2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

関連リンク

 


検索


  • Google


    WWW を検索
    とめどなく雑記 を検索

写真ピックアップ2012/04-05

  • 夜の桜
    2009年初頭までは定期的に写真を掲載していたのですが、その後サボってしまいました。写真自体は折を見て撮影していたので、現在からお気に入りなどをピックアップして掲載していきます。ファイル名は特に撮影時期ではありませんので念のため。

2009年1・2・3月撮影分

  • L1000050
    2009年になっても相変わらずぶらぶら撮った写真に終始すると思いますが、ご勘弁のほどを(^^;)。

2008年10・11・12月撮影分

  • 皆が見ないコミケの顔・その5
    D-LUX4も加わっての、バラエティに富んだ写真アルバムに…なるはず?ただ、MPはフィルムなので、掲載する予定はありません。

2008年7・8・9月撮影分

  • 祭り
    一番忙しい四半期につき、写真は少なめになるかと思います。とはいえ、新レンズを使ったりして多少浮かれてはいるかな?(^^;)

2008年4・5・6月撮影分

  • 単線のある風景
    4、5、6月分です。特に説明も無いのですが…(^^;)。まぁのんびりスナップをアップしていく…予定かと。

2008年1・2・3月撮影分

  • 円覚寺・その4
    相変わらずぶらぶら撮っています。面倒なんで、これからは3か月分、まとめようかな。

2007年10・11・12月撮影分

  • 来年に向かって歩く
    相変わらずぶらぶら撮ったものです。あまりにもとりとめなく撮ったので、3ヶ月分まとめさせていただきます(^^;)。

2007年9月撮影分

  • 機上から見る雲
    9月撮影分です。主に久米島旅行で撮った写真になっています。

2007年4・5・6・7・8月撮影分

  • 夏の海
    相変わらずぶらぶら撮った写真です。ちなみにコミケの写真は入っていません。

2007年1・2・3月撮影分

  • 桜の風景・その11
    まだまだのんびり写真です(^^;)。なんか、撮っているのも楽しいですが、現像も楽しいですね。

2006年12月撮影分

  • 築地の町並み
    相変わらずR-D1メインでぶらぶら撮影したものを掲載していきます。紅葉も都心の方まで降りてきていますので、当初はそれを中心に…といったところになるかな?

2006年11月撮影分

  • P1020232
    距離計の狂いから一時期修理に出していたR-D1が帰ってきたので、ちらほらと撮影したものをアップします。
    でもなーんかぎこちないというか…写真に対する自分なりの立脚点がしっかりしてないというか…(^^;)。
    個人的にはしっかり楽しんでいるのでいいとは思うんですけれどね(^^;)。

2006年9月 石垣島周辺旅行

  • 車に積まれたエンジン
    9月下旬に石垣島及び周辺離島を旅してきたときの写真です。
    カメラはR-D1を修理に出していたので、LC1とF10です。Exifん時に機種が書いてないのはLC1と見てください(RAWを現像・エディットして保存すると、さすがにExifデータが残らないみたい)。明るいときにはLC1にはND8のフィルターを装着しています。

2006年6月撮影分

  • 富士山を臨む
    6月撮影分です。ちょこまかと撮っているのをあげていきます。
    色々なレンズも出てきますが、だいたい使うレンズが決まりつつあるような…。

2006年5月撮影分

  • 深川の風景
     ちょっと細かな撮影が入り組んでいる月なので、まとめてのアルバムにします。
     まず最初はくらやみ祭り。のんびり行ったせいか、人垣を越えられず、てんで山車とかの写真はありませんので、期待しないように(^^;)。
     次に有楽町あたりをぶらぶら歩きながら撮った写真、お台場や川越などと、色々取り混ぜてあります。

2006年4月 浅草・皇居前広場・銀座等

  • 紅い店先
    まだR-D1に慣れていないので、運動がてら、色々テスト撮影。その途上、Jupiter-12 35mmF2.8やアベノン28mmF3.5を買ってしまったり(^^;)。その他にはスナップショットスコパー25mmF4とカラーヘリアー75mmF2.5で撮影。

2006年4月 沖縄旅行

  • 赤壁
    買いたてのR-D1を片手に沖縄をうろついた時の写真です。 レンズは基本的にフォクトレンダーのUltron35mmF1.7。広角に写っているのはUltraWide-Hrliar12mmF5.6。飛行機の撮影など、一部望遠はNokton50mmF1.5。

2006年4月 三浦半島一周

  • トンネル入口
     三浦半島一周の旅ですが、お伴にR-D1も持っていきました。  この手の負担の大きい旅ではF10といった軽いデジカメの方が適しているんですが、買ったばかりだし(^^;)、カメラとして楽しむならこちらの方がいいですしねぇ…。  そんなわけでウェストポーチで出動です。カメラ用ポーチというのがあるんですな。一眼レフも入るタイプなので、スリムなR-D1だとレンズを数個入れてもまだ余裕があったりします。  ただ、便利ではあるんですが、ちょっとデカいんですよね。カメラが入る以上、仕方ないのですが。今回はまだ涼しかったから良いですが、今後は考えないといけないかもしれません。ムレるかも。  …で、レンズはウルトラワイド・ヘリアー12mmF5.6、Jupiter-12(35mm)といったところ。実はアベノン28mmも持っていましたが、今回は使いませんでした。 ※工事現場の写真、その3とその4が入れ替わっちゃってますが、そこらへんはうまく数字順に読んでください(^^;)。

« 助ける理由 | トップページ | 何もかもが懐かしい… »

2004/10/28

地震の考え方

 君は地震波を見たか

 ちっと別の検索をしていて、たまたま行き当たったページです。通りすがりのリンク、トラックバック、勝手ながら失礼を(__)。

 ただ、個人的にこういう理科系の「理解の構想」というのは興味のあるところ…っていうか、一時期、仕事に関係していたところもあったりするので、黙ってられねー…っつーか(^^;)ぉぃ。

 で、地震波をどのようにイメージさせるか…ってところですけれど、おいらも地学とか、そういった関係は疎いのでアレなんですけれど(^^;)。そんなわけで平面立体上イメージとしてうねる様子はわからんではないんですけれど、土とか岩とか、そういう「個体」がうねっているのをイメージする…というのは確かに難しいかも…。

 …で思いついたのは、まず「断層でズレるだけなのに、なぜ振動が起きるのか?」というところ。たしかに物体を1方向に1回ズラしているだけなのに、振幅が起きるというのが納得できないかも。

 そこらへんは長い塩ビパイプでも用意して頂ければと。

04102801.gif

 別に丸いパイプである必要はないんですけれど、持ちやすくて、最初に思いついたアイテムだったので(^^;)なんでやねん。ちなみにこれを長くすると、極端に短いのも用意して、「固いものでも振動しやすい」ってのが実感しやすいかも。

 で、これを2本、断面の部分でこする…と。こするのは1回限り。つまり断層のズレのイメージです。

04102802.gif

 ただ、持っている人はわかるけれど、この際振動が起きます。この振動は断層の1回のズレ…というよりはズレの中で断面同士がこすれあい、そのざらざらした断面の表面の摩擦によって起きるのがわかる…と。実際の地震もそういうこと…でなかったら、この説明は超的はずれなんですが(^^;)どなたか確認してください。

 そしてこの際、こすれる音が出ればしめたもの。音が出るということはその物体そのものが微弱ながらも振動していること…というのは納得してもらえるかと。

 そしてそれは直径数cmから十数cmのパイプでの微細な振動なので、スケールアップして地殻規模などに大きくすると、その振動幅・エネルギーはビルや山をも動かしてしまう…と(^^;)乱暴か?。その周波数も塩ビだからか、あるいはその大きさだから人間の可聴域だけれど、地殻レベルだと振動する物体が違うから、あるいはスケールが違ってしまって、人間の耳に聞こえない周波数レベルでの振動になってしまうので地鳴りとしてしか振動を音として捉えられないけれど、物体を音が伝わるのと同じレベルで揺れが伝わっていく…みたいな説明だと…どうでしょうか?(^^;)自信なし<洒落てるぉぃ

 まー、元々は文系の人間なのでぉぃあまり高レベルな説明とか出来ないですけれど、理科とか科学とかで頭の中で「納得」できる快感っつーのはやっぱ勉学の喜びにつながっていくので、なんとかサポートしていきたいところです。…って、だからそういう知識もない奴の仮想説明(?)は役には立たねーって(^^;)。

 そゆわけで、ど素人考えなので、適当に聞き流していただきたいところですが(^^;)。

« 助ける理由 | トップページ | 何もかもが懐かしい… »

コメント

トラックバックありがとうございます。イラストまでつけて頂いて、ちょっと感動しちゃいました(笑)

さて、ご提案についてですが、かなりユニークで面白い説明だと思います。縦にこすり合わせるのと横へ振動が伝わるのが上手く組み合わされていますよね。

ただ、音=振動という部分が、ネックになるかもしれません。このことを知っている生徒は多いですが、理解している生徒はなかなかいない気がします・・・うむむ。

まあでも、こういう「イメージ化」というのは、うまくいくと生徒たちの表情がぱっと明るいものに変わります。それがどれくらい大切なのかはわかりませんが、教員としてやっていく以上、そういうのを目標として頑張っていきたいなと思います。どうもありがとうございました。

あ、どうもご覧いただき、ありがとうございます。まぁイラストはたまたまマイブームだっただけでして(^^;)。ただ、言葉では説明しにくかったし、ちょうど良かったかと。

んでも雑草さんの生徒さんに対するバイタリティは素晴らしいと思います。ちょっとでもお役に立てればなぁ…と思い、書かせて頂きました。まぁ、参考にもならないかもしれませんが、応援している人がいるということだけでも伝われば…。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27753/1794334

この記事へのトラックバック一覧です: 地震の考え方:

« 助ける理由 | トップページ | 何もかもが懐かしい… »