2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

関連リンク

 


検索


  • Google


    WWW を検索
    とめどなく雑記 を検索

写真ピックアップ2012/04-05

  • 夜の桜
    2009年初頭までは定期的に写真を掲載していたのですが、その後サボってしまいました。写真自体は折を見て撮影していたので、現在からお気に入りなどをピックアップして掲載していきます。ファイル名は特に撮影時期ではありませんので念のため。

2009年1・2・3月撮影分

  • L1000050
    2009年になっても相変わらずぶらぶら撮った写真に終始すると思いますが、ご勘弁のほどを(^^;)。

2008年10・11・12月撮影分

  • 皆が見ないコミケの顔・その5
    D-LUX4も加わっての、バラエティに富んだ写真アルバムに…なるはず?ただ、MPはフィルムなので、掲載する予定はありません。

2008年7・8・9月撮影分

  • 祭り
    一番忙しい四半期につき、写真は少なめになるかと思います。とはいえ、新レンズを使ったりして多少浮かれてはいるかな?(^^;)

2008年4・5・6月撮影分

  • 単線のある風景
    4、5、6月分です。特に説明も無いのですが…(^^;)。まぁのんびりスナップをアップしていく…予定かと。

2008年1・2・3月撮影分

  • 円覚寺・その4
    相変わらずぶらぶら撮っています。面倒なんで、これからは3か月分、まとめようかな。

2007年10・11・12月撮影分

  • 来年に向かって歩く
    相変わらずぶらぶら撮ったものです。あまりにもとりとめなく撮ったので、3ヶ月分まとめさせていただきます(^^;)。

2007年9月撮影分

  • 機上から見る雲
    9月撮影分です。主に久米島旅行で撮った写真になっています。

2007年4・5・6・7・8月撮影分

  • 夏の海
    相変わらずぶらぶら撮った写真です。ちなみにコミケの写真は入っていません。

2007年1・2・3月撮影分

  • 桜の風景・その11
    まだまだのんびり写真です(^^;)。なんか、撮っているのも楽しいですが、現像も楽しいですね。

2006年12月撮影分

  • 築地の町並み
    相変わらずR-D1メインでぶらぶら撮影したものを掲載していきます。紅葉も都心の方まで降りてきていますので、当初はそれを中心に…といったところになるかな?

2006年11月撮影分

  • P1020232
    距離計の狂いから一時期修理に出していたR-D1が帰ってきたので、ちらほらと撮影したものをアップします。
    でもなーんかぎこちないというか…写真に対する自分なりの立脚点がしっかりしてないというか…(^^;)。
    個人的にはしっかり楽しんでいるのでいいとは思うんですけれどね(^^;)。

2006年9月 石垣島周辺旅行

  • 車に積まれたエンジン
    9月下旬に石垣島及び周辺離島を旅してきたときの写真です。
    カメラはR-D1を修理に出していたので、LC1とF10です。Exifん時に機種が書いてないのはLC1と見てください(RAWを現像・エディットして保存すると、さすがにExifデータが残らないみたい)。明るいときにはLC1にはND8のフィルターを装着しています。

2006年6月撮影分

  • 富士山を臨む
    6月撮影分です。ちょこまかと撮っているのをあげていきます。
    色々なレンズも出てきますが、だいたい使うレンズが決まりつつあるような…。

2006年5月撮影分

  • 深川の風景
     ちょっと細かな撮影が入り組んでいる月なので、まとめてのアルバムにします。
     まず最初はくらやみ祭り。のんびり行ったせいか、人垣を越えられず、てんで山車とかの写真はありませんので、期待しないように(^^;)。
     次に有楽町あたりをぶらぶら歩きながら撮った写真、お台場や川越などと、色々取り混ぜてあります。

2006年4月 浅草・皇居前広場・銀座等

  • 紅い店先
    まだR-D1に慣れていないので、運動がてら、色々テスト撮影。その途上、Jupiter-12 35mmF2.8やアベノン28mmF3.5を買ってしまったり(^^;)。その他にはスナップショットスコパー25mmF4とカラーヘリアー75mmF2.5で撮影。

2006年4月 沖縄旅行

  • 赤壁
    買いたてのR-D1を片手に沖縄をうろついた時の写真です。 レンズは基本的にフォクトレンダーのUltron35mmF1.7。広角に写っているのはUltraWide-Hrliar12mmF5.6。飛行機の撮影など、一部望遠はNokton50mmF1.5。

2006年4月 三浦半島一周

  • トンネル入口
     三浦半島一周の旅ですが、お伴にR-D1も持っていきました。  この手の負担の大きい旅ではF10といった軽いデジカメの方が適しているんですが、買ったばかりだし(^^;)、カメラとして楽しむならこちらの方がいいですしねぇ…。  そんなわけでウェストポーチで出動です。カメラ用ポーチというのがあるんですな。一眼レフも入るタイプなので、スリムなR-D1だとレンズを数個入れてもまだ余裕があったりします。  ただ、便利ではあるんですが、ちょっとデカいんですよね。カメラが入る以上、仕方ないのですが。今回はまだ涼しかったから良いですが、今後は考えないといけないかもしれません。ムレるかも。  …で、レンズはウルトラワイド・ヘリアー12mmF5.6、Jupiter-12(35mm)といったところ。実はアベノン28mmも持っていましたが、今回は使いませんでした。 ※工事現場の写真、その3とその4が入れ替わっちゃってますが、そこらへんはうまく数字順に読んでください(^^;)。

« キヨちゃん、良かったね | トップページ | 今日のBSMと50mm »

2005/09/09

28mm、35mmの魅力

 そうそう、飯能-岩鞍ラインの写真があがってきた。

 今回は他記事でも書いたとおり、「取材」がメインでもあるので、リキを入れてフィルム撮影で挑んでみた。…というか、過去の自転車マガジンで使用した写真がなぜかほとんどフィルムだった…ってのに起因しているのだが。

 …いや、でも正直、写真はフィルムでしょう。まぁそもそもこの前提はいつの時代からも揺らいでないと思うのだが、デジタル一眼ががしがしその牙城を揺らし始めている…と世間一般は思っているのだが、複数の情報筋によると、プロユースでは「やっぱ高価なデジイチでも、ダメだ」とフィルム回帰が始まっているらしい。

 まぁちょっと前の話だし、また今後のCCDの高画素化などを考えればそのうち脅威の大逆転とかもあるかとは思うが、現時点ではやはりフィルムにはかなわないんじゃない?

 …っつーか、ダイナミックレンジがねぇ…。色の深度が…。これはまぁ後述するとして、もっとも私の場合、それがどーのこーの言う前に、一番の、自分でも気がついていなかった弱点が露呈した。

 動態撮影がてんでダメ(^^;)。

 自転車で青空の下、緑の中を疾走する爽快感を撮りたくて、何度か先回りして皆が走っているところを撮った写真があるのだが、見事に全滅。露出があっていない、ブレてる、構図に入りきってない、エトセトラ…(T_T)。

 唯一、使い慣れているTC-1だけは数枚うまく撮れているのがあったのだが、ともかく、動いているものを撮るのがこんなにドヘタだったとは知らなかった…orz。

 ちなみに、静止画は酔った席のもの(^^;)以外はほぼ問題なし。あ、でも使い慣れてないものとかはちと…。

 いや、実は今回、急遽格安でCONTAXのT3が手に入ったので、MINOXの35GTの代わりに使ってみたのだが、ストロボ非使用設定が電源のON/OFFでリセットされてしまってどうしようもなく…。まぁカスタムファンクションでどーにかなりそうなので、今後はそこらへんをいじっておこう。TC-1は自分で設定しない限り、ストロボは動かないから、行儀良くていいなぁ(^^;)。

 それにしても、高級コンパクトカメラ2台…って(^^;)。でも痛感したのは練られた…というか、磨き上げられたレンズ。現像あがってきた写真を見ると(CD-Rに焼かれた画像ですが)、そのシャープな画像には驚かされますなぁ。質感もなかなか味があって、こういうのはまだデジカメでは無いんだよなぁ…(LC-1はリバーサルっぽい味が出るのが個性だけれど、リバーサルフィルムって使ったこと無いから慣れ無くってどーも…(^^;))。

 TC-1は…去年末から放り込んでいたISO200のフィルムがまだ残っていたので、現像してみると雪の草津の写真がまだ残っていましたよ(^^;)。

 その中で克明に覚えているのは、「ぼけ味はどうだべ?」と手前のお地蔵さんにピンを取り、絞り開放で撮った写真。

05090901

 縮小するとわからないけれど、いいぼけ味を出してくれている。写りもシャープで素直なのがいいなぁ…。

 T3もどんなもんだろう?…とか思って撮ったら、これもまたシャープで。

05090902

 全然ネムい画像とかあらず、しかしぼけさそうとすればいい感じにぼけてくれるので、これまた信頼できる。

 28mmと35mmとうまく画角で使い分けられるので、今後いいペアを組んでくれるものと期待してみたりして。

 …おかげでワリを食っているのがベッサLのULTRA WIDE-HELIAR 12mm ヘリアー。レンズとしては悪くはないのだが、いかんせん若干レンズが暗く、フィルムを感度が高いのを選定せざるを得ない。画角の特性上、室内を撮る用途が多いのもその選定の理由でもある。

 しかしそのせいで、どうしても粒子が粗くなって画質的に不利になってしまう。勿論ここぞ…というときは12mmの画角が活きるのだが、絞りきれないとネムくなる場合もあるので、ちと損な役回りでスマん気が…(^^;)。

 まぁでもこれで、広角側で多種な画角をカバーした装備で楽しく写真が撮れるようになりました。普通ズームレンズで1台で…ってところが良いんでしょうけれど、単焦点萌え~…っつーか、非一眼萌え~…なんでいたしかたなし(^^;)。

 ちなみに、高級コンパクトカメラといえば、TC-1、T3の他に、GR-1というのもある。勿論知ってはいるが…、どーしてもスタイリングが気に入らなかったのよね(^^;)。

 ああいうのは所有感というか、所有欲をも満足させられないと買わないタイプなので、性能が良くても、どーしてもスタイリングが気に入らないGR-1は欲しいと思わなかったんだよなぁ…。手に入れるチャンスは何回かあったような気がするが。

 ま、今のところ全部生産中止になっている以上、TC-1とT3さえあれば…って感じで大丈夫。修理不能なまでの破損をさせられない、大事に扱わなければならないが。

 ちなみにデジタルGR-1も気になるところ。こっそり発表会に申し込もうと思っていたのだが(G2やベッサRもあるし(^^;))、風邪ひきのどたばたで申し込み損ねたのが悔やまれる…(;_;)。

« キヨちゃん、良かったね | トップページ | 今日のBSMと50mm »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27753/5905191

この記事へのトラックバック一覧です: 28mm、35mmの魅力:

« キヨちゃん、良かったね | トップページ | 今日のBSMと50mm »