2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

関連リンク

 


検索


  • Google


    WWW を検索
    とめどなく雑記 を検索

写真ピックアップ2012/04-05

  • 夜の桜
    2009年初頭までは定期的に写真を掲載していたのですが、その後サボってしまいました。写真自体は折を見て撮影していたので、現在からお気に入りなどをピックアップして掲載していきます。ファイル名は特に撮影時期ではありませんので念のため。

2009年1・2・3月撮影分

  • L1000050
    2009年になっても相変わらずぶらぶら撮った写真に終始すると思いますが、ご勘弁のほどを(^^;)。

2008年10・11・12月撮影分

  • 皆が見ないコミケの顔・その5
    D-LUX4も加わっての、バラエティに富んだ写真アルバムに…なるはず?ただ、MPはフィルムなので、掲載する予定はありません。

2008年7・8・9月撮影分

  • 祭り
    一番忙しい四半期につき、写真は少なめになるかと思います。とはいえ、新レンズを使ったりして多少浮かれてはいるかな?(^^;)

2008年4・5・6月撮影分

  • 単線のある風景
    4、5、6月分です。特に説明も無いのですが…(^^;)。まぁのんびりスナップをアップしていく…予定かと。

2008年1・2・3月撮影分

  • 円覚寺・その4
    相変わらずぶらぶら撮っています。面倒なんで、これからは3か月分、まとめようかな。

2007年10・11・12月撮影分

  • 来年に向かって歩く
    相変わらずぶらぶら撮ったものです。あまりにもとりとめなく撮ったので、3ヶ月分まとめさせていただきます(^^;)。

2007年9月撮影分

  • 機上から見る雲
    9月撮影分です。主に久米島旅行で撮った写真になっています。

2007年4・5・6・7・8月撮影分

  • 夏の海
    相変わらずぶらぶら撮った写真です。ちなみにコミケの写真は入っていません。

2007年1・2・3月撮影分

  • 桜の風景・その11
    まだまだのんびり写真です(^^;)。なんか、撮っているのも楽しいですが、現像も楽しいですね。

2006年12月撮影分

  • 築地の町並み
    相変わらずR-D1メインでぶらぶら撮影したものを掲載していきます。紅葉も都心の方まで降りてきていますので、当初はそれを中心に…といったところになるかな?

2006年11月撮影分

  • P1020232
    距離計の狂いから一時期修理に出していたR-D1が帰ってきたので、ちらほらと撮影したものをアップします。
    でもなーんかぎこちないというか…写真に対する自分なりの立脚点がしっかりしてないというか…(^^;)。
    個人的にはしっかり楽しんでいるのでいいとは思うんですけれどね(^^;)。

2006年9月 石垣島周辺旅行

  • 車に積まれたエンジン
    9月下旬に石垣島及び周辺離島を旅してきたときの写真です。
    カメラはR-D1を修理に出していたので、LC1とF10です。Exifん時に機種が書いてないのはLC1と見てください(RAWを現像・エディットして保存すると、さすがにExifデータが残らないみたい)。明るいときにはLC1にはND8のフィルターを装着しています。

2006年6月撮影分

  • 富士山を臨む
    6月撮影分です。ちょこまかと撮っているのをあげていきます。
    色々なレンズも出てきますが、だいたい使うレンズが決まりつつあるような…。

2006年5月撮影分

  • 深川の風景
     ちょっと細かな撮影が入り組んでいる月なので、まとめてのアルバムにします。
     まず最初はくらやみ祭り。のんびり行ったせいか、人垣を越えられず、てんで山車とかの写真はありませんので、期待しないように(^^;)。
     次に有楽町あたりをぶらぶら歩きながら撮った写真、お台場や川越などと、色々取り混ぜてあります。

2006年4月 浅草・皇居前広場・銀座等

  • 紅い店先
    まだR-D1に慣れていないので、運動がてら、色々テスト撮影。その途上、Jupiter-12 35mmF2.8やアベノン28mmF3.5を買ってしまったり(^^;)。その他にはスナップショットスコパー25mmF4とカラーヘリアー75mmF2.5で撮影。

2006年4月 沖縄旅行

  • 赤壁
    買いたてのR-D1を片手に沖縄をうろついた時の写真です。 レンズは基本的にフォクトレンダーのUltron35mmF1.7。広角に写っているのはUltraWide-Hrliar12mmF5.6。飛行機の撮影など、一部望遠はNokton50mmF1.5。

2006年4月 三浦半島一周

  • トンネル入口
     三浦半島一周の旅ですが、お伴にR-D1も持っていきました。  この手の負担の大きい旅ではF10といった軽いデジカメの方が適しているんですが、買ったばかりだし(^^;)、カメラとして楽しむならこちらの方がいいですしねぇ…。  そんなわけでウェストポーチで出動です。カメラ用ポーチというのがあるんですな。一眼レフも入るタイプなので、スリムなR-D1だとレンズを数個入れてもまだ余裕があったりします。  ただ、便利ではあるんですが、ちょっとデカいんですよね。カメラが入る以上、仕方ないのですが。今回はまだ涼しかったから良いですが、今後は考えないといけないかもしれません。ムレるかも。  …で、レンズはウルトラワイド・ヘリアー12mmF5.6、Jupiter-12(35mm)といったところ。実はアベノン28mmも持っていましたが、今回は使いませんでした。 ※工事現場の写真、その3とその4が入れ替わっちゃってますが、そこらへんはうまく数字順に読んでください(^^;)。

« 西部警察の不安 | トップページ | デジタルノートパッド・その後 »

2004/10/26

自転車の描き方

04102504.gif A501でふと人の乗っている自転車を描いてみた。…つっても、デッサンというか、ブロック図(?)だけれど。

 普段おいらが漫画を描くネタがない…とかなんとか言うと、よく「だったら今のめりこんでいる自転車を描けばいいじゃない」という話を聞く。ただ、絵を一度でも描いたことのある人ならばわかると思うが、自転車を描くというのは恐ろしく難しいことなのだ(個人的には車もそうだと思うのだが、円の比率が低いので比較的難度は低くなる)。

 そもそも「円(正円だけでなく、アングルを変えた円をも含む)」が入ったデザインというのはことさら描くのが難しい。その「円」が占める割合が大きい自転車ともなればなおさらだ。

 漫研とか、よく新人部員に四角とか円とか描かせる練習をさせることがあるが(無い?)、ペン先がどのような向きに引かれても上手く線が引けるようになるための練習であるとともに、実際に円を上手く描けるようになるための練習も兼ねている。それで「円」のデッサン力がつくと、結構色々な場面で役に立つのだが、おいらの場合はかなりおそろかにしていたため、「円」が描けない。上手い人はホント、1本線で綺麗な「円」を描けるからなぁ…。こちとらかすれ線、何本か重ねても「円」には見えない(^^;)。

 さらに自転車は結構スカスカだったりして、前輪後輪との距離をフレームでうまく埋めなければならないんだけれど、これもまた特殊な形をしていたりしてパースが取りづらい。とりもなおさず前輪後輪の距離をうまく取れなかったりする。

 そして人物も介在すれば、その姿勢をどう表現するか…とかなんとか要素を入れ込んでいくと、誰でも「自転車を描くのは難物」というのはおわかりいただけると思う。とりあえず思い出してみて欲しい。自転車を描いた漫画、アニメってのは滅多に無い。バイクも含め、2輪を描いている作品は、相当な画力の持ち主でないとツラいっつーこっちゃ。

 そう考えると、「アオバ…」のあの方は「神」と言ってもいいし、「パト2」の最初のシーンで見せた、「自転車二人乗りで演技」のカットなんぞは押井守をして「保護していかなければならないアニメータ」と言わしめた存在であり、「アンダルシアの夏」に至っては一部は3DCGで描かれたようだけれど(それでも難しいIK組んだりして、難物には違いない)、やっとこさまともにアニメで描かれた、自転車乗りにとっては超貴重な自転車アニメであり、そしておそらく今後は無いであろうことも想像に難くない。
(注:アングル固定、自転車の左右への振り(体重移動)無しの止め絵、動画は脚とクランクのみで、上半身はクチパクのみ…というアニメの描き方は、「自転車を描いた」うちに入らないので念のため(私見(^^;)))

 まぁそんなわけで、おいらが下手でも勘弁してね…という免罪符ってわけで(^^;)。んでもまぁ、小径っぽさは出たんではないかな…と(タイヤを小さくした…ってだけでなく、乗り手の姿勢とか)。ただ、当然ブロンプトンをイメージしたものの、あの独特のカーブを描くフレーム部分がうまく描けず、「量販店で売っている、ただの折りたたみ自転車」っぽいフォルムに成り下がっているのが悔しい(^^;)。

 これも慣れ…というか、特訓あるのみなのかな。

 ちなみに、3DCGで描く…というのも考えたが、おいら自身に進展が無いので却下。まぁ進展しようがなかったら3DCGに逃げるが(^^;)。必ずしも3Dで処理する…というのも正解とは限らないんだよなぁ…。特に動きを見せるような描写が必要な場合。

 「イノセンス」の関連本を読んでいて驚いたのだが、あれに出てくる車、走行しない描写の装甲車などを除き、すべて手書きなんだそうだ。手書きのアニメに、反射データなどを貼り込んでいるため3DCGに見えるが、基本的なフレームは手書きということで。

 つまりは、アニメの中の車の動きというのはキャラクターに違わず誇張した部分も必要なわけで、そういったアニメなりの動きというのは今のところ3DCGでは不可能なので、どうしても手書きに頼らざるを得ない…ということらしい。

 勿論3DCGなら実車なりの走行データ…というか、物理演算にのっとったリアルな挙動も再現可能だろうが、しかしリアル過ぎるとアニメから「浮いた」形になってよくないのだ…と。確かにDVD版攻殻とか、リアルでセル調なじんでいたけれど、浮いていたような気もするし…。

 まぁ、いくら3DCGが発展しても、手書きそのものへのそういった要求がある限りは、両方とも共存していくことになるのかな…と。

 それはともかくとして、おいら自身ももっと練習しないとなぁ…ってことで(^^;)。

« 西部警察の不安 | トップページ | デジタルノートパッド・その後 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27753/1777558

この記事へのトラックバック一覧です: 自転車の描き方:

« 西部警察の不安 | トップページ | デジタルノートパッド・その後 »