2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

関連リンク

 


検索


  • Google


    WWW を検索
    とめどなく雑記 を検索

写真ピックアップ2012/04-05

  • 夜の桜
    2009年初頭までは定期的に写真を掲載していたのですが、その後サボってしまいました。写真自体は折を見て撮影していたので、現在からお気に入りなどをピックアップして掲載していきます。ファイル名は特に撮影時期ではありませんので念のため。

2009年1・2・3月撮影分

  • L1000050
    2009年になっても相変わらずぶらぶら撮った写真に終始すると思いますが、ご勘弁のほどを(^^;)。

2008年10・11・12月撮影分

  • 皆が見ないコミケの顔・その5
    D-LUX4も加わっての、バラエティに富んだ写真アルバムに…なるはず?ただ、MPはフィルムなので、掲載する予定はありません。

2008年7・8・9月撮影分

  • 祭り
    一番忙しい四半期につき、写真は少なめになるかと思います。とはいえ、新レンズを使ったりして多少浮かれてはいるかな?(^^;)

2008年4・5・6月撮影分

  • 単線のある風景
    4、5、6月分です。特に説明も無いのですが…(^^;)。まぁのんびりスナップをアップしていく…予定かと。

2008年1・2・3月撮影分

  • 円覚寺・その4
    相変わらずぶらぶら撮っています。面倒なんで、これからは3か月分、まとめようかな。

2007年10・11・12月撮影分

  • 来年に向かって歩く
    相変わらずぶらぶら撮ったものです。あまりにもとりとめなく撮ったので、3ヶ月分まとめさせていただきます(^^;)。

2007年9月撮影分

  • 機上から見る雲
    9月撮影分です。主に久米島旅行で撮った写真になっています。

2007年4・5・6・7・8月撮影分

  • 夏の海
    相変わらずぶらぶら撮った写真です。ちなみにコミケの写真は入っていません。

2007年1・2・3月撮影分

  • 桜の風景・その11
    まだまだのんびり写真です(^^;)。なんか、撮っているのも楽しいですが、現像も楽しいですね。

2006年12月撮影分

  • 築地の町並み
    相変わらずR-D1メインでぶらぶら撮影したものを掲載していきます。紅葉も都心の方まで降りてきていますので、当初はそれを中心に…といったところになるかな?

2006年11月撮影分

  • P1020232
    距離計の狂いから一時期修理に出していたR-D1が帰ってきたので、ちらほらと撮影したものをアップします。
    でもなーんかぎこちないというか…写真に対する自分なりの立脚点がしっかりしてないというか…(^^;)。
    個人的にはしっかり楽しんでいるのでいいとは思うんですけれどね(^^;)。

2006年9月 石垣島周辺旅行

  • 車に積まれたエンジン
    9月下旬に石垣島及び周辺離島を旅してきたときの写真です。
    カメラはR-D1を修理に出していたので、LC1とF10です。Exifん時に機種が書いてないのはLC1と見てください(RAWを現像・エディットして保存すると、さすがにExifデータが残らないみたい)。明るいときにはLC1にはND8のフィルターを装着しています。

2006年6月撮影分

  • 富士山を臨む
    6月撮影分です。ちょこまかと撮っているのをあげていきます。
    色々なレンズも出てきますが、だいたい使うレンズが決まりつつあるような…。

2006年5月撮影分

  • 深川の風景
     ちょっと細かな撮影が入り組んでいる月なので、まとめてのアルバムにします。
     まず最初はくらやみ祭り。のんびり行ったせいか、人垣を越えられず、てんで山車とかの写真はありませんので、期待しないように(^^;)。
     次に有楽町あたりをぶらぶら歩きながら撮った写真、お台場や川越などと、色々取り混ぜてあります。

2006年4月 浅草・皇居前広場・銀座等

  • 紅い店先
    まだR-D1に慣れていないので、運動がてら、色々テスト撮影。その途上、Jupiter-12 35mmF2.8やアベノン28mmF3.5を買ってしまったり(^^;)。その他にはスナップショットスコパー25mmF4とカラーヘリアー75mmF2.5で撮影。

2006年4月 沖縄旅行

  • 赤壁
    買いたてのR-D1を片手に沖縄をうろついた時の写真です。 レンズは基本的にフォクトレンダーのUltron35mmF1.7。広角に写っているのはUltraWide-Hrliar12mmF5.6。飛行機の撮影など、一部望遠はNokton50mmF1.5。

2006年4月 三浦半島一周

  • トンネル入口
     三浦半島一周の旅ですが、お伴にR-D1も持っていきました。  この手の負担の大きい旅ではF10といった軽いデジカメの方が適しているんですが、買ったばかりだし(^^;)、カメラとして楽しむならこちらの方がいいですしねぇ…。  そんなわけでウェストポーチで出動です。カメラ用ポーチというのがあるんですな。一眼レフも入るタイプなので、スリムなR-D1だとレンズを数個入れてもまだ余裕があったりします。  ただ、便利ではあるんですが、ちょっとデカいんですよね。カメラが入る以上、仕方ないのですが。今回はまだ涼しかったから良いですが、今後は考えないといけないかもしれません。ムレるかも。  …で、レンズはウルトラワイド・ヘリアー12mmF5.6、Jupiter-12(35mm)といったところ。実はアベノン28mmも持っていましたが、今回は使いませんでした。 ※工事現場の写真、その3とその4が入れ替わっちゃってますが、そこらへんはうまく数字順に読んでください(^^;)。

« チェーンと腰痛 | トップページ | BSMの今後の予定 »

2005/11/25

X41 Tabletソフトウェア・インプレッション

 んーと、主なインプレッションは当然のごとく、グラフィックソフトとの相性あたりの検証。

 インストールしたグラフィック系ソフトは


AliasSketchBookPro2.0
Adobe Creative Suite Premium 1.3
MacromediaStudio8
ComicStudioPro3.0


 といったところ。PainterXIも入れてみたかったが、まぁそれはまた後日。


 ちなみに、タブレットPCでお絵かきをする場合、まず行わなければならない儀式みたいなものがある。「プレス アンド ホールド」 を解除したり、その周辺の設定を弱めにする…などはしてある。その辺の詳しい設定は…、詳しいところをご参照あれ(^^;)ぉぃ。

 この先はその上での使用ってことで。


 まず、PC-VA93J/GLを使っていた上で痛感していたのは、ソフトのサブウィンドで狭くなる画面。 PhotoShopにしてもIllustratorにしても、ナビゲーションとかカラーとかブラシサイズ調整のための窓とか開いていると、 描画範囲が結構狭くなる。当たり前のことだが。

 とはいえ、そういった設定変更に気軽にアクセスするには他にショートカットキーしか無いのだが(自分はあまり使わないのだが)、 タブレットPCでお絵かきするときはコンパチ機でもピュアタブレット形態にしているときが多く、ショートカットキーを押しにくい。… ともなればどうしてもサブウィンドは欲しいわけで…。

 そこらへんのジレンマを考えると、 タブレットPCでのオペレーションに特化したAliasSketchBookPro2.0は操作性が良いのではないか、使いやすいのではないか… ってことで、購入しておいた。

05112302  実際、使ってみると快適。大概の操作が「ペン」だけで行えるのは痛快。その上画面は広く使える。 機能的にちょっと弱い部分はあるが(筆圧で色の濃さを変えられる水彩筆のようなものがあったら良かったのだが)、 落書きからラフ画程度はこのソフトで十分まかなえる。


 無論、扱い慣れているPhotoShopとかIllustratorの方がよいのだが、先のサブウィンドの他に以前書いた線の扱いの悪さという部分で問題があった。

05112303  ただ、今回はCSという比較的新しいバージョンを導入したせいか、 あるいは第三世代ハードのせいか、まずPhotoShopでは線よれが無くなり、また線の太さも正確に反映してくれている。 相性が良くなっている…といったところか。

 とりあえず落書き程度のお絵かきをしてみると、そんな不便無い。サブウィンドによる狭さ…って部分も、 先のPC-VA93J/GLの時と違うPhotoShopのバージョンのせいか、あまり気にならなくなっていたり(^^;)。

 PC-VA93J/GLはそもそも10.4インチだし、12.1インチと大きさの違う現状の方が見やすいってのもあるかもしれない。

 PhotoShopで落書きできたなら、SketchBookProは無くても良かったかな…という気もしてくるが、軽いわ、 やはりなんだかんだで画面が広いわで、それなりに用途あると思うので、これはこれで(^^;)。

05112304  結構問題なのがIllustratorの方。どうしてもカリグラフィ(ペンタッチ)の線描に 「ダマ」がついてまわる。ただ、CSの最新バージョン(パッチ)をあてて、筆の速さを最速でぴゅっぴゅぴゅっぴゅ引かない限りは、 そんなにダマが出る頻度は高くない。

 先の「サイドスイッチでCtrl+z」を利用すれば、アンドゥも手軽に出来るので、Illstratorでの線描も結構お手軽かも。


 で、ベクトルデータの彩色になれば今後はFlashかな…と考えているんだけれど、最新バージョンを入れて実際操作してみると…、 線描自体もFlashというのも面白いかも。

05112305  実際描いてみると、結構味のある線が引けているような。

 Flashだけでキャラもの描いている人もいるし、たまにはそういう描き方もいいかな?…という気も。ちょっと考えてみよう。

 ちなみに彩色等使い勝手は問題なし。ダマとかもあまり出ないんだよなぁ。


 とりあえずここまでで思うのは、タブレットドライバの機能がもっと向上すればなぁ…ということ。intuos並みの、 「アプリ別のペンの設定変更」くらいはサポートしてくれないかなぁ。

 それにしてもPC-VA93J/GLよりも妙に使いやすくなっているのは、処理速度が速くなっているだけでなく、 第三世代でタブレット部が改良されている(よう)なのも大きく影響していると思う。結構追従性が高いしね。 画面が10.4インチから12.1インチになっているのも、結構重要。

 やっぱ第三世代はグラフィックと相性良くなっている気が…。

 ComicStudioはまた後日。

« チェーンと腰痛 | トップページ | BSMの今後の予定 »

コメント

ううん、こういうの見るとタブレットPCいいなぁ、とか
思っちゃいますが才能という厚い壁がドシッとな。

別にプロ級のお絵かきをしなければならない…ってわけではないので、フォトレタッチとか、プリクラのような写真へのフレーム作成とか、色々使えると思いますよ。

無論、タブレットPCは通常のPCより若干割高ですが、おいらのように、探せば安いのも時折ありますので、それを狙う…というのはアリでしょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27753/7310610

この記事へのトラックバック一覧です: X41 Tabletソフトウェア・インプレッション:

« チェーンと腰痛 | トップページ | BSMの今後の予定 »