2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

関連リンク

 


検索


  • Google


    WWW を検索
    とめどなく雑記 を検索

写真ピックアップ2012/04-05

  • 夜の桜
    2009年初頭までは定期的に写真を掲載していたのですが、その後サボってしまいました。写真自体は折を見て撮影していたので、現在からお気に入りなどをピックアップして掲載していきます。ファイル名は特に撮影時期ではありませんので念のため。

2009年1・2・3月撮影分

  • L1000050
    2009年になっても相変わらずぶらぶら撮った写真に終始すると思いますが、ご勘弁のほどを(^^;)。

2008年10・11・12月撮影分

  • 皆が見ないコミケの顔・その5
    D-LUX4も加わっての、バラエティに富んだ写真アルバムに…なるはず?ただ、MPはフィルムなので、掲載する予定はありません。

2008年7・8・9月撮影分

  • 祭り
    一番忙しい四半期につき、写真は少なめになるかと思います。とはいえ、新レンズを使ったりして多少浮かれてはいるかな?(^^;)

2008年4・5・6月撮影分

  • 単線のある風景
    4、5、6月分です。特に説明も無いのですが…(^^;)。まぁのんびりスナップをアップしていく…予定かと。

2008年1・2・3月撮影分

  • 円覚寺・その4
    相変わらずぶらぶら撮っています。面倒なんで、これからは3か月分、まとめようかな。

2007年10・11・12月撮影分

  • 来年に向かって歩く
    相変わらずぶらぶら撮ったものです。あまりにもとりとめなく撮ったので、3ヶ月分まとめさせていただきます(^^;)。

2007年9月撮影分

  • 機上から見る雲
    9月撮影分です。主に久米島旅行で撮った写真になっています。

2007年4・5・6・7・8月撮影分

  • 夏の海
    相変わらずぶらぶら撮った写真です。ちなみにコミケの写真は入っていません。

2007年1・2・3月撮影分

  • 桜の風景・その11
    まだまだのんびり写真です(^^;)。なんか、撮っているのも楽しいですが、現像も楽しいですね。

2006年12月撮影分

  • 築地の町並み
    相変わらずR-D1メインでぶらぶら撮影したものを掲載していきます。紅葉も都心の方まで降りてきていますので、当初はそれを中心に…といったところになるかな?

2006年11月撮影分

  • P1020232
    距離計の狂いから一時期修理に出していたR-D1が帰ってきたので、ちらほらと撮影したものをアップします。
    でもなーんかぎこちないというか…写真に対する自分なりの立脚点がしっかりしてないというか…(^^;)。
    個人的にはしっかり楽しんでいるのでいいとは思うんですけれどね(^^;)。

2006年9月 石垣島周辺旅行

  • 車に積まれたエンジン
    9月下旬に石垣島及び周辺離島を旅してきたときの写真です。
    カメラはR-D1を修理に出していたので、LC1とF10です。Exifん時に機種が書いてないのはLC1と見てください(RAWを現像・エディットして保存すると、さすがにExifデータが残らないみたい)。明るいときにはLC1にはND8のフィルターを装着しています。

2006年6月撮影分

  • 富士山を臨む
    6月撮影分です。ちょこまかと撮っているのをあげていきます。
    色々なレンズも出てきますが、だいたい使うレンズが決まりつつあるような…。

2006年5月撮影分

  • 深川の風景
     ちょっと細かな撮影が入り組んでいる月なので、まとめてのアルバムにします。
     まず最初はくらやみ祭り。のんびり行ったせいか、人垣を越えられず、てんで山車とかの写真はありませんので、期待しないように(^^;)。
     次に有楽町あたりをぶらぶら歩きながら撮った写真、お台場や川越などと、色々取り混ぜてあります。

2006年4月 浅草・皇居前広場・銀座等

  • 紅い店先
    まだR-D1に慣れていないので、運動がてら、色々テスト撮影。その途上、Jupiter-12 35mmF2.8やアベノン28mmF3.5を買ってしまったり(^^;)。その他にはスナップショットスコパー25mmF4とカラーヘリアー75mmF2.5で撮影。

2006年4月 沖縄旅行

  • 赤壁
    買いたてのR-D1を片手に沖縄をうろついた時の写真です。 レンズは基本的にフォクトレンダーのUltron35mmF1.7。広角に写っているのはUltraWide-Hrliar12mmF5.6。飛行機の撮影など、一部望遠はNokton50mmF1.5。

2006年4月 三浦半島一周

  • トンネル入口
     三浦半島一周の旅ですが、お伴にR-D1も持っていきました。  この手の負担の大きい旅ではF10といった軽いデジカメの方が適しているんですが、買ったばかりだし(^^;)、カメラとして楽しむならこちらの方がいいですしねぇ…。  そんなわけでウェストポーチで出動です。カメラ用ポーチというのがあるんですな。一眼レフも入るタイプなので、スリムなR-D1だとレンズを数個入れてもまだ余裕があったりします。  ただ、便利ではあるんですが、ちょっとデカいんですよね。カメラが入る以上、仕方ないのですが。今回はまだ涼しかったから良いですが、今後は考えないといけないかもしれません。ムレるかも。  …で、レンズはウルトラワイド・ヘリアー12mmF5.6、Jupiter-12(35mm)といったところ。実はアベノン28mmも持っていましたが、今回は使いませんでした。 ※工事現場の写真、その3とその4が入れ替わっちゃってますが、そこらへんはうまく数字順に読んでください(^^;)。

« 最近のココログ(定期連絡?) | トップページ | イノセンスと、関係ない戯れ言 »

2004/10/19

冬コミ原稿とComicStudio

 うーん、そろそろ冬コミ対策とか行わなければ…。まぁ「受かっていれば」という前提だけれども、合否(いつだっけ?)を待って対応しようとすると間に合わなさそうなので、今からでも何かしら考えておかないと…。

 ただ、一応せらばに10周年記念本…とか考えてはいるものの、具体的に何を書く…ってのは全然頭になかったり(^^;)。まだ、Cinema4D R9本とか作っていた方が楽(^^;)ぉぃ。

 うーん、しかし参ったな。キャラクタをおいらの中で動かせられない…っつーか、キャラが立ったキャラクターがいないのがマズいような気がする。漫画の…というか、映像も含めて作品の作り方としては、おいらの場合シチュエーションよりもストーリーとか、「こういう場面を描きたい…ので、そういう場面になるためのストーリー」とかいった着眼で始まるので、キャラクターはその後についてくるといった感じ。

 手としては、キャラクターを作って、そいつらが話を作ってくれる、せめて発端くらいはストーリーを強引に押しつけて、しかしあとはキャラクター達が勝手に話を作ってくれる…というのもあると思うんだけれども、そういうのができないんだよねぇ…、わし。まずキャラクターが作れない…っていうか…。

 萌えキャラとか作れればいいんだけれどねぇ…(^^;)。特にせらばにというと、「せらばに」というシチュエーション自体をどう定義づけるか…ってところで難しいところだったり。そもそも制服というのは世界観を構築するディティールの一つであって、「添え物」でしかないのだが、そもそもそれが主題の一つになってしまうと、その主題の構築のための労力が増えてしまうことでもある。


 たとえば、日常のものとして「それが普通の世界」なのか、実は「その世界でも異質なもの」であり、なので山奥でひっそりと全寮制で…ってのにするか、まず世界観の構築、ストーリーの作成という外枠から固めていかなければならない性質のものであるのに、そのデザイン故にキャラクターの個性も強くないと成り立たない…というか、キャラクターそのものが浮き立ってこないということもあり、すべてのシーケンスに於いて、強い立脚点が必要になってしまい、その設定作業量たるや、膨大なものになってしまう…というか、非常に大変。

 そもそもリアリティを重視するのか…って問題もあるし、まず無視する…ということにしても主題でもあり、シチュエーションでもあるせらばにを無視するわけにはいかないし…。

 …ってか、同人誌に対して何をそんなに身構えているんだ…と一歩引いて考えてみるとそうなんだけれど、これらどこかだけでもスタンスをしっかりしておかないと「え?俺、今何に基づいてここを描いているんだ?」という作者自身のスタンスすら見失って創作作業の立脚点さえ失いかねないところなので、あまりないがしろにも出来ない…。

 …と、ここまで書いて「だったらせめて学園内だけで帰結するような話というか、展開に限定してしまえば楽なんでない?」ということに気が付いたり(^^;)。

 あるいは、これらの問題が何かに似ているな…と思ったのだが、「メカフィリア」における「プロテクト・ギア」について語られる問題点と結構似ているような気が…(^^;)ぉぃぉぃ。いや、ホントに。

 んでもそーすっと、解決策も書いてあった気がするなー…。


 …とまぁ、ここまで書いておいてなんだけれど、また、書いてもいるけれど、たかが同人でそこまで頭悩ます必要も無いので、気楽に行こうかと(^^;)ぉぃ。

 とりあえず、「個性的なキャラを作って、そいつらに好き勝手にしてもらう」漫画でも描ければ…とは思うものの、そもそもその「立ったキャラクター」を作るのが苦手なんだけれども、あえてそれから始めてみる…と。


 ちなみに、漫画ツールとしては使い慣れたIllustratorあたりが良いと思うのだが、ここは一つ、ComicStudioででもいこうかと思っている。コマ割りとか、ページ管理とかが楽そうだし。

 一応、使ってみたいことを念頭に、PRO版を購入してあったしさ(コミケ特別価格。本当に安かったのかどうかは不明(^^;))。んでも今までまともに使ったこと、無し(^^;)。あわてて今、マニュアル片手にいじっています。最近ようやくペンの使い方がわかってきて、描いたのがこれ。

04101901.gif

 トーン部分にモアレ…っていうか、縮小しわがでちゃったな…。まぁこれは画像編集上の問題なので、ComicStudioがどうこうではありませんので、念のため。

 …で、あえてラフっぽく描いています。線をラフっぽく描くのは本来手抜きなんですけれど(^^;)、「綺麗な線」ベクトルデータでこういうラフっぽいタッチも面白いかな、気負いせずにすむかな…とか思ったり。

 また、トーンの扱いも「貼る」「消す」「削る」といったタッチの他に、ペン先としてトーンを描く…ってな技も行え、逆にそれを多用した方が「ComicStudioらしいタッチ」とかいうことになるかなぁ…とか思ったり。

 いや、本来ComicStudioは紙とペンとスクリーントーンで行っていたことをまんまPC上に再現するのが主目的だと思うんですが、せっかく舞台が変わったんだったら、やれることも変えてみてもいいんじゃないか、それに沿ったタッチにしてもいいんじゃないのん?…って感じになってきて、そういう意味でツールを使いこなす原稿を…というテンションにも汲み入れないと、とても原稿描けそうもないし(^^;)ぉぃ。

 まぁそんなわけで、色々やっとります。そういえばバージョンアップアナウンスが出てたな、ComicStudio。どーすっかな、Ver.3にしておこうかな…。む~。

« 最近のココログ(定期連絡?) | トップページ | イノセンスと、関係ない戯れ言 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27753/1719318

この記事へのトラックバック一覧です: 冬コミ原稿とComicStudio:

« 最近のココログ(定期連絡?) | トップページ | イノセンスと、関係ない戯れ言 »