2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

関連リンク

 


検索


  • Google


    WWW を検索
    とめどなく雑記 を検索

写真ピックアップ2012/04-05

  • 夜の桜
    2009年初頭までは定期的に写真を掲載していたのですが、その後サボってしまいました。写真自体は折を見て撮影していたので、現在からお気に入りなどをピックアップして掲載していきます。ファイル名は特に撮影時期ではありませんので念のため。

2009年1・2・3月撮影分

  • L1000050
    2009年になっても相変わらずぶらぶら撮った写真に終始すると思いますが、ご勘弁のほどを(^^;)。

2008年10・11・12月撮影分

  • 皆が見ないコミケの顔・その5
    D-LUX4も加わっての、バラエティに富んだ写真アルバムに…なるはず?ただ、MPはフィルムなので、掲載する予定はありません。

2008年7・8・9月撮影分

  • 祭り
    一番忙しい四半期につき、写真は少なめになるかと思います。とはいえ、新レンズを使ったりして多少浮かれてはいるかな?(^^;)

2008年4・5・6月撮影分

  • 単線のある風景
    4、5、6月分です。特に説明も無いのですが…(^^;)。まぁのんびりスナップをアップしていく…予定かと。

2008年1・2・3月撮影分

  • 円覚寺・その4
    相変わらずぶらぶら撮っています。面倒なんで、これからは3か月分、まとめようかな。

2007年10・11・12月撮影分

  • 来年に向かって歩く
    相変わらずぶらぶら撮ったものです。あまりにもとりとめなく撮ったので、3ヶ月分まとめさせていただきます(^^;)。

2007年9月撮影分

  • 機上から見る雲
    9月撮影分です。主に久米島旅行で撮った写真になっています。

2007年4・5・6・7・8月撮影分

  • 夏の海
    相変わらずぶらぶら撮った写真です。ちなみにコミケの写真は入っていません。

2007年1・2・3月撮影分

  • 桜の風景・その11
    まだまだのんびり写真です(^^;)。なんか、撮っているのも楽しいですが、現像も楽しいですね。

2006年12月撮影分

  • 築地の町並み
    相変わらずR-D1メインでぶらぶら撮影したものを掲載していきます。紅葉も都心の方まで降りてきていますので、当初はそれを中心に…といったところになるかな?

2006年11月撮影分

  • P1020232
    距離計の狂いから一時期修理に出していたR-D1が帰ってきたので、ちらほらと撮影したものをアップします。
    でもなーんかぎこちないというか…写真に対する自分なりの立脚点がしっかりしてないというか…(^^;)。
    個人的にはしっかり楽しんでいるのでいいとは思うんですけれどね(^^;)。

2006年9月 石垣島周辺旅行

  • 車に積まれたエンジン
    9月下旬に石垣島及び周辺離島を旅してきたときの写真です。
    カメラはR-D1を修理に出していたので、LC1とF10です。Exifん時に機種が書いてないのはLC1と見てください(RAWを現像・エディットして保存すると、さすがにExifデータが残らないみたい)。明るいときにはLC1にはND8のフィルターを装着しています。

2006年6月撮影分

  • 富士山を臨む
    6月撮影分です。ちょこまかと撮っているのをあげていきます。
    色々なレンズも出てきますが、だいたい使うレンズが決まりつつあるような…。

2006年5月撮影分

  • 深川の風景
     ちょっと細かな撮影が入り組んでいる月なので、まとめてのアルバムにします。
     まず最初はくらやみ祭り。のんびり行ったせいか、人垣を越えられず、てんで山車とかの写真はありませんので、期待しないように(^^;)。
     次に有楽町あたりをぶらぶら歩きながら撮った写真、お台場や川越などと、色々取り混ぜてあります。

2006年4月 浅草・皇居前広場・銀座等

  • 紅い店先
    まだR-D1に慣れていないので、運動がてら、色々テスト撮影。その途上、Jupiter-12 35mmF2.8やアベノン28mmF3.5を買ってしまったり(^^;)。その他にはスナップショットスコパー25mmF4とカラーヘリアー75mmF2.5で撮影。

2006年4月 沖縄旅行

  • 赤壁
    買いたてのR-D1を片手に沖縄をうろついた時の写真です。 レンズは基本的にフォクトレンダーのUltron35mmF1.7。広角に写っているのはUltraWide-Hrliar12mmF5.6。飛行機の撮影など、一部望遠はNokton50mmF1.5。

2006年4月 三浦半島一周

  • トンネル入口
     三浦半島一周の旅ですが、お伴にR-D1も持っていきました。  この手の負担の大きい旅ではF10といった軽いデジカメの方が適しているんですが、買ったばかりだし(^^;)、カメラとして楽しむならこちらの方がいいですしねぇ…。  そんなわけでウェストポーチで出動です。カメラ用ポーチというのがあるんですな。一眼レフも入るタイプなので、スリムなR-D1だとレンズを数個入れてもまだ余裕があったりします。  ただ、便利ではあるんですが、ちょっとデカいんですよね。カメラが入る以上、仕方ないのですが。今回はまだ涼しかったから良いですが、今後は考えないといけないかもしれません。ムレるかも。  …で、レンズはウルトラワイド・ヘリアー12mmF5.6、Jupiter-12(35mm)といったところ。実はアベノン28mmも持っていましたが、今回は使いませんでした。 ※工事現場の写真、その3とその4が入れ替わっちゃってますが、そこらへんはうまく数字順に読んでください(^^;)。

« 台風を侮る無かれ | トップページ | 要望が叶えられたデジカメ »

2005/10/03

さらば、室井慎次

 やっとこさ「容疑者 室井慎次」を見てきた。

 今回監督がシリーズの脚本家である君塚良一ということで、毛色がちっと違うらしい…ということである意味そこらへんが気になって見に行ったが、確かに毛色が違った。

 …まだ見てない人がいるとアレなので、ネタバレにならないように、どう毛色が違うか、ちっと考えてみたいと思う。

 まず今回見てみて思ったのは、脚本家が「こうしたい結末」というのをそのまま具現化しているな…ということ。

 思い出すのが、私が以前仕入れたネタなのだが、「踊る」シリーズで脚本家としてどの「話」が一番気に入っているか…という君塚への問いに、「踊る大捜査線 秋の犯罪撲滅スペシャル」を挙げた…ということ。これは「THE MOVIE 1」の一つ前のエピソード…といえばわかるだろうか。これが一番「良く書けた脚本」ということらしい。

 実際自分としても思い返してみると、「見応え」ではなく「読み応え」といった、ストーリー面、キャラクター達の内面の動きの推察…等を考えると、画面的に一番盛り上がる「THE MOVIE 1」よりも確かに「秋の犯罪撲滅スペシャル」は面白かった。

 …ということをふまえ、今回の「容疑者 室井慎次」のあの結末(事件の収束部分)を文字にして考えてみると…確かにかなり面白いと思えるのだろうが、どうだろう?

 …って、すでに見た人に語りかけているな(^^;)。まぁいいや。

 ともかくも、そう考えると監督という立場を得た脚本家が、自分が一番面白いと思う脚本を映像化したな…という感想になるわけだ。

 ただ、それが必ずしも、映像的に面白いかどうか…はちっと別になる。

 そこらへん、今回はどうか…と思うと、やはり見方の問題になってしまうのではないかと。ひたすら画面を追う…のではなく、画面から得られる「情報」をつねに頭で解析しつつ、そこで「ストーリー」を組み立て、また画面の中の情報を読み解く…という見方だと楽しめる…と思うわけだ。

 まぁ本を読むのと同じ…ということになるだろうか?

 では「画面」…というか、「映像」は必要なかったのか?…ということになるのだが、これがおいらとしては一概にそうとも思えないのだ。


 画面作りの全責任は監督にあると思うのだが、「具体的な設計図」…つまり、コンテ相当のものは別に監督が作らなくても良いのではないだろうか。

 今回の画面作りが初監督作品と思えないほど、上手いと思えるのだ。

 例えば…そうだなぁ。室井が小原弁護士に「一番長く話しかけるシーン」があったと思うが、あのシーンにやったらめったら時計が多かったのは見た人なら気づくと思う。それは話していた内容が「時間(遠回しな言い方(^^;))」に関係していることを象徴的に印象づけるための演出であったりする。
(脱線するけれど、内容的に考えると、それら時計の針が全部ズレていても不思議ではない演出シーンなんだけれど、後から思いついたので、誰か確認してくれないかな>これから見に行く人(^^;)。まぁそこまで凝る必要もないので、全部同じ時刻だと思うが)

 また、一番迷いまくる室井が暗転(?)するシーンに介入してくるある要素とか、「話し合いの場ですらない」部屋ではその話し合いの場になるはずの机すらない(代わりになるものはあるが、しかし登場人物自らそれが無いように振る舞って、乗り越えていく(…と書けば、どの部屋か見た人はわかると思う(^^;)))…といった、各シーンの象徴的な「コンセプト」を抽象的なまま映像に反映させるという画面作りが多い。

 そもそも、新宿警察署がなぜか教会っぽいのも、まず各シーンにおいて聴衆が必要だったり、発言の上下、見下ろし等々の各シチュエーションを構成しやすい…といった検討の末の決定にも思える(罪や懺悔の象徴…というよりは、画面構成上、一番望ましい建造物の構成がたまたま教会だった…というところか)。

 脚本から読み取れるコンセプトを映像化するのが上手いというか、まぁそれが非現実的に思えるものでも、あえて「それがコンセプトなんだから」と押し切る割り切りがあり、それをしっかり実行している「設計者」の存在を感じ取らずにはいられないのだ。これはそれなりに画面作りに場数を踏んでいたり、あるいはそれなりに勉強している人でないと不可能ではないだろうか。

 つまり個人的に、監督が各シーンについて脚本の情報だけでなく、抽象的ででもコンセプトを明確に文字にしたものを用意し、だれかにそれを元にして画面設計図を作ってもらったような気がしてならない。

 逆に君塚監督自身がその設計を行ったというのなら、今までの「踊る」シリーズやそれに限らず、常に撮影の現場などに出向いて、勉強していたような気がする。

 若干「教科書通り」…という気がしないでもないので、「自身かもなー…」という気もするが、ともかくそういったところで手慣れた画面が「脚本だけ」という気にさせず、右脳から情報をたたき込む映像にもなっていると思う。

 そういう意味では映画化した甲斐はあった作品だと思う。

 まぁ正直、DVDが出て買うかどうかは微妙。面白いことは面白いので見られたこと自体は良かった。

 さぁ、果たして「踊る」シリーズに続編はあるかどうか…。まぁ木島編、真下2等々スピンオフはまだあってもおかしくないが、「本筋」はどうなるか…。個人的には「THE MOVIE 1」で無理やり自分の中で収束させ、MOVIE2のDVDを未だ購入していない身としては、若干もやもやしたものが残ってしまっているので、シリーズ全体のなにかしらの完結編を作ってもらいたい気持ちがある。

 MOVIE1のような終わらせ方でも良いし、他の方法でも良いが、本筋について「もう続きがない」もしくは「無くて十分」と思わせるものを期待したいなぁ…。


##ところでこの次見たいのは「SIN CITY」なわけだが、TOHOシネマズ府中ではもう公開中のそれがやってないのな。なんで?まぁ立川に行けばいいだけの話だが。

« 台風を侮る無かれ | トップページ | 要望が叶えられたデジカメ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27753/6239013

この記事へのトラックバック一覧です: さらば、室井慎次:

« 台風を侮る無かれ | トップページ | 要望が叶えられたデジカメ »