2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

関連リンク

 


検索


  • Google


    WWW を検索
    とめどなく雑記 を検索

写真ピックアップ2012/04-05

  • 夜の桜
    2009年初頭までは定期的に写真を掲載していたのですが、その後サボってしまいました。写真自体は折を見て撮影していたので、現在からお気に入りなどをピックアップして掲載していきます。ファイル名は特に撮影時期ではありませんので念のため。

2009年1・2・3月撮影分

  • L1000050
    2009年になっても相変わらずぶらぶら撮った写真に終始すると思いますが、ご勘弁のほどを(^^;)。

2008年10・11・12月撮影分

  • 皆が見ないコミケの顔・その5
    D-LUX4も加わっての、バラエティに富んだ写真アルバムに…なるはず?ただ、MPはフィルムなので、掲載する予定はありません。

2008年7・8・9月撮影分

  • 祭り
    一番忙しい四半期につき、写真は少なめになるかと思います。とはいえ、新レンズを使ったりして多少浮かれてはいるかな?(^^;)

2008年4・5・6月撮影分

  • 単線のある風景
    4、5、6月分です。特に説明も無いのですが…(^^;)。まぁのんびりスナップをアップしていく…予定かと。

2008年1・2・3月撮影分

  • 円覚寺・その4
    相変わらずぶらぶら撮っています。面倒なんで、これからは3か月分、まとめようかな。

2007年10・11・12月撮影分

  • 来年に向かって歩く
    相変わらずぶらぶら撮ったものです。あまりにもとりとめなく撮ったので、3ヶ月分まとめさせていただきます(^^;)。

2007年9月撮影分

  • 機上から見る雲
    9月撮影分です。主に久米島旅行で撮った写真になっています。

2007年4・5・6・7・8月撮影分

  • 夏の海
    相変わらずぶらぶら撮った写真です。ちなみにコミケの写真は入っていません。

2007年1・2・3月撮影分

  • 桜の風景・その11
    まだまだのんびり写真です(^^;)。なんか、撮っているのも楽しいですが、現像も楽しいですね。

2006年12月撮影分

  • 築地の町並み
    相変わらずR-D1メインでぶらぶら撮影したものを掲載していきます。紅葉も都心の方まで降りてきていますので、当初はそれを中心に…といったところになるかな?

2006年11月撮影分

  • P1020232
    距離計の狂いから一時期修理に出していたR-D1が帰ってきたので、ちらほらと撮影したものをアップします。
    でもなーんかぎこちないというか…写真に対する自分なりの立脚点がしっかりしてないというか…(^^;)。
    個人的にはしっかり楽しんでいるのでいいとは思うんですけれどね(^^;)。

2006年9月 石垣島周辺旅行

  • 車に積まれたエンジン
    9月下旬に石垣島及び周辺離島を旅してきたときの写真です。
    カメラはR-D1を修理に出していたので、LC1とF10です。Exifん時に機種が書いてないのはLC1と見てください(RAWを現像・エディットして保存すると、さすがにExifデータが残らないみたい)。明るいときにはLC1にはND8のフィルターを装着しています。

2006年6月撮影分

  • 富士山を臨む
    6月撮影分です。ちょこまかと撮っているのをあげていきます。
    色々なレンズも出てきますが、だいたい使うレンズが決まりつつあるような…。

2006年5月撮影分

  • 深川の風景
     ちょっと細かな撮影が入り組んでいる月なので、まとめてのアルバムにします。
     まず最初はくらやみ祭り。のんびり行ったせいか、人垣を越えられず、てんで山車とかの写真はありませんので、期待しないように(^^;)。
     次に有楽町あたりをぶらぶら歩きながら撮った写真、お台場や川越などと、色々取り混ぜてあります。

2006年4月 浅草・皇居前広場・銀座等

  • 紅い店先
    まだR-D1に慣れていないので、運動がてら、色々テスト撮影。その途上、Jupiter-12 35mmF2.8やアベノン28mmF3.5を買ってしまったり(^^;)。その他にはスナップショットスコパー25mmF4とカラーヘリアー75mmF2.5で撮影。

2006年4月 沖縄旅行

  • 赤壁
    買いたてのR-D1を片手に沖縄をうろついた時の写真です。 レンズは基本的にフォクトレンダーのUltron35mmF1.7。広角に写っているのはUltraWide-Hrliar12mmF5.6。飛行機の撮影など、一部望遠はNokton50mmF1.5。

2006年4月 三浦半島一周

  • トンネル入口
     三浦半島一周の旅ですが、お伴にR-D1も持っていきました。  この手の負担の大きい旅ではF10といった軽いデジカメの方が適しているんですが、買ったばかりだし(^^;)、カメラとして楽しむならこちらの方がいいですしねぇ…。  そんなわけでウェストポーチで出動です。カメラ用ポーチというのがあるんですな。一眼レフも入るタイプなので、スリムなR-D1だとレンズを数個入れてもまだ余裕があったりします。  ただ、便利ではあるんですが、ちょっとデカいんですよね。カメラが入る以上、仕方ないのですが。今回はまだ涼しかったから良いですが、今後は考えないといけないかもしれません。ムレるかも。  …で、レンズはウルトラワイド・ヘリアー12mmF5.6、Jupiter-12(35mm)といったところ。実はアベノン28mmも持っていましたが、今回は使いませんでした。 ※工事現場の写真、その3とその4が入れ替わっちゃってますが、そこらへんはうまく数字順に読んでください(^^;)。

« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

2005/08/31

ついでにカメラの話

 一応カメラはLC1とF10の2台体制、画質を要求する時はベッサLかR、ミノックスの35GTやTC-1を動員する…といったカメラ構成になっている。

 基本的にこれで満足はしているので、該当機種の後継機の話とかではない以外はあまり気にならない今日この頃。

 …と言いたいところだが、こっそりLX1が気になっている。

 別に200LXとかと似た型番だから…というわけではないのだが、ワイド画面というのは結構惹かれるのだ。

 過去に、上下の画素をトリミングしただけ…とはいえ、CP-500(だったかな?)という、オプションでワイド画面を撮影できるカメラを持っていた時期がある。画素数はともかくとして、横長ワイドな画面構成というのが、構図の妙を生み出す…というか、レイアウトの面白さを撮影に加えてくれるのだ。ねぇ、ROUさん(^^;)。

 一番思い出深いのはそれを持っていった葛飾柴又。そう、とらやのあたりをうろついたのだが、それでファインダー覗いたり、撮った画像はまさに映画。あれは面白かった。

 LX1紹介記事では「縦長にしても面白い」とあって、確かにそうとも思うのだが、できるだけ「意地でも横長」で通すと、結構旅を通しでドラマチックなアルバムが完成しそうだ。

 そんなわけでちとわくわくしてしまう。手ぶれ補正もついているしねぇ…。

 ただ…あきらかにF10とLX1は画角以外はバッティングするよなー(^^;)。うーん…、5万切ったら考えるか(^^;)考えるんかい。


 ところでデジタルカメラといえば35mmフルサイズCMOS搭載のデジイチが出てきたみたいですね。前にもフルサイズはありましたけれど、今回はボディのみとはいえ、40万円。うん、きたきた。2~3年以内に20万切るモデルも出ると見た(^^;)。

 どーしても35mm換算で値が違う…っつーレンズの画角が納得いかないのよね。理屈はわかるんだけれどもさ。

 もっとも、別の問題でデジイチってのはあまり好きになれないんだけれど、でもフルサイズが安価になって出てくる…ってのはうれしいね。つまりはいずれ、RD-1のフルサイズ版が出る…のではないかと…(^^;)。

旅の予定

 …っつーわけで、誰と無く呼びかけますが、久々に飯能・岩鞍ライン輪行を行いましょう。「麦」と「赤沢スイーツ」が夏休みから明けますしね。個人的には8月に1回、行ってきましたが、まぁ1ヶ月ぶり…ってことで(^^;)。

 できるだけ多く巡りたいので、10時東飯能集合、11時壺小屋、12時赤沢スイーツ、12時半無地、14時麦…って線かな?

 あとは流れで焼き鳥、煎餅…。

 壺小屋と無地を同じ日に、2時間も空けずにどうかな…という気はするが、壺小屋でサンドイッチで軽く済ませ、無地でカレー…って線は難しくないと思うのだが(^^;)どうかな?。どうしても腹一杯なら、無地でコーヒーもしくはコーヒーセットかデザートセット(…ってあったっけ?)って線でもいいでそ?

 一応主目的は自転車新聞…というか、マガジン作成のための写真撮影…って位置づけなので、こういう強行軍で書いちゃったけれど、ま、その場でアレンジ…ってことで(^^;)。

 写真撮影付き…ってことなので、服装とか、おされにしてきてね(^^;)。まぁ別に読者のいるマガジンではないんで、気を遣う必要無いと思うけれど(^^;)。

 東飯能-壺小屋付近の渓谷沿いを走る爽快さも撮影できればいいなー。とりあえず「デジタルで押さえとけ」LC1と「広角至上主義」ベッサL12mm、「発色と面白被写界深度の虜」35GTといったところかな?

 …荷物が多くなるなー。LC1は「オールマイティ(広角を除く)」F10にしておこうかな。

 ちなみに、今回赤沢スイーツ、麦、おそらく煎餅…と、自前の買い物だらけになると思うので(親から赤沢スイーツの注文が入ってる(^^;))、荷物運搬においらのショッパーをアテにしないでね>某。フレンド商会とかで折りたたみなエコバッグとか手に入れてチョ。

2005/08/30

しゃもじはどう使う?

 職場の後輩と話をしていたのだが、その際、「それって大は小を兼ねますよね」と言われた。

 特に何の気無しに「しゃもじで耳はかけないとも言うぜ」…と言い返してみた。

 …が、自分としてはことわざ(か慣用句)として言ったつもりなのだが、そういうことわざは聞いたことが無いという。…あれっ?俺、普通に使うぞ、この言葉。

 聞いてみると他2人も知らないという。あり?

 で、軽くWebで検索してみる。…簡単なキーワードではひっかからない。あれれ?ことわざ辞典にも載ってないぞ?

 誰か「しゃもじで耳はかけない」ということわざ(「大は小を兼ねる」の反意)、知らない?


#どーでもいいが、検索していたら「チタン製しゃもじ」というのが出てきた。…イカす(^^;)。

ブロンプトンのペダル

 以前、ブロンプトンの右側のペダルを交換したことは書いたが、左側はノーマルのままだ。

 知っている人は知っている通り、ブロンプトンは左のペダルだけ折りたたむ。右のペダルは折りたたむ必要がない。折りたたみ時、前輪の折りたたみと重なるので、折りたたむ必要がない。むしろ折りたたんだ方がかさばって不都合になる…のだが、左のペダルはそういった重なりのない、際左の位置にくるので、ペダルも折りたたまなければならない。

 …ので、右はどこにでもあるペダルを使用できるが、左のペダルは折りたたみ用ペダルが最初から添付されている。

 で、最近右のペダルの取り付け部のベアリングがイカれ、交換したことは書いたが、左のペダルもそろそろ怪しい。時折、「?」という感触があったりするのだが、すぐまた戻ったりするので今のところは走行に支障がないのだが、問題がある前に対処した方がいいだろう。

 …とすると、早々に交換かなにかしないと。

 とりあえず考えているのが、現在BSMに取り付けている、取り外し可能なペダル。BSMにSPDを装着し、代わりにブロにそのペダルを取り付け、輪行時は左のペダルだけ取り外す…ってな感じ。

 まぁ普通に折りたたみペダルを購入してもいいような気もするが(^^;)和田サイクルお薦めがあった気がする。

 ただ、気になるのは標準装備の左ペダルだ。…取り外し方がわからない(^^;)。なんか本当に特殊な形状をしていて、どこから外すかわからないんだよな…。

 普通のペダル(SHIMANOとかの六角レンチのは除く)って専用工具でくるくる回しながら取り外しするけれど(フレンド商会西国分寺に2千円くらいで売っていたので、手に入れてしまおうかと…)、それを入れ込む隙間も無いんだよな…。…謎。

 今度和田さんに聞いてみるか…。

2005/08/29

そういえば映画を見てないなぁ…

 映画好きのくせに…(家でDVDも見ていない)。

 最後に見たのはエピソード3か…。うーん、結局「逆境ナイン」とか「魁!!クロマティ高校 THE☆MOVIE」とか見られなかったなぁ…(;_;)。DVDしかないかなぁ…。

 とりあえず現状でおさえておきたいのは「容疑者 室井慎次」。踊るの流れからいくと、「真下」よりも期待していたりする。まぁ、できるだけ事前情報は避けて見に行かないとね。

 おそらく人気作になるはずだから、ロングランになると思うのだが…、油断していると早く終わっちゃったり、長くてもそれに安心して行きそびれる…ってこともあるからな、積極的に行かなくては…。

 さりげに「ノロイ」もちと見てみたい。ホラーはあまり好きではないのだが、結構「作り」(構成…って言った方がいいかな)が興味深そう。ただ、本来は怖いのダメなんだがなー(^^;)。

 あ、でも「呪怨」は全然平気だった。皆はなんであれが怖いのだろう…?

 あとは…ちょっとだけ「妖怪大戦争」が気になるな。…お、邦画しか出てこないなー。邦画復権か?(^^;)

 ま、今のところ見逃してかなり悔しい思いをしているのは「ヒトラー 最期の12日間」だったりするのだが(^^;)。怪物だろうと何だろうと、元々人間…として描かないと。次を防ごうと思うのならば、それは人間なのだから、その視点を持っていないと目標をロストしてしまうよ…。

浜松の想い出

 …浜松駅前は結構ショッピングとかには発展していたような気がする。実際買い物をしたわけではないが、なんか雰囲気が悪くなかった。めっちゃうまそうなケーキ屋もあったしなぁ…。

 それでもツブれて立ち入り禁止になっているビルが駅から近い位置にあったりして、「陰」も見え隠れしているわけだが、首相演説さえなければ、もうちっと巡る余裕もあったんだけれどもな。

 個人的にはそれ以上に自転車にいまいち優しくない道路だったのが気になる…(歩行者にはめちゃくちゃ優しいのだが)。

 浜松駅の北口のバスターミナルを出て車道沿いに西に向かい、連尺の交差点を東西に渡ろうとすると(南北でも同じ)、自転車でいきなりだとかなり迷う。だって、横断歩道が無くて地下道になっているけれど、自転車用スロープがない。

 車道を渡るしかないのだが、152号線は結構太く、車両も多いので信号が青でも渡るのには勇気が要る。

 まぁママチャリでもさくっと渡っているのも見たが、場所によっては交差点を渡った直後に道幅が狭くなっていたりして、かなり怖い・危険。ちょっと気を遣ってもらいたい気も。


 あ、そういえばちらっとアレックスモールトン(APBかも)とすれ違った気が。シルバーだった。

 似たような車種もあるみたいなので、フレームが似ていただけかもしれないが、リアに積んでいたバッグが純正だったような気がする。…本当に一瞬すれ違っただけなので、なんとも言えないが…。


 …最近、旅先を自転車の目線でしか見なくなったなぁ…(^^;)ヤバいなぁ…。

2005/08/28

とりとめなく、雑記

 今日は特に出かけるようなことはなし。久しぶりにゆっくり寝られた気がする。…まぁWFん時にもゆっくり寝たような気もするが(^^;)。しかし本当は色々テキストをまとめなければいけないんだけれど…。

 なんか久しぶりにゆっくりした日曜を過ごした気がする。

 ただ、つろっと外に出てみると…涼しいな、おい。雲も出ているから直射日光もありゃしない。

 …昨日がこんな天気だったら良かったのに…(;_;)。


 出かけた先はデニーズ。最近はここでメシを食いながら、T40pを叩いてばかりいるような。自転車新聞もここで作った。

 お気に入りメニューは雑炊。意外と美味いが、マジに腹減っている時には量が少ないのが難点だなー。カロリー低くていいんだけれど。

 それに結局デザートとか食っているから、低カロリーも意味無し(^^;)。まぁ2時間くらいゆっくりテキスト打てるからいいね。


 ま、そんな日です。

2005/08/27

浜松の旅

05082701

  浜松に行ってきました。もっと詳しく言えば、舘山寺です。浜松らしい、舘山寺らしい写真を撮ってなかったので、 とりあえず根本山あたり(何故?)から望む舘山寺あたりです。手前は内浦、その向こうは浜名湖です(海は見えてない)。

 そして先に言ってしまうと、日帰りです。それも高速バスで。そして輪行です(後述しますが、本来は高速バス自転車持ち込み不可です)。

 往復10時間、バスに揺られてました。3時間、炎天下の下で自転車漕ぎました(本当に雲一つ無かった(;_;))。それ以外は2時間。 1時間は打ち合わせ。もう1時間も雑務に追われたようなものです。

 …なので、うなぎも食ってません。食ったのはミニストップのおにぎり2個です。

 …もうこんな旅は勘弁です。


 もうちょっと詳細を書きますか。…いや、詳しくは書けないので、かいつまんで…。


 高速バスでインターバルがあったとはいえ、1日に10時間もバスに揺られる…というのは初めての体験。ふつー、 高速バスで日帰りとかしねーわなぁ(^^;)。

 なので、なんか気分はどうでしょうのサイコロの旅。もっとも、向こうは睡眠を取らなければならない深夜…ってところで、こちらは朝と夕方… という違いがあるんだけれども。

 それでもツラいのはわかったよ。時間のツブし方がわからない。バッテリーがへたったiPod miniじゃぁどうしようもない (20時間以上バッテリー駆動でき、FM放送も受信できるオーディオプレーヤーが心底欲しいと思ったね)。かといって寝ようと思うと、 体がうまく対応できない。浅い眠りが断髪的に続き、どーも…。

 …サイコロの旅って、本当にツラいんだなぁ…と思ったが、自腹でこの旅をしているおいらもどーか…という気も。


 また、輪行とは書きましたが、少なくとも今回のJR高速バス、折りたたみ自転車の持ち込みは不可です。

 一応羽田空港から府中とか国分寺とかのリムジンバスでは問題なく持ち込みできたので、しかもJRという会社… ってこともあって普通に持っていったんだけれども、バスのトランクルームの大きさや、折りたたみ自転車の重量や大きさで他の荷物に影響を… ってことで、本来は持ち込み不可だったらしい。

 …げっ。

 ただ今回は、他にトランクルームに持ち込む荷物が少なかったこと、初犯(^^;)であることで特別に乗せてもらった東京駅。ああ、すんません。 今回限り…ってことで。

 しかし行きはそれでいいとしても、帰りはどうしよう…ってことで、帰りはもう拝み倒すしかないな…と思って、 帰りのバス停で運転手に事情を説明…しようと思ったら、行きのバスの運転手だった(^^;)説明不要。

 「行きに乗せたのに、帰りに断るのはできないよねー」とありがたいお言葉。ああ、日帰りで良かった(^^;)ぉぃ。

 まぁ今回みたいな強行軍はもう無いと思うので、高速バスの輪行はやめておこう。 あるいはJR以外のバスを利用するときは事前に確認してみるとかね。

 あと責めるつもりはないんだけれど、渋滞のせいで豪快に運行がズレるのね。行きは1時間、帰りも40分くらい遅れたよ。 JRってアレであまり考えてなかったけれど、考えてみればそれくらい遅れるのは車なんだから当たり前で… しかしまさかそこまで遅れるとは思わなかったのは痛恨の極み。

 いや、帰りはいいんだけれど、行きはその分、スケジュールが削れちゃって、結局自由時間が無くなって…。

 本当はもう1時間くらい自由時間がある予定だったんだけれど、実は帰り、浜松に小泉純一郎総理が来ていて、駅前で演説してたらしい。 直接その姿は見られなかったのだが、仮にも首相で有名人。ものすごい人垣に、大量の警備陣。 しかもそれがバスターミナル近くで行われていたものだから、通路がふさがれる。迂回路も初めての土地なのでわからない。 これの対応に時間も食われたり。とほー。

 まぁ、SPっぽい人たちが意外と対応が丁寧…ってのが面白かったのが唯一の収穫か(謎)。


 他には…自転車か。ブロで出動して、浜松から舘山寺まで…勘で移動(^^;)。こういう時、auのナビが欲しいなぁ…と思うことしきり。

 しかし当日の天気は本当にまいった。文字通りのピーカン。雲一つありゃしねぇ。気温も高い上に直射日光。さらに事前に気がつかなかったが、 結構起伏がある。

 いや、ルートを選べば良かったのかもしれないが、地図がない以上、バス通りを通って目的地を目指すのが定石かなぁ…とバス停たどっていったら… 起伏が激しかったと…。TOKさんに言わせれば「丘」と言われるレベルかもしれないが、あの暑さの中では…。

 …なんか、消耗激しいんですけれどー(^^;)。もう勘弁してください。

 …って、自転車で行かなければいいだけの話のような(^^;)。そもそも「行く」って言い出したのはおいらだし。ま、 成果があったのでいいんですけれどね。


 ま、愚痴っていても仕方ないんで、写真メモからいくつか…

05082702  目的地周辺で見つけたそば処「ふじ花」。 おいらのうまいものレーダーではアタリ信号がばしばしと。ただ、おいらがたどり着いたときには蕎麦が切れたのか、閉店したところ。 ちっ。

 せめて話だけでも聞いておけばよかったのだが、前述の通り、炎天下の走行がしばらく続いた後だったので、 へろへろで言語野がオーバーヒート状態(側頭部で放熱がおっつかなかったんだろーねー)。惜しいことをした。

 一応目的地にはまた後日行く予定なので、その際にこちらも寄れればいいのだが…。

05082703  駐車場の看板。浜松はもう「モータープール」の範疇なのだろうか?


05082704  柔術ジムのポスター。柔術ってこともあるだろうし、勇ましいのは結構なのだが、 マウントポジションってのは子供を誘うアレとしてはどーなのだ?(^^;)

 考えすぎか?俺も口うるさい大人の仲間入りか?(^^;)


05082705  舘山寺周辺の街並み。川越のようなところ(古い街並みがずらっと)を期待していたのだが… これはどーだろー(^^;)。ちょっと期待はずれ。日が沈むと趣も出てきそうな気がするが…。

 おいらが目を向けたのが一角に過ぎない…ってこともあるかもしれないけれどね(^^;)。

 まぁ個人的にはそういうさびれっぷりが気に入らないわけでもない(^^;)ぉぃ。

 もっとも、最近は愛・地球博で昼はみんなそちらに行ってしまい、夜に宿として戻ってくるらしい(車で最短1時間くらいらしい)ので、 おいらが行った時間帯はちょうど閑散のタイミングだっただけかもね。


05082706  目線を変えればそちらにはちゃんとリゾートホテルなどがあり、遊園地もあったりするわけですよ。

 近くで万博をやっているわりには、結構人多く来てました。

 また、浜名湖なのでボートとかもあってですねぇ、スーパーボードとかスピードの出るのにも乗れたりするわけですよ。 おそらく気分はどうでしょうのカントリーサインの旅ってなもんで(^^;)わかるひとにしかわからない。


 あ、そうそう。自転車ネタをもう一つ。浜名湖周遊サイクリングロードってのがあるらしいですね。後で調べてみると、結構有名だったようで。 走りたい衝動に駆られましたが、時間がなかったのでパス。うぬぅ…。

 舘山寺から弁天島経由で帰れば良かったのかもしれないけれど。浜名湖大橋も自転車で通れるとは思わなかった。ただ、 舘山寺から直の方が近かったみたいで、やはり時間を考えると通れなかったなぁ…。

 …とりあえずそんなところで…。

2005/08/26

台風通過

 台風が過ぎ去りましたな。とりあえず我が家周辺にはこれといった被害は無し。ほっ。広い範囲としてはどうだか…ニュース見ていないのでわかりませんけれど(^^;)、接近時955~965ヘクトパスカルって、東京近辺に来る台風としては結構強いような気が…。

 もっとも、沖縄だと940ヘクトパスカルで上陸…ってことも年一以上でありましたから、それに比べればまだまだ…(^^;)。

 …930ヘクトパスカルってのもあったような気がするなー。また、速度が遅くて、2日間に渡って居座った台風もいたような気がするなー。行ったり来たり…ってのもあった気がするー。

 東京の人たちは台風くらいー…とか思うかもしれないが、仮にも低気圧なので、耳がきーんとするのよね、若干。で、そんな気圧の低い状態で風がびゅうびゅう吹いてひっきりなしに窓を叩くわけですよ。一晩中。いや、二晩ということもあったわけか。

 寝れない寝れない。

 さらに停電しやすいので、テレビもつけられなくなったりして、情報がぷつり…と。

 まぁ、ラジオとか、当時はもうインターネットがあったからそれで情報収集とかできたけれど、限界もあったしなぁ…。

 ああ、懐かしい(^^;)。そこらじゅうのサッシが振動して隙間から水を吸い上げるもんだから(雨戸を閉めていても、強風と大量の雨で役に立たない)、窓近辺が濡れちゃうんで、タオル持って走り回ったっけなー…。

 それにくらべれば、東京の台風なんてまだまだ…。電車が止まるくらい何?沖縄は全然平気。止まらない…以前に、無い(^^;)。

 あ、今はゆいレールがあったか。でもモノレールに近いから、…っていうかモノレールか。風に弱いな。でもあれ利用しているのは観光客くらいで、地元の人には影響無いだろうな。

 那覇空港離発着便も、変な風が吹かない限りは強風圏でも飛んだり降りたりするからなー(^^;)さすがに暴風圏は問答無用。

 さすがに船は他地域と同じ気がするが。

 …まぁ、なんてことはない、思い出話に終始(^^;)。台風一過はすがすがしいねー。

R-14への文句

 今回の話は若干ネタばらしの部分もあるので、注意して読んで欲しい。どうでしょうドラマの四国R-14の話だ。

 これを書いている時点でTVKでは2話まで進んでいる。しかしまだ放映も始まっていない地域の人もいるかと思うので、できればこの先は読まないでおいてもらいたい。

 …のだが、多少、覚悟して見るための最低限の事項…というのも書くつもりなので、ある程度は読んで欲しい…っちゅーか、なんちゅーか、難しいところなのだが(^^;)、頑張ってネタ晴らしにはならないようにしたいとは思うんだけれど…楽しみを削いでしまったら御免ね(^^;)。

 やっぱ読まない方がいいかなー。うん、未見の人は読まないで(^^;)。


続きを読む "R-14への文句" »

2005/08/24

USB2.0の使い方

 結局、3,000円もしないメルコのUSB2.0増設PCMCIAカードを購入、T40pに接続し、以前、DVのデータなどを入れて映像編集を行おうとしていたUSB2.0接続のHDDをつなげてみた。

 以前は速度も遅く、使い物にならなかったのだが、今回は普通に、デスクトップで行うようなアクティブな接続で作業ができた。

 …やっぱ内蔵USBポートかぁぁぁぁぁぁっ!?

 まいったな。保証期間中に全然気がつかなかったよ。修理のしようが無ぇなぁ…。いや、有償ならできるかもしれないが、だったら3,000円かからない増設カードの方がお手軽ですよ。PCMCIAスロットもそう使っているわけでもないし。

 んでもでっぱりで、AirH"カードと併用できない気が…。まぁそう併用する機会があるようにも思えないが…。外でUSB2.0機器をつなぎながら、128kbps接続?…うーん。

 まぁ当面はこのまま増設カードで使い続けますよ。今更これ以外、どうしようもないし…。

 ただちょっと…次期マシンとか考えちゃおうかな…という気も(^^;)。ポートがどうの…というよりは映像編集がSXGA+でも狭い…ってことに気がついちゃって(^^;)…ってーか、デスクトップでしろよ。ワイドな画面が必要かもなぁ…。

なんでもかんでも擬人化…

ワンダーフェスティバル2005夏 オモシロ系 「熱線誘導ちゃん」と「500kg爆弾ちゃん」

 あー、これ、見た見た。最初見た時何かと思ったが、理解した瞬間脱力したよ(^^;)。企画者に脱帽。

 よっぽど写真撮りたかったのだが、ちと恥ずかしくて(?)断念。あー、やっぱ撮っておけば良かった。…いや、買えって話ですけれど、単体で飾ってもねぇ…。こうして機体に装着しないと。んでもそんな機体は無ければ、飾るスペースも無し。うぬぅ。

 それにしてもバクダンまで擬人化してしまうとは…(^^;)。後先考えるとぞっとします(^^;)。

 …って、「なんでもかんでも擬人化」って、なんとなく「八百万の神」とかいう宗教観のある地域の発想なのかなぁ…という気が、根拠もなく思ったり。まぁ、単純にオタクの発想だと思うのだが…(^^;)。

自転車と旅に必要なもの

 実を言うと、こっそり、自転車新聞…というものを作っている。

 知り合いの某氏の会社の人…仮にAさんとしよう。その人が自転車好き…というかロードスポーツ派で、速度とかケイデンスとか、坂を如何に走破するか…ってあたり、いわばTOKさんに近い人らしいのだが、社内でそういうサークルを作っているらしく、休日などは仲良く走っているらしい。そして、より自転車の良さを広めようとしているらしいのだが、これが難しいらしい。

 社内報…というか、会報とかも作成しているそうなのだが、どうも走り屋の視点による記事が多いらしく、そちらの属性を持っていない限り、なかなかとっつきにくいらしいのだ。

 勿論会報だけでなく、活動の一環として以前、社内でサイクリングのセッティングをしたらしいのだが、どうも峠越えのサイクリングだったらしい。そりゃサイクリングじゃねーよ(^^;)。当然新規参加者はほとんどいなかったらしい…。「サイクリング」ってだけでは結構ウケが良かったらしいのだが…。

 そんな話を聞いて、だったら女の子にも受け入れられやすい雰囲気の新聞でも作れば、もっと周りに浸透するのではないか…という話になり、そうなると観光と食べ物で構成されたおいらの輪行記録なんかネタにいいんじゃないか…と、そもそも某氏には恩義もあるし(?)、それを元に作ってみることにしたわけだ。

 まぁ本当はAさんの会報を「紙面ジャックしてしまえ!」というアオリ文句に惹かれたのだが(^^;)ぉぃ。

 ただ、作成していく内、おいらの性格的に「新聞」というよりは「雑誌」の作りなレイアウトになってしまい、紙面ジャックにはいたらなかったのだが。

 また、イラスト主体で行こうかと思ったのだが、その補助として写真を使おう…と過去の写真を引っ張り出してきたら、その写真らが雄弁に旅の面白さを語る語る…って、まぁおいらの想い出の方が蘇って楽しくなってきた…と言った方が正しいのだが(^^;)、ともかく、イラストよりも写真を重視してレイアウトすることに。

 結果、なんか旅雑誌のような様相になってしまったのだが…まぁいいか(^^;)。ページ数もそれなりにあるので、PDF公開…ということで、社内MLで配ってもらうことにした(実際の配布はお任せなので、どういう形態かは知らないが)。

 個人的には結構気に入ったモノになった。一番最初の鎌倉輪行の写真を使用したのだが、ちょうどフィルムで撮影した旅だったので、結構味のある写真で助かった。

 友人がびしばし出ている写真なのだが…限定した公開なんで、肖像権とかなんとかは許してくれい(^^;)。決して悪い扱いにはしてないし…。

 まぁなんとか輪行の面白さが伝わるといいのだが…。

 …と思うと妙に不安なので、できるだけ旅の多さでそれを伝えよう…とすでに3号まで発行準備が進んでいたり(^^;)。頑張るぞ(^^;)ぉぃ。…っていうか、もうほとんどできあがっている(^^;)。

 ただ、自転車を使った旅、目的地の妙…とかは色々盛り込めている気がするのだが、どーもまだ何か足りない気がする。

 …そうだ、旅につきものの「食」だ。これをあまり紹介し切れていない!

 自転車で走っていると走ること自体に集中して、辛うじて食べ物も食べるよ…ってなもんで、写真とかおろそかになっちゃうんだよね(^^;)。あまりその辺の構成がしやすい写真とか撮ってない。うーん、これはいかん。

 そのうち改めて自転車で食べ物を巡る旅も楽しいよ…って写真重視の紹介記事とか書いてみたい。…となると、どこがあるだろう?

 …飯能・岩鞍ラインやね(^^;)。

 壺小屋、HAMA、赤沢スイーツ、無地、麦、あと未開拓なところ?まぁ個人作成の記事だから、HAMA除いたところでも十分な気がするし、ちっといつか、写真撮りに行って、また記事とかにしてみたいところですわなぁ(^^;)。

2005/08/23

ひょっとしてUSB2.0を認識できていないのか?

 うちのT40pは。

 考えてみると前々からUSB1.1機器しか接続したことがなかった。デジカメのF10を購入してから、オリンパスのMAUSB-200をxDカードメモリリーダに使用しているから、それが唯一のUSB2.0製品だったかもしれない(他にもあったかもしれないが、T40pに接続するのはそれくらい)。

 以前にちらっと書いたが、このリーダが異様に遅い。まぁxDカードについてきたおまけみたいなものだから、機能が低いのも仕方ないかなぁ…と思っていたのだが、最近USB2.0接続のHDDを導入した際、同じポートでレートがこれっぽっちも上がらない時から、ちと疑念を持ち始めた。

 本当にUSB2.0で接続できているのか?

 ふと、先のMAUSB-200を別のUSB2.0ポート装備のPCに接続させ、デジカメデータを5~6個コピーさせてみた。1分もかからずに終了。

 …あの、今まで5分とか10分とかかかっていたんですけれど…。

 こりゃ確実にポートの方が問題だな…(MAUSB-200はUSBポート直結なので、ケーブルの問題にはならない)。

 …ってことで検索してみると、ThinkPad Club Archiveの過去ログに同様の内容が…。個体差で発生するらしく、どうもハード的な問題らしい。解決策は提示されていない(検索不足かもしれないが)。いや、メーカー修理でM/B交換…ってので解決した例もあるし、再発した例もある。

 こら困ったな…。

 しかし一応現実的な解決策もある。PCMCIAカードのUSB2.0ポート増設カードを使用するのだ。

 ああ、なるほど。それなら簡単に解決できそうだ…っておい(^^;)。

 しかしなぁ…、M/B交換となると、保証期間過ぎているし確実に有償だろう。なによりメインマシンをしばらく手放す方が問題だ。

 しかし増設カードなら5千円以内で解決できそうだ。うーん…、USBポート増設系のカードはクチがデカいので、他カード併用が面倒くさそうだが、背に腹は代えられないし…。ちと購入してみっか…。

意外な原因

中高生の喫煙4年で激減 厚労省研究班10万人調査

 …世の中、携帯を中心に回っているのか…?という気にもなりかねない内容。

 まぁ、タバコだけに限ってみれば、いい傾向か…。

 ただ、2000年度の話とはいえ、喫煙率が4割にまでいっていたのが信じられないな。高校時代の友人に喫煙者なんて一人もいなかたから…。

 進学校ではない。ふつーの…言ってしまえば「試験の成績は良いけれど、内申が悪い」連中が来るような学校だったし(^^;)当時、いればいてもおかしくはないような気がしたが…、いなかったなぁ…。うーん…。まぁいいのか。

 ちなみにぶっちゃけ、府中高校なのだが、こないだちろっとsakusakuのヴィンセントが(…というか、黒幕が)府中高校出身とか言ってなかったか?

 別にどうでもいいことだけれども、なんとなく前述の府中高生の性質が反映しているキャラクターだなぁ…という気が…(^^;)頭は良いけど、素行が悪い。

両脚の使い方

 かき氷輪行で気がついたことがある。ひょっとしたら俺、両脚を均等に使っていないかもしれない。

 なんか右脚重視で漕いでいて、左脚を使っていないかもしれない。

 今まで気にしていたことはなかったんだけれど、右脚に思いっきり力を入れて漕ぎ、左脚は右脚を戻すサポートを…って感じで力を入れてなかったかもしれない。

 そういえば痛むのは右脚だけだったし…。

 急になんかそのことに気がついて、ちょうど右脚が疲れてきた頃だったので、左脚を意識して回すようにすると、回る回る…(^^;)。うーん、両脚を均等に使うように意識しないとなぁ…。

 …SPDとか、ハーフクリップとか使うと、何となく意識出来るようにならんだろうか?現在のただのペダルだと、押すときにしか意識集中できないし、…いや、ペダルの漕ぎ方を新しくすれば、新しく動きを体にたたき込むことになるから、ニュートラルから均等な両脚の使い方を体に覚えさせられるかもしれない。

 どかな?

2005/08/22

PainterはIllustratorとPhotoShopの仲間入りができるか?

 おそらくもう誰も読んでおらず、…まぁそれでも個人的には自分メモとしてかなり重要な話でもある「IllustratorとPhotoShopでベクトル・ビットマップ混在のデータフォーマットをシェイプを利用して作成する」件で、Painterでそのシェイプ作り(Illustratorからの読み込み)が可能かどうかの件。

 結果としてはダメだった。

 具体的には、IllustratorのファイルのバージョンがVer.9以降だとそもそも読み込めない。Ver.8以前で保存しておけば読み込める模様。

 ただ、おいらの描く線がシェイプとしては複雑すぎるのか、ツブれてしまったりして実用にはならなかった。

 …というわけで、PainterでIllustratorから線画シェイプを作成する件は無し…と。

 まぁ一応あとコピー&ペーストでPainterのキャンバス上に持ってくる…って手もあるらしいが、それではPhotoShopと同じ操作性なのでさておく。

色々四苦八苦もしてるんスよ

 なーんも作品公開してないから、(ここ1週間のコスプレイラストを除き)なーんも創作活動してないのか…とか思われるかもしれないが、そんなことはないので念のため。

 いくつかやっている内、ちと早くこなしてしまいたいな…と思っているのが旅行映像。サイコロ1~3あたりをとっとと編集してしまいたいが、なかなか進まない。

 映像が多い(本家には及ばないが)というのもあるが、いまいち字幕(テロップ)作成の効率が良くないというのもある。Premiereで本家みたいなテロップをつけようと思うと、結構手間。テロップ一つにつき、いちいちファイルを作成しないといけないので、その保存操作とかなんとかが、一枚当たりの手間はそうでなくても、総計ではかなりの手間になってしまい、効率が悪いったらありゃしない。

 なんかいい方法をご存じの方はお知らせ下さい。

 あとそれとともに、操作がデスクトップで慣れていない…というのもある。また、その周りも雑然として、画面に対して真正面に座れない、椅子一つ分離れないといけない…というのもある。

 まぁここらへんは掃除すればいいのかもしれないが、そこだけを…ってわけにもいかず、部屋全体を掃除しないと正直おっつかない。…となると、かなりの手間…っつーか、今、暑くてする気になれない(^^;)。まぁ寒ければ寒いでする気になれないのだが(^^;)。なので、「ちょうど良い陽気」の時にやろうといつも考えているのだが、最近、「暑い」「寒い」の時期しかないような気がするのだが、気のせいだろうか?「ちょうど良い陽気」の季節がえっらく短くて、いつも部屋掃除のタイミングを逃している気がするんだよなぁ…。

 「暑い」時期がしのげてきて、涼しい頃になるかなぁ…と思うと、1ヶ月も待たずして「寒い」ことになってしまったり。逆もまたしかり。なんかいっつも酷暑対策、防寒対策に追われている感じがするんだよなぁ…。

 まぁ言い訳はそれくらいにして(^^;)。

 ともあれデスクトップで作業ができないなら、ノートでやっちまってもいいんじゃない?…ってことを画策してみた。

 元々映像編集用のデータは取り外し可能なケースに入れて管理していた。それを外して、USB2.0接続することもできる。だったら簡単にノートでも編集できるかな…と。

 しかし、実際はHDDのフォーマット形式により、USB接続では認識できなかったりして、思惑通りにはいかなかったのだが…。

 代わりのHDDを用意し、そちらにファイルをコピーして、USB接続でも認識できるようにして、今度こそ編集を…と思ったら、今度はUSB接続が不安定になり、USB2.0らしい速度が出なかったり…(;_;)。

 …これは一体何が原因なのかなぁ…。なんか常駐モノが悪さしていた感じもするのだが…(Google デスクトップ検索か?根拠無いけれど)。ともあれ、映像編集できる環境ではなかった。

 そんなわけでそういう画策もしていたのだが、それで効率が上がったわけでも無し、金と時間の無駄だったりもして、ちと落ち込んだりもしたけれど、元気です…ってなもんで(^^;)意味不明。

記事数と、SNS

 気がついたら記事数が1,000を超えていた。うーん、多いんだか、少ないんだか。

 …いや、少ないってことはないな。

 PVは一日平均230程度。もっとも、最近は300に行くこともある。なんか時々、どっかにリンクされて、どかっと…ってことがあるのよな。まぁいいけど、mixiからのリンクだと、どういう話でこちらにリンクされているのか確認しようがないと。

 しかもそれでコミケの1日目の話とか見られているので、「何の話やねん!」…と気になってしまう(^^;)。

 まぁかといって、それを確認するためにmixiに入会しよう…とまでは思わないが。

 …それがなくても 某氏からmixiのお誘いメールをいただいているので、入会可能なのは可能だとは思うが。

 ただ、正直、活動範囲としてキャパがもう無い。紹介してくれた友人とは結構顔をつきあわせて遊ぶ機会も多いから、改めてmixiに入る必要もないし、新しい出会いとかはコミケとか和田サイ前とか(^^;)いろんなところであるから、別に改めてネット上でって必要もない。

 そもそも、顔を実際つきあわせてもなかなか名前と顔を覚えないのに、「コミュニティ」「人脈」メインのそういう場でおいらが礼儀正しく振る舞えるとも思えないしなぁ…。

 …っていうか、外から見ている限り、気苦労が多そうで…(^^;)mixi。

 そんなわけでSNSはしばらく関わらず、ここでマイペースで行こうかと思っている次第…。

2005/08/21

今回のワンフェス見聞録

 ワンフェスに行ってきました。本当は家で久しぶりにのほほーん…と過ごそうかな…と思っていたのですが、 その日だってことを急に思い出しまして、12時間寝た後に行ってきました(^^;)。…しかしホント、ここのところ土日、 家にいたことが無いような気がする…。

 それはさておき、今回も(?)12時会場着コース。体に負担かからない案配でいいやなー。先週ほど混雑してないし (むしろ東京テレポートの方が混雑していた)。

 で、コスプレ広場に直行かい?…とか思われる人もいるかと思いますが、私は基本的にコミケでしか撮らない人間ですので念のため。まぁ単に 「並ぶ」のが嫌な性格なだけですが(^^;)わからない人にはわからないだろうけれど、色々ローカルルールがあるのでございます。 そういう訳で一枚も撮っていませんので念のため。

 まぁ一応知人がいないか確認するために、会場回った後に行きましたが。みちえさんとかいらっしゃいました(^^;)やっぱりな。 どんきぃさんも、passportさんなみに遭遇率が高いんだよなぁ…(謎)。

 それはさておき、目的は当然モデリングの参考っちゅーか、そこらへんの発憤材料とか探しに。

 まぁ色々楽しめました。なんか異様にディーラー、多くない?結構回るのに一苦労で、1ディラーあたりにかける時間(品定めとか(^^;)) が短くなってしまったのが惜しい。帰りに寄るところがあったので、どうしても時間をかけられなかったので、駆け足で会場内を移動することに…。 ちぃっ。

 とはいえそこらへんはバリエーションが多くていいなー…って見方に変えて、ポジティブに切り替えたり(^^;)。

 私の趣味的に言えば、当然フィギア系を重視して見に行くわけですが、その前にWSCの方も。

 …っていうか、それらのブースや企業ブースが東3にあるってことに気がつかず、3時頃になって行ったものだから、 ワンダちゃんのボトルキャップを含めて、ほとんど売り切れ…。うぬぅ、失敗…(^^;)。カエル(?)のスターターキットは欲しかったのだが…。

 あのカエルはいいよね。モデリング…というか、企画、チョイス、カラーリングの勝利のような気がする。 あまり非人間系のフィギアには興味を持たないおいらだけど(獣人系を除く(^^;)ぉぃ)、あれはキーホルダーにしておきたい… って気がするしなぁ。

 その他のもいいんですけれど、今回は食指は無し(前回もそーだったが)。

 で、一般のディーラーを見て回ると…いいのもありますねぇ…。色々写真に撮ってしまいました(^^;)。

05082101  前回荒木さんのアレンジが絶妙だった綾波モデルは販売されていた模様ですが、 おいらが行ったときにはすでに売り切れ。うー、惜しい。ただ、置き場所がそもそも無いから、買えなくて正解だったかも…というか、 そもそも今回の手持ちで足りないし(^^;)。

 ただ、8月22日からガイナックスのホームページで通販を開始する模様。詳細はその日の夜…かな?ちっと気になる…。 完成品だったら即ゲットなのだが…(^^;)。


05082102  その他にも色々気になるモノもありました。キャラモノが多いんですけれど、こういう、 立体でありながら動きをうまく表現できているものとか、見とれてしまいますね。


05082103  物語の一部を切り取った感じで、飾っていても遜色ないっつーか…。

 そんな表現を出来る原型師ってスゴいなー…と純粋に思いつつ、色々見て、気に入って、あまつさえ購入にまで至ったのが一つ。


05082104  これ。全身写真はなんかブロバイダ的にマズそうなので、 適当にトリミング(^^;)個人的には問題になるようなものじゃない…と思っているんですけれどね。「I.C.甲」…ってことで、 Identty Crisisの略だそうです。詳しくは原型師さんがいらっしゃらなかったので聞いてません。

 裸体かよ、それも少女の…とか言われそうですけれど、実物見てから言ってください。「フィギア」というよりは「像」です。 一切媚びてない作りに、華奢でありながら迫力を感じさせる造形とかとか、ツボに入ってしまいました(ちょっと左手の演出は違うな… と思っているんですけれど、まぁそれは作者との解釈の相違…っつーことで)。

 まぁ一番の魅力は、一体成形で組み立て必要なしってところなんですけれど(^^;)ぉぃ。まぁガレキなので、 多少なりと表面処理は必要ですけれどね。

 うーん、なーんかガッシュを筆で塗りたい気分だなぁ…(^^;)。ただ、 なんか3DCGのモデリング用参考資料になってしまう気もしなくもない…。


05082105  ま、他は別件として、早くこのキャミィ、出してくれないかなぁ…と。 2パターン両方買ってしまいそうな勢いだが…、予算的にはどちらかになるんだろうなぁ>をれ。


05082106  あと、ダグラムって…こんなカッコ良かったっけか?(^^;)

2005/08/20

灼熱の下のかき氷

05082000
 しらすは見ている…。 っていうか、インパクトのある映像でまずはつかまないと(^^;)。

 …というわけで(^^;)どこがよ、今回の旅は天然氷のかき氷が主目的です。まぁ個人的には別の目的も兼ねていたのですが。

 元々、去年から友人が「秩父の、天然氷のかき氷屋が神奈川に一時期店を出す」という情報をかぎつけて、みんなで行こう… という話があったのですが、残念ながらその時期に行くことは出来ませんでした。しかし翌年、藤沢、鵠沼海岸駅近くに場所を移し、 「埜庵」 として、常時営業することになったのです。今度は期間限定ではありません。

 なら、いつでも行けるね…と安心すると、非常にマズい。期間限定でも行けなかったのに、常設だと油断しまくって、絶対行かないだろう… という危惧があったので、「もう、すぐにでも行こう」ということで、出かけてきました。…自転車で(^^;)。

 考えてみると、私自身は結構マメにこの夏に走り回っています。結構暑さに耐性が出来ていたかも。ただ、 他の参加者はTOKさんを除いてそうでもなかったかもしれませんねー。暑さが非常にネックだったかも。

 …なので、一計を案じてみたり。

 …っていうか、単純に「輪行」にしただけの話ですが。…まぁ、だからより、おいらの目的に近づいていくのですが…。

 ともあれ、西国分寺組は西国分寺から南下。多摩川サイクリングロードを通り、登戸に行きます。そこから小田急線で藤沢まで。 あとはつらつらと鵠沼海岸駅まで走るわけです。ま、多少なりと「水辺」を走り、電車だけの味気ない旅にならず、かつ若干涼しいハズ… ってわけですわ。…暑かったですけれど(^^;)。

 暑かったですねー。やはりどこ走ろうと暑いもんは暑い。多摩川沿いも暑い。もう5度、下がっていただかないと。

 まぁそんな中走りながら、登戸到着。登戸からは電車なのですが、ここからが私の本当の目的。BSM-R20の輪行の仕方…ってわけですよ。 そう、今回の旅は輪行がありながら、非分割のBSMで来たのです。

 前にも後にも今回の旅は「ブロンプトンが良かった」と思える工程だったのですが、モールトンの師匠、しゃおらどんが一緒に参加するなら、 かの技を習得しないわけにはいかない…っつーか、実習込みのレクチャーなんですが(^^;)、勝手にそれを決めてしまいました。 あちらも非分割フレームだし、同じ輪行袋、用意しちまったし。

  …で、やってみたり、教えてもらったりして、非分割フレームの輪行の仕方を教えてもらいました。あちらはAMなので、 多少差異があるのでそこらへんは自分で考えていかなければならないんですけれど、かなりやり方がわかってきました。

05082013 ともあれ、右の写真の真ん中のようにまとめられました。うんうん、 これで非分割フレームのBSMでも輪行できるぞ。ちなみに一番右はBD-1。

 ただ、当たり前ですが、ブロンプトンにはかないません(^^;)。

 さて、登戸から藤沢まで45分あまり。まぁそのまま鵠沼海岸駅まで行けば良いんですけれど、まぁそこはせっかく自転車なので、 のんびりサイクリング。さすがに都会のような暑さはありません。なんだか心地よいような暑さ…なんですけれど、紫外線は相変わらずなので、 とっととかき氷屋に飛び込みたい気分(^^;)。

 …で、一悶着あって(謎(^^;))、かき氷屋に到着。あ、いけね、店の写真、撮り忘れた。ちょっと… ちょっとだけわかりにくいところにあります。

 で、友人らと合わせて宇治金時やら、天然白桃、天然イチゴなどを注文。天然とつくのは、その素材を直に使ったシロップになっております。 値段もそれなりのものですが、皆、食べてみて感動。十分その価値がありました。

05082001  宇治金時はこちらの通り。なんかもー…雰囲気が違いますな。

 なお、あずきは中に入っております。

05082002  白桃もなかなかのもの。


05082003  私は天然イチゴなんですが、 ここまで素材の味が出ているかき氷なんてっ!?イチゴ本来の甘みと酸味が氷と一緒のハーモニーをっ!なっ… なんて若々しい味なんだーっ!!うまいぞぉぉぉぉぉぉぉぉーっ!…とまぁ、味っ子並みのパフォーマンスを(^^;)ぉぃ。

 うーん、俺には若々しすぎる。やはり宇治金時が良かったかもしれない(^^;)美味しかったんですよ、間違いなく。

 あと、氷の味を堪能できる、「鎌倉」というメニューもあるそうです。むーん、すくなくともあと2回は行かないとなぁ(^^;)。 登戸から藤沢まで、片道最短48分440円、自転車走行距離片道13km(直線距離合計なので、走行距離はもっと)か…。9月にもう2回、 行ってしまおうかな(^^;)。

 なお、埜庵のご主人も自転車分(?)をお持ちのようで、お話しとか盛り上がりました…が、駐輪場所がないので自転車でお越しの際は駐輪に注意。 近場に市営駐輪場があるのでそちらをご利用下さい。日曜だと無料のようです?まぁ100円くらい…(^^;)。

05082004  …で、もう目的は済んでしまったのですが、せっかくここまで来たんだから、少しは走らないと… ということで、鵠沼海岸に。まぁ、芋洗い…と思いましたが、思いの外、ゆとりがある。悪くないっすね。遊べるかも。

 …まぁ、沖縄暮らしが長いと、とてもこの海に入る気になれないのですが(^^;)。デジカメは優しいです。海の色は青くしてくれます。 しかし実際は…サングラスをかけると…(謎(^^;))。

 まぁともあれ、他になんか行くところがないか…ってところで「そういえば生しらす丼が食ってみたい」…と。

 以前しらす丼を食ったことがあったのですが、生ではなかった。どうせなら生なしらす丼を食べてみたい!…ということになりまして、 そのお店を探すことに。

 しかし、情報なんて無いぞ…と思っていたら、片瀬江ノ島、また後述する江ノ島両付近にあるわあるわのしらす丼ののぼり。…旬なのか? ある種ブームがあったのか…と。

05082005  まぁでもあるなら…と、その中の一店に入り、しらす丼…ではなく、 ネギトロと一緒な二色丼を頼むことに(^^;)。いや、だって生しらす丼がハズレだったら嫌じゃん(^^;)。

 まぁハズレてませんでしたが。


05082006  そしてここまでせっかく来たなら、江ノ島も見ていこう…ということで、そちらにも向かったり。

 ちなみに考えてみると、江ノ島ってあまり奥まで入ったこと無かった…。


05082007  ので、まずはエスカーに初めて乗ってみたり。


05082008  んで、展望台とか。いやー、怖くてたまらんかった(^^;)。階段が降りられなくて、 一人エレベータで降りました(^^;)へたれ。

05082009  ちなみに江ノ島って、反対側とつながる時があるんですな。 行こうと思えば砂浜を歩いて渡れるんだぁ…。一度渡ってみたい気もするな…。

05082010  で、ついでに江ノ島の反対側にも行ってみたり。

 なんか妙に海が荒れていて気になっていたんですけれど、帰ってからわかりましたが、台風が二つも出来ていたんですねぇ…。まぁ沿岸なので、 それが原因とは限りませんが(元々風が強かったし)。

05082011  ちなみに江ノ島なので、猫もちらほら。

05082012  みんな人なつっこいので良かったですねぇ…。 まぁ彼らにも彼らなりの問題やらドラマもあるのですが…(謎)。

05082014  あとはまぁ、鎌倉まで走ったり、マチエールでお茶したり(最近急に、 マチエールが我々を呼ぶようになりました(^^;))、 そもそも鎌倉に向かった主目的がホリデー快速鎌倉号で西国分寺まで直帰の予定だったんだけれど、現在は運行されていないことが判明し、 だったらついでに大船まで走ってしまおー…と、21号線を北上したり…諸々(^^;)。

 そんなこんなで大船で解散となりました。そんな旅でした。

 …が、色々振り回してごめんなー(^^;)>ALL。俺もやっぱ、暑さでヤラレていたのかも(^^;)。YuNKさんは知らないだろうが、 東海道線のホーム、間違えて下りに行ってもーたり…(^^;)。

 まぁこれに懲りずに、またどっか行きましょうや(^^;)、涼しくなった頃に。

2005/08/19

世の中、理想通りにはいかぬもの

運動で脳も“持久力”向上?乳酸代用で糖を節約

 なんか運動した後に絵を描くと、結構さくさく描けるなー…ってことに昔気づいて、以来自転車での運動にハマりはじめた経緯とかあるんですよ、私は。

 まぁ入れ込みすぎて、絵を描く時間も運転に割り当てるようになってきたので、意味無いのですが(^^;)ぉぃ。

 ともあれ、デスクワークが忙しくて運動なんかしていられない…って人こそ、そのデスクワークを根気よくやれるために運動して脳の持久力を高めておいた方がいい…ってことなのだろうかな?…という次第。

 ま、「時間は有限」って方がネックになるんだろうけれどね(^^;)。

BSMオーナーの気負い

 そういえばいつだったか…、BSMで銀座のあたりを走っているときに信号待ちで停車したら、たまたま隣もモールトンだった。向こうはAMだが、オプションのリアラック込みでカスタムカラー(濃い茶)にしてあるのか、またAMロゴ入りのバンドとかしめてあったりして、かなりかっこよかった。…まぁ私のもショッパーさえなければかっこよいのだが(^^;)ぉぃ。

 例えが悪かったらご当人に申し訳ないが、こちらが余計なモノ(ショッパー)を積んだスポーツカーなら、向こうはスタイリッシュなジープ…といった感じだった(^^;)わかりにくい例えでスマん。

 ともあれ、一発でR20と見抜かれた(^^;)別に隠しているわけでもないが。やはり同一ブランド…というか、おそらく間違いなく両方とも思い入れがあって手に入れた自転車には違いないので、話はしやすい。しやすいのだが…こちらは初心者なのでなかなか話をしづらい(^^;)どこが共感持ってもらえるポイントなのか…とか。初心者の分際でR20かよ…って気負いもあるし(^^;)意味不明。

 まぁそんなわけで気恥ずかしくて、あまり気軽にお話しできなかったのが悔やまれたり。うーん…もうちっと、…自分に自信を持たなきゃ?(^^;)

2005/08/18

ブロンプトン、たびたび復活

 ブロンプトンの後輪のスポークが折れていた件だが、やっとこさ直した。

 スポーク折れは今までも何度かあって、その都度和田サイにお願いしていたが、何度か見ていて、また、整備本などを読んである程度知識を仕入れたので、材料と工具を分けてもらい、自分でやってみることにした。

 …ら、結構素早く、簡単にできた。後輪の扱いについてはかなり上手くなっている気がする(^^;)。タイヤはずしやホイール外しまで、かなり繰り返してきたからなぁ(^^;)。

 …だもんで、タイヤを外し、リムフラップを外し、折れたスポークとニップルを外し、新しいスポークとニップルをはめ、ブレーキシューを振れ取り台代わりにし、ニップルレンチで張り具合を調整、でタイヤをはめて終了…っと。

 結構素早く、簡単に出来ました。

 …チューブに穴を開けた以外は…(^^;)またやっちまいました。

 なんか、後輪いじる度にチューブをダメにしているんですけれど…(;_;)。

 …まぁ、ここからの修理も非常に慣れたモノで…(^^;)ぉぃ。後輪を丸ごと外し、チューブの交換、後輪を再び取り付けるまで、ほとんど停滞無くやれましたねぇ…。後輪ハメも慣れたモノです。インター8装備のブロンプトンの後輪整備は結構自信持てたかも。

 …前輪はまだ外せませんが(^^;)ぉぃ。


 それにしても後輪スポークがぽきぽき折れる原因がいまだ不明。…一体?

Adobe Creative Suite 1.3でのイラストの描き方(Flash(?)編)

 前回、Adobe Creative Suite 2だとベクトルデータ(線画)、ビットマップデータ(彩色)と混在した絵を描き、Flashでデータの劣化を極力抑えられる公開ができるかも…という話を書いた。

 ただ、すぐにCS2買うほどの余裕が、ご存じの通り(^^;)、無い。…ので、手持ちでどうにかならないか調べてみた…ら、旧バージョンのCreative Suiteでも一応の対応策を見つけた。

 ミソはPhotoShopCSのシェイプ機能だ。以下に手順を示す。

1. いつもの手順(カリグラフィの筆圧機能をネイティブにして、タブレットで描く)でIllustratorで線画を作成。

2. 線画が完成したら、その線を統合する。
 2.1 必要な線画を選択し、「アピアランスを分割」を実行。
 2.2 グループ解除。
 2.3 塗りも線も色指定のないパスができるので、それらを選択し、削除。
 2.4 残った線画(のアウトライン)のパスを統合。
 ※これら一連の作業はマクロ化することも可能。

3. PhotoShopを同時に立ち上げ、適当なキャンバスを作成。

4. Illustratorの線画をコピー&ペーストでシェイプとしてコピー。
 ※Illustratorの環境設定のクリップボード設定で、AICBをあらかじめネイティブにしておく。

5. 該当シェイプに色設定。

6. シェイプレイヤー以外のレイヤーで彩色。

7. ファイルの保存はPhotoShopPDF形式を利用。カラー(ビットマップ)はZIP形式で可逆圧縮とする。

8. 彩色も完成したら、ファイルをIllustratorで開いて最終調整。SWFで出力する。
 ※解像度は144dpiが適当(?)。ビットマップはファイル容量さえ許せば、可逆圧縮。

 …と、こんなところ。なんか手順がややこしそうだが、1.と2.は普段からやっている作業なので、個人的にはどーとも…(^^;)。

 線画を「コピー」しなければならないってところがちょっと不便。しかしそれでないと線画をビットマップ以外で読み込んでくれないから困ったモノ。しかもIllustratorの環境設定をちこっといじくっておかなければならないのもちょっととまどった。

 またこの方法だと、複数の色を指定した線画が混在していたりすると、別々にコピーしなければならず、位置あわせなどが必要になり、ちと面倒。うーん、やはりCS2の方が便利なのだろうか…?

 …ともあれ、シェイプはパスで輪郭を管理しているので、ある程度はいつの時点でもベジエ曲線としてエディット可能。PhotoShopからIllustratorに戻した時点でもパスなので、SWFにした後、拡大しても線画の部分はベクトルデータとして扱われるのがよくわかる。

 彩色されたビットマップの部分はSWF保存の際にJPEG圧縮にすればファイル容量も救われるのだが、いまいちモアレが綺麗ではないので、コスプレイラストの公開程度、また144dpi程度のそれなので、可逆圧縮でも問題にならなさそう。

 多少なりのファイル容量が大きくなっているのだが、それほど…て感じでもないので、しばらくはこれで行こうかと考えている。

 なお、作例見本はコスプレイラストページの最新作の方で見られるようになっているので、興味のある人はどーぞ。

 しかし久々にPhotoShopで彩色したんだけれど、ツールの使い方を忘れているので(orCSになったときに変更になったツールの操作を習得していなかったので)、とまどうとまどう…(^^;)。


#PhotoShopCSに持ってこれるなら、シェイプ情報を維持したままPainterに持って来れないかな?それでPainterで色塗り出来ないかな?…とか思ったのですが、シェイプ機能は互換性無いのかな?

 ただ、PainterXIではIllustratorのデータをシェイプとして読み込む機能があるようで…。そちらを使う…って手もありそうな気が…。うーん、そのうち試してみようかな?

2005/08/17

折りたたみ自転車に躊躇している人へ…

 まぁ、某氏ねらい打ちの話なんだけれど(^^;)他の人にも参考になるかも、折りたたみ自転車買え買えと言ってはいるものの、別件ながらたまたま某氏の居住環境を見せてもらう機会があり、そこから考えると、高価な自転車は折りたたみでも無理…という気がする。

 家が狭いのがその理由だが、…まぁ、その…、悪口になりそうなのであまり言いたくはないが、自転車折りたたんでも家内にそれを置くスペースが、多少整理整頓しても見受けられないと推察される。

 …ともなれば、ベランダに置く…という手もあるが、見てないし。いや、それよりもそこに行くためにベッドをまたがなければならない…ってことを考えると10kg以上のそれを持って…というのはかなり酷だ。

 唯一、トレンクル65007500あたりならどーにかなりそうな気がしないでもないが、某氏には高価すぎるか…。

 あるいはKOMAだなぁ。あれなら家内でも置ける気がする。折りたためば縦に長いので、テレビラックの横にでもOKだと思う。まぁそれでも某氏には高いと思われるだろうが。

 まぁKOMAがありならHandyBike8でもいいような気がするが(^^;)たてかけられれば結構省スペース?。6インチモデルでもいいとも思うが…生産終了してたよね?流通在庫はまだあるのか?

 ちなみに、ロフトベッドにする気はないかな?自転車云々別にして、かなりスペースの有効活用に繋がると思うが。

 自転車の話に戻すなら、あとはもう外に置くしかないね。…となると、高価なのは無理。安いのでなければならないが、安くて輪行対応となると、強度の問題が出てくる。

 安くて、まぁしゃおらどんとかが納得する車種でないと(^^;)なんだそりゃ。

 …となると、YAMAHONという手があるね。YAMAHONというのは通称なので商品名ではないのだが、…まぁ詳しくはこちらなどを参考に。

 ともあれ、DAHONのOEMなので、グレードが低くてもあまり文句は言われまい。まぁ分割フレームなので剛性がアレだけど、日常使用には問題ないし、折りたたみ入門としてもいいんじゃないかな。輪行性能はようわからんが。

 安いから放置していてもあまり目を付けられない。実際盗まれてもあまり痛くない…ってところでどうよ?まぁ、家前に駐輪するなら粉塵がスゴそうだから、まめな洗車、せめて油差しくらいはしっかりする必要があるとは思うが。

 ちなみに、小径の利点として「ちょっと丈のあるスカートでも気軽に乗れる」という点もある。ママチャリの後輪にスカートを挟まれた女性を何度かみかけた。足をあまりあげずに乗れる…という面もある。女性と共同で使うという人には輪行とか無しにしても、なおさら小径自転車をお薦めする(パンツしか履かないというのならどーでもいいが…)。

お寺の在り方

 ちょっと古い話で申し訳ないが、WBSでお寺の話をしていた。WBSなので経済活動的な側面から現代のお寺の在り方について模索している様を取材していたが、ちろっと現代のお寺の在り方とか言っていた。

 …そう、時々おいらも考えることがあったんだけれど、…お寺って何?現代社会における立ち位置としては何になるのだろうか?どうもいまいち仏教って「宗教」ってイメージが無いものだから、教会とかとはまた違ったイメージを頭の中に描こうとするのだが、漠然とした「お参りするところ」というイメージしか沸かず、普段のお寺の存在を具体的にイメージできていない。

 まぁ別に「ただの墓守」ってだけでも構わないといえば構わないんだけれど、それだけじゃないでしょ?まぁ冠婚葬祭の…二つくらいか、関わっているよね。んでもそういうイベント(?)になかなか接しないせいか、どうもおいらがお寺に対し、どう接して良いのかよくわからないんだわ。

 おいらの地域の中のすぐ近くに、近所づきあいのコミュニティの中にあれば、それなりに接し方を周りから習得していたと思うのだが、いかんせん父方の先祖代々のお墓は東京住まいとは離れた横浜あたりにあったり、母方は長野の実家近くにあったりするので、ぴんと来ない。

 こういった社会環境に置かれている人々が結構多かったりするのでは?…とか思うと、自然とお寺に対する認識が薄れていくのも当然かなぁ…とか思ったり。

 そうするとどうしてもどういう関係に帰結すべきか推察するに、どうしてもテレビとかいうメディアに頼ってしまうのだが、これもまたあまり頼りにならない。

 例えば…そうだなー、個人的に考えているのは戒名だなぁ…。「高すぎる」という批判があるのはわかるのだが、そもそも戒名というのは檀家として、あるいは神社仏閣などに対し、日頃の寄進やらなんやらの信仰が厚い人に対して、ある意味お坊さんらの恩返し…というか、極楽浄土で高い位で安心できるように(平等が抜本の仏教で位とかどーとかいうのもなんだと思うが、とりあえずここではさておく)名をつける…といったことでしょ?(おそらく大分違っていると思うが、ニュアンス的にはこんなもん?(^^;))

 …となれば、核家族的に世帯が細分化し、寺とのつきあいが少なくなってきている昨今、そういう世帯が戒名を必要とするときに普段のつきあいが無い以上は高いお布施を要求しても、それは檀家に対してみれば当たり前のことに思えるわけで。

 ただ、そういった基本スタンスが確立されてない中で…というか、各自が各々の立場を明確にしてない中でそういう議論しても無意味というか、不毛というか…そういうわけでテレビとかはアテにならない。

 とにもかくにも、お寺というのが現代社会でどうあるべきか…と考えても思いつかない私でもありまして、ただWBSを見る限りでは、当のお坊さんもどうやら模索しているところらしい。

 そもそもお寺は宗教団体で、ある意味幕府などの民衆支配の一部だった時代もあると聞く。そういうこともあり、そもそも「墓守」だって昔はお寺がやっていなかったとも聞く。ある意味民衆かどこかの要望に応える形でそのようなことを始めたとも聞く。

 今のお寺も世の要望というか、立つべき位置を見つけるべく、模索しているのかな…と思う次第。

 まぁこれ書いている段階でおいらに一番必要なのは、宗教に対する理解…という気もしたのだが(^^;)そういう視点がぼろっと抜けてる>わし。


#なんかまとめが出来ないままに、筆の赴くままに書き連ねてしまっているので、乱文失礼。

2005/08/16

イラストの描き方・CS2編

 コスプレイラストを調子こいて描いているのはご覧の通り。今のところは線画だけ。線画を描くのは楽で楽しいんだけれど、問題は彩色でして…。

 色塗りはさして好きではないんですよねぇ…。あまり嫌いでもないんですけれど。

 実はポリシーとして、コスプレイラストはできるだけswf形式での公開を行いたい。つまり、Flash形式ってことですな。JPEGなどの非可逆な劣化はシャープな線を描く身としては許せんのですわ。

 ただ、現在の環境(IllustratorCS)で線画を描いている場合、これに色を塗るとなるとセル画調にせざるをえず(ある程度はグラデーションやぼかしなども使用可能)、また“塗る”というよりは“囲う”といった、パス操作…といった操作感になるので、色塗り作業という実感がつかみにくい。

 一応、筆でぬりぬり…といった感じに出来ないでもないが、後処理にいくつか手順を踏まなければならないところもあり、あまり効率的ではない。

 表現力を狭められ、また操作性において色塗りといった絵描き作業からほど遠い感覚を求められたりして、あまりその作業自体を好きになれないわけだ。


 ちなみに、若干余談になるが、swf形式でなく、最近はSVG形式での出力も行っている。こちらの方が色の表現力(というか、レイヤーの乗算などのオプション)が豊富なので、いいといえばいい。

 もっとも、まだマイナーなため、形式としてはあまり認知されていない感じなので、公開フォーマットとしてはどうかな…という気はする。ファイル容量も若干SVGの方が大きいようだ。無料プラグイン、また自動インストールもサポートされているので、実用上は問題ないはずだが。

 もっとも、絵描き作業自体に直接影響しない話だし…。


 …でだ、そんなわけでコスプレイラストの彩色が進まない原因が以上のようなわけだが、かといって普通の色塗り(PhotoShopやPainterによる作業)に移っても良いのだが、しかし可逆フォーマット公開が行えなくなってしまうのが難点だ。

 どうしても良い作画方法と公開方法がマッチしないというジレンマに陥ってしまう。


 …のだが、ふと気がついたのがAdobe Creative Suite 2。2の方ね、2。おいらはまだ1.3。

 CS2なPhotoShopとIllustratorはどうもデータ互換が進んでいるらしく、PhotoShop上でIllustratorのベクトルデータ(カリグラフィなど?)を保持しつつ、他レイヤーでビットマップデータのエディットとかできるらしい。

 CS1でもできないことはなかったが、カリグラフィでひいたラインも「パスとみなして」…といった具合で、結局はビットマップに変換しないと画像として認識されなかった(…はず)。

 …となると、CS2では線画はベクトル、塗りはビットマップ、お互いレイヤーで分けて保存…といったことが可能になるのだろうか?

 swfやSVGなら、レイヤーごとに圧縮して、ベクトルデータの部分はそのまま、再生時に拡大してもジャギーが出たりしないだろう。

 ビットマップ部分は非可逆圧縮されるだろうが、線画を除いたカラーレイヤーを圧縮する分には、黒い線画と淡いカラーのギャップにモアレが発生しやすいJPEGの性質もあるから問題になるのであって、レイヤーごとに圧縮されればギャップの少ないカラーの圧縮となるはずなので、それほどモアレも発生しないだろう。

 また、ビットマップの方がカラー表現は多彩なので、多少のトレードオフは我慢できる。


 そんな画像作成は可能なのだろうか?誰かご存じない?あるいはCreative Suite 2の体験版ってあったっけ?

 しかしアップグレード価格が7万円なんだよなぁ…。しかもおいらの場合はアドビストアでしか買えないし、送料無料キャンペーンは今月いっぱい…。

 まぁ700円くらいどうってもんでも…あー、いや、節約できるなら節約したいな…。あるいはカードローンってできないだろうか?(^^;)うーん…。

2005/08/15

あー、いかん

 そだそだ、Nashさんに和田さんからの伝言です。ブロンプトン用のとあるオプションを探されてましたが、やっぱ和田さんところに在庫があるそうです。買いに行ってみましょう~。

 本来ならメールでお知らせすべきところなんですが、メアド知らないので公開メール(^^;)。モノも一応あえてはぐらかせてみたり。

 まぁもう買われている(お知らせする前に和田サイクルに行っている)かもしれませんが(↑は11日の情報)。

うーん…

 調子が出ない~…(^^;)。やはりコミケ後だからか、なんか本調子じゃない。

 体力的には自転車で鍛えていたせいか比較的楽なんだけれど、どーもなんかリズムが狂ってる…というか、まだすぐに直せないというか…。どーにかせんとなぁ…。

 まぁそんなわけで、ちっとしばらく素っ頓狂なことを口走る、しでかすかもしれませんけれど、ご勘弁を(^^;)ぉぃ。

2005/08/14

まとめ?

 ともかく3日間…というか4日間、汗をかくことを恐れないようにした。

 インナーにユニクロのBODY TECH(フィットタイプ)を着込むと、汗を吸収してくれて、外にあまり漏れでない。さらに、肌触りもあまり変わらないときて、結構良かった。

 ただ、かわりに、着込んでいることには変わりないので体温が若干高くなり(それでも別の衣料を同じ数着込むよりは涼しいのだが)、顔とかの汗がすごいことになっていたみたいだが(^^;)。

 まぁでも見かけ、汗をかいてもあまり変わらない…という感じで良かったかも。変わりに顔に疲労が出ていたと思うが(^^;)。でもおかげで行動に制約がなかった感じがする。汗をかくなぁ…と思うと行動が鈍ることがあるもんで…。

 あとは水分をマメに摂る…と。本当はミネラルウォーターにプルーンでナトリウム摂取…とか、passportさんに習った方法をしようかと思ったが、スポーツドリンク←→ミネラルウォーターのローテーションに。なんか日和って…(^^;)。

 でもおかげで体調不良とかには陥りませんでしたが。

 あとは日焼け止めか。初日は曇天だったので対策しなかったけれど、結構焼けてたな…。曇天でも紫外線には気をつけるべきやね。その他の日はマメに塗っていましたが、それでもかなり黒くなってしまいました(^^;)。顔と腕だけ…(^^;)。

 …といったところかな?なんか結構やせてしまった気がする…。体が軽くなった気がするぞ?(^^;)ほんとかよ


 …って、同人誌のこととか、全然書いてないなぁ(^^;)。

3日目のこと

 3日目はまた別の友人のサークルのお手伝い…ってことでサークル入場。ええ、勿論開場までのお手伝いですが(^^;)。

 出発は…6時半の電車で、ついたのは8時頃。ただ、一度大崎で下車してますね。わざわざ新宿からりんかい線直通埼京線電車に乗車したんですけれど、suicaだったので、一度大崎でりんかい線の切符を買い直し。

 該当時間は国際展示場駅は人並みでごった返しているので、suicaのタッチ精算でも処理が追いつかない有様。…なので、切符のみ通れる、駅員が処理している臨時改札がオープンしたりするので、それで出やすくなります。また、車両も2両目に乗ると、目の前が階段だったり、駅構内の整理列の最前列に来れたりと、色々細かい裏技があったり。おかげでさくっと出てこられました。

 それにしてもその友人のサークルは西館だったけれど、暑かった…。クールビズとか何とかで空調が高めに設定されていたらしく、ロビーは涼しいくせに(空調が効いている)サークルブースは灼熱地獄。さらに風通しが悪いところだったり、照明が強いのでその分気温が高かったり…、とほー。

 ただ、コスプレサークルの一角だったので、華やかな女性達に囲まれたブースだった…というのは不幸中の幸いだったか(^^;)暑苦しくはない。

 まぁそれでもロビー方面へのお使いは喜んで引き受けましたが(^^;)。

 開場後しばらくはブースでお留守番業務でしたが、その後はまた広場の方に…(^^;)。さすがに3日目ともなると、撮影枚数もがた落ちです。それでも楽しかったですけれどね。

 あとは友人と食事して帰宅。今回はゆりかもめの始発から帰宅したんですけれど、1本見送っただけであっさり座れて楽だったかも。16時半から17時頃の話で、国際展示場駅は相変わらずごったがえしていたんですけれどねぇ…。なんで座れたかな?>ゆりかもめ 今度から帰宅の足とかに考えようかな…。


#あーっ、書くの忘れてた!あーるぐれいさんはなんで誰にも話してない、居候する友人のサークルスペースをつきとめてきますか!モサドもびっくりの情報網、CIAもぐったりの洞察力は一体…!?

 くそう…、いつかぎゃふんと言わせてやる…(^^;)っつーか、差入れの礼を言いなさいよ>をれ。

2005/08/13

2日目のこと

 …んー、特に書くこと無いなぁ(^^;)。前日はサークル入場だったけれど、疲労も溜まっていたのでゆったり睡眠…して目が覚めたら9時だった。

 準備ものんびりして、出発したのは10時半。到着したのは12時。ああ、なんて健康的(^^;)。ゆったり活動できました。…まぁ、撮影だけですが(^^;)。特にトピックもないですが、友人数人にお会いできたのは良かったですな。

 ただ、帰りは隅田川花火大会にぶちあたって移動に四苦八苦…しそうでしたが、意外とスムーズ?まず東京テレポートに移動。そこから並ばずにゆりかもめに乗車…しようとしたところで最初の便には満員で乗れず、しかし数分も経たないうちにやってきた次の車両にはすらっと入れて、そのまま新橋。山手線、中央線と乗り継いで帰宅…と。これだけ書くと大変そうに読めないな(^^;)。

 ただ、駅への移動や駅から駅の間が花火大会に向かう人たちでごった返して、ちょっと歩きにくかった。動線の行きと帰りがしっかり分けられ、こちらはその時間帯の移動の逆方向なんだけれど、それでもなにかと移動しにくかった。それだけすっごい人波でした。そんなに花火大会って人気だったのだろうか?

 これだけの人並みがあると、帰りとかはぞっとする。電車も混雑の極みだろうし、車だって…。

 …となると自転車か?(^^;)…とか話題を移そうかと思ったけれど、それももう面倒なのでここまで…。

2005/08/12

1日目のこと

 ん~…、何を書こう。

 いつものごとく、コスプレ撮影三昧(^^;)。当然コスプレイラストの材料というか、準備のつもりの撮影。最近こちらの範疇の趣味はベクトル下向きだなぁ…と思っていたのですが、意外に発憤されるエピソードが出てきて、また上向きになってます。ちと復活風味といったところ?踊り場脱却?(^^;)ぉぃ

 まず、おいらのページを見てくれている人が少ないながらもいてくれたというか、そういう人たちに会えたのが結構うれしかったり。逆に言えば、最近余り描いてないな、申し訳ないな…という気持ちが発憤材料になっている…といったところか。

 また、一番の発憤になったのはフランチェスカさんにお会いできたことか。いらしていたんですね!まぁコスプレサミットとかいう謎なイベントがあったあたりから来日してそうだなぁ…という気がしてましたが、コミケにもいらっしゃるとは!うんうん、素晴らしい。

 なにより、おいらのことを覚えていてくれて…っていうか、実はこっそり結構な枚数、イラストを投稿していたりするのですが(^^;)、それでグレイト・クリエーターとか言ってくれたりしてねぇ…、こりゃ発憤するでしょーよ(^^;)。

 やっぱ俺って、海外で評価されるグローバルな人材なのかしら?(^^;)ぉぃぉぃ

 そんなわけで、またコスプレイラストに注力すっかもしれませんので。


なお、フランチェスカさんらとの会話の際にはpassportさんのご協力を賜りました。いや、マジでありがとうございました。しかし今回ほど英語力が必要なイベントってなかったかもしれない。

思い出してみると意外とボディランゲージで通じるときは通じるような気もするが(例:自転車展でのブロンプトン・デザイナーとの面会)、撮影場所といったところでの会話っつーのは結構疎すぎる>をれ(^^;)。なんだよ、フォト・プリーズって(^^;)。

やはりもう少しなんとかしないとなー…>英語。NOVAにでも通いたいな…とか思ったりもするが、使うときは1年に1度、1時間程度濃縮して絶対必要になるのだが、それ以外はとことん英語に接しないからなぁ…。うーん…。

誰か、会話できる環境での英語圏の友人が欲しいかも…(^^;)。

…いや、passportさんとの会話は英語限定…ってのはちょっと…(^^;)…いや、意外といいか?。


 …んーと、1日目のエピソードとしては他に帰宅の足。

05081201
 特急アキバ・エクスプレスっつーの?つくばと秋葉原を結ぶライン…ではなく、国際展示場駅付近から秋葉原までを結ぶ貸し切りバス。それも同人サークル手配のものだそうで、今回初めて知った。3時半頃だったか、駅から帰るべく歩いていたらたまたま発見。日記ネタにちょうど良いかなぁ…と思ってつい乗ってしまった(^^;)。

05081202
 だってー…、駅前はこんな感じ。切符買う列か入場待ちかはわからないけれど、とても並ぶ気にはならない。普段だったら東京テレポート駅まで移動してりんかい線に乗るのだが(意外と、座れないにしても、さくっと乗れたりする。たまに東京テレポート始発もあったりするし)。

 費用は600円と1,000円といくつかのコースがあるらしい。秋葉原まで600円だったら結構妥当な値段ではないだろうか?

05081203
 1,000円コースはおしぼりサービスとお茶が付くのだが、おしぼりは使い捨ての薄手のヤツ、お茶は紙コップにおそらくペットボトルのヤツ。まぁ後者は仕方ないにしても、前者はタオル地のやつとか出してくれると、費用分は楽々クリア…って気になるので、そこらへんはなんとか改善してもらえないかなぁ。

 それ以外は、のんびり座って、空調もしっかりし、寝ながらでも秋葉原に行ける…ってのはありがたいね。イベントの後に秋葉原も巡る…ってのにはもってこいではないかと。

 まぁおいらはそのまま家に帰ったので、東京とか新宿の方が良かったのだが(^^;)別に構わないが。

05081204
 しかし初めてレインボーブリッジの「上」を通ったのが今回だった…っていうのもなんだかなー(^^;)。

気分は若かりし頃…

 …で、コミケ1日目は友人のCD-R販売があるので、前日からそれのお手伝い。

 いや、某秋葉原でのメイドさんの写真集の撮影とかやっちまったもんで(^^;)、それのデュプリとかのお手伝いにね、前日かり出されまして…。

 ただ、前にも書いたとおり、設営で肉体労働しただけではなく、そこまで自転車で移動してますんで、肉体疲労が積み重なっているんですけれど、どうでしょう?…とか思ったら、ラベルの切った貼っただけの作業のようで、簡単にこなせそうか…と。

 しかしラベルの切り貼り作業は簡単なものの、うかつなことに途中で5時間ほど寝入ってしまったり(^^;)。起こしてくれればいいものの、気を遣ってくれたのか、他の作業は他の皆さんで…。ああ、すみません、役立たずで。

 まぁせめて…ってことで、搬入だけでもお手伝いさせていただきましたが(^^;)。

 でも、寝入ってしまったことは別にしても、こういうノリって昔のコミケでは時々あったなぁ…。なんかそういう雰囲気を思い出してしまった。昔から徹夜はできないタチだったので、当時も徹夜していたわけでもないので、今回寝入ってしまったのも仕方ないかな(^^;)ぉぃ。


 ちなみに、TMXくん家の猫たんともじゃれさせていただきました(^^;)。デュオたんは本当に猫には珍しく、これでもかーっ…ってほど人なつっこいですね。これならしゃおらどんも安心だ?(^^;) 

2005/08/11

前日の走行、机運び、そして勝利への道…

 前日設営に行ってきました。毎回出ているんですけれど、コミケの内、一番楽しいのがこれなんですけれど…間違ってますかね?(^^;)

 毎度机と椅子を運ぶだけ…なんですけれど、なんか「作ってる」感があって…。まぁそれで満足せず、自分の世界観を作る創作活動もしろよ…って話なんですけれど(^^;)。

 ちなみに自転車、BSMで行ってきました。週一40kmが週末にできなさそうなので、ちろっと。府中から有明まではサイクルコンピュータ調べで35kmとか。往復で70km。まだ慣れてないBSMではちと辛かった(^^;)。でも、当たり前かもしれないけれど、ブロよりもかなり速いタイムで着きました。

 土日だともっと速く行けるんじゃないかなぁ。都心の車道が走りづらいったらありゃしない。渋滞で隙間もありゃしない。そんなわけでその部分でかなりペースを持ってかれました。あれなら土日の方がかなり走りやすいです。

 勿論それ以上に、体を鍛えないとなぁ…。あるいは気温がもちっと低くなってくれないと…。キツいったらありゃしない…。


 また、有明では駐輪場に駐めずに手荷物として持ち込むために輪行袋に入れてみたりしてみた。輪行袋はMTB用ので、前輪を外して使うもの。しゃおらどんが同様のをAM(非分割フレーム)で使用していると聞いたので、購入してみた。

 本来は自宅近辺で一度試してみればよかったのだが、一度広げてみたらこれが結構デカくて、試せず仕舞だった。

 で、ビッグサイト周辺でマニュアル(輪行袋についていたメモ)片手にやってみたのだが、結構時間かかったなぁ…。まぁ要領はつかめた気がするので、次回はもちっとさくさくっとやれるかも。ただ、なんか見落としているところがある気がするなぁ…。

 なんというか…自立しないんだねぇ、輪行袋って(^^;)。いや、当たり前の話なんだけれど、ブロとか使っていると、そういうのって当たり前じゃないから…(^^;)。

 ブロがいかに輪行に適しているか…ということを再確認するものでもあったけれど、とはいえBSMでも輪行しないわけでもないので、これはこれでつかえるようにならないと…。うーん…。

 ちなみに、設営での反省会でも、かなりウケが良かったですね、BSM。サイクリストはもちろんのこと、他の人たちも見入ってました。「こんな小さい自転車のくせになんで高いんだ…」と言っていた人も妙に見入ったりして…。うんうん、啓蒙活動は地道ながら進んでいるようじゃのう(^^;)何のつもりだ。


 …えと、設営ですけれど、まぁ、いつものごとく、ふつーに…(^^;)。西館で活動し、トラックの荷台に揺られて移動…なんて貴重な経験もしたり。トラックの荷台に乗って、ミュージシャンのように入場したときの興奮は忘れられません(^^;)ばかばかしくて。でもいいなぁ、あのノリ…。

 で、東館は荷物があったので行きませんでしたが、そちらも大体同じくらいに終わっていたようです。また早かったね、今回も。


 …で、反省会ですが(^^;)、まー…なんというか、最初抑えめに荷物のそばでじっとしていて、最後の最後で呼び出されて超ハイになっていたような(^^;)。

 何があったかは…あえて書きませんが、珍しく今回は勝者でした。ただ、ぶっちぎりの勝者…ってわけではなく、ぎりぎりのそれ…ってことで、完全勝利ではなかったようですねぇ…(^^;)意味不明。

 私が反省会で「勝つ」と、翌日以降が荒れる…というジンクスが生まれてしまっているようですが、今回はそういう中途半端なアレでしたので、開催時間以外は荒れて、しかし開催中は晴天…という案配になった…ということでしょうか?(^^;)ぉぃ

 まー…、しかし毎度のこのイベントのせいで、設営ん時はいろんな人から声かけられて、うれしいやらとまどうやら…(^^;)。うーん、これからも頑張らねば?(^^;)

サイコン取り付け

 サイクルコンピュータをBSMに取り付けてみた。

 金がなかったが、走行ペースがどーもつかみにくいので、走行速度が把握できるよう、やはりそれが必要となった。

 最近めっきり取り付けてないブロンプトン用のそれを取り付ける…という手もあったが、無線式だと調整が面倒だったりするし、なにより一部破損して使いにくい状態なので、有線式の安いモノでどうにかすることにした。

 ただ、BSMのようにフレーム(というか、前輪からハンドルまでの距離)が一般車なみに大きくありながら、ハブ-リム間が狭いと、有線の距離が足りなくなる場合があるらしい。

 おいおい、無線も距離届かないのに、有線まで届かなくなったらどーすんのよ…とか思ったのだが、今は無線の方が融通が効くらしい。小径車などにサイクルコンピュータを搭載するケースが増えたため、そういう仕様になったらしい。

 …ま、その分無線式は高いので、それでも私は有線ですが(^^;)。

 それで実際パッケージを開けてコードが足りるかどうかをチェックさせてもらいました。さんきゅー、フレンド商会。結果、問題は無し。ってことで三千円あまりのそれを購入。取り付けてみた。

 心配事は17インチのタイヤサイズを入力する場合のサンプル値がマニュアルに記載なかたんだけれど、16インチと18インチの標準的な値の真ん中を入力して対応してみた。…ので、正確ではないかもしれん(^^;)。まぁあまり誤差はなかろう…。

 実際走らせてみると、大体「そんな感じ」な数値が出ているので、いいと思う(^^;)アバウトだなぁ。おかげでペース把握がしやすいようになって良かった良かった。

 バックライト無しなので、夜間に速度の確認が出来ないって欠点もあるけれど、まぁそこらへんは…(^^;)。これで色々使いこなしていかなくては…。

2005/08/10

事情聴取

 どうもおいらに警察が目を付けたらしい。とうとう…


 …とかふざけて書いていこうかと思ったが、やはりまじめに書いた方がいいかなー…と思い直してみる。

 わかる人にはわかるが、多摩中央信用金庫の府中支店で強盗事件があり、行員一人が殺された。まだ犯人逮捕に至ってないが、どうも警察がローラー作戦に入ったらしく、刑事が我が家も訪ねてきて、血液型を確認をしたかったらしい。どうも犯人の推定される年齢層がおいらも範疇に入るらしく、それでお袋に献血手帳の提示を後日お願いして帰っていったらしい。

 …協力は惜しまないが、お袋に言われると刑事が本物かどうかすっげぇ怪しいんですけれど(^^;)。お袋は警察手帳を見たと言い張っているが、それも本物かどうか、お袋の判断だと怪しいし…(^^;)とことん信用してないをれ。

 まぁ血液型知られるくらいは別にどうってもんでもないのでいいので、翌日献血手帳を渡したが、それを提示し、一応写真に撮っていって帰って行ったらしい。それを撮る…ってのもなんだかなー…という気が。まぁ、「しらみつぶし」の過程で対象除外の証拠…って考えればある意味効率的か…。

 ま、1日余計に手間を取らさせてしまったが、さくっと対象を一人減らさせたので、少しは犯人に近づいただろうか?別に対象地域に犯人がいると限らないので、必ずしもそういうわけでもないのだが。

 多摩中央信用金庫や府中といった地域には縁もゆかりも強いので、警察には犯人逮捕に是非とも頑張ってもらいたいので、協力は惜しまないつもりではあるが、ちょうど事件のあった頃は全然府中に足を伸ばしてなかったのよね。

 なので何の手助けにもならなかったけれど、今回のこれはある意味協力になったのだろうか…?


 …それにしても、これって個人情報保護法の対象になるのか?別に、別の事件の捜査資料くらいにはしてもらっても構わないが。

今後の予定(自転車と例の夏のイベント系の出席日)

 …を一緒に書くのもどうかと思うが(^^;)。

 まず自転車系の話。またブロンプトンの後輪スポークが折れました(;_;)。それも2本、リップル内で折れているため見た目わからないのですが、感触で折れていることは確実です。

 …なんでやねん?呪われてるのか?

 うーん、ともかく修繕をしないといけないんだけれど、和田サイに持っていくわけにはいかないな…。ただ、修繕の仕方は大体わかったので、スポークとリップルを手に入れて、自力で直してみるか。

 あれば…10本くらい手に入れておいて(^^;)。でもそれくらい予備無いと不安だわ…。でも和田サイクルも夏休みが近いから、早々に手に入れておかないと…。


 …で、大体の人はお察しの通り、明日と明後日(1日目)は行きます。1日目は搬入からお手伝いかな?13日(2日目)はのんびり行きます(朝10時出発?)。14日(3日目)は友人のサークルん所にいます。とりあえず明日は設営しに行きます。…その帰りに入手かな。でも友人宅に寄らなければならないかもしれない…。

 まぁ当面はブロは乗らない予定だけれど、15日からはまた通勤始まるしなぁ。13日で直したい気も…。まぁ最悪ママチャリ通勤というのもあるけれど、ヘタすると20日に輪行で使うかもしれないし、それを考えるとやはり13日に直さないと…。

 14日は移動手段の都合上、寄れな…いや、14日に寄ればいいのか?まぁ一度和田サイに連絡して在庫の確認をしておかないとなぁ…。

 リップル回しも手に入れないと。あ、金属のタイヤ外しも欲しいなぁ…。

BSM等ヨタ話

 ブリヂストン・モールトンのことですな。こう書けばいいんでしょ、書けば!まぁBSMって略してしまおう(^^;)


 念のため書いておきますが、このままロードレーサーにいく…ってことはないです。

 そりゃぁまぁそれに匹敵するような…値段やポテンシャルの車種を買ってしまいましたが、あくまで「遠くの買い物」or「自転車での高速・長距離移動」・「その移動でついでにダイエット&健康」用です。速さを追求していく…ってことはしません。勿論変に効率悪いことやっていたら、改善したい…ってのはありますが。

 ただ、やはり旅や移動のお供というか、買い物や食べ物とかに使いたいわけですよ。走ること自体が目的ではなく、目的のために走るのが好きなんですから。

 その中で楽しく走らせていただきます、はい。なんか自転車の買い物に歯止めが無い…とか言われてますが、おそらくもう本体の買い物は打ち止めじゃないかな。BSM、それもR20でこの先困る…ってことがあるのだろうか?バックアップにブロだってあるんだし…。まぁその前にもう収納スペースが無い…ってのが正解なのだが(^^;)あとお金。

 しかし、どちらか1台、修理不能なまでに壊れたら…同じの買ってしまいそうだ(^^;)R20は難しいが。


 それにしてもなにかってーと小径ですな、私。しかもBSMは非分割フレームときたもんだ。今までの「折りたためないと家に置けない」という言い訳が出来ない。一応無理してベランダに置いているんだけれどね。

 まぁだからこそ「毎日出したり、しまったりできない」ので、通勤用ではないのだが。

 ただ、それでもまだ小径を何故選ぶ?…と問われたら、日常の足としてはその方が便利だから…と答えるしかない。

 自分でもいちいちリストにして把握しているわけではないので、かいつまんで挙げれば、「小回りが効く」「荷物を多く積める」「服装を選ばない」とかなんとか。

 小回りは収納も含めるんだけれど、ターン半径とかも含めての話。ぶらぶらするにはいいんだ、これが。

 荷物についてはむしろ逆だろ?…とか言われるかもしれないが、前後輪の上スペースを自由に使える…と考えてもらえると、大口径タイヤよりも小径の方が有利ってのはすぐにわかってもらえると思う。重心の問題も含めてね。

 服装については夏場は問題にならないけれど、冬場でもコートを着たまま乗れるというのはいいでしょ。まぁおいらはコートはあまり着ないが。勿論スカートもはかないんだが、女性にとっても小径はそれでも乗れる…ってメリットは大きいのではなかろうか?何度か後輪にスカートを巻き込まれて困っている女性を見かけたぞ。

 …って、なおさら服装の件はおいらにはあまり意味無いか(^^;)。

 他にもあったと思うが、とりあえずさておく。

 当然小径なりのデメリットというのもある。速度とか、安定性(直進性?)…というか、バランスとか、オプションとかとか。

 しかしそのデメリットを最小限に、あるいは無くしたもの、もしくはデメリットに目をつぶってもいいくらいのメリットを持つ車種といったものをおいらは選んでいるつもりだ。

 さすがにそういう車種が小径から無くなったら、おいらも普通の自転車を選び始めると思う。


 ちなみにブロンプトンは通勤用・近距離・ポタリング・輪行用…ってところです。気軽に止められるので、寄るところが多い旅…ってのでも使おうと思ってます。ただまぁ複合的に考えてブロかBSMか…って出動を考えないとね。


 うーん、それにしてもR20か…。正直、買ったときはデザインとかよりも「限定20台」って方に惹かれたんだけれど(^^;)。まぁ今はデザインです。そこに惚れてます。それだけじゃないけれど。

 …って、限定20台…ってことは…はっ!?俺も事故ったら、おいらの具合云々よりもまず「フレームは無事かっ!?」って言われる立場になったってことか!?

 …、出世したなぁ…(^^;)ぉぃ。

BSMの交流

ブリヂストン/モールトン コンテスト プレミアム・ライド

 ほう、こういうのをやっているんだ。

 コンテストの締切は過ぎているなー。まぁ知っていたところで何もできなかったが(^^;)。

 まぁでもかわりにプレミアム・ライドの方はまだ出られるが…6,000円も払うことなのかな?ちとそのあたりが不明。輪行だって、6,000円あれば結構なところに行けるぞ?

 …参加登録せず、こっそり忍びより、併走してゴールでは去っていく…ってのはダメか?(^^;)ぉぃ

 まぁ正規に参加して情報交換とか交友とか深めた方がいいんだろうなぁ。でも6,000円はなぁ…(^^;)なんとなくかかる経費の内訳はわからんではないが、無い袖は…。

2005/08/09

革の鞄の行方

 知っている人は知っていると思うが、おいらには愛用の鞄がある。革の鞄で、T40pとかよく入れている。確か…PC用の鞄として売り出された一般品を買った覚えが…。「Thielemann」というロゴが入っているが、どこかの有名PCサプライメーカーの販売だったような…。そんな高くない。2~3万円だったような気が…。

 沖縄にいるときの話なので、よく覚えていない(^^;)でも買ったのは新宿だったような…。ただ、車移動の際に600Xとか入れて使い、そのままT40pにシフトしても使い続けている。

 手持ちだけでなく、肩掛け、背負うことができる3Wayバッグだ。おかげで車でなくて自転車で持っても、結構便利なんよね。

 その鞄の背負いベルトが今日外れた。金具と金具の部分が摩耗したらしく、再生は難しそう。まぁ別の肩掛けベルトを手に入れればいいような気が。

 今はまだ暑く、とても背負う気になれないが(今は自転車のショッパーに入れている)、いずれはまた背負えるようにしたいしね。

 しかしふと気になって、改めて鞄をよく見てみると…底部など、縫い目にほころびがあったりすることに気がついた。…うわっ、ヤバっ。

 こうなってくると…買い換え…いや、せっかく革なんだから、修繕…って手もあるか。…でもドコで?検索してもあまり近場とかないなぁ…。地元あたりでこういう皮製品を直してくれるところはないかしらん?

 まぁ修理費が高くなっても困るんだけれども。本体価格を超しちゃってもねぇ。

 ただ、数年かけて使い続けた革の風合いは失いたくないし、それはある程度金出しても保たせたいしなぁ…。うーん…。

 まぁ店と見積額次第かなぁ…。それまでは別の鞄でしのぐか…。でもあれはショルダーバッグだから、背負えないんだよな。復帰も早い方が良さそうだ…。

この世でもっとも黒い蝶

 例のBSMテスト走行込みの飯能走行の時です。その帰り…、


 「あの時、俺はただひたすら走っていた。TOKさんについていくために、ひたすら走り続けた。たが俺は休憩を失っていた。往路では倒れる寸前にまでいったのに、復路ではただひたすら走った。」

 「…もう一つは…何?」

 「蝶を見ただろ?」

 「…!」

 「俺はそのとき、黒い蝶を見た」

 「拝御はスタミナ不足だった。それなのに、昼食を補給したとはいえ、その後ただひたすら走り続け、急激に消耗していった。その疲労が脳に達したとき、蝶が見えるそうだ。それはまるで…」

 「この世でもっとも…黒い蝶」


 さすがにその直後、休憩しました(^^;)。いやー、ビックリした。横から急に出てきた黒い蝶が目の前で消えて…。それが本物じゃないことに気づいた途端、「ヤベえ!」…と(^^;)。

 まずは自分のペースで走って、スタミナを作ることが大切やね…。っていうか、TOKさんは走る世界が違いすぎるからなぁ(^^;)。

 まぁでも体慣らさないと。慣らす…っていうか、自転車のライディングポジションももう少し楽にしないと。

 そもそも前傾姿勢が慣れてない。ドロップハンドルの自転車に乗るの自体初めてだし。

 そしてどういうポジションがいいのか、よくわからない。…ので、飯能にはよくない状態で行って、さらにリアディレーラートラブルにも遭遇したり、で、TOKさんに引っ張られて体力の消耗が激しかった…と。まぁそういうわけ。

 ただ、おかげさまで色々洗い出しも出来たから良かったけれど。


 まずハンドル。これは実は飯能行く前にしゃおらどんのアドバイスで直したんだけれど、やや上向きにした。これでブルボーンのような握り方のままブレーキングしやすくなった。

 そもそもあまりドロップハンドルをレーサーみたいに握るのはまだ慣れてない。視界が低くなるのと、低い姿勢を維持する程まだ筋肉がない(^^;)。

 そんなわけで身を起こすとブレーキがしにくくなるのだが、これをハンドル角度を変えることで対処した。


 また、サドル位置が高すぎた。「サドルは高い方が良い」という概念があるもので、ついつい引っ張ってしまうのだが、TOKさんから高すぎると指摘を受けてしまった。…だもんで、低めに…というわけではないが、標準的な決め方(足を伸ばしてかかとがペダルに…ってヤツ)でサドル位置を決めてみた。


 そうそう、あとTOKさんからのアドバイスは「重いギアで速度を出そうとせず、軽いギアで回転数を上げて速く走れ」とかなんとか、確かそんな感じ。

 そういえばしゃおらどんのAMのフロントのアウターって、62Tなんだよね。おいらのは…56Tくらいだっけか?(リアのトップは同じくらい…)

 これだとかなわないなー。ギア数あげよっかなぁ…とかも思ったが、回転数でカバーできれば、カバーしたいな…とか考え始めたり。

 実際先のセッティングを変えてみると、かなり回しやすくなった。ポジションだけの話でもなく、デュラエースだからかようわからんのだけれど、回り始めると本当に回しやすいっつーか…。

 …ので、今後はスピードとか出すようにしてみっかな。まぁその前にそのスピードがわかりやすいよう、サイクルコンピュータかな。

 あー、あとスピード出るなら、ヘルメットも欲しいなぁ…。んでもデカいサイズが無いんだよなぁ…。前にNebulaさんがかぶってたのだけが唯一サイズが合致したけれど、和田サイクル購入のそれ、和田さんも「どこにあったんだっけか…」って失念されちゃったしなぁ…(^^;)。

 うーん、一応フレンド商会にもXLサイズとかの陳列があったが、値段高めなんだよね。もう一度和田サイクルに行って、捜索しようかなぁ…。

国分寺新規参入ラーメン屋

 そういえば国分寺に新しいラーメン屋ができた。以前すりばちラーメンとか出していたラーメン屋が改装した…のかと思ったが、まったく違う店らしい。

 「らーめん瞬」というところで、とんこつメインらしいが、醤油や味噌もある。まぁとりあえずはメニューの一番最初という始めてはいる店のいつものルールの元、とんこつラーメンを頼んでみた。

05080901
 味は、あくまでイメージ的なものでそのまま鵜呑みにしてもらわないでいただきたいが、「豚骨スープをバターと塩でまろやかに仕上げました」風味。とんこつの味は残しつつ、クセや臭みをうまく消して、しかしコクはしっかり残すといったもので、「東京の人にもよくあう」って表現でイメージしてもらえるのではないだろうか。

 これに細麺が絡んで個人的にはかなり好み。替え玉も頼んでしまったり。

 ただ、ちょっとパンチが少ないというか…、秀でたこれっ…ってのが無いのが気になる。そういう意味では遊雅より個性がない感じ。

 とはいえ、ほとんど住宅街に隣接しているようなところなので(徒歩で来る人や、近くの住人が主な客?)あまり飛び出すぎても問題だろうかと。あまり飽きやすいって感じもしないし、なによりつけ麺もとんこつから味噌まで揃えてあって、バリエーションも豊か。繰り返し来る人も飽きさせないように…という配慮も伺える。

 個人的には純粋に行くラーメン屋のバリエーションが増えてありがたい。ただ、遊雅のように…とは言わないが、何か一品、他の地域からも客が呼べる看板メニューが欲しい気はする…。

2005/08/08

メモリカード乱舞

05080801
 ちと友人達と集まったとき、こんな写真を撮ってみた。

 某氏が、DocomoのM1000を自慢(?)してた時だったのだが、メモリカードの話になって、TransFlashというカードを取り出してもらったのだが…これが尋常じゃない小ささ。初めて見たときびっくりしてしまった。

 そのカードを撮っておきたい、そのためには大きさがわかるように…と他のカードも一緒に並べた次第。…って、FOMAカードも混じってますな(^^;)。

 ただTransFlash、xDカードの上にあるのがそれなんですけれど、…小さいでしょ?指でつまむのも至難の業ですよ。これを抜き差しするとか、それで入れ替えたのを保管とか、とてもメディアストレージとは思えない使い勝手の悪さ…(^^;)。

 エレクトロニクスデバイスなんて小ささが正義とか思ってましたが、人間が扱う以上はxDカードとかより小さくなってはいけないとよくわかりました。せいぜいminiSDくらいっすか。

 SDカードでも十分小さいと思っていたんだけれどなぁ…。

BSMの盲点?

 え~…、BSM-R20は確かに高いです。高いですが、それを「つまり、ママチャリ10数台を店先で“ここからここまでください”と言っているようなもんでしょ?“大人買い”じゃん!」と、ママチャリに換算して驚かないでください(^^;)>某。

 まぁ…ねぇ、本当はノーマルなBSMか、タルタルのTypeSか…って悩んでいたんだけれど、たまたまロードセッティングなBSMに試乗させてもらったり、今からBSM乗るなら限定車だよねぇ…という、いつもの(?)和田サイクル店員全員と店先の客らの洗脳にやられたんだけれどねぇ(^^;)ちなみにまだ和田サイに1台在庫がある模様です。

 ただ、買った後はそのデザイン性にベタ惚れです。一時屋内に保管していたんだけれど(現在はベランダ)、にやにやしながら眺めていたような(^^;)。いや~アルミ色がよく似合う…。さすがモールトン…。


 しかしいざ乗ってみると、1カ所、腑に落ちない実装が。いや、他に実装の仕方もないんだろうな…という気もするんですけれど、フロントディレーラーが…。

 ここが当初、走っているとどーもなんか具合が悪い。アウターの時にちゃりちゃり音がする。ただ、普通に調整する限りは問題はない。

 何が原因かー?っつーか、そもそも鳴るのが普通なのか…ってのはさすがに無いか(^^;)。ともかく、色々見てみるに、どうもおいらの体重が原因らしい(^^;)。

 おいらの体重でリアのスイングアームが沈み込み、チェーンのリアがアップして、Fディレーラーに接近するんですな。Fディレーラーがスイングアームではなく、シートピラーの方に据え付けられているし。それでFディレーラーがアウターで比較的低速ギアの方に持っていくと、持ち上がったチェーンが当たってちゃりちゃり言う…と。これって…良くないですよね?

 リアサスはハードセッティングなんですけれど、どうもおいらの体重はそれに勝っているみたいで…(^^;)。

 他の人のチャリを見せてもらうと、Fディレーラーはちゃんとスイングアームの方に連動しているというか…、誰が乗ったところでFディレーラーとフロントチェーンリングの位置関係は変わらない。まぁBSMは構造上、ここにしか取り付けられないから仕方ないんじゃないかなぁ…。

 見ると、Fディレーラーのマウントは一番下のセッティング。それでも、乗車しないで確認すると、勿論当たらない。それに調整してくれた…っていうか、和田サイの人は全員スリムだからね、さらにいえばリアサスはハードなヤツなんでより沈み込みは無いので、なおさらFディレーラーにチェーンが当たるポジションにはならない。

 …ただ、私は…ね(^^;)。それにリアに重いの積んだりするし(パンとかケーキとか煎餅とか(^^;))。

 そんなわけで一番の調整所はFディレーラーのマウントを上方にすること。ただ、おいらってば考えてみるとFディレーラーが付いたバイクに乗るのは生まれて初めてなんですな。やり方がよくわからない(^^;)。

 自転車整備の書籍なんかを片手に色々やって、今はうまくいってます。ただ、停車時に見ると、フロントチェーンリングとチェーンガイドがえっらく離れてますが(^^;)。勢いよくチェンジすると、外れそう。ただ、おいらが乗っている限りは問題ないんだよね。一度も外れたことはない。とはいえ…うーん、あまり望ましいセッティングに思えない…(^^;)。

 まぁ…そのうち誰かに見てもらうか…。


 そういえば、これってR20に限らない話じゃなかったっけ?R20と一緒に出たBSMの新型の一部モデルはFディレーラー装備でそ?R20とはメーカーが違うコンポーネントかもしれないけれど、取り付け位置は同じハズだから…。

 体重ある人は要注意かも。

山王峠に棲む魔物

 …今度は私が被害者です。(ドーン!:SE)


 最初の兆候は、そこに向かう途中でした。元々は前日にも似たようなことはあったのですが、その兆候が顕著に表れたのは、多摩湖南の道を走っていた時です。

 低速ギアが入らなくなったのです。リアの低速側3~4段ほどが…。

 後で判明したのですが、どうもリアディレーラー側のシフトケーブルの初期伸びのようです。併走していたTOKさんは「初期伸びでここまでズレるわけなかろう!」と言われましたが、ケーブルのテンションをちょっとキツく締め直しただけで直りましたので(微調整が面倒~(^^;))、初期伸びじゃないかな…と。ディレーラー側のワイヤー取り付け部分をちっと移動させたんですけれど、数mmくらいの移動で済んだので。

 修理自体はアーレンキー1本と、ラジオペンチで済む作業だったのですが(あと微調整にプラスドライバー)、しかし症状が顕著に判明した時点では移動の途中で、しかも炎天下。頭がぼーっとして…(^^;)。また、リアディレーラーの構造をよく把握していなかったため、修理は不能でした。

 ただ、高速ギアは入るので、通常の走行は十分可能です。フロントもインナーに切り替えられます。なので、とりあえず目的地に向かうことにしたのです。

 …そう、その目的地は飯能。そこに行く途中に山王峠があることを知りながら…。


 ええ、こちらも意地があるので、インナーギアとはいえ、4~5段で登りましたよ。降りて押しゃぁよかったものの、こちらも初のBSMの長距離走行です。こいつに情けない姿は見せられません(^^;)意味不明。しかしえっらくツラく、苦しかったです。

 あやうく赤沢スイーツでぶっ倒れそうになりました。手先のしびれを感じ、貧血寸前の自覚症状っぽかったです。先客のご老人が杖をついているのを見ながら椅子にへたり座り込んでしまう様は今思うと情けないんですが、当時は意識をつなぐのが精一杯で…。で、アイスティーをガバ飲みしてすみませんでした(^^;)。で、でもちゃんと味わいましたよ。美味しかったですよ(^^;)いや、本当。

 ともかくも、山王峠は魔物が棲んでます。Nashさんといい、Nebulaさんといい…、あの峠は自転車乗りの何かを欲しているのでしょうか?各自、十分気をつけるように。


 しかし、他の峠にはもっと恐ろしいものが棲んでいるらしい…(地元の方、談)(--;)山王峠はまだマシらしい。

2005/08/07

名刺遍歴

05080701
 たまには「こんなのも描いているぞ~」アピール(^^;)。

 そういえば例のアレも近いし、いつものごとく名刺も作らないとな…とあわてて描いたため、上半身の動きが逆だったりするけれど、そういうことつっこんじゃぁダメ(^^;)。こういうのは勢いだから(^^;)。描いているとき、結構線が速く引けて楽しかった。

 ま、またこんなん使った名刺作りますんで、よろしく(?)。んでも「こういうのを描いている人」ってのを知ってなけりゃぁ、こういう絵をどっかから持ってきて名刺に使っている変なヤツってことになるよなぁ、普通(^^;)。

 まぁ知っていても、導き出される結論は同じ気もするが…(^^;)。

 まぁいいや。一部にはコレクターもいるっつー噂だし(^^;)ホントかよ。

自転車遍歴

 あ、BSM購入して自転車が3台になった…と思われている方。すみません、ストライダはすでに売ってしまいました。

 本当はまだ輪行に来たこと無い友人とか、輪行とはいわないまでも収納しやすい自転車を欲しがっている人に渡すべきだったとは思うのですが、おいらの持っていたmark3を欲しがっていた(デザイン・カラーリングに惚れていた)人との偶然の出会いがあったりなんかして、その方に譲ってしまいました。モールトンとかもお持ちで、扱いもしっかりしていましたので、クセものをお渡しするには問題ないかな…と(^^;)。

 一般の方がこれからストライダ乗るなら、今のモデル(mark4?)の方が扱いやすいので、そちらをお薦めします。

 もっとも、体重重い人は気をつけてください。後輪のスポーク折れが多いという話を聞きました(^^;)。

 まー、ストライダの扱いについては大分怒られてましたから(放っぽりっぱなしで)、いい人にもらわれていったんだから、いいでしょ、これは(^^;)。

 輪行の楽しさを教えてくれたいいヤツでしたが、どーしてもスピードという面で、おいらの欲求にはついてこられなく…。うーん…。


 …しかし振り返ってみると、ストライダ、ブロンプトン、モールトン…と、英国車ばかりじゃん。まぁストライダはmark3なので台湾製だったり、モールトンつってもブリジストンとの共同開発だけれども、デザイン的には英国発祥…って言ってもいいでしょ?

 別に英国デザイン好き…って訳でもないんだけれど、おいらの自転車選びではデザインも重要視しているので、縁がないわけでもないんだな、きっと。機能美的な部分でも惚れるので、やっぱなんか英国のエスプリっつーかなんつーか、惚れているのかもしれない。

 そういえば掃除機もダイソンが好きだしなぁ(^^;)。

2005/08/06

推奨飲料

ボクたちも乾杯! 人気広がる、こどもびいる

 …ノンアルコール飲料で酔っぱらって寝てしまったことのある身としては(ノンアルコールとはいっても、0.5%程入っている)、大人用にも出していただきたい(^^;)。

まだ見ぬ飯能

 …ってことで、ブリジストン・モールトンのチェックの意味も込めて、飯能に行ってきました。そのチェックの甲斐があったんですけれど、それはまた後日。

 で、ここではグルメの話でも。

05071607  以前に見つけた飯能のゴーカートサーキットのすぐ近く…っつーか、赤沢スイーツのはすむかい、「粘土工房 無地」というところに行ってきました。Nebulaさん、Nashさん、抜け駆けしてしまってすみません(^^;)。まぁでもかわりにTOKさんにご同道していただきました。

 で、問題の無地は家の中をそのままお店にしたような感覚。ちょっと緊張するような、妙にくつろげる感じ。しかしベランダから入間川を望みながら食事も出来るスペースもあったりして、涼しいときは良さそう…なんだけれど、さすがに昨今は暑いし、自転車で行ったのでクーラーにあたりたかったので、無難に室内で(^^;)。

 事前調査ではカレーが自慢…ということで、カレーセットがありましたが、その他にも日替わりメニューが。今日は煮込みハンバーグでしたが、それは今週、職場の食堂で食ったばかりだなぁ…(^^;)。…なので、カレーセットで。

05080602
 写真ではカレーだけですが、他にサラダ、コーヒー等飲み物が付きます。

 味ですが、壺小屋とはまた違った個性がありますね。酸味と甘みが強いんですよね。いや、勿論カレーですから、辛いです。ただ、それとともに自己主張する酸味と甘さがより深い味わいを醸しだし、普通のカレーとは違うコクを出しているわけです。

 ま、味のことですから、言葉では表現しきれません(^^;)。でもグルメなTOKさんも美味しいと言っていたので、間違いないでしょう。

 また、別にいただいたヨーグルトケーキ…あれ?チーズヨーグルトだっけ?なんだっけ(^^;)ぉぃ。いやさ、ともかくデザートも逸品。これもまた食べに行きたいな。

 そんなわけでまた新しいスポットを見つけてしまったか?ただまだ蕎麦屋とかあるらしいし、まだまだ飯能・岩鞍ラインは奥が深いぜっ!(^^;)

新車解禁!

 えー、今までちと書かないでいましたが、情報解禁(?)となりましたので掲載します。

05080601 買っちゃいました、ブリジストン・モールトン。何故か非分割フレームでドロップハンドルです。

 まぁ…色々ありまして(^^;)。ただ、買った後になりますけれど、ベタ惚れです。なんで「後」やねん?…とか言われそうですけれど、それについては話が長くなるので…直で聞いてみてください(^^;)。

 いやー、それにしてももうほとんどロードなんですけれど、当たり前っちゃー当たり前なんですけれど、整備面では扱いやすいですね。ブロンプトンとは雲泥の差(^^;)。いや、元々性格の違う自転車なので比較するのは意味無いんですけれど。

 実は購入したのは数週間前なので、色々いじくっていますが、そこらへんはまた後日。逆にいじっていないところはペダルとか…。というか、これ、予算オーバーです(^^;)。わかる人にはわかると思いますが、R20です。オプションなんかそう簡単に買えません。

 まぁ元々本体の方は基本的に改造しない予定だけれど、予算が確保出来ればSPDペダル換装と、サイクルコンピュータ設置くらいはしたい。

 ともあれ、細かい話はまた後日。


#本当は誰かとのサイクリングとかにいきなりこれで現れて驚かそうと思ったんだけれど、なかなかその機会に恵まれず(まぁコミケ前の忙しいときに招集しようとしても迷惑なだけだったか…(^^;)すんませんでした)、しかし色々情報が必要になってきたので秘密にしておけなくなった…と。

 まぁでもしゃおらどんとかTOKさんとかには公開前に披露しましたけれどもね。しゃおらどんのリアクションは良かったなー(^^;)。

 そうして仕入れた情報とかも、これまた後日…。

2005/08/04

帰り方の情報

 震災時帰宅支援マップが売れているらしい。

 こないだも交通機関のマヒがあったりしたので、いざというときには徒歩で帰る術を確認しておきたい…という欲求が多いのだろうか。

 ただ…しょっちゅう自転車で都内に行っていたりする身としては、別に今更地図を確認したい気持ちも無いんですが(^^;)。自転車持ってない時にいつも行っているあたりで震災に遭ったら、自転車で通っている道を歩いて帰るだけでしょ?別に把握しなおす必要もないなぁ…。

 どこの自販機でどういう銘柄が売っている…ってのも、自分の好きな銘柄に限るが、大体知ってるし(ある程度間隔を空けての把握だけれど)。

 危険箇所もまぁなんとなく…。

 そんなわけで、普段からの自転車移動はいざ震災にあっても有利…とか?(^^;)まぁいつも自転車移動していれば、震災にあってもそのままの交通手段でいけるんじゃないかな?よっぽどな路面の変化でもなければね。

リカンベントの空

 Nebulaさんのページを見ていると、リカンベントはヤダなぁ…と思うんですが、Nashさんのページを見ていると、リカンベントもいいなぁ…と思うのは何故なんでしょうか?(^^;)

 ちょっと今は速く走る(ひいては、長く走る)ことを目的に奔走しているけれど、のんびりと、視点を変えて走ることも大切なのかも…という気になってくる。

 それにはリカンベントってちょうどいいんだよなぁ。あ、リバイブとかではなく、もちっと傾斜と背もたれが大きい程度の。

 で、街中とかではなく、広々としたところを走る…と。うーん、それはそれでいいが、そういう環境と駐輪場は無いなぁ…(^^;)。

聴く楽しみ

ポッドキャスティングで「落語」始めました

 iTuneのバージョンアップか何かで初めて知ったポッドキャスティングだけれど、それがどういう楽しみ方があるのかいまいち理解できないでいた。

 おそらく音楽のない、ジョッキーのトークで盛り上がる番組ばかりなんだろうな…と思っていた。それはそれで、トークが上手ければ成り立つコンテンツだとは思うが、そういう人に巡り会うまでが大変そうで…。

 別に音楽紹介のそれでもいいとは思うが、そうぽんぽん音楽がかかるとは思えないし、音楽が聴きたかったら音楽そのものを聴く他の手段を使うと思う。

 まぁそんなわけでポッドキャスティングって何が面白いのか…とか思っていたが、そうか、落語って手があったか。それだったら、身振り手振りが見えないのがちと惜しいが、聴くだけでも楽しめそうだ。

 なるほど、だったら朗読劇とか、ラジオドラマって手もあんやな。そういうコンテンツとかあるのかね?

2005/08/03

この夏の走り方

 去年の夏は本当にヒドかった。

 観測史上最高の酷暑だったんだよね?おいらも7月早々に熱中症にやられてダウンした覚えが…(まぁ水分補給を怠った…という線も強いが(^^;))。

 まぁそんなわけで夏の走行を極力とりやめた経緯がある。…なので、8月の土曜に飯能とか走った覚えがからっきし無い。

 …ただ、今年はその分、涼しいはず。実際涼しいし。

 …と先週までは思っていたが、台風が通り過ぎてからは前言撤回。確かに去年の夏よりはまだ暑さは足りないと思うが、自転車で走る分には相当キツい。朝に通勤している段階でヘタってしまう。

 しかし昨年とはせっかく違うんだから(?)、走りたいことは走りたい。…走行範囲を郊外に限ってしまおうかなぁ…。飯能のあたりは日陰にはいると涼しいし。

 …んー、あるいはもっと別の涼しいところも開拓してみたいもんだ。

今朝の出来事

05080301
 今朝出勤したら、机上にこんなものが…。

 あの…、誰よ(^^;)。

 この件についてはもう語りませんので、わし(^^;)って宣言する必要も無いのだが。ま、一応書いておくと、sakusaku自体は今までと同じように見てますので。

なんだかんだでいつものこと

 ちとこの日記の更新がおろそかになっていますが…まぁ、いつもか(^^;)。

 ともあれ、またもも展とかの感想書きに走っているためで、日記作成タスクが潰れております(^^;)。

 しばらくこんな感じが続くかと思いますが、悪しからずご容赦を。

2005/08/02

秋葉原の想い出

最近の秋葉原でよく聞かれる場所

 やじうまウォッチ経由で。ドンキホーテ、どこ?…って聞かれるんだ…。てっきり廃れてると思ってたのに…(^^;)。

 それはさておき、本当にメイド喫茶の場所を聞いてくる人って多いみたいですね。何を隠そう、私も聞かれた。

 …ってーか、一緒にいた友人が聞かれたんですけれど(^^;)。

 …いや、その友人、メイドさんだったし(^^;)謎。

 ともかく、明らかに「今時秋葉原をうろついているぞ」風じゃない(おいらみたいじゃない)一般の方々が妙に何の臆面もなく聞いてくるのがなんというか…今…なんだなぁ…という気が(^^;)意味不明。

 しかし、さすがはパンピー、メイドさんにメイド喫茶を聞くだけでは飽き足りません。

 「で、アンミラはどこですか?」

 …あの、東京ってその手のお店が一カ所に集中してるとか誤解してませんか?(^^;)

 まぁともあれ、そのパンピーさんはメイドさんと記念写真を撮ってメイド喫茶を目指していきましたが。…いや、何故かおいらも写りました(^^;)なんで?。

« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »