2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

関連リンク

 


検索


  • Google


    WWW を検索
    とめどなく雑記 を検索

写真ピックアップ2012/04-05

  • 夜の桜
    2009年初頭までは定期的に写真を掲載していたのですが、その後サボってしまいました。写真自体は折を見て撮影していたので、現在からお気に入りなどをピックアップして掲載していきます。ファイル名は特に撮影時期ではありませんので念のため。

2009年1・2・3月撮影分

  • L1000050
    2009年になっても相変わらずぶらぶら撮った写真に終始すると思いますが、ご勘弁のほどを(^^;)。

2008年10・11・12月撮影分

  • 皆が見ないコミケの顔・その5
    D-LUX4も加わっての、バラエティに富んだ写真アルバムに…なるはず?ただ、MPはフィルムなので、掲載する予定はありません。

2008年7・8・9月撮影分

  • 祭り
    一番忙しい四半期につき、写真は少なめになるかと思います。とはいえ、新レンズを使ったりして多少浮かれてはいるかな?(^^;)

2008年4・5・6月撮影分

  • 単線のある風景
    4、5、6月分です。特に説明も無いのですが…(^^;)。まぁのんびりスナップをアップしていく…予定かと。

2008年1・2・3月撮影分

  • 円覚寺・その4
    相変わらずぶらぶら撮っています。面倒なんで、これからは3か月分、まとめようかな。

2007年10・11・12月撮影分

  • 来年に向かって歩く
    相変わらずぶらぶら撮ったものです。あまりにもとりとめなく撮ったので、3ヶ月分まとめさせていただきます(^^;)。

2007年9月撮影分

  • 機上から見る雲
    9月撮影分です。主に久米島旅行で撮った写真になっています。

2007年4・5・6・7・8月撮影分

  • 夏の海
    相変わらずぶらぶら撮った写真です。ちなみにコミケの写真は入っていません。

2007年1・2・3月撮影分

  • 桜の風景・その11
    まだまだのんびり写真です(^^;)。なんか、撮っているのも楽しいですが、現像も楽しいですね。

2006年12月撮影分

  • 築地の町並み
    相変わらずR-D1メインでぶらぶら撮影したものを掲載していきます。紅葉も都心の方まで降りてきていますので、当初はそれを中心に…といったところになるかな?

2006年11月撮影分

  • P1020232
    距離計の狂いから一時期修理に出していたR-D1が帰ってきたので、ちらほらと撮影したものをアップします。
    でもなーんかぎこちないというか…写真に対する自分なりの立脚点がしっかりしてないというか…(^^;)。
    個人的にはしっかり楽しんでいるのでいいとは思うんですけれどね(^^;)。

2006年9月 石垣島周辺旅行

  • 車に積まれたエンジン
    9月下旬に石垣島及び周辺離島を旅してきたときの写真です。
    カメラはR-D1を修理に出していたので、LC1とF10です。Exifん時に機種が書いてないのはLC1と見てください(RAWを現像・エディットして保存すると、さすがにExifデータが残らないみたい)。明るいときにはLC1にはND8のフィルターを装着しています。

2006年6月撮影分

  • 富士山を臨む
    6月撮影分です。ちょこまかと撮っているのをあげていきます。
    色々なレンズも出てきますが、だいたい使うレンズが決まりつつあるような…。

2006年5月撮影分

  • 深川の風景
     ちょっと細かな撮影が入り組んでいる月なので、まとめてのアルバムにします。
     まず最初はくらやみ祭り。のんびり行ったせいか、人垣を越えられず、てんで山車とかの写真はありませんので、期待しないように(^^;)。
     次に有楽町あたりをぶらぶら歩きながら撮った写真、お台場や川越などと、色々取り混ぜてあります。

2006年4月 浅草・皇居前広場・銀座等

  • 紅い店先
    まだR-D1に慣れていないので、運動がてら、色々テスト撮影。その途上、Jupiter-12 35mmF2.8やアベノン28mmF3.5を買ってしまったり(^^;)。その他にはスナップショットスコパー25mmF4とカラーヘリアー75mmF2.5で撮影。

2006年4月 沖縄旅行

  • 赤壁
    買いたてのR-D1を片手に沖縄をうろついた時の写真です。 レンズは基本的にフォクトレンダーのUltron35mmF1.7。広角に写っているのはUltraWide-Hrliar12mmF5.6。飛行機の撮影など、一部望遠はNokton50mmF1.5。

2006年4月 三浦半島一周

  • トンネル入口
     三浦半島一周の旅ですが、お伴にR-D1も持っていきました。  この手の負担の大きい旅ではF10といった軽いデジカメの方が適しているんですが、買ったばかりだし(^^;)、カメラとして楽しむならこちらの方がいいですしねぇ…。  そんなわけでウェストポーチで出動です。カメラ用ポーチというのがあるんですな。一眼レフも入るタイプなので、スリムなR-D1だとレンズを数個入れてもまだ余裕があったりします。  ただ、便利ではあるんですが、ちょっとデカいんですよね。カメラが入る以上、仕方ないのですが。今回はまだ涼しかったから良いですが、今後は考えないといけないかもしれません。ムレるかも。  …で、レンズはウルトラワイド・ヘリアー12mmF5.6、Jupiter-12(35mm)といったところ。実はアベノン28mmも持っていましたが、今回は使いませんでした。 ※工事現場の写真、その3とその4が入れ替わっちゃってますが、そこらへんはうまく数字順に読んでください(^^;)。

« のんびり、東へ… | トップページ | 緊急性の順序付け »

2005/03/14

新しい、サブ

05031401 やっちまいました(^^;)我慢できなかった。あ、右のヤツです。富士フイルムのF10って機種です。…xDカードなんて、生まれて初めて買いましたよ。512MBです。

 一応企画(?)意図を書いておくならば、「明るいときはLC1で画質追求、暗いときはF10でシャッターチャンスの確保」といったところ。メインがLC1で、サブがF10…といったところ。

 ROUさんにはここまでラインナップ進めるなら、「EOS20Dでも買って、レンズで使い分ければいいじゃん」というお話しもいただいたが、アンチ一眼派の意地もあるし、レンズ地獄も怖い(^^;)。なにより、容積的にお手軽…というのも重要なのだ。

 シャッターチャンスというのは本当に「えっ?今?」って時にやってくるものでもあるので、機動力などが必須になってくる。特にスナップともなれば、被写体にこちらが「カメラを持っている」というのを意識させないのが重要だったりする。

 まぁだったらアナログ的なLC1は即失格じゃねーか…という気もするが、あれは「カメラいじり」も兼ねるチョイスなので、あれはあれで(^^;)。

 ただ、同様のコトを言っていると、「フラッシュをたかない」という必須事項もおのずと出てくる。暗いところでもフラッシュをたかないで撮りたい…という欲求もあったのだが、ISOが400までしかないLC1では、これはかなり難しいことだ。

 デジカメに画質を求めると、ISO800とか、まして1600なんてノイズ的に問題外…という人もいるだろう。ただ、おいらとしてはあまり画質は優先していない。大体、プリントアウトしねーし。

 「CCDくさい」とか「デジタルっぽい」というのは確かに嫌いだが、それ以上に「撮りたいときに撮れない」「せっかくのシャッターチャンスを記憶だけにしか頼れない」というのは非常にもったいないわけだ。

 だったらまだノイズだらけでも撮れた方がはるかにマシであり、しかもF10だったらそれほど「イヤになる」ほどのノイズでもないので、これは好都合だったりする。

 かくして、前述のような2台体制のラインナップに落ち着いたわけだ。


 ここの読者にとって気になるのはF10の使用感だと思うが、一応述べるけれど、前述のように求めるモノが違うので、的はずれになっているのは覚悟しておいてね(^^;)。

 まず筐体の使い勝手だが、考えてみるとこの手のコンパクトデジカメ(普及型コンパクトデジカメ?)をあまり使ってなかった身としては、沈胴式のくせにえらく早い起動時間、ボタンが少ないまでも、扱いやすいレイアウト等々、結構使いやすいことに驚かされたり。

 筐体サイズとしてはもっと小さいのもあるので、もっと小さくなればな…という気もするが、ホールド感としては結構ちょうど良い気がする。

 モニタがデカいのも好印象だが、購入後すぐさま貼った液晶保護フィルムがいまいち透明度が高くない印象なので(その分厚手で、信頼性は高いのだが)、くっきり感は損なわれているかもしれない。

 マニュアル操作としてはLC1と比べるべくもないが、もう少し自由度が欲しい…といったところ。MFが無い…というのが置きピン出来ない…ってところでどーよ?…という気もするのだが、「クイックショット」とか併用するとちがうのかもしれない。まだ使ってないからわからないけれど。

05031402 …さて、肝心の暗所などでの撮影だけれど、購入した帰り道でちょうど良いサンプル…っつーか、暗所を見かけたので撮ってみた。普通にオートで撮ると、右のように普通にフラッシュたかれてしまうので、オートでフラッシュ撮影禁止にしてみた。

05031403 するとISO800で撮影する。これだとまだシャッタースピードが遅かったりするので、シーンポジションモード(SPモード)でナチュラルなんちゃら…というモードに設定する(一度設定してしまうと、モードダイヤルの切換だけで切り替えられる)。

 するとISO1600も使用して、撮影してくれるわけだ。今回はこれでもシャッタースピードが手ぶれを抑えるまでもいかないのだが、照明が一切無い環境なので、午後5時過ぎのビルの谷間ではこれでもキツいのだろう。それでも頑張ってくれている。(縮小してしまうと印象が変わらないので、掲載省略)

 比較のために他のデジカメでも撮るべきだったと思うが、持ち合わせがなかったので撮っていない。しかしおそらくISO400止まりだと全滅だったろう。そう考えると、こういうシーンも撮れるコトだけでもありがたい。

05031404 ただ、ここで気になるのが写真の明るさ。このシーンの実際の明るさの印象はこのくらいなのだが、前掲載の通り、写真写りはもっと明るい。右は露出補正を1と2/3と+にかけているのだが、これで「そのときの見た目」になったと思う。

 考えてみればデジカメとして当たり前のことなのだが、狙った先を適正露出で撮ろうとするのは当然のことで、そこが暗ければ明るくして撮ろうとするのは当然の機能なわけだ。

 ただ、気がついてみるとおいらが暗いところを撮ろうとするのは「そういう暗いところがありましたよ」と、「暗い印象」を撮りたいのであって、そこに隠れているディティールを撮りたい…ということではないわけだ。

 いや、撮りたい時もあるのだが、「デジカメの機能を否定する」撮り方も多いと思われ。

 ま、そういう時は露出補正すればいいじゃん…ということになるのだが、その機能、実はナチュラルシーンモードの時には働かなかったりする(;_;)。

 …となると、オートでもSPモードでもない、マニュアルモードにし、手動設定でISOと露出補正を設定してやらなければならないわけだ。

 まぁ、オートとSPとマニュアルとダイヤル一つで切換分けられるわけで、「大概の場所でできるだけ綺麗に撮る」オートと、「暗所を明るく記録する」SP、「暗所を暗所として撮影する」マニュアル…と使い分けられるかな…という気も(^^;)。

 ただ、マニュアルんところがISOの切換も手動…ってところがちっと…ね。そりゃ「記録できることが大事」と前述したのでISO1600固定でもいいと思われるかもしれませんけれど、どうせ撮るなら綺麗に…ねぇ(^^;)。まぁでも「暗く撮っていい」というのであれば、ISO800固定でもいいってことか…。


05031405 肝心のISO1600は実にノイジー。ただ、確かにこれでディティール記録用としては使用できない(看板の記録とか)場合もあるが、全体の印象などをとどめておこう…と思うならば、ノイズはあまり問題にならないと思う。

 でないと、気軽にこういう写真とか撮れないわけだし、縮小してノイズ感を低減させるとかすればあまり気にならないし。

 ただ、気をつけなければならないのは、レンズのF値。ワイド端では2.8で、ISO1600と組み合わせたりすれば大概の所に露出があうが、テレ端では5と、結構絞られてしまう。こうなるとなかなかシャッタースピードが速くならない。

 個人的には「寄って撮る」が信条なので大体は大丈夫だとは思うが、ワイド端ばかりで慣れていると、痛い目を見そうな気もする(^^;)。


 まぁそうは言ってはいるものの、今まで暗さで撮影をあきらめていたところを撮れるようになったわけで、フィールドが広がったと思うとかなりお買い得感が。一眼ほどの大きさもなく、手軽に撮影出来るっつーあたりは心地よい。

 これであのオプションボックスさえ無ければなぁ…。まぁ、バックアップに徹すれば、バッテリーもデカいので、フラッシュ炊かなければ結構保ちそうだし、旅行にも本体のみでイケるかも。…まぁそれはさすがに安心できないかな(^^;)。

« のんびり、東へ… | トップページ | 緊急性の順序付け »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27753/3294371

この記事へのトラックバック一覧です: 新しい、サブ:

« のんびり、東へ… | トップページ | 緊急性の順序付け »