2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

関連リンク

 


検索


  • Google


    WWW を検索
    とめどなく雑記 を検索

写真ピックアップ2012/04-05

  • 夜の桜
    2009年初頭までは定期的に写真を掲載していたのですが、その後サボってしまいました。写真自体は折を見て撮影していたので、現在からお気に入りなどをピックアップして掲載していきます。ファイル名は特に撮影時期ではありませんので念のため。

2009年1・2・3月撮影分

  • L1000050
    2009年になっても相変わらずぶらぶら撮った写真に終始すると思いますが、ご勘弁のほどを(^^;)。

2008年10・11・12月撮影分

  • 皆が見ないコミケの顔・その5
    D-LUX4も加わっての、バラエティに富んだ写真アルバムに…なるはず?ただ、MPはフィルムなので、掲載する予定はありません。

2008年7・8・9月撮影分

  • 祭り
    一番忙しい四半期につき、写真は少なめになるかと思います。とはいえ、新レンズを使ったりして多少浮かれてはいるかな?(^^;)

2008年4・5・6月撮影分

  • 単線のある風景
    4、5、6月分です。特に説明も無いのですが…(^^;)。まぁのんびりスナップをアップしていく…予定かと。

2008年1・2・3月撮影分

  • 円覚寺・その4
    相変わらずぶらぶら撮っています。面倒なんで、これからは3か月分、まとめようかな。

2007年10・11・12月撮影分

  • 来年に向かって歩く
    相変わらずぶらぶら撮ったものです。あまりにもとりとめなく撮ったので、3ヶ月分まとめさせていただきます(^^;)。

2007年9月撮影分

  • 機上から見る雲
    9月撮影分です。主に久米島旅行で撮った写真になっています。

2007年4・5・6・7・8月撮影分

  • 夏の海
    相変わらずぶらぶら撮った写真です。ちなみにコミケの写真は入っていません。

2007年1・2・3月撮影分

  • 桜の風景・その11
    まだまだのんびり写真です(^^;)。なんか、撮っているのも楽しいですが、現像も楽しいですね。

2006年12月撮影分

  • 築地の町並み
    相変わらずR-D1メインでぶらぶら撮影したものを掲載していきます。紅葉も都心の方まで降りてきていますので、当初はそれを中心に…といったところになるかな?

2006年11月撮影分

  • P1020232
    距離計の狂いから一時期修理に出していたR-D1が帰ってきたので、ちらほらと撮影したものをアップします。
    でもなーんかぎこちないというか…写真に対する自分なりの立脚点がしっかりしてないというか…(^^;)。
    個人的にはしっかり楽しんでいるのでいいとは思うんですけれどね(^^;)。

2006年9月 石垣島周辺旅行

  • 車に積まれたエンジン
    9月下旬に石垣島及び周辺離島を旅してきたときの写真です。
    カメラはR-D1を修理に出していたので、LC1とF10です。Exifん時に機種が書いてないのはLC1と見てください(RAWを現像・エディットして保存すると、さすがにExifデータが残らないみたい)。明るいときにはLC1にはND8のフィルターを装着しています。

2006年6月撮影分

  • 富士山を臨む
    6月撮影分です。ちょこまかと撮っているのをあげていきます。
    色々なレンズも出てきますが、だいたい使うレンズが決まりつつあるような…。

2006年5月撮影分

  • 深川の風景
     ちょっと細かな撮影が入り組んでいる月なので、まとめてのアルバムにします。
     まず最初はくらやみ祭り。のんびり行ったせいか、人垣を越えられず、てんで山車とかの写真はありませんので、期待しないように(^^;)。
     次に有楽町あたりをぶらぶら歩きながら撮った写真、お台場や川越などと、色々取り混ぜてあります。

2006年4月 浅草・皇居前広場・銀座等

  • 紅い店先
    まだR-D1に慣れていないので、運動がてら、色々テスト撮影。その途上、Jupiter-12 35mmF2.8やアベノン28mmF3.5を買ってしまったり(^^;)。その他にはスナップショットスコパー25mmF4とカラーヘリアー75mmF2.5で撮影。

2006年4月 沖縄旅行

  • 赤壁
    買いたてのR-D1を片手に沖縄をうろついた時の写真です。 レンズは基本的にフォクトレンダーのUltron35mmF1.7。広角に写っているのはUltraWide-Hrliar12mmF5.6。飛行機の撮影など、一部望遠はNokton50mmF1.5。

2006年4月 三浦半島一周

  • トンネル入口
     三浦半島一周の旅ですが、お伴にR-D1も持っていきました。  この手の負担の大きい旅ではF10といった軽いデジカメの方が適しているんですが、買ったばかりだし(^^;)、カメラとして楽しむならこちらの方がいいですしねぇ…。  そんなわけでウェストポーチで出動です。カメラ用ポーチというのがあるんですな。一眼レフも入るタイプなので、スリムなR-D1だとレンズを数個入れてもまだ余裕があったりします。  ただ、便利ではあるんですが、ちょっとデカいんですよね。カメラが入る以上、仕方ないのですが。今回はまだ涼しかったから良いですが、今後は考えないといけないかもしれません。ムレるかも。  …で、レンズはウルトラワイド・ヘリアー12mmF5.6、Jupiter-12(35mm)といったところ。実はアベノン28mmも持っていましたが、今回は使いませんでした。 ※工事現場の写真、その3とその4が入れ替わっちゃってますが、そこらへんはうまく数字順に読んでください(^^;)。

« そろそろお買い時? | トップページ | 冬の名物 »

2004/12/02

冬の過ごし方と映画の見方

 …あ、なんとなくふと思ったけれど、正月休みはコミケが終わったら、DVD週間にしようかな…。全然見てないDVDが貯まりまくりだよ。おかげで見たいDVDがあっても、買わなくなっちゃったし(^^;)。

 「オーシャンズ11」も見てなければ「ヒーロー」も見てない。そもそも「ターザン(ディズニーアニメ)」も見てないし、「パニックルーム」だって見てない。他にも見てないDVDがちらほらと…。いい加減精算(?)しなければ!「スパイダーマン」だって見たいんだー!(^^;)買ってない

 ちなみに、「イノセンス」は何度も見ているんだけどなぁ…(^^;)ぉぃ。


 しかし、映画館には折を見て行ってみたり。「コラテラル」が見られたのは良かった。次はあえて「2人の密室劇(?)」という共通点で「笑の大学」を狙ってみようかと。

 三谷幸喜は映画監督も経験しているので「笑の大学」も自分で監督してしまえばいいのに…という気もするのだが、申し訳ないが「映画」監督にはいまいち技量不足に思えてならない。

 舞台にすっかり染まっているので、「舞台」という空間を描くのはものすごく上手いのだが、それを「カメラ」を通してとなると、「席に座っている観客の目線」をどうしても越えられず、「映画」というメディアを生かし切れてないわけだ。

 「ラヂオの時間」は映画の舞台がそもそも密室のみであり、また仕切りや個別の空間であったりするので、必然的にカメラのアングルが多彩になりつつ、また縛りもあって、バリエーション少なくても見飽きる視点には陥らなかったのだが、「みんなのいえ」では山場に近いところでカメラが固定(首振りくらいはする)で長回しだったりして、しかもその効果の無い場面だったりするので、ちっとカメラに対する造詣が足りないな…と痛感した作品でもあったり。

 …そういう意味では三谷氏には脚本に専念して頂いて、カメラワークも含めた演出は別の監督がコーディネートして、脚本にも監督指示としてフィードバックさせる…とかいう方法が結構適しているような気も。…なので、映画監督経験を積んで、改めて脚本家に立ち戻った作品としても興味がある。

 監督は星護…って、フジテレビ系列でテレビドラマとかてがけていた人か?他の映画も作っていたっけ?微妙に聞き覚えがあるような…。

 まぁともあれ期待。


 他に期待しているのは「ターミナル」。スピルバーグとトム・ハンクスが組んで、セットにほぼ原寸のターミナルを組んでしまったという力作で、ある意味これも「密室劇」と呼べなくもない作品。巨頭が組んだ作品にしてはアメリカではあまりヒットが続かなかったようだが(勿論複数週に渡ってTOP10入りはしているが)、結構期待している。

 主人公がまったく意図していない形で「状況」に拘束され、そのなかで獅子奮闘する姿はよく描かれるシチュエーションではあるが、どーも最近の日本ではそれに過激さを付け加え、インパクトを増長したがる傾向にあるらしく(見る側が刺激を求めているからだとは思うが)、戦争(…というよりは、戦闘)・虐殺・理不尽なルールによる殺し合いとかに傾向し、どーもその状況への共感がしにくく、のめり込めない。(亜流として「女の子だらけの環境に陥る男の子」というのもあるが(^^;)、それは(そういうのは)さておく)

 そうすると、結構「ターミナル」は突拍子の無い状況とはいえ、「ありえない話ではない」という印象があり(実際にあり得ないのかどーなのかは知らないが)、また「(理屈として)その状況そのものは理不尽ではない」という部分で素直に受け入れられる状況なので、ちっと見てみたい…と。


 あと他に気になるのは、批評の評価の高い「オールドボーイ」「SAW」あたりなんだけれど、残酷描写が…ね(^^;)日本以外もか…。

 まぁこれらはそれを通り越しての傑作という話も聞くので、なんとか自分を興して(?)挑まないといけないかなぁ…?

« そろそろお買い時? | トップページ | 冬の名物 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27753/2130769

この記事へのトラックバック一覧です: 冬の過ごし方と映画の見方:

« そろそろお買い時? | トップページ | 冬の名物 »