2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

関連リンク

 


検索


  • Google


    WWW を検索
    とめどなく雑記 を検索

写真ピックアップ2012/04-05

  • 夜の桜
    2009年初頭までは定期的に写真を掲載していたのですが、その後サボってしまいました。写真自体は折を見て撮影していたので、現在からお気に入りなどをピックアップして掲載していきます。ファイル名は特に撮影時期ではありませんので念のため。

2009年1・2・3月撮影分

  • L1000050
    2009年になっても相変わらずぶらぶら撮った写真に終始すると思いますが、ご勘弁のほどを(^^;)。

2008年10・11・12月撮影分

  • 皆が見ないコミケの顔・その5
    D-LUX4も加わっての、バラエティに富んだ写真アルバムに…なるはず?ただ、MPはフィルムなので、掲載する予定はありません。

2008年7・8・9月撮影分

  • 祭り
    一番忙しい四半期につき、写真は少なめになるかと思います。とはいえ、新レンズを使ったりして多少浮かれてはいるかな?(^^;)

2008年4・5・6月撮影分

  • 単線のある風景
    4、5、6月分です。特に説明も無いのですが…(^^;)。まぁのんびりスナップをアップしていく…予定かと。

2008年1・2・3月撮影分

  • 円覚寺・その4
    相変わらずぶらぶら撮っています。面倒なんで、これからは3か月分、まとめようかな。

2007年10・11・12月撮影分

  • 来年に向かって歩く
    相変わらずぶらぶら撮ったものです。あまりにもとりとめなく撮ったので、3ヶ月分まとめさせていただきます(^^;)。

2007年9月撮影分

  • 機上から見る雲
    9月撮影分です。主に久米島旅行で撮った写真になっています。

2007年4・5・6・7・8月撮影分

  • 夏の海
    相変わらずぶらぶら撮った写真です。ちなみにコミケの写真は入っていません。

2007年1・2・3月撮影分

  • 桜の風景・その11
    まだまだのんびり写真です(^^;)。なんか、撮っているのも楽しいですが、現像も楽しいですね。

2006年12月撮影分

  • 築地の町並み
    相変わらずR-D1メインでぶらぶら撮影したものを掲載していきます。紅葉も都心の方まで降りてきていますので、当初はそれを中心に…といったところになるかな?

2006年11月撮影分

  • P1020232
    距離計の狂いから一時期修理に出していたR-D1が帰ってきたので、ちらほらと撮影したものをアップします。
    でもなーんかぎこちないというか…写真に対する自分なりの立脚点がしっかりしてないというか…(^^;)。
    個人的にはしっかり楽しんでいるのでいいとは思うんですけれどね(^^;)。

2006年9月 石垣島周辺旅行

  • 車に積まれたエンジン
    9月下旬に石垣島及び周辺離島を旅してきたときの写真です。
    カメラはR-D1を修理に出していたので、LC1とF10です。Exifん時に機種が書いてないのはLC1と見てください(RAWを現像・エディットして保存すると、さすがにExifデータが残らないみたい)。明るいときにはLC1にはND8のフィルターを装着しています。

2006年6月撮影分

  • 富士山を臨む
    6月撮影分です。ちょこまかと撮っているのをあげていきます。
    色々なレンズも出てきますが、だいたい使うレンズが決まりつつあるような…。

2006年5月撮影分

  • 深川の風景
     ちょっと細かな撮影が入り組んでいる月なので、まとめてのアルバムにします。
     まず最初はくらやみ祭り。のんびり行ったせいか、人垣を越えられず、てんで山車とかの写真はありませんので、期待しないように(^^;)。
     次に有楽町あたりをぶらぶら歩きながら撮った写真、お台場や川越などと、色々取り混ぜてあります。

2006年4月 浅草・皇居前広場・銀座等

  • 紅い店先
    まだR-D1に慣れていないので、運動がてら、色々テスト撮影。その途上、Jupiter-12 35mmF2.8やアベノン28mmF3.5を買ってしまったり(^^;)。その他にはスナップショットスコパー25mmF4とカラーヘリアー75mmF2.5で撮影。

2006年4月 沖縄旅行

  • 赤壁
    買いたてのR-D1を片手に沖縄をうろついた時の写真です。 レンズは基本的にフォクトレンダーのUltron35mmF1.7。広角に写っているのはUltraWide-Hrliar12mmF5.6。飛行機の撮影など、一部望遠はNokton50mmF1.5。

2006年4月 三浦半島一周

  • トンネル入口
     三浦半島一周の旅ですが、お伴にR-D1も持っていきました。  この手の負担の大きい旅ではF10といった軽いデジカメの方が適しているんですが、買ったばかりだし(^^;)、カメラとして楽しむならこちらの方がいいですしねぇ…。  そんなわけでウェストポーチで出動です。カメラ用ポーチというのがあるんですな。一眼レフも入るタイプなので、スリムなR-D1だとレンズを数個入れてもまだ余裕があったりします。  ただ、便利ではあるんですが、ちょっとデカいんですよね。カメラが入る以上、仕方ないのですが。今回はまだ涼しかったから良いですが、今後は考えないといけないかもしれません。ムレるかも。  …で、レンズはウルトラワイド・ヘリアー12mmF5.6、Jupiter-12(35mm)といったところ。実はアベノン28mmも持っていましたが、今回は使いませんでした。 ※工事現場の写真、その3とその4が入れ替わっちゃってますが、そこらへんはうまく数字順に読んでください(^^;)。

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

2005/10/31

それにしても

 個人的な財務がピンチだ…(^^;)。

 やはり予定外の買い物が厳しい…。BSM-R20が…(^^;)。自転車は元々購入する予定だったんだけれども、14万円程度の予算オーバーだしなぁ、今になってボディブローのようにじわりじわり家計に響いてきています。

 いや、ほんとに。

 R20を買ったこと自体は微塵も後悔していませんが。いや、満喫しているし。ただ、それと家計の状況はまた別。とほほ。

 当面高い買い物は出来ないが、それでもAdobeとかMacromediaから税金の催促も来ているしなぁ…(^^;)。5千円の節約のために、10月いっぱいの期間限定アップグレードフェアを開催していたMAXONには納税してしまったけれど、した途端、来年1月まで期間延長されているし。誰か、何か、狙っているとしか思えない(^^;)なにをだ。

 当面、節制しますんで、あんまり金のかかること、声かけないでね。逆にかせげる話は歓迎(^^;)。…って、全然創作してないなぁ…。いかんいかん。そろそろ復活せねば…。


#そんなワケなので、スキャナについては色々お話しいただいていますが、機種は大体検討つきましたが、購入はまだ先。そもそも設置場所もまだ無いし(^^;)ラックとか作ろうかな…。

 ただ、買う場合には、おそらくしばらく買い直さないので、最新機種を…(その中で安いのを(^^;))。

夜の鎌倉

 実は先週末、鎌倉に行ってきた。仕事で打ち合わせがあったので珍しく出張。日帰りだけど。それに本当は大船だし。

 で、帰りに「鳩サブレを買ってきて」というツバメの雛のような後輩のために、わざわざ鎌倉に迂回してきた。

 ところが夜の6時を過ぎているとどうだ。そもそも「昼」の観光地、鎌倉。しかも平日。夜になると開いている店もまばら。駅前で辛うじていくつかの店が開いている程度。…ああ、鎌倉の夜って、こんな顔だったんだ…。

 北鎌倉から移動したので(^^;)真っ暗なあの街道を一人歩くのは結構さびしい…、うろうろしながらやっと鎌倉駅前で鳩サブレを入手。うーん、鎌倉はやっぱ昼でないと。

 ただ、そんな時間でも少数ながら人力車のあんちゃんが名所を巡るコースとかを少ない観光客相手に勧誘していたので、意外と夜の穴場があるのかもしれない。

 普段はあまり気にしてない人力車だが、あえて「夜のコース」でそういうところを金出して巡ってみたい気がする。…「夜のコース」と書くといかがわしいが(^^;)、ナイトサファリみたいに、普段の光景でない鎌倉とか見られるのかもしれない。

 ちなみに、夕食は例の水木一郎邸近くのカレーハウス・キャラウェイに行ってみた。普段気になっていながらなかなか立ち寄れなかった例のカレー屋だが、実際食ってみると…、普通に美味い(^^;)。いや、スプーンとかいんでぃ庵とか知っていると、普通…って感じが(^^;)ぉぃ。

 ただ、親の敵のようにライスが多い。これは要注意。婦女子用に少ライスってのもあるので、それを利用しよう。

2005/10/30

急遽変更、横浜旅

05103010

 今日は岩鞍に行く…という予定だったのですが、急遽変更してしまいました。

 気が変わった…というか、飯能、川越、浅草あたりは家から大体26kmラインなんですよ、直線で。その範疇での移動だったら、 朝くらいに出かけ、昼にちろっと遊び、夕方には帰ってこられる範囲のようで、そうだったら「南」方面に出かけられる所はないか?… と地図を眺めていると、どーも横浜とか関内のあたりが、ちょっと数km離れるけれど、いい範囲かな…と急に思いついて、 出かけてみた次第(^^;)。

05103001  ルートは多摩川沿いを南下。丸子橋あたりで多摩川を離れ、綱島街道を南下…というところ。 意外と時間かかるかな?…と思ったんだけれど、信号のない多摩川沿い、ほとんど一直線の綱島街道(菊名で横道に逸れるんだけれど)… ってことで、2時間半くらいでランドマークタワー付近に。ほう…結構いいなぁ…。

 ちなみに調べてみると、桜木町から北鎌倉まで16kmくらいということで、推定所用時間は1時間くらいか? するってーとこのルートを応用して鎌倉に行く…って手もあるのかなぁ…。


 まぁそれはともかくとして、今回のテーマとしては珍しく目的地云々抜きに、「25km/h程度の走行速度の維持」というのがあり、 これは結構達成できた感じ。サイクルコンピュータは山下公園や元町でぶらぶらしていた記録も入っているので、アヴェレージは低いんだけれど、 行きの多摩川サイクリングロード、綱島街道に限れば、20km/hは超えていました。

 今後はもうちょっと筋力付ければ、30km/hもいくか?もしくは、ビンディングで「引き力」も動員すればいいのか?


 …と、本当に目的も無しに…ってのもなんなので…

05103002  赤レンガ倉庫で記念写真を(^^;)ぉぃ。

05103003  いや、実はカレーミュージアムにまだ行ってなかったので、 この機会にちっと食えれば食ってみようかと。

 しかし日曜日。新横浜のラーメン博物館で土曜などに行った日にゃぁ、どの店も長蛇の列で、1~2杯食うのがやっと…ということがあり、 同じ神奈川県のカレーミュージアムも同じではないのかな…と恐れていたのですが…、

05103005 05103004    
05103007 05103006  
 4食食えました(^^;)お試しサイズですが。いや、 混雑的にはもっと食おうと思えば食えたんですけれど、胃の容量の方が…。

 いやー、ラーメン博物館とは若干システムが違うとか、環境というか、色々な要素があったせいかと思いますが、それなりに混雑しつつ、 しかし困るほど待たされないというのがいいですねー。まぁ近場に中華街があるのが影響しているかもしれませんが(後で行ったら、 そっちは鬼のような混雑っぷり。

 特に個人的には食った中ではせんば自由軒のが美味かったんですけれど、どーも立川の駅ビル内に支店があるらしく…(^^;)。 そっち行っておけば良かったな。まぁいいや、今度行こう。

 また、讃岐五右衛門のカレーうどんもお気に入り。これはまた食べたいな~。

 他にもパク森とかハヌマーンとか行っていない店もあるので、また行ってみたいなぁ…。

05103008  ちなみに元町とか行ってみると、なにやらハロウィンパレードらしきものが。 子供達が仮装して闊歩してましたねー。お祭りだったようです。

 写真は魔女とかですが、プリキュアやふたご姫、ナルトにバスライトイヤーもいたり、本当に仮装路。

 …っていうか、個人的にはむしろ元町商店街のお店の店員のかぼちゃパンツな(?)魔女や、 しっぽ付きネコミミとかの方がエキサイティングでしたが(^^;)さすがに撮ってない。

05103009  ちなみにお犬様方のパレードもあったりして、そちらも仮装済み(^^;)。 飼い主がお菓子ならぬ、ドッグフードを通行人とかからもらったりするあたり、芸が細かい。

 一人旅の割にはこういうエピソードに遭遇して、結構楽しかったかも。

 ちなみに走行距離は87km程度。意外とこないだの奥多摩の釜飯+澤ノ井とあまり変わらないというのがちとびっくり。横浜って意外と近いのか?

ん?今日は大丈夫みたいだけれど。

 夜が重い。激烈に重い。

 ここの更新は主に昼にやっているのだが、その時は全然問題ないが、夜にログインしようとすると、できなかったり。画面の切り替わりに分単位で時間がかかり、とても実用に耐えうる状態ではない。

 一応ココログ側の言い分としては、おそらくこちら

 でも夜の一定時間に定期的…ってのがちっと解せない。

 まぁ、金出して利用している身としては言うことはひとつ。

 どーにかしてください。

2005/10/29

テレビのまんまというのも面白いかも

 今日は結局出かけなかったが、飯能に出かけても良かった感じだなぁ…。あんまり雨、降らなかったみたいだし…。おのれ、天気予報…。まぁ明日、どっか出かけよう…。

 ところで、浅草のカレーうどんのニュースソースはテレビ番組だったのだが、その「旅の香り 時の遊び」をなぞる、浅草・業平ぶらり旅…ってのもいいかもしれないなぁ…。

参照:
http://www.tv-asahi.co.jp/tabitoki/contents/diary/0064/
http://www.tv-asahi.co.jp/tabitoki/contents/diary/0065/

 ページの下の方ね、下の方。

 ただ、土曜じゃないとダメだね。しかも巡回路をうまく考えないと、行けない店が出てくる。ロケん時は日が長い時でおそらく夕方にやったのか?あるいは日を分けたかと思うが、1日で廻るなら、温泉を最後に持ってこないと。「天きん」も難しい時間だなぁ。

 まぁ気が向く人がいたら、構成考えよう。さすがに一人はさびしいし(^^;)。

2005/10/28

ザッピングの産物

 たまたま木曜20時にTVKにチャンネルを合わせてみたら、探偵ナイトスクープをやっていた!

 びっくり。テレ朝では哀れな扱いのこの番組も、TVKではゴールデンタイムだったのか!素晴らしい、素晴らしすぎるぞ、TVK!地方の番組を買い受けるだけでなく、sakusakuといった独自番組を売ったりもする、結構やり手だ!TVK!

 そんなわけで、毎週木曜は探偵ナイトスクープday…となりそうなのだが、残念ながら来週は休みだそうで。…ちっ。

 まぁまた次の週から…。

WPCに行ってきました

 W-ZERO3に触ってきましたよ~。結構安っぽい感じが…(^^;)。

 携帯としては普通の材質なのかもしれないけれど、どーもなんか「プラスチック製です」というネガティブな雰囲気が…(^^;)。悪くはないはずなんだけれど。

 あとキーボードスライドが「かちっ」とした安定感が無い感じがするというか、ぐらぐらしそうな感じがするというか(実際にぐらぐらはしてないのだが)、強度的に問題はなくても安心できるような印象がないというか…。うーん…、高級感がもうちっとあればなぁ…。完全な高級感でなくてもいいから。

 ただ、色々な情報によると展示機は試作機らしいので、評価のアテにしない方がよさそう。いや、でも、展示機は「チャチい感じがして、所有欲がわかない」ときっぱり書いておきましょう。

 個人的には改良されるのなら、発売日伸ばしても質感高い筐体にしてもらいたいので。まぁ1年も延ばされたらいやですが(^^;)。でもあれで決定なのかな?

 あとは…キー配列が独特だけれども(ESCキーはどれだ?)、キータッチはそんなに悪くないのでどーにかなりそうな感じ。

 ソフトはどう使うかわからなかったので、あまり試していない。

 そんなところ。悪くはないが、良くもない。ただし、試作機なので暫定評価…ってところ。やっぱり色々固まってくれないと、どうこう言えないなー。


 そもそもこういうPDAはいままで何度も出てきて、その都度「パソコンがいらなくなる」とは言うものの、結局は限定されたところでしか活躍していないザウルスや、消え去った名機、シグマリオンといった経緯に落ち着いてしまいそうで怖い。

 最近のタブレットPCみたく、最初は華々しくて、すぐに失速、しかししぶとく復活…ってけーすもあるだろうが、レアケースだからなぁ…。いや、マイクロソフトがいれば大丈夫か?(^^;)

 まぁ結局の所、ユーザーが多くそれを欲したりすればいいだけの話なので、それだけ売れるか、使われ続けるか…がキーになるか。

 どーなるのかなぁ…。不安だなぁ…。

 

 YAMAHAが性別年代推定技術というのを開発し、「人間の顔で性別・年齢を“大体”判定する」というカメラのシステムを展示していた。

 どうもマーケティング活動で利用するのを目的としているらしいのだが(勿論それだけではない)、「大体」という曖昧さが個人的にはウケ(^^;)ぉぃ。

 現在でもコンビニで「大体○○才くらいの人がなにがしを買っていった」という記録を付けているらしいのだが、そういうのを機械に代行させようということらしい。

 「大体」ってところにはかわりはないので、マーケティング精度も意外と変わらなかったりして(^^;)。

 で、おいらも判定してもらったら、「男・10代」と判定された!さすがYAMAHA!素晴らしい精度だ!

説明員:「いや、大体ですから」

俺:「いや、素晴らしい精度ですよ!」

説明員:「だって、そう見えませんから」

 やかましいわ!

 YAMAHAの社員はもっと自社製品に自信を持ってください(^^;)ぉぃ。

 

 EIZOのブースでは、ちょっと気になっていたFORIS.TVを見てきた。WBSでも紹介され、高画質・通販専用というのは聞いていたが、実物見ない限りはなんとも言えないしねぇ。

 で、金銭面で手が届きやすい19型を最初に見たら、普通の印象。…うん、まぁこんなものではないかと。

 ただ、26型をみたらビックリ!高画質回路が違う…ってのは聞いていたけれど、まさかここまでとは!反応速度がまだ、本当に微妙だけれど、液晶っぽく遅い…って感じがするけれど(いや、他の液晶テレビと同じ…ってことなんですけれど)、画質そのものは大したもの。かなり綺麗だった。

 うーん、ハイビジョンが綺麗で、普通のテレビだとそれを生かし切れないかも…ってことはあるかもしれない。ただ、ポテンシャルはある…とは、はっきりわかる。うーん、惹かれるな~。

 もっかい、有楽町のギャラリーに見に行こうかな…(^^;)。

 

 タカラのブースでは「秘密基地計画をつくろう!」というフレーズが。

「射程距離に入った」「てーーーー!」──タカラがつくるとPC向けパーツはこうなる

 しかしそう言われてもおいらとしては、どーも特撮番組に出てくる秘密基地ではなく、「大人が入ってこない、子供だけの」秘密基地の方を連想してしまうので、それがPC周辺機器のコンセプト…と言われてもぴんと来なかった。

 おかげで説明員の前で「は?」の連発(^^;)。

 まぁ実際展示機をデモってもらったんだけれど、レバーを操作するとPC上でスーパーコンピューターが起動するような、3DCGムービーが流れ、立ち上がったのが…!

「アクセサリの計算機」

 また、仰々しい地雷除去車が3DCGで回転し、スタンバイに入るようなムービーが流れ、立ち上がったのが…!

「マインスイーパー」

等々、かなり遊びすぎ(^^;)。まぁそれが面白いといえば面白いのだが、

 それにしても、悪くはないが、しかしエマージェンシーボタンは、発売される頃には飾りとしても飽きられていそうな某自爆スイッチにガワを換装されて、そっちで動作させるのが流行りそうな気がするのは、私だけだろうか?(^^;)

 

 台湾Dialogue TechnologyのFlybookも触ったり、見てきた。

 紹介としてはここらへんが詳しいか。

 あまりの全部盛りさにビックリしたが、タッチパネルも装備して、なかなか面白い機種になっている。

 ポインティングデバイスが独特で、慣れが必要かも。ひところのリブレットやVAIOの一部機種のようなそれなので、使えない…ってことはないと思うが。タッチパネルもあるし。

 あと、クルーソー装備のA33iは日本では発売しないみたいなことを言っていた。

 デザインも良く、なかなか魅力的な機種ではあるのだが、販売機種ではバッテリー駆動時間が2時間と、モバイラーとしてはかなりの欠点材料。

 ここが改善されない限り、おいらの食指は伸びないと思う。

 …しかし、「カタログスペック2時間」ではなく「実動2時間」だったら普通か?確認しようがないなぁ…。

 

 小ネタとしては携帯バッテリーかな?

 ノート用に探したことはあるが、デジカメや携帯、PDA用でだと結構このあたりがスマートでいいんではなかろうか?

 デジカメは何故か大容量のを買う傾向にあるので問題ないが、携帯とかiPod miniとか、バッテリー周り弱いから、結構欲しいかも。今はソフマップあたりで手にはいるそうだ。

 それにしても近日登場予定の、iPod nanoと同じサイズのPocket MOBA miniは悪ノリしすぎだと思う(^^;)褒め言葉。

 

 また、デリバリキングというのも発見。どこらへんがWPCと関連が?…とか思ったが、ともあれ、「ちょっとずつ選んで、いろんな種類をまとめ買い」というのがコンセプトらしいので、有名店があったら色々頼んでしまおうかなぁ…という気も。

 まぁまだ始まっていないけれど。

 

 それにしても、なんか知らないがxboxとか、タブレットPCの存在に気づかず、スルーしてしまったのがどうも…(;_;)。富士通のアレもいじくってみたかったし、HPのもマイクロソフトブースにあったっていうじゃない。

 あー、惜しいコトした。

2005/10/27

週末の予定

 今週末(土曜)は久しぶりに飯能-岩鞍ラインに行きたかった。10月はまだ1度も顔出していないし。

 ただ、天気予報は雨。…うっく。どうしてくれよう…。

 まぁ日曜は晴れるらしいのでそれででかける…って手もあるが、しかし日曜だと開いている店が少ない。うーん…。

 とりあえず、今回出かけたい目的を整理してみよう。


 重要課題は天乃屋。ここの煎餅の在庫を切らして久しいので、いい加減仕入れに行きたい。また、「コンブリオ」のカレーというのも食ってみたい。「麦」のパンも当然必須だ。

 …となると、今回は岩鞍だけでOKか?(麦→コンブリオ→天乃屋)一応全部日曜でも開いているよな?コンブリオが謎だが。また、「麦」も早めに行かないと。いや、予約しておこうかな。デカいパンも欲しいし。


 ちょっと今回は一人で行こうと考えている。ちょっとペース配分っつーか、速度維持の練習もしてみたいし。

 BSMに乗り始めた当初は15km/hの維持も辛かったけれど、最近は平地で体が温まった時点なら25km/hの維持も平気になってきたっぽい。それの確認と、今後は30km/hとかで走れるようになりたいしね。

 ちょっとマイ・ハイペースをなんとかつかんでみたい。


 ただちょっと↑だと距離が短いな…。

 …ついでに浅草でカレーうどんでも食ってみようかな(^^;)飛びすぎ。

 12時に岩鞍を出るスケジュールなら、3時くらいには浅草着くだろう。2時間くらいで府中に戻って…。でも9時くらいに家を出るから…8時間?

 うーん、いけるかなぁ…(^^;)ぉぃ。100kmも確実に越すし。

 まぁあくまで予定。バテたらすぐに輪行に移ろう。うん(^^;)やめようとはしないんだ…。

GR DIGITALの所有欲

 そういえばGR DIGITALが発売になったようで。うーん、気になる。

 注目度も高いようだけれど、とりあえず発売前の感想を聞くと、なかには変な話もあるようで。その際たるものが、

 「ズームがないと」

 という声のような気がする。だったら買うな、と。広角で単焦点なりの特色を出したレンズの画作りを目指すカメラに何を求めているんだか…。

 まぁ、ファインダーが内蔵されていない等々の旧GRに対するノスタルジーはわかるところではありますが。

 ともあれ、おいらの場合はまずは触ってみないと。Web記事とかにある写真だとチャチぃんだけれど、

【GR DIGITALは持つとこんな感じです】

 このページにあるGR DIGITALの写真はいい質感だな。これなら所有欲をつつかれる。

 それにしてもエラくゴツい手の人だな(^^;)。俺が持ったらここまでコンパクトじゃない気がする。

 うーん、あとは実際自分で持ってみる…というか操作感はどうか?色々なケースの撮影サンプルを見てみる、ボケ味はどーよ?…ってところだろうか。

 画面隅とかの写りとかも気にしてしまうど>をれ。先にも、広角で単焦点なりの特色のある画になるかどうか…。先のリンク先のブログに掲載されているサンプルでは縮小画像で全体的な印象は良いけれど、細かいところがわからんしな。

 ちなみに全体的な印象はおいらとしては合格。あとは細かい部分だなぁ…。

 まぁ全部合格したからって、買うってわけでもないが(^^;)無い袖は振れないしな。

スキャナの続き

 こないだはフィルム読み取りのためのスキャナを調べた話を書いた。

 で、そのときはスキャナ専用機しか調べなかったが、昨今複合機が流行っているようなので、そちらもちろっと調べてみた。どうせフィルム読み取りなど出来ないだろうとたかをくくっていたのだが、上位機種には結構普通にフィルム読み取り可能機種があったりして…。

 軽く調べた限りはHP、キャノン、エプソンあたりだが、とりあえず意中はPM-A890かなぁ。まだ決まりではないけれど、以下のチェック項目からすると、スペック的にバランスがいい。


 複合機を購入する利点としては設置スペース。スキャナ専用機を改めて置く場所は実はない。今も一応スキャナを持ってはいるが、立てかけてあり、使用する必要がある場合のみ、どこかに置いて…というスタイル。

 しかし複合機ならば、現在のスキャナに引退してもらって、その位置に置くことが出来るので、省スペース。また、PCレスな使い方も出来る。

 どーも、フィルムを読み込んでメモリに保存…と、簡単に操作できるらしい。16bitカラーで保存してくれるかどうかは不安だが…。

 逆に問題として、現在のプリンタ以上の性能、使い勝手が保証されないと困る。交換だから。

 プリント解像度、色数などはあたりまえ。例えばCD-Rラベル印刷など、現在プリンタ後方から行うようにしているが、これが結構不便。A890だとフロントローディングなので、結構便利だろう。

 また、HPだったらLANポート装備らしいので、複数のPCで扱うには便利そうだが、その他の条件がクリアできず、断念。逆に言えば、エプソンもキャノンもLANポートを標準装備して欲しかった…。

 でもオプションかサードパーティーでなんとかなるか?

 まぁ調べていくと、専用機より1万投資すればよさげ…って感じになってきた。フィルムへの光のあて方とか不明で、まだ断言は出来ないけれど、色々総合的に考慮して、選定する必要になってきたみたい。

 しかしスキャナも複合機もここまで安くなっていたとはなぁ…。

 

 …とまぁ、ここまで書いて、WPC Expoに行ってきた。とりあえずキャノンのブースでじっくりと検討をしてきた。…っつーか、エプソンブースには独立したスキャナがなかった。

 とりあえずキャノンのブースで確認した限り、スキャナ専用機も複合機も基本的な仕組みは同じ。スキャナの蓋に光源があって、その位置にガイドで固定するフィルムを乗せ、スキャンする。

 ただ、スペック的に同じなら、同じ性能だけれども、スキャナ専用機にはゴミ除去読み取りなども出来たり、ソフト的には上らしい。

 設置スペースは大事だが、ゴミくらいは勝手に取り除いて欲しいので、専用機に揺らいでいる。

 

 で、更に「結局フラットヘッドスキャナでフィルム読み込みなんて、“読むだけ”だよ。フィルムスキャナでないと」っていうコメントもあった。実際、ブースでも「フィルムとセンサーの位置で、どうしてもフィルムスキャナ並みの精度は出せない」という話も聞いた。

 まぁでも、俺、仕事じゃねーし(^^;)。仕事なら金かけてその分のフィルムをPhotoCDで焼けば、フィルム専用機10万以上…なんて費用をかけなくて済む。そういう機会なんて、滅多ないし。

 5万くらいのフィルム専用機もあるにはあるが(F-3200)、ゴミが大敵っぽそうだから、そりゃ自動除去があった方が楽。

 そんなわけでフラットヘッドスキャナでフィルム読み込みに傾きつつある俺。でも場所がなー…(^^;)。

2005/10/26

監査にビビる

都立高パソコン教室、10億無駄遣い…6年で備品一新

 この記事を途中まで読むと、かなりビビる。93年に6年リース契約した、PCを導入したパソコン教室の備品類を、6年後に「新規契約」や「新規購入」していたもので、それが監査が「新しくする必要はなかった」と言っているという話。

 …えっ!?93年のPCを99年でも取り替えてはダメなんですかっ!?まだDOS全盛の頃のPCですよっ!?Win98も出ている年に…!?監査はそこまで鬼ですかっ!?

 …と思ったが、良く読むとパソコンの本体取り替えは妥当として問題視していなかった。…あ、さすがにそうですか(^^;)。確かに机や椅子の話だったら、監査の話もわかるですよ。あー、ビビった。

 そういえばおいらも都立出身で、卒業後にちこっとそういう教室を覗いた覚えがあるな。またPC-9801をDOSで使っていた頃で…。まぁWin95が入っても、数年はDOSでの授業が続いたんだろうなぁ…。

 高校つってもお役所だし、そもそも使える教師がいない…って話もあったなぁ…。懐かしい話だ…。

W-ZERO3にのめりこまないワケ

 まえにもちろっとW-ZERO3について書いたが、あまり積極性は無かった。

 目立つところではフィーバーらしくなっているが、こういう記述も見つけた。

W-ZERO3はいい端末だと思う、だけど萌えないそのわけは……

 正直、「W-ZERO3は萌え萌えだけれども、実用的には702NKの方が良さそうだなぁ」とも思うおいらは、こういう話にも若干賛同する。

 念のために書いておくが、W-ZERO3はいい端末だと思う。欲しいことは欲しい。ただ、実用とすると、なんだかんだでPDAを常用していないおいらとしては、宝の持ち腐れで終わるのではないかという危惧がある。

 ともかくおいらは「汎用」マシンが相当好きらしい。もう昨今、どこでもT40pをばこばこ使いまくっている。

 ドキュメント作成からDTP、3DCG作成までやっているし、同じマシンでWebブラウジングもする。それで検索をかけたりして調べ物したり、メールだって当然書く。そしてそれらを1台でやっているので、様々なデータをコピー&ペーストでやりとりして、結構重宝しているわけだ。

 そしてノートなので、大抵の場所で大抵のことが出来る。家でそれらをやろうとすると、私物に囲まれているので集中できない。…ので、外でも出来るそれがいいわけだ。

 ただ、当然のごとく、重い。…ので、過去のPDA好きな時期は、そういったことを代行できるるんじゃないか…という期待でPDA好きになっていたような気がする。

 しかし当然のことながらPDAだとその中の一部しか行えなくなり、データの同期が当然必須。その管理が面倒だわなんだわ…ってことだと思う。

 ザウルスもデータ同期していた頃は結構頻繁に使用していたのだが、ちっと同期に失敗したり、ケーブル接続が面倒くさくなってくると…どうも…。

 いつも期待しているのだが、なかなか思惑通りにいかず、長続きしない理由がここにあると思う。「飽きっぽい」だったらそもそも、ノートもここまで続かないはずだ。

 そう考えると、W-ZERO3ではなく、702NKの方が魅力的に思えてきてしまう。

 ただ、リンク先の記事に「若干」賛同と前述したのは、その比較の理由が全然違うからだ。片手で操作…というのはあまり問題にはしていない。そもそも今の携帯だって(SH503)両手で操作しているし(^^;)。

 まず、最近リンクソフトがバージョンアップし、702NKのSNS(携帯メールか?)をパソコンのキーボードを使って打ち込むことが可能になった。出先で携帯メール打つのにいちいちノートPCを持ち出す気か?…というとさにあらず。外は別に携帯だけでメール打つのに問題はない。

 問題は家など。目の前に打ちやすいキーボードがあるのに、携帯で打つのは面倒。しかし「携帯でのメールのやりとり」にこだわるというか、都合のいい人もいるので、無理矢理Outlookからのメールに切り替えるのも面倒。

 なので、携帯でメールを打つのにPCのキーボードを使える機能というのは実はちょっと欲しかった。

 また、ケーブルレスでPCの通信が行えるのも良い。まぁ通信料の問題もあるのだが、近くにあるだけでさくっと繋がるのが良い。

 他にもあるが、まぁ大体そんなわけで…大体Bluetoothによる接続の利点を活かせる機能を中心にして、その使い勝手がありそうな方を選択するのがおいらの特色らしい…というか、PCそのものを中心にして…ってところだろうか。

 大体おいらのニーズが特徴づいてきた(?)ような気がする。

 …かといって、別にPDA不要論を唱えるわけでもない。

 特にW-ZERO3にはPDAに求める「軽さ」「ビュワーとしての機敏さ」「通信のしやすさ」がまだある。

 ちょっと情報を取り出したいときにいちいちノートPCを取り出すのは不便だ。明らかにノートPCでの作業時間は無いのに、そちらで閲覧したいデータをノートPCで持っていくのはナンセンス…ともなれば、PDAが都合が良いのは決まっている。702NKだと容量と画面が狭いしね。

 結局、そこらへんの使いやすさがあるかどうか…というと、「同期」などのしやすさを考えれば、WindowsMobileといったOSはメインマシンとの親和性で今まで以上に有利だし、無線LANというのも気になる。

 ワイヤレス環境はおそらくおいらの用途ではBluetoothが最適だったのだろうが、これがついてない以上、無線LANが代わりに使えるかどうかが問題になる。

 そこら辺が保留の理由だ。

 まぁ時期が来れば明らかになっていく部分もあるし、おいおい調べていこうかと思う。…とりあえずWPCで見られるか?どうだ?

あ、出るんだ

 前々から完成品だったら欲しいなー…と思っていた海洋堂&吉沢光正氏のキャミィが、来年の2月25日にノーマルキャミィ白キャミィと発売されるらしい。おお、やっと。

 値段はamazonで6,248円かー…。どちらか1体だな(^^;)。うーん…、白かなぁ…。両方欲しい気もするが、とりあえず…ってことで…。

 予約注文するのはどこがいいかしら?いや、別にamazonでいいとも思うけれど、なんかTMXくんあたりから「やめとけ」と声がかかりそうだ(^^;)。

 別にいつ届こうと構わないのだが、値段がそれなりに割り引かれていれば、秋葉原でもいいし…、どこか別の所にするべきか。

2005/10/25

おり?Flash8はいいかも?

 最近知ったんだけれども、今度のFlash8は、描画モードの乗算とかできるようになっているそうな。以前にも書いたが、ベクトルデータで絵を描きつつ、色塗りに乗算などを使用する身としては、Flashのそのモードの未搭載がかなりはがゆかった。

 Illustratorの読み取り精度も気になる。線を引くのはIllustratorが楽だけど、塗るのはFlashの方が楽だし。

 前にも書いたけれど、アップグレードの勧誘がきていたけれど、これっ…っていうきっかけがなかった。乗算モードは個人的にかなりいい材料なので、とりあえず体験版をいじくってみた。

 本当に“簡単に”…だが、Illustratorで描いたコスプレイラストの線画のような、カリグラフィ満載の画像を読み込んでみると、CSでのファイルをなんなく読んでくれた。

 以前に作成した、色塗りもIllustratorで作成したファイルも読み込んでみたが、グラデーションがかかっているパスはビットマップに変換されているようでそこだけはパス…ってわけにいかなかった。まぁ色塗り部分の問題は、そもそもFlash8上で色塗りしよう…ってところで個人的には問題はないかも。

 …まぁここまでは、以前のバージョンでも大丈夫だったかな(^^;)。

 問題は乗算…なのだが、例えば色を塗った後、該当部分をシンボル化してしまえば、乗算合成などを指定できる。逆に言えばシンボル化しなければならないのだが、それはおいらの使用上は問題ないかな?

 透明度とかも指定できるので、色々使いでがありそうな気も…。

 おいらのお絵かきに結構使えそうな気がしてきた。やはりStudio8としてアップグレードしておこうかなぁ…。金があれば…(^^;)。

スキャナの選び方

 友人にフィルムのCD-R取り込みについて聞かれたのだが、よくわからんがブローニーのフィルムらしく、そんじょそこらのCD-R焼き込みサービスでは対応できないらしい(できて高額)。

 …となると、自前でスキャン…ってことになるが、そっち方面はちっとうといわし(^^;)。

 ただまぁうろ覚えで最近は透過原稿読み取りユニット込みでも結構安いフラットヘッドスキャナもあったような気がしたので、それを進めることにして、店頭に行ってみた。

 ちなみに、35mmならともかく、それより表面積がデカいフィルムの読み取りとなると、フィルムスキャナのジャンルだと高額になるのは目に見えていたので、そちら方面は最初から却下。

 実際行ってみると驚いたのだが、最近のスキャナって安いのね。複合機が流行っているせいだろうか?最初から透過原稿読み取りユニットもついていたりしても、やっぱり安い。科学技術の発達がこうも進んでいるとは!(違)

 とりあえずいくつか条件を整えてみた。

1.ブローニー等、フィルムが読めること。
2.できるだけ高解像度。
3.色深度が深いこと。

 1.は今回の用途なら当たり前の話だが、1~2万円以上のスキャナなら、大抵なんらかの手段でフィルムが読めるのは当たり前…って形になっている気がする。すげぇ。さすがにブローニーは上位機種に限られてしまうが、ほとんど標準装備で読めてしまうのがスゴい。

 2.としてはやはり拡大して使うものだから、解像度は高い方がいい。意外とフィルムスキャナと遜色ないスペックだったりするから、フラットヘッドスキャナも侮れない。

 A4で300dpiにしたい場合、35mmフィルムを何dpiにすればいいんだ?35mmフィルムって、横幅が35mmなんでしょ?

 …となると、A4横は297mmだったような。約8.5倍。300dpiの8.5倍は2,550dpi…ってことか?計算間違ってないか?大丈夫か?

 2万円台半ばとなると、3,200dpiとかいうのがあるし、これは結構いいんじゃねーか?トリミングとかすることを考えれば、最上位の4,800dpiくらいは欲しいが。

 まぁブローニーを使うなら、そもそもフィルムの表面積が大きいので、3,200dpiでも大丈夫か?

 そして3.。ここが個人的にミソなのだが、フィルムをなんで使うか…というと、デジカメよりも解像度などが優れているからだ。

 その最たるものが色深度。デジカメの場合は8bitの1600万色程度の色彩しか表現できないが(いや、RAWもあるけれど、ここではさておく(使い慣れてないし(^^;))、フィルムは当然それ以上…ってことになる。

 しかしそれを結局8bitでスキャンして読み込めば、色情報の欠損が起きて、結局デジカメで写したのと同じ事になる。

 …となると、せめて8bit超の読み込みを行わなければならない。

 PhotoShopでは16bitカラーモードというのがあり、より深い色深度情報を維持したまま作業が行える。多少フィルタを通しても、マッハバンドとか出てこないようなことになるわけで、せめて16bitで読み取りを行いたい。

 そうすればデジカメでは白飛び、黒飛びしてしまうカットでも、16itでそのあたりを正確に読み取り、それをすぐさま8bitにしてしまっては意味がないから、多少加工して8bitでもディティールがわかるようにする…とかいうことにすれば、デジカメ以上にフィルムの恩恵がでてくるわけだ。

 そういう16bitモードがあるか…というのが気になるところだが、CANONだと結構スタンダードなモデルから当たり前に、EPSONだとほとんどのラインナップが16bitモード読み取り可能だった。おお!知らなかった…。

 プロユースは知らないが、おいらの用途程度(写真をレイアウトしてPDFにして友人に配る(印刷しても堪えうる解像度で))だったら、問題ねーんじゃないか?

 で、3,200dpi程度でいいなら、2万5千円程度でどーにかなりそうだ。

 写真は現像のみで自分で読み撮りすればいいし。まぁ、CD-R焼き込みサービスで安いところだと1本400円ってのもあるし、インデックス代わりにやってもらうというのも手だろうが、撮影コマによってはPhotoCDでないと…ってのもあるし、そうすると高く付く…のなら、スキャナで自分でやった方が早いわ、安上がりだわ…。

 ちょっと購入を考えてみよう。まぁ、年末以降になると思うが(^^;)。

2005/10/24

脚の苦痛

 結局の所、2日合わせて100km超の走行を3週間ぶりにしたせいか、ふくらはぎが痛い(^^;)。

 まぁ、それだけ運動できたんだ…ってことにもなるので、精神的にはツラくはない。物理的に痛いもんは痛いが(^^;)。

 しかしなー。町田なんで「ぶらっと」でかけた程度の話で、奥多摩だって飯能に行っているのと距離的には変わらない。1ヶ月前なら2日に分けてのそんな走行だったら、多少倦怠感は残っても痛くなるまで…ってのはないんだけれどな。

 それだけ運動不足だったんだな。…なまりってのは恐ろしい…。

 今後は運動を維持できるようにしたいところだが、どうだろう?天候ばかりはどうしようもない。ポンチョつけて走りまくる…ってのもどーかと思う。家の中に運動できるスペースはない(周りにも)。

 …となると、ジムか?YuNKさんみたいに。

 あれって…月額1万円くらい払えば、自由に出入りして練習器具を利用して運動したり、インストラクターの指導とか受けられるのか?

 しかしな、基本的に自転車メインで、サブにジム…となると、月額が高くなってしまうな。

 かといってジムをメインには出来ない。なんで自転車走行を維持できているかっつーと、走るコースを変えたり、色々変化させていることで「飽きない」ようにしているからだし、そもそも行く先に目的を作れるので、自転車がメインという意識を作らずにいられるからだ。

 そして目的に食い物関係が多いのも、「食欲」を利用してパワーを得ていることもある(^^;)三大欲求はえっらいパワーの源でやんす。

 ジムでの運動となると、そういうおいらの「維持しやすさ」がごっそり抜けているので、飽きやすいのは明らか。

 メインには出来ない。かといって、サブでは高すぎる…ってのでジムはちょっとなぁ…。しかし他に選択肢はないし…。一時利用とかのシステムとかあんのかな?今度確認してみようかな…。

2005/10/23

釜飯のススメ

 最近の雨続きで溜まった鬱憤を晴らすように走った昨日だが、当然晴らしきってない。そもそも雨ん中の走行やし。

 そんなわけでほとんど無理矢理(^^;)スマんっす、NebulaさんとNashさんを誘って、奥多摩の釜飯を食べに行くことに。

 青梅の向こうに日向和田という駅があり、すぐ目と鼻の先に釜飯屋がある。昔っからあるもんで、何年も前から、 それこそ前世紀からあるのは知っていたし、評判だったのも知っていた。

 しかし何故かまったく行く機会が無く、近くのへそまんじゅうは買ったことあるくせに、なかなか…。

 で、今回は「ともかく長距離走りたい」欲求を満たすため、しかし日曜なので飯能ルートは使えないので、適当な目的地を探していたら、 そこにたどりついた次第。うん、いい機会だ。

 そんなわけで多摩川沿いのY'sパークに集合とあいなった。

 そういえばY'sは移転してましたな。旧店舗に行ったら移動先が書かれた張り紙がしてあったけれど、「走って3分」と書いてあった。

 そりゃ、自転車走行でですな(^^;)。

 しかも20kmで走ると5分くらいかかるんですけれど(^^;)。30km前提でせうか?(^^;)車かよ

 まぁ、でも今までと遜色ない店舗になっているようで、よかった気もしますが。店内に自転車駐めておけるし。


 あ、そうそう。ちょっと今回店員さんに聞いてみたんだけれど、SPDをそろそろどーにかしようかと。

 で、Y'sっていつもビンディング用の靴が置いてあるじゃないですか。しかし裏を見てみると、金具がついてない。 マウントするねじ穴があるものもあるけれど、無いものもある。

 ペダルはペダルで売っている。…はて?靴に取り付ける金具っつーのはドコにあるんだ?…と。

 常日頃疑問に思っていたことを店員にぶつけてみたところ、こういう答えが返ってきた。

 「SPDの靴側の金具は、ペダルと一緒のパッケージになっている。靴を買って、自分で取り付けることになる。ねじ穴がない靴もあるが、 取り付けるスペースのところがカバーになっていて、それを外せば他の靴と同じねじ穴が現れる」

 なるほどね。

 ただ、あとで気がついたのだが、ビンディング用の靴はSPDだろうが、それ以外のビンディングだろうが、どれにでも使えるのか? シマノのSPDとか、それ以外のメーカーのビンディングは共通規格ではないので、金具とペダルのメーカーが違うのは知っている。

 ただ、靴とビンディング金具を取り付けるねじ穴は共通規格なのか?違うのか?シマノ製ではない靴(…というか、 Y'sで売っているビンディング靴、全種)を買ってきて、SPDを取り付けるとかいうことは可能なのだろうか?

 誰か教えて(^^;)。

 そのあたりが判明すれば、とりあえず資金次第だけれど、SPD化も目指してみようかと>BSM。


 ま、そういうY'sのやりとりがありながら、のんびりと出発。多摩川沿いを北上して、吉野街道経由で日向和田に。

 うーんと、Y'sを10時45分くらいに出て、日向和田に着いたのは13時くらいだっけ?35km程度だったから、まぁそんなもんか。

 ちなみに、NebulaさんとNashさんはM5とBikeEと、リカンベントコンビ。

 目立つ目立つ(^^;)。うらやましいくらいに目立つ。

 走行中注目を浴びるのはもちろんのこと、駐停車の機会ある毎に声をかけられる。おいらのBSMはまったく無視。 おいらん方が高いっちゅーねん(^^;)そういえば値段の話はあまり聞かれなかった気が…。

 うーん、いいなぁ…。おいらも駐輪場の問題さえどーにかなれば、タルタルのTypeRが欲しいところなのだが…。

 今の住まいも駐輪場があるわけだが、「高い自転車を置いておく」ところではないってことで。…でも、 リカンベントなんて盗もうとするヤツはいねーか?(^^;)目立つし

 しかも今日はえっらく良い天気&陽気。天気予報では26度と気温が高くなる…という話だったが、 自転車漕いでいて辛くなるような陽気ではなかった。まさにリカンベント日よりだった気がする。

 ああ、やっぱりうらやましい(^^;)。

 ま、そんなのんびり走行が似合っていた行程でした。


05102301  さて、肝心の釜飯。店舗は結構みずぼらしいが、聞くところによると以前火災にあって、 どうも仮の店舗らしい…って、立て直すつもりも無さそうなのだが(^^;)。

 それでも結構繁盛していて、席が埋まって席待ち…って程でもないが、我々が食事している間も結構頻繁に来客があった。

 ともあれ、そんなわけで釜飯セットを注文。水炊きにうどんを入れるオプションも装備。これが結構アタリに繋がる。

05102302  ちなみに釜飯を注文するとすぐに出てくるのが前菜というかなんというか、これ。温泉卵 (ほとんど黄身は固まっていたが)に里芋、そしてこの店名物の梅のブドウ糖煮。

 これが美味い。甘く仕上がってそうで、確かに甘いのだが、クセのある甘さではなく、しっとりとしているというか…。結構やみつきになりそうで、 瓶詰めを一つ所望してしまった。

 そういえば家に持ち帰ると、お袋の田舎でも蜂蜜煮っつーのがあるという話になったのだが、食わせてみるとかなり違うらしい。 なんか独自の食べ物なんだろうなぁ。

 なお、「梅干しのブドウ糖煮」ではないので念のため。「干し」の一言を付け加えてしまうと、「梅干し」 自体も売っているこの店では話が通じなくなるので要注意(^^;)実体験。

05102303  釜飯も右の通りにでてくるのだが、えっらい食材が多い。めちゃくちゃ多い。 Webの情報によると、150種類入っているらしい。150はどうよ?…って気もするが、調味料とかを含めると、 確かにそんな気はする。

 普段、種類の少ない食事を取っているとかなりショッキングだが、とはいえ美味い。美味いもんは美味いし、栄養も豊富、バランスも良さそうで、 結構いいねー。さりげに肉がえっらい少ないというのもヘルシー指向?なんか自転車出来ると色々似合う飯って感じも(^^;)意味不明。

 ただ、一番のお気に入りはキノコのドライフーズ…っつーかなんつーか。写真のど真ん中にあるヤツ。

 地元のキノコを干したやつ…っていか、干した上でなんか調味料付きで炒めるか揚げていると思うのだが、これが結構美味い。 飯にも酒にもあいそうな感じで、思わず梅のブドウ糖煮と同じく単品売りはしてないか確認してしまったくらい。

 しかし残念ながら、そもそも材料が少なく、サービスで付けているだけで単品売りはしてないらしい。がっかり。

 まぁでもおいしくいただきましたよ。また食べに来たいなぁ。他にも魅惑のメニューもあったりするので。


 で、ここまで来たなら、このまま帰るのももったいない…ということで、澤ノ井のあたり。「澤井」ではなく、「澤ノ井」 (^^;)わかる人にはわかる。

05102304  その中の…、いもうと屋だっけ?に行ってみたり。

05102305  ここで所望したのはこのきき酒セット(^^;)。

 いや、Nebulaさんが豆腐御膳食え食え…ってうるさかったんだけれど、それはそれで美味そうなんだけれど、 釜飯食って30分しか経ってないっつーの。で、澤ノ井直営のお店…ともなれば、豆腐食えないなら酒かな。しかしがっつんがっつん飲めないし。 自転車だし、そもそも下戸だし。

 しかしとはいえ、酒が嫌いなわけじゃぁない。…となれば、少量で、しかし数種の酒の味が楽しめる…となれば、「それ、魅力(大泉風)」 (^^;)。

 そんなわけできき酒にチャレンジしてみたが(本当のきき酒では、当然のごとく、ないわけだが(^^;))、 全部のみ干せない下戸っぷり(^^;)弱っ。

 ただ、やはり大吟醸は美味かった。美味くて飲み干した。うん、このくらいの量がちょうど良いね(^^;)。

 また、その隣の秋あがりも美味かったね。

 前者はすっきり、後者は色々含みがある…といった、対照的なんだけれど、その対比もまた面白く、飲み応えがあるというか…。 これも飲み干したなぁ。いや、面白かった。

 全部を飲み干さなかったのは「飲めなかった」というよりは「へべれけになれない」事情のための方で、いいところでセーブできたと思うのだが、 さすがにそのまま自転車には乗れない。

 まぁ他の面子が「日向で一寝入りしたい」とまぁ川辺の休憩の話もあったので、いもうと屋すぐ下の川辺で休憩。

05102306  そのときに撮ったのがこの写真。もうすっかり秋ですよ、このあたりは。谷間ってこともあり、 結構寒く、「暑くなったら半袖に着替えよう」と持っていた予備着をあわてて重ね着する始末。

 でもその分、日差しがここちよく、そして羽虫どもがその陽にあたって幻想的だったりもする。うーん、いいねぇ。

 右の写真にもその羽虫は入っているんだけれど、横1024でも見えなくなってしまう小さなそれなので、ポップアップ表示も省略(^^;)。 まぁ、おいらだけの想い出にさせてもらいますわ。

 川の水も綺麗だわ、せせらぎも気持ちいいわ、来て良かった。やっぱ都会でうだうだしてちゃあかん(^^;)。

 ただ、ここでのんびりしすぎたせいか、帰りは多摩川沿いを走っている時点で日没。暗闇の中の走行になってしまった。これからの時期、 これが怖い。

 多摩川沿いって結構くらいんですわ。特に昭島から立川にかけての区間。暗すぎてコウモリも衝突してくる始末(超音波で俺くらいよけろっつーの) 。

 ここでNebulaさんのハロゲンランプ(だっけ?)が威力を発揮。さすがに通勤に使用するだけのことはある…。無敵。


 ともあれ、そんな楽しい旅でした。結局往復80kmくらいか。まぁ、上々。

 これからの季節、気温と服装のかねあいが難しいということも痛感した旅でした。

 あと、2日も出かけると、家に帰っても他作業ができないので(睡魔との戦いで(^^;)土曜はDVD持ってない踊る2の影響もあったが)、 創作活動にも支障が出るので、これからは1日程度に抑えよう(^^;)。

2005/10/22

町田の走り方

 今日は某氏の提案のネコの店と、別の某氏の提案でケーキバイキングと相成った。どちらも町田付近の店。 そこに集合して友人達と楽しむことに。

 正直、どちらも惹かれる「目的」ではあるが、今日はそれよりも「手段」の方が「目的」だった。

 以前より書いているが、今年の10月は異様なほど雨が多かった。そして用事もあったりしたせいか、なかなか休みの日に自転車に乗る機会が無く、 また通勤でも自転車が使えなかったりして、そんな日が3週間も続き、相当鬱憤が溜まっていた。

 …ので、この週末は久しぶりに町田とはいえ(片道20km未満)、がっつんがっつん走ろうかと思っていた。

 雨に濡れた道を走る車の音で目を覚ますまでは。

 天気予報では「そんな降らない」って話だったのに、結構降った痕跡がある。また、降雨レーダーで周辺を見ていると、 主に降っている地域は東の方なのだが、府中・町田のゾーンも時折雨雲が発生する感じ。

 いつの間にか変わっていた天気予報も、ぱらぱらの雨が今後も続くとか。

 普通なら雨な天気…ってことなので、自転車走行をあきらめるところなのだが、鬱憤パワーはおそろしく、結局BSMで出かけることに。

 実際、走り始めるとぱらぱら降り始め、結構からだが濡れる…といった感じ。もっとも、びしょぬれ…ってレベルではないので、 走っている間に端から乾いていくようで、ある程度それを想定して一応よごれてもいい程度の普段着で出かけてみたはいいが、 気を抜くと風邪をひいてしまいそうでもある。

 とはいえ、やはり久々の自転車走行は気持ちよかったので、とりあえず後悔はしてなかったり。 町田駅付近であやうくびしょぬれになりそうだったけれどね。

 ちなみに町田に行くには鎌倉街道で南下し、途中うだうだ曲がりくねって道を走った覚えがあるんですけれど、どうも最近、 鎌倉街道綾部原トンネルというのが開通したらしく、おいらん家からほとんど一直線で行けるようになっていた。起伏がちっとあるのだが、 別にきっつい坂ってことにはなっていないので、1時間ちょいで行けた。

 初めての道、降雨…ってのがなかったらもうちっと早く行けたような気もするのだが、どうだろう。


 まぁ交通手段の話でここまでひっぱるのもなんなのでおいときますが、えーと、まず最初に行ったのはネコの店。

05102201  …別にペットショップではないです。「ねこのみせ」http://nya-n.jp/ってところで、喫茶店にネコがいる… って感じなのですが…、

 多いわ、じゃれるわで…(^^;)。

 まぁネコ特有のなんかか、あまり「ねこだ、ねこ~!」と近寄るよる人間には構ってくれないようで、自然体の方が良さそうな感じ。

05102202  …でも黙ってられません(^^;)。ちなみにかぶっているのは、 YuNKさんがどうでしょう祭りでお土産に買ってきてくれた「藤やんお面」(^^;)ありがとー。かなりお気に入りです。

 目を隠した方がねこに警戒されない…という思惑もあったのですが、…あまり効果はありませんでした。

 まぁでもかなり癒されました。

05102203


 ちなみに、この店内の座り方がよくわかりません(^^;)謎。あと…、あまり追いかけ回さない方がいいんだろうなぁ(^^;)。 今度ゆっくりと一人で行ってみようかな。


 ケーキバイキングが相模大野の駅ビルん中にあるホテルのレストランでやってたもので、あまりトピックはないです(^^;)申し訳ないけれど。 いや、美味いのは美味いんだけれども、やはり甘いものを食べ続けるのがこんなにツラいものだとは(^^;)。

 しかしサラダとか、甘くないものもあったので、そちらに重点をおいて食いまくったら、結構量食ったような気がするなー。

 …サラダばかり(^^;)。

 美味いのも多かったのですが、そればかりに偏ったわし(^^;)。うーん…。

 まぁそんな一日でした。

 帰りは雨もあがっていたものの、暗くなったところで鎌倉街道を戻りました。結構明るくて、あまり照明で心配することはなかったみたい。

 ただ、やはり夜ということでスピードが出せず、結局行きと同じくらいのペース。

 往復35km。ん~、まぁリハビリがてらに、まぁまぁ(^^;)。

2005/10/21

むふぉ~っ!がふっ!!(吐血)

ウィルコム、Windows Mobile搭載のW-SIM対応端末「W-ZERO3」

 …い、いい!カッコいい!欲しい!!

 でも新規じゃないとダメか?機種変更ではすぐに受け付けてくれねぇか?…っつーか、ネット25とはいえ、結構長いユーザーなんだから、ちったぁ優遇してくれねぇか?(^^;)そういえばもう何年使っているんだっけか


 …とはいえ、もうPDAというカテゴリがなくなり、携帯電話端末(PHSも含む)に融合してしまったような感があるなぁ…。ある意味、感慨深いっつーか、なんつーか…。

 まぁザウルスも使い続けたい気もするが…っつーか、最近はもうザウルスも使ってないんだよなぁ…。無理矢理ノートPC持って出かけるようになっちったんで。

 さすがにT40pは重いので、もう少し軽いのが欲しいという気はするが。

 …X41Tabletか?(^^;) 今のタブレットPCと、X22とかを誰かいくらかで引き取ってくれれば…(^^;)ぉぃぉぃ。

 あと…なんか売って…、いや、ローンでも…(^^;)ぉぃ。

 

#ある程度詳細情報のあと…

 …やっぱ様子見かな(^^;)早っ!?。いや、嫌になったんじゃなくって、使用感をある程度確認しないと。ボタンの感触もわからんし。ちと一部GUIがカッコ悪いのが気に入らないなぁ…(アイコンは最近っぽい(?)けれど)。

 なんか仕様的にもまだ未定な部分も多そうなので、確定し、実際の仕様と使用が確認できるまでは待機していよう。あるいはある程度枯れてから?まぁ本当に枯れるまで待っていたら時間かかりそうだし…。12月発売っつーのなら、…1~2月くらいってのはどうだろう。それまでに色々既存のフリーソフトの動作確認とか待って…。

 第一、シャープ製の筐体なんでしょ?ひょっとしたら、W-SIM搭載のザウルスだって登場する可能性だって…。

 …いや、それだったら結局ザウルスを使いこなせなかった身としては、Windowsの延長で使えそうなW-ZERO3の方か?Bluetoothもあるし。あ、無いか。でも無線LANがあるなら、それでワイヤレス同期はできるか?ん?

 

##さらにWBSも見て…

 動かなくなっちゃった(着信できなくなった)のはベータ版だし、ご愛敬として(…とはいっても、開発者の心境は察するにあまりあるが)、あの筐体をまんま電話機として耳に当てるのは違和感あるな(^^;)。

 そういう意味ではM1000は良いね。

 でもイヤホンマイクを付ければいいだけの話という気も。

 だったらBluetoothでワイヤレス…ってのがスマートだと思うので、なおさら未搭載というのは惜しい。惜しすぎる。まぁ開発が大変になりそうだったのかな?ハード的に載っけりゃおしまい…ってわけでもないだろうしね。

 ただ、やはり現状でもいい感じはするね。多少情報は見えてきたので、あとはデータの同期のやりやすさ(ソフト的な使いやすさから、ワイヤレスで同期できるかという手軽さまで含む話)、汎用性の高さ(フリーソフトが使えるかどうかとか)等々かなぁ。

 あとは実際触って、料金プランも含めて…ってとこか。…以外と音声通話、使わなかったり>をれ。

 こないだ高速道路移動中、別の車に連絡取ろうとして、携帯にはすぐにつながったけれど、PHSはなかなか繋がらなかったしな。

 高速移動中とか、通話エリアの問題から、ボーダフォンよりも狭い通話範囲のそれなんかあってもなぁ(^^;)安いけれど、携帯の無料通話分以上の会話、しないし。データ通信だけは、タイミング見計らって出来ることなのでいいけれど、音声通話は携帯に一任して、少しでも安く済ますって手もあるか。

 ま、そんなわけで、やはり積極的様子見(?)。

人差し指の違和感

 物心ついた時…というか、パソコンに初めて触れはじめたときから、それはもうインターネットに繋がって、常時使いたい放題…って環境にいる人が結構多いと思うのだが、こちらはパソコン通信の時代からPCと向き合っている。

 その立場からすると、PC…というよりは、「掲示板への書き込み」がえっらく「安い」という違和感を持つ。

 常時接続で、好きなときに好きなだけ時間をかけて、好きなように書き込めるんだから、気軽な書き込みになるのは当然なのだが、パソコン通信の時代は違う。一つ書き込むにも通信時間によって電話代等がかかるため、できるだけ短時間で済まさなければならない。

 そのため、書きこむ内容をあらかじめ用意し、伝えたいことを最低限の文字数で伝えたり、オフラインでの書き込みを自動送信するツールなども登場し、しかしそれでもできるだけ書き込みを厳選するのが当たり前だった。読む方の負担も考えなければならないのだから。

 そのことを思い出すと、どうも匿名のどうってことのない書き込みが氾濫する掲示板とか見ていると、違和感を感じずにはいられない…というわけだ(そういうのだけではないし、息抜きにそういうところも必要とも思うが)。

 そんな違和感を感じるのに、デジカメもあったりする。

 デジカメの恩恵といえば、撮影コストの削減が挙げられる。プリントの必要・仕方次第でもあるが、フィルム撮影よりもコストが大幅に安くつき、また記録媒体の違いにより、一度の撮影枚数を多くすることができる。

 そういう恩恵も理解できるし、自分自身享受しているが、反面、「シャッターの軽さ」も感じずにはいられない。

 ある意味、「デジカメが氾濫しすぎて身近になりすぎ、マナーが軽んじられるようになった」という話に似ているのだが、正確には「気軽にシャッターを押しすぎて、あまり考えずに撮ってない?」という感想を持っている。

 フィルムん時はある意味、「真剣勝負」じゃないですか。しかしいろんな制約が外れてしまったデジカメでは、「数撮っておけば、いいのが何枚か残るはず」って感じで、シャッターの重みがなくなっている感じがするんですよ(フィルムでも仕事で湯水のごとく消費する人も知っていますが、それはまた別の話として)。

 未だにフィルムカメラでのシャッターは心地よいんですが、デジカメのシャッターにはそういう感慨が無い当たり、決して構造上の違い以外に、そういう違いが起因していると思うんですよ。

 まぁ別にシャッター切るのにいちいち腹切る覚悟で臨め…というつもりもないんですけれど(^^;)、そういう違いが結構写真を撮る喜びの違いにもなるんで…ねぇ。

 ちょっと最近、今までフィルムカメラには触ったことはないけれど、デイジイチを買って感動している人がいたわけですが、その感動はそれはそれでいいと思いますが、もっと深い感動を呼び起こす原点ももっと奥にある…ってあたりを知って欲しかった、あるいは説明しておきたかった…というちっと残念な気持ちがあったもので、こんな記事を書いてみたり。

 うん、未だにおいらがレンジファインダーで撮ることがある原因は、そのシャッターにもあると思うな。

2005/10/20

ヘルメットを被り始めたキャラクター達

 TOKさんの情報で以前、自転車に乗るテレビアニメが出る、という話を聞いていた。こないだたまたま目にしたのだが、自転車は3DCGだろうな、と思ったら、搭乗するキャラクタまで3Dでやんの。びっくり。

 ただ、キャラクタといっても、安全上ヘルメットをしているので(オフロードのヤツ)、表情などは見えない。表情を見せるときはおそらくアップになり、それは手書き描画になっているんだろう。

 そーか、顔が見えないまでも人間の形をしたキャラクタまでも3Dなのか…とか思ったが、考えてみれば…なんだっけ、競艇のアニメも船と搭乗者は3Dだった。そういえばあちらもヘルメットかぶっているなぁ。

 より複雑な姿勢を取る自転車の方が難度が上がっているとはいえ、モーションも自然に見えて、「自転車に乗っている」感があったので感心しちゃったり(ちらっとしか見てないが)。

 そのうち表情付きのキャラクタも3Dになんのかなぁ…とか思ったりもして(確かSDガンダムでもうあった気がするが(^^;))。


 そういえば自転車だけでなく、カートのアニメもあるのね。…それもヘルメットかぶっているなぁ(^^;)それもフルフェイス。

 そちらも3Dのモーションがなかなかのものだったが、むしろ飯能っぽいサーキットの雰囲気や、疾走感がいつぞやの体験のまんま…ってあたりが結構リアルで、面白かった。

 まぁそちらもちらっとしか見てないのだが(^^;)。


 うーんと、他にヘルメット被る競技は…。あ、でも、アイシールド21は3Dキャラじゃねーなー(^^;)。

どこでもテレビ

外出先からPSPやPCで自宅のテレビが見られる画期的な製品
ソニーの新型ロケーションフリー「LF-PK1」

 一応、自分用メモ…ってことで。

 あまり外出先でテレビを見よう…ってことはないんだけれど、家の中では移動させたいという欲求があるので、PSPで見られるのならばいいと思う。

 …全然使ってないしね、PSP(^^;)。まさかテレビビュワーとしての未来が待っていたとは…。

 まぁ、元々11aのネットワークが我が家にあるので、それに追加する形の11g/bネットワークってことで、導入しやすそう…って気もする。

 まぁ、買うにしてもクリスマスシーズン…って気がするが(^^;)。

2005/10/19

年の瀬に向けて

 職場に年賀はがきの購買申し込み用紙が配られた。

 …もうそんな季節か。んでもここ数年、年賀状を描いていない気がするな…(^^;)。そもそも年賀絵自体、描いていない気が…。

 CG合宿も終わって、手すきになったんだから、ちっとは描いてみるか。まぁ後始末とか、色々やらなければならないこともあるような気もするのだが(^^;)。

 …というか、そもそも住所を知っている友人があまりいない気がする(^^;)。

タブレットPCの復権?

 富士通から久々にタブレットPCの新型が発表された。

 X41Tabletも最近出たところだが、ここに来て復権の兆しか?…と勘ぐってしまう。

 毎度書いているが、TabletPCという概念自体はいいが、ハードがそれを魅力的に思わせるものになっていない…という難点があり(正直言えば、ソフトもまだ絵描きとプレゼンやマーケティング等一部ビジネスユース以外に必要と思わせるものがない)、普及に至らず、逆にそのことによってラインナップバリエーションが無く、またそれによって販売促進の阻害になり、また価格も高いまま…、そういうことで割高のままで…と、悪循環に至っている。

 絵を描かなくても、一般的な用途にしか使わない人でも、TabletPCって使いやすいはずなんだが…。

 そんなことを考えながら富士通の新しいラインナップを見てみると、妙な位置づけのマシンを見つけた

1キロを切る超小型・軽量のコンバーチブル型タブレットPC──富士通「FMV LIFEBOOK P8210」 (1/2)

 P8210の何が違うかって、その本体重量、約990g…ってところではなく、タッチパネルというところだ。これは筆圧を必要とする絵描きには向かず、また単にペンで線を引くにしても、そのために手を置いた部分がペン先として認識されてしまい、まともにペン先を認識させられない…という問題を持ってしまう。

 過去の筆圧非対応のタブレットPCだって、タッチパネルではなく、専用ペンを使用したのはそういうことだ。タッチパネルのPDAは画面が手よりも小さいので、ペン先以外の部分が接地されないことを前提に出来る設計になっている…はずだ。

 そんなわけで、果たして役に立つタブレットPCなのか?…とか思っていたら、リンク先の記事の通り、そこらへんは圧力の調整とかで、普通に手を置いてもペン先の方をペン先と認識してちゃんと線が引けるらしい。

 勿論指先でも。

 …となると、筆圧を必要とする描画は出来ないだろうが、お絵かきBBSといった程度の描画は可能だし、なにより指先でちょちょいと操作できる便利さもある。

 画面が狭いという欠点はあるものの、ペン以外でも画面を直接操作できるので、意外と使い出があるかもしれない。

 まぁそちらばかりがこれから普及してしまったら、絵かきとしては嫌な未来になってしまうが(^^;)。

2005/10/18

ささやかな欲求

 こんなニュースを発見。

「部屋が違う」で誤認判明=別の男性に逮捕状執行-岡山県警

 これがなんでニュースになるのかわからない。これは誤認逮捕っつーか、本人確認の時点で、声をかけられた方が明白な嘘をついていたので仕方なかったでしょう。勿論もっとしっかり顔の確認を取るとか、方法はあっただろうが、責めるまではいかない話だと思う。

 その場で指紋・DNA判定までしろという話にまで至ってしまいそうだ。

 ただ、誤認逮捕された形の男のやったことも…わからんでもない。おいらもその場だったら、つい、「はい」と答えてしまいそうだ(^^;)。絶対釈放されるとわかっているなら、いっぺんくらいは手錠かけられてみたいし~(^^;)ぉぃ。

2005/10/17

もういやじゃー!

 雨、雨、雨…、もう2週間以上も雨に見舞われているんじゃねーか!?

 もう勘弁してくれーっ!!

 週末か。今週末こそ晴れるのか?土曜だろうが、日曜だろうが、晴れれば走る!走りに行くぞ!走って走って走りまくるのじゃーっ!!

下見の成果

 いつぞや「下見」と言っていた浜松に今度こそ本番で行ってきました。遊びっぽいですが、ほとんど仕事です。本業じゃないですけれど。 かといって、金もらえるわけではないので念のため。むしろ減ってます。

 まぁ…、他の人がこれやれるのか(時間的に)…と心配なので、やってるようなもんで…(^^;)謎。

 内容についてはここでは触れませんが、ちっとおまけな話を。

 下見したときにちろっと書いているのですが、 「ふじ花」という蕎麦屋が気になって、 気になって。下見の時は食べられなかったので、本番の時になんとか時間を見つけて…と思ったら、初日移動時にさっそくチャンスが!

05101501  車移動だったので渋滞などを鑑み、移動開始時間を早めに設定したせいか、 予定時間より2時間も早く着いてしまい、しっかり自由時間を確保。

 同じく車移動の人も含め、6人で行けることになった。

 入ってみると、ページ通りの木造家屋が、しかし結構目新しい感じ。聞いてみるとまだ1年半くらいしか経っていないらしい。

 ともあれ、早速何か注文せねば…ということで、私は何となくおろし蕎麦を注文。他には普通のざるそばや、変わり蕎麦を注文する面子。

 ちなみに、変わり蕎麦とは日替わりで、ちょっと変わった蕎麦になっているらしく、今日は青のりが入った蕎麦なんだそうだ。

 また、田舎蕎麦というのもあって、蕎麦の実の皮が入って、黒い蕎麦になっているらしかったのだが、この日は売り切れた後。むぅ、残念。

05101502  で、出てきたおろし蕎麦はこんな感じ。むぉう、いいねぇ。十割そば…ってわけではないけれど、 これが結構腰の強い蕎麦で、食い応えがあるある。

 また、他の人が頼んだ変わり蕎麦だけど、青のりが入っている…ってんで、てっきり薬味に青のりがついてくるのかと思ったら…、 蕎麦と一緒に練り込んで、麺の方に入っていたよ!

 そっちかよ!

 かなり度肝を抜かれました(^^;)。

 ただ、梅干しといい、つゆといい、素朴に、しっかり確実に美味しく、心落ち着ける味だったりして、同行者全員太鼓判を押していました。

 …なんか以前の下見、一番の収穫だったかも(^^;)本来の目的とちゃう。あー、もう一度行きて~。

 ちなみに、天ぷらも食った人に言わせれば絶品(食い終わり、店を出るまで秘密にしておきたいくらいの魅惑だったらしい)、 そばアイスもお勧めです。

2005/10/14

Acrobat再び

 Acrobat7でPDFキャビネットが使えなかった件だが、サポートに連絡して解決をみた。ほっ。

 電話が繋がるまでは長いのだが(長すぎて、「折り返し連絡します」という電話待ちになった)、その後は早かった。

 具体的な手順は…公開したいところだけれど、個人的にはえっらく簡単な操作だと思ってはいるんだが、若干エクスプローラーの設定とかの話に食い込んだり、既存のユーザーデータを破壊しかねない話なので、ここでは差し控える。

 ここの読者なら誰でもできる操作とは思うんだけれども(^^;)。

 まぁ無償サポートの範疇で良かった。インストール、使用中のトラブルは無償なのね。

 操作、テクニックなどは有償か。そーか、「こういう画像を作りたいんだけれど」とかいう話でも、有償なら答えてくれるわけか?仕事で画像作っていたりすれば、それはそれでいいサービスだなぁ。

 でもまぁ、無償で良かった(^^;)繰り返すが。

 一応デスクキャビネットとか使ってPDFキャビネットの代わりにしていたが、やはり本家の方が使いやすいので、これでまたばしばし使わなければ。

 デスクキャビネットはそれはそれでPDF以外のキャビネットとして使えばいいんだし。

PSPの使い方

SCEI、PSPが「ロケーションフリー」やDRM、AESに対応

 ふーん…。そういえば我が家ではPSPが埃被っていたなぁ(^^;)。ファームウェアも一番最初のままだ(^^;)。

 いまいちゲームに打ち込めず、かといってUMDビデオも見る気はない…となると、モバイルテレビ…ってのは悪くないな。画質、チャンネル気軽に変えられるのか、そのレスポンスとか気になるので、一回デモを見てからになるだろうけれど、PCでテキスト打っているときに、同じ視線の範囲にテレビがあると便利だなぁ…とは思っていたので>家の中で。我が家ではPCとTVと同じ視線上に結ぶのは、ノートでも至難の業だから(^^;)どういう構造だよ。

 PCん中で再生していたら、ウィンド邪魔やし、画面縮小したらよくわからんし(^^;)。

 んでも筐体別だから、PC画面と一緒…ってのが逆に難しいとは思うが、画面横に「引っかけられるように」並べられるといいなぁ…。

 ダメなら…、LF-PK1なんだし、やっぱテキスト打っているPCで見るか(^^;)ぉぃ。

おそらく

 15日と16日は日記更新がおろそかになると思いますので念のため。

 場合によっては翌日も。

 ああ、でもこれでやっと開放されるのだろうか…?来週からは自由なのだろうか?

パソコン関連でいくつか

 ちょっと気になったこととか、自分メモとか。

 Macromedia Studio 8が発表になった。おいらの場合、5万円程度でアップグレードできるらしい。

 要するにDreamweaver、Flash、Fireworks、FreeHand全部入りってことでしょ?んでもこの中で使うのは、Flash、もう一つ強いて挙げればDreamweaverってところ。

 しかしFlashはそのうちばりばり使うかも知れないが、blogべったりな最近だと、Dreamweaverは旧バージョンのままでも事足りちゃうんだよな。そして他のグラフィックツールはAdobeで事足りてしまう…。

 Flashだけのアップグレードも可能っちゃー可能だし、Dreamweaverだけのそれも有り。ただ、二つ合わせると5万円を軽く超えてしまうので、Studio8としてアップグレードした方がお得。

 さすがにFlashだけのそれと割り切ればまだ安いが…。うーん…、別にHTMLエディタの最新機能は今後絶対使わないとは言い切れないし、AdobeGoLiveCSで全部済むとも思ってないしね。

 やっぱStudio8としてアップグレードしておいた方がいいのかなぁ…。

 
  

 前にも書いた気がするが、Macは欲しいが、今あるPCで「やりたいこと」は大体事足りているので、それ以外の用途がメインになるような機能を持ったMacが欲しい。

 それはなんの機能かというと、TV表示機能。PCをテレビ代わりに使う…ってことは意外にもしていない。キャプチャユニットとかは持ってはいるが、テレビ+HDDレコーダで基本的にこと足り、よっぽど重要な番組がバッティングして同時録画をしなければならない…って時だけ使用する程度で、ちっとも…。

 …だもんで、現在のブラウン管のテレビに代わり、SONYのスゴ録をつなげられる、チューナー付きのMacがあればいいかなー…とか思ったりする。パソコンでHDD録画しようとはなぜか思わないらしい>をれ(^^;)。

 まぁMac用のサードパーティーのなんかを買えば、そんな環境、すぐにでもできそうな気もするが、どーも内蔵型にこだわっているらしい>をれ。

 最近も新しいiMacが発表になったが、そういう発表があるとすかさず入れるチェックはそういうところ。うーん、なかなか要求に見合ったものは無いねぇ…。

 まぁ合致したところで、本当に買うかどうかは怪しいが(^^;)。いや、確かに今回のiMacG5はかなり魅力的なのだが…。リモコンでテレビ操作とか機敏に出来れば、それだけでもう今のテレビの代替に欲しいなぁ…。

2005/10/13

猫の指

女性足指けが事件:「猫犯人説」に異論噴出 無実の声も

 例のあの事件に関し、動物愛護団体が反論の声を挙げている。

 …というか、この事件の話を職場でしていたとき、私の正面に座っている人が「えっ!?」と驚いていた。

 事件の後の話だったので、まだニュースを見ていなかったのかな…と思っていたが、そうではないらしい。

 「猫が老人の足の指を食いちぎった」

 のではなく、

 「老人が猫の足の指を食いちぎった」

 と勘違いしていたらしい。

 そりゃ動物愛護団体も怒るわな(^^;)。

鞄のラインナップ

 そういえば鞄…。

 まず、そろそろ以前書いた革の鞄の補修をどーにかせねば。せめて見積くらいは。いや、鞄自体は直したいが、リュックとして使えるようになるパーツの手配が着かなければ、それも無意味か。そこらへんを確認しなければ。

 で、もう一つ。大きな鞄がないことに気がついた。

 ノートPC(T40p)を入れる鞄はある。それとともに本などを数冊入れられる鞄もある(まぁそれが革鞄で、今使用不可能なのだが)。それよりも大きいのとなると、キャリー付きの旅行鞄しかない。

 それはそれで宮古島でも重宝したので良いのだが、間を埋める大きさの鞄がないことに気がついた。ノートPC(T40p)とカメラ数台入れられて、背負える…ってあたりではどうだろう?それくらいの大きさの鞄が欲しいな。

 …で、ぎりぎりショッパーに入れば文句なし(^^;)。

 来月半ばまでは金欠が続くので(でも買わなければならないものもあるので、なおさら…)、それ以降にでも…。

2005/10/12

日記の書き方がわからない…

 最近日記の更新が思わしくない。なーんか日記のネタってもっと幅広くなかった?>をれ

 なんか狭まったジャンルのみの記載になっているからか、最近PVも少なくなったような気が…。

 いつもの書き方でPVが減るのは単に人気が下がっているだけなので仕方ないが、普段の書き方をしてないでPVが減るのは、普段の書き方のネタを提供できていないと言うことなのでもどかしい。

 まぁ実際は更新が少なかったからだと思うが…。いや、ちっと忙しいもので…(副業と、いよいよ本業の方も…)。


 副業の方はそろそろ一段落付いて、マイペースの創作活動に移れそうなのだが、それで日記の方もマイペースに戻れるか…っつーか、そもそも「普通の書き方」を忘れている気がする(^^;)。デジカメ(カメラ)と自転車以外のネタって、何かあったっけ?(^^;)

 創作活動もなんかおろそかになっていたけれど、来週からは一呼吸置いて復帰する予定。ただ、別の依頼が入っていたような…。

SINCITY

 …を見てきた。さすがに雨続きで一切外出無し…というのもなんなので。

 府中のシネコンが行きやすいのだが、上映していないので立川のシネコンに行ってきた。

 …どーでもいいが、シネマシティ2で上映されていたんだけれど、今まで数度行っているけれど、すべてホールC…ってのはどういう偶然性ですか?うーん…、まぁいいけれど。

 …で、感想だけれども、面白かった。ハードボイルドって、こういうのんなんだなぁ…という感じ。

 で、暴力性が色々言われているわけですが、確かに大人にとっては十分堪えられるけれど、子供にはキツいね。R15指定なのはよくわかる。子供に見せるとトラウマになりそうなシチュエーションもあるので、そこは十分要注意のこと(DVDになっても)。

 まぁしかし…スゴいね。ミッキー・ロークがかなりいい。「ミッキー・ロークでなければいけない必然性」というのは未だによくわからないが「ミッキー・ロークだからこそ出せたキャラクター」ということは絶対にある。いやー、いいわー、ミッキー・ローク。もう猫パンチとは言わせない?(^^;)

 それ以上にインパクト強いキャラがイライジャ・ウッド。某所では「ひどい、ひどすぎる(褒め言葉)」と書かれていたけれど、なんで「ひどい」が褒め言葉やねん…と思いながら見ていたら…確かにひどい(褒め言葉)(^^;)。

 熱烈ファンは悲鳴を上げて卒倒しそうだが、そうでなければ結構気に入るキャラかも(^^;)。ええ、当然近くにいて欲しくないですが(役柄の方ね)。うーん、それにしてもひどすぎる(褒め言葉)。

 ちなみに子供に見せてはいけない…というシーンの一部(…というか、大部分)は彼に関するところ。うーん、ひどいにも程がある(褒め言葉)(^^;)。


 ブルース・ウィリスは普通においしい役。なんかいつもとまんま…という気がしないでもないので、目新しくないと言っては失礼かもしれないが、それでもしびー魅力がばっしばし。


 シンシティは3話のオムニバスで、微妙に相互に絡んでいるものの、基本的には別物。…なので主役級の役者が数人出ているのはその数主役がいるから。

 …なので、もう一話の主役はベニチオ・デル・トロ…かと思ったら実は違った。クライブ・オーウェンだった。…えっ!?そーなの?とか思ったが、明らかにおいしいのはトロの方。

 おいしい…というか、インパクトがね。

 むしろ、あきらかに「おいしい」のはデヴォン青木の方か。ちょっと人間味が無いのが役柄上仕方ないかも知れないけれど、逆に際だっていたからなぁ…。


 女性といえば個人的にはウィリスと絡むジェシカ・アルバが、好印象…っつーか、けなげな雰囲気があっていい(^^;)。原作通り、ストリッパーとしてヌードになる…って話もあったらしいが、映画を見る限りは脱がないで正解だったように思える。

 まぁ役者の感想としてはそんな感じだけれども、やはり画作りが特徴的…というか、コミックのまんま…っつーのがスゴい。

 いや、ああして作るのって、結構難しいと思う。フリクリの1巻について最終巻で「撮影にもうやめてくれーって言われるくらいだったのに、手抜きと言われて」という話もあったけれど、普通の人はそういう印象を持ちそうだ。

 ただ、絵とか映像とか作ったことある身としては、ほぼ全編デジタル合成の嵐…ということで、撮影、演技、編集が結構苦労しまくりなのは想像に難くない。

 しかし「楽しんで作っている」と思わしき部分もあるので、関わった人は結構良かったんじゃねーかなー。体調以外は(^^;)。

 まぁ全体として見ているこちらも面白かったですよ。ハードボイルドなんで「爽快」ってわけにはいかないけれど、カッコいいとか、シブいとかいう雰囲気を堪能するには良かったかと。


 あー、そうそう。府中のシネコンは東宝系だからか、予告編上映が洋画よりも邦画が多かった。今、邦画が勢いがある…か、あえて邦画の予告編ばかり流しているかのどちらかだと思う(^^;)。

 どちらの傾向なのか判別するには、別の映画館での傾向を調べれば確定できるかな…と思って立川のシネコンでも気にしていたのだが…、予告編の上映すらなかった(^^;)立川ってそういうこと多いよなー。

 映画は予告編から盛り上がるもんなのだが…。

2005/10/11

夢のような投稿

日立マクセル、デジタルペンによる手書きで投稿できるブログ

 …欲しいぃ~!

 別にこれ単体で投稿できる訳じゃない。BluetoothかUSBでPCにつなぐ必要があるわけだけれども、それでも手書き投稿がかなり楽になると思う。

 とりあえずこれで手書きを投稿するだけ投稿しちゃって、それからPCで文字記事を追加すればいいだけのこと。PCでの文字投稿のアシスト…と考えればいいのか。

 別に単体でもおそらく手書き情報は保持してくれて、PC接続時に自動アップロードとかしてくれるんじゃないかな?うわー、楽そー。なんか投稿してはいけないものまで投稿してしまいそうだ(^^;)。

2005/10/10

お料理自分メモ

 …っつーかなんつーか。

 いや、きのこ雑炊を作ったんだけれど、味的には問題なかったものの、量的に雑炊…って感じでなかったので、そこらへんを忘れないうちに…。

 うーんと、最初の水600ccにご飯2合はさすがに違いすぎ。水1リットルにご飯1.5合をベースに、同じ比率で量調整…ってところでどうだろう?…いや、1リットルに1合…かな。

 だしは昆布だし1スティックに鰹だし0.5スティック。白だししょうゆを若干量。醤油も少々。ただし醤油はあくまで隠し味扱い。薄味主体。あ、いや、この量は今回の場合だから、水を多くしたときにはそれなりに調整を>をれ。

 ただし、醤油少なめはそのまま。醤油分が足りない人は、食べるときに足してもらうってことで。味ぽんも選べるように。

 鶏肉は200~250gくらいが妥当?水炊き・唐揚げ用で問題ないが、一口サイズに切られたものでもさらに小さく切っておくこと。

 先のだし・調味料を加えたベースで鶏肉を茹で、次いで舞茸を入れる。適当にそれらのだしを取ったら、ご飯を入れる。他のキノコもいっしょにこのとき。エノキだけは茹ですぎないように、もう少し時間が経ってから。

 で、とき卵でとじて、刻んだ万能ネギを散らして終了…っと。

 まぁそんなところで。

 …んでも親達ゃぁしょうゆばしばし足していたけれど、薄味でもだしが利いていて美味かったと思うんだけれどなぁ…。

デジカメの使い勝手

 パナソニックのFZ20を持っている友人が、最近出たFZ30のEVFだけ欲しいらしい。相当、ピンをあわせやすいらしい。

 展示品などを見てみたが、確かに高精細なEVFで、マニュアルでピンを合わせるのに何の問題もないような気がする。

 うぉう、面白いな、これ。…ともなると、ついつい物欲が騒ぎ出す(^^;)。まぁ「だったらデジイチの方がいいんじゃないの?」…という話にもなりそうだが、

 実際いじくり倒してみると、右手ポジションにダイヤルが二つ配置され、絞り、シャッタースピードをそのダイヤルで設定変更できるようになっている。これは便利だ。

 ただ、人差し指と親指に割り当てられているそのダイヤル、ちょっとポジション的に使いにくい。シャッターボタンから指を移動させたり、親指でダイヤルを回していると、親指が「立っ」てしまい、カメラ本体の支えが弱くなって危なっかしかったり。

 まぁそこら辺は慣れかな。

 しかし思い返してみると、そういったマニュアル時の操作については…というか、機能としてLC1があるじゃないか。そこらへん思い出すと家に帰ってLC1をいじくってみた。

 すると、絞りはレンズ胴の周りのリングを回すので左手に割り当てられ、シャッタースピードは右手の親指のぎりぎり届く範囲の位置で、一応回せないことはない位置に来ている…というか、親指が立つことがないポジション。

 両手を使ってこれらをいじくってみると…FZ30よりも使いやすい(^^;)。安定して筐体を持っていられるし、シャッターボタンも人差し指でホールドしたままだ。結構いいぞぅ。

 ピン合わせもFZ30ほど高精細なEVFではないが、そこそこ使えるものだし、やっぱしばらくは広角も強い、レンズも明るいLC1でいじくってみよう(^^;)ほっ。

自転車乗り殺し

 この三連休、一度も自転車に乗ってない…(;_;)。

 「降ったり止んだりの繰り返し」…が結構骨身に染みる…(;_;)。ちょっと雨が止んでも路面が濡れていて、泥よけの着いていないBSMでは走れない。ブロで出かけようにも、雨雲レーダーで雨雲が近づいているのがわかるので、時間が確保できない…。

 うぬぅ…、来週週末は用事で泊まりがけというのに、宮古島のあと、22日までの3週間も走行機会が無い…ってのはツラい、ツラすぎる…。通勤では距離短いし…っつーか、そもそも通勤も車が多いし…。

 ああ、走りたい。こういう時、YuNKさんのジム通いがうらやましい(^^;)。

2005/10/06

ノートPC考

 特に意味はないが、そろそろ次のノートPCが欲しくなってくる。

 …とはいえ、T40pの内部的な性能(USB2.0が2.0として使えてない…とかいうポートとかの話を除く…という意味(T_T))に問題はなく、こないだ高級なノートPCよりも高い自転車を買って、南国にバカンスに行った身としてはとてもそんなものを買う余裕は無いので、当面その予定は無し。

 無論、T40p自体に不測の事態でも起これば話は別だが、とりあえずノートPCでデュアルコア…ってな環境まで待ってみようかな…という気もしている。

 ノートでデュアルコアって必要か?…といわれる向きもあるかもしれないが、おいらは必要。そもそもメインとして使用しているからね(ノートよりもパワーのあるデスクトップも、電源入れずに何ヶ月経っているのやら…)。レンダリング…というか、負荷のかかる処理もやらせるので、その裏で別作業…というのがストレス無くできるのならありがたい。

 デスクトップでもOffice系ソフトしか動かしていないのに結構HTの恩恵もあったりするのを考えれば、早く欲しいところ。

 …まぁ早く出過ぎると、お金が無いんですが(^^;)。


 とはいえ、今でもちびちびとノートPCチェックをしているわけですが、気がつくとIB…、レノボからThinkPad Zシリーズなるものが出ている

 …んー、オフィス向けかな。

 ワイド液晶といえば「DVD再生用」と解釈するのが主流だろうが、オフィスで複数の書類を開くとき、横長画面が結構重宝する。無論、画面全体が広くてもそれはそれでいいのだが、横長…って方が書類を並べるのに感覚的にやりやすいと思う。

 ただ、それ以外のスペックを見ると、重くてバッテリー駆動時間が短いってあたり、据え置きってことで、やはりオフィスで使う…という前提だと思う。

 しかし筐体強度を高めて、持ち運びの安全性を高めている気がするのだが…、単なる筐体強度向上なのかな?ちとモバイルの可能性を見せつつ、しかし重さとバッテリーでそれを否定されて、ちとアンバランスにも思える。

 そんなわけで、Tシリーズの大画面、可搬性等のバランスを考えると、おいらにとってはZシリーズはあまり必要性を感じない。いや、必要性を感じたらそれはラインナップのバッティングなので、このラインナップでいいと思うのだが(^^;)。

 そもそもZ60mの最上位機種はMOBILITY RADEON X600搭載で26万円ちょい…ってんだから、グラフィック用途に使用しても良さそうなもの…なんだけれど、ファミレスとか外で数時間ぱこぱこすることも最近多いので、やはり筐体3kgは、ちょっと…(^^;)標準バッテリー駆動時間4時間はぎりぎりだけれども…。T40pも2.4kgだけれどもさ…(^^;)ここが限界だよ。


 まぁ外に…はともかく、「持ち歩けない」ってほどじゃないので、なおさらオフィス内で気軽に移動…と、オフィス向けなんだろうな。筐体テクノロジーをフィードバックして、モバイルPCにも反映させてもらえると良いのだが。

 そうそう、独自のソフトウェア「ThinkVantage」にもバックグラウンド・プログラム・マネージャーとかいうのが追加されて、ウィルススキャン実行時にCPU優先割り当てが変更されて、他作業がやりやすくなるらしい。これはいいなぁ。

 ThinkPadとかは高い高い…と言われるけれど、この「ThinkVantage」が結構使い勝手を良くしてくれているので、その価格が含まれている…と考えれば納得できる話で。しかも新ソフトも既存機種で利用できるケースが多い。できない場合もあるけれど、今回のもシングルCPUでの使い勝手がよくなるので、T40pでも使えるようにしてもらいたいなぁ。

 まぁZシリーズ自体はThinkPadとしては結構安い価格設定になっている気がするので、グラフィック用途とか以外ならお薦めできるかな?まぁ安いだけに、パーツの品質というか、ちと触ってみないと「レノボになってやすっぽくなった」みたいな印象が無いか気になるんですけれど(^^;)。


 あ、そういえばやっとX41Tbletを触った。ヨドバシアキバにあったので、ちろっと。店頭モデルって大概バッテリー外してあるから、いまいち所持時の重さとかの参考にならんよね。んでも使い勝手は良かったように思える。

 反応速度も速い…ような気がするし。

 常々言っているが、タブレットPCという概念自体は素晴らしいものだと思う。実際おいらも持っているし、こないだの落書きだって、それで描いている。

 ただ、その概念を実現させるマシンがソリューションも含めて今まで大したものがなかった、…というのが昨今の状況だと思う。

 しかし仮にもThinkPadとしてつきつめて開発されたこのモデルは、結構PCとして使え、またタブレットPCとしても使い勝手が良さそうだ。

 PC-VA93J/GLとかのピュアタブレットがタブレットPCの本領発揮…と言いたいところだが、実際はソフト使用時にショートカットキーとか必要になったり、仮にも「パーソナルコンピュータ」ということで文字入力も長文必要になってくると、ピュアタブレットでは物足りなくなってくる。

 X41Tabletはタブレットとキーの同時使用はちと難しいかも知れないが、コンパチブルではいい使用感を持てるのではないかと思う。

 まぁ欲しいところだけれど、先にも書いた理由で却下。T40pの代替にもパワーと画素数が足りない。サブには欲しいんだけれどねぇ…。宝くじでも買おうかな…(^^;)。

2005/10/05

あー、ヤバい

 忘れていたが、今ってちょうど「季節の変わり目」だ。体調崩しやすいおいら。要注意時期じゃないの。

 近々ちと大切なイベントがあるし、体調管理をしっかりしておかなければなぁ…。

たまには落書き

05100501
 なんていうか、本当はこんなん描いている場合じゃないんだけれど、どーしても描かずにはいられないという…、簡単に言えば「逃避」(^^;)。

 普段は筆圧を再現して線の強弱で絵にリズムを入れるタイプなんだけれど、均等な線で、しかしシルエットで立体感も出せればいいなー…とも思っていたりもするが、そういう絵は基本的に描けない、描いていなかった。

 たまにアニメーターで、激烈に上手い人がいるよね。最近のアニメ(…っていうか、ここ数十年のアニメ)は生産性の問題か、線を均一にしなければならず(強弱を付けない)(一部のアニメを除く)、それも細い線ってのが必須なんだけれど、その中でのびのびとした絵というのはなかなか難しいハズなんだが、さらっと描く人もいたりするんだよね。どーやって描いているのか、ようわからん(^^;)。

 模写してもあまりそういうのって真似できんのよ。

 …だもんで、おいらは筆圧でそこらへんを解決していたんだけれど、なんかふらっと今回描いてみると、多少はそういうのが出てきているかなぁ…という感じ。

 全然足りないけどね。

 まぁでも今後こういうのも描いていこう。筆圧付きより作業自体は楽だし(^^;)。

2005/10/04

要望が叶えられたデジカメ

富士フイルム、シャッター優先/絞り優先AEが可能になった「FinePix F11」

 F10はかなり気に入っている。劇的にコンパクト…ってわけではないが、そこそこ小さいボディに、軽快な動作。ISO1600もサポートし、何より大容量バッテリーによる「いつ充電したかも忘れてしまうけれど、バッテリーサインはいつもフル」という安心感。

 ガンダムに例えるなら、「すごい、5倍以上のエネルギーゲインだ」って感じ?(^^;)意味不明

 ともあれ、今までのデジカメも含め、かなり携帯確率、使用頻度の高いF10だが、気に入らない点もある。

 SDカードじゃない…ってこともあるが、それは最初からわかっていたこと(^^;)。最近気に入らないといえば、絞り優先AEとかが無い…ってことだ。

 時々書いているが、F10以外のカメラを持つ場合、マニュアル度(?)が高くなっている。まぁこのコンパクトカメラでボケ味がどーの…ということは全然ないのだが、やはり被写体によって、ある程度撮影要素の設定変更の必要性があるのだ。

 そんなわけで要望が受け入れられたのはうれしいが、俺の持っているデジカメじゃねぇしなぁ(^^;)。バージョンアップでF10もF11相当になるとかいったサービスは無ぇかな(^^;)。

 筐体は同じっぽいので、水中ハウジングがそのまま流用できるのはありがたいが…。

 …うーん、やっぱしばらく買い換えはないかな。ただ、F10がいかれたら、F11が即購入候補やな。


 ところでデジカメの話題から若干逸れるのだが、xDカードのPC(T40p)への読み込みが遅い件は以前書いた。

 MAUSB-200というアダプタを使用し、USB2.0対応(のハズだった)に差し込んでいるのに、USB1.0相当の速度しか出ていない…という件。

 いくつかの情報筋から、T40シリーズはUSBポートが不具合を起こし、USB2.0なのにUSB1.0にしか使えなくなる場合がある…という情報を得、カードバスを用いたUSB2.0増設を行った。

 これにより、USB2.0ハードディスクが本来の速度を取り戻したのだが、そのポートにMAUSB-200アダプタを接続してもxDカードの読み込みは一向に速くならず、アダプタにも不具合があるのか?…と疑問を持ち始めていた。

 しかしこの宮古島旅行の際、アダプタとxDカードをリブレットで読み込んでみたところ、USB2.0相当の速度と思われる速度で動作した。…これは一体?

 ドライバあたりの悪さか?…とか思ったのだが、それ以前に、しゃおらどんが持っていたxDカード用CFアダプタを借りたら、普通のカードリーダー並みの速度を確認したので、帰宅後、とっととそちらを買って問題を解決しちゃいました(^^;)。

 もうxDカードには振り回されっぱなしなので、もう問題解決のための調査…なんてやる気力も無し。とっとと普通に運用できれば良し。

 …まぁ、そんな報告でした(^^;)。

2005/10/03

さらば、室井慎次

 やっとこさ「容疑者 室井慎次」を見てきた。

 今回監督がシリーズの脚本家である君塚良一ということで、毛色がちっと違うらしい…ということである意味そこらへんが気になって見に行ったが、確かに毛色が違った。

 …まだ見てない人がいるとアレなので、ネタバレにならないように、どう毛色が違うか、ちっと考えてみたいと思う。

 まず今回見てみて思ったのは、脚本家が「こうしたい結末」というのをそのまま具現化しているな…ということ。

 思い出すのが、私が以前仕入れたネタなのだが、「踊る」シリーズで脚本家としてどの「話」が一番気に入っているか…という君塚への問いに、「踊る大捜査線 秋の犯罪撲滅スペシャル」を挙げた…ということ。これは「THE MOVIE 1」の一つ前のエピソード…といえばわかるだろうか。これが一番「良く書けた脚本」ということらしい。

 実際自分としても思い返してみると、「見応え」ではなく「読み応え」といった、ストーリー面、キャラクター達の内面の動きの推察…等を考えると、画面的に一番盛り上がる「THE MOVIE 1」よりも確かに「秋の犯罪撲滅スペシャル」は面白かった。

 …ということをふまえ、今回の「容疑者 室井慎次」のあの結末(事件の収束部分)を文字にして考えてみると…確かにかなり面白いと思えるのだろうが、どうだろう?

 …って、すでに見た人に語りかけているな(^^;)。まぁいいや。

 ともかくも、そう考えると監督という立場を得た脚本家が、自分が一番面白いと思う脚本を映像化したな…という感想になるわけだ。

 ただ、それが必ずしも、映像的に面白いかどうか…はちっと別になる。

 そこらへん、今回はどうか…と思うと、やはり見方の問題になってしまうのではないかと。ひたすら画面を追う…のではなく、画面から得られる「情報」をつねに頭で解析しつつ、そこで「ストーリー」を組み立て、また画面の中の情報を読み解く…という見方だと楽しめる…と思うわけだ。

 まぁ本を読むのと同じ…ということになるだろうか?

 では「画面」…というか、「映像」は必要なかったのか?…ということになるのだが、これがおいらとしては一概にそうとも思えないのだ。


 画面作りの全責任は監督にあると思うのだが、「具体的な設計図」…つまり、コンテ相当のものは別に監督が作らなくても良いのではないだろうか。

 今回の画面作りが初監督作品と思えないほど、上手いと思えるのだ。

 例えば…そうだなぁ。室井が小原弁護士に「一番長く話しかけるシーン」があったと思うが、あのシーンにやったらめったら時計が多かったのは見た人なら気づくと思う。それは話していた内容が「時間(遠回しな言い方(^^;))」に関係していることを象徴的に印象づけるための演出であったりする。
(脱線するけれど、内容的に考えると、それら時計の針が全部ズレていても不思議ではない演出シーンなんだけれど、後から思いついたので、誰か確認してくれないかな>これから見に行く人(^^;)。まぁそこまで凝る必要もないので、全部同じ時刻だと思うが)

 また、一番迷いまくる室井が暗転(?)するシーンに介入してくるある要素とか、「話し合いの場ですらない」部屋ではその話し合いの場になるはずの机すらない(代わりになるものはあるが、しかし登場人物自らそれが無いように振る舞って、乗り越えていく(…と書けば、どの部屋か見た人はわかると思う(^^;)))…といった、各シーンの象徴的な「コンセプト」を抽象的なまま映像に反映させるという画面作りが多い。

 そもそも、新宿警察署がなぜか教会っぽいのも、まず各シーンにおいて聴衆が必要だったり、発言の上下、見下ろし等々の各シチュエーションを構成しやすい…といった検討の末の決定にも思える(罪や懺悔の象徴…というよりは、画面構成上、一番望ましい建造物の構成がたまたま教会だった…というところか)。

 脚本から読み取れるコンセプトを映像化するのが上手いというか、まぁそれが非現実的に思えるものでも、あえて「それがコンセプトなんだから」と押し切る割り切りがあり、それをしっかり実行している「設計者」の存在を感じ取らずにはいられないのだ。これはそれなりに画面作りに場数を踏んでいたり、あるいはそれなりに勉強している人でないと不可能ではないだろうか。

 つまり個人的に、監督が各シーンについて脚本の情報だけでなく、抽象的ででもコンセプトを明確に文字にしたものを用意し、だれかにそれを元にして画面設計図を作ってもらったような気がしてならない。

 逆に君塚監督自身がその設計を行ったというのなら、今までの「踊る」シリーズやそれに限らず、常に撮影の現場などに出向いて、勉強していたような気がする。

 若干「教科書通り」…という気がしないでもないので、「自身かもなー…」という気もするが、ともかくそういったところで手慣れた画面が「脚本だけ」という気にさせず、右脳から情報をたたき込む映像にもなっていると思う。

 そういう意味では映画化した甲斐はあった作品だと思う。

 まぁ正直、DVDが出て買うかどうかは微妙。面白いことは面白いので見られたこと自体は良かった。

 さぁ、果たして「踊る」シリーズに続編はあるかどうか…。まぁ木島編、真下2等々スピンオフはまだあってもおかしくないが、「本筋」はどうなるか…。個人的には「THE MOVIE 1」で無理やり自分の中で収束させ、MOVIE2のDVDを未だ購入していない身としては、若干もやもやしたものが残ってしまっているので、シリーズ全体のなにかしらの完結編を作ってもらいたい気持ちがある。

 MOVIE1のような終わらせ方でも良いし、他の方法でも良いが、本筋について「もう続きがない」もしくは「無くて十分」と思わせるものを期待したいなぁ…。


##ところでこの次見たいのは「SIN CITY」なわけだが、TOHOシネマズ府中ではもう公開中のそれがやってないのな。なんで?まぁ立川に行けばいいだけの話だが。

2005/10/02

台風を侮る無かれ

 アメリカ南部がカトリーナに襲われたのも記憶に新しい昨今。なんでまた「あの」アメリカが台風ごときにあのような醜態を…?と疑問にも思ったりもした。

 ただ、宮古島空港には2年前、平成15年だったかと思うが、912ヘクトパスカルという、カトリーナなみの瞬間最大風速70メートル以上の超強力な台風が上陸したことがあり、その時の被害の様子を表した新聞記事や写真などが飾られていた。

 宮古島といえば、いつも台風に襲来される、台風対策はしっかりしたところである。

 しかしその宮古島で160億円以上、一部では(…っつーか、実際被害を受けているのに被害としてカウントされていない被害もあるそうなので)200億円超という被害を出したそれは、写真や記事で見てもその被害の惨憺たるや筆舌に尽くしがたい。石ころのように車が転がっていたりしたからなぁ…(それがトラックでも)。

 まぁニューオリンズのその後の治安とか、諸々、アメリカならではの「変なところ(見苦しいところ)」は別にして、物的被害は若干「出るべくして出た」ことなのかもしれない…という気もする。

 つまりは、カトリーナ並みの台風が日本に来た場合、台風にベテランの(?)大東島だろうが沖縄本島だろうが、相当ヤバいのかもしれない。

 カトリーナの報道を顧みてみると、若干「日本並みに準備していれば良かったのに」と思うところだが、宮古島だってかなりヤラれたんだ…ってことを考えれば、そんな他人事に言っている場合でないことがよくわかる。そういう意味ではもう一度、日本の立場としてもカトリーナのことを真剣に考えた方がいいのかもしれない。

 宮古島のその被害ももう2年も前の事だが、宮古島から帰る人間にしっかりとそのことが伝わるように記事や写真を今でも展示している宮古島空港には敬意を表したいし、これからもその展示は続けた方がいいと思う。

 ただね、台風襲来後の噂一覧はかなり笑えたのは…いいのかな(^^;)いや、あった方がいいと思いますが。

 あと、宮古島の模型展示、一部剥離して島が持ち上がっているのは直した方がよろしいかと(^^;)千年女王のように島が持ち上がっているんですよ。

2005/10/01

1年越しの編集

アドビ、USBビデオクラスに対応した「Premiere Elements 2.0」
-D-SnapやEverioの動画ファイル読み込みに対応

 ともかくも、サンヨーのザクティ、C4で撮った動画だが、おいらみたいにテロップを付けたり、色々音を重ねる編集する身としては、そのMPEG4ファイルを編集する環境が整って無くって…。

 いくつかザクティに対応しているソフトを手に入れたものの、どうしても相性が合わない…というか、こちらの要望にあう仕様になっていなかったりして、どうしても使いこなせない。

 思い出してみると、昨年の久米島に行った時には、写真ではなくC4による動画撮影をメインに行っていたのだが、「そのうち便利な編集ソフトが出てくるだろう」とタカをくくって撮影していたのだが、未だ一切手つかず…。

 そして1年以上経ってしまったのだが、ようやっと使い慣れたPremierと同じ操作機能のPremiere Elementsでザクティのファイルが扱えるようになるらしい。

 私が持っているのはPremierProだが、旅行の記録の編集程度ではPremiere Elementsで全然問題ない。

 早く欲しい…のだが、PremierProがインストールされているマシンにPremiere Elementsをインストールして…大丈夫かしらん?(^^;)

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »