2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

関連リンク

 


検索


  • Google


    WWW を検索
    とめどなく雑記 を検索

写真ピックアップ2012/04-05

  • 夜の桜
    2009年初頭までは定期的に写真を掲載していたのですが、その後サボってしまいました。写真自体は折を見て撮影していたので、現在からお気に入りなどをピックアップして掲載していきます。ファイル名は特に撮影時期ではありませんので念のため。

2009年1・2・3月撮影分

  • L1000050
    2009年になっても相変わらずぶらぶら撮った写真に終始すると思いますが、ご勘弁のほどを(^^;)。

2008年10・11・12月撮影分

  • 皆が見ないコミケの顔・その5
    D-LUX4も加わっての、バラエティに富んだ写真アルバムに…なるはず?ただ、MPはフィルムなので、掲載する予定はありません。

2008年7・8・9月撮影分

  • 祭り
    一番忙しい四半期につき、写真は少なめになるかと思います。とはいえ、新レンズを使ったりして多少浮かれてはいるかな?(^^;)

2008年4・5・6月撮影分

  • 単線のある風景
    4、5、6月分です。特に説明も無いのですが…(^^;)。まぁのんびりスナップをアップしていく…予定かと。

2008年1・2・3月撮影分

  • 円覚寺・その4
    相変わらずぶらぶら撮っています。面倒なんで、これからは3か月分、まとめようかな。

2007年10・11・12月撮影分

  • 来年に向かって歩く
    相変わらずぶらぶら撮ったものです。あまりにもとりとめなく撮ったので、3ヶ月分まとめさせていただきます(^^;)。

2007年9月撮影分

  • 機上から見る雲
    9月撮影分です。主に久米島旅行で撮った写真になっています。

2007年4・5・6・7・8月撮影分

  • 夏の海
    相変わらずぶらぶら撮った写真です。ちなみにコミケの写真は入っていません。

2007年1・2・3月撮影分

  • 桜の風景・その11
    まだまだのんびり写真です(^^;)。なんか、撮っているのも楽しいですが、現像も楽しいですね。

2006年12月撮影分

  • 築地の町並み
    相変わらずR-D1メインでぶらぶら撮影したものを掲載していきます。紅葉も都心の方まで降りてきていますので、当初はそれを中心に…といったところになるかな?

2006年11月撮影分

  • P1020232
    距離計の狂いから一時期修理に出していたR-D1が帰ってきたので、ちらほらと撮影したものをアップします。
    でもなーんかぎこちないというか…写真に対する自分なりの立脚点がしっかりしてないというか…(^^;)。
    個人的にはしっかり楽しんでいるのでいいとは思うんですけれどね(^^;)。

2006年9月 石垣島周辺旅行

  • 車に積まれたエンジン
    9月下旬に石垣島及び周辺離島を旅してきたときの写真です。
    カメラはR-D1を修理に出していたので、LC1とF10です。Exifん時に機種が書いてないのはLC1と見てください(RAWを現像・エディットして保存すると、さすがにExifデータが残らないみたい)。明るいときにはLC1にはND8のフィルターを装着しています。

2006年6月撮影分

  • 富士山を臨む
    6月撮影分です。ちょこまかと撮っているのをあげていきます。
    色々なレンズも出てきますが、だいたい使うレンズが決まりつつあるような…。

2006年5月撮影分

  • 深川の風景
     ちょっと細かな撮影が入り組んでいる月なので、まとめてのアルバムにします。
     まず最初はくらやみ祭り。のんびり行ったせいか、人垣を越えられず、てんで山車とかの写真はありませんので、期待しないように(^^;)。
     次に有楽町あたりをぶらぶら歩きながら撮った写真、お台場や川越などと、色々取り混ぜてあります。

2006年4月 浅草・皇居前広場・銀座等

  • 紅い店先
    まだR-D1に慣れていないので、運動がてら、色々テスト撮影。その途上、Jupiter-12 35mmF2.8やアベノン28mmF3.5を買ってしまったり(^^;)。その他にはスナップショットスコパー25mmF4とカラーヘリアー75mmF2.5で撮影。

2006年4月 沖縄旅行

  • 赤壁
    買いたてのR-D1を片手に沖縄をうろついた時の写真です。 レンズは基本的にフォクトレンダーのUltron35mmF1.7。広角に写っているのはUltraWide-Hrliar12mmF5.6。飛行機の撮影など、一部望遠はNokton50mmF1.5。

2006年4月 三浦半島一周

  • トンネル入口
     三浦半島一周の旅ですが、お伴にR-D1も持っていきました。  この手の負担の大きい旅ではF10といった軽いデジカメの方が適しているんですが、買ったばかりだし(^^;)、カメラとして楽しむならこちらの方がいいですしねぇ…。  そんなわけでウェストポーチで出動です。カメラ用ポーチというのがあるんですな。一眼レフも入るタイプなので、スリムなR-D1だとレンズを数個入れてもまだ余裕があったりします。  ただ、便利ではあるんですが、ちょっとデカいんですよね。カメラが入る以上、仕方ないのですが。今回はまだ涼しかったから良いですが、今後は考えないといけないかもしれません。ムレるかも。  …で、レンズはウルトラワイド・ヘリアー12mmF5.6、Jupiter-12(35mm)といったところ。実はアベノン28mmも持っていましたが、今回は使いませんでした。 ※工事現場の写真、その3とその4が入れ替わっちゃってますが、そこらへんはうまく数字順に読んでください(^^;)。

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005/12/31

今年一年

 …振り返ってみると…あまりこれといったことは…(^^;)。

 なんか一文字にまとめてみろ…といわれたら、…「転」かなぁ。「自転車に転んだ」という意味で…と、無理矢理なこじつけで思いついたくらいでどーも(^^;)。

 まぁホントに事件に巻き込まれたり、人生の転機になるようなイベントでもないと、特にどうという総括も出来なかったりする、ある意味そういうメリハリが利いてないのが反省点ではないか…と思う次第も。なんか自分なりのデカい作品とか発表できていれば…ね。

 来年はそういった部分でなにかしらあればいいなぁ…と思いつつ、なにも目処の無いところがなんとも…(^^;)。

 まぁ一応、自転車本でも作ってみたいと次回申込書は用意したけれど、…2月か、申し込み…。忘れそうだなぁ(^^;)。誰か時々声かけて、ぷりーず(^^;)スケジュールに入れておけよ。

RAWの愛用

 コスプレ写真をLC1のRAWばかりで撮った。

 別にJPEGノイズをそれほど気にしなくてもいい撮影コンセプトなのだが(イラストにするので)、色はしっかり反映させたいし(資料になる)、暗部がつぶれたり、白飛びしても困る(その部分のディティールが不明瞭になる)。

 …となると、16bitモードで撮影できるRAWの出番となるのだが、これが撮影間隔が開いてしまったり、メモリを食うといった弊害が伴ってしまう。

 まぁ、前者はトークや間の取り方でどーにかなる範囲で、メモリも1GBのSDカード2枚でなんとかやりくりできた。カード1枚で65枚くらい入っていたように思える。最近は1日100枚とかは撮らなくなったし(^^;)。

 で、特に冬の時期となると日が傾いてきてからは光線の問題でコントラストが高くなったり、黄色くなったりとロクなことにならない場。しかし帰ってRAWを現像してみると、撮影時から白飛びや黒飛びしていなければ、ディティールのサルベージくらいは出来ることが判明。

 結構いいな、RAW(^^;)今頃…。

 まぁ、撮影時にブレたり、ピンぼけしていたりしているのもあったりして、それはどうしようもないのだが(^^;)、ちょっとRAWに信用おけるようになってきたかもしれない、俺。

 今度はポートレート以外に活用してみないとなぁ。

ユニクロ・インナーの効果

 結局、結構効いたのではないかと。

 インナーの上下にヒートテックのシャツにパーカー、あとGパンくらいで出かけたけれど、日が沈んでもしばらくは問題なし。じっとしてると効果無いけれど、動けば少しは発汗し、それが熱になって暖かくなる。軽装でなかなかの防寒具合だったような気が。

 まぁ、日が出ている間の活動で何とかしていたので、最近ではそこそこ暖かい日にあたっていたのかもしれないけれど、効果はあったんじゃないかな。

 ちっと今後も愛用しよう。なんかサイズが違うのか、若干ぶかぶかなんだけれども(^^;)。

大晦日の日

 …爆睡(^^;)それ以外の何があるというの?。

 筋肉痛は和らいできたものの、疲れの面で、ひたすら爆睡。…ああ、ビバ、休み。

 しかしそれも1月3日までなんだなぁ…。なんか4日しかない…って感じだな、休み。もっと長いはずなんだけれど、コミケに関わっていると、その期間が「休み」って気がしなくて(^^;)楽しんでいる割には。

 …まぁ、静養しましょう、うん。

 …と言いつつ、ちっとホームページの年賀イラストを描いているわし…(^^;)やっと描きはじめた。

2005/12/30

2日目の行動

 当然のごとく(?)、2日目も行って参りました。さすがに身体が悲鳴を上げはじめていましたが(^^;)。いや、痛くはないんです。動かなくなるんです(^^;)。

 とはいえ、サークル参加に紛れ込ませていただくので(?)、朝早く起きて出発。新宿から埼京線に乗っても、大崎でいったん降りてsuicaからりんかい線切符に切り替え、前2両目に乗り換えるのもいつもの通り。

 で、速やかな移動で会場に到着するのはもう慣れたもの。そんなわけであまり書くことありません(^^;)。東館で普通に開場を迎え、写真撮る前に少しは本を物色を…と思ったのですが、人の混雑でこれというのに巡り会えず、また西館に移動しきれなかったのであきらめてコスプレ広場で撮影三昧(^^;)なんだかなー。

 1日目よりも知人遭遇率が低かった気がしますが、それなりに楽しませていただきました。

 広場は適当に切り上げて、また東館に舞い戻り、閉場を迎えると友人と一緒にTFTで食事。で、帰ろうとすると、たまたま空いていたアキバエクスプレスを発見。未体験という友人を無理矢理引き連れて乗車したところ、その報いか、ちょっと「アレ」な隣席に遭遇してしまい、疲れよりもそのせいで気が遠くなって、目が覚めれば秋葉原。友人と別れた後、まぁちょっと買い物が出来れば…と軽く歩いたものの、考えてみれば特に買うものも無かったっけ…と東京駅に一度出て、中央線の始発駅から座って帰った次第。

 …それだけのことです(^^;)。

 あー、まぁいや、まいった。なにはともあれ疲れた。普段のコミケなら少しは同人誌を買っていたような気がするけれど、今回は他の疲れがたまっていたのが影響して活動範囲が…(^^;)。

 まぁ…、そんないつもの年の瀬です(^^;)。

2005/12/29

1日目の行動

05122901 …ってほどでもないんですが、行ってきましたコミケ。

 まぁ今日は一般参加でしたので、10時頃に家を出立、適当に飯を食って11時半頃にほぼ自由入場になっていた会場に入場し、コスプレ広場で写真を撮りました。

 …以上(^^;)。

 いやぁ、あまり書くこと無いなぁ(^^;)。

05122902
 それよか、前日の設営、また200km走行の後遺症で、腰、太ももの筋肉痛がピークで、歩きにくいっつーかなんつーか(^^;)。か…からだが…。

 …だもんで、むしろ朝早くない出発はちょうど良かったかも。のんびりでかけて会場に着いて、のんびり撮影…とか思ったんですけれど、企業側の列が長くて、コスプレ広場が圧縮されていて、結構狭い…。そのおかげであまり撮ってませんのであしからず。まぁ、イラスト化を考えれば、ちょうど良い数だったのですが。

 ん~…ほんとに書くことないなぁ(^^;)申し訳ない。

おっかけの妙

 草加で購入するのは煎餅だけではない。

 「おっかけ」というものがある。せんべいを焼く前の、乾いたお餅状態のモノを指すらしい。で、店によってはそれ自体をそのまま、あるいは乾燥中に割れて、焼くことができなくなったものを販売していたりする。

 こないだ、某店でたまたまそれを目にし、買ってみた。

 店のおすすめは油で揚げて、塩なり醤油なりかけて食えと。ただ、普通に焼いてもいい。油を用意するのは大変だし、だったらオーブンで焼いて醤油に浸した方が簡単だろう。

 実際、親父に渡したところ、その調理法で意外に好評。もともと、お餅を焼いたところのぱりぱりしたところが好きだったらしく、ほとんど「それだけ」な仕上がりになるそれはもともと手焼き用に素材もいいものだし、なかなか美味い。おいらも少し分けてもらったが、焼きたて煎餅とお餅の間くらいのおもしろさがある。

 ちょっと今後も継続して買おうかな、と考えている。ただ、おいらの購入する先は割れ煎のそれを使用しているので、在庫が結構少なそう。…なので、おいらの確保をする意味で、店名は伏せさせていただく(^^;)。

2005/12/28

まずは設営

05122801 …というわけで行ってきました、前日設営。

 なんかここのところ(本当はいけない(^^;))自転車で行っていたので、今回もそうしようかと思ったのですが、ここを読む人なら知っての通り、前の連休で2日間とはいえ200kmと走ってしまったものですから、さすがにさらに「有明まで」ってのはツラすぎる。

 まぁゆっくり寝てから行きたい…ってこともあったので、今回はさすがに電車。もっとも、行ったら行ったで「あれ?今日は自転車じゃないんですか?」と多くの人に言われてしまったので、ちくしょう、今度は自転車で行ってやろうか(^^;)ぉぃ。

 それにしても毎度思うのだが、埼京線のりんかい線乗り入れのおかげですこぶる移動がしやすい。しやすいのだが、新宿での埼京線接続が微妙。間が開きすぎる場合がある。しかも下手に開いても、必ずしも「山手線で大崎まで移動し、そこからりんかい線に乗り換えた方が早い」と言い切れないところが微妙。

 感覚的に、新宿で埼京線を15分待つようなら、山手線に移った方がいいっぽい。それ未満だと、埼京線を待った方が、大崎に山の手で向かうラインを追い越してしまう。そこらへんの基準が見えてきた。

 しかし15分…って。

 ともあれ、設営時間開始くらいにちょうど到着。もろもろの説明を受けて西館へ移動。適当に机の設置、あとサークルスペース札(「い」とか「ろ」とか「は」とか書いてあるアレ)を貼ったりする作業もはじめて体験してみたり。

 ほーぼ滞りなく作業も終了し(若干、年を感じなくもないエピソードもあったりしましたが(^^;))、反省会も…なんか、もうすっかり有名人ね(^^;)フクザツです。

 なんか今年は勝負に勝って、試合に負けた…って感じです。まぁ負けは負けなので(?)、今回のコミケの天候は問題ないでしょう(^^;)ぉぃ。

 ともあれ、相変わらず楽しい設営です。もちろん体力がいりますが、やりがいはあるので時間のある人は是非どうぞ。まぁそう来やすい時期のそれではないんですが(^^;)。

2005/12/27

とりあえずインナー

 ユニクロに行ったら、ヒートテック素材とおぼしきインナーがあったので、購入してみた。

 冬は、特にこの冬は寒い。…ので、厚着をしてこなさなければならない。ただ、サイクリストぉぃとしてはあまり厚着しすぎると動きが阻害されて困ってしまう。

 そこで機能性下着(発汗を熱に変えたり云々)で体温を稼ぎ、厚着せずとも寒気に耐えられるようにしなければならない。

 しかしそういう機能性下着ってば、高いのよね、ふつー。スポーツショップとかに行くと、薄手の長袖シャツ、あるいはタイツなどが4千円以上で売っていたりする。これはキツい。

 某氏などは同一ブランドメーカーのアウトレットを購入してしのいでいるようだが、売っている場所が限られるのでそうそう利用できない。

 しかももうアレも近い時期なのでどうにかしなければ…と思っていたところ、やっとこさユニクロがそういう肌着を出してくれた(あるいは店頭に出している店舗にたどり着いた)。

 シャツとかタイツでも1枚1,500円。ヒートテック素材はパーカーで結構お世話になっているので、信頼できるし、結構いいかも。

 まぁ気分的な効果もあるかもしれないけれど(^^;)、とりあえずこれで当座はしのげそうだ。

次はいつのことだろう…

 覚えている限り、9月下旬が最後だった。

 宮古島に旅行に行っている最中、念のため…と充電したのが最後に思える。

 もっとも、昨日、その旅行に用いた鞄からやっとこさ取り出した充電器なので、それまで充電していなかったのは間違いない。

 何の話かと言えば、F10というデジカメ。日常のメモということで、さすがに毎日は使ってはいなかったが、ほぼ毎週、なんらかの形で数枚撮影は行っていたと思う。

 それで3ヶ月くらい充電しないで使用できる…って、スゲえデジカメだなぁ。

 ただ、3ヶ月経って使用できなくなった…ということでは実はない。

 3つある電力ゲージの目盛り一つが消えた…だけ。だから使おうと思えばまだ使えると思う。ただまぁ明日からアレがあるし(^^;)メインのデジカメじゃないけれど、念のために充電して久しぶりにフルにしてみた次第。

 基本的には高感度により、フラッシュなしでも「どこでも撮れる」ために購入したのだが、それ以上にバッテリーに気兼ねなく「いつでも撮れる」点での信頼が増している。むしろメモリ容量の方が心配になるくらいだ。

 まぁ512MBのカードを用い、最大解像度とはいえノーマル圧縮で撮っていれば、そうそうメモリが足りなくなると言うこともなく、多少昔の写真を放り込んでいても保つので、動作も機敏なのでビュワー代わりにもなる。

 もうすっかり愛用機と化してしまった。

 まぁF11のようなカメラなパラメータが無いのが残念だが(露出優先とか)、当面使い続けることになるな、これは。

2005/12/26

たまごの宴

 2005最後の飯能・岩鞍ライン走破の時に購入したたまご。実は翌日に使う予定があった。

 実は「日本たまごかけごはんシンポジウム」のオフィシャルスポンサーとして有名(?)な(株)吉田ふるさと村の名物調味料、「おたまはん」の入手をTOKさんにお願いしていたのだが、それが手に入ったと。しかも「関東風」「関西風」の両方とも。

 近いうちにそれを受け取りに行かなければ…と思っていたのだが、ふと思いついて「関東風・関西風とあるのなら、食べ比べしない?」という話になり、ご飯とたまごを持ち寄って…ということになったわけだ。

 で、たまご担当が私なわけだが、せっかくならスーパーで簡単に手に入るモノではなく、たまごかけご飯に適したたまごがいいな、と思い、検索してみた。

 するとたまたまではあるが、青梅の地玉子で有名らしい、「たまご倶楽部」がヒットしたというわけだ。飯能・岩鞍ラインからそう離れていないので、おいらにとって入手性も高い。

 ちなみに、これを購入時、「実はこれこれこういうことで食べ比べをするんすよー」と店員に何の気なしに話をしたところ、「だったらこれも使ってちょうだい」と同店舗で販売されていただし醤油のエントリーを希望されてしまった。グッチ裕三もおすすめと聞いてははずせない…と購入してしまったが、食べ比べの時に持って行き忘れてしまった。

 ただ、我が家で試食してみたところ、なかなか美味かった。だしが利いていて、ごく少量でたまごと親和性が高いというか、それもおすすめです。

 「たまご倶楽部」はそのほかにもたまご料理やそれに合う食品も併売されていたりするので、機会があれば是非立ち寄ってみてください。

 で、新鮮なそのたまごも入手し、TOKさん家に集合して、せっかくなのでしゃおらどんもお呼びして大試食会となった次第。

 ちなみにしゃおらどんには当日まで試食の内容を秘密にしていた。でも「茶碗持ってきて」と、非常に怪しい参加条件に「食い物系」くらいはアタリがついてたらしいが、最後の最後まで会の内容は不明だったっぽい。

 いざ明かしてみると、そういうネタも食べ物も大好きだったらしく、大好評。ただ、こちらとしては「なんだよ、たまごとご飯だけかよ」と文句ぶーたれた時のため用に購入していた漬け物や佃煮の登場機会を失われてしまって、ちょっと不満たらたら(^^;)。…えー、もう少し場の空気を読むように>しゃおらどん(^^;)ぉぃぉぃ。

05122510
 ともあれ実際おたまはんでたまごかけご飯を食べてみたところ、先のだし醤油に比べ、だしよりも醤油とみりんの味が利いている味で、そちらも美味。関西風の方がみりんが利いていて、甘みが多い感じ。

 個人的感覚だが、たまご倶楽部のたまごは黄身が元気で甘みが強いため、おたまはんの中では関東風との相性がいい気がする。ただ、普通のたまごなら、そこらへんを補正する意味合いで関西風が合うかもしれない。

 まぁそこらへんは個人的な好みも関係しているのでどうというものでもないとは思うが。

 ともあれ、ご飯3杯食って会はお開きになったとさ。まぁたまごかけご飯オンリーな食事会っぽくって、面白かった。また、クリスマスの夜に男3人でたまごかけご飯…という、別の伝説達成もかなえられたかな…と、一人ほくそ笑んでおります(^^;)意味不明。

 ま、おたまはんはまだたっぷり残っているので、おいおい家でもたまごかけご飯や、納豆等に使って楽しんでいくことにしよう。うん。

2005/12/25

新デバイス

05122509 ぷらっとほーむでこんなのを買ってしまった。

 それなりに思い出もあるぷらっとほーむの店頭が今年いっぱいで閉店になるというので、なんか記念に買っておきたい。まぁ店頭が無くなるだけで通販は残るのだが、あまり通販とか利用しないしね。

 で、たまたまこの機器が通販でも今後入手可能のようだけれど、店頭価格の方が安くなっていたため、元々タブレットPCのために欲しかったところだったので入手してみた次第。

 X41Tなどには残念ながらBluetoothが装備されていないので、プラネックスのBluetoothアダプタも一緒に購入。本当はCFタイプとかが欲しかったのだが、まぁこれは仕方ない。安いUSBタイプなので、なんか必要があれば別途入手しよう。

05122511 で、実は問題があったのがこのBluetoothアダプタの方だった。X41Tでは主にタブレットスタイルでの使用を想定している。そのため、キーボードの両脇にあるUSBポートのうち、タブレットスタイルの時に「上」になる方に装着しなければならない。そうするとそのポートはくぼんだところにあるのだが、アダプタが微妙に太いため、しっかり装着できないのだ。

 まぁ、安いアダプタだし…と、カッターナイフでぐりぐりと筐体一部を削り取って、なんとかしっくり収まるようにした。アダプタ自体の見た目がちとアレだが、装着したときの一体感は増しているので、良しとしよう。

 ただ、問題はそれくらいで、FrogPadは快適に使用できている。もちろんその独特の使用方法はまだ慣れていないのでブラインドタッチで入力…というわけにはいかないが、まぁなんとか。

 ちなみにT40pでもペアリングしてみたところ、正常に動作した。購入以来、数年使用していなかったBluetoothポートだが、ちゃんと生きていた。ほっ(^^;)。

 まぁそのうち、PC-VA93J/GLにもインストールしてみようかしら。

案の定

05122512 翌日、目が覚めたときはなんともなかったんですよ。ああ、なんともないな…と。

 ただ、「さぁ、起きよう」と脚を動かしたとたん…キましたね(^^;)。やはり2日間で200kmも走ってはいけません。身体に無理が来ますです(^^;)。とほほ…。

 外に出てもしばらく、動きにムラがあったというか…ぎこちなかったというか。うーん、まいった。今後はあまり無理しないようにしないとな。

 …つっても、また走ってしまいそうな気もするが(^^;)。

2005/12/24

ここのところの走行

05122507  まず、23日は予定通り、草加に行ってきた。

 コミケ原稿に追加があったりして時間かかるかな…と思ったが、執念で前日夜に仕上げ、23日をフリーに。… なんかタブレットPCが2D絵の生産性の向上に貢献しているような気がするのだが、気のせいだろうか?

 ともあれ、朝早くに出て…と考えたところ、見事に寝坊(^^;)。前回よりも遅れた出立時間に。

 ただ、前回よりも力入れてチェーン洗ったりしたメンテナンスをあらかじめ決行していたり、道順をしっかり把握していたからか、 結構さくさく走り、前回よりも速いペースで到着した。もっとも、途中秋葉原でぷらっとほーむの閉店バーゲンに行ったので、 到着時間はほぼ前回通りだったけれど(^^;)何を買ったかはまた後日。

 で、前回行かなかった店に行ったりしたり。ただ、気がつかなかったのだが意外にこの時期は煎餅屋にとってかき入れ時らしい。 正月の進呈などに使われるらしく、結構ものが売れている。某店では手焼き煎餅がすべて予約で押さえられ、 店頭では来年まで入手不可能という事態。ほう、これはうかつ。ちょっと欲しかったのにな…。

 まぁでも他んところでは手焼き手に入れられたり、正月越せるくらいは入手済み。まだ食ってないその店の手焼きはまた今度に。

 で、帰宅ルートは秋葉原経由、いつものコース(^^;)。環七は通らず、平穏なコースで問題なし。ほっ。

 走行距離は環七通ったときと変わらない90キロ。でも疲労度ははるかに軽いね。



 で、24日は今年最後の土曜(大晦日をのぞく)ということで、飯能・岩鞍ラインの走り収め&お買い物ってことで。

 ただ、Nebulaさんが言うには、飯能に美味いカレー屋を見つけた…ということなので、そこを基準にスケジュール構築。

 しかしそうすると東飯能集合11時となってしまう。そこからカレーを食って、赤沢スイーツに行ったりすると…13時は過ぎるね。 店頭在庫が底をつく可能性が…。

 そりはマズい。

 そんなわけで個人的に「赤沢スイーツに10時」に向かい、その後東飯能11時集合にかけつける…という算段にした。ルート的には、 多摩川サイクリングロードから普通に「麦」に向かい、山王峠を抜けて赤沢スイーツ。そこから東飯能に向かってカレー屋。で、 来たルートをUターンして戻る…ということになる、あまり無駄のないルート。まぁ山王峠を2度通ったり、 山王峠-赤沢スイーツ間を2度往復する手間はあるけれど、他の参加メンバーに影響を与えず、よけいなルートを通らない… という点では悪くない選択ではないかと。

05122502  ただ、出立が7時になるのよね。日の出時刻くらい。とほー。 ちょっと前日よりフロントディレーラーが調子悪いので、その調整込みで早起きしなければいけないので、ツラかった…(^^;)。

 まぁでもなんとか起きて、調整して、出立。立川までは一般道、んで多摩川サイクリングロードを走り、河辺のあたりで北上。岩倉に向かう。

 それにしても…寒いわ(^^;)。いつも書いているけれど、この時期のサイクリングはツラい。まぁそれなりに身体も温まってくるけれど、 どうだろう。

 脚はまだBodyTechのタイツを履いて、しかし放熱と発汗がスムーズに行われるので、さらさらとした感触。 暑い寒いがあまり問題にならない。

 反して上半身はシャツ2枚、ヒートテックのブルゾン1枚でそれなりに防寒対策がしっかりしているので、それなりに汗をかいてしまう。

 しかし手先や足先などは多少防寒しているとはいえ、冷風にさらされているので、常に冷たい、痛い感触につきあわされ…。

 いろいろな感触が(^^;)。さらに長時間走っていれば上半身の影響で「暑い」、しかし疲れる。適度に休もうとすれば一気に冷やされ、 うまく暖まらない、適度に休息もとれないというか…。うーん。

 まぁでも途中で食ったファミマのチャーシューまんは暖かくて美味かったですが(^^;)。

 ともあれ、山王峠でも苦労したりしながらなんとか時間前に赤沢スイーツに到着。暖かい紅茶もいただいたり、 できあがりほやほやのショコラをうばいとったりなんやり(^^;)。

05122508  面白いのはシュトーレン。海外ではクリスマス定番のお菓子らしいのだが、 美味いのでクリスマスだけにはもったいないキャンペーンを赤沢スイーツで展開中。 年を越しても取り扱いをしばらく継続するということなので、ぜひどうぞ。

 味は…、もちろん購入した私なのだが、妹夫婦にプレゼントしてしまったので未確認。少しよこせとは言ってあるが、 どーせ忘れてしまっているだろう…(;_;)。

 まぁショコラが濃厚で抜群に美味いので、よしとするか…。

 ただ、この店に着いた時点でかなり消耗していたので、ちょっとゆったりしてしまったせいか、ちょっと時間を超過。いや、 温かい紅茶二杯はものすごくありがたかったのだが、集合時間に遅れてはマズい…ので、10時20分に出立。 幸いにも赤沢-東飯能に向けてはゆるやかな下り坂なので、うりゃりゃーと走りまくって、なんとか時間までに到着。

 はじめてお会いするGaoYanさんやゆ~ぞ~さんとご挨拶。ただ、「いつもの通り」Nashさんは遅刻中。なに、 想定の範囲内です(^^;)。

 で、お目当てのカレー屋に向かう…のですが、ここで一波乱…無いんですけれど、ありました。

 開いてないのです(T_T)。

 いや、開店時間はインターネット上では11時と書いてありながら、店頭では11時半と書いてあるのはまだご愛敬として、 その時間を過ぎても開きゃしねぇ(ToT)。氷も張るような寒空の下、30分間放置プレイは根に持つおいらにとっては致命的です。

 「定休日」とか「年末年始の営業案内」とか一切掲示されておらず、店内のライトとTVはついているものの、 人の気配が一切しないその店に表から電話をかけてみてもむなしくベルが鳴り続けるだけ…。

 もう「トラヤ」には行きません、絶対。

 赤沢スイーツで多少試食をいただいたとはいえ、この寒空の下の空腹はツラい…ので、別の店を探すことに。元々飯能の「謎の店」ってことで 「川を渡らないと行けないそば屋がある」という情報もありましたので、途中合流したNashさんも含め、そこに急遽向かうことに。

05122503  ちょっと情報が怪しかったのですが、記憶や地図などを元に移動をしていると…、その「櫟庵」 というそば屋を川向こうに発見。

 ほっ…って、

05122504  この川を渡れってかっ!?確かになんか板っきれが渡してありますが、 そこまでの道のりがものすごく困難っぽいんですが!?


05122505  で、これがその困難。風が強くてしゃれになりません。特にビンディング靴の人は。

 まぁ後から考えてみれば回り道してちゃんとした「橋」を渡ってくることも可能だったのですが、 空腹な我々にはそんな回り道をしている余裕はありません。

 なんとか無事に越川に成功。ほっ。しかし、誰か落ちてずぶ濡れになっていたら…(--;)川には氷が張っていました。


05122506  まぁそんなこんなで「櫟庵」に到着。… なんで蕎麦を食いに来るのにこんなハラハラせなあかんのや…って気もしますが(^^;)。

 さすがに腹減ったわ、疲れたわで、コース膳みたいなものを注文。それなりの値段はしますが、さすがに美味い。思わず鮎の塩焼きまで注文。 しかしこの時、周りは気がついてなかったかと思いますが、失態をしでかしてしまいました。

 …いや、鮎って、はらわたまで食べられるんですね(^^;)。抜いてないからおかしいなぁ…と思いつつ残してしまったんですけれど、 料理屋がはらわた抜かないのもおかしいな…と後から調べてみたら、天然物は苦くなくて、はらわたまで食えるとか。… しまった(^^;)なんたる失敗。うーん、惜しいことした(;_;)。

 まぁでも総じて、いい食事でした。結果的にはトラヤに行かなくて正解だったかな(^^;)。

 あとは赤沢スイーツにいったん戻り、山王峠に…ってところなんだけれど、この時点で走行距離70kmを超えており、かなりグロッキー。 皆の買い物中、椅子でぐったりして身動きとれず…(^^;)すんまへん。

 それでも頑張って山王峠を自走で切り抜けたり。ぬぅ。

 当然のことながら「麦」にも寄って、パンを購入。しかしまぁ、「そろそろ来る頃だと思ってましたよ」と言われるあたり、 待ちかまえられているなぁ…と実感(^^;)。

 できればお茶でもいただいてゆったりしたいなぁ…ってところだったんですけれど、さすがに日没が近くなり、 そうするとさらに冷えてくるのでそれはマズい…と早々に退散。むぅ、残念。

 そして今度は新たなる目的地、「たまご倶楽部」を目指す。

 また後で詳細を書きますが、ちょっとたまごが必要になり、しかしそこらのスーパーで売っているたまごを買うのも芸がないし、 何か特別なたまごとか無いかな…と探していたところ、たまたま青梅にこのような店があることを発見。…で、飯能・岩鞍からそう遠くないし、 寄ってみた次第。

 日没後の来店になってしまったけれど、あらかじめ電話連絡して確認していただけあって(?)まだ今日生み立てのたまごの在庫があった。 早速10個ほど購入したり、みそたまという味付けたまごも試食してみたり。これがまた美味いんだ。

 あとはこれを持って帰るだけ…って、自転車で?まぁ、市販のたまごパックを使って持って帰れば自転車積載でもなんとかなるかな… と思っていたところ、たまご倶楽部でのパックが意外に頑丈で、多少揺れたりショックを受ける程度では問題無かった模様。

 一応そろりそろりとは走ったつもりなので、若干時間がかかったけれども。

 結局、走行距離114kmってことで。いやぁ、疲れた。寒空の下に走行するのも結構キツいね。暑い中の走行はそれなりに慣れたけれど、 寒い中ってのは当面慣れないんじゃないだろうか…。うぬぅ。

 …しかし結局2日合わせて200km以上走った訳か。…明日が怖いな(^^;)。

2005/12/22

うん?

 なんかごたごたと平行していろいろ進行中。

 進行表とか作ればいいのかもしれないが、元来ものぐさだし、そもそも進行表とか慣れていないのでうまくいかない気もする。

 一応onenoteでタスク表とか作ってはいるが、早速onenoteを立ち上げるのを一日中忘れていたりするので、意味無かったり(^^;)。

 まぁそんなわけで、なんかおいらに頼み事なり、連絡していた…って人は、念押しとかしておいてくださいまし(^^;)。

 個人的には…えーっと、コミケ用名刺新作と、年賀状…というか、年賀用トップ絵かな?とりあえずは。

今日の自転車絵

05122201 今日は在りし日の(^^;)ぉぃストライダってことで。

 こうして横から描いてみると、ちっと特殊な乗車姿勢だと言うことがわかるね。逆に自然なのかしら?とはいえ、後輪への負荷がいやってほどわかるですけれど(^^;)。

 一応何も見ずに、記憶だけで描いて見返してみると、まぁまぁ合っていた…というか、雰囲気出ていて良かった。もっとも、ストライダほど特殊なフレームだったら、ちょっと崩れたぐらいで「らしさ」が損なわれないんだけれど(^^;)。

 ただ、サドル周辺が妙に大きくなっているのはキャラに合わせたからで、実物はもっとスリム。やはりデフォルメキャラに合わせるなら、自転車もデフォルメしないとダメなんだなぁ…と実感。ちょっと描画バランスを考えなければ。

2005/12/21

最近の近況な~のだ

 コミケ原稿が佳境です。

 結構早く原稿をあげて時間的余裕を作って別作業をしようと思ったら、リテイクや追加注文とかきました。

 早く作業を終えても、締め切りぎりぎりまで作業しました的な態度を取ることが肝要と学習しました(^^;)ぉぃ。


 もも展の感想を相変わらず書いていますが、テキストマシンをX41Tに移してしまったため、SXGA+→XGAの狭少化が災いし、作業効率がた落ち。うーん、しまった。

 まぁ、T40pで書けばいいのだが、感想書き作業時間的に「X41Tしかない環境」の方が長いもので、それで書かざるをえない。うーん、こんな落とし穴があったとは(^^;)。

 広い画面が懐かしい…とはいうものの、やはり軽い、小さいのサブノートはつい手元に置いておきたくなる(^^;)。


 最近では最強の寒波がきているそうだが、インナー+最近のユニクロのなんとかっつー保温素材のせいか、意外に寒い思いはしていない。

 手袋も新調して自転車用の、薄手だけれど比較的保温性の高いモノにしてみた。それも普段から使用しているせいかもしれない。

 ただ、冬用インナーは新調したい。ユニクロはシャツとかの保温素材は優れているが、インナーでそういう素材のをまだ出してない…と思う(最近行ってないのだが)。ので、グンゼとかの去年買った機能性インナーを使用しているが、そろそろ痛んできた。新調しないとなー。

 なんつっても、本番が近いし…(^^;)コミ…。

 とはいえ、某氏おすすめのアウトラストは高いし、安いところは遠いので、やはりグンゼとかの近場でなにか…。

今日の自転車絵

05122101 BSM-R20で。んでも上半身とハンドル付近を描いたところで力尽きました(^^;)。ヘッドパーツから下、後ろはもうやっつけです。

 いや、正直最近描いている絵はこれだけではないもんで(^^;)タスクが…。

 しかしやっぱ自転車は難しいですね。今のところ「あまりパースをつけない」くらいの見栄えのコツくらいしかつかんでいません。意外に下半身、脚の位置・動きに苦労します。サドル・シートポストが脚で隠れ、基準を見失いやすいのが原因かと思いますが、またアングルによって膝の角度とかの表現がしにくくなるのもまた原因かもしれません。

 ただ、普段のような「強弱のある線」ではなく、「均一な線」だとヨレた線でも自分的に抵抗がないことがわかり、この雰囲気で描き進めそうです。落書きっぽいタッチが許されるような雰囲気を醸し出す描き方…というのもあるかもしれない(^^;)。強弱線で自転車を描くとホント、嫌悪すら覚えますから(^^;)。

 …うーん、ひょっとしたら、キャラも等身あまり下げていないとはいえデフォルメキャラだから、それに合わせた自転車のデフォルメ化もしないといけないのかな?んでも小径自転車ってもともとタイヤが小さいから、デフォルメ化も難しいし、どうバランスを取ればいいんだか…。

 それにしても乗っていると、リアルな乗車スタイルってのがわかって面白いですね。ドロップハンドルの自転車なんて、R20に出会う前だったら絶対こんな手の位置なんて描かなかったでしょう。

 まぁ普通のドロップハンドル車乗りだったらもっと下部を握るのかもしれませんが、おいらはブルホーン派ですから(^^;)。

 さて、もっと訓練しないとなー。しばらくは自分の自転車描きためて、そのうち乗ったことのない自転車も描けるようにしたい。

 あ、こちら方面(?)のマスコットキャラクター、あるいはキャンペーンガールもデザインせな(^^;)。

05122102# 急になんてことを言い出すんだ!(^^;)

 いきなりの話なので、資料を見ずに書いたイメージなので、「なんちゃってM5」だす。も~(^^;)。

 …書いておいて言うのもなんだが、こんなに車高、高かったっけ?(^^;)フレームのシートより後方の角度とかが思い出せない…

2005/12/20

新たな創作意欲?

 ふつふつと、来年夏コミに向けた自転車本の創作意欲がわきつつある。

 漠然とではあるが、なんとなーく漫画も描いてみたくなってきた。自転車は鬼門ではあるが、なんとか、手書きの味でごまかして(^^;)ぉぃどーにかならないだろうか?

05122001
 まぁ略して描いていいっていうんだったら、今のところ右のようなところまでは描けるので、こんなレベルでいいのなら…いいのかなぁ(^^;)。

 でもなんとなく自転車を描くのも楽しくなってきた。ちょっと考えてみよう。

2005/12/19

ネットワークゲームの入り口

 ネトゲは一度もやったことがない。

 理由は簡単で、そもそもゲームをやらない人間だし、時間無いし、毎月支払いが自動引き落としてもめんどいし、毎月定額なら逆に「しなければ損」みたいでなんか縛られているようで嫌だし、諸々。

 まぁまったく興味がないわけでもないのでやれるならやってみたいのだが、なかなかとっつかないでいた。

 そんな中気がついたのがこちら。

「おいでよ どうぶつの森」レビュー:
任天堂が僕たちにくれた、せまくて広い最高の遊び場

 基本的にゲーム初期費用くらいが必要で、あとは(ゲームによって)タダ…というのなら、気負いもせずに使えるだろう。ちょっと無線LANの11b環境を整えていないのだが(^^;)、そこらへんはすぐに整備できるだろうし…。

 マリオカートとかもニンテンドーWi-Fiコネクションに対応しているらしいが(sakusaku見てるとやってみたくなるんだけれど(^^;))、とりあえずはどうぶつの森みたいなので…いいのかな。

 まぁでもそれ以前に時間が無いような気がするのだが(やる時間があるんだったら、買い貯めているDVDをこなしたいしなぁ…)。


 ところで個人的にDSというと、「コミケでのコミュニケーションツール」と思っている(^^;)。この冬も持って行こうと思うのだが、Wi-Fiコネクトした方が面白いのかしら?

 もっとも、外で接続するにはコミケ会場に限らず、そうそうアクセスポイントはないと思うのだが、ふと思いついたのがニンテンドーWi-Fi USBコネクタ【NTR-010】をDSと一緒に持ち歩くモバイルノートに指す方法。

 …て、ノートPCはウィルコムのカードでも指してPHS接続してインターネットに。それでWi-Fiコネクトってできるのかしらん?

 まぁまずPHSの回線速度がボトルネックになるわけだが(最高で128kbps)、これはどーなんでしょね?ゲーム的には。条件の悪いADSLよりも遅いんだからゲームにもならないのかもしれないが、ちっと試してみたい気もする。

 …ピクトチャットで十分のような気もするが(^^;)。

2005/12/18

冷える日

 ともかく寒いね!寒い寒い。

 前にも書いたとおり、この週末は寒暖がどうだろうと家に引きこもり作業の予定だったけれど、結果的にそれで「良かった」みたいね。こういう日はさすがに自転車もキツかろう。まぁそれでも汗だくに運動できればしめたもの…なんだろうなぁ。あ、でも風邪引くか。

05121701 だいたい、寒いだけで済んでいるならまだマシか。関東以外はなんか雪に覆われているみたいで、さすがに雪は自転車にとって鬼門。どーしようもない。まぁタイヤを替えて走る強者さんもいらっしゃるみたいだが、幸いにも降雪も少ない関東なんだから、せめてそれを恩恵と思って走り回らないと。今のうちに。

 しばらくすれば花粉で走れなくなるんだから(^^;)。

 そう、花粉。次回は前回ほどじゃないと思うが(前回が異常に多かった)、対策は施さないと。…そういえばTOKさんがあらかじめ通院して処方箋対策しておけ…って言っていたな。しかしおいらん家の近くの某診療所は全然当てにならないので(^^;)、TOKさんのおすすめを知りたいなぁ(^^;)。

 春もできるだけ毎週走らないと。…っつーか、一年中定期的に走らないと。欠かさない運動にしないとね。

2005/12/17

ネタ無し

 ちと家に入り浸ってコミケ原稿作成中。

 家から出ないとネタが全然無いねぇ(^^;)。うーん…。

 原稿はIllustratorで線を描き、PhotoShopでビットマップ化。ComicStudioでトーンを貼って、再度PhotoShopで微調整…ってことをしている。手間っぽいが、意外と簡単…というか、複数アプリを渡り歩く作業なんて慣れているので、どうってことも(^^;)。

 ただ、トーン張りだけにComicStudioを使っているようなものなので、確かPowerToneってソフトがPhotoShopのプラグインとして動いたような気がするので、それを使った方がいいような気が…。

 あ、いや、ComicStudioProに付属していたかな?PhotoShopのプラグインとしてインストールできたかな?あー、いや、ComicStudioでしか使えないか…。

 作業はX41Tでやってみた。さすがにXGA画面は狭いが、筐体一つなのでやりやすい部分もある。まぁ本来はSXGA+の方がいいんだろうなぁ。でもメモリ1.5GBも積んでいて、かつPentiumM1.5GHzだから、複数アプリを立ち上げていても、結構ストレス無くさくさく作業ができる。

 うーん、T40pも仮にもPentiumM1.6GHzなんだから、使い続けてよけいな常駐物積んでいる分、1GBでも重くなっているんだろうな。512MB+512MBだから、片方1GBにでもすっかな…。

 いや、あるいは久しぶりにクリーンインストールか?


 …どーでもいいネタだよなぁ(^^;)。

2005/12/16

今週末の予定

 …は、珍しく走行予定なし。ちょっと原稿とか…(^^;)。

 まぁ少し買い出しに出かけるかもしれないけれど、自転車は使わない予定。

 代わりに締め切り後の連休は走らなければ。23日は予備日だけれど、なんの予備にも使わなかったら、草加煎餅を再び買いに行こうかな(^^;)正月分。

 で、24日は久しぶりに飯能・岩鞍ライン。こちらも冬のスイーツとかパンとか買い納め。

 …はー、もうそういう季節かー。

またもDVD

ブエナ、洋画DVD43作品を各1,500円で再販
-「コールドマウンテン」、「サイン」、「アルマゲドン」など

 ほう。えーっと、チョイスしてみますか…。

・いまを生きる (VWDS-3071)
・グッドモーニング、ベトナム (VWDS-3073)

 「いまを生きる」って原題が「死せる詩人の会」だっけ?

 どちらもロビン・ウィリアムズ主演かな。実はベトナムの方は見ていなかったり(^^;)。「今を生きる」は感動ものだけれど、一度見ていると何度も…って気はしないので、今回はいいかな。ベトナムの方は見てない…って意味で買ってみたい気も。

・モンタナの風に抱かれて (VWDS-3075)
・クイズ・ショウ (VWDS-3077)

 …どんなんだっけ?(^^;)前者はどっかで聞いたことあるんだよな…

 クイズ・ショウって解答横流しっていうか、クイズ・ショウの不正問題を題材にした映画で、モノクロで作られていなかったっけ?ちと興味があったんだけれど、見なかったような…。

 まぁ…どちらも積極的に見たいとは…(^^;)興味はあるが。

・パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち コレクターズ・エディション (VWDS-3999)

 実は見てない(^^;)。見たい。買っておこうかなぁ…。

・エド・ウッド (VWDS-4288)

 ちょっと惹かれるのだが、たぶんソリがあわないと思う。

・サイン (VWDS-3081)

 見てないんだよね。こういうミステリーものは謎解き一発で終わってしまう場合がある。それでも「シックス・センス」は見返したいと思わせる作品だし、「アンブレイカブル」は一度見れば十分って感じだし。同じシャマラン監督のこの作品は果たしてどちらに転ぶのか…。

・フェイス/オフ 特別版 (VWDS-4234)

 ちょっと欲しいかも。なんだかんだでジョン・ウーで、結構脂ののっている出来だと思っているんで。…っていうか、そもそも「絵空事」と思われていた基本設定が、最近ディティールが違うとはいえ、実現されていたりして…。スゴい時代になったものだ…。

・スターシップ・トゥルーパーズ (VWDS-4336)

 別の意味で保存版か?(^^;)迷作って言われているからなぁ…(^^;)。安ければ買うって程度だけれど、それでも1,500円は…(^^;)ぉぃ。

 そんなわけで、

・グッドモーニング、ベトナム (VWDS-3073)
・パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち コレクターズ・エディション (VWDS-3999)
・フェイス/オフ 特別版 (VWDS-4234)

 …って線か?妙なラインナップだなぁ(^^;)。


 そういえば以前にリストアップした安売りは来週からか。そちらもチェックしないと。相変わらず見る時間が無いが…(連続した時間が…)。

モアレの妙

 ちとまたコミケ原稿なんかを作成している。

 普段と違ってコミケ原稿となるとたいていモノクロになるのだが、そうなると問題なのはどういうデータで渡せばいいのか…ということだ。

 意外に思えるかもしれないが、印刷を前提にしたとき、カラー原稿よりもモノクロ原稿の方が問題になるケースが多い。

 まぁ、私の場合カラーキャリブレーションに関して「ぞんざい」ということもあるかもしれないが、モノクロの場合はグレースケールになるか、網点にするかという問題になってきて、それはたいがい印刷行程の話になるので「依頼された原稿」だった場合、それがどのように反映されるか考慮して原稿を作成するのが難儀なので…言っている意味がわからないよね(^^;)。

 簡単に書くとこういうことだ。

 こちらとしてはグレースケールでの陰影表現か、スクリーントーン表現での陰影表現かで原稿を作成することになる。無論、演出上必要であればモノクロ2値のアメコミ風…ってのもあるかもしれないが、おいらはあまり描かない。

 で、最近の印刷所はデータ入校も長けてきたので、グレースケールで原稿を渡されてもそれを印刷レベルの網点に変換してくれる。

 …が、問題はそういう印刷所だけではないということだ。グレースケールでグラデになっている箇所が綺麗にグラデーションにならないケースもあったし、網点でないと駄目ということもある。また、闇雲にスクリーントーンにすればいいのかというとそうでもなく、あまり細かい網点だと印刷が綺麗にでなかったり、かといって荒い網点だとポップな絵しか描けなくなってしまう。印刷機の線数とかわかってないと絶妙なバランスの網点ってのは表現できなくなるのだが、ここで必要になってくるのは印刷所とのコミュニケーション。

 そこが「あー、線数いくつのモノクロ2値で出してくれる?グレースケールだと作業も増えちゃうし、その線数で表現できる網点で2値で出してくれれば、綺麗に出せるから」とか言ってくれればいいのだが、依頼原稿の場合直接そういう担当者とコンタクトがとれない。

 そして意外にそういう問題を認識してくれる仲介者もいないということだ。

 さらに下手に直接印刷屋にコンタクトとろうものなら「詳しい」ということになって編集といった仕事まで請け負いかねないことになる(^^;)。それは避けたい。

 まぁそんなこともあって、結構モノクロ原稿ってのは自分で全行程こなすならまだしも、仲介が入ると結構手間なんだよね。原稿渡してそれっきりと割り切れるといいのだが、カラー原稿は色合い変わってもニュアンスは変わらないことが多いけれど、モノクロ原稿だと下手するとつぶれてディティールが全く見えなくなることもあるので、あまり放ってもおけないんだよなぁ…。

 …まぁ、閑話休題(^^;)えっ?。

 ここらへんは余談で、本題はまた別なんですが、スクリーントーンは昔、貼りまくっていました。結構好きでしたね。高額でなければ(;_;)。あれはほんと、高いんだ。

 なので、ComicStudioでスクリーントーンが貼れるというのは画期的に思えたわけですよ。基本的にタダで何枚でもトーンが貼れるんですよ!こんなにうれしいことはない…。

 ただ、問題も…。

 得意技だったんですよ。同一網目のトーンを重ね、微妙に角度をつけてズラすことにより、波長(?)の大きいモアレを起こし、見た目グラデになるという技。結構ツブしの効く技だったので多用してましたが、トーンの消費量もまた多いので、あんまり…(^^;)。

 で、ComicStudioだとそこらへんが自由だー!…と思ったら、細かい調整ができない…(^^;)。今のところ成功していませんねぇ…。PowerToneとか使えばいいのかもしれないですが、いまいち使い方がわからない…。

 まぁおいおい調べていくことにしよう。今は単純なトーンワークで我慢しよう。もっとも、それほど原稿描いてないわけだが(^^;)。

2005/12/15

忍び寄る肉

 未だに吉野家が好きだ。

 例の米国産牛肉輸入禁止騒ぎでメニューが変わってしまい、直後はかなり落胆したものの、最近の牛鍋膳は個人的なヒットで、ことあるごとに食べている。

 ただ、残念なことに吉野屋に行く機会自体がなかなかない。仕事帰りに…って機会が一番コンタクトしやすい「機会」なのだが、仕事場-自宅の間に実は吉野家がない。松屋はあるんだけれどね(松屋は松屋で好きであります)。

 かなり寄り道すれば自転車で行ける範疇にあることはあるが、仕事帰りに遠回りするのは疲れる。

 そんなわけで「あ、なんか肉食いたい」となるとだいたい無条件で国分寺駅前の松屋になってしまうわけだ。

 …が、最近国分寺駅前の元禄寿司前に挑戦状たたきつけるように進出してきた新興回転すし屋が見事にしてやられて閉店に追い込まれた跡地を見ていたら、「吉野屋」の看板が…。

 来るか!ついに我がフィールド、国分寺駅前に。わざわざ調布試験場近くの東八道路沿いのあそこまで行かなくて済むか!?

 ただ、米国産牛肉がそろそろ解禁になるのか?赤身には変異プリオン(だっけ?)の心配はないらしいが、別の意味で米国産牛肉は遠慮したい。吉野家がそれらを使うとなると、せっかく近くに来たのに追い払うようになってしまうようでヤダなぁ…。

 まぁ牛鍋膳を食っている限りは、あれはおそらくオーストラリア産だからいいのかな?でもメニューで牛肉使い分けるとかするかなぁ?

片手キーボードの必要性

 FrogPadを買おうかなー…と思っている。

 用途はタブレットPC用だ。書くまでもない使用スタイルで、ワイヤレスで片手で操作できるキーボードが欲しいわけだ。

 残念ながらX41TにはBluetoothが内蔵されていないが、そこらへんはUSBアダプタでなんとかしよう。筐体からはみ出してしまうので、本当はPCカードの方がいいのだが、USBの方が安いしー。

 元々コンパチ機でわざわざ外付けキーボードを?…と思われるかもしれないが、お絵かきのためにタブレットモードにしているところで多少長文を打つ必要が出てくるとキーボードが必要になり、しかしノートスタイルにするほどの長文でもないと外付けで…ってことになる。

 また、ソフトのショートカットキーとか使いたい…ってことならなおさらに…ってことにもなるわけだ。

 まぁそれにFrogPadが適しているかは怪しいところなのだが、省スペースでないと困るし、ワイヤレスでないと面倒だし、そういう風に選んでいると結果的にそれだけ残った次第。

 右手用と左手用とあるようだが、タブレットPCでの仕様を考えれば、右手でペンを握るので、左手用が欲しいところ。

 右手用は結構在庫があるらしいのでもともと右手で作業しているとき(タブレットとかで)、左手でキーをたたくことを考えると右手用でもいいような気もするが、少ないキーでフルキーボード分の役割を持たせるために親指を使った同時押しとかを行う関係上、やはり物理的に「左手用」を手に入れた方がよさそう。

 また、左手をそれで酷使して、右脳が刺激される…ってことはないのかしらん?(^^;)

 ま、まだ左手用は在庫が無いので、適当な頃合いで…。

2005/12/14

タブレットPCの普及促進

 いつぞや、飲み会で絵描きさんにX41Tに落書きしてもらった。

 案の定「あ、結構使いやすい」という意見をもらった。

 やはり初期の追従性の悪いイメージが大きいらしい。もちろん絵描きとしてはタブレットPCもいじったことがあるらしいのだが、黎明期のそれはお絵かき用にはちっと酷なもんだったし。そして今の第三世代は十分実用に耐えうるしねぇ。

 まぁ、外付けタブレットの利点(画面が手に隠れない)や、ショートカットキーの面倒さ(コンパチブル機でもタブレットモードだとキーが隠れる、開いて使うと画面が不安定)、重い(抱えると)等々、ハードが改善されたといってもすぐにどうこうということではないが。

 一番大きいのはコストのようで、19万という、昔からこのハードを知っていると「格安!」と思うのだが、やはり通常のノートと比べると同型機にくらべまだ高いので、そうそう手が出ないのかも。無論、ノートとタブレットという二つのハードが一つになっていることに利点もあるのだが、「別にコアなモバイルじゃないんだから、外付けタブレットでいいか…」ということにもなる。

 まぁ持ち歩くモバイル兼お絵かきマシンってのも妙な話だし、画面も狭いからまだどうの…って訳にはいかないけれど。

 しかしせめて「タブレットPCはお絵かきには使えない」とか初期のマシンイメージで思っているようなら、それは払拭して選択肢くらいには加えてもらえないとね。

タブレットPCの拡張ツール

 探してみると意外に無いのがタブレットPC用のソフト。普通のノートとしてのスタイル以外の形態で使用するので、なにかその辺のサポートソフトとか無いかなぁ…と思うと、あまり無い(全くないわけではない)。

 とりあえず最低限これは必要だな、というのはWinDeskWide

 これは「タブレットPCだから」というわけではなく、「T40pといったSXGA+からXGAになるので、作業領域を稼ぐため」といった方が主たる目的。実際ノートスタイルで使っていると画面の狭さを痛感するので、ホットキーで画面を切り替えられるこのツールはかなりありがたい。

 まぁ実質画面が広くなっているわけではないので、せめて仮想画面マネージャは入れた方がいいのかな…という気も。ただ、WinDeskWideと競合しないかちょっと怖い。また、タブレットモードでは絶対に使えないんだろうなぁ…。

 いずれもモバイルノートのためのツールってことで、タブレットPCだから入れた…というソフトが無いのがなんとも(^^;)。


 なんかタブレットPCだからこそ使える…ってソフト(それも無料(^^;))はないかしらん?…と探してみたら、タブレットPC普及のお膝元(?)、マイクロソフト自身が拡張パックなるものを出していた。

 こりゃ推奨品だろう…と早速インストールしてみたが、インクデスクトップなど常駐はさせてはいるが、なかなか使わなかったり(^^;)。まぁこれはまだ手書きオペレーションに慣れていないから…ってのもあるんだろうけれど。

 とはいえ、この中で意外にハマりそうなのがHexic Deluxe。これはちょっと面白いかも。従来こういうパズルものにはハマらなかったおいらなんだけれども、どーも従来と違う操作とかで刺激されまくっているようなので(^^;)。

 もっと他に有用なのは無いかな…と思って見つけたのがPowerToys。まぁ拡張パックの隣にあったんだけれど。

 拡張パックはいろいろな詰め合わせだったんだけれど、PowerToysは適当なのをピックアップする形。

 で、ピックアップしてみるとHandwriting Analysis Tool for Tablet PCが面白そう。これは筆跡から性格判断を行うソフトで、「毎日使う実用ソフト」というわけではないが、外に持ち出すX41Tで友人に見せて使わせるのにいいソフトかと。話のネタにちょうどいい。

 ただ、判定分が英語直訳っぽくって、妙に怪しいのだが(^^;)。

 意外に役に立ちそうなのが Extended Desktop for Tablet PC。マルチディスプレイを設定したとき、外付けディスプレイをタブレットPC画面で操作するツール。メイン画面内にウィンドとしてプライマリモニタの表示領域にあたるグリッドが表示され、そこを操作するとプライマリモニタ上でマウスカーソルが動くというわけだ。

 設定次第でそのグリッドの方にプライマリモニタの一部表示領域を映すこともできる。

 12インチの画面で17インチ液晶などの操作を行う訳なのだが、外付けタブレットでも小さいタブレットで大画面を操作したこともあるし、なんとかなるんじゃないかな。絵とかは難しいとは思うけれど。

 あと、Calculator for Tablet PCという電卓ソフトもインストール。手書きの計算ソフトというのもいいのだが、考えてみると使うシーンがあるのか、ちょっと心配(^^;)。エクセルとかと連動してくれるといいんだけれどな。


 そんなわけで、ちょっとばかしタブレットPCっぽくなってきたX41T。しかし考えてみると、PC-VA93J/GLもこういうソフトで生き返らせてやれないかな…?とか思ったり。


#WinDeskWide立ち上げ時に仮想画面マネージャを同時に使用してみた。

 仮想画面マネージャによる大画面がWinDeskWideによって切り替えられれば良かったのだが、お互い同じ仮想画面を使用しているらしく、仮想画面マネージャの仮想画面上をWinDeskWideで切り替える形になった。

 それで安定動作すればまだいいのだが、時々位置を見失ったり、開いているウィンドが移動したり非表示になったりと使用上不安定きわまりないので(ソフトとしては安定して動作していたようだが?)、ホットキー使用による利便性からWinDeskWideの方を常用とした。

 4画面も展開していると、順次切り替えでも画面が瞬時に切り替えられつつ、結構ウィンドも展開できるので、今のところ満足している。

移行の仕方

 T40pからX41Tに環境を移行するため作業した。

 単にファイルをコピーすればいいか…ってもんでもなく、ネットワーク環境やプリンタ設定等も引き継ぎたい。別に個々に設定しても良いのだが、若干手間だし、IBM…だかレノボだかはSystem Migration Assistant (SMA)なんつーのを出してくれている。だったらせっかくなのでそれを使わせてもらって楽したいじゃないの。

 ただ、マニュアルを見てもいまいちピンと来ない。…ので、実際に使ってみた。

 移行元と移行先に各々インストールしなければならないらしく、移行先がレノボ製以外のPCだと使えない…というのはご愛敬。ただ、逆ならどのPCにもインストールして使用できる。まぁOS上の制約はあるみたいだが(WinXP→Win2000とかは無理)。

 ともあれ、各々立ち上げてイーサネット経由なりなんなりつなげてしまえば直接通信しあってデータを移行できるらしい…が、T40pとX41Tはネットワーク設定がまだうまくいってないか、ウィルスバスターでポートを開けてやらないといけないとかあるんだと思うが、設定がよくわからないので、そこらへんうまくいかなかった。

 ただ、移行設定を一旦以降環境ファイルにまとめて、ストレージ経由で移行…ってこともできるので、NASなりなんなりを媒介させて環境を移行することもできる。

 で、移行できる環境は先にも書いたとおり、ファイルだけでなく様々な環境も一括してであり、まずネットワーク接続設定、そよびそれに類するThinkVantage Access Connections設定。またネットワークプリンタを含んだプリンタ設定や、アプリケーション設定。アプリケーション設定はアプリケーションそのものの移行はできないものの、双方ソフトをインストールしていれば、主要なソフト環境(IEのブックマークやOutlookのメール等)を移行させてくれるという。ま、あくまで「主要」なソフトだけなんで、Office系のみとたかがしれているが(^^;)。

 まぁでもいちいいち設定をつみかさねていかずに、ある程度一括して環境を移行できるのはありがたい。

 ただ、実際やってみると、大量のメールや大量のファイルが伴う移行になると、ものすごく時間がかかってしまうので要注意。どういう圧縮しているのか知らないが、かなーり時間がかかる。まぁ対象ファイル容量もバカデカかったのだが(GB単位(^^;))数時間単位になってしまうので要注意。

 もっとも、ネットワーク環境、プリンタ設定、ブックマークといったごく少容量対象の移行だとさくっと済むので、ファイル関係、メーラー関係の選択を外し、それ以外をまとめると、大体1MBに収まるので、さすがにそれはさくっと圧縮終了。

 NASを使うまでもなくSDカードでデータを移し、移行先ですぐさま解凍。これまたすぐに環境を移行できた。

 ブックマークの順序が登録順とかではなく、バラバラ(50音順?)になってしまうが、それ以外は正常に移行できた模様。

 あとは手動になってしまうが、メーラー関係はファイルをNAS経由ででもコピーして、メーラーから参照するファイルを指定変更したり。またその他のマイドキュメントのファイルとかも同様にコピーした。ある程度容量が大きくなると、圧縮して一括より、そちらの方が早い。

 メーラーについてはデータの移行はファイルをコピーしたので簡単だったが、アカウントは設定し直さなければならなかった。これはSMAでアプリの環境コピーとかしてしまえば良かったのだろうか?でもメールデータそのものも一緒にされそうだしなぁ…。

 ま、ソフトの移行は認証などの問題から「移行」ではなく、インストールをしなければならないが、それ以外は比較的簡単に移行できるので、結構SMAもいいかも。ちょっとファイルが大きくなると、ざくっと処理が重くなるのは何とかして欲しいが、それはまぁユーザー側が気をつけていればどうにか…って感じかな。

 まぁでもSMAのおかげで結構楽に移行できた。個人的にはこういうソフト(ThinkVantageっつーんすか?)がある…ってだけでThinkPad系の意味があると思っているのだが。

2005/12/13

草加煎餅の意外な事実

 妙に草加煎餅ネタが続きますが…(^^;)。

 毎日ちびちびと草加煎餅を食い続けているんですが、大抵煎餅食いながら他のことをしてます。

 ただ、たまーに何気なく煎餅袋を見ながら食うこともあって、袋の情報とか確認するわけです。

 当然原材料とかスペック的な記載があるわけですが、それとは別に違う情報なんてのも載っていたりします。

 で、気づいたのですが「江戸の昔、草加宿の茶店のおせん婆さんが団子を薄く切って干し、焼いて売ったのが“お煎餅”のはじまり」と書いてあったり。

 まぁそういう話が1社の煎餅袋に書いてあるだけなら「ふ~ん」で済ますところなんですが、ふと気づくと、複数の袋に書いてあったり。

 …草加ってお煎餅の発祥の地なんですかっ!?

2005/12/12

映像作りにかかせないもの

 …というか、ドキュメント風演出が伴うものだと大体必要になってくるのがナレーション。

 現在、いくつかの旅をまとめた映像などはそこらへんの解説を字幕だけで済ませていたりするのだが、流れがおかしくなってしまうことも多いので、できるだけナレーションをつけたい。

 とはいえ編集はおいらのペースで進めているのでナレーターをお願いするなんてことは当然出来ず、今の最新作はとりあえず自分の声を録音している。マイクも安物だけど(会議用(^^;))あるのよ、一応。

 ま、「どうでしょう方式」かなぁ…ということで進めているが、これが結構なかなか難しい。単にしゃべればいいって訳ではないからね。それでもなんとか吹っ切れてナレってますけれど(^^;)。

 そんな中(?)、最近急に出来るようになった物まねが「ウルルンの下条アトム」。似てる似てると評判なのだが、盛り上がったのが忘年会の席という、酒の入った状況だからあまりアテにならないのかもしれないが、ちょっといい気になっている。

 …ウルルン。ナレーションに使えないかなぁ(^^;)。

 しかし映像作風はどうでしょう風で、ナレーションがウルルン風ってマッチするのか?(^^;)


 …っていうか、そもそもおいらがウルルンを見たことがない(^^;)。

2005/12/11

今日の走行

 …は、特に目的地もないので、秋葉原にぶらっと…。買うものもないんで、本当に散歩がてらですね(^^;)。

 日曜は本当、行きたいところが大抵休みなので、土曜に出かけたいところです。ただ、どうも土曜は早く起きれなくなったというか…(^^;)。週末に疲れが溜まってきちゃうんで、どーにも…。とほー…。

 で、まぁぶらぶらと。目的無いとなると意欲もないので、あまり速度も出ない。ただ、それ以上に寒さで体が動きにくいとかもありますねぇ。一応それなりに防寒対策もしていて、それなりに汗も出ていたので運動にはなってはいると思うんだけれども、いまいちペースが出ない。

 寒さで全然体が温まらないのかなぁ…。むしろ暑い時の方が効率よく走れていたのだろうか。うーん、まさか逆だったとはなぁ…。

 ちなみに、チェーンが重いのは低温でオイルが鈍っている…ってこともあるんでしょうか?どーもなんかそこらへんも影響して重くなっているような…。

 …やっぱGRPでしょうか?(^^;)

 まぁそれでも大体いつものペースで秋葉原着きましたけれど。

 で、気がつけばもうコミケカタログが売っているんですねぇ。もうそういう季節かぁ…ということで、それも購入。

 後は御徒町付近でクラッシックとかでグローブとか購入。やはり自転車専用の方がギアシフトとかやりやすい。

 また、東京にも寄って、インデアンカレーも(^^;)。さすがに日曜の午後3時はガラガラでんな。…というより、オフィス街のレストラン街なので、他の店とかその時間帯は一時閉店していて、客自体が寄りつかない…ってことなのかも。ありがたいが(^^;)。

 そういえば関係ないが、昨日一緒に飲んだ関西人は「インデアンカレー?なにそれ?」とか言っていたな。…教えてあげた方がいいのかしら?(^^;)

 そんなこんなでぶらっと帰宅。…うーん、まぁ運動にはなったからいいか。でも日曜でも楽しい郊外の目的地を探さないといかんなぁ…。

 …奥多摩に釜飯食いに行けばいいだけの話か?(^^;)

2005/12/10

男7人、お台場物語

05121001
 単に男7人、雁首揃えてお台場で忘年会やって帰ろうとしたら、そこらじゅうカップルだらけで場違いだった…って話です(^^;)。

 お台場でCG関係のイベントがあったらしく、地方の人も集まっていたのでちろっと飲もうという話になり、さくさくっと場をセッティングしたんですが、年末のお台場の割にはかなりいい場所を確保できたのは良かったな…。偶然とかもあったんだけれども、まぁおいらの勘も効いたんじゃないかと(^^;)ぉぃ。

 しかし年末のお台場ってコミケ以外では近寄らないので、夜の「船の科学館-青海」ライン以南の寂しさと、以北のにぎわいのギャップがまた…(^^;)。未来科学館周辺のさびれっぷりといったら…。そしてフジテレビ周辺のにぎわいっていったら…。なんかフジテレビやアクアシティ付近が無理矢理盛り上げてんのな…って気がして…。

 寂しさを紛らわすために地元キャンペーンはっているんだなぁ…という気がする>フジテレビ。

 まぁでも対岸の夜景だけでも盛り上がるとは思うけれど。それは綺麗なイルミネーション。…だもんで、カップルばっか(^^;)。飲んだ後に男7人行っても、場違いだっつーの。

 もっとも、カメラのシャッターを頼むにはちょうど良い輩だったようで(^^;)カップル連から見れば。

 なお、しゃぶしゃぶ食い放題、飲み放題だったんだけれど、かなーり調子に乗って飲み食いしてしまったので、かなりグロッキー(^^;)。後半かなりヤラレてしまいました。うーん、やはりセーブして飲み食いしないと。腹八分目が適量でんなぁ…。

 個室だったので、周りに醜態さらさずに済んだのが不幸中の幸いか…。うーん(^^;)。

2005/12/09

真の草加煎餅

 ふと家でこないだ買った草加煎餅を並べてみた。

 …多い(^^;)食べきれねぇ。

 …ので、一部職場に持っていって、配ってみた。なにかってーと職場に色々食い物を配っているが、報われているのだろうか?(^^;)…というか、デフォルトで食い物配る輩という認識で落ち着いていないかどうか心配になってしまう(^^;)。

 まぁそれはそれとして、やはり職場でも「草加煎餅?ふつーの煎餅だろ?」と言われたり、そういう先入観があるらしい。それをわざわざ草加まで買いに行くなんて…と、自転車での移動を抜きにしても、物好きと思われたらしい。

 ただ、食ってもらったのは「志免屋(しめや)」の手焼き煎餅なのだが、ほぼ全員「草加煎餅って美味かったんだねぇ」と認識を新たにしてもらった。

 あー、やはり俺と同じ症状か(^^;)。

 やはり地元ブランドが無いというか、へたに氾濫するとマイナスイメージしか持たれないという例ですなぁ…。

 やはり草加のブランド作りに頑張ってもらわないと…。

高尚な趣味か、何かの役に立つのか?

ナマ録マニア垂涎の逸品、ソニー「PCM-D1」
~ 「デンスケ魂」ここにあり! ~

 …わからん(^^;)。

 そういえば子供の頃、誰だったかはまったく覚えていないが、常にマイクを持っていたヤツがいたような気がする(マイクじゃなくて、テレコかも)。なんかナマ録かなにかについて、うんちくたれされた気もするが、まったく覚えていない。あれは一体なんだったのだろうか?

 大体、「音を録る」という行為が音楽以外に何の必要性があるのか、どーもわからない。

 映像素材のためにビデオカメラを持ち歩き、その素材と一緒になる音を撮るというのならわかるが、それは内蔵マイクか外付けマイクで同期して撮るのがフツーだし、音だけ…ってのがよくわからない。

 ん~…んでもなんだろう、その高品質生録音である状況を録り、これまた高品質再生環境、ヘッドホンで再生して目をつぶって聞き耳を立てると、「見た」だけではわからないものが聞こえてくるかもしれないし、なにより「見る」よりも臨場感のあるその場を再現できるのかもしれない。潜水艦のソナー員が音だけを頼りに周りの状況や音源の正体の推測を行うような醍醐味なのだろうか?

 だとするとわからんでもない。潜水艦もの映画も結構見ているし。ただ、そういう録音シーンって、そうあるのか?アメ横の雑踏録っても仕方ない気がするし、なんかタイミング的に盗聴シーンとバッティングするっていうか、そういうシーンの録音ニーズとかしか思い浮かばない。

 …いや、そういうシチュエーションしか思い浮かばないってところでもうおいらは失格なのかもしれない。例えば電車が通るときのレール付近の音を聞いて、各周波数を聞き分け、このサンプリング時は客が少なかったのか、低音域が少ないとか、ブレーキかけるタイミングが早いから、あのシーンを録った時と同じ運転手かもとか、そういうのとかになるのだろうか。そういうのが聞き分けられる耳なら、そういう楽しみか訓練か…ってことになるのかな。

 絶対音感じゃないけれど、音だけで大体そのシーンとかわかる人もいるらしいね。ポートレート1枚で大体その人を立体化して再現できるデッサン…ってのもあるんだから、わからんでもない。部屋の荒らされ具合を一目見て、何人でどの順序でなにをした…ってのもわかる人もいるらしいし、それを音でもわかるっていうのなら、ある意味「音」は「光景」なんだから、写真撮っているのとやはり変わらない訳か。

 まぁおいらじゃぁそこらへん、どーしようもない(?)が、まぁあとは効果音の収録とかかな。それにしては高価すぎる気もするが(^^;)。

ある日の会話

 某飲食店にて。


俺:「どもー、久しぶりっす」

店員:「あ、どーもお久しぶりです。本当に久しぶりですねぇ。旅に出たのかと思いましたよ」

俺:「いやー、ある意味毎週旅に出ていたんだけれどね」

店員:「そういえばいつか一緒に来ていた○○くんも最近見ないですねー」

俺:「あー、彼も最近来てないんだ?違う部署だからどうしたのか知らないのよ」

店員:「結婚でもしたんですかねぇ」


 俺が結婚するって発想は無いんだ…。

2005/12/08

間に合うか?前カゴ

 しゃおらどんのアレックスモールトンの後部にショッパーがついたらしい。むぅ、おいらと同じになったということですか?

 常々おいらは自転車にはショッパーつけるべし…と触れ回っていたので、良い傾向に見受けられるが、どうもしゃおらどんは更に前にもつけたいらしい。…むぅ、先を越される(^^;)。

 ただ、おいらも場合先にも挙げたとおり、分割フレームではないので寺田商会のリクセンカウルアダプタアタッチメントを取り付けるにあたって、ケーブルの取り回しが面倒になってしまう。

 アタッチメントを取り付けるなら、ケーブルも全取っ替え…ってスケジュールを組まなければならないのだが、ある日ふと思いついた。

 …別にケーブルをアタッチメントにくぐらせなくてもいいじゃん。

 アタッチメントにはリクセンカウルのアダプタを取り付けて、そちらにも従来ケーブルがくぐる「隙間」があるわけで、そちらをくぐらせれば良いだけのことだ。

05120801
 Fブレーキケーブルだけはそんな迂回すると問題になりそうだが、それだけはキャリブレーターから外してアタッチメントの方に取りまわせばいいだけの話なので、ハンドル、ステム、Fブレーキ周りの取り外しだけでアタッチメントが取り付けられる事になる。で、Fブレーキケーブル以外のケーブルもアダプタの方で押さえる事が出来るので、問題なし。

 まぁドロップハンドルがバッグに当たるという問題はハンドルを変えるまで解決しないわけだが、とりあえずショッパーを取り付けるだけならアダプタよりも高くはならないので問題はない。

 何よりパーツさえ手に入ればすぐに自前で工作できるので、しゃおらどんに先を越されない(^^;)。

 むぅ、手配を急いだ方が良いだろうか?(^^;)

blog管理の今後

 ホームページビルダー10が届いた。HTMLエディタはDreamwaver8とGoLiveCSと持っているのだが、blog投稿機能がついたと知っては放っておけない。ちょっと興味があったし、アップグレードライセンスを持っていて、Amazonの予約特価も安かったので、購入してみたわけだ。

 で、早速blog投稿機能を使用してみた。

 同様機能を持つソフトとしてはubicast Bloggerが挙げられるが、UIとしてはビルダーの方が面白い…というか、仕上がり画面を取り込んで、そこに書き込むような形で記事を記入できるので、仕上がりがイメージしやすい。ubicast Bloggerがエディタならビルダーはワープロといった趣。

 で、投稿してみると…まぁ普通に投稿できた。その「普通に使える」というのが大変重要なのだが、しかし問題もわかった。

 まず、カテゴリの複数選択が出来ない。

 次に画像ファイルのフォルダ指定が出来ない(投稿blogのルートディレクトリに放り込まれてしまう)ので、画像整理とかが面倒くさい。

 …の2点かな。改行がおかしくなるというアレもあるけれど、それはビルダーの初期設定をちょこっといじれば問題なくなるのでいいんだけれど、先の2つはちょっと…なぁ…。今後のブラッシュアップを待つしかないか?それとも設定項目とかあったっけかな?

 ちなみに、元はHTMLエディタということでFlashデータもうやむやにblogに投稿できるかな?…と期待したが、blog投稿モードではそういうことはできないらしい。

 残念(^^;)…って、仕様がないのだが。

時既に遅し…

AdobeがMacromediaの買収を完了、お得なバンドル製品3種を発表

 …、もう大体持ってるなぁ…。

 Adobe Creative Suites PremiumはCS1だけれども、あまり不便してないし…。うーん…。

2005/12/07

ホームページ改変問題

 うーんと、ある意味自分への伝言っつーか…独り言か(^^;)。

 そろそろホームページを改変したい。…つっても、構成を変える…ってだけで、内容まで変更ってわけではない。まぁ表の絵くらいは変えたいが。

 現在、blogだけではなく旧来のホームページも大分コンテンツが減ったとはいえ、コスプレイラストを中心に多少残っている。で、それらが複数のブロバイダに分散してるのね。昔はホームページ容量が少なかったからそういう対処をしなければならなかったんだけれども、最近無料で容量がアップされ、分散の手続きも必要なくなってきたかもしれない。

 また、MacromediaStudio8やホームページビルダー10、GoLiveCSなど、ホームページ作成のためのツールも更新したし(CSはバージョン一つ前だけど)、そうなると分散サイトという管理も面倒くさくなってくるので、まとめてしまおうかなぁ…というわけだ。

 もっとも、最新のツールだと、そういう分散サイトもひとくくりにして管理できそうな感じだが。

 ただ、そうして高機能化してくると、設定も面倒くさそうだし、複数PCもしくは個別ソフトによる管理も逆に行えなくなってくるのではないかという危惧もある。

 そもそもメインもblogになってきているので、いろんな意味でシンプルにさせたいなぁ…という気持ちもある。そこらへんを色々考えたい。


 例えば…、コスプレイラストもblogにしちゃうとか。結構容量のあるデータなのだが、一応友人のサイトを借りたりして今は凌いでいる。ホームページ容量が増えたとはいえ、50MB単位なので、どーも心許ない。

 だったら、もうほとんど開店休業状態の「とめどなく、雑記帳」にコスプレイラストのカテゴリを設けて、そちらにアップしてしまう…って手もなくはない。容量的にはGB単位だから、不安はないだろう(それにしてもこの扱いの差はなに?(^^;))。

 イラストを一括して掲載するblogって位置づけなら存在価値もあるだろうし、ごちゃまぜになっていてもカテゴリ表示で使い分ければ問題なかろう。


 …しかしそーすっと、ますます「blog以外のホームページ」としての容量っつーか、存在価値がなくなっていくな…(^^;)。なんかそれに適したコンテンツとかないだろうか…?

 まぁなんか、考えていこう…。うん。

携帯電話の禁止行為

“携帯への不安”はどこにある?

 ん~、おいらの場合はどうだろう?運転中、電話しようと思わないしなぁ。電話する人の車に乗るってこともあまりない。

 迷惑メール関係は幸いにも、ボーダフォンだからか、あまり被害はない。たまーに時折思い出したようにメールが届き始めることがあるが、3~4日経つと、なにも対処しなくてもなくなってしまう。なんとなーくボーダフォンが対応してくれているような気がしなくもない。

 電車内での電話も…まぁしている人を見かけたことはあるが、それで迷惑…ってのはないなぁ。それ自体がマナー違反…ってことでもあるかとは思うが、どーもせっかく「どこでも電話できる」というのに作り上げてくれているのに、それを使わない…ってのももったいないので、大声で周りにうるさく影響を与えている…ってのでないとあまり「迷惑」とは思わない…のはマズいかな?(^^;)

 意外に映画館での着信ってのも覚えがない。

 うーん、ネタがないなぁ(^^;)。

 ああ、そういえば思い出したネタが一つ。blog以前の日記で書いたかもしれないが、石垣かどこかに仕事で行ったとき、飛行機が着陸の滑空している最中(窓から空港が見えていたような)に座席で携帯電話が鳴ったことがあったな。あん時は殺意を持って殴りかかろうかと思ったが、ある意味幸いなことにシートベルトで身動き取れなかった。離れたところに座っていやがったので、手を出せず…。

 まぁ無事に着陸したけれど。

 あれは実際に影響あるかないかにかかわらず、かなり心臓に負担のかかる行為なので絶対にヤメる…っつーか、電源切って飛行機に乗るように>ALL。

あるべきところに無いもの

アイエヌエックス、容量2GBのUSBメモリ一体型SDカード

 すごっ!?

 大容量モデルはあるわ、USBコネクタ装備だわ、転送速度は20MB/sだわ、文句の付けようがないね。

 ただ、X41TにはSDカード専用スロットがあったり、T40pはUSB2.0コネクタが1.0でしか動かなくなっており、USB2.0カードバスカードを使っていたりして結局何か介在させなければならず、おいらにとってはあまり意味がないかもしれない(^^;)。

 勿論こういうのが増えてくれるのはありがたいけれど。

 むしろおいらにとってこういう仕様はxDカードとかの方のような気が…。あっちは専用スロットとか無いんだし。アダプタが必須なんだから、あれこそUSBコネクタを装備していただかないと…。

 やっぱ結構F10の使用率が高いんだし…。

夏に向けて…

 やっぱ自転車関係の同人誌を作ってみますか…。自転車の旅や輪行啓蒙みたいな内容の感じで描けば、内輪向けのみにならないんじゃないかなぁ…。

 写真集みたいに写真満載で24P…って話もありましたが、若干少なくして、モノクロページで図説、文章、イラスト等を織り交ぜて…ってことにするとページ数も稼げていいんじゃないかな。あ、でもそーすっと内輪色が逆にどんどん少なくなっていくな(^^;)。

 まぁでも50部も刷るんだったら、内輪よりも外部向けの方が多くなるんだから、それくらいの対処はさせてもらおう。

 でも何を載せる?

 カラーページはもう輪行の写真と決まるが、モノクロページは輪行ノウハウを解説するページとするか。輪行に適した自転車に強い自転車屋の紹介とか(^^;)もうどこだか確定、その自転車の紹介(写真)、あるいはタイプ別折りたたみ図解とか、輪行の注意点とか。

 あー、だんだん構想が固まってきた気がするなぁ…。ちょっと近いうちに編集会議でもしようかな(^^;)誰と?。


 ただ、最近市販本でも自転車の本って結構多い気がするので、同人誌作ってまですることか?という気がしなくもない。

 逆に言えば、↑に挙げた内容って同人誌らしくないような気がするので、もっと同人誌らしいコンテンツを盛り込めればいいんだけれど、それってどういうのになるのかなぁ…。

 漫画…は、勘弁してもらいたい(^^;)自転車って描くのメンドイのよ。3DCGってわけにも行かないしなぁ…。

2005/12/06

更新情報

 …つっても、blogではないんですが。

 コスプレイラストを更新しましたのでお知らせしておきます。X41TとFlash8の導入が結構イラスト作成のいい起爆剤になりまつた。…つっても、オリジナル創作でないのもどーよ…って気もしますが(^^;)。

情報源はファミレス

 知っている人は知っているが(…っていうか、前にここに書いたが)、一時期、雑炊がマイブームになった。

 勿論作る方。

 もう今では下火になったが、これからの季節、必要があればいつでも作ろうとは思っている。

 で、そもそもそのマイブームのきっかけはなんなんだ?…と聞かれると、ちと恥ずかしいのだが、デニーズのメニューだったりする。

 個人的にはあまりファミレスで和食は頼まないクチなのだが、ある日洋食メニューに飽きたからか(ファミレスで文字原稿を打つのが一番効率が良い)、たまたま和食で雑炊なんとかを頼んだら、これが結構美味くて、「家でも作ったら美味しいんじゃねーか?」と思ったのがきっかけ。

 デニーズは意外に和食系にヒットが多く、こないだの鰹のたたき丼は良かった。普通に丼として食って、後からだし汁を加えて茶漬けにも出来るという楽しみの多い組み立てもなかなか面白かった(余談だが、店舗が違うとご飯の量とかも違う気がするのだが、気のせいだろうか?家の近くの店舗は、後述するメニューも含め、いっつもご飯が少ない気がする…(;_;)ちゃんと確かめたわけではないが)。

 あれも機会があれば真似てみたいのぉ…。

 で、今は鯛茶漬けだったかなにだったか、それが出ている。異様にご飯が少ないので毎度食うという訳にはならないかもしれないが、食う頻度は高いと思う。

 お茶漬けはだし汁と緑茶のブレンド。それって普通?家でお茶漬けを作る際は、永谷園でなければフツーにお茶を注ぐと思うが、味が素っ気ない。だし汁だと味はしっかり立つんだけれど、お茶漬けじゃない感じ。

 だからだし汁と緑茶をブレンドする…ってのはいいアイディアだと思うんだけれど、これって常識だったりして?(^^;)無知

 でもまぁ、家でも真似ようと思う(^^;)。

自転車映像

 TOKさんのblog経由でこういうイベントを開催後に発見。

Bicycle Film Festival TOKYO

 終わった後では意味がないが、自転車関連の映像を上映するイベント…って解釈で良いのかしらん?毎年やっているものなのかしらん?ちょっと気になる…。


 うーん、ふと思うのだが、一度おいら達の輪行とかDVに撮って、面白おかしく編集しても上映してくれるのだろうか?(^^;)ぉぃ

 脚本無しにそんな映像作ってもちゃんとまとまるのか疑問だが、どうでしょう風にしてむりやりオチを付ける荒技もできないわけではないので、やってやれないことはないなぁ(^^;)ぉぃぉぃ。

 まぁ本当にやるなら、ちっと必要な機材が出てくるのだが。ビデオカメラを体にくくりつけるヤツ。

 以前ザクティのC4を自転車漕ぎながら撮影しようとしたことがあったが、あんな小さいのの取り回しでもとんでもなく危険なので、せめてこういうのがないと困る。まぁ実際の撮影コンセプト次第で必要かどうか決まってくるのだが。

 …俺、実は持っていたハズなんだけれど、今どこにあるのかな。沖縄引っ越し前のブツなので、引っ越しのごたごたで誤って捨ててしまった可能性がある。以降全然見かけないし、探したけど出てこないし…。

 で、後日同様のものを購入しようとして、全然見つからなかったこともある。

 まぁ先のリンク先のイベント抜きにしても、ちょっと欲しい気もするので、知っている人はお知らせいただけないでしょうか?(^^;)

 なお、これじゃぁないので念のため。いや、あればあったで別の用途に使えるので、欲しいことは欲しいですが(^^;)。

2005/12/05

X41Tの持ち出し方

 実は草加にX41Tを持って行ってみた。基本的にはお絵かきPCではあるのだが、モバイル担当でもあるし、タブレットモードだと閲覧性も高そうなので、X41T専用キャリングケースで使用してみることに。

 で、結論から言えば…PDAが使いやすいなぁ…と(^^;)ぉぃ。

 いや、直射日光下はさすがに液晶、見えないですねぇ。日陰を探せばいいのですが、その上でいじろうとすると、どーもキャリングケースにしっかりX41Tが収まっていないからか、微妙にカバーがずれていて、指紋センサーとかボタンとか扱いにくい。これは事前にチェックしておけばよかったなぁ…。収まりよくするようにしっかりハメておけばよかった。

 で、さらに専用ペンをいちいち持ち出さないといけないので、これまたすぐに検索とかに移れないので面倒(スクロールキーがある分、多少は便利なのだが)。

 起動してから長時間画面を操作する…というのなら問題ないが、今回は主立った煎餅屋の地図を確認する用途だったので、必要な時に出して検索してはしまって走り、また出しては検索してしまって走り…と、細かい起動の繰り返しなので、指紋センサーすら面倒な有様。さすがにこれはPDAの方が使い勝手が良かった。

 もっとも、データの収納としては、普段PCを扱う感覚でデータを保存しているので、PDAに転送とかしない分、家では楽していたんだけれどね。まぁでも地図代わりにはタブレットPCはどうよ…ってことかなぁ。

 PDAもBluetoothとかでワイヤレス同期が簡単になればいいんだけれど…。ザウルスのそこら辺の環境は簡単になってないのかしらん?


 まぁ助手席ナビで地図を扱うならX41Tも便利だろうが、自転車での地図代わりはやめておいた方が…というか、PDAの環境を整えろ…との結論(^^;)。

 ただ、アクティブプロテクションが装備されていると、結構安心して外に持ち出せますな(^^;)。家で使用しているとき、お絵かきの時は抱えて操作しているので、ちょっとした揺れでアクティブにヘッドを待避させているみたいだけれど、お絵かき中はメモリ上での全操作になるので、操作上は特に問題になってない。

 逆に、タスクバーで頻繁にそういう動作をしているのがわかるので、「ああ、ちゃんと働いているなー」と安心できるので、外にも安心して持ち出せる気がする。勿論、地図ソフトの読み込みを手持ちしながら…とか、データのアクセスが頻繁になるような用途だと時間がかかるわけだが、まぁ安心を考えればいいのかなぁ…と。

背後より来る緊急

 自転車に乗っているからかどうなのかはよくわからないが、最近気がついたことに「自動車がなかなか救急車に道を譲らない」傾向が強い気がする。

 都心でのその傾向が強い気もするが、渋滞の中、あるいは狭い道で幅寄せがしにくいところをたまたま見かけたのかもしれない。

 ただ、交差点の赤信号車線に後ろから救急車か寄ってくると、信号待ち先頭車がちょこっと交差点内に入り込んで(交差車線の邪魔にならない程度の余裕はある)幅寄せし、後続車が続けば救急車も赤信号とはいえ早急に交差点に進入できるんじゃねーか…とか、似たような状況で実際赤信号まではたどり着いて通過したいんだけれど、交差車線の車の走行がなかなか止んでくれなくて先に進めないとか、やっぱり「君たち道路交通法とか知ってる?」と思う場面も少なくない。

 自転車が止まって道を譲っても(おいらだけではない)、周りの車が邪魔してなかなか救急車が進めないというシーンもあったように思う。

 世の中いつからそんな世知辛くなったんだ?…と。

 ただ、実は自分も似たような経験があったりする。親の車を運転中、交差点で信号待ちをしていたところ、遠くから救急車の音が聞こえた。あ、後ろから来るなら避けなきゃな…と思った瞬間、目の前を救急車が横切っていった。問題になるのはこの場合、譲る譲らないではなく、方向、距離とか全然つかめなかったところにある。

 このとき、実は窓を全部閉め、ラジオをつけていた…ので、そこらへんがわかりにくかったんだと思う。

 そういえば最近の緊急車両は停車などで速度が遅くなると、サイレンが止まったり小さくなることがある。周りからすればうるさいサイレンがずっと同じ場所にいられると結構キツいので、それはそれでありがたいのだが、車に対しては緊急性のアピールが足りなくなるのかもしれない。

 最近の車は遮音性が高くなっているし、マナーが悪い云々ではなく「気づかない」ってことがあるのかもしれないなぁ…と思ったり。特にこれからの季節は車も窓開けないしねぇ…。

 それに気づいてからは小回りが効いて周りもよく聞く自転車乗りとしては、そういう場面では交通整理とかできればやった方がいいのかなぁ…とか思ったり(危険なような気がするが…(^^;))。

 もっとも、そうなると結構そういうケースは反対車線で繰り広げられて、なかなか自分が対応する場面に出くわさないのであるが…(^^;)。

2005/12/04

New X41Tablet

 …に交換してきました。で、がつがつ環境設定を進行中です。まだまだ整備中ですが、お絵かき作業量の方が増えてきて、 整備がなかなか進まなくなってきた…(^^;)。

 まず報告しておくことが!

 …指紋センサーが直ってない(^^;)。

 前回の症状は、一方向には指紋センサーが働くが(登録・スキャンなど)、逆方向は何一つ認識しない、唯一「なんかなぞりましたね? でも無効ですよ」的な動作しかしてくれない。そんな症状でした。

 
05120402 05120401


 これだとタブレットモード時、指を「上」に滑らせないといけない不便さがあるので、これをIBMに相談したところ故障と判定。で、 初期不良交換ということで販売店で交換。

 ちなみに、その販売店ではもうX41Tの同モデルの在庫が尽きたため、初期不良交換にもう対応出来ないとのこと。…まぁいいですけれど。

 で、新筐体を持って帰ってセッティングしたが…↑まったく同じ症状なんですけれど(;_;)。

 なんなんだ?サポートセンターでも販売店でも「そんなトラブル聞いたこと無い」というトラブルに2度も遭うなんて? それともおいらがなんか使い方を間違っているのか?双方向指紋スキャンなんて装置が着いたシロモノはX41T以外にあまりなく、 かつそのユーザーも少ないので、なんか設定を間違えているのか、使い方を間違えているのか、確認のしようが無いんだよね?

 今度はIBMでどーにかしてもらおうか?…とも思ったが、もう面倒くさい。

05120403  一応だまし技ながら指紋センサーをタブレットモードでも使いやすくする方法もあるにはあるので (右の図のような方向にはスキャンできる…が、従来の指紋登録とは別に登録しないといけないので、 普通に上の図の方向で右手でスキャンした後、右の方向で「左手として」右手を登録し直さないといけない)、 とりあえずそれで使い続けてみようと思う。

 …、なんだかなー…。

 でもそれ以外は快適だから小憎らしい(^^;)ぉぃ。じつはこっそりコスプレイラストの色塗りとかがしがし進めています。 やりすぎて腕を痛めはじめました(^^;)ひ…ひじがぁぁぁぁ…。道具が新しくなると、ここまで違うもんかなぁ…?

2005/12/03

もう、環七は走らない

 さりげにblogで招集かけてみたものの、みんな時間が合わずに招集しきれず、とりあえず今週末は流局に…と流してみようとしたものの、気がつけば「てめぇ一人ででもいってこい」的な別の流れを作られてて、実はのんびり家で過ごすのもいいかなぁ…との思惑が見事に打ち砕かれてしまった草加サイクリング(^^;)。

 サイクリングとはいえど、主たる目的「草加煎餅」を買う…というのがあったので、「サイクリング」とは名ばかりの「移動」なんだけれども(^^;)。

 いや、草加煎餅ってふつーにそこらに売っていて、ふつーにそれらを食っているじゃないですか。ただ、WBSで地域ブランドがらみの特集を見ていたところ、「そこらに売っているふくらみだらけの煎餅を見ると、どこが草加煎餅なのか」と草加煎餅を自ら作っていらっしゃる方のご発言が。

 …それは俺に対する挑戦だね?(^^;)ぉぃ

 確かに今までウラの取れた草加煎餅(間違いなく草加産ということ)を食ったことがない。それをもって草加煎餅を食ったとは片腹痛いわ、と俺に対して言っているのだな!?(^^;)注:番組・特集の意図や発言はそんなことではありません

 …ので、一人でも行ってきました。

 ただ、草加となると、遠い。電車で行けば武蔵野線から乗り換えて1時間くらいで行けるのだが、自転車となると…環七を廻っていくか、秋葉原経由で行くしかない。環七といえば自動車道路というイメージなので、そうなりゃ行き慣れた秋葉原を経由して行くしかない。幸いにも秋葉原からは草加まで日光街道でほぼ一本状態。地図を持たずとも行きやすい。

 早速朝早く出かけよう…と思ったら、出発前の軽い点検でBSMのフロントディレーラーの不調が発覚(チェーンに当たる)。そこらへんを整備していたらどんどん時間が遅れ、結局10時過ぎに出立となってしまった。しかも走り出して復路で荷物が多くなると、やっぱりチェーンが当たったり…。…やはりコーフーのフロントディレーラーマウントが欲しい…(;_;)。

 まぁ過ぎてしまった時間は仕方ない。さくさく漕いで、途中走り雨の雨宿りを交えながらとりあえずいつものコースで秋葉原に到着。2時間かからないようになったなぁ…。

 で、ここからは初めての道をえっちらおっちら…。地図を持っていけば良かったのかもしれないが、まぁ持たないのも醍醐味で(^^;)単なる面倒くさがり。でも時間無い時は持って行けよ…という気も(^^;)。

 一直線とはいえ、びみょーに道を間違えそうな雰囲気ばしばしだったりしておどおど進んだからか、結局草加には若干3時間を切るか…ってタイムで到着しますた。

 実際草加の街並みを眺めていると、「草加煎餅」で有名な割には「ふつーの街」って感じで、観光地してないですねぇ。それを良しと見るか、つまらないと見るかは人次第かもしれないけれど、苦労して着いたので、もう少し観光地しているといいなぁ(^^;)ぉぃ。

 で、煎餅屋も街中にとけ込んでいて結構わかりにくいかも。ただ、こういったサイトをあらかじめ参照させていただいていたので、そこらへんのお薦めを巡ってみることに。

 まずは自転車で行くと場所がわかりやすい(?)「小宮のせんべい」。覗いてみるといかにも「ザ・煎餅屋」といった趣。趣もなにも、店頭でさくさく煎餅を手焼きしているんだから、一気に情緒も増すというもの。自転車で行くと真っ先にこの店にたどり着くので(本当は違うのだが(^^;))、そういう店内作りはありがたいねぇ。

 こじんまりとしていても煎餅職人の店って感じで、で、そのウラで子供達がドタバタしてんのねぇ(^^;)。それをBGMに店員さんの煎餅の説明聞いていたりすると「ああ、草加煎餅の本場にいるんだぁ…」という感慨がなぜか湧いてきます(^^;)意味不明。

 で、いくつか試食し、いく袋か購入。惹かれる煎餅バージョン(えび入りとか)もあったんだけれど、そこはまた来たときの楽しみということで(^^;)。

 次は「小宮のせんべい」近くの「甚平せんべい本舗」というところ。ここは販売の店頭のみのようで、手焼き光景とかは無し。ただ、なんとか知事賞とか取った煎餅がウリのようで、そこらへんをいくつか物色。高い大きなのから、小さいのの詰め合わせ小袋までバリエーション豊か。おまけももらったりして結構ほくほくしたりして(^^;)。

 で、ちょっと走らせて今度は「源兵衛せんべい」というところに。ここは駅前通から電柱とかに「こちら」とか書いてあるので、場所はわかりやすいかも。

 ただ、通販に重きを置いているのか、ちょっと店頭が寂しい感じがして…。いや、応対してくれたおばあちゃんと盛り上がったんだけれど(^^;)。勿論、きちんと煎餅は確保。

 この時点で結構ショッパーが満杯に近くなり(煎餅の他に、いざというときの輪行セットとか入れていた)、あともう一店舗…ってところで「志免屋(しめや)」に到着。

 到着したところでちょうど手焼きが始まり、焼きたてをすぐさま販売してくれる…というので早速注文。のんびりと、お茶をいただきながら待つことに。ちなみにここも種類が豊富。ざらめからみそ味まで、色々あるとですよ。手焼きは一種類っぽいけれど、機械焼きでもそちらもなんとか賞を受賞したものとか。むぅ、それも食ってみたいぞ。でもここでは手焼きとあられを買いました(^^;)今度のお楽しみ。

 で、焼きたてがすぐさまできあがり、早速いただいてみると…これが美味い!やっぱ焼きたては違うね!すげぇ美味い!思わずもう一枚所望(^^;)。

 鎌倉とか他の観光地でも焼きたて煎餅とか出ることがあるけれど、ここの焼きたてはなんか違うんですけれど。…うーん、朝飯も昼飯も食ってなかったからかな?(^^;)ぉぃ。

 ともあれ満足して、ショッパーも満杯だし、ここで帰ることに。

 …が、ここで「高瀬煎餅店」を目撃。なんか1種類しか煎餅取り扱ってないぞー!(実際は多種あります。んでもパッケージが似てるんで…)でも量あるぞー!その脇では今、手焼きしてますー!…って味のある店構えで、ものすごく惹かれるんですけれどー(^^;)。でも積載的にもうダメ。残念無念。まぁ、また来ればいいか(^^;)。

 そんなわけで帰宅。正直、観光…ってので草加に訪れるのはお勧めしないけれど、本場の草加煎餅…ってのに価値を見いだせれば、実際行って色々店舗を訪ねる面白さがあると思う。「煎餅街道」といった風に煎餅屋が固まっているわけではないので、予め場所を確認しておく必要はあると思うが(駅前でマップとか配ってねぇのか?)。

 ちなみに、電車で行って、徒歩で巡るのもいいが、店舗によっては結構離れた場所にあったりするので、時間は余裕を持って行くこと。自転車はその点有利といえるが、積載次第。

 で、そもそも「本場の草加煎餅は違うのか?」という点だが、先の焼きたてを除いても「違う!」と言える。

 「わざわざ草加に行って煎餅買ってきたのか?」とか言っていた親父も、数枚渡して食べさせてみると「やっぱ本場や手焼きは違うな」と感心していた。俺もにやにやしながら食っている。やはりそこらの草加煎餅は草加煎餅じゃなかったんだなぁ…。

 こうなると本物の草加煎餅がどれ…ってわかるよう、きちんとご当地ブランドが登録されることを切に願うばかり。…まぁ、実現できなければ出来ないで、また買いに行くだけなんだけれどね(^^;)登録されても。


 …ところでタイトルの件なのだが、ふつーおいらの場合、始めていく場所に行った場合は、そのまま同じ道を帰るのが通例。ただ、片道3時間もかけ、しかもいかにも日が傾きかけてます…ってことになってくると、帰りはショートカットしたいところ。

 そこで、「環七」ってショートカットできないかしらん?…と環七に移ってしまった。

 …これがいけなかった。

 別に自動車が危険とか、そういう意味ではない。

 異様に「橋」が多いのだ。

 川もある、それ以上に線路をまたぐ。なので陸橋になる。…自動車は。

 そう、そういう陸橋は自動車専用で、自転車は通れない。だから脇の歩道を使うことになるのだが、これが陸橋の途中に階段をかけた歩道で、自転車はその階段に申し訳程度に作られた斜面を押していかなければならない。

 そういう陸橋が異様に多いので、自転車だと全然スピードに乗れず、ひたすら「降りて自転車を押す」…ということばかりしていて、全然アベレージが出せない。リズムも狂わされる。時間かかる割には妙に体力も奪われる(荷物多かったし(^^;))。

 …で、運良く長い道路が続いても、時間が悪いのか、真正面に太陽が来て、サングラスをしていても前が見えない…ときたもんだ。全然ショートカットになってない。

 嗚呼、甲州街道に着いたとき、なんと安堵したことか…(^^;)。

 まぁ太陽は時間的なアレだとしても、その他の点で全く自転車に向いてない道路だと言うことがよくわかりました。多少幅があればどーにかなる…って世界ではないんですねぇ、道路ってのは(^^;)。

 ま、それ以前に「そんな学習しなくても、走ろうと思わねぇよ、ふつー」…というツッコミは無しってことで、ひとつ…(^^;)。

2005/12/01

週末の予定

 …むぅ、いかん。先週末は自転車を10数kmしか走ってないくせに、食った量は多かったもんだから、太り始めている(^^;)。

 いかーん!食量を減らして、運動量を増やさなければ!

 …となると、やはり走行を!ってことに。えーと、3日は予定が空いたから、そだな、こないだ赤沢スイーツから新作スイーツのハガキが来ていたから、あそこを目標にしよう、うん。2ヶ月くらい行ってないし…。

 運動量増やして、でもスイーツ買うんかい…って言われそうだが、買うことは買うけれど、別に量は多くないのでいいのだ。HAMAでステーキ丼食ったり、壺小屋で2食食わなければ(^^;)。


 ただ…、WBSを見た。

 おいらが普段食っている草加煎餅は本場の草加煎餅でないことを知った。

 …ので、本場の草加煎餅を食ってみたいと思った。

 …となると、やはり本場に行かなければなるまい…ってことで、埼玉県草加市、草加駅前周辺…って手もあるな(^^;)。秋葉原の北、15kmってところだから…って、自転車で行くつもりか?(^^;)電車なら武蔵野線から1回乗換で、1時間ちょいってところだど?

 自転車だとおそらく3時間…。うーん、3時間かー。行きはフル、帰りは東京駅まで戻って、中央線で輪行って線か?(^^;)でもBSMでそれは楽しいけれど面倒だなぁ。ブロか?ブロで秋葉原を基点に輪行か?

 まぁ先にも書いたとおり、運動不足だからフルで走ってもいいような気もするが。チェーンも洗浄したしなぁ。

 で、赤沢スイーツは再来週…っと(来週は用事があるが…、夜だから朝にさくっと出かけてもいいような気も(^^;))。


#日曜に行ってもよさそうなものだが、どーも工場は週休一日で動いているらしく、土曜に動いているときにひょっとしたら見学できるかもしれないし、出来なくても香りがあたりにただよえば、ランドマークにいいかなー…なんて(^^;)ランドマーク?。

俺のPSP、再び?

 気のせいか…、PSPがますます映像携帯端末として、熟成されてきているような…。

PSPが著作権保護動画の直接ダウンロードや再生に対応
-WMA再生機能も追加。最新ファーム公開

 スゴ録で録画映像が見れる、LF-PK1でほぼリアルタイムでテレビも見れる、音楽もメモリに記録できるし、で、今回のリンク先のような話も…。

 ふむ、iPodが音楽なら、映像でPSP…って感じがしてきたな。

 環境整えるならスゴ録やLF-PK1、メモリカードからなにから揃えなければならないし、なにより11b無線LAN環境を復活させて、ファームウェアのアップデートも必要ときたもんだから、ほとんど0からの環境構築になってしまうので、そんな大仰なことはするつもりはないんだけれど、まぁでもLF-PK1くらいはどーにかしたい。

 録画したものを外で見る…ってことはまず無いので、「テレビをトイレでも見られる環境」で十分(^^;)例えがなんだが…。テレビが変なところに設置してあるので、PC作業をしながらテレビに視線を向けるのが結構大変で…(^^;)見るなよ。

 なんかLF-PK1って店頭とかで見かけないけれど、ソニースタイルとかだとそれなりに簡単に手にはいるか?ちっと発注してみっかな…。

灯台デモクラシー

 X41Tには1GBメモリを積んでいる。内蔵メモリを合わせると1.5GBになる。

 いくらグラフィック主体の用途を想定しているからとはいえ、多い。2DCGソフトを複数使用し、相互に印刷レベルのデータをやりとりするなら必要になってくる量だとは思うが、あまりそう頻繁にそういう用途は発生しない。

 「最近はRAMも安いし、余裕もあっていいかー」…と思って導入したはいいが、結構もてあましている(^^;)。勿論いつかは必要になると思うのだが、それまで遊ばせておくのももったいない。

 …で、ふと思いついたのが「RAMディスク」。よく使うIllustratorなどのソフトはテンポラリファイルなどを作成するが、これをHDDからRAMディスクに設定してやれば、多少なりと体感速度など速くなるのではないか…と。

 調べてみると、アイオーデータのRamPhantomあたりが使いやすそうだ。価格もシェアウェアみたいで高くない。早速購入しようかな…と思ったら、どうもRamPhantom LEというのもあって、アイオーのメモリを持っていると、無償でDLできるらしい。

 正規版とLE版の違いといえば、LE版がRAMディスクに設定できる容量が上限800MB…ってことぐらい。うむ、1.5GBでグラフィックソフトを動かすんだ。ワークメモリに1GB、RAMディスクに512MB程度の割り当てでよかろうもんなら、LE版で十分だな…ってことになった。

 さて、問題は「アイオーデータのメモリを持っていること」というのがLE版の条件になるのだが、そのため、シリアルナンバーを入力しないとDLできないようになっている。

 …アイオーデータのメモリ。買った覚えはあるんだけれどな…。

 X41Tは買ったばかりなので違うメーカーなのは覚えてる。なので、まずはPC-VA93J/GLを見てみる。…しかし、グリーンハウスだ。NECのノート…は違う。X22だっけ?…ハギワラシスコムだ。600Xか?…これもグリーンハウスだなぁ。…あれ?

 まてまて、まだLet's note A44がある。…とメモリを見てみると、やった!アイオーデータだ!…しかし調べてみると、容量が小さく、LE版対象外だった。…古いしねぇ。

 うーん、最近アイオーのメモリの箱をみたような覚えがあったんだけれど、デスクトップだったか?しかしツクモでカスタムメイドで作ったようなもんだから、確かノーブランドだったような気がするのだが…。

 記憶違いだったかなぁ…とT40pでアイオーのWebを見ていると…、あれ?そういえばさっきからメモリの型番からメーカーを調べるのに使っているT40pを確認してなかったな…ということに気がつき、電源落として確認してみると…アイオーだった(^^;)それも対象の。

 早速DLしてX41Tで設定してみた(Illustratorのテンポラリを割り当てる程度)が…、いまいち恩恵がわからない(^^;)。まぁ交換する筐体なのであまりつっこんだ用途までテストしたわけでないのでなんともいえないが、タダで手に入れたんだから、文句は言わない。

 でもせっかくなので、そのうち有効な使い道を見つけてみよう。うん。

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »