2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

関連リンク

 


検索


  • Google


    WWW を検索
    とめどなく雑記 を検索

写真ピックアップ2012/04-05

  • 夜の桜
    2009年初頭までは定期的に写真を掲載していたのですが、その後サボってしまいました。写真自体は折を見て撮影していたので、現在からお気に入りなどをピックアップして掲載していきます。ファイル名は特に撮影時期ではありませんので念のため。

2009年1・2・3月撮影分

  • L1000050
    2009年になっても相変わらずぶらぶら撮った写真に終始すると思いますが、ご勘弁のほどを(^^;)。

2008年10・11・12月撮影分

  • 皆が見ないコミケの顔・その5
    D-LUX4も加わっての、バラエティに富んだ写真アルバムに…なるはず?ただ、MPはフィルムなので、掲載する予定はありません。

2008年7・8・9月撮影分

  • 祭り
    一番忙しい四半期につき、写真は少なめになるかと思います。とはいえ、新レンズを使ったりして多少浮かれてはいるかな?(^^;)

2008年4・5・6月撮影分

  • 単線のある風景
    4、5、6月分です。特に説明も無いのですが…(^^;)。まぁのんびりスナップをアップしていく…予定かと。

2008年1・2・3月撮影分

  • 円覚寺・その4
    相変わらずぶらぶら撮っています。面倒なんで、これからは3か月分、まとめようかな。

2007年10・11・12月撮影分

  • 来年に向かって歩く
    相変わらずぶらぶら撮ったものです。あまりにもとりとめなく撮ったので、3ヶ月分まとめさせていただきます(^^;)。

2007年9月撮影分

  • 機上から見る雲
    9月撮影分です。主に久米島旅行で撮った写真になっています。

2007年4・5・6・7・8月撮影分

  • 夏の海
    相変わらずぶらぶら撮った写真です。ちなみにコミケの写真は入っていません。

2007年1・2・3月撮影分

  • 桜の風景・その11
    まだまだのんびり写真です(^^;)。なんか、撮っているのも楽しいですが、現像も楽しいですね。

2006年12月撮影分

  • 築地の町並み
    相変わらずR-D1メインでぶらぶら撮影したものを掲載していきます。紅葉も都心の方まで降りてきていますので、当初はそれを中心に…といったところになるかな?

2006年11月撮影分

  • P1020232
    距離計の狂いから一時期修理に出していたR-D1が帰ってきたので、ちらほらと撮影したものをアップします。
    でもなーんかぎこちないというか…写真に対する自分なりの立脚点がしっかりしてないというか…(^^;)。
    個人的にはしっかり楽しんでいるのでいいとは思うんですけれどね(^^;)。

2006年9月 石垣島周辺旅行

  • 車に積まれたエンジン
    9月下旬に石垣島及び周辺離島を旅してきたときの写真です。
    カメラはR-D1を修理に出していたので、LC1とF10です。Exifん時に機種が書いてないのはLC1と見てください(RAWを現像・エディットして保存すると、さすがにExifデータが残らないみたい)。明るいときにはLC1にはND8のフィルターを装着しています。

2006年6月撮影分

  • 富士山を臨む
    6月撮影分です。ちょこまかと撮っているのをあげていきます。
    色々なレンズも出てきますが、だいたい使うレンズが決まりつつあるような…。

2006年5月撮影分

  • 深川の風景
     ちょっと細かな撮影が入り組んでいる月なので、まとめてのアルバムにします。
     まず最初はくらやみ祭り。のんびり行ったせいか、人垣を越えられず、てんで山車とかの写真はありませんので、期待しないように(^^;)。
     次に有楽町あたりをぶらぶら歩きながら撮った写真、お台場や川越などと、色々取り混ぜてあります。

2006年4月 浅草・皇居前広場・銀座等

  • 紅い店先
    まだR-D1に慣れていないので、運動がてら、色々テスト撮影。その途上、Jupiter-12 35mmF2.8やアベノン28mmF3.5を買ってしまったり(^^;)。その他にはスナップショットスコパー25mmF4とカラーヘリアー75mmF2.5で撮影。

2006年4月 沖縄旅行

  • 赤壁
    買いたてのR-D1を片手に沖縄をうろついた時の写真です。 レンズは基本的にフォクトレンダーのUltron35mmF1.7。広角に写っているのはUltraWide-Hrliar12mmF5.6。飛行機の撮影など、一部望遠はNokton50mmF1.5。

2006年4月 三浦半島一周

  • トンネル入口
     三浦半島一周の旅ですが、お伴にR-D1も持っていきました。  この手の負担の大きい旅ではF10といった軽いデジカメの方が適しているんですが、買ったばかりだし(^^;)、カメラとして楽しむならこちらの方がいいですしねぇ…。  そんなわけでウェストポーチで出動です。カメラ用ポーチというのがあるんですな。一眼レフも入るタイプなので、スリムなR-D1だとレンズを数個入れてもまだ余裕があったりします。  ただ、便利ではあるんですが、ちょっとデカいんですよね。カメラが入る以上、仕方ないのですが。今回はまだ涼しかったから良いですが、今後は考えないといけないかもしれません。ムレるかも。  …で、レンズはウルトラワイド・ヘリアー12mmF5.6、Jupiter-12(35mm)といったところ。実はアベノン28mmも持っていましたが、今回は使いませんでした。 ※工事現場の写真、その3とその4が入れ替わっちゃってますが、そこらへんはうまく数字順に読んでください(^^;)。

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005/11/30

ちなみに

 X41Tは初期不良交換が確定。近々交換してくるですよ。環境を全面移行してなくて良かった。ソフトのアンインストールは必要だが。

 今度の筐体はソフトをインストールする前に色々いじりまくってテストしておかないと…。

 逆に今の筐体は…、もう少し絵を描いて役立たせて(?)から送ってやるか…。

 いや、あまり感情移入しない方がいいかな?LC1も初期不良交換とかに出したんだけれど、コミケのような修羅場をかいくぐった筐体を交換したもんだから、魂を抜かれたみたいにあまり愛着を持てなかったんだよね(^^;)。まぁもっかい修羅場をくぐったから今は大丈夫だけど(別の理由であまり使ってないのが不憫だが…)。

 指紋センサー以外は問題なかったので、なんか全面交換…ってのもなんだかなー…という気もする。ただ、IBMに依頼しての「修理」って手もあるが、もう「タブレットPC」を1週間単位で手放したくない入れ込みようで…(^^;)。

 …初期不良交換か…。筐体変わって、また別の問題とか出てこないだろうな?ちと心配…。

もしも「拝御がデジイチを選ぶなら」

 おいらの周囲でぼちぼちと一眼レフユーザーが増えつつある。

 前から書いているとおり、アンチ一眼レフ派だが、揺らぎつつある(^^;)。

 でも別にかたくなに一眼レフを否定しているわけではない。そもそも人生で一番最初に触ったカメラが親父の一眼レフだったし、改心の写真を撮ったのもそのカメラだ(オリンパスの…なんだったかな?)。

 フルマニュアルで結構遊んだ覚えがあるし、それなりに一眼レフの楽しさも知っているのだが、それゆえ、「なんでいちいち焦点距離を何倍せなあかんねん」という気になってしまう。

 また、女の子やスナップを撮るようになってから、取り回しや威圧感の関係上、でかい筐体を嫌う…ってのもある。

 そしてなにより、「ホコリ問題」という、そもそも「カメラ」として欠陥じゃねーか?と思えるような問題がついてまわるようで、どうしても食指が伸びない。

 しかし先にも書いたとおり、デジイチ包囲網による威圧も受けているのも確か。もし「どうしても」手に入れなければならない…となると、E-300あたりかな、という気がしている。

 焦点距離がどーしよーも無いが、ホコリ問題には先進的な解決策を生み、また筐体のデザインで威圧感を多少なりと減退させていると思う。なにより、鞄の収まりが良さそうだ(^^;)。

 ただ、フォーサーズという、なぜかマイナー規格になってしまったその規格により、レンズの選択肢が狭い…というのがちょっと気に入らない…と思っていたのだが、こないだインデアンカレーで夜の部・開店待ちの行列で並んでいる間、前の人がE-1にコシナのレンズを装着していることに気がついた。

 えっ!?フォーサーズ以外のレンズも付くの?…と思って調べてみると、マウントアダプタなる、他社規格のレンズを装着できるアダプタの存在を知った。

 ほー、多少はなんとかなるのね。一部機能が限定されてしまうとしても。

 んでも結局焦点距離は伸びるので、広角よりのおいらとしてはあまり選択肢が広がらないのは変わらない。レンズ胴が短かければ単焦点でも良いので、広角側で撮れるレンズとの組み合わせも面白いかな…と思うのだが…。

 

 あ、ついでに書いてしまうが、やっとGR DIGITALを触った。店頭展示機だけど。

 思いの外、小さい筐体にびっくりした。…薄いし、小さかったんだねぇ…。ありゃ確かに光学ファインダーとか入れにくくなるわ、もっと大型CCDとか入れられないわけだ。

 でもおかげでいいフィーリングがあるっつーか、なかなか操作性が良さそうな感じがする。コンパクトカメラだけど、パラメータは一眼レフ並みに用意されてますぞ…みたいな雰囲気があったし、実際そうらしい。

 撮ってるのが楽しくなるタイプのカメラと見た。

 …となると、常に携帯するカメラだと思うので、個人的にはメモ用途としてのデジタルズーム装備は歓迎だし、高感度撮影モードも欲しかった。

 普段は画質重視。しかし緊急避難的に画質を犠牲にしての撮影も可…ってしてくれるとツブしが利くかなー…って(^^;)。

 まぁ、普通に「カメラとして」扱え…ってことかもしれないけれど。大体それ以前に、今の財政状況では手が出せません、私(^^;)。

今日のイラスト

 …は無し(^^;)。さすがにそうそう新作を載せられますか(^^;)。日記じゃないんだし(^^;)ぉぃ。

 んでも一応描いてはいるんだけれどね、完成してないけれど。このblog以外での公開になるでせう。

 しかしイラスト載せてから妙にPVが多くなっているのはなんでかな?

2005/11/29

BSM改造計画、妄想中

 今のR20で気に入らないことを一つ挙げろ、…と言われれば、フロントディレーラーを挙げる。

 正確には、そのマウンタなのだが。

 前にも書いたが、BSMの純正フロントディレーラーマウンタはフレームに取り付けられ、リアアームには連動してない。つまり、搭乗者が乗ってリアアームが体重で沈み込んでもマウンタはフレームの方に固定されているため、フロントディレーラーと、リアアームと一緒に動くチェーンの位置が近くなってしまったりするのだ。場合によっては当たってしまう。

 通常の自転車ではこういった取り付けは行われないのだが、BSMの特殊な構造上仕方がないらしい。一応調整しておいらが乗ったくらいではどうということもないようにしているが、走行中なにかしらの衝撃が加わったり、荷物を載せて加重が加わったりすると、セッティングが変わってしまうことになり、よろしくないわけだ。

 まぁ先にも書いたとおり、こりゃBSMの宿命やな…と思っていたのだが、どうも調べてみると、BSM純正マウンタが登場する前に自作したところがあり、それはどうもリアアームに連動するっぽいのだ。

 モールトン本に掲載されている写真で推察している限り…なのだが、コーフーのそれはおいらの不満を解消してくれそうだ。


 で、懸案の「寺田商会のリクセンカウルアタッチメントを取り付けるには」…の問題だが、どーもブレーキ・シフター全ケーブルを全部引っこ抜かないと取り付けられない面倒ごとになりそうだ。分割フレームだったら簡単らしかったのだが、これは計算外だなぁ…。こりゃまいった。

 …ので、ちと色々考えてみる。

 …コーフーか寺田商会に、ハンドルをドロップ→ブルホーンに交換、それに従ってケーブルも交換、そして寺田商会のリクセンカウルアタッチメントを装着。また、フロントディレーラーマウンタも交換…って線か?和田サイにお願いするには作業量が多くて、車体を預けるのが忍びない…(^^;)狭くなるでしょ。でも先の2社は全然面識…というか、行ったことすら無いなぁ…(^^;)。

 ともあれ、ロングライドと積載量増加を可能にし、かつ重量変化に対するフロントディレーラーの対応を可能にする…というコンセプト。悪くないでそ?(^^;)

 ただ、すぐには実行に移せないなぁ…。費用が…(^^;)。

ようやっと創作意欲の復活か?


 今度はなぜかリリス。流れでいくと春麗かさくら…ってところのような気もするが、まぁ描きたかったので、これでいいのだ(^^;)。

 羽類がいい加減だけれども、落書きなのでこれでもいいのだ(^^;)。

 なんか気の向くままに描いているけれど、そろそろ目的のある絵とかにしないとね。本当はリクエストとかとりたいところなんだけれど(^^;)時間がねぇって。

 いや、描く必要のある絵…とでもいいましょうか、描くと約束していて数ヶ月描いてない絵があるんだよなぁ(^^;)いかんなぁ。

 そういえばコスプレイラスト類ももう少し充実させないといけない気がする。

 いやいや、それ以前にそろそろDTIサイトのインデックス画像とかも描かないとね。

 …っていうか、今まで描いているのを「とめどなく、雑記帳」の方にアップしろよ…って気もするのだが(^^;)。それ以外のblogにも…(^^;)やっぱ時間無いなー。

 そもそも3DCGはどーしたんだ…という話も…(^^;)。

T41 Tabletの使い方と鞄

 お絵かきマシン、お絵かきマシンとは言っているものの、モバイルマシンでもある。

 そもそもT40pを持って歩いているってのがおかしいはずで(^^;)。

 ただ、X41Tもそんな重量変わらないはずなんだけれど(1.88kgと2.3kg(どちらもアバウト)だから、4~500グラム…は結構大きいか?)、底面積は小さいはずだし(X41T標準装備バッテリを接続すると、実は奥行きはほんの数ミリ、T40pを勝ってしまうのだが(^^;))、楽なはず。

 で、持って歩くにはもう一点懸案事項があって、…現状、鞄が無い。今使っているショルダーバッグはふつーに電車通勤などで使うにはいいんだけれど、自転車通勤には不便だ。取り回しが利かない。

 そういう時に威力を発揮する革の鞄のほころびはまだ修繕してないし、そもそも修繕しても背負いバッグとしてのバンドがいかれているので、すぐに常用鞄として運用するわけにはいかない。X22を入れていた鞄もあるにはあるが、「ほかの荷物」を入れようとすると容量不足のものだ。

 ふつうのバッグではつまらないし、なにか適当なのは無いか…と探していたところ、こいつを発見ちょっと悩んで発注してみたが、手持ちがちょっとつらい以外は使いやすくて気に入っている。まだ使い始めなのでそのうち不満も出てくるかもしれないが、とりあえずはこれでPC鞄として常用しよう。

 ちなみに、T40pも入る(^^;)大容量バッテリーではどうかなぁ。


 とりあえずその鞄にX41TやT40pを入れて出かけてみるが、久々に背負いバッグの快適さを痛感(^^;)腰痛に優しい。今まではかならず片側だったからなぁ。

 意外に収納量も多く、結構使い勝手も良い。片手で持つときはやはり不便だが、結構愛着持って長く使ってしまいそうだ(^^;)。

2005/11/28

カードの速さ

 xDカードの何が嫌いか…って、マイナー規格に成り下がってしまった(?)のに加え、規格として転送速度が他のカードに比べて遅い…という点がある。

 大量の画像をPCに転送するのに時間がかかるわけだ。まぁ実際はF10でこまめに撮って、こまめに転送しているのでそれほど時間が食われるわけではないのだが、精神衛生的にはよろしくない。

 困ったもんだと思っていたのだが、


オリンパス、xDピクチャーカードの高速モデル「Type H」
~従来の2~3倍の転送速度を実現

 なんだよ、xDカードにも高速規格ってあったのかよ。それとも新規格か?「従来の2~3倍」でもまだ他に比べて若干遅い気がするが(具体的には何MB/sだ?)、それでも速い分にはいいだろう。

 カメラ側の対応は対応機じゃないとダメらしいが、PC転送の際にはリーダーさえ対応していればどーにかなるだろう。

 まぁ現状、一枚で容量に不満のないカードなので買い換えや買い増しは予定にないが、機会があればチョイスしなければ…。

今日の会話

後輩:「あ、もしもし、どのような用件でしょうか?」

相手:「はい、先日よりご案内しているスーパーファミコン…」

後輩:「は?」

相手:「あ、スーパーコンピュータのですね…」


 随分違うぞ(^^;)。

落書き三昧


 調子に乗って今度は不知火舞ときたもんだ。だんだん調子に乗ってきた(^^;)。ただ、なぜか後ろアングルが続いているが、単なる偶然…っつーか、舞たんなら胸描けよ、をれ(^^;)。

 でも線の調子が戻ってきている気がする。ブランク長かった気がするが、Illustratorの補正ありきとはいえ、なんとかなるもんだなぁ(^^;)。

 しかしやっぱタブレットPCは面白いな。ハードが一つにまとまっているので、扱いやすい。これでblog投稿環境まで移行できるとなれば、かなり面白いね。まぁ交換の可能性があるのでセットアップは中断しているけれど。

 モニタとタブレットが分かれている利点ってのは実はそれなりにあって、画面の一部分も手に隠れない…ってのは結構なメリットなのだが、タブレットPCにはそれ以上の魅力があるように思えてきた(^^;)。

 しかしまぁ、第三世代でやっとそこらへんの魅力が表に出てきた…ってことで、旧世代だとそれ以上の苦労が多かったからなぁ…。うーん…。

 さて、イラスト三昧はとりあえずここらへんで一区切り。そろそろ中断していた3DCGにも戻らないと…。でも、誘惑に勝てるかなぁ?(^^;)

2005/11/27

X41Tの不安

 X41Tの調子が悪い。いや、指紋認証リーダーの部分が。

 X41Tはタブレットモード・コンパチ筐体のため、リーダーが妙な位置にあり、ノートモード、タブレットモード両方で指がスキャンしやすいように、どの方向からも指をスキャンしやすいようになっている。

 …が、タブレットモードの時に指をスキャンしやすい方向にどうもスキャンできないようなのだ。

 指の角度が悪いのかな?と思ったが、そもそも指紋登録時に特定方向のみ一切指紋が読み取れない…となれば、やっぱハードの故障じゃねーか?聞いたこと無いけれど。

 ちょっとIBMだかレノボだかに休み明けに確認してみることにする。初期不良なら販売店に新品交換の手続きをしてもらうことを確認してある。

 しかしなんか初期不良率、高いな(前例:T40p)。それも、特定機能の一部分のみ使えない…というケースってのはどうなんだ?(^^;)(前例:DVD-ROMドライブで、DVDメディアは読み取れるのに、CD-ROMメディアが読み取れない)

 まぁ、PCそのものの操作には問題ないのだが、タブレットモードでの立ち上げ時にいちいち腕を逆間接にするようにスキャナに押し当てるのも面倒なので、どーにかしないと。

 幸いにも細かい環境を移行してなかったので、なにか予感めいたものがあったのかもしれない。

 ただ、Adobe関係のソフトは正規にアンインストールしておかないと、ライセンスの関係で次のマシンにインストールできなくなるので、注意しなければ。

鍛錬、鍛錬。

 特に脈絡無く、キャミィを(^^;)。鍛錬、鍛錬…になっているのかどーなんだか(^^;)。

 でもなんだか、昔、色々描きまくっていた頃を思い出すな(^^;)。楽しさは変わらないかも。うーん、次は何を描こうかな(^^;)。

2005/11/26

インデアンのアキレス腱

 ちょっと足を伸ばしてインデアン・カレーを食べに行った。今度は夕飯で、列とかにせかされないで済むように…と思ったので、17時頃行ってみた。

 …ら、開いてなかった(;_;)。なにやら看板に「当分の間、16時から17時半までお休みさせていただきます」との注意書きが。…聞いてないよ~。

 まぁ、前の話を聞くと、関西からスタッフがきていたりする関係上、休憩時間とかなにやら、いろいろあるのかもしれない。しばらくは要注意や。

 ちなみに昼飯食って無かったのでライス大盛りにしたけれど、一応ルーも足りたけれど、ぎりぎりやね。余裕もってルーダブルにした方がいいかも。でも200円アップは結構キツいぞ(^^;)。

 ちなみにやはり卵はいいね!入れるべきだね!大盛りなら2個入れたいね!(^^;)

ちっと直してみました

 やはり慣れたツールで描くのが一番ではないか…ってことでもっかい描き直してみました。どでそ?

 一応自分のラインになってきましたけれど、まだキャラをつかみ切れていないような(^^;)。ゲームやってないからなぁ…。なんか、解説が欲しい(^^;)ぉぃ。

 あと、製作時間が短くなっているのがやっぱいいねぇ。タブレットPCで描いているってのもあるけれど、各ツールの細かい部分の使い勝手がよくなってきているってこともある。うーん、なんか生産性が上がっているような。

 ただ、そーすっと今度は枯渇しているイマジネーションが問題に…(^^;)。

2005/11/25

ノート話

 まぁX41Tを手に入れたばかりで買うわけではないが、新しいのを見るのは楽しいってだけの話で。

 で、

バンダイ、ガンダムPC第2弾
「アナハイム・エレクトロニクスモデル」

 ちょっと欲しい(^^;)。

 いや、シャア専用モデルだと、色物っていうか、「3倍速いの?あ、速くないんだ」と、ちとカスタムの意味を見いだせないというか、スタイリングの必然性が…ね。3倍速くないと(^^;)ぉぃ。

 まだフェラーリモデルとかなら赤い必然性が。

 ただ、アナハイム・エレクトロニクスともなれば、そのエンジニアが使うPC…ってだけのことだから、逆に「持っていても不自然じゃない」(?)。…っていうか、エンジニアっぽいっつーかなんつーか(^^;)。

 世界観を取り入れたセレクションが心憎いところ。

 まぁでもおいらだったら機能的には

MCJ、MOBILITY RADEON X800XT搭載ノートPC
~1,680×1,050ドット対応ワイド17型液晶

 こっちだろうが。グラフィックチップが…ね。

 しかし筐体の重さが重さなので、これだけの重さなら同等性能のデスクトップの方が安く付いて、あんまり変わらない…って気もするので、こちらは物欲はまったく湧かないんだけれども。

 やっぱノートだったら持ち歩けないと。別に家庭内やオフィスの簡単な移動とかは楽そうなので、これはこれでアリだとは思うが。

…っつーわけで

 某氏向けにとりあえず練習成果を披露。

 …って、練習してないけれどね(^^;)。全部Flashで描いたから、線が慣れてねー。Illustratorで描いても同じようなもんだと思うけれど、そもそもキャラが自分のものになってねー(^^;)。

 某氏向けにはもう少し等身下げた方がいいと思うが、まずそれ以前にもっとキャラを理解しないといけねー(^^;)。

 個人的にはX41Tであまりにもさくっと描けた方に感動してますが(^^;)。

BSMの今後の予定

 寺田商会のBSM用リクセンカウルアタッチメントがドロップハンドル不可の理由がまだよくわからない。

 積載的には今のところ後部にショッパーを付けるのでなんら問題はないわけだが、加重が後ろオンリーというのがちょっとバランス悪そうなので、前にも加重をかけたい。

 そんなわけで是非とも装着したいところなのだが、ダメだっつーことでダメだっつーのなら仕方ないけれど、理由がわからんのはなんともねぇ…。

 ケーブルの取り回しかな…?と思っていたのだが、最近思いついたのは、ドロップハンドルのあの下部の出っ張り(?)がアタッチメントはともかく、鞄を装着するとその鞄に干渉、もしくはハンドリング時に当たってしまう…という問題があるのでは?ということ。

 もしそうなら、それは確かに問題だ。

 ちなみに、ショッパーでは干渉しない(^^;)が、べつにそれだけで運用しようとも思ってないので、やはり問題だ。

 そーすると、ドロップハンドルではなく、通常のストレートだかフラットとかにしなければならないかな…ということになる。正直、ドロップハンドルにはなんの未練もない(^^;)。

 ただ、現在使用しているデュラエースのデュアルコントロールレバーは捨てがたい。あれは使いやすいんだ。あれはそのまま残したい。…となると、フラットバーは使えない。

 このジレンマを解決するには…、ああ、ブルホーンがあるな。あれはデュアルコントロールレバーは付くのか?つきそうだけどいいのか?検索すると装着している例はあるな。で、角度次第で干渉はまったくなくなるだろう。(ローロ日本橋で先走って新しいハンドル(ドロップ)買わなくて良かった(^^;))グリップがちっと遠くなりそうだから、ステムをなおさら短くしないと…。

 BSM-R20がどんどんレーサーから離れていってしまうが、個人的にはスポーツフォルム(?)と性能を残しつつ、周りに戦闘色を感じさせないスタイリングを目指しているので、それはそれで良し(^^;)その割にはSPD付けようとしてるなぁ。

 しかしR20をどんどん「まるく」しているのって、俺だけだろうなぁ(^^;)。

 元々ブルホーンはしゃおらどんのあれもあれなんでしょ?だったら全然問題なし。別にしゃおらどんを真似ようとはしてないが、憧れてモールトンに走ったんだから、それくらい真似てもいいだろう(^^;)ぉぃ。

 しかしそうなってくると今度はどーやって寺田商会のアタッチメントを装着するか…ってことに。

 いや、該当ページ見てみると、分割ワイヤーを外せ…って書いてあるけれど、分割フレームだからできるのであって、非分割だとワイヤーを一旦全部外さないといかんのではないか?ヤダぞ、そんな大仰な作業(^^;)。

 コントロールレバー側で外せばいいような気もするが、外せるのか?外側から見た限り、外せなさそうな気が…。いや、んなこたぁないか…。どっかにSHIMANOのマニュアルがあったはずだが…。

 俺の手に負えるか心配になってくるな…。

 …、和田サイに頼むって手もあるか(^^;)逃げぉぃ。いや、和田さんやらに「グリップテープを巻くのは楽しいぞぉ~」とか言われているので、いっぺんやってみなぁな…とは思ってはいるんだ。そーすっとハンドル交換時に…となれば、交換も自分でやりゃーや……ってことで…。うーむ…。

X41 Tabletソフトウェア・インプレッション

 んーと、主なインプレッションは当然のごとく、グラフィックソフトとの相性あたりの検証。

 インストールしたグラフィック系ソフトは


AliasSketchBookPro2.0
Adobe Creative Suite Premium 1.3
MacromediaStudio8
ComicStudioPro3.0


 といったところ。PainterXIも入れてみたかったが、まぁそれはまた後日。


 ちなみに、タブレットPCでお絵かきをする場合、まず行わなければならない儀式みたいなものがある。「プレス アンド ホールド」 を解除したり、その周辺の設定を弱めにする…などはしてある。その辺の詳しい設定は…、詳しいところをご参照あれ(^^;)ぉぃ。

 この先はその上での使用ってことで。


 まず、PC-VA93J/GLを使っていた上で痛感していたのは、ソフトのサブウィンドで狭くなる画面。 PhotoShopにしてもIllustratorにしても、ナビゲーションとかカラーとかブラシサイズ調整のための窓とか開いていると、 描画範囲が結構狭くなる。当たり前のことだが。

 とはいえ、そういった設定変更に気軽にアクセスするには他にショートカットキーしか無いのだが(自分はあまり使わないのだが)、 タブレットPCでお絵かきするときはコンパチ機でもピュアタブレット形態にしているときが多く、ショートカットキーを押しにくい。… ともなればどうしてもサブウィンドは欲しいわけで…。

 そこらへんのジレンマを考えると、 タブレットPCでのオペレーションに特化したAliasSketchBookPro2.0は操作性が良いのではないか、使いやすいのではないか… ってことで、購入しておいた。

05112302  実際、使ってみると快適。大概の操作が「ペン」だけで行えるのは痛快。その上画面は広く使える。 機能的にちょっと弱い部分はあるが(筆圧で色の濃さを変えられる水彩筆のようなものがあったら良かったのだが)、 落書きからラフ画程度はこのソフトで十分まかなえる。


 無論、扱い慣れているPhotoShopとかIllustratorの方がよいのだが、先のサブウィンドの他に以前書いた線の扱いの悪さという部分で問題があった。

05112303  ただ、今回はCSという比較的新しいバージョンを導入したせいか、 あるいは第三世代ハードのせいか、まずPhotoShopでは線よれが無くなり、また線の太さも正確に反映してくれている。 相性が良くなっている…といったところか。

 とりあえず落書き程度のお絵かきをしてみると、そんな不便無い。サブウィンドによる狭さ…って部分も、 先のPC-VA93J/GLの時と違うPhotoShopのバージョンのせいか、あまり気にならなくなっていたり(^^;)。

 PC-VA93J/GLはそもそも10.4インチだし、12.1インチと大きさの違う現状の方が見やすいってのもあるかもしれない。

 PhotoShopで落書きできたなら、SketchBookProは無くても良かったかな…という気もしてくるが、軽いわ、 やはりなんだかんだで画面が広いわで、それなりに用途あると思うので、これはこれで(^^;)。

05112304  結構問題なのがIllustratorの方。どうしてもカリグラフィ(ペンタッチ)の線描に 「ダマ」がついてまわる。ただ、CSの最新バージョン(パッチ)をあてて、筆の速さを最速でぴゅっぴゅぴゅっぴゅ引かない限りは、 そんなにダマが出る頻度は高くない。

 先の「サイドスイッチでCtrl+z」を利用すれば、アンドゥも手軽に出来るので、Illstratorでの線描も結構お手軽かも。


 で、ベクトルデータの彩色になれば今後はFlashかな…と考えているんだけれど、最新バージョンを入れて実際操作してみると…、 線描自体もFlashというのも面白いかも。

05112305  実際描いてみると、結構味のある線が引けているような。

 Flashだけでキャラもの描いている人もいるし、たまにはそういう描き方もいいかな?…という気も。ちょっと考えてみよう。

 ちなみに彩色等使い勝手は問題なし。ダマとかもあまり出ないんだよなぁ。


 とりあえずここまでで思うのは、タブレットドライバの機能がもっと向上すればなぁ…ということ。intuos並みの、 「アプリ別のペンの設定変更」くらいはサポートしてくれないかなぁ。

 それにしてもPC-VA93J/GLよりも妙に使いやすくなっているのは、処理速度が速くなっているだけでなく、 第三世代でタブレット部が改良されている(よう)なのも大きく影響していると思う。結構追従性が高いしね。 画面が10.4インチから12.1インチになっているのも、結構重要。

 やっぱ第三世代はグラフィックと相性良くなっている気が…。

 ComicStudioはまた後日。

2005/11/24

チェーンと腰痛

 水曜は自転車のチェーン周りを洗っていた。

 実は、おいらの自転車のチェーンオイルは、バイク用のを使っていた(^^;)。昔バイクに乗っていたことがあり、その時のオイルも残っていたし、そっちの方が長持ちすると思ったからね。

 事実、長持ちするにはするんだけれど、その分粘着力もあったりして、ホコリや泥を寄せ付けてしまうのよね。さすがにこれはいかん。周りでGRPも流行っているし、これは改善せなあかん…ってことで、まずはブロンプト。こちらのスポークを直すついでにチェーン洗浄を決行してみた。

 ちなみに、GRPは今回は入手せず。フレンド商会西国分寺でふつーに手に入る洗浄液と、ふつーに売ってるチェーンオイルにしてみた。いくつかの種類があったが、その店の作業台で使われているのを覗き見て、セレクトしてみた(^^;)。

 ま、あとは力業っつーか、適当な桶の上で、ハズした後輪のギア周りを洗浄液で洗ったり、爪楊枝で取り出しにくいゴミをひっかけて落としたり、布で拭いたり。

 相当汚れていたね。後述するチェーンも含め、相当汚かった。だた、洗浄液が優秀なのか、結構簡単に汚れが落ちたのは良かった。インター8に一部透明パーツが採用されていて、(おそらく)内側のギアのモードが確認できるようになっているなんて初めて知ったあるよ。

 チェーンも出来る限り洗浄。入り組んだ形をしているので、こねくりまわして死角になっている部分の泥もつまようじで落としたり。ただ、前述したけれど、ここらへん時間かかるのに中腰でずっとやっていたもんだから、腰を痛めてしまった(^^;)。ちっと中途半端なところで作業断念(^^;)情けな。でもおおかたの汚れは落としたど(細かいところは残りまくっている気がするが)。

 フロントチェーンリングもさくっと済ます。まぁでもそちらはあまり汚れていなかったので、歯のあたりの汚れ落としだけはなんとか…。

 で、くみ上げ、チェーンオイルを塗って終了。後片付けのつらいこと…(^^;)。

 実際乗ったのは腰の痛みも多少引いた翌日だけれども、やはり回転がスムーズやね。ギアシフトもスムーズになったような。もっと早くやっておけばよかった。もっとも、腰痛も残っているので、快適さはよくわからない(^^;)。

 だけど、これでGRPだとさらに…ってことなの?うーむ。

 あとはBSMにもやってやらな。ただ、今度は椅子とか用意しておかないとな(^^;)。あ、周りに敷く新聞紙とかも…。

 あー、そうそう。BSMでもスプロケット周りの洗浄を考えれば後輪を外した方が楽そうだな。でもまだ後輪外したこと無いな。外し方は一応わかるが、後輪外している最中、エンド器具とかでリアディレーラーを保護しとかんとあかんのとちゃうか?まぁ車体をひっくり返しておけばいいのかと思うけれど。

 そして快適なライディングに…っつーか、腰の筋肉を鍛えるライディングってのはあるのだろうか?(^^;)


#ちなみに、ケミカルな作業ってのは肌に心配なので(結構デリケート)、ゴム手袋をして作業をしてみた。

 以前、ガレージキットを作成するときにケミカルアレルギーの為に使用していたのが残っていた。

 薄手のゴム手袋なので結構感触が変わらず、また洗浄剤や汚れ、オイルなどシャットアウトして作業できたので、あれはよかった。使い捨てなので気軽だし。まだ残っているのでまた使おう。

 ハブのグリスアップん時も使えるんじゃねーかな。

 ちなみに、ドラッグストアでは「赤ちゃんのおむつ取り替え用」として売っている奴です(^^;)なんでそういうのを見つけるかな>をれ。

X41 Tabletハードウェア・インプレッション

 …は、他のページでさんざんっぱら書かれているので、省略(^^;)ぉぃ。

 いや、他ページは大概ビジネスユースの視点なので、お絵かきの視点で書いていきましょう。

 やはり本来はプレゼン等で使うのが本筋だとは思うんですけれど、おいらはお絵かきで。勿論お絵かきには東芝のM200とかもっと適したのもあるんですけれど、テキスト作業もあるだろう、せっかくならモバイル性能も評価したい…ということで、トータルバランスでこの機種に至った次第。

 お絵かき中心では別機種とか検討した方がいいですよ?きっと(^^;)。ただ、blog更新とか考えると、X41 Tabletとかの方がバランス的にいいのではないかと。それ抜きにしても「ThinkPad」だしね。

 実際、持ちやすさとか、色々感触はいいですよ。液晶も視野角広くて使いやすいし。一応液晶保護シートを貼りましたが、直接ペンをあてがってもびくともしなさそうだし(基本的にどのタブレットPCもそうなんだけれど)。

 ちょっと不安なのは確かに遅い、HDD。読み込みも遅い…ってのもあるけれど、アクセスに読みにいっているときに操作中のソフトが割り込まれるのか、カーソルがちびっと止まる…ってこともたまに。ただ、気にする頻度…ってほどではないので今のところ気にしてはいませんが。

 でも、多少電力食っても良いから、もう少し回転数早いのが欲しいかも(^^;)作ってくれねぇかな。

 ハード的なネックはそれくらいかな?メモリはそこらへんカバーするように1GB足して、1.5GBになっているし、B5ノートでそれ以上メモリが必要になるってのはよほど特殊な用途くらいしかなさそうだし。


 ちなみに、勿論ペンも付属しているけれど、おいらは以前、ワコムの液晶タブレット用(intuos3系列ではない方)のを入手していたので、主にそれを利用。やっぱペンはある程度、太くないとね。

 また、非タブレットPC用グラフィックソフト用に導入するワコムドライバは、USサイトにある方を使用した方が、2ボタンサイドスイッチの設定とかできて便利。私はそこに「右クリック」と「Ctrl+z」を設定しているので、相当便利にペンオペレーションが運べていると思います。

 なお、タブレット自体の精度というか、感触(?)については、ソフト・インプレッションの方で、ソフトとの相性を含めた形で記します。


 ハード的にはHDDの遅さが目に付くけれど、それ以外はモビリティ重視がうまくバランス良く配合されているな…という気が。無論、もう少し軽くしてもらえればそれに越したことはないけれど、1.9kg程度の割にはしっかり持っていられるのはさすが…ってところか?

 ま、一応サブノートなので、あまり高スペックを期待してもねぇ。


 あ、そういえば別記事で書いたけれど、miniPCIカードで11a/g/bの無線LANを実現している。標準装備は11g/bなんだけれど、家庭内LANは11aで統一しているのよね。親父のPCも11aでつないでいる(^^;)。

 ので、電源投入前にさくっとカード交換。結果、11g/bなminiPCIカードが余っているけれど、誰か要る?4千円くらいで…(^^;)。

2005/11/23

いたたた…

 今日はどこにもでかけず、自転車整備を…と頑張っていたら、妙に気張りすぎたせいか、腰を痛めてしまったっぽい(^^;)。

 なんか根詰めて変な姿勢でチェーンを洗っていたのがマズかったらしい(^^;)どんな姿勢だ。ぎっくり腰に近い痛みが…。いや、あれ程は痛くないが…ちとツラい。

 うーん、もう若くないのね(^^;)ぉぃ。

 椅子に座っても、寝ころんでなんかしっくりこないので、他の作業もあまり進まなかった。とほほ…。

暴走

05112301 …我慢できませんでした(^^;)。

 いや…、

・せっかくのタブレットPCというコンセプトを活かした使用をしていない俺
・扱いにくいPC-VA93J/GL
・外付けタブレットをつなぐのが面倒くさくなり、結果、2Dな絵を描いていない

 等々、鬱憤も溜まっていたので、「まともにタブレットPCを使いたい!」…となると、どーしても…(^^;)。おかしいなぁ…、金無いはずなのになぁ…(^^;)魔法のカードです。

 ちなみに、購入前に調べてみると、スペック的には実は最近の機種の中ではあまり秀でた存在ではないです>X41 Tablet。同じようなコンセプトの機種なのに、DDがもっと速いのもありますし。

 ただ、バッテリー駆動時間が長い(屋外以外にも、家の中でケーブルに煩わされないところで扱うことも多い。また、モバイルPCとしての役割もあっての選定なので)、重くても持ちやすいポジション・オプション(キャリーバッグ)がある、タブレット部が秀逸(後述)、今、安い等々の理由によりこれになりました。

 今後「タブレットPC」がスタンダードになるならともかく、まだまだマイナーな存在として続くならば、オプションの在庫を考えると、X40/41の一部のオプションも流用できたり、まぁIBMとしての評価ですが、消耗品も長く扱われる、ドライバサポートとかも長い…ってことを考えれば、妥当な選択ではないでしょうか。

 そしてちょうどハイパーファクトリーでの販売額が、X41 Tabletのマイナーバージョンアップがあったためか、旧モデルが結構安く、在庫が無くなる前に…ってことで。でもまだ在庫も潤沢にあるみたいで、意外ともう少し値が下がりそうな気がしないでもないですが(^^;)。

 本体の他には増設メモリ、1GB。色々Adobeのソフトとかもぶっこみますからねぇ。HDDが遅い分、メモリで頑張ってもらわないと。

 あと専用キャリングケースにAliasSketchBookPro2.0。で、分割払い(^^;)。別の店(若松)では11a/g/b対応miniPCIカードも買って、我が家庭内LANの11aにあっさり対応させています。

 ちなみに購入時に「第三世代タブレットPC」と言われた。マイナーな存在ではあったものの、地道な改良が加えられ、第三世代になって結構「まとも」な機材として成り立っているのではないかと思います。

 例えばタブレット部。旧世代では「よれ」といわれる「お絵かきマシン」としては致命的な弱点があったりしたのだが、さすがに今回の世代では、そういう現象は見られない。

 逆にそういうパーツとしての不備があったため、IBMとしてもThinkPadとしてタブレットPCをすぐに出せなかったんじゃないかな?ThinkPadブランドとしての品質を第三世代でやっと出せるようになった。だから出した。そしたらたまたまレノボに切り替わった直後だった。

「レノボになったからタブレットPCを出した」ってことではないと思う。そもそもIBM時代だって製品化されないまでも、色々なものを作っていたみたいだし(クルーソ装備のThinkPad試作品もあったよーな…、確か。あ、WinCEなThinkPadか(TPの冠はついてなかったんだっけ?))。

 …っていうか、そもそもバタフライみたいなキワモノだってあったんだから、タブレットPCくらいはおとなしいものかと(^^;)。

 ま、それ以前に「X40シリーズはThinkPadとしてどーよ」という意見もあるみたいですが(^^;)。

 ともかく、他のメーカーからもほぼ時期を同じくしてタブレットPC新機種が出てきたあたり、特定のメーカーのみの偶発的なマーケティングではない…と思うんですが。まぁそんな話はどーでもいいか。

 そもそもおいらとしては「タブレットPC」がそんな悪い規格だと思ってないので、なぜそれが毛嫌いされるか理解できないんだけれどね。基本的に「ハードとしてタブレットが一体になった(くっついた)だけ」で、あとはソフトでそれを活かすものが添付されている…ってだけのこと。普通にPCとして使うのにも問題はないし、+αがなんでいけないかがわからない。

 勿論、「ハードが増えた分、高額」と「ピュアタブレットなど、汎用性を犠牲にして特定用途に特化した筐体も多く、そればかり目立っている」というマイナス要素もわかるにはわかる。あと前述した「よれ」とか、「新しいコンセプトのハードなので、まだ熟成されてない」ってのもあるだろう。第一、初期の頃はPhotoShopすら操作できなかったからなぁ(^^;)。

 そういう意味では「今まで」認知されていなかったのはわかる。ただ、第三世代からは違う…というのが感じられるし、だからこそおいらも新品で購入してみた。

 まぁおいらの場合はメディアグラフ10という、懐かしい人には懐かしいPC-9801用タブレットからX68のタブレット等々、ずーっとタブレットに慣れ親しんできたから、あまり違和感感じないからかもしれないけれど。そういう自分の感覚を押しつけちゃぁいかんか(^^;)。

 でも便利だと思うんだけれどな>コンパチブル・タブレットPC。…以前は「ピュアタブレットがタブレットPCの醍醐味じゃー!」…とか言っていた気もするが(^^;)ショートカットキーが使えなくて大分辟易したらしい。

 blog更新とか面白そうな気もするが…>コンパチ。

 あとは「ふつー、SXGA+」って液晶で全種出てくれると嬉しいのだが(^^;)まぁM200があるか…。


 ま、ハードのファーストインプレッション、また、ソフトを乗せた上でのインプレッション等はまた別記事で。


 そんなわけで、PC-VA93J/GLを手放そうと思っているんだけれど、誰か要る?(^^;)さんざんっぱら文句ぶーたれた後でなんだけど

 お絵かき板用には十分使えると思うですよ。

2005/11/22

近況報告集

 日記のネタとして一記事にするには地味すぎる(?)ネタをいくつか。

 

 またブロンプトンのスポークが折れたっす。それも一度交換しているスポーク(目印を付けてあった)。原因がまったく不明。

 一番可能性のある容疑者が「駐輪場」で、最近有料駐車場で鉄のレールに乗せてタイヤをロックするのがあるじゃないですか。あれってタイヤをはさみこんでいるガイドになっているけれど、そのフチが自転車が傾くとスポークに当たって負荷がかかっているんじゃないかと…。

 ブロの後輪はインター8が入っている分、スポークが短く、一カ所に力がかかると普通の長さのスポークよりも影響が強いのではないかと。

 ただ、そういう力はそもそも前輪の方に力が加わるわけだし、疑いはじめてからそういう駐輪は避けていたので、駐輪場で関係ないところでスポークが折れた以上、その容疑も晴れてしまった。

 ともかく、次の祝日にでも直さないとならないが、本当に原因不明なところがはがゆい…。

 

 スゴ録の予約リストのタイトルが表示されない件。SONYを訴えようかな…と2.5%ほど考えていた(残りは買い換え。最近の機能向上は目を見張る…が、アナログ→デジタル過渡期とか、家がケーブルテレビとかいうあたり、まだ踏ん切りが付かない)ところで、偶然に直ってしまった。

 実はある日操作中、ハングしてしまい、電源ケーブルを引っこ抜いてしまった。で、再起動させたところ…番組表を新しく読み込んだ時点で表示不具合が直ってしまった。

 …何故?

 一応他の環境設定は変わっていないので、工場出荷状態に戻った…ってわけでもないしだろうし…。ともかくも偶然の産物なので、同じ現象で悩んでいる方が真似されても、保証しませんので念のため。

 …しかし、本来の使用方法が復活するとわかるんだけれど…、やっぱHDDレコーダは便利やね(^^;)。

 

 BSMにスタンドを付けた。軽いヤツにしてもらって、1,000円程度のもの。こそっと駐輪する程度なら問題ないが、荷物を載せたまま駐輪することは出来ない。

 今のところそういうケースというのは無いが、将来的にはそれではおっつかない場合も考えられるので、付け替え用のセンタースタンドも検討しておこうかな…という気も。

 

 T40シリーズの日本語キーボードを若松通商で発見。即購入。普段はIBMだかレノボに電話して、面倒な発注しないと手に入らなかったので、若松でさくっと買えるのは簡単で助かる。

 そういえば以前にキーボードを買ったのはIBMからレノボに扱いが変わる時期だったので…4月の終わりか、今年の。別段今使っているキーボードのタッチは悪くはないが、キートップがてかってかなのよね(^^;)。あまり見栄え的に…。

 使用上は問題ないので、もう少し使って、適当なところで交換すっか…。

 

 職場の人が異動になるので、お別れにケーキを送るというかなんというか。

 で、あり合わせのものを送っても面白くないので、なにかオリジナル性のあるケーキを…ってことで職場近くのケーキ屋に相談に行ったら、似顔絵とか原画あるなら、それをデコレーション出来る…とのこと。

 おおそれだ!

 ただ、手書きらしい。チョコレートとかで線を引くらしく、写実的だったり、線画細かかったりすると再現できないとか。

 が、おいらの似顔絵イラストは、リアルに描くこともあるけれど、等身を下げたデフォルメキャラクターで描くこともあるので、それなら線が少ない。

 実際原画を作成して見せたところ、問題ないとのこと。着色もしてくれるとのことで、3日くらいで作成してもらった。

 結果、結構な出来で、よかったよかった。もう少し違うレイアウトとか想像していたのだが、やはりプロが使うときちんとまとまってデコレーションされている。やはり餅は餅屋か。…いや、ケーキ屋か(^^;)。

 キャラになった人にも気に入られたようでよかったよかった。ケーキ自体も美味しく、次に異動される方(決まってはいないが)も、このケーキで…ってことで決定。

 …でも俺が異動することになったら、自分で手配すんのか?(^^;)

2005/11/21

いよいよコミケ復活か…

 …という話なのに、なぜかジャンルは自転車…。

 いや、まだ3DCGに注力していて、漫画な同人誌とか作る気は無いんですけれど、例の「自転車新聞を製本しろよ」という話が出てきていて、「でもおいらのことだから、写真中心のそれを製本するならフルカラーじゃないと気が済まないし、だったら1冊2千円くらいになっちまうぞ」と言ったら、「それでもいい!買うから!」と言い出す始末。

 でもそんな数人のためにいちいち製本…というか、オフセというか、そういうちゃんとした装丁をしていられるか?大体50冊単位とかでないと、印刷とか製本とかしてらんないし…と言ったら「コミケとかで売ればいいじゃん」とのこと。写真とか出ていてもいいらしい(NebulaさんとかNashさんもいい?(^^;))。

 …あ、そう。…うーん(--;)。

 一応「自転車新聞」と銘打ってきたそれは、そこに登場する本人以外にもそれなりに評価されていると思う。一応3号まで作ったし、4号は現在製作中(なかなか進まないが)。ネタとしては5号まである。

 それをまとめるとか?

 まぁ作るとしたらポプルスのまるまるフルカラーコースとかになると思うのだが、そちらで調べてみると、フルカラー・24Pくらいなら1冊1,500円くらいの値になるらしい。…うーん、どうだろう?写真集ではなく、輪行紹介のムック…という形になるのだが、フルカラーとはいえ、24Pで1,500円のそれって売れるのだろうか?完売は無理にしても、関係者にしか引き取られないってのは悲しすぎるぞ(^^;)。半分くらいはなんとかなってくんねーと…。

 で、作るなら、コンセプトをしっかりしないと、手に取る人にメッセージ製が伝わらないと思うし、そういうしっかしたものでないと買う人もいないだろう。

 そーすっと、輪行とか、離島の旅とか紹介しているんだから、それを通じて、自転車乗りが非自転車乗りに対し、「こういう、“走り”を追求するだけじゃない乗り方もあるんだぞ」と説得する(?)材料的なコンセプト…というのはどうだろう?

 自転車乗りが自転車乗りでない人たちに自転車の乗り方の一つとして紹介する本。

 …となると、コミケってのがまず間違っているような(^^;)。でも他でどーやって売れっつーねん?

 …俺の久々の同人誌の明日はどっちだ?(^^;)

2005/11/20

機能性肌着を買わなければ…

 これからどんどん寒くなる昨今、衣服もそれに合わせないと。特に自転車に乗るなら、風を受けるんだから、街中歩くよりももっと気をつけなぁ…。

 しかし考えてみれば、昨年の真冬も自転車でがっつんがっつん走っていたんだから(でもBSMの今は、どこでもブロのそのころと違うよなぁ…)、そん時のような服装をすればいいかなー…と思うんだけれど…どんな服装だったっけ?(^^;)ぉぃ

 …えーと、ああそうだ、機能性肌着で、発汗によって得た水分で熱を起こすってあれだ。えーと、どこにしまったっけか…。

 ちなみに今はこの夏で色々買い集めたBodyTechをまだそのまま使ってまふ。汗をかいてもべとつかない…というのがその理由ですが、これが昨今裏目に。確かにベトつかないのですが、汗の水分自体はウェアに残り、これが外気と触れると冷却され、体温も奪われるという、効果有りすぎな事象が発生。

 特にインディアン…、築地の走行の帰りにその減少が顕著に表れ、結構厚着していたのに…、いや、だから汗が出て逆にそれで体が冷えて、エラい目に…。

 うーん、今後、寒いときの自転車走行ではBodyTechはヤメよう。ただ、下半身用のスパッツはかなり感じよかったので(動きまくる脚の熱がそばから放熱されていく)、もう少し履いてみようかな。

 で、上半身は発汗→熱の肌着。実は築地ん時に秋葉原寄って、なんとかっていう登山用品店でそういう機能性肌着が山ほどそろい、Nebulaさんも購入していたんだけれど、一緒に購入しておけばよかったなぁ…。まぁ、ある事情で買えなかったんだけれども。

 それは暑いところでは汗を吸ってベトつかず、寒いところでは汗で熱を発する…って寒暑両用のヤツ。おいらが持っていたのはたしかグンゼ製で、発熱のみだったような…。そういえば価格もその分、段違いだったな。

 自転車乗っていると、同じ日に暑かったり寒かったり、環境の変化も著しいから、そういう高機能の方が良かったかもしれない。あとで買っておこうかな。

 …Nebulaさんの試着・機能検証レポートがあがってから(^^;)ぉぃ。

2005/11/19

築地の旅のハズが、大阪の旅(仮想)

 今日はちっと築地に行ってきました。

 ティファニーで朝食を…じゃないけれど、ポタリング際、いつもNashさん家から遠いところのポタリング等になっているので、たまにはNashさんに有利な地を目標に…ってことで「築地で朝食を」相成った次第。

 ちなみにおそらくこれで一番遠地になったのがおいら。まぁブロンプトンで輪行で行こうかと思ったんだけれども、考えてみれば週一40kmのアレもあるし、BSMで行くことにした次第。

 幸いにも、目標があるとスピードを出せ、タイムが段々縮まっている昨今、こないだは大体同じ所に1時間45分で行っていることもあり、1時間30分を狙い、集合時間から差し引いてその時間の出立を設定。

 …って、本当は寝坊したんだけれど(^^;)。9時現地集合だったから、6時には起きようと思ったんだけれど、目は開いたものの、体が動かなくて…(^^;)。

 それで頑張って走ってみましたが…、さすがに1時間30分はちょっと(^^;)。10分くらいの遅刻をしてしまいましたが、一応速くはなっているみたいで(^^;)ぉぃ。お待たせしてすみませんでしたー(^^;)。

 まぁでもこの時間の築地は活気があって良いですね。いつもは午前か午後かーっ!?ってあたりに来ていたので、店じまいしているところも多く…。もっとも、本当に活気のあるのはセリが行われているもっと前の時間帯だと思いますが。

 でも観光客も入ってくるこの時間帯も、結構人が多いんじゃないかな。めぼしい寿司屋の前には列が出来ていたし。以前おいらやYuNKさん達と「列が少ない」という理由で並んだ仲屋も、大泉さんの紹介の影響か、隣の店が列で客が入らなくなって文句付ける程の盛況になっていました。恐るべし、大泉効果(^^;)。

 ま、ここは築地初体験というNashさんに入りたい店を選んでもらいましょー!…とお願いしたら、気がついたら中華料理屋に入っていました(^^;)。なぜ?まぁ個人的には築地では何度か食事しているので、ここであえて地元の人しか入らなさそうなお店(実際、そういう客層)で面白かったのですが、初めての築地で中華料理でよろしいんでしょうか?

 しかも食べているの、チキンカツカレーだし(^^;)中華じゃねーじゃん。面白い人だ…。

 ちなみに私は軽めに(?)チャーハン。写真は無し(^^;)。…うーんでも今度Nashさんと一緒に行くときは、築地らしい店にひっぱりこもう、うん(^^;)。

 で、この後は「玉ひで」だったでしょうか?親子丼のお店に行こう…ということだったのですが、事前情報によるとこの店は相当な人気店。ランチの親子丼は特に超人気で、ランチ開始の11時半に行ったら、まず食えないという長蛇の列があるらしい。…最近、長蛇の列に縁があるな。

 そんなわけである程度は早く行って並んでおこうかということだったものの、食後の築地巡りに結構時間がかかり、残念ながら今回は断念。まぁあまりにその親子丼が美味すぎて虜になるようなものだったら、今後ことあるごとにその列を並ぶような人生になってしまうので、ある意味そういう拘束を逃れられたのは不幸中の幸いか(^^;)ぉぃ

 まぁでも、豆腐一気飲み(液状豆腐)とか、卵焼き挑戦とかしてれば、自然と時間ツブれるわなぁ(^^;)。

 それにしても築地には色々なものが売っているな。その後、どこそこ寄る…とかなければ、色々買ってしまいたいところだ。

 逆に言えば(?)、築地に近い、あるいはおいらん家よりも近い誰かん家で料理するために、築地で買い物をして、即そいつん家で料理…ってこともしてみたいのだが、誰か協力してくんねぇ?(^^;)ちなみに魚料理はしたことないっすぉぃ

 それはともかく、もう少し腹ごなししてから昼食に移りたい…ってことで、とりあえず日本橋に出来たというローロという自転車屋(の支店?)に向かうことに。

 そこはNashさんが自前のPDAナビゲーションで道案内してくれる…ということなので、任せたら…迷う迷う(^^;)。面白いように指示が二転三転。

 悩んだ結果の築地の中華料理とか、ナビがあるのに右往左往とか(ビルの谷間なので電波が受信できなかったのかもしれないが(その後アンテナ買ってたし))、インパクトのあるポタリングをしてくれる…。

 こっそりNebulaさんと「“ミスター・ポタリング”と呼んでしまおうか」という話になっています(^^;)。もうワン・エピソードでニックネームが確定してしまう瀬戸際ですので、是非もう一回伝説を作ってください(^^;)ぉぃ。

 ええ、当然略して「ミスター」と呼びます(^^;)。

 ともあれ、ローロ日本橋も見つかって、色々物色。かっちょいい自転車が色々あったなぁ…。ちょっと惹かれるハンドルバーもあったんだけれど、もう少し自分でそういうのをいじれるようになってから…ということで、今回は自重。

 さて、そんなこんなでいよいよ昼食。さてどうしますか…ってところで今度はNebulaさんが「大阪のインディアン・カレーが東京で食える」ところを知っている…ということで、東京駅付近に移動。なんとかという最近出来たオフィスビルの地下に行くと、やや列の出来ているそのカレー屋を発見。早速食してみることに。

05111901
 まぁ、カレーといっても結局はカレーなんだから、カレーなんだろう…と、よくわからないタカをくくって出されたそのカレーを一口食った瞬間…、

 なんじゃこりゃ!?

 と驚愕の味。今まで食ったカレーのどのジャンルにも属さない、しかし魅惑の味がこの口の中に!!

 いや、美味かったっす。もう東京駅の定番食事処が決まってしまいました。列が出来ていても並びます。まぁカレーなんで、回転早いだろうからそんな苦労はしないと思うけれど、このカレーを食ったことがない人は一度行ってみるべし!

 おいらは卵を入れなかったことを後悔した!そして後乗せできるということを完食するまで教えてくれなかったNebulaさんを恨んだ!(^^;)ぉぃここのカレーは卵必須だ!きっともっと美味しくなるに違いない!

 大阪では普通に食えるらしい(?)が…、東京ではここのみ。そしてまだ一度も体験してない人は、絶対行ってみるべし!どんな味かは、あえて書かない。でも、間違いなく美味いから!

 ちなみに…「スパゲティよりも米」らしいです、はい(^^;)。

 あとは…適当に秋葉原でお買い物(^^;)。まぁ私もちょこっと買いましたが、そこらへんはまた後日。

 で、適度に暗くなってきたので、おいら自身はそこで離脱させていただきました。うーん、なんか今日は「インディアン」に全部持ってかれたなー…。

 おそるべし、大阪…。笑いだけでなく、食も全部持っていく気か…。


 …えーと、結局浅草には行かなかったので、次回の「Nashさんに有利なポタリング」は浅草に…。今度はブロで行って、浅草・業平付近で色々…って線で行きますか。シナリオ作って、ある程度予定に沿って(^^;)いきあたりばったりでなく。

2005/11/18

久しぶりにラーメン話

 週末は自転車で走りまくったり運動しているせいか、それなりにやせてきたおいら。食生活に「週にラーメン一つまで(カロリー表示のあるインスタントラーメンを除く)」という制約も設けているのもそれなりに効果があると思われ。

 逆に言えば、最近あまりラーメンを食っていない。

 まぁこれまでは暑かったから…ということもあるので、これからは多少消費時期に移行…ってことで。

 だからというわけでもないが、最近足を向けていなかった小金井ラーメン街道に行ってみると、新しい店が出来ていた。

 中大附属高校前の「浮浪雲」がそれで、ほとんど「たちばな屋」の隣。ペットショップがあったところ。そのせいか、なんか愛犬家向けのメッセージが書かれていた気がするが、バイクとかが邪魔でよう読めなかった(^^;)。犬に分けるスープがどーのとか書かれていた気がするが…。うーん(^^;)。

 で、実際一番スタンダードなラーメンを食べてみたが、なんかようわからん味だった。ジャンル的に不明…という意味で、店員に聞いてみると「家系ラーメン」ということらしい。

 ラーメン、ラーメンと言っている割には、実はそういう店系列とか、のれん分けとか、元祖とかまったくもって薄いおいらとしては、横浜発祥のそれとか言われても全然ピンと来なかったり。強いて言うなら「醤油とんこつ」ということらしいが、それよりはかなりあっさりしている。

 …で、美味いのかどーなんだ?…と言われると、美味い。最初、舌が相当迷ったが、結構美味い。脂ののった鴨南蛮のつゆをラーメンスープにした…って感じ。的を得ていない例えなのは自分でもわかっているが、イメージした個人的感想…ってことで、ご了解いただきたい。

 個人的にはもう少し油少なめでもいい気がするのだが、そこらへんの成分調整はしてくれるようなので、次回はそう注文したい。

 ちなみに、ニンニクとかコショウとか置いてあるのはフツーとして、おろし生姜まであったのは珍しい。しかしこれをスープに入れると、独特の臭みがなくなるのが面白い。食べている内にスープに飽きたら酢の替わりに入れてみるといいかも。勿論入れすぎると逆に生姜臭くなるので注意のこと。

 あと、サイドメニューで「キャベチャー」と「まかない飯」がある。

 「キャベチャー」はキャベツとチャーシューを刻んだものを独自のタレで混ぜ込んだもので、さくっと作ってさっと出してくれるので、ラーメンが出てくるまでのつまみとしてもちょうど良い。

 「まかない飯」は油揚げと大根を鰹だしで一緒に炊いた炊き込みご飯。これもまた軽い味付けで、意外にラーメンと合ったりして。

 まぁそんなわけで、また新しい通い店が出来たような気が(^^;)ローテーションでおそらく再来訪するのは1ヶ月後とかになると思うが。次は魚介類の成分を強くした「浮浪雲ラーメン」か、オリジナルな「塩ラーメン」か頼んでみるか…。

 ちなみに金曜日定休(祝日の場合は木曜)。

忘却王

 ともかくおいらは、物忘れが激しい。

 それなりに記憶力は、偏っているとはいえ、多少はあるとは思う。実際、「スーパーデリシャス遊星ゴールデンスペシャルリザーブゴージャスアフターケアーキッド28号」なんて名前をそらで書いたりもできる(検索とかしてねぇよ?)。

 ただ、それは義務教育や、勉学には働かなかったし、勿論仕事にも活きないぉぃ。なぜか趣味の分野でも発揮できず、ただ、「あ、あれって○○だったね」「え?なんでおまえ、そんなん覚えているんだ!?」とたまーに人を驚かす程度に使われている。

 ただ、それと「物忘れ」とは別の次元だったりする。ここで「物忘れ」の定義は、「覚えているけれど、それを思い出せていない」ことをいう…としよう。

 ともかく最近痛感したのは、「麦」で土曜に買ったパンを自宅に持って帰り、以降職場に持っていくのを忘れ続け、水曜にやっと渡せたことだ。月曜、火曜、ひたすら忘れ続けた。

 実は、同様のことは毎回している。月一(10月は雨続きでなかったが)くらいの頻度で職場の生まれたてのヒナども(人間)に「麦」のパンを持っていく予定ではいるのだが、大概忘れる。

 忘れるのはいつものことなので、通勤鞄の横に見えるように置くようにしている。

 …のに、忘れる。

 ともかく、視界に入っていても、いつもの行動パターン外のことは頭に届かないらしい。

 以前、職場で翌日やることを忘れないように…と付箋紙にメモし、一番目立つところ、モニターのど真ん中に貼って帰宅したことがあったが、翌日、半日くらいその付箋紙に気づかないことがあった。

 勿論そのモニターを使用して…の話。

 まぁおいらは職場で同じ机の上に3つくらいモニターが並んでいるので、デカい付箋紙でも占有率が低くなってしまう…ってことがあるんだけれど、それでも無意識的にその付箋紙を避ける形で「窓」を配置していたのには自分でもびっくりした。

 「邪魔だなー」とか思いながらその邪魔なものがなんであるか…とか、どうも考えなかったらしい。

 パンに話を戻せば、忘れないように鞄の横に目立つように置いていても、「さぁ出かけよう」といういつもの出勤行動パターンの中に「パンを持って出る」というタスクがないため、一連の動作の中にどうしても組み込めず、毎度持って出られないわけだ。いくら行動前に「パンを、パンを」と思っていても、一連行動パターンに入ると、気がつかないうちに無意識になっているっぽい。

 そもそも意識できれば忘れないわけで、水曜にはもう行動前から「パンを持って出る!」と指さし確認、連呼で動き始めた。

 さすがに口に出して動いていると忘れないものだが、朝方ひとり、部屋の中でぶつぶつ…どころじゃない、「パンを…!」と連呼している姿はいかがなものか…とは、やってる最中からこの記事を書いている最中、おそらくその後まで考え続けるとは思うのだが…。

 ただ、これで済まないのがさすがの私。

 連呼確認で忘れ物無し…と思った。鞄、いつもの通勤スタイル、自転車及びカゴ、そしてパン。家を出てさぁ出勤だ、と自転車にまたがった瞬間に感じる違和感。

 なにかと思ったらズボンの裾を駐めるベルトを忘れた。

 毎日の出勤行動パターンの中に、裾ベルトをつける動作は組み込まれている。たまに前日、ベルトをべつのところにしまってしまい、見つからない…ってことはあったんだけれども、基本的には社員証を忘れる頻度よりもベルトを忘れる頻度は少ない(社員証も前日帰るときに通勤鞄に入れるから忘れないだけであって、鞄を替えたり、前日に鞄を別の目的で使うために中身を入れ替えていたりすると、100%に近い確率で忘れ「続け」る)。

 それに第一、実はパンの連呼の際、「新しい行動パターンを組み込んだから、おいらのことだし、何か一つ忘れそうだ。用心しないと…」と注意はしていたのにかかわらず、このていたらく。さすがは、俺。

 まぁ、通勤自転車はブロンプトンなので、リングガードもついているし、そもそもGパンなのでそのままでも実は問題ないので(でも結局リングに当たったりして嫌な感触が残るので、つけておきたい)、そのまま出発したが、用心していたのにやはり忘れてしまった…というショックは強い。

 「なにか新しいことをやるときは、別の何かを忘れる」…ってことっぽいが、むしろ「必ず何か一つ以上を忘れる」って言い方の方があっている気がする…。

 なので、最近の対策で考えているのが、「余計なものを持っていくようにする」だ。そうすると余計なものを忘れる分、大切なものを忘れる確率が低くなると言う…(^^;)。まぁ、そういう対策自体、時折忘れるのだが…(^^;)。


 ともかく、おいらはどんなに用心していても忘れるもんは忘れるので、できれば周りの人もそれ前提でおつきあいいただきたい(^^;)ぉぃぉぃ。

 周りからすれば「忘れない努力をしろよ」とか言われると思うのだが、努力で改善するくらいだったら、とっくにしている…と。

 メモになる手帳も毎年買ったり、ボイスメモとかPDAとかなんで持っていたか…というと、メインは日記ネタだけれども、仕事の防備録にも使ったりしたり。

 ただ、「メモをする」という行為自体を忘れたり、そもそも「メモを取った」ってことを忘れるし、第一「メモを見る」ってことに気がつかないことが多く、とにもかくにもそういうメモを取る機材を持つこと自体を忘れてしまうので、飽きてしまう…というのとは別の次元で続かなかったりする。

 未だに携帯を持って出かけるということが身に付かない男ですから(^^;)財布すら忘れることがある。

 まぁさすがに財布はズボンに入れっぱなしにすれば忘れることはなさそう…だが、ズボンを履き替えると50%に近い確率でダメだね(^^;)。

 携帯は入れっぱなしにしておきたいところだが、目覚ましにも使っているからなぁ…。

 

 さすがにこういう自分に危機感を感じてはいるのだが、今のところどう対処しても実効性がない。そもそもその対処を忘れるし(^^;)。

 で、せめて…ってことで一応「川島教授のDS脳のトレーニング」をやりはじめてみた。脳の活性化方向で記憶部分をどーにかしたい…と思うのだが、そもそも「思い出さなければならないタイミングで、思い出さなければならない」って訓練は含まれていないような…。

2005/11/17

Macromedia Studio 8を入手

 秋葉原に行かない理由が、PCやコミック等の買い物はすべて新宿か立川で済ませていることが挙げられる。金額変わらないし、だったら交通費がかからない方で…ってことになるのは当たり前。

 そんなわけで、Macromedia Studio 8アップグレードも立川で買ってみたり。いや、待ちきれませんでした(^^;)…赤字だ。

 まぁのんびりと習得していきます。主目的はホームページリニューアルなんだけれど、当面無理そう(^^;)。いいリニューアル案…というか、図案が思いつかない(^^;)。それ以前に今3DCGの方がノリノリなんで、気が回らなくて…。

 でもblogは頻繁に更新できるあたり、やっぱblogっていいシステムのような気が…(^^;)。入力環境がまだ改善の余地有り…って感じなので(オフライン入力とか、写真貼り付けとか)、Dreamweaverもblog更新機能とかあればいいのに…。


 …とか思っていたら、ホームページビルダー10の方が、ブログ記事の投稿、編集機能を搭載してきやがった。

 …あー、でもなるほど。ユーザー層から考えると妥当な気がする。

 いや、一応今もubicast Bloggerがあるけれど。一応便利に使っているが、なんかいまいちタダで使ってて良いソフトなんなのか、ようわからん…ってあたりで妙な不安を抱いていたりする(^^;)。ちょっと不安定な部分もあるし(更新できないことがあるのだが、Webサイト側の問題ということも考えられるので、ようわからん…という曖昧な部分もアレなんだけれど(^^;))、そういう意味ではIBM製のソフトは安心できるな(^^;)ホントかよ。

 でも以前、ホームページビルダーつったら、大量のテキストを編集して保存すると、一部欠損して保存されて、えっらく痛い目にあったことがあったんで使うのやめたんだけれど(^^;)。あれはもう大丈夫なのだろうか?今はあまりそういう用途はないけれど…。


 あと、Macromedia Studio 8の使い道はFlashくらいか。これはまだ先だなぁ。あ、でも動画用途で考えていたけれど、静止画でも使えばいいだけの話か。

 FlashPaperってのもあるのね。「WordのファイルをAcrobatにする」のと同じ感覚でFlashにしてくれるらしい。んー、ビジネスドキュメントをFlashにする必要ってあるのかしらん?(^^;)あればあったで面白そうだけど。

 あと、Contributeの使い方イメージがいまいちわからん。うーん、FTPも裏で動くぞー…ってことなのか?

 ともあれ、マニュアル本とか出ていただかないと。でも各MX2004しかまだ無いみたい。…とほほ。

2005/11/16

暖かく走れ

 そういえば最近走っていて気がついたが、…寒い(^^;)。

 いや、当たり前の話なのだが、自転車で寒いのもツラい…ということがよくわかった。どういうことか、解説しよう!


 自分としては、有酸素運動を目指している。

 一部には「有酸素運動でダイエット目指しているかもしれないけれど、無酸素運動だって脂肪を燃焼することが最近わかっているので、こだわらない方がいい」とか言われたこともあるが、一定のペースで長時間運動できる…という意味でそれを目指していると理解いただきたい。

 …その方が長時間運動で、より脂肪を燃やせるだろうし(^^;)結局ダイエットかい。

 まぁでもほら、ツラいよりはツラくない方で長続きした方がいいでしょ?

 そんなわけで、走り出しゆっくり、ちょっと時々無酸素運動で走って心拍数を上げ、体を温めてから有酸素運動で長時間はしれるようなペースに持っていく…イメージで走っている…つもり(^^;)。これを自分としては「エンジンがかかった」と表現している。

 最近の走行では結構走り出し2~30分で「エンジンがかかっ」て、結構楽に、25km/hとか走れるようになったと思っている。

 ただ、こないだの走行ん時は、全然エンジンがかからなかった。向かい風で抵抗が大きすぎた…という点が一番だと思うが、それとともに「寒かった」というのも挙げられる気がする。

 「エンジンがかかる」というのは勿論例えだが、「体が温まる」というのは言葉通りのものでもある。運動して体を温めて、筋肉を調子に乗せるというか何というか、そのための一要素が体温なのだが、それがはたから奪われていく…という感じ。

 せめて保温等々でどーにかせねば…という気もしているのだが、今後は発汗保温素材とかなんとかみたいなのも含め、色々考えないといけないのかも。


 あ、あともう一つ、「目標」もしくは「併走者」…ってのもペース維持に欠かせない要素のような気がしてきた。こないだは目標無し(一応「麦」というゴールはあったが、タイムリミットもなかったし、そこでなきゃいけないみたいな緊迫感も無かったし…(^^;))だったため、だらだら感がペースを阻害していたような気も。

 もっとがっつんがっつん走らなぁな~。

作品を売るだけでなく、人材も売りにする?

 「ALWAYS 三丁目の夕日」が好調らしい。

 あの映画の監督といえば「ジュブナイル」とか「リターナー」とか、キャラクターにリアリティが無いくせに、妙に充実している生活感のせいでストーリーに奇抜さが無くなる…という、非日常を狙うSFにあるまじきマイナス点のある人だったが、今回は逆にそれを活かした映画…ということになる。

 …というか、SFXといえばSF…という、そういう題材しか許されなかった制作者の偏見の被害者…という考え方も出来ると思う。

 ただ、幸いにも時代が進むにつれ、SFXも特殊効果の他に「大道具の一部」としても認識されてきたようで、今回の物語のように「SFXで非日常を見せる」のではなく「SFXで(失われた)日常を見せる」のも普通のこととして認識され始めたらしい。

 …となると、そのSFXの上で「生活感を出しまくる」監督としては、独断場って気がするので見てみたい気がするのだな。うん。

 ただ、別にあの監督だから…というのではなく、日本映画のSFXって、妙に「非日常のためのSFX」ではなく「日常のためのSFX」ってのが上手いところに思えるのだがどうだろう?

 「ヒノキオ」だっけ?あれもロボットという非日常的なアイテムだったけれど、それを日常の中に自然にとけ込ませるのに異様に成功していたと聞いているし(見ろよ>をれ(^^;)見たかったんだけどなー)、ハリウッドの大作にでてくる大がかりなSFXもいいけれど、きちんと世界観をくみ上げるという意味だったら、日本的なそれも相当重要なテクニックなんじゃねーかな。

 そういう意味ではある程度世界に通用する技術だったりしないのかな?日本のスタジオが外国映画の一部下請けをする…とか。費用・人件費の面であまり無さそうな気もするが、無い話じゃなかったと思う。

 確か「パニック・ルーム」のOPの、文字が街にとけこんでいる…ってアレは、監督が日本のスタッフに発注していた気がする。アメリカにいた日本人クリエーターか、日本のスタジオだったかは忘れたけれど。

 まぁ「アニマトリクス」は特殊な例として、アニメだけでなく、また違う「海外に売る日本の技術」として、その辺も考えた方が良かったりするのか?


 ちなみに、予告だけ見て言う話で申し訳ないが、「ALWAYS」で気に入らない点が一つある。

 役者陣が男女取り混ぜて、当時の日本人っぽくない気がする。

 主演クラスだけだったらまだいいが、脇役陣も総じてそうだと、ちょっとがっくりくるかも。

 なんか…どーも、骨格というか、あご周りが…華奢。これは「All Ways」だけに限らず、昔を舞台にする日本映画全体(一部を除く)に感じることではあるのだが。

 まぁ…慣れればいいのかも(構わないのかも)しれないが…。

インフルエンザを迎え…

 最近、ニュースでこんな話題が多い。

厚生労働省:対策6段階で 新型インフルエンザ行動計画

 インフルエンザ自体は毎年この時期話題に上がる話だけれど、今年に限っては
 「例年になく全世界的に鳥インフルエンザが流行し、この状態だとそこからなんらかの経路・突然変異で新型インフルエンザが発生する可能性が高く、その傾向は過去の例と比較しても顕著」
 という、特別な事情がある…って認識でよいのかしらん?

 なんかいまいち周り(マスコミ以外)の緊張感がないような気が…。ワイドショーに染まったお袋だけはうるせーが(^^;)。


 とりあえず気になるのは

・あらかじめインフルエンザ予防注射とか受けておいた方がいいのか?

・タミフルの副作用は大丈夫か?

 の2点か。いやなのはリンク先にを読めば、おそらく逼迫するであろう治療薬がどうもおいらのところに届くまで、他の優先関係者・患者を満たしてから…ってことになりそうで…。

 あ、いや、患者になれば問題ないのか?

 まぁでもならないのならそれに越したことはないのだから、予防できるならいいんだけれど、そもそも「新型」なんだから、それに対するワクチンだって無いわけなんでしょ?

 タミフルは治療薬であって、予防薬でなかったような気がする。ちっと予防の面で心配しまくりなんですが…。

 …まぁ、かからないうちからしっかりマスクを装着。まず人混みんところにでかけない。人との接触を出来るだけ避ける。手洗い、うがいはこまめに…ってところで多少はどうにかなると思うが。

 ただ、相手が「菌」ではなく、「ウィルス」ってところが問題で、マスクの目が細かくないと。また、うがいがウィルスに対してはあまり効果無いとか聞いたような覚えが…。

 もっとも、インフルエンザも嫌だけど、風邪もいやなので、やめるつもりはないが(^^;)。また、SARS対応マスクだったら、ウィルスも防げるのかな。勿論そういうのがいるようなところに近寄らないのが一番だと思うが。


 また、後者の話だけれど、副作用として「異常行動」というのがあるらしい。それが原因となる死亡例も複数報告されている。

 子供の服用の事例ばかりなので、未発達の脳が影響受けやすい(なんらかの抑制ホルモンの分泌が阻害されるとかあるのだろうか?)とかなんとかあるのかしら?大人には関係ないかもしれないが、ある意味未発達だからなぁ…俺(^^;)ぉぃ。

 副作用として他にないか、服用の仕方に規程があるか、等々、インフルエンザにかかっても用心した方が良さそうだ(?)。


 それにしても気になるのは、

新型インフルエンザに行動計画…出勤停止勧告も

 な、行動計画。上のリンクもそうだったけれど、ヘタすっと「大規模な集会や海外旅行などの自粛を勧告」とあるので、コミケも無くなる可能性が…(^^;)。ただ、もう11月も半ばなので、12月までにそこまでの事態に発展しているかどうかは疑問。…って、コミケの心配の話しても仕方ないのだが(^^;)。

 それよりも気になるのは出勤停止勧告とかだなぁ。別にそれ自体は問題ではないと思う。ホント、かかっている人が外に出ていると、それだけで高リスクなんだけれど、日本人には妙なことに、「病気でも無理して仕事している」のが尊ばれる傾向がある。

 勧告受けたところで、無視して出てきちゃう人が多いような気がするなぁ。そういう人がウィルスまきちらすんだよなぁ…。で、通勤路のような人混みで感染者が増える。自分が生物兵器になって迷惑かけているという自覚がない…。

 そういう人はホント、縛ってでも家に放り込んでおかないと…。

 え、おいら?喜んで家で寝ころんでおります(^^;)勧告とあらば。

2005/11/15

築地~浅草ポタリング…というか、なんというか…

 あー、そうそう。11月19日は築地周辺ポタリング…ってことでよろしいっすか?>誰となく(^^;)

 予定は築地9時集合。場所はこのへん…ってことでいいっすか?この交差点で自転車うろうろしていれば、自然と目に付くし(^^;)。

 で、どっかに駐輪し、適当に朝飯を物色、周囲散策などを。11時にはそこを離れ、浅草方面に移動。昼食などを物色。その際、途中で近辺の自転車ショップを探訪…って線で。かなりいきあたりばったり(^^;)。

 夕方までズレこむようだったら、月島でもんじゃ…ってことになるかもしれないし。これまたいきあたりばったり…ってことで(^^;)いいのかよ。

 一応集合から解散までは原則自転車移動…ってことで。電車乗るところって無いよね?行き帰りは勿論輪行可。

 …ただ、おいらは家からBSMで走っちゃう気がするな(^^;)週一40km…。まぁブロで行く気がないわけでもないので、気分次第で…(^^;)寝坊したら間違いなくブロだなぁ。

 細かい話はコメントでつめていきまショ。

#調べてみたら、なんとなく「寺田商会」と、例の「カレーうどん」が結構近いような気がする…。

今後の自転車の改造予定

 最近の自転車ネタといえば旅の話ばかりで、いわゆるソフト面のネタが多い。

 勿論それはそれで別に問題はないとは思っているし、ハード面のネタが少ないのは単に旅に使用しているBSM-R20が販売時点ですでに完成された車種であって、改造ネタとか全然触れるスキが無いからだ。

 最初の頃に書いたとおり、そもそもR20を選んだのはそういう理由なのでハード面のネタが少ないのはおそらくこれからも同様なので、ご承知おきいただきたい。

 ただ、多少は、する。

 改造つってもスタンド装着くらいだとは思うが(^^;)。ともかくスタンドがないことが結構旅先でのタイムロスというか、不便を強いられる点なので、どーにかしたい。

 純正センタースタンド(?)だと重いわ、仰々しいわでアレなので、出来れば簡単なのがいいなぁ…。

 あとは最近とんと話題に上がってこない割には、毎日しっかり使っているし、休日でも2駅内の距離だったら使用しているブロンプトも、ペダルを交換したい。

 以前話に出た三ヶ島の交換ペダルでBSMとパーツの共通化を図りたい。結構な使用頻度なので、ペダルが傷む前に交換してしまう…というのも念頭にある。

 で、パーツの共通化が図られるならば、三ヶ島のペダルになるが、SPD化も発動する。まずブロを三ヶ島のSPDに交換。交換した瞬間に現在BSMで使用している通常のペダルと交換してしまう(^^;)。で、適当なSPDペダルを見つけるまで、その通常ペダルでブロとBSMを行ったり来たり。

 まぁでもY'sあたりで大体めぼしいシューズは見つけてはいるけれど。時々書いているけれど、おいらの乗車スタイルは「普段着」がテーマなので、あまり「サイクルシューズ」してない靴がいいので、しゃおらどんのシューズと似たようなものになると思う。…ってゆーか、したい。

 …まぁそんなところかな?

 改造というのはなんだかなー…ってアレだけど、あとは予算があればブロのハブダイナモ化とか、BSMのフロント・リクセンカウル装着計画(寺田商会のアレ。BSM用のアダプタはドロップハンドル仕様には装着不可というが、R20も対象か?)とか…多少は…やってみたいところもあるけれど(^^;)。

 あと、GRP(^^;)あるいは「凄い、真の、力」。

 

#…ってなことを考えながらふと検索してみると、BSMでドロップハンドルでも寺田商会のルクセンカウル・アタッチメントを装着している人がいらっしゃいますな。

 surf-blue.1971のブログ内の「BSモールトンにもリクセンカウル」の記事。…うーん、おいらのもいけるかなぁ…。ケーブルの取り回しとかもあるし…、ちょっと和田さんに相談してみようかなぁ(^^;)。

 それにしてもいい感じのカスタマイズだ…>リンク先。あのハンドル周りはいいなぁ…。やっぱBSMももう少しいじってみようかな(^^;)。

 そういえば「ステムを短くする」…ってのを忘れていた。モールトンのサインが入った今のステムは長くて、ツラいのだが、せっかくのサインを外すのはしのびない。…のだが、背骨の悲鳴がもう限界っぽいので…(^^;)限界ってほどでもないが。

アキバ・聞録(聞いただけ…って話(^^;))

 そういえば最近(…つっても、2~3ヶ月だが)、秋葉原に行ってないな…。ちらっとは寄ることあるのだが、ヨドバシをちらっと覗くか、ちっとメシ食って帰るくらいで、行った内に入らない感じで…。

 しかしまぁアキバblogを見てみると…なんか日曜はすっかりコスプレ銀座と化しているようで…(^^;)。バンドがどーのと心配していたのはなんだったのかーっ!警察がしっかり仕事したからかー!?…ってところだとは思うが。

 …逆に、現状のコスプレ銀座…っつーか、コスプレ(歩行者)天国はこのまま続くのか?一応周囲の商店街の宣伝とかが多いみたいだから(関係ないコスプレも混じっているとか?)、バンドよりは地域関連性は高いとは思うけれど、…立ち止まって占有しているようなことをしてなければ…。

 ああ、でもそれは撮影する側の人垣とかの方が問題になるワケか。そういえばバンドん時もえっらく通行しにくかったからなぁ。

 コスプレ側というか、それに群がる側のモラルが今後、問題になってくるワケか…。

 …まぁ、おいらとしては撮る気も無いし、どーでもいいですが(^^;)。


 秋葉原本来の話題とすれば…、ああ、ぷらっとホームの店頭営業が今年いっぱいだというし、そこも覗いておかないとなぁ…。あそこは入力デバイスのめずらしいのがあったりして、直に触れるところとしては貴重だからなぁ。

 いつか電子ペンとかでいいのがあったら買っておきたいと思ったのだが、なかなか…。

 一応、多少、普通に買い物した記憶もあるのだが、一番の想い出はアレだなぁ。いつの正月だったか覚えてないが、…おそらく98年前後だと思うが、何の気無しにぷらっと立ち寄ったときに本田社長(当時)に升酒を勧められ、呑んでみたら若干記憶障害を起こし(^^;)ぉぃ、気がついたらビルの前で、全然買う予定の無かったビデオカードを持っていた…ってことがあったな(^^;)。

 結果的にはメインのビデオカード(確かEDGE 3D(^^;)大笑)障害発生時の緊急カードとして結構活躍してくれたので、買い物としては問題なかったんだけれど(むしろ良かった)、全然想定してなかったのでちょっと…あれは…(^^;)。


 …そういうことを思い出すと、やっぱ秋葉原もたまには通いたくなってくるな(^^;)。

2005/11/14

なぜか今更

 囲碁が気になり始めている(^^;)。

 職場の会話の中でなんとなく、囲碁ってどんなルールなんだろうな?と疑問に思い(将棋は知っている)、「囲碁のルール」で検索してみたら、今時は解説ページがたくさんあるんですな。基礎的な部分はなんとなーくわかってきた。

 考えてみると、将棋よりも駒の種類ははるかに少ないんだから、ルール自体もそんなに難しくはない。ちょっとやってみたい気にもなり始めている。

 そしてこれまたなんというか、時代というか、Web上で出来るゲームもありそうなのな?(まだそのページにジャンプすらしてないのでよく知らない)

 なにか気になったらすぐに調べて、とりあえず多少試せるとは…いい時代だ。

 ただ、ちらっと見た教育テレビの囲碁対決を見ると、なーんか白黒広く散らばっているみたいで、駒の進め方がいまいちピンとこなかったり。…駆け引きなんだろうけれど、逆にとっつきにくい印象が残っちまったなぁ(^^;)。

 まぁ、色彩からオセロと同じ感覚で、中心から打ち始めないと気が済まなくなっているのかも>をれ(^^;)。

 ともあれそのうち、ちろっとやってみるか…、難易度の低いレベルで…。

久しぶりに相撲ネタなど

 残念ながら、当blogイチオシ力士、普天王関が早くも二日目から休場だとか。

 ただ、初日の取り組みをNHKで見ていたけれど、えっらく不自然な姿勢で土俵外にすっとんでいったので、どっか痛めていたんじゃねーかなー…と思っていたから、若干予感はしていたけれど。

 まぁ個人的には、もう一人のイチオシ力士の琴欧州関との対決でどちらを応援すればいいのか悩んでいたので、直接対決が流れて若干ほっとしてますが(^^;)ぉぃ。

 両方応援するよ~。普天王関は自身のblogが続く限り、琴欧州関は明治ブルガリアヨーグルトの懸賞金が続く限り(あと、いつぞやの地元応援団の記憶が残る限り)、両方応援するよ~(^^;)。

 

 …で、どーするよ。今は九州場所だけど、一月になれば両国でやるでしょ?…行く?(^^;)誰となく

 個人的にはA席でもいいから行ってみたい気がするね。頑張って桟敷って手もあるとは思うが。

 大体どこらへん…って予約できればいいんだが…。

2005/11/13

紅葉の渓谷

 昨日は特に予定も金も無かったのですが、週一40kmをこなすために、ちろっとぶらっと走ってきました。特に目的地もなかったのですが、 そういえばここのとろこ全然「麦」のパンとか買ってないので、それくらいは買っておこうかと…。

05111301  で、出かけた先で気づいたんですが、季節はもう秋…。紅葉の季節だったんですねー。 近くの通りが色づいていましたよ。

 紅葉って結構身近では気づかない変化だもんで、気がつくと終わっている…ってパターンもあるので、気をつけないと…。

 そういえば前後のニュースでも「奥多摩湖もちょうど見頃」とかなんとか言っていた気もするし、「麦」だけだんと距離的に面白くないから、 ちょっと足を伸ばしてみよう。

 …と思ったのが澤ノ井近くの「いもうとや」(^^;)。こないだ行ったばっかやーん(^^;)。

 いや、本当は奥多摩に行こうと思ったんだけれど、時間が足りなかった。「麦」に寄る、天乃屋であられを買い込む、 日が沈まないうちに帰る等々条件を挙げてみると、ちょうど「いもうとや」あたりでUターンせざるをえず…。

 10時に起きた、The寝坊…って感じでしたが、それでも普段だったら奥多摩湖はともかく、奥多摩行けてもおかしくないハズ…。 しかし思うようにスピードが出ない…。

 まぁ、なにをもったいつけているかといえば、単に「北風が強くてスピードが出せなかった」ってだけの話ですが(^^;)。

 でも、木枯らし1号ではあったので、結構強くて困りものでした。他のサイクリストも悩まされていたみたいですよ。 帰りのスピードは速かったんですけれどねぇ(^^;)。

05111302  ちなみに途中、久しぶりに並木で昼食。あそこの蕎麦はやっぱ美味いね。時々行こう。うん。

 肝心の「いもうとや」は満員で入れず、ちと残念。

05111303  …っていうか、あそこは紅葉の名所でもあったんですな。綺麗なところでしたねー。 奥多摩湖までわざわざ行かなくて良かったかも(^^;)。

 とはいえこちらも人が多く、先にも書いたとおり飲食店は満員、カメラを持った人々が沢山。まぁ、それほどでもなかったですけれど、 適当に風景を満喫して帰路に。

 ちなみに写真ですけれど、さして撮っていません。F10程度じゃぁさすがに紅葉の色彩は再現できませんな。 やっぱここらLC1でいくべきだったかー。

 もっとも、LC1を持っていっても、きちんと撮れないものもあったな。澤ノ井つっても、ほとんど御岳なんで、 御岳駅前の鉄橋を通ったんだけれど、そこから見下ろす渓谷に舞う黄色い木の葉の幻想的なことと言ったら…。あれは写真でも撮れないし、 映像でも幻想的に見えないだろう。やっぱ直に見る感動だなぁ…。うーん、あれは良かった…。

 まぁそんなわけで、あとは適当に青梅経由で「麦」でパンを買い(相変わらずのんびりさせていただきました(^^;)。 ホットティーが実に美味しい季節です)、天乃屋であられの買い込みにいそしみました。

 ちなみに例の焼鳥屋には遭遇できず。残念。

 まぁそんなわけで、80km程度の行程でした。サイクルコンピュータをリセットし忘れ、正確な距離がわかりませんが(^^;)、 釜飯ん時より遠回りした帰宅…ってところなので、さして大幅に外れてはないでしょう。

 やっぱ風がキツかったなぁ…。しばらくすれば無風に戻るかな?

2005/11/12

写真の撮り方、いちゃもん講座

 職場で書類を届けたりして別室に行くと、なぜかそこに電子情報通信学会誌なるものが置いてあった。まぁ博士号とか持っている人の部屋だから、そんなんあってもおかしくはないのだが、妙に表紙があか抜けている…というか、学会誌っぽくない。

 どうも特集のせいらしく、「女性会員に期待する」とかなんとか。…はぁ、そうなんですか。見てみると女性研究者とおぼしき方々の論文がずらり。それについては文句はありません。…というか、わからない(^^;)。

 …ともなれば、おいらのわかる範囲で見ると…ってことになると、…写真の撮り方(^^;)。

 学会誌の中には座談会の記事もあり、女性中心の出席者の写真が多い。

 そしてカラーページだからか、どうも明るい印象の写真ばかりな。写真がすべて、ソフトフォーカスと明るいフレーム(プリクラのアレみたいなやつ)で装飾してあって、柔らかさを出そうという編集者の苦労がにじみでていた(^^;)。

 ただ…あくまで「あとからソフトフォーカス」…で、無理が出てるなー(^^;)。そして気になるのは横ばかり向いている写真が多い。

 まさか…と思ったら、後半でやっと出てくる、やや正面の写真…。…赤目だ!(^^;)ほじくるなー>をれ

 大容量フラッシュを正面からたいたような写真がずらり。…だもんで、他の写真もソフトフォーカスで柔らかい調子を出そうとしてはいるものの、素材が「撮っただけ」なものだから、ぎこちない印象が否めないわけで…(^^;)。

 別に普段の、論文に載せる写真にどうこう言うつもりはないけれど、「女性が主役」という趣旨があるときの写真だったら、撮影時からきちんと美しい写真として撮らないとあきまへんやんか。最低デュフューザー、勿論バウンス、高めのカメラならソフトフィルタとかなんとか、安めならプリ発光…とかね。デジカメなら素人がやってもやり直し効くし、できればカメラマンを調達してくるとかさ…。

 まぁ通りすがりに見た本の写真に何をここまでいちゃもんを付けるか…というと、実は社内報でも以前に似たようなことがあったので、そこで言い損ねたので…(^^;)。俺に撮らせろよぉぃ。コスプレで鍛えた腕を見せてやる(^^;)ぉぃぉぃ。

 まぁ、イラストでカバーする…ってクチだから、実は写真の腕はあまりないのだが(^^;)。


 …とはいえ、普通の人よりは…と多少なりと自認したいところで話の出てきた妹の結婚式。

 撮影環境をきちんと把握し切れてなかった。プリント環境を事前に確認できていなかったという落ち度は以前書いたとおり認めるが、さらにもう一つの難点があった。

 肉親を可愛く撮るのは気恥ずかしい(^^;)。うーん…、シャッターを押す指が迷う迷う。なんだかなー。

2005/11/11

川越の謎

 本川越に行くと、いつも疑問に思うところがある。

 …並んでいる。

 駅前のとあるラーメン屋の前に、いつも必ず行列ができていたりする。それも結構な長さ…。これは一体?

 …と調べてみると、該当情報が。これかー。確かに美味そうだなぁ。…って、11時30分開店!?あの行列が出来たときにはまだ開店してなかったんかっ!?

 そう、11時に川越に行った時にも行列が出来ていて、開店前から40分待ちくらいの列が…。

 …恐るべし。

 こらもう気になるなー…ってことで、今度これ目的のみで行ってみようかなぁ(^^;)。10時半で1時間並び…ってのでもう覚悟を決めて。まぁ11時でも1時間待ちくらいになりそうな気もするんで、それでもいいような気も…。

ハイブリッドな…

 つらつら~っと読んだ朝日新聞に記事があり、検索すると過去記事も発見。

JR八戸線で最先端のハイブリッド列車公開

 えーとですねぇ、…どういう話の進め方にしようかな…。

 …「電車でD」という同人誌がありまして(^^;)。最新刊の話が気動車
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%97%E5%8B%95%E8%BB%8A
との対決なんですよ。念のために未見の人のために詳細は書きませんが、その気動車のキーワードが「ハイブリッド」なんですよ(^^;)若干バラし気味のような…。

 ただ、新聞記事にある「ハイブリッド電車」っていうのはプリウスと同じ、「燃料を燃焼するエンジンと共に、バッテリーモーターも積み、エンジンで発電したりしてバッテリーに充電、バッテリーのみの走行も取り入れる」というもので、「D」の「ハイブリッド」とは違うんですよね。

 とはいえ、「ハイブリッド」という共通語句でちと気になったり(^^;)。

 …でまぁ、気動車気動車言ってますが、つまりは「ディーゼル車」のことでありまして、のんびり鈍行…ってイメージがあるんですけれど。

 ただ、調べてみると、「スーパーおおぞら」とか「スーパー北斗」とか、特急もあったりして、実は侮れない?

 都下に住んでいると、なかなか気動車ってお目にかかれないもので…(^^;)貨物は目にしているかもしれないが。

 まぁともあれ、最初「ハイブリッド列車」ってあたりで一瞬「D」がホンマの世界にっ!?…とびっくりしつつ、いや実はプリウスみたいな省エネ車が気動車にも出てきたぞ…というお話しでした。

 …それだけっす(^^;)なんだかなー。

ノートを持ち歩く俺だから

 実は私は家でテキストを打つのが苦手だ。そもそも、ノートを置いてキーボードを打つ場所がない。ともかく雑然とした我が部屋。今では落ち着いて作業に没頭できないし…。いや、膝上で打っても、部屋では雑念が多いので集中できないのだが(^^;)。

 で、集中してテキスト打ったりしなければならないときは、外に放浪の旅に出るわけだ。ファミレス、スタバ系コーヒーショップ、図書館等は強い味方だ。

 ただ、ファミレスは若干経費がかかる(頼まないと居座れないという恐怖に襲われるクチ(^^;))、コーヒーショップは混んでいる、図書館は空気が重苦しくて妙にプレッシャーがかかる(たまに満席の場合がある(PCが持ち込める席が決められている))かつ、開館時間に制約がある。

 各々の場所に一長一短があって、それを使い分けたりもしていたり。


 …で、そもそも集中持続時間、作業量あたりから大抵作業時間は2~3時間といったところで、そこらへんはバッテリー的にあまり問題はない(標準バッテリーで2時間くらい。大容量を持っていくか、併用する形)。

 ただ、時折必要になるのがインターネット接続環境。エッジがあるのでPHS接続できるのだが、いかんせん遅い。

 いや、メール程度なら問題はないが、検索が必要な調べ物とかになると、やはり無線LANが欲しいなー…なんてこともある。

 そんな折り、見つけたのがこの記事。

BBモバイルポイント、マクドナルドの全国約2,600店舗にサービスを導入

 考えてみればマック…って手もあったのね。手が汚れそうなイメージがあるのでキーボード打つのが考えものだけど、気をつければ大丈夫かなぁ?

 もっともそれ以前に、YahooBBに加入していないので、モバイルポイントなんて使えないよな。


 …とか思っていたら、別にYahoo限定サービスではないらしい!「BB」って冠つくと、無条件で「Yahoo傘下」と思っていたよ、今まで(^^;)。

 恐るべし、孫マジック!(^^;)違


 ともあれ、調べてみるとDTIでもモバイルポイントオプションサービスがあった! 今まで気がつかなかったなー…。今度サービス一覧見返してみようかな。

 しかし、315円/日…って(^^;)うーん…。


 …で、NiftyのIDも持っているので、そちらでも調べてみると、そちらのIDでも使えそうだ。でも従量課金制かぁ…。一日37.5分以上使うならDTI、それ未満ならNiftyってことか(^^;)自己管理が難しそうだ。

 このソフトを使えば接続時間の管理(タイマー)とかできるかな?…とか思ったが、そうはいかないらしい。…LAN接続時間をモニターするフリーソフトとかないかな?


 ま、先の話に戻って、そもそもLANでなにするかっつーと調べ物程度なので、常時接続…というか、接続しっぱなし…ってのはおそらくないハズ(^^;)たぶん。

まぁ双方とも基本料金がかからないのであれば、やっぱ使い分ければいいだけか?つなぎっぱなしで色々使うならDTI、ちょい繋ぎならNifty…と。


 ただ問題は対応エリアで、それも調べてみると…まだまだ我が家近辺は少ないなぁ…(^^;)。

 近場っつーと喫茶店系でやっと「ルノアール立川」か。注目のマクドナルドは「マクドナルド府中」。…あ、甲州街道沿いのあそこか。

 ドトールは近所は軒並み対応してねーし…。意外と不便だな…。個人的にはデニーズ、モスバーガーあたりに対応していってもらいたいな。

 そもそも最初のリンクで、これからマクドナルドの対応が多くなる…ってのであれば、例えば国分寺とかで使えれば選択肢も広がっていいんだけれどな。

 まぁそれを待つか…。

2005/11/10

看板師の今

映画看板の久保さん、中学以来の夢 銀座の映画館に自作

 ときおり青梅に行く身としては、あの映画看板はよく目にしていたし、中学の頃の夢が今叶う…という点でも、同じ絵描き(こちらは職業ではないが)としてうらやましかったりほほえましかったりもする。

 ただ記事を読んでいると、「最後の看板師」というのが気になる。二つ名としてはカッコいいが、他にも現役の看板師はいたはず。…というか、都内の看板を今でも実際に作成していたような…。渋谷の劇場閉館と一緒に引退したんだっけな…?

 劇場の看板ってプリンターを使用した貼り合わせとか多そうだけれど、大きさによっては手書きの方が安く付く場合がまだあるらしい。手書きといえど結構早いし、プリンターでも時間かかるときはかかるし。

 そんなわけで、まだ都下にも看板師いたような気もするんだけれどなー。どうだったかなー。池袋の劇場看板も手書きだったような気がするなー。ここところ立川とか府中で映画済ませているので、最近の状況知らないよー(^^;)行動範囲も変わったしな。

 まぁ絵描きとしては看板がどうこうというよりも、あの大きさであの描画速度が未だに脅威です。…見習いたい(^^;)。

ノート以上の大画面

 ちょっと気になる記事を発見。

Matrox、1つの出力でデュアルディスプレイができるアダプタ

 …む、T40が対象機器になっている!…ってことは、おいらのT40p(MOBILITY FIRE GL 9000)もおそらく使えるんじゃねーか?

 日本での価格となると、2万円ちょいか?ヘタすると3万円くらい取られそうだが、2560 x 1024、つまりは1280 x 1024 の2画面使えるなら結構おいしいかも。

 そもそも家のデスクトップ、まさにそんなデュアルディスプレイ構成で、かつアナログ端子は空きっぱなしだし(デスクトップはDVI接続)。

 ただ、気になるのはFIRE GL 9000搭載メモリが64MBなんで、フル画面だと何数色になるんだか…?

 2560 x 1024でも256色とか言われたらヤだしなぁ(^^;)。まぁ16ビットくらいだったら我慢するか…。

 まぁそれ以前に、MaxiVista体験版で3画面設定を行って使っていたら、視線移動が激しくて乗り物酔いみたいになってしまったことがあるのを思い出せば、あまり…どうかとは思うが(^^;)。

自転車本のバラエティ

 そういえば本屋に「カオスだもんね」最新刊を探しに行ったとき、に武蔵野周辺のサイクリングロードの案内本があるのを見つけた。

 昨今、ロハスの影響か、自転車本が目立つようになっている気はしていたのだが、大抵ハードの紹介。こういうコースなどのソフト的な本というのはあまり無かった気がする。

 そういう意味では身近だし、欲しいところでもあるのだが、ちっと1,500円は今のおいらには痛い(^^;)。まぁいずれ買おうかな。

 しかしちらっと見たところ、モロに国分寺周辺とかも紹介されていたなぁ…。通勤路としてよく周辺を走っているけれど、改めて書籍で紹介されたりすると、なんか妙(^^;)。

 まぁその本片手に走ってみようかな…という気もするが、若干おいら向けにはもう距離の短いコースばかりのような気もするが…どうだろう?(^^;)。


 それにしても自転車本といえばおいら、何ヶ月か前に発売されたモールトン本をいまだ見てないんですけれど(^^;)。

2005/11/09

お正月購入予定DVD

 こんな記事を見つけた。

ユニバーサル、980円のDVD再販キャンペーン第2弾
-「ボーン・スプレマシー」や「ハムナプトラ」など52本

 再販リストをチェックしてみると、心惹かれるのがいくつか。ピックアップしてみると、

ボーン・スプレマシー (UNKD-42021)
ボーン・アイデンティティー (UNKD-33445)
フィールド・オブ・ドリームス (UNKD-29581)
セント・オブ・ウーマン/夢の香り (UNKD-25558)
ジャッカルの日 (UNKD-25180)

 …といったところ。

 ボーン関連は見たことがないが、評判は上々のようで、見ておきたい。そういえば3も製作予定なんだっけ。

 その他は見たことがある。フィールド・オブ・ドリームは傑作だよね。セント・オブ・ウーマンはじわりじわりくるのよ、後から(^^;)。アル・パチーノのとある口癖が一時期うつっちゃったりもしてねぇ(謎)。

 ジャッカルの日はもう言わずもがな。テレビで見るとカットされるシーンも多いので、これはしっかり見ておかないと。

 しかし家にはまだ見てないDVDも溜まっているんだよなぁ。そんな状態で「お正月に見るDVDを…」って購入しても意味があるんだか…?(^^;)

 大体、「初恋のきた道」すら見てないってのはどーかと思うぞ>をれ(^^;)。じつはディズニーの「ターザン」すら見ていない。…っつーか、「オーシャンズ11」も見ていないっつーのは…。

 そういえば「打ち上げ花火を横から見ると…」も見てないなぁ…(^^;)。

数が多いと疑われる?

 先に書いておくが、放火犯を弁護する気は毛頭無いので念のため。

ライター39個押収、使途追及 NHK記者放火事件 滋賀県警

 39個って多いのか?タバコ吸う人…って、気がつかないうちにライターを多く持ってないか?コレクション…という目的が無いにしても、100円ライターを気がつかない内にこつこつと…。

 「カオスだもんね」でも(そういえば最新刊出たらしいなぁ)画伯が取材先で、その時にライターを5個ぐらい持っているのを披露したこともあったが、おいらの知っている人でも似たようなことはある。

 勿論、外を出歩くときにはふつーに1個。家にも2~3個程度…ってのも普通だとは思うが、ライターの数と犯罪性とは比例しないのではないかな…と思う。


 なんでこんなことを書くのか…というと、実は我が家にはなぜかマッチが山ほどある。家では誰もタバコを吸わない(過去に吸っていた妹がいたが、ライター派だった)のに関わらず、使うとすればせいぜい仏壇の焼香ん時の火付けと、卓上コンロの調子が悪いときくらいだ。

 別にコレクションもしてないのだが、どうも父親が飲み屋とかでついもらって帰ってくるらしい。

 使わない。犯罪性もない。なのになぜか関係のないものが数多くある…ってことはあるなぁ…という話。

 そういえばおいらも山ほどノートパソコンが家に転がっているが、これも何かで捜索を受けたら、なんかの犯罪に使われていると思われるのかなぁ…?(^^;)

デジカメの使いどころ

 こないだの日曜はズバり言って妹の結婚披露宴だったのだが、相手方の親族はわざわざニコンのデジタル一眼を買ってきていた。対してこちらはLC-1。

 正直、間接照明の多い室内という条件下では、LC-1のクリアなレンズといえど、太刀打ちできない。まぁ、お互い内蔵ストロボだったので、そこらへんはバウンスが利くLC-1の方がナチュラルな照明演出になっていたと思うのだが、それでもトータルではデジイチにはかなわなかっただろう。

 今考えると、別会社製品のになってでも、外付けストロボでもデュフューザーかけて付けていればまた別だったんだろうなぁ…。

 いろんな意味で悔やまれます。

 さすがにこういうエピソードがあると、ちっと欲しくなるデジイチです。大体、某川原さんの11月吉日の「さしん」の星空とか、滝の写真とか見ると、うらやましいわけで(まぁまず三脚を買え>俺…って事かもしれませんが(^^;))

 しかしやはり「メインストリーム却下」な身としては、おいそれとそちらに行けません。

 しかしどーしても…というと、値が下がりまくっているE-300とか?(最近反動で若干上がっているみたいですが)

 まず非一眼レフに何を求めているか…というと、何度も書いているけれど、相手に「ゴツい」という印象を与えないこと…なので、その点ではデジイチの中では結構いいところにいる>E-300。プリズムなんとかが無いからね。

 なにより、ホコリに悩まされなくていいというお手軽さもあるでしょ?

 そして今、なぜか安い。近所でもレンズセットで6万円台。

 問題は、画質があまり好みじゃない。レンズで解決できそうなので、レンズを追加しなければならないが、いまいちお好みのレンズがない。

 実はZUIKO DIGITAL11-22mm F2.8-3.5(35mmカメラ換算で22-44mm)とか、ZUIKO DIGITAL14-54mm F2.8-3.5(35mmカメラ換算で28-108mm)とかは結構惹かれるのだが、希望小売価格で10万とか7万とかで、ヘタすると本体よりも高そうな金額。安い方のレンズで5万円台になるとは思うが、そうすると結局合わせて10万超えてしまいそう。

 レンズセットと合わせて広角、標準両ズームレンズ揃ってそれくらいならまだ安い…のかもしれないが、やっぱキツい。

 まぁもう少し、頑張って現状のデジカメで頑張るか。…っていうか、こないだくらいの用途だったら、F10にワイコン付けておけばよかった…ってだけのことか?(^^;)他に式場のカメラマンもいたんだし

 

追記:
 アンチ一眼レフ派としては、こういうのも気になる。「ゴツい印象を被写体に与えない」に反しているような気もするが(^^;)。

【実写速報】ソニー サイバーショット DSC-R1

 広角から望遠をカバーし、開放値も明るい。高感度もサポートし、ISO3200でもノイズが比較的少ない。写りもなかなかいい…と思うのだが、いかんせん操作系の配置が特異すぎて、とっつきにくい。

 なんだよ、あのシューや液晶の位置は…。使いにくそう…。

 筐体的にF828とあんまり変わらなければ、相当惹かれるんだけれどなぁ…。あるいはR1も相当練られた結果なのか?

2005/11/08

東京から東へ…

 いつもサイクリングにご同道願っているのはNebulaさんとNashさん。ありがとうございます。

 ただ、Nebulaさんは結構近くに住んでいるとはいえ、Nashさんがもっと都内の方に近いこともあり、奥多摩とかの郊外に出るとなると、距離的負担が大きい。走行距離も伸びるし、輪行に切り替えたって、負担が大きい。

 たまにだったらまだしも、毎度毎度それだとツラいでしょう…ということで、逆にNashさんが近い方向へのサイクリング…ってのを考えてみたい。

 ただ、府中から直線で東に15km程度離れている(…と、勝手に解釈(^^;))人に取って有利…となると、都内方向…ってことで、あまり面白い目的地って無いような気も…。秋葉原につるんで自転車で行ってもね(^^;)。

 …となると、その向こう…ってことになると、月島、築地、浅草、…ああ、葛飾柴又…って手があるな。

 江戸川沿いを走って…とかだと面白そうだけど、地図で見る限りは川沿いのサイクリングロードとか、金八先生のOPになりそうな道は無さそう…っていうか、どこから走るねん…って気もする。

 ちょっと自転車でいくにメリットのある目的地かどうかがちと怪しい。また、目的地では自転車を置いて散策中心になるであろうところから、自転車の必然性もちょっと怪しい…。

 まぁ、気ままに走れるだけで十分必然性なんだけれど(^^;)。


 あとはふつーに考えて、朝、築地でメシを食って、隅田川を北上、浅草観光と昼飯…って線もあるな。築地と浅草って実は距離離れて無くて、直線で5km程度だから、走ってもたかがしれているかもしれないけれど、寄り道しながらとか。いつぞやのカレーうどんの話も結局自転車でも可かもね。

 そもそも川沿いの道というか、サイクリングロードに相当する道がないので、川に関係なく走って良いとも思うし。


 あと横浜…ってのも手じゃないかな。前に書いた丸子橋→綱島街道はNashさんに比較的有利なはず。丸子橋から横浜までは1時間半で、そんなに起伏はないし(日吉とか、もう少しあるところもある。菊名のあたりは迂回する)。


 まぁとりあえずそんなん考えてみますた。いまいち訴求性(?)のあるルート提案ではないんですけれど(^^;)。そんなわけで、今週末の話ってわけでもないです。

献血のリスク?

 結構身近…というか、気になる記事があった。

献血で健康被害、5万人超 治療費支払いの制度化検討

 あまり献血にまつわる健康被害の報道って覚えがないんだけれど、調べてみると、中にはこういう事例もあるようで。

献血後に倒れ男性死亡 副作用の神経反応か、日赤

 献血で死亡したというわけではなく、倒れたときに頭部を打って…といったことだと思うのだが、事故にしてもあっては欲しくないこと。

 献血とはリスクの高い行為…ってわけではないはずだが、やはりたまたま体調悪かったり、相性がよくなかったり、結局事故も起きたりなんありあるわけだから、やはり対応策は用意してもらうのはいいか…。

 そういえばおいら自身も成分献血で一度倒れたことあるけれど。気分悪くなっただけ何できわめて軽度だったけれどね。

 沖縄で血管貫通されたこともあったなぁ(^^;)。

 他には友人の注射痕のあたりがあざになったり…とか。一応「身に覚え」はあることはあるか。だからといって辞める気は毛頭無いが。無料の血液検査としても結構重宝している(^^;)。定期的な健康管理みたいなもので…。

 ま、治療費云々前に、まずそういう被害が出ないようにしてもらうのが一番だとは思いますが。

天に還る歌声

 人には誰しも忘れられない名曲なんてのがあって、その一ジャンルとして「アニソン」などもある。心に残るフレーズとかがよくその印象に挙げられるが、中にはむしろそのドラマ性も含み、アニソンというジャンルのくくりを取り払っても名曲として認知されるものもある。

 その例によく挙げられるのが「海のトリトン」だったり、「キャッツ・アイ」だったり、「タッチ」だったり。

 そして個人的にそれに付け加えたいのが「明日のナージャ」の主題歌であったりするのだが、それを歌っていたのが先日亡くなられた本田美奈子さんだったりする。

 申し訳ないけれど、おいらにとっては「1986年のマリリン」とか「ミス・サイゴン」とかではなく、「明日のナージャ」の本田美奈子さんだったりする。

 ともかくあの主題歌はすごかった。めっちゃいい曲なんだけれど、テクニカルでもあり、間違ってもカラオケで歌おうという気にはなれない。本田美奈子さんの実力があってこそ歌える曲だと思う。

 そんな実力がある人がなんでまた…とも思ったりするのだが、俺が思うに天使の歌声が本業に復帰したんだと思う。

 冥福を祈る…というよりは、向こうでの活躍を祈りたい。歌のみでも良いし、ミュージカルでもいいし、またアニメのOPも歌ってもらいたいな。でも向こうでアニメってやっているのかな?

 ま、いつになるかわからないけれど、また歌が聴けると信じて…。

2005/11/07

今後のアップグレード

 一太郎2006が発表された。2005版ユーザーで結構使用しているけれど、今回のバージョンアップは…見送りかな?あまり心機能で必要なのが見あたらない気がする。

 ちょっと「提出確認フェーズ」とかが気になるが、どういう機能かいまいち把握しきれない。

 おいらに必要な機能だったとしても、それ一つで8千円くらいのアップグレード費…ってのは…。


 他にアップグレードする必要なのは…すでにアップグレード発表済みのものばかり。

 優先度高いのはMacromediaStudio8かな。Flash8が結構使いやすい。使いやすいつってもAdobeの「乗算レイヤー」に相当する機能がついたー…ってだけの視点だけれど、体験版使う限りはその表現力向上はおいらにとってはかなり必要。こないだの「素直クール」のイラストも、それがあったからさくっと描けたようなもの。

 また、Dreamwaver8もさりげにメニューとか作るのに便利そう。

 ビックカメラでアップグレードパッケージを発見。カタログ価格よりも若干安く、ポイントもつきそなので、購入するならそちらだな。4万8千円するので、おいそれとは買えないが(;_;)。でも体験版もそろそろ期限切れるしなー…。


 AdobeのCreative Suite 2も欲しいが、こちらは7万だし、アドビストアでしか買えない特殊パッケージだし、当面手が出ない。ただ、Creative Suite 1で現在あまり困ってないので、優先度はStudio8よりは低く設定している。

Adobeといえば実はPremiere Elements 2.0(乗換版)の方が必要なのだが(ザクティのMPEG4ファイルが読み込める)、これのアップグレードパッケージが1万円。昨年の久米島の映像が全部それなので、早くこれで編集したいのだが…。

 実は、ちょい前のPremiere Elements 1.0(乗換版)の無償アップグレードパッケージが7千円台で売っていて、これを購入しておいた方がいいかな?…と思っていたのだが、買おうとしていた某有楽町店の店員に「でも2.0のそのパッケージも大体同じ値段ですよ?」と言われて、じゃぁ金貯まってからでいいか…と購入を取りやめた経緯があったりする。

 …ので、3千円の追加投資が必要なショックで購入にいたらず…。とほほ(;_;)。

 まぁ買ったとしても、編集している時間はないが(^^;)ぉぃ。


 Cinema4Dのアップグレードパッケージは今週中に届く予定。…といったところで、あー…、金が無いなぁ…。

2005/11/06

たまには写真プリント

 今日はちっと所用で新宿に出かけた。で、デジカメで写真を撮った。すぐにプリントする必要に迫られた…ので、ビックカメラの店頭DPEでプリントすることにした。

 昔からそういう機械があるのは知っていたし、実際使ってもいたけれど、昨今は性能や機種も増えてきているみたいで、ここのところ使っていなかった身としては、ちょっとカルチャーショック(^^;)。

 プリントがえっらく速くなっていたり、最近はなにかい、色調調整とかも設定できる機種もあったようで、色かぶりを修整したい写真が何枚かあったんだけれど、気づかずにプリントしてしまったていたらく。事前にリサーチしておけばよかったなぁ。

 ただ、妙なことにDPOF…だっけ?デジカメの方であらかじめ「これを何枚プリントする」という設定できるんだけれど、それに対応していない機種もあったりして、それには困った。数十枚設定してあったので、それを改めて機械上で設定するのは面倒。

 結局対応している機種に乗り換えたけれど、最低それくらいは対応しておいて欲しいな。

 「とりあえず速報でプリント」というのが目的だったため、色調補正とかしていないのがかなり心残りだが、さくっと30枚くらい人に渡せる手軽さはいい。今度そういう用途がある場合には、可能なら、下見して補正の設定くらいは把握しておきたいな、うん。

2005/11/05

今、流行のジャンル?

 とある知人とのメールのやりとりの中で、とあるキーワードが出てきた。それにハマってページを立ち上げたりしているらしい。

 世の中には「メガネっ娘」とかわかりやすいのから、「ツンデレ」とかいう、 一見しただけではまったくシチュエーションがわからない語句まであったりするから始末が悪い。

 大体なんだよ、「素直クール」って。

05110501  こういうことか?

 あまりネタを振らないように(^^;)。最近描いて無くて、ヘタなんだから。

たまには休み

 晴れてる土曜日…。

 久しぶりだけれど、家で休養中。さすがに走り付かれたし、明日は明日で自転車じゃないけれど用事があるので、今日はちっと…。

 考えてみれば「麦」くらいは行って良かった気もするが、そこまで頭働かなかった(^^;)。ROUさん、御免。また来週とか(^^;)。

2005/11/04

さぁ~て、今年の自転車展は?

 今日は有休を取って自転車展に(^^;)。いや、まぁ…その。

 せっかくなので、またもBSMでの出動。大体築地まで2時間ちょいくらいなので、ビッグサイトも2時間半くらいかな?と目算。

 ところが、途中でえらくバカッ速いMR20と遭遇…というか、信号待ちで追い抜かれる。しかそもそのMR20はスタンドを付けている! あのROUさんの最大懸案事項解決策がっ!?

 これはちっとお話しを伺わせていただかないと…と、追いすがろうとしたんだけれど、前述したとおり、速い!速すぎる! 30~35km/hで東八道路を走り抜けるものだから、追いすがるのに必死でなかなか声をかけられない。そしてそういう時に限って、 交差点の信号が青続きなんだわ(^^;)。

 でもまぁなんとか赤信号で声をかけさせていただき(^^;)、お話しを伺うことが出来ました。…ただ、 本当に必死に追いすがっていたので若干酸欠気味。 なんか話をうまくお聞きしてなかったのがハタから見ていてもおわかりだったかもしれませんがすみません(^^;)。

06050201 ただ、スタンドの写真とかアップで撮らせてもらったりしましたので、あとでROUさんにお知らせしますな。自作スタンドでしたが、 流用パーツとかわかりますので、参考にどーぞ。

 ちなみにその後は完全に離されてしまいました(^^;)。しかしMR20も鍛えると(?)えらくカッコいい自転車だなぁ。 うかつなことにスタンドの写真しか撮ってないんだけれど(^^;)ぉぃ、ドロップハンドルにしたり、ビンディングにしたりで、 性能もスタイリングもえらく格好良かった。ROUさんもあれくらい鍛え上げないと(^^;)。

 まぁでも、それで高速癖がついたのか、2時間でビッグサイトに到着。うわ、えっらい早い。うーん、 やはり30km/hで走れる脚にならんとなー。

 ちなみに、ビッグサイトについてまず向かったのが、農林水産祭実りのフェスティバル(^^;)。なんかいつも自転車展とカブってないか? そこで佐賀のみかんとか赤福とか信玄餅とか、色々買っていったり(^^;)。予算があれば、 もっと色々食材買っていったかもしれないなぁ(^^;)。

 で、そんなん手にしながら自転車展。ただ、あまりこれってのは…。個人的には新車購入はBSM-R20で基本的に終了…って感じだから。当面。

05110403  それでも気になったものをピックアップするならば、まずはSDVか。SDVとはなんぞや?… ってあたりは言葉だけでは説明しきれないので、リンク先のページを参照してください。

05110402  おいら自身は、これ搭載のリカンベントを実際に試乗してみましたが、実際に力の入り具合がいい。 スローイン、ファーストアウトの感覚でコーナリング中は足を止め、立ち上がりの際にペダルを漕ぐと、 力が入りまくって面白い感じで立ち上がってくる。走行中も力のロスがねーなー…って感じで、長距離ライドしやすそう…って感じでした。

 ちょっとこれは惹かれますね。このリカンベントで坂を登ってみたい。

 まぁ正直、面白かったのは社長のキャラクターですが(^^;)。試乗会場では若い連中が慣れないリカンベントにふらふらになっているのを見て、 「あと5週!」と発破をかける熱血っぷりが面白かったです(^^;)。村山コーポレーションといい、 自転車を作る会社の社長はどうしてこうもまぁ愛すべきキャラクターなんでしょう。

 一応リカンベント経験のある身な私が、さらりと試乗車を乗りこなして、声をかけられなかったのがちょっとさみしかったです(^^;)ぉぃ。


05110404  次にギミック的に魅力的だったのがAutoG'X。茶色い円盤二つんトコですな。

 自動変速ユニットだと思うんですが、パンフが英語、ブースの言語も多国語…ってことで、話ができず。ただ、もらったパンフを見ると、 なんとなーく原理がわかるんですけれど、やっぱここらへんじゃないっすかね、ミソは。えらくゴッツいわ、 複雑だわ…ってことで、自前の自転車にとっつけようと思えないんですけれど、なんか妙に惹かれるのはなぜ?(^^;)


 キャリーバイクがいつのまにか発売されていて、 しかも変速機構のついたラージサイズタイプ(車体が若干デカい)も出るみたいですね。

 前回の自転車展では試作車でしたが、今回は製品車が展示され、それにはブレーキレバーがついてました。だいぶ改良されていたみたいですね。

 試乗してみたかったですが、残念ながらタイミング悪く、今回はしていません。前回はさんざんな印象だったんですけれど、 改良されてだいぶ走りやすくなっていそうな感じでした。おもちゃ…とか評されていましたが、どうなっていたのか…返す返すも残念…。


05110405  ちょっとMC-1の対抗馬…ってのがWELL-BEINGか。まだ日本じゃ発売になっていなくて、 今回の自転車展でバイヤーを…って話みたいだったけれど、コンセプト的にMC-1に近い気がする。

 折りたたんでも並んだ前後輪でコロコロ…ってのはまさにMC-1なんだけれど、実はバックするときは荷台のコロコロに自重を乗せて、 そっちでコロコロ…ってあたり、MC-1のあのような特許は使っていないと判明。また、荷物自体は荷台に載せているわけではなく、 自転車ん時はライダーが背負い、折りたたんだときにスペースが空くから、そこに乗せてしまえ…というコンセプト。 これも自転車でも折りたたんでも荷台がそのまま使えるMC-1とは違う。

 つまりは、どちらかというとストライダの対抗馬っぽい自転車だと思う。まぁそれでもちょっと気になるけれどね。…うーん、 でもやっぱフレーム3段折りはちょっと怖いか(^^;)。


 今回はあまり試乗はしなかったんだけれど、唯一(たまたま)乗ったのがTYRELLってヤツ(PKZだったかな?)。

 なんか綺麗なフレームで、BSMに通じる美学を感じる。乗り心地も結構かっちりしていて、すげぇ安心感がある。なんかいい感じですよ、うん。 コース1周しかしなかったんだけれど、もうちょっと欲張って走っておけばよかった(^^;)。


 あとは適当にぶらぶらと…(^^;)。前述したように、新車そのものには興味が薄れてきたものの、新しい技術の他、改造…というか、 カスタマイズにどんなんあるんやろなー…という、今後のブロ、BSMのいじり方の参考になるものを探していたりもしました。

05110401  そこらへんでいくと、まずはこれ。BD-1でもここまで積載量を載せられますか。

 あんまり走りを追求するでなし(それでも速度は欲しいですが)。旅ができるのにいい装備がいい。そう考えると、 まぁさすがに右はゴッツいですが、カスタムの方向としては悪くないな…という気がするんですよ。

05110406  で、もう一つ見つけたのがこのタルタルSのグランド・ツーキニストモデル。通勤から旅行まで… となると、結構いい感じではないですか。

 こういう方向性でちっとカスタマイズを目指してみるのもいいのかも。

 ちなみに今回の走行きょりは約75km。築地でメシ食ったり、秋葉原寄ったんで、ちと距離が出ちゃったような気が…。

2005/11/03

川越2nd

05110304

  今日は川越に行ってきました。

 以前に一人で一度だけ行ったことがありましたが、今回はNebulaさんとNashさんとで。

 前回は道をそろそろと、探りながら行ったこともあって2時間近くかかりましたが、今回は道もわかっているので少しは早いだろう… と集合1時間半前に出かけたら、途中で時間があやしくなって…(^^;)、あわててリキ入れて漕いだらなんとか時間ぎりぎりに着きました。

 …しかし、そーかー…。川越まで急いで1時間半で行けるようになったか…。うーん、感慨深い。しかし25km/hで…って感じなのよね。 コンスタントに30km/hとか出せるようになりたいわ~。

05110305  まぁそれはそれとして、川越をぶらぶらしてきました。

 やはり色々と新発見もありますね。もう何度か来ても楽しめそうです。小江戸っぽい商店街のあたりをぶらついたわけですが、 他のエリアも楽しめそうなところが…あるのかな?>お寺とか

 今度ちっと調べてみっかな?

05110301  まぁそれよか楽しめそうなのは食べ物のような気がしますが。

 右は昼食に食べたおぼろ豆腐ごはん。これが結構イケます。右の豚汁もなかなかのもの。カロリーは明らかに豚汁の方があります(^^;)。

 ちょっと自分でも作ってみたくなったなー>おぼろ豆腐丼。

05110302  また、帰り際には別の店で茶漬けとかもいただいたり。

 なかなかこういう機会がないといただかなかったりする漬け物盛り合わせもあったり(普段食わない)。

 ただ、だし汁がおいらが以前おじや用に作っただし汁とほぼ同じ味だったのがちょっとアレなんですけれど(^^;)。

05110303  一つ心残りは、右の建物の太陽軒ですね。美味しそうなハンバーグ定食だったのですが、 混雑していたので入れませんでした。

 まぁだから代わりに茶漬けだったんですけれど。

05110306  ともあれ楽しんできました。ちなみに、おみやげとかはないです。いや、 ショッパー付けていかなかったので。

 ちなみに走行距離は往復約53km。帰りはそんなに急がなかったので、1時間半とかではなかったけれど。ゆるやかな登りなんで、 往路よりは少し時間、かかるわな…。

2005/11/02

鎌倉への道

 おいらにとってあこがれのコースは、自宅から鎌倉へのコース。

 実は学生時代の遠足だったかなにかで鎌倉現地集合というのがあったんだけれども、そこに府中から自転車で行った輩が数人いて、先生達は激怒したんだけれど、おいらにとっては以来、一種のステータス(^^;)なんでや。

 いつかは自分も自転車で鎌倉行きてー!…と思っていた。

 ただ、実際問題となると、府中からだとかなりルートがややこしい。ナビがある装備ではなし、地図を持つのは面倒くさいのでやってないしぉぃ、手ぶらでぶらっと行けるのが理想なのだが、それを許さない道路事情があった。

 一応こないだ、多摩川沿い・丸子橋・横浜経由ルートというのを見つけたが、なんか無駄の多い迂回っぷりで、もっと最適化したルートが欲しかった。

 …が、Nashさんのblogで「町田から境川に沿ってサイクリング・ロードがあるのでそれを使えば江ノ島まで」行けるという記述を発見。

 調べてみると、藤沢大和自転車道というものが!…あれ?前に聞いたことあるような気がするな…(^^;)西国分寺あたりから。

 つまり、まずおいらん家から町田までは鎌倉街道でほぼ1本で行ける。あとは藤沢大和自転車道で藤沢まで。そのまま江ノ島に行ってもいいし、藤沢で左折してもいい。ほとんど地図無しで行けるはずだ。

 …む!これはいい!町田までは急いで1時間、そして藤沢大和自転車道は片道48kmっていうから、それも頑張れば2時間ぉぃ。合わせて、休憩なども入れれば3時間半か?いや、余裕を持って4時間か(^^;)。

 …え?片道4時間?7時に出て、11時着。3時間くらいうろうろして14時帰宅開始、18時着。

 …うーん、レジャーとしては、シビアな自由時間だ(^^;)。まずは一人で行って、検証してみないとな。まぁ帰りは輪行…って手もあるか。乗換が多いor面倒だが…。まぁ新宿湘南ラインで、新宿から自走すればいいんだろうけれど(それも面倒だなぁ)。

だだっぴろい部屋

ココログのディスク大容量化について

 5GBになったらしい、おいらの場合。

 まぁ画像、写真の類はちまちまとしかアップロードしていないので、あまり恩恵とか考えてなかったんだけれど(実際今の消費量は40MB弱)、使わないわけではないので、あればあったで嬉しいけれど。

 しかし使用率0.79%か。使い始めて1年以上経ってその程度…ってことは、あと100年は大丈夫ってことですかい?(^^;)

 まぁそのうち、VGAに縮小した写真アルバムとか掲載しようかな。

 しかし1ファイルあたり10MBまで、1日あたりのアップロード容量100MBまで…って、逆にそれを超すケースって、どんなんやねん?まぁ映像系があるだろうけれど…。

さらにテレビ情報メモ

 11月3日のVivaVivaV6…かな?フジテレビの23時番組。大泉洋が出るらしい。

 なーんか最近無理して追っかけるのもなんだかなー…という気もするわけで(^^;)。いや、ファンの気持ちにはかわりはないんですけれど、なんか妙に納得いかない…。うーん。

 まぁ、とりあえずメモ。

2005/11/01

またも週末の予定

 次の週末(土曜)の天気予報も雨まじり。もう、誰かが狙っているとしか思えない。

 10月1日は覚えていないが…、おそらくは降っていなかったと思う。それでも、以降の土曜日はすべて雨。土曜が勝負のサイクリングがことごとく中止ってなんやねん!

 土曜のみ…ってのを抜きにしても、こんな雨の続く秋って、覚えている限りなかったぞ?意外と異常と思うのだが、どうだろう?いや、周期的に変化していれば季節の変わり目…ってことでいいのか?10月後半は。

 しかしなー…、土曜が潰れるのはツラいなー。前にも季節が違えど似たようなことはあった気がするが…(週末になると必ず雨とか)。

 行きつけの店が大抵土曜日(一部は土曜日のみ)開店、日曜定休ってのがやりにくい原因でもあるのだが…(^^;)天気が相手だと怒りのぶつけようがないので、別の所に方向が向き始めたらしい。


 …まぁ、予報は予報だし、またズレることもあるだろう。外れることを祈ろう。

 とはいえ、安易に「土曜は久しぶりに飯能にどーだ?」とは言えないなぁ…。一応名目としては壺小屋リベンジと、MR-20山王峠初チャレンジ…ってのが挙げられるのだが、雨天になれば間違いなく中止。

 …うーん、かといって3日の祝日に飯能行っても仕方なし。…川越でも行くか?(^^;)

テレビ情報メモ

 今週末の「出没!アド街ック天国」は東中野か。伯父さんの住んでいる町だな。最近行ってないけれど、見ておいた方がいいのかな?(^^;)

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »