ショッパーが満杯に近くなり(煎餅の他に、いざというときの輪行セットとか入れていた)、あともう一店舗…ってところで「志免屋(しめや)」に到着。

 到着したところでちょうど手焼きが始まり、焼きたてをすぐさま販売してくれる…というので早速注文。のんびりと、お茶をいただきながら待つことに。ちなみにここも種類が豊富。ざらめからみそ味まで、色々あるとですよ。手焼きは一種類っぽいけれど、機械焼きでもそちらもなんとか賞を受賞したものとか。むぅ、それも食ってみたいぞ。でもここでは手焼きとあられを買いました(^^;)今度のお楽しみ。

 で、焼きたてがすぐさまできあがり、早速いただいてみると…これが美味い!やっぱ焼きたては違うね!すげぇ美味い!思わずもう一枚所望(^^;)。

 鎌倉とか他の観光地でも焼きたて煎餅とか出ることがあるけれど、ここの焼きたてはなんか違うんですけれど。…うーん、朝飯も昼飯も食ってなかったからかな?(^^;)ぉぃ。

 ともあれ満足して、ショッパーも満杯だし、ここで帰ることに。

 …が、ここで「高瀬煎餅店」を目撃。なんか1種類しか煎餅取り扱ってないぞー!(実際は多種あります。んでもパッケージが似てるんで…)でも量あるぞー!その脇では今、手焼きしてますー!…って味のある店構えで、ものすごく惹かれるんですけれどー(^^;)。でも積載的にもうダメ。残念無念。まぁ、また来ればいいか(^^;)。

 そんなわけで帰宅。正直、観光…ってので草加に訪れるのはお勧めしないけれど、本場の草加煎餅…ってのに価値を見いだせれば、実際行って色々店舗を訪ねる面白さがあると思う。「煎餅街道」といった風に煎餅屋が固まっているわけではないので、予め場所を確認しておく必要はあると思うが(駅前でマップとか配ってねぇのか?)。

 ちなみに、電車で行って、徒歩で巡るのもいいが、店舗によっては結構離れた場所にあったりするので、時間は余裕を持って行くこと。自転車はその点有利といえるが、積載次第。

 で、そもそも「本場の草加煎餅は違うのか?」という点だが、先の焼きたてを除いても「違う!」と言える。

 「わざわざ草加に行って煎餅買ってきたのか?」とか言っていた親父も、数枚渡して食べさせてみると「やっぱ本場や手焼きは違うな」と感心していた。俺もにやにやしながら食っている。やはりそこらの草加煎餅は草加煎餅じゃなかったんだなぁ…。

 こうなると本物の草加煎餅がどれ…ってわかるよう、きちんとご当地ブランドが登録されることを切に願うばかり。…まぁ、実現できなければ出来ないで、また買いに行くだけなんだけれどね(^^;)登録されても。


 …ところでタイトルの件なのだが、ふつーおいらの場合、始めていく場所に行った場合は、そのまま同じ道を帰るのが通例。ただ、片道3時間もかけ、しかもいかにも日が傾きかけてます…ってことになってくると、帰りはショートカットしたいところ。

 そこで、「環七」ってショートカットできないかしらん?…と環七に移ってしまった。

 …これがいけなかった。

 別に自動車が危険とか、そういう意味ではない。

 異様に「橋」が多いのだ。

 川もある、それ以上に線路をまたぐ。なので陸橋になる。…自動車は。

 そう、そういう陸橋は自動車専用で、自転車は通れない。だから脇の歩道を使うことになるのだが、これが陸橋の途中に階段をかけた歩道で、自転車はその階段に申し訳程度に作られた斜面を押していかなければならない。

 そういう陸橋が異様に多いので、自転車だと全然スピードに乗れず、ひたすら「降りて自転車を押す」…ということばかりしていて、全然アベレージが出せない。リズムも狂わされる。時間かかる割には妙に体力も奪われる(荷物多かったし(^^;))。

 …で、運良く長い道路が続いても、時間が悪いのか、真正面に太陽が来て、サングラスをしていても前が見えない…ときたもんだ。全然ショートカットになってない。

 嗚呼、甲州街道に着いたとき、なんと安堵したことか…(^^;)。

 まぁ太陽は時間的なアレだとしても、その他の点で全く自転車に向いてない道路だと言うことがよくわかりました。多少幅があればどーにかなる…って世界ではないんですねぇ、道路ってのは(^^;)。

 ま、それ以前に「そんな学習しなくても、走ろうと思わねぇよ、ふつー」…というツッコミは無しってことで、ひとつ…(^^;)。

« 週末の予定 | トップページ | New X41Tablet »

コメント

お疲れ様でした~(^^)

こっちは雪で車がスリップして大変。
もう冬なのね・・・

はじめまして こんばんわ。
ココフラッシュの〝自転車〟カテゴリーから遊びに来ました。

私は、江戸川区側の環七の近くに住んでいます。環七は本当にオーバーパスやらアンダーパスが多いですよね。
車も多いし・・・

お疲れ様でした。

焼きたてのおせんべい美味しそうですね。
自分はせんべいが大好きなのですが、草加市で売られている草加せんべいはやはり食べたことがありません。
自分も本物の草加せんべいを求めて埼玉へ行ってみようかな。
・・・環七は通らずに(笑)

前に幕張まで漕いだ時と似た状況ですね。やたらと橋が多いし、分断されてるしでえらい漕ぐのが苦痛でした。自転車のことなんてハナから考えてない構造としか思えないですよ、まったく。

去り際に思い立ってれば。
外環>練馬環8だったら車道飛ばせたのに。
荒川歩道だってスロープ・・。

環八経由は地図があってもややこしそうで…(^^;)。それに環七交差点で急に思い立ちましたからね…。うーん…。

あ、ども、hiroさん。草加煎餅はやはり本場です。また別記事に書きますが、やはり他の人も「普段の草加煎餅と違う」つってます。まずは行ってみましょう。環七以外で(^^;)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27753/7463593

この記事へのトラックバック一覧です: もう、環七は走らない:

« 週末の予定 | トップページ | New X41Tablet »