2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

関連リンク

 


検索


  • Google


    WWW を検索
    とめどなく雑記 を検索

写真ピックアップ2012/04-05

  • 夜の桜
    2009年初頭までは定期的に写真を掲載していたのですが、その後サボってしまいました。写真自体は折を見て撮影していたので、現在からお気に入りなどをピックアップして掲載していきます。ファイル名は特に撮影時期ではありませんので念のため。

2009年1・2・3月撮影分

  • L1000050
    2009年になっても相変わらずぶらぶら撮った写真に終始すると思いますが、ご勘弁のほどを(^^;)。

2008年10・11・12月撮影分

  • 皆が見ないコミケの顔・その5
    D-LUX4も加わっての、バラエティに富んだ写真アルバムに…なるはず?ただ、MPはフィルムなので、掲載する予定はありません。

2008年7・8・9月撮影分

  • 祭り
    一番忙しい四半期につき、写真は少なめになるかと思います。とはいえ、新レンズを使ったりして多少浮かれてはいるかな?(^^;)

2008年4・5・6月撮影分

  • 単線のある風景
    4、5、6月分です。特に説明も無いのですが…(^^;)。まぁのんびりスナップをアップしていく…予定かと。

2008年1・2・3月撮影分

  • 円覚寺・その4
    相変わらずぶらぶら撮っています。面倒なんで、これからは3か月分、まとめようかな。

2007年10・11・12月撮影分

  • 来年に向かって歩く
    相変わらずぶらぶら撮ったものです。あまりにもとりとめなく撮ったので、3ヶ月分まとめさせていただきます(^^;)。

2007年9月撮影分

  • 機上から見る雲
    9月撮影分です。主に久米島旅行で撮った写真になっています。

2007年4・5・6・7・8月撮影分

  • 夏の海
    相変わらずぶらぶら撮った写真です。ちなみにコミケの写真は入っていません。

2007年1・2・3月撮影分

  • 桜の風景・その11
    まだまだのんびり写真です(^^;)。なんか、撮っているのも楽しいですが、現像も楽しいですね。

2006年12月撮影分

  • 築地の町並み
    相変わらずR-D1メインでぶらぶら撮影したものを掲載していきます。紅葉も都心の方まで降りてきていますので、当初はそれを中心に…といったところになるかな?

2006年11月撮影分

  • P1020232
    距離計の狂いから一時期修理に出していたR-D1が帰ってきたので、ちらほらと撮影したものをアップします。
    でもなーんかぎこちないというか…写真に対する自分なりの立脚点がしっかりしてないというか…(^^;)。
    個人的にはしっかり楽しんでいるのでいいとは思うんですけれどね(^^;)。

2006年9月 石垣島周辺旅行

  • 車に積まれたエンジン
    9月下旬に石垣島及び周辺離島を旅してきたときの写真です。
    カメラはR-D1を修理に出していたので、LC1とF10です。Exifん時に機種が書いてないのはLC1と見てください(RAWを現像・エディットして保存すると、さすがにExifデータが残らないみたい)。明るいときにはLC1にはND8のフィルターを装着しています。

2006年6月撮影分

  • 富士山を臨む
    6月撮影分です。ちょこまかと撮っているのをあげていきます。
    色々なレンズも出てきますが、だいたい使うレンズが決まりつつあるような…。

2006年5月撮影分

  • 深川の風景
     ちょっと細かな撮影が入り組んでいる月なので、まとめてのアルバムにします。
     まず最初はくらやみ祭り。のんびり行ったせいか、人垣を越えられず、てんで山車とかの写真はありませんので、期待しないように(^^;)。
     次に有楽町あたりをぶらぶら歩きながら撮った写真、お台場や川越などと、色々取り混ぜてあります。

2006年4月 浅草・皇居前広場・銀座等

  • 紅い店先
    まだR-D1に慣れていないので、運動がてら、色々テスト撮影。その途上、Jupiter-12 35mmF2.8やアベノン28mmF3.5を買ってしまったり(^^;)。その他にはスナップショットスコパー25mmF4とカラーヘリアー75mmF2.5で撮影。

2006年4月 沖縄旅行

  • 赤壁
    買いたてのR-D1を片手に沖縄をうろついた時の写真です。 レンズは基本的にフォクトレンダーのUltron35mmF1.7。広角に写っているのはUltraWide-Hrliar12mmF5.6。飛行機の撮影など、一部望遠はNokton50mmF1.5。

2006年4月 三浦半島一周

  • トンネル入口
     三浦半島一周の旅ですが、お伴にR-D1も持っていきました。  この手の負担の大きい旅ではF10といった軽いデジカメの方が適しているんですが、買ったばかりだし(^^;)、カメラとして楽しむならこちらの方がいいですしねぇ…。  そんなわけでウェストポーチで出動です。カメラ用ポーチというのがあるんですな。一眼レフも入るタイプなので、スリムなR-D1だとレンズを数個入れてもまだ余裕があったりします。  ただ、便利ではあるんですが、ちょっとデカいんですよね。カメラが入る以上、仕方ないのですが。今回はまだ涼しかったから良いですが、今後は考えないといけないかもしれません。ムレるかも。  …で、レンズはウルトラワイド・ヘリアー12mmF5.6、Jupiter-12(35mm)といったところ。実はアベノン28mmも持っていましたが、今回は使いませんでした。 ※工事現場の写真、その3とその4が入れ替わっちゃってますが、そこらへんはうまく数字順に読んでください(^^;)。

« 翼をもがれた天使 | トップページ | 知ってびっくり、なんでも鑑定団 »

2005/07/06

秋葉原の歩行者天国に思うこと

 ちょっとアクセス解析をしていたら、特定のページからのジャンプがあることに気がついた。そのページがこちら。

秋葉原の歩行者天国に危機感を感じる

 ああ、あの記事を取り上げていただけましたか。どうもです。

 これに関して感じるところは人それぞれだろうが、おいらの場合…と限定してもう少し書いてみることにする。

 リンク先の方は現在の現象…というか、そこから考えられる悪い結果を鑑みるにあたって、「他に秋葉原に訪れる人々」がどういう見解を持つのかいくつか例を挙げられてますけれど、おいらとしてはもう少し違って、多少なりと理不尽な扱いを受ける怒りみたいなのを覚えるんですよ。

 基本的に、パフォーマンスをやろうとなにしようとこちらも構わないわけですが、それに対する影響度として「歩行者天国の中止」も、今のところは風の噂でも聞きませんが、考慮として当然誰でも考え得ることではあるはずです。

 万一、実際に歩行者天国が中止になったら私に対する影響は…、せいぜいクレバリー(キーボードの店舗)やDOS/Vパラからまんだらけ(あるいは逆)への移動が面倒…ってことくらい。

 ま、横断…ってだけでなく、あの大通りから派生する小道の車の通行が少なくなるので、そこらへんの歩行が楽…ってのはありますけれど、しかし秋葉原行くのは主に土曜で、日曜の頻度は低い。

 そう考えると「歩行者天国がどうなろーと構わないじゃん。…となれば、別に現状、何の問題もないのでは?」…という結論にたどり着きそうだが、人間心理とはそう簡単にはいかない。

 歩行者天国が中止になれば、多少なりと不利な方向に影響があることは書いた。本当に微々たる影響だが、その原因は自分にはない。その原因を作り出したのは「好き勝手にやった人々」のせいであり、基本的にそれは違法な活動(使用許可が無い等)なはずだ(使用許可を取り、かつ許諾された範囲での活動なら、歩行者天国の中止という結論には達しないはずだ)。

 違法ではあるものの、軽微な事柄故、逮捕には至らないことが多い(並行してなんかやっちまったら別だろうが(ふんどしの隙間から何か見えた…とか)が、それを「黙認」と都合良く解釈してしまう自分勝手から派生して「歩行者天国の中止」などに至ったとしたら、どうだろう?

 違法性を伴って好き勝手にやっていた連中が発散したあげく、何の違法もなくそこを訪れる人たちにわずかとはいえ不便を強いる結果を伴い、しかし本人達は捕まるわけでもなく、別の場を求めて去っていく…と。

 …なんか悔しくない?この図式。不条理といってもいいかも。

 具体的に挙げるまでもなく、「一部の無法者」の影響で法を守っている一般の人たちに影響が及ぼされる…って図式は他にもいくらでもあり、「こっちは法を守っているのに…」と憤りを感じるのが当たり前だろう。

 今のところは歩行しにくい…という影響だけにしても、そういう危惧を抱かされる時点で不快だ。


 一応書いておくと、この国には表現の自由というものがある。また、「こういうもの」から、後の世に欠かせない文化が生まれる…という可能性も否定できない。むしろそうなるものならなって欲しい。

 そういう意味では同じ表現者として押さえ付ける気になれない。しかしそれらの可能性を「歩行者天国の中止」が否定するものでもない以上、その決定権を握る者(達)に対するアピールを何ら考えてない(…としか思えない)、あるいはそういう未来(若しくは周りに対する影響)を覚悟していると思えない現状の当該者に対して、忸怩たる思いを抱かずにはいられない…というわけ。加減ってものを知らんのか、君たちは!…と。

 まぁかといって、「歩行者天国で活動するパフォーマーを統括する任意団体」…とかを勝手に作られてもなんだしなー。コミケ前夜の会場周辺でそういうのが出没するんでそ?(^^;)…っつーか、ヤクザに近いか(^^;)。

 ま、そんな思いです。

« 翼をもがれた天使 | トップページ | 知ってびっくり、なんでも鑑定団 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27753/4850825

この記事へのトラックバック一覧です: 秋葉原の歩行者天国に思うこと:

« 翼をもがれた天使 | トップページ | 知ってびっくり、なんでも鑑定団 »