2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

関連リンク

 


検索


  • Google


    WWW を検索
    とめどなく雑記 を検索

写真ピックアップ2012/04-05

  • 夜の桜
    2009年初頭までは定期的に写真を掲載していたのですが、その後サボってしまいました。写真自体は折を見て撮影していたので、現在からお気に入りなどをピックアップして掲載していきます。ファイル名は特に撮影時期ではありませんので念のため。

2009年1・2・3月撮影分

  • L1000050
    2009年になっても相変わらずぶらぶら撮った写真に終始すると思いますが、ご勘弁のほどを(^^;)。

2008年10・11・12月撮影分

  • 皆が見ないコミケの顔・その5
    D-LUX4も加わっての、バラエティに富んだ写真アルバムに…なるはず?ただ、MPはフィルムなので、掲載する予定はありません。

2008年7・8・9月撮影分

  • 祭り
    一番忙しい四半期につき、写真は少なめになるかと思います。とはいえ、新レンズを使ったりして多少浮かれてはいるかな?(^^;)

2008年4・5・6月撮影分

  • 単線のある風景
    4、5、6月分です。特に説明も無いのですが…(^^;)。まぁのんびりスナップをアップしていく…予定かと。

2008年1・2・3月撮影分

  • 円覚寺・その4
    相変わらずぶらぶら撮っています。面倒なんで、これからは3か月分、まとめようかな。

2007年10・11・12月撮影分

  • 来年に向かって歩く
    相変わらずぶらぶら撮ったものです。あまりにもとりとめなく撮ったので、3ヶ月分まとめさせていただきます(^^;)。

2007年9月撮影分

  • 機上から見る雲
    9月撮影分です。主に久米島旅行で撮った写真になっています。

2007年4・5・6・7・8月撮影分

  • 夏の海
    相変わらずぶらぶら撮った写真です。ちなみにコミケの写真は入っていません。

2007年1・2・3月撮影分

  • 桜の風景・その11
    まだまだのんびり写真です(^^;)。なんか、撮っているのも楽しいですが、現像も楽しいですね。

2006年12月撮影分

  • 築地の町並み
    相変わらずR-D1メインでぶらぶら撮影したものを掲載していきます。紅葉も都心の方まで降りてきていますので、当初はそれを中心に…といったところになるかな?

2006年11月撮影分

  • P1020232
    距離計の狂いから一時期修理に出していたR-D1が帰ってきたので、ちらほらと撮影したものをアップします。
    でもなーんかぎこちないというか…写真に対する自分なりの立脚点がしっかりしてないというか…(^^;)。
    個人的にはしっかり楽しんでいるのでいいとは思うんですけれどね(^^;)。

2006年9月 石垣島周辺旅行

  • 車に積まれたエンジン
    9月下旬に石垣島及び周辺離島を旅してきたときの写真です。
    カメラはR-D1を修理に出していたので、LC1とF10です。Exifん時に機種が書いてないのはLC1と見てください(RAWを現像・エディットして保存すると、さすがにExifデータが残らないみたい)。明るいときにはLC1にはND8のフィルターを装着しています。

2006年6月撮影分

  • 富士山を臨む
    6月撮影分です。ちょこまかと撮っているのをあげていきます。
    色々なレンズも出てきますが、だいたい使うレンズが決まりつつあるような…。

2006年5月撮影分

  • 深川の風景
     ちょっと細かな撮影が入り組んでいる月なので、まとめてのアルバムにします。
     まず最初はくらやみ祭り。のんびり行ったせいか、人垣を越えられず、てんで山車とかの写真はありませんので、期待しないように(^^;)。
     次に有楽町あたりをぶらぶら歩きながら撮った写真、お台場や川越などと、色々取り混ぜてあります。

2006年4月 浅草・皇居前広場・銀座等

  • 紅い店先
    まだR-D1に慣れていないので、運動がてら、色々テスト撮影。その途上、Jupiter-12 35mmF2.8やアベノン28mmF3.5を買ってしまったり(^^;)。その他にはスナップショットスコパー25mmF4とカラーヘリアー75mmF2.5で撮影。

2006年4月 沖縄旅行

  • 赤壁
    買いたてのR-D1を片手に沖縄をうろついた時の写真です。 レンズは基本的にフォクトレンダーのUltron35mmF1.7。広角に写っているのはUltraWide-Hrliar12mmF5.6。飛行機の撮影など、一部望遠はNokton50mmF1.5。

2006年4月 三浦半島一周

  • トンネル入口
     三浦半島一周の旅ですが、お伴にR-D1も持っていきました。  この手の負担の大きい旅ではF10といった軽いデジカメの方が適しているんですが、買ったばかりだし(^^;)、カメラとして楽しむならこちらの方がいいですしねぇ…。  そんなわけでウェストポーチで出動です。カメラ用ポーチというのがあるんですな。一眼レフも入るタイプなので、スリムなR-D1だとレンズを数個入れてもまだ余裕があったりします。  ただ、便利ではあるんですが、ちょっとデカいんですよね。カメラが入る以上、仕方ないのですが。今回はまだ涼しかったから良いですが、今後は考えないといけないかもしれません。ムレるかも。  …で、レンズはウルトラワイド・ヘリアー12mmF5.6、Jupiter-12(35mm)といったところ。実はアベノン28mmも持っていましたが、今回は使いませんでした。 ※工事現場の写真、その3とその4が入れ替わっちゃってますが、そこらへんはうまく数字順に読んでください(^^;)。

« 夢のような投稿 | トップページ | 日記の書き方がわからない… »

2005/10/12

SINCITY

 …を見てきた。さすがに雨続きで一切外出無し…というのもなんなので。

 府中のシネコンが行きやすいのだが、上映していないので立川のシネコンに行ってきた。

 …どーでもいいが、シネマシティ2で上映されていたんだけれど、今まで数度行っているけれど、すべてホールC…ってのはどういう偶然性ですか?うーん…、まぁいいけれど。

 …で、感想だけれども、面白かった。ハードボイルドって、こういうのんなんだなぁ…という感じ。

 で、暴力性が色々言われているわけですが、確かに大人にとっては十分堪えられるけれど、子供にはキツいね。R15指定なのはよくわかる。子供に見せるとトラウマになりそうなシチュエーションもあるので、そこは十分要注意のこと(DVDになっても)。

 まぁしかし…スゴいね。ミッキー・ロークがかなりいい。「ミッキー・ロークでなければいけない必然性」というのは未だによくわからないが「ミッキー・ロークだからこそ出せたキャラクター」ということは絶対にある。いやー、いいわー、ミッキー・ローク。もう猫パンチとは言わせない?(^^;)

 それ以上にインパクト強いキャラがイライジャ・ウッド。某所では「ひどい、ひどすぎる(褒め言葉)」と書かれていたけれど、なんで「ひどい」が褒め言葉やねん…と思いながら見ていたら…確かにひどい(褒め言葉)(^^;)。

 熱烈ファンは悲鳴を上げて卒倒しそうだが、そうでなければ結構気に入るキャラかも(^^;)。ええ、当然近くにいて欲しくないですが(役柄の方ね)。うーん、それにしてもひどすぎる(褒め言葉)。

 ちなみに子供に見せてはいけない…というシーンの一部(…というか、大部分)は彼に関するところ。うーん、ひどいにも程がある(褒め言葉)(^^;)。


 ブルース・ウィリスは普通においしい役。なんかいつもとまんま…という気がしないでもないので、目新しくないと言っては失礼かもしれないが、それでもしびー魅力がばっしばし。


 シンシティは3話のオムニバスで、微妙に相互に絡んでいるものの、基本的には別物。…なので主役級の役者が数人出ているのはその数主役がいるから。

 …なので、もう一話の主役はベニチオ・デル・トロ…かと思ったら実は違った。クライブ・オーウェンだった。…えっ!?そーなの?とか思ったが、明らかにおいしいのはトロの方。

 おいしい…というか、インパクトがね。

 むしろ、あきらかに「おいしい」のはデヴォン青木の方か。ちょっと人間味が無いのが役柄上仕方ないかも知れないけれど、逆に際だっていたからなぁ…。


 女性といえば個人的にはウィリスと絡むジェシカ・アルバが、好印象…っつーか、けなげな雰囲気があっていい(^^;)。原作通り、ストリッパーとしてヌードになる…って話もあったらしいが、映画を見る限りは脱がないで正解だったように思える。

 まぁ役者の感想としてはそんな感じだけれども、やはり画作りが特徴的…というか、コミックのまんま…っつーのがスゴい。

 いや、ああして作るのって、結構難しいと思う。フリクリの1巻について最終巻で「撮影にもうやめてくれーって言われるくらいだったのに、手抜きと言われて」という話もあったけれど、普通の人はそういう印象を持ちそうだ。

 ただ、絵とか映像とか作ったことある身としては、ほぼ全編デジタル合成の嵐…ということで、撮影、演技、編集が結構苦労しまくりなのは想像に難くない。

 しかし「楽しんで作っている」と思わしき部分もあるので、関わった人は結構良かったんじゃねーかなー。体調以外は(^^;)。

 まぁ全体として見ているこちらも面白かったですよ。ハードボイルドなんで「爽快」ってわけにはいかないけれど、カッコいいとか、シブいとかいう雰囲気を堪能するには良かったかと。


 あー、そうそう。府中のシネコンは東宝系だからか、予告編上映が洋画よりも邦画が多かった。今、邦画が勢いがある…か、あえて邦画の予告編ばかり流しているかのどちらかだと思う(^^;)。

 どちらの傾向なのか判別するには、別の映画館での傾向を調べれば確定できるかな…と思って立川のシネコンでも気にしていたのだが…、予告編の上映すらなかった(^^;)立川ってそういうこと多いよなー。

 映画は予告編から盛り上がるもんなのだが…。

« 夢のような投稿 | トップページ | 日記の書き方がわからない… »

コメント

おぉ、ミッキー復活ですか。
やっぱボクシングよりアクティングですがな。
ちょっと古いけど「死にゆく者への祈り」っていうのが印象に残ってます。
どうもハードボイルド物に相性が良いみたい。
新作「DOMINO」にも出てますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27753/6362954

この記事へのトラックバック一覧です: SINCITY:

» シン・シティ 評価額・1400円 [Blog・キネマ文化論]
●シン・シティを鑑賞。 愛する高級娼婦を殺された前科者マーヴ。悪徳警官の死体を始 [続きを読む]

» Sin City [アメリカデザイン日記 ver2.0 typeMT]
おぃ〜っす。 やっとこさ、やっとこさですねぇ、現在日本で公開中の映画SinCit... [続きを読む]

« 夢のような投稿 | トップページ | 日記の書き方がわからない… »