2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

関連リンク

 


検索


  • Google


    WWW を検索
    とめどなく雑記 を検索

写真ピックアップ2012/04-05

  • 夜の桜
    2009年初頭までは定期的に写真を掲載していたのですが、その後サボってしまいました。写真自体は折を見て撮影していたので、現在からお気に入りなどをピックアップして掲載していきます。ファイル名は特に撮影時期ではありませんので念のため。

2009年1・2・3月撮影分

  • L1000050
    2009年になっても相変わらずぶらぶら撮った写真に終始すると思いますが、ご勘弁のほどを(^^;)。

2008年10・11・12月撮影分

  • 皆が見ないコミケの顔・その5
    D-LUX4も加わっての、バラエティに富んだ写真アルバムに…なるはず?ただ、MPはフィルムなので、掲載する予定はありません。

2008年7・8・9月撮影分

  • 祭り
    一番忙しい四半期につき、写真は少なめになるかと思います。とはいえ、新レンズを使ったりして多少浮かれてはいるかな?(^^;)

2008年4・5・6月撮影分

  • 単線のある風景
    4、5、6月分です。特に説明も無いのですが…(^^;)。まぁのんびりスナップをアップしていく…予定かと。

2008年1・2・3月撮影分

  • 円覚寺・その4
    相変わらずぶらぶら撮っています。面倒なんで、これからは3か月分、まとめようかな。

2007年10・11・12月撮影分

  • 来年に向かって歩く
    相変わらずぶらぶら撮ったものです。あまりにもとりとめなく撮ったので、3ヶ月分まとめさせていただきます(^^;)。

2007年9月撮影分

  • 機上から見る雲
    9月撮影分です。主に久米島旅行で撮った写真になっています。

2007年4・5・6・7・8月撮影分

  • 夏の海
    相変わらずぶらぶら撮った写真です。ちなみにコミケの写真は入っていません。

2007年1・2・3月撮影分

  • 桜の風景・その11
    まだまだのんびり写真です(^^;)。なんか、撮っているのも楽しいですが、現像も楽しいですね。

2006年12月撮影分

  • 築地の町並み
    相変わらずR-D1メインでぶらぶら撮影したものを掲載していきます。紅葉も都心の方まで降りてきていますので、当初はそれを中心に…といったところになるかな?

2006年11月撮影分

  • P1020232
    距離計の狂いから一時期修理に出していたR-D1が帰ってきたので、ちらほらと撮影したものをアップします。
    でもなーんかぎこちないというか…写真に対する自分なりの立脚点がしっかりしてないというか…(^^;)。
    個人的にはしっかり楽しんでいるのでいいとは思うんですけれどね(^^;)。

2006年9月 石垣島周辺旅行

  • 車に積まれたエンジン
    9月下旬に石垣島及び周辺離島を旅してきたときの写真です。
    カメラはR-D1を修理に出していたので、LC1とF10です。Exifん時に機種が書いてないのはLC1と見てください(RAWを現像・エディットして保存すると、さすがにExifデータが残らないみたい)。明るいときにはLC1にはND8のフィルターを装着しています。

2006年6月撮影分

  • 富士山を臨む
    6月撮影分です。ちょこまかと撮っているのをあげていきます。
    色々なレンズも出てきますが、だいたい使うレンズが決まりつつあるような…。

2006年5月撮影分

  • 深川の風景
     ちょっと細かな撮影が入り組んでいる月なので、まとめてのアルバムにします。
     まず最初はくらやみ祭り。のんびり行ったせいか、人垣を越えられず、てんで山車とかの写真はありませんので、期待しないように(^^;)。
     次に有楽町あたりをぶらぶら歩きながら撮った写真、お台場や川越などと、色々取り混ぜてあります。

2006年4月 浅草・皇居前広場・銀座等

  • 紅い店先
    まだR-D1に慣れていないので、運動がてら、色々テスト撮影。その途上、Jupiter-12 35mmF2.8やアベノン28mmF3.5を買ってしまったり(^^;)。その他にはスナップショットスコパー25mmF4とカラーヘリアー75mmF2.5で撮影。

2006年4月 沖縄旅行

  • 赤壁
    買いたてのR-D1を片手に沖縄をうろついた時の写真です。 レンズは基本的にフォクトレンダーのUltron35mmF1.7。広角に写っているのはUltraWide-Hrliar12mmF5.6。飛行機の撮影など、一部望遠はNokton50mmF1.5。

2006年4月 三浦半島一周

  • トンネル入口
     三浦半島一周の旅ですが、お伴にR-D1も持っていきました。  この手の負担の大きい旅ではF10といった軽いデジカメの方が適しているんですが、買ったばかりだし(^^;)、カメラとして楽しむならこちらの方がいいですしねぇ…。  そんなわけでウェストポーチで出動です。カメラ用ポーチというのがあるんですな。一眼レフも入るタイプなので、スリムなR-D1だとレンズを数個入れてもまだ余裕があったりします。  ただ、便利ではあるんですが、ちょっとデカいんですよね。カメラが入る以上、仕方ないのですが。今回はまだ涼しかったから良いですが、今後は考えないといけないかもしれません。ムレるかも。  …で、レンズはウルトラワイド・ヘリアー12mmF5.6、Jupiter-12(35mm)といったところ。実はアベノン28mmも持っていましたが、今回は使いませんでした。 ※工事現場の写真、その3とその4が入れ替わっちゃってますが、そこらへんはうまく数字順に読んでください(^^;)。

« 世の中、理想通りにはいかぬもの | トップページ | 今回のワンフェス見聞録 »

2005/08/20

灼熱の下のかき氷

05082000
 しらすは見ている…。 っていうか、インパクトのある映像でまずはつかまないと(^^;)。

 …というわけで(^^;)どこがよ、今回の旅は天然氷のかき氷が主目的です。まぁ個人的には別の目的も兼ねていたのですが。

 元々、去年から友人が「秩父の、天然氷のかき氷屋が神奈川に一時期店を出す」という情報をかぎつけて、みんなで行こう… という話があったのですが、残念ながらその時期に行くことは出来ませんでした。しかし翌年、藤沢、鵠沼海岸駅近くに場所を移し、 「埜庵」 として、常時営業することになったのです。今度は期間限定ではありません。

 なら、いつでも行けるね…と安心すると、非常にマズい。期間限定でも行けなかったのに、常設だと油断しまくって、絶対行かないだろう… という危惧があったので、「もう、すぐにでも行こう」ということで、出かけてきました。…自転車で(^^;)。

 考えてみると、私自身は結構マメにこの夏に走り回っています。結構暑さに耐性が出来ていたかも。ただ、 他の参加者はTOKさんを除いてそうでもなかったかもしれませんねー。暑さが非常にネックだったかも。

 …なので、一計を案じてみたり。

 …っていうか、単純に「輪行」にしただけの話ですが。…まぁ、だからより、おいらの目的に近づいていくのですが…。

 ともあれ、西国分寺組は西国分寺から南下。多摩川サイクリングロードを通り、登戸に行きます。そこから小田急線で藤沢まで。 あとはつらつらと鵠沼海岸駅まで走るわけです。ま、多少なりと「水辺」を走り、電車だけの味気ない旅にならず、かつ若干涼しいハズ… ってわけですわ。…暑かったですけれど(^^;)。

 暑かったですねー。やはりどこ走ろうと暑いもんは暑い。多摩川沿いも暑い。もう5度、下がっていただかないと。

 まぁそんな中走りながら、登戸到着。登戸からは電車なのですが、ここからが私の本当の目的。BSM-R20の輪行の仕方…ってわけですよ。 そう、今回の旅は輪行がありながら、非分割のBSMで来たのです。

 前にも後にも今回の旅は「ブロンプトンが良かった」と思える工程だったのですが、モールトンの師匠、しゃおらどんが一緒に参加するなら、 かの技を習得しないわけにはいかない…っつーか、実習込みのレクチャーなんですが(^^;)、勝手にそれを決めてしまいました。 あちらも非分割フレームだし、同じ輪行袋、用意しちまったし。

  …で、やってみたり、教えてもらったりして、非分割フレームの輪行の仕方を教えてもらいました。あちらはAMなので、 多少差異があるのでそこらへんは自分で考えていかなければならないんですけれど、かなりやり方がわかってきました。

05082013 ともあれ、右の写真の真ん中のようにまとめられました。うんうん、 これで非分割フレームのBSMでも輪行できるぞ。ちなみに一番右はBD-1。

 ただ、当たり前ですが、ブロンプトンにはかないません(^^;)。

 さて、登戸から藤沢まで45分あまり。まぁそのまま鵠沼海岸駅まで行けば良いんですけれど、まぁそこはせっかく自転車なので、 のんびりサイクリング。さすがに都会のような暑さはありません。なんだか心地よいような暑さ…なんですけれど、紫外線は相変わらずなので、 とっととかき氷屋に飛び込みたい気分(^^;)。

 …で、一悶着あって(謎(^^;))、かき氷屋に到着。あ、いけね、店の写真、撮り忘れた。ちょっと… ちょっとだけわかりにくいところにあります。

 で、友人らと合わせて宇治金時やら、天然白桃、天然イチゴなどを注文。天然とつくのは、その素材を直に使ったシロップになっております。 値段もそれなりのものですが、皆、食べてみて感動。十分その価値がありました。

05082001  宇治金時はこちらの通り。なんかもー…雰囲気が違いますな。

 なお、あずきは中に入っております。

05082002  白桃もなかなかのもの。


05082003  私は天然イチゴなんですが、 ここまで素材の味が出ているかき氷なんてっ!?イチゴ本来の甘みと酸味が氷と一緒のハーモニーをっ!なっ… なんて若々しい味なんだーっ!!うまいぞぉぉぉぉぉぉぉぉーっ!…とまぁ、味っ子並みのパフォーマンスを(^^;)ぉぃ。

 うーん、俺には若々しすぎる。やはり宇治金時が良かったかもしれない(^^;)美味しかったんですよ、間違いなく。

 あと、氷の味を堪能できる、「鎌倉」というメニューもあるそうです。むーん、すくなくともあと2回は行かないとなぁ(^^;)。 登戸から藤沢まで、片道最短48分440円、自転車走行距離片道13km(直線距離合計なので、走行距離はもっと)か…。9月にもう2回、 行ってしまおうかな(^^;)。

 なお、埜庵のご主人も自転車分(?)をお持ちのようで、お話しとか盛り上がりました…が、駐輪場所がないので自転車でお越しの際は駐輪に注意。 近場に市営駐輪場があるのでそちらをご利用下さい。日曜だと無料のようです?まぁ100円くらい…(^^;)。

05082004  …で、もう目的は済んでしまったのですが、せっかくここまで来たんだから、少しは走らないと… ということで、鵠沼海岸に。まぁ、芋洗い…と思いましたが、思いの外、ゆとりがある。悪くないっすね。遊べるかも。

 …まぁ、沖縄暮らしが長いと、とてもこの海に入る気になれないのですが(^^;)。デジカメは優しいです。海の色は青くしてくれます。 しかし実際は…サングラスをかけると…(謎(^^;))。

 まぁともあれ、他になんか行くところがないか…ってところで「そういえば生しらす丼が食ってみたい」…と。

 以前しらす丼を食ったことがあったのですが、生ではなかった。どうせなら生なしらす丼を食べてみたい!…ということになりまして、 そのお店を探すことに。

 しかし、情報なんて無いぞ…と思っていたら、片瀬江ノ島、また後述する江ノ島両付近にあるわあるわのしらす丼ののぼり。…旬なのか? ある種ブームがあったのか…と。

05082005  まぁでもあるなら…と、その中の一店に入り、しらす丼…ではなく、 ネギトロと一緒な二色丼を頼むことに(^^;)。いや、だって生しらす丼がハズレだったら嫌じゃん(^^;)。

 まぁハズレてませんでしたが。


05082006  そしてここまでせっかく来たなら、江ノ島も見ていこう…ということで、そちらにも向かったり。

 ちなみに考えてみると、江ノ島ってあまり奥まで入ったこと無かった…。


05082007  ので、まずはエスカーに初めて乗ってみたり。


05082008  んで、展望台とか。いやー、怖くてたまらんかった(^^;)。階段が降りられなくて、 一人エレベータで降りました(^^;)へたれ。

05082009  ちなみに江ノ島って、反対側とつながる時があるんですな。 行こうと思えば砂浜を歩いて渡れるんだぁ…。一度渡ってみたい気もするな…。

05082010  で、ついでに江ノ島の反対側にも行ってみたり。

 なんか妙に海が荒れていて気になっていたんですけれど、帰ってからわかりましたが、台風が二つも出来ていたんですねぇ…。まぁ沿岸なので、 それが原因とは限りませんが(元々風が強かったし)。

05082011  ちなみに江ノ島なので、猫もちらほら。

05082012  みんな人なつっこいので良かったですねぇ…。 まぁ彼らにも彼らなりの問題やらドラマもあるのですが…(謎)。

05082014  あとはまぁ、鎌倉まで走ったり、マチエールでお茶したり(最近急に、 マチエールが我々を呼ぶようになりました(^^;))、 そもそも鎌倉に向かった主目的がホリデー快速鎌倉号で西国分寺まで直帰の予定だったんだけれど、現在は運行されていないことが判明し、 だったらついでに大船まで走ってしまおー…と、21号線を北上したり…諸々(^^;)。

 そんなこんなで大船で解散となりました。そんな旅でした。

 …が、色々振り回してごめんなー(^^;)>ALL。俺もやっぱ、暑さでヤラレていたのかも(^^;)。YuNKさんは知らないだろうが、 東海道線のホーム、間違えて下りに行ってもーたり…(^^;)。

 まぁこれに懲りずに、またどっか行きましょうや(^^;)、涼しくなった頃に。

« 世の中、理想通りにはいかぬもの | トップページ | 今回のワンフェス見聞録 »

コメント

江ノ島と本土とは、殆どつながっています。コンクリート製の橋を架けたのが、原因のようです。明治のころの木製の橋では、完全に分かれていたそうです。偶然、知り合いの写真屋さんで古い写真の複製を撮っていたときに見せてもらいました。
で、現在は、工事などで砂をほじくったときに、一時的に砂が減って、つながった砂浜が切れるときがあります。
こんな、ところです。

1日限定300食のためなくなり次第終了
ぬぅ~、早めに行かなくては・・・・
昼飯の代わりにカキ氷ってのはちょっと辛いかな。

江ノ島とかについてはうといので、そーですか、昔はもっと離れていた…もとい、繋がっていなかったんですか。…温暖化で水面が上がって、昔よりも繋がりにくくなっている…って話だとわかるんだけれどなぁ…。

まぁ昼飯代わりの天然氷のかき氷…ってのは難しいと思うんですけれど。ただ、本物のイチゴをシロップに使う「天然イチゴ」を食した限り、普通のかき氷よりは結構腹に溜まりますよ。…いや、あくまで「比較して」…なんですが(^^;)。

…ところで、「館長」は…「白文鳥の館長」さんではない?

私は、『白文鳥の館長』さんでは、ありませんよ。
パルテアで、島からお帰りの頃にお会いした者です。
今や、CGや写真(コスプレで無い女性写真)もあまりやらないで、物作りに励んでおります。今週末、東急ハンズでバーゲンが行われるようなので、電動工具(フライス盤)を衝動買いしてしまいそうです。(注意しないと、嫁さんに怒られます)
でも、あのかき氷は、一度見てみたいな。二人で行ったら嫁さんの分も自分が食べる事になるので、食べられないのが残念です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27753/5576499

この記事へのトラックバック一覧です: 灼熱の下のかき氷:

« 世の中、理想通りにはいかぬもの | トップページ | 今回のワンフェス見聞録 »