2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

関連リンク

 


検索


  • Google


    WWW を検索
    とめどなく雑記 を検索

写真ピックアップ2012/04-05

  • 夜の桜
    2009年初頭までは定期的に写真を掲載していたのですが、その後サボってしまいました。写真自体は折を見て撮影していたので、現在からお気に入りなどをピックアップして掲載していきます。ファイル名は特に撮影時期ではありませんので念のため。

2009年1・2・3月撮影分

  • L1000050
    2009年になっても相変わらずぶらぶら撮った写真に終始すると思いますが、ご勘弁のほどを(^^;)。

2008年10・11・12月撮影分

  • 皆が見ないコミケの顔・その5
    D-LUX4も加わっての、バラエティに富んだ写真アルバムに…なるはず?ただ、MPはフィルムなので、掲載する予定はありません。

2008年7・8・9月撮影分

  • 祭り
    一番忙しい四半期につき、写真は少なめになるかと思います。とはいえ、新レンズを使ったりして多少浮かれてはいるかな?(^^;)

2008年4・5・6月撮影分

  • 単線のある風景
    4、5、6月分です。特に説明も無いのですが…(^^;)。まぁのんびりスナップをアップしていく…予定かと。

2008年1・2・3月撮影分

  • 円覚寺・その4
    相変わらずぶらぶら撮っています。面倒なんで、これからは3か月分、まとめようかな。

2007年10・11・12月撮影分

  • 来年に向かって歩く
    相変わらずぶらぶら撮ったものです。あまりにもとりとめなく撮ったので、3ヶ月分まとめさせていただきます(^^;)。

2007年9月撮影分

  • 機上から見る雲
    9月撮影分です。主に久米島旅行で撮った写真になっています。

2007年4・5・6・7・8月撮影分

  • 夏の海
    相変わらずぶらぶら撮った写真です。ちなみにコミケの写真は入っていません。

2007年1・2・3月撮影分

  • 桜の風景・その11
    まだまだのんびり写真です(^^;)。なんか、撮っているのも楽しいですが、現像も楽しいですね。

2006年12月撮影分

  • 築地の町並み
    相変わらずR-D1メインでぶらぶら撮影したものを掲載していきます。紅葉も都心の方まで降りてきていますので、当初はそれを中心に…といったところになるかな?

2006年11月撮影分

  • P1020232
    距離計の狂いから一時期修理に出していたR-D1が帰ってきたので、ちらほらと撮影したものをアップします。
    でもなーんかぎこちないというか…写真に対する自分なりの立脚点がしっかりしてないというか…(^^;)。
    個人的にはしっかり楽しんでいるのでいいとは思うんですけれどね(^^;)。

2006年9月 石垣島周辺旅行

  • 車に積まれたエンジン
    9月下旬に石垣島及び周辺離島を旅してきたときの写真です。
    カメラはR-D1を修理に出していたので、LC1とF10です。Exifん時に機種が書いてないのはLC1と見てください(RAWを現像・エディットして保存すると、さすがにExifデータが残らないみたい)。明るいときにはLC1にはND8のフィルターを装着しています。

2006年6月撮影分

  • 富士山を臨む
    6月撮影分です。ちょこまかと撮っているのをあげていきます。
    色々なレンズも出てきますが、だいたい使うレンズが決まりつつあるような…。

2006年5月撮影分

  • 深川の風景
     ちょっと細かな撮影が入り組んでいる月なので、まとめてのアルバムにします。
     まず最初はくらやみ祭り。のんびり行ったせいか、人垣を越えられず、てんで山車とかの写真はありませんので、期待しないように(^^;)。
     次に有楽町あたりをぶらぶら歩きながら撮った写真、お台場や川越などと、色々取り混ぜてあります。

2006年4月 浅草・皇居前広場・銀座等

  • 紅い店先
    まだR-D1に慣れていないので、運動がてら、色々テスト撮影。その途上、Jupiter-12 35mmF2.8やアベノン28mmF3.5を買ってしまったり(^^;)。その他にはスナップショットスコパー25mmF4とカラーヘリアー75mmF2.5で撮影。

2006年4月 沖縄旅行

  • 赤壁
    買いたてのR-D1を片手に沖縄をうろついた時の写真です。 レンズは基本的にフォクトレンダーのUltron35mmF1.7。広角に写っているのはUltraWide-Hrliar12mmF5.6。飛行機の撮影など、一部望遠はNokton50mmF1.5。

2006年4月 三浦半島一周

  • トンネル入口
     三浦半島一周の旅ですが、お伴にR-D1も持っていきました。  この手の負担の大きい旅ではF10といった軽いデジカメの方が適しているんですが、買ったばかりだし(^^;)、カメラとして楽しむならこちらの方がいいですしねぇ…。  そんなわけでウェストポーチで出動です。カメラ用ポーチというのがあるんですな。一眼レフも入るタイプなので、スリムなR-D1だとレンズを数個入れてもまだ余裕があったりします。  ただ、便利ではあるんですが、ちょっとデカいんですよね。カメラが入る以上、仕方ないのですが。今回はまだ涼しかったから良いですが、今後は考えないといけないかもしれません。ムレるかも。  …で、レンズはウルトラワイド・ヘリアー12mmF5.6、Jupiter-12(35mm)といったところ。実はアベノン28mmも持っていましたが、今回は使いませんでした。 ※工事現場の写真、その3とその4が入れ替わっちゃってますが、そこらへんはうまく数字順に読んでください(^^;)。

« PSPにやらせたいこと | トップページ | 助ける理由 »

2004/10/27

電車男は現れるのか?

 本当にそうなるかどうかは別にして、「電車男」本の出版元に映像化のオファーが殺到しているそうな。

 まぁそれだけ反応のある話ってのは納得できるが、…どーもなんか陳腐な映像化になりそうでヤなんだよなぁ…。前にも書いたけれど、普通の映像化ではこの革新的(?)なシチュエーションを活かせられないと思うのですよ。

 そのシチュエーションとは何か?それは(話の中では)誰一人として電車男、エルメスさんを見ていない、その存在自体が証明されていないんですよ、少なくとも「おまいら友達」発言あたりまでは。その「見えない相手」に対しての住人達のアドバイス、リアクション、あるいはその「見えない相手」の成長を文字から感じ取る新しい感受。そこを書籍ならほぼ同等の再現性を保っているので問題ない訳ですけれど、映像となるとビジュアル…ってことになってしまうので、話を描いていく上で、ビジュアルとして「電車男」を出すと思うんですよ、ふつー。

 誰もが個別に持っていた「電車男」や「エルメスさん」という人物像を映像というのは良くも悪くもあっさり固定化してしまい、逆に先に示したシチュエーションを無くしてしまうわけで、後に残るのはネットにすがる恋愛初心者の若者の成長物語…か、住人も含めた群像劇…って、舞台を変えただけのただのトレンディドラマじゃん!

 …なわけなので、どうしても映像化するというのなら、私が猛烈に推す「電車男・エルメスさん非映像化論」の上での映像化でなんとかしていただきたいのココロ。なんなら、俺がコンテ描くからさぁ!(^^;)ぉぃぉぃ

« PSPにやらせたいこと | トップページ | 助ける理由 »

コメント

そういう意味では、「電車男」と「エルメスさん」はAAで描くべき?w

えっ、AAってなに?(^^;)

ちなみに、補足というか…。テレビシリーズだとするなら、さすがに二人を出さないのはツラいだろうなぁ…。かといって、2時間ドラマ・映画ってのは、尺がツラいかも。結構難しい題材かも。

僕が脚本を書くとすれば,
・主人公は,電車男と同じ電車にいつも乗り合わせるサラリーマンという設定
・主人公が背中越しに電車男とエルメスさんの会話を聞いている(電車男とエルメスは,声のみの出演)
・映像は主人公視点が中心(つまり,電車の窓の映像とか)
・会話を聞きつつ,主人公が心の中で(そーいうときはこう答えるんだよ!!)っとアドバイスを叫んでる(2chでのアドバイスですな)
・従って,2chは登場しない
・電車男とエルメスとのやりとりをきっかけに,主人公が何かの決断をするような結末がドラマとして美しい?
映像化するなら,完全な第3者(傍観者)視点で描いた方が良いと思いますです.

あえて2chというくくりを外れ、オリジナル脚本で自由度を目指し、主人公を限定してコンセプトを明確化する…という狙いは面白いですね(違う狙いだったらすみません(^^;))。

ただ、電車男と主人公の交流はなんらかの形で考慮する必要はあるかと思われます。「主人公の決断」とあるのは、そこに至るまでの「主人公の成長」も含まれているかと思われますが、同時に「電車男の成長」も必要なわけで、それとお互いの相乗効果が「何も接点が無いまま」というのは原作の意味も成しません。

ただ、TOKさんのコンセプトを考えると、直接会話…というわけにはいきませんし、なかなか難しいところだとは思いますが。

ともあれ、原作に縛られない勇気も必要ですが、なぜ原作があるのか、という部分の検討も含め、改めて企画書を提出してください…って、何の話やねーん!!?(^^;)

んでもおいらのやり方だと作品の時間の調整が難しいですが、TOKさん案では映画でもTVでも対応出来そうですね。

あるいは発展してって「通勤電車の話」とかオリジナルに仕上げても面白いかもしれませんね。いや、自分は自転車通勤とかしたことないんですけれど、場合によっては通勤電車の任意の時間・車両って、大体決まった面子とかになりません?その前提次第ですけれど、脇役を増やすのもそうして可能になるだろうし…。


ちなみに私の場合、描写の仕方ですけれど、ハネるのとびら(だっけ?)に出てきた、あのドランクドラゴンがやってたネットアイドルを追っかけるオタク(「~ナリ」とか言っていたアイツ)の部屋の写し方、ディスプレイの内側からのカメラとかのアングルとかあったと思うけれど、ああいう写し方が基本なんですよ。

ただ、想像するまでもなく映像が単調化してしまうので、住人達が書く「想像」とか「妄想」は映像化するんですよ。

「今頃電車男は…」と書き出したら、そこはニセ電車男の映像を出すんですよ。勿論一人の住人でそれやったら、電車男のキャラクターが固定化されてしまうので、他の住人の想像・妄想も映像化してばらばらな電車男を出し、イメージの固定化を避けます。

またこの際、関係ない芸能人を出して話題性を演出するというのも手です、営業的に(^^;)ぉぃ。

また、派手さを演出したいなら、空爆を受ける住人達…って映像も差し込むといいでしょう。なんとかそれで「PCの前」という単調な映像を避ける…んですけれど、それでも無理が出そうだなぁ…(^^;)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27753/1791085

この記事へのトラックバック一覧です: 電車男は現れるのか?:

» [電車男][押井守][私信]何もかもが懐かしい… [XMLがキライ。]
- http://ogamio.cocolog-nifty.com/weblog01/2004/10/post_51.html ああ、あとトラックバック、とばしなさいよ>TMXくん。 いやあ、飛ば ... [続きを読む]

« PSPにやらせたいこと | トップページ | 助ける理由 »