2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

関連リンク

 


検索


  • Google


    WWW を検索
    とめどなく雑記 を検索

写真ピックアップ2012/04-05

  • 夜の桜
    2009年初頭までは定期的に写真を掲載していたのですが、その後サボってしまいました。写真自体は折を見て撮影していたので、現在からお気に入りなどをピックアップして掲載していきます。ファイル名は特に撮影時期ではありませんので念のため。

2009年1・2・3月撮影分

  • L1000050
    2009年になっても相変わらずぶらぶら撮った写真に終始すると思いますが、ご勘弁のほどを(^^;)。

2008年10・11・12月撮影分

  • 皆が見ないコミケの顔・その5
    D-LUX4も加わっての、バラエティに富んだ写真アルバムに…なるはず?ただ、MPはフィルムなので、掲載する予定はありません。

2008年7・8・9月撮影分

  • 祭り
    一番忙しい四半期につき、写真は少なめになるかと思います。とはいえ、新レンズを使ったりして多少浮かれてはいるかな?(^^;)

2008年4・5・6月撮影分

  • 単線のある風景
    4、5、6月分です。特に説明も無いのですが…(^^;)。まぁのんびりスナップをアップしていく…予定かと。

2008年1・2・3月撮影分

  • 円覚寺・その4
    相変わらずぶらぶら撮っています。面倒なんで、これからは3か月分、まとめようかな。

2007年10・11・12月撮影分

  • 来年に向かって歩く
    相変わらずぶらぶら撮ったものです。あまりにもとりとめなく撮ったので、3ヶ月分まとめさせていただきます(^^;)。

2007年9月撮影分

  • 機上から見る雲
    9月撮影分です。主に久米島旅行で撮った写真になっています。

2007年4・5・6・7・8月撮影分

  • 夏の海
    相変わらずぶらぶら撮った写真です。ちなみにコミケの写真は入っていません。

2007年1・2・3月撮影分

  • 桜の風景・その11
    まだまだのんびり写真です(^^;)。なんか、撮っているのも楽しいですが、現像も楽しいですね。

2006年12月撮影分

  • 築地の町並み
    相変わらずR-D1メインでぶらぶら撮影したものを掲載していきます。紅葉も都心の方まで降りてきていますので、当初はそれを中心に…といったところになるかな?

2006年11月撮影分

  • P1020232
    距離計の狂いから一時期修理に出していたR-D1が帰ってきたので、ちらほらと撮影したものをアップします。
    でもなーんかぎこちないというか…写真に対する自分なりの立脚点がしっかりしてないというか…(^^;)。
    個人的にはしっかり楽しんでいるのでいいとは思うんですけれどね(^^;)。

2006年9月 石垣島周辺旅行

  • 車に積まれたエンジン
    9月下旬に石垣島及び周辺離島を旅してきたときの写真です。
    カメラはR-D1を修理に出していたので、LC1とF10です。Exifん時に機種が書いてないのはLC1と見てください(RAWを現像・エディットして保存すると、さすがにExifデータが残らないみたい)。明るいときにはLC1にはND8のフィルターを装着しています。

2006年6月撮影分

  • 富士山を臨む
    6月撮影分です。ちょこまかと撮っているのをあげていきます。
    色々なレンズも出てきますが、だいたい使うレンズが決まりつつあるような…。

2006年5月撮影分

  • 深川の風景
     ちょっと細かな撮影が入り組んでいる月なので、まとめてのアルバムにします。
     まず最初はくらやみ祭り。のんびり行ったせいか、人垣を越えられず、てんで山車とかの写真はありませんので、期待しないように(^^;)。
     次に有楽町あたりをぶらぶら歩きながら撮った写真、お台場や川越などと、色々取り混ぜてあります。

2006年4月 浅草・皇居前広場・銀座等

  • 紅い店先
    まだR-D1に慣れていないので、運動がてら、色々テスト撮影。その途上、Jupiter-12 35mmF2.8やアベノン28mmF3.5を買ってしまったり(^^;)。その他にはスナップショットスコパー25mmF4とカラーヘリアー75mmF2.5で撮影。

2006年4月 沖縄旅行

  • 赤壁
    買いたてのR-D1を片手に沖縄をうろついた時の写真です。 レンズは基本的にフォクトレンダーのUltron35mmF1.7。広角に写っているのはUltraWide-Hrliar12mmF5.6。飛行機の撮影など、一部望遠はNokton50mmF1.5。

2006年4月 三浦半島一周

  • トンネル入口
     三浦半島一周の旅ですが、お伴にR-D1も持っていきました。  この手の負担の大きい旅ではF10といった軽いデジカメの方が適しているんですが、買ったばかりだし(^^;)、カメラとして楽しむならこちらの方がいいですしねぇ…。  そんなわけでウェストポーチで出動です。カメラ用ポーチというのがあるんですな。一眼レフも入るタイプなので、スリムなR-D1だとレンズを数個入れてもまだ余裕があったりします。  ただ、便利ではあるんですが、ちょっとデカいんですよね。カメラが入る以上、仕方ないのですが。今回はまだ涼しかったから良いですが、今後は考えないといけないかもしれません。ムレるかも。  …で、レンズはウルトラワイド・ヘリアー12mmF5.6、Jupiter-12(35mm)といったところ。実はアベノン28mmも持っていましたが、今回は使いませんでした。 ※工事現場の写真、その3とその4が入れ替わっちゃってますが、そこらへんはうまく数字順に読んでください(^^;)。

« 仕事で初めて見たモノ | トップページ | 行きたいところ »

2005/05/12

タブレットPCの持続時間

 タブレットPCを買ったから…ということでもないとは思うのだが、本業の方でイラスト作成の話が来た。PowerPointのプレゼンの中の1カットだが(^^;)。

 タブレットPCで最初に描く絵は雪さんにして俺にくれ…と言っていたROUさんには申し訳ないが、プレゼン相手が超ビッグなので、勘弁してね。

 まぁその超ビッグ相手に「タブレットPCの試し書き」を兼ねたイラスト…というのも暴挙という気もしないでもないが…(^^;)。

 ツールはIllustrator11を使用。補助でメインマシンのCSを使用したが(おいらがよくやる一部処理が、Ver.11だと使い物にならないため。11しかない当時もVer.10を併用していた)、基本的にすべてタブレットPCで完結するようにしてみた。

 実際の所、ストレスはたまったが、まぁなんとか使えないことはない…というところか…。簡単なカットではいいけれど、ぴっちし陰影のついた絵となると、もっとストレスがたまるような気がするな…。

 問題点としては…動作がちょっと重い。ソフトの動作が重い…というよりは、「何かの処理が介在して、時々ひっかかる」…という感じ。例えばベジエ曲線のポイントを選択するために任意のポイントをタップしたとする。ただ時々、タップした瞬間、別の処理にコンマ数秒移ってしまい、ただその間にタブレットペンが移動し、ポイントタップの情報と移動情報だけ拾ってしまい、「ドラッグ」扱いになって意図しない移動が行われてしまったりするわけだ。

 まぁそれが動作のもたつきってことなのかもしれないが、やはりペンをばしばし移動させてエディットするタチとしては、そのあたりの緩慢さがどうしてもストレスになる。キーボード無しにアンドゥもするわけだから、なおさらだ。

 メモリは350MB程度の消費だから、基本的なマシンスペックでは問題ないと思うんだけれども…なーんか常駐物があんのかなぁ…?

 あと今回は余り問題にならなかったが、液晶の色の薄さも他機種での再生を考えるとネックのような気が。まぁそれは調整すればいいかな。

 それとNECのマシンだから…ということもあるんだけれど、画面を覆うガラスが薄いため、他のタブレットPCよりは誤差が少ない…とはいえ、多少なりとペンとポインタのズレは発生する。ただ、外付けタブレットで慣れまくっている身としては「ペン先を見ずにポインタだけ見る」ようにして描くと、あまり違和感ないというコトに気がついちゃったりして。

 ただ、そうするとペン先とか指先とかが邪魔なんだよね(^^;)。死角を作ったり、線の続きが見えなかったり。まぁそれもストレスと言えばストレスかな。ポインタだけ見ようとペン先を無視するように意図すると、視野も自然と狭くなって、全体のバランスをロストした状態で描き進む…というオチもついてまわるし。

 そんなわけで、今回のカットは柔らかさを狙う絵だったのでそれほど問題にはならなかったけれど、精密な、あるいはスピーディーに絵を描きたい…ともなれば、やはり外付けタブレットで他マシンでやった方がいいかも。そっちの方が慣れている…ってことで。まぁ楽しかったけれどね。ラフ…というか、そんなに精密さを問わないように描くならやっぱこっちでしょう。やっぱデバイスが全部一つにまとまっている…という取り回しもあるし。

 実際、バッテリー駆動でいじっていると、なにも縛るモノがないという爽快感があったりして、その下(?)で絵を描くのはなかなか痛快。

 ただ、このマシンのバッテリー駆動時間は短いのよね。その快感も長くは続けられない。

 大容量バッテリーとかオプションであれば良いんだけれど、無いモデルなんだよね。予備バッテリーも値段の割には付け焼き刃っぽいし…。

 …となると、多少の可搬性を犠牲にしても、汎用大容量外付けバッテリー…ってところになるか。コードをつけることにより取り回しのしばりが出てきてしまうけれど、まぁまだ持ち運びできる…ってところで妥協しよう。

 軽く調べたところによると、Slim60あたりがお手頃そう(接続できるかはまだ未確認(使えそうな感じだが…))。それほど重く無さそうだし。重ねて使うと省スペースっぽいけれど、ノートPCだとそれもいいだろうが、タブレットPCだと邪魔なだけだな(^^;)。

 本当は厚みとかあっても、腰に取り付けられるようなバッテリー、ビデオカメラの外付けのタイプ?エブリオのそれみたいなヤツがいいんだけれど、どうも無さそうだし、仕方ない。まぁ薄型は「一緒にケースに入れて運ぶ」のにメリットっぽいから、それはそれでいいか。

 容量的にはおいらのタブレットPCのバッテリーから換算して約6時間といったところ。ただ、PCからはAC電源としてみるので、それなりに運用の仕方に工夫しないとこの数字は出ないとは思うが。接続中PCを使用するなら、バッテリーも充電しちゃうわけだし、もっと早く放電しちゃうだろう。まぁそれはそれで再充電された内蔵バッテリーでさらにバッテリー駆動する…ってことで、時間が短くなるってわけでもないだろうが。

 まぁそこまで逼迫しているってわけでもないが、そのうち考える必要も出てくるかもしれないし、他の製品とか調査しておいた方がいいかな。

« 仕事で初めて見たモノ | トップページ | 行きたいところ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27753/4093555

この記事へのトラックバック一覧です: タブレットPCの持続時間:

« 仕事で初めて見たモノ | トップページ | 行きたいところ »