2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

関連リンク

 


検索


  • Google


    WWW を検索
    とめどなく雑記 を検索

写真ピックアップ2012/04-05

  • 夜の桜
    2009年初頭までは定期的に写真を掲載していたのですが、その後サボってしまいました。写真自体は折を見て撮影していたので、現在からお気に入りなどをピックアップして掲載していきます。ファイル名は特に撮影時期ではありませんので念のため。

2009年1・2・3月撮影分

  • L1000050
    2009年になっても相変わらずぶらぶら撮った写真に終始すると思いますが、ご勘弁のほどを(^^;)。

2008年10・11・12月撮影分

  • 皆が見ないコミケの顔・その5
    D-LUX4も加わっての、バラエティに富んだ写真アルバムに…なるはず?ただ、MPはフィルムなので、掲載する予定はありません。

2008年7・8・9月撮影分

  • 祭り
    一番忙しい四半期につき、写真は少なめになるかと思います。とはいえ、新レンズを使ったりして多少浮かれてはいるかな?(^^;)

2008年4・5・6月撮影分

  • 単線のある風景
    4、5、6月分です。特に説明も無いのですが…(^^;)。まぁのんびりスナップをアップしていく…予定かと。

2008年1・2・3月撮影分

  • 円覚寺・その4
    相変わらずぶらぶら撮っています。面倒なんで、これからは3か月分、まとめようかな。

2007年10・11・12月撮影分

  • 来年に向かって歩く
    相変わらずぶらぶら撮ったものです。あまりにもとりとめなく撮ったので、3ヶ月分まとめさせていただきます(^^;)。

2007年9月撮影分

  • 機上から見る雲
    9月撮影分です。主に久米島旅行で撮った写真になっています。

2007年4・5・6・7・8月撮影分

  • 夏の海
    相変わらずぶらぶら撮った写真です。ちなみにコミケの写真は入っていません。

2007年1・2・3月撮影分

  • 桜の風景・その11
    まだまだのんびり写真です(^^;)。なんか、撮っているのも楽しいですが、現像も楽しいですね。

2006年12月撮影分

  • 築地の町並み
    相変わらずR-D1メインでぶらぶら撮影したものを掲載していきます。紅葉も都心の方まで降りてきていますので、当初はそれを中心に…といったところになるかな?

2006年11月撮影分

  • P1020232
    距離計の狂いから一時期修理に出していたR-D1が帰ってきたので、ちらほらと撮影したものをアップします。
    でもなーんかぎこちないというか…写真に対する自分なりの立脚点がしっかりしてないというか…(^^;)。
    個人的にはしっかり楽しんでいるのでいいとは思うんですけれどね(^^;)。

2006年9月 石垣島周辺旅行

  • 車に積まれたエンジン
    9月下旬に石垣島及び周辺離島を旅してきたときの写真です。
    カメラはR-D1を修理に出していたので、LC1とF10です。Exifん時に機種が書いてないのはLC1と見てください(RAWを現像・エディットして保存すると、さすがにExifデータが残らないみたい)。明るいときにはLC1にはND8のフィルターを装着しています。

2006年6月撮影分

  • 富士山を臨む
    6月撮影分です。ちょこまかと撮っているのをあげていきます。
    色々なレンズも出てきますが、だいたい使うレンズが決まりつつあるような…。

2006年5月撮影分

  • 深川の風景
     ちょっと細かな撮影が入り組んでいる月なので、まとめてのアルバムにします。
     まず最初はくらやみ祭り。のんびり行ったせいか、人垣を越えられず、てんで山車とかの写真はありませんので、期待しないように(^^;)。
     次に有楽町あたりをぶらぶら歩きながら撮った写真、お台場や川越などと、色々取り混ぜてあります。

2006年4月 浅草・皇居前広場・銀座等

  • 紅い店先
    まだR-D1に慣れていないので、運動がてら、色々テスト撮影。その途上、Jupiter-12 35mmF2.8やアベノン28mmF3.5を買ってしまったり(^^;)。その他にはスナップショットスコパー25mmF4とカラーヘリアー75mmF2.5で撮影。

2006年4月 沖縄旅行

  • 赤壁
    買いたてのR-D1を片手に沖縄をうろついた時の写真です。 レンズは基本的にフォクトレンダーのUltron35mmF1.7。広角に写っているのはUltraWide-Hrliar12mmF5.6。飛行機の撮影など、一部望遠はNokton50mmF1.5。

2006年4月 三浦半島一周

  • トンネル入口
     三浦半島一周の旅ですが、お伴にR-D1も持っていきました。  この手の負担の大きい旅ではF10といった軽いデジカメの方が適しているんですが、買ったばかりだし(^^;)、カメラとして楽しむならこちらの方がいいですしねぇ…。  そんなわけでウェストポーチで出動です。カメラ用ポーチというのがあるんですな。一眼レフも入るタイプなので、スリムなR-D1だとレンズを数個入れてもまだ余裕があったりします。  ただ、便利ではあるんですが、ちょっとデカいんですよね。カメラが入る以上、仕方ないのですが。今回はまだ涼しかったから良いですが、今後は考えないといけないかもしれません。ムレるかも。  …で、レンズはウルトラワイド・ヘリアー12mmF5.6、Jupiter-12(35mm)といったところ。実はアベノン28mmも持っていましたが、今回は使いませんでした。 ※工事現場の写真、その3とその4が入れ替わっちゃってますが、そこらへんはうまく数字順に読んでください(^^;)。

« 自転車旅行の仕方 | トップページ | 1年越しの編集 »

2005/09/30

宮古島カメラ紀行

 まず注意しておこう。普通、旅行にカメラを持っていく場合は、少なくしておいた方がいい。間違いない。

 で、私がメインで使用したのは、フィルムでTC-1、12mmを装着したベッサL、50mmのベッサR、そしてデジカメにF10。…計4台、 常に常備していた(…つっても、体からぶらさげていたわけではなく、レンズ交換カメラは自転車のカゴの中に入れていたのだが)。

 そして実は携帯内蔵デジカメでも撮影し、blog更新を行っていたので、これもカメラと捉えれば、さらに1台増える。

 更に実は、T3と、ザクティC4も持っていったのだが、使用しなかった。C4は事情によって使用する予定だったのだが、 旅先の予定が色々あって、結局使う暇が無くなって使わなくなった訳なのだが、それにしても…多すぎ(^^;)それにしなくても。

 振り返ってみると、「カメラを7台持ち込んで、常に5台携帯して島内を自転車で走り回る」…という、 どうみても狂気の沙汰としか思えない行動をしていた。

 ただ、以前にも書いたとおり、単焦点とか、画角の別とか、フィルムの味とか、blogの更新とかとか考えると、 どーしてもこういう装備にならざるを得ない。

 もう少しデジタル記録(特にRAW)を使い慣れると、LC1+ベッサL(12mm)、若しくはLC1のみ(いずれも携帯、もしくは速攻撮影、 メモ、バックアップ用にF10も携帯すると思うが)…という軽装になると思うのだが…。

 うーん、もう少しダイナミックレンジとか、ボケ味、携帯性とかとか、何となってくれるといいのだが…。


 ま、スタイルの問題は以上のように、…どうよ…ってのは自分でも気づいてはいるが、実際使用すると各々の味が出るので、 否定しきれるものでもない。実際、撮影しているときも楽しいし、できあがった写真も…まぁ失敗も含めて楽しいし(勿論、 失敗は無い方が望ましいのだが(^^;))。

 ともかく今回は現像あがってきた写真を見ても、まぁまぁの出来だし(一部、イメージパックCDで16bit化した方がいいなー… ってのもあるが)、今回の体制は後悔はしてないが、今後は考えないといけないな(^^;)。


 ちなみに、TC-1はパンフォーカス場面で役立ってくれた

05093002

 本来は、絞りを開けてのボケ味を生かした撮影が主のはずだったのだが、そういう意味では残念なのだが (ちゃんと活かされたしゃしんもあるのだが、それはしゃおらどんにあげやう)。

 これは、フィルムがISO200しか持ってこず、TC-1の仕様として1/500未満のシャッター速度となった場合、 自動で絞りを絞られてしまって被写界深度を取れなくなる…ということがあり、直射日光下ではちっとも絞りを開けられなかったからだ。

 もっと感度の低いフィルムを持っていけば良かったな…と後悔したあたり、明らかに私の選択ミス。ただ、28mmってば「普通の場面を撮る」 機会が多く、室内なども普通に撮ることも十分考えられ、そうなれば当然感度もそれなりに上げなければならず、一概に責められるものでもないかな… という気も。

 今考えるならば、TC-1とT3は画角が近いだけあって「役割がカブる」と併用を取りやめたが、逆に併用し、T3には高感度、 TC-1に低感度フィルムを装填する…という手が合ったかなぁ…と反省してみたり。

 …って、またカメラを増やす話ですか?(^^;)


 50mmは思いの外良かった。絞りだけで被写界深度をがしがし調整できるので、まぁできあがりが遅い(デジカメに比べて)ってのが難だけれど (具合がすぐに確認できない)、こうなるとシャッターオート設定も出来るカメラが欲しくなるな(^^;)ベッサRはそこもマニュアルだしな。

 まぁ財力の問題で本当に買うわけではないが。

 しかしこういう画角もいいなぁ…という気もしてきたので、他に…確か75mmもあったと思うので、それも使ってみたい。…というか、 やっぱ携帯カメラバッグで、随時レンズ交換…とかしてみようかしらん…。
05093003

 ちなみに写真はTOKさんのGaap。50mmでは友人ばかり撮っていたので、ここに掲載できる適当なサンプルが無かった(^^;)。


 12mmはいよいよ持って、使い処が難しくなった(^^;)。空間表現ってば、「空間」そのものを撮っても意味が無く、「それを表すもの」 を撮らないと意味がないわけで、南の島の「空が広い」「海が広い」ようなところは撮影ポイントがなかなか無いわけだ。

 あって、撮ったら撮ったでおそろしくそこが強調されるので、誇張したいポイントがあるのか、それをきちんと誇張するか、 よけいなものの方を誇張してないか…とか確認しなければならない。
05093004

 そういったわけで難しい画角でもあるんだけれど、「とりあえず撮っておく」ために36枚撮りとか放り込んでいるあたり、 ちと頼っている部分もある(^^;)。

« 自転車旅行の仕方 | トップページ | 1年越しの編集 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27753/6260862

この記事へのトラックバック一覧です: 宮古島カメラ紀行:

« 自転車旅行の仕方 | トップページ | 1年越しの編集 »