2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

関連リンク

 


検索


  • Google


    WWW を検索
    とめどなく雑記 を検索

写真ピックアップ2012/04-05

  • 夜の桜
    2009年初頭までは定期的に写真を掲載していたのですが、その後サボってしまいました。写真自体は折を見て撮影していたので、現在からお気に入りなどをピックアップして掲載していきます。ファイル名は特に撮影時期ではありませんので念のため。

2009年1・2・3月撮影分

  • L1000050
    2009年になっても相変わらずぶらぶら撮った写真に終始すると思いますが、ご勘弁のほどを(^^;)。

2008年10・11・12月撮影分

  • 皆が見ないコミケの顔・その5
    D-LUX4も加わっての、バラエティに富んだ写真アルバムに…なるはず?ただ、MPはフィルムなので、掲載する予定はありません。

2008年7・8・9月撮影分

  • 祭り
    一番忙しい四半期につき、写真は少なめになるかと思います。とはいえ、新レンズを使ったりして多少浮かれてはいるかな?(^^;)

2008年4・5・6月撮影分

  • 単線のある風景
    4、5、6月分です。特に説明も無いのですが…(^^;)。まぁのんびりスナップをアップしていく…予定かと。

2008年1・2・3月撮影分

  • 円覚寺・その4
    相変わらずぶらぶら撮っています。面倒なんで、これからは3か月分、まとめようかな。

2007年10・11・12月撮影分

  • 来年に向かって歩く
    相変わらずぶらぶら撮ったものです。あまりにもとりとめなく撮ったので、3ヶ月分まとめさせていただきます(^^;)。

2007年9月撮影分

  • 機上から見る雲
    9月撮影分です。主に久米島旅行で撮った写真になっています。

2007年4・5・6・7・8月撮影分

  • 夏の海
    相変わらずぶらぶら撮った写真です。ちなみにコミケの写真は入っていません。

2007年1・2・3月撮影分

  • 桜の風景・その11
    まだまだのんびり写真です(^^;)。なんか、撮っているのも楽しいですが、現像も楽しいですね。

2006年12月撮影分

  • 築地の町並み
    相変わらずR-D1メインでぶらぶら撮影したものを掲載していきます。紅葉も都心の方まで降りてきていますので、当初はそれを中心に…といったところになるかな?

2006年11月撮影分

  • P1020232
    距離計の狂いから一時期修理に出していたR-D1が帰ってきたので、ちらほらと撮影したものをアップします。
    でもなーんかぎこちないというか…写真に対する自分なりの立脚点がしっかりしてないというか…(^^;)。
    個人的にはしっかり楽しんでいるのでいいとは思うんですけれどね(^^;)。

2006年9月 石垣島周辺旅行

  • 車に積まれたエンジン
    9月下旬に石垣島及び周辺離島を旅してきたときの写真です。
    カメラはR-D1を修理に出していたので、LC1とF10です。Exifん時に機種が書いてないのはLC1と見てください(RAWを現像・エディットして保存すると、さすがにExifデータが残らないみたい)。明るいときにはLC1にはND8のフィルターを装着しています。

2006年6月撮影分

  • 富士山を臨む
    6月撮影分です。ちょこまかと撮っているのをあげていきます。
    色々なレンズも出てきますが、だいたい使うレンズが決まりつつあるような…。

2006年5月撮影分

  • 深川の風景
     ちょっと細かな撮影が入り組んでいる月なので、まとめてのアルバムにします。
     まず最初はくらやみ祭り。のんびり行ったせいか、人垣を越えられず、てんで山車とかの写真はありませんので、期待しないように(^^;)。
     次に有楽町あたりをぶらぶら歩きながら撮った写真、お台場や川越などと、色々取り混ぜてあります。

2006年4月 浅草・皇居前広場・銀座等

  • 紅い店先
    まだR-D1に慣れていないので、運動がてら、色々テスト撮影。その途上、Jupiter-12 35mmF2.8やアベノン28mmF3.5を買ってしまったり(^^;)。その他にはスナップショットスコパー25mmF4とカラーヘリアー75mmF2.5で撮影。

2006年4月 沖縄旅行

  • 赤壁
    買いたてのR-D1を片手に沖縄をうろついた時の写真です。 レンズは基本的にフォクトレンダーのUltron35mmF1.7。広角に写っているのはUltraWide-Hrliar12mmF5.6。飛行機の撮影など、一部望遠はNokton50mmF1.5。

2006年4月 三浦半島一周

  • トンネル入口
     三浦半島一周の旅ですが、お伴にR-D1も持っていきました。  この手の負担の大きい旅ではF10といった軽いデジカメの方が適しているんですが、買ったばかりだし(^^;)、カメラとして楽しむならこちらの方がいいですしねぇ…。  そんなわけでウェストポーチで出動です。カメラ用ポーチというのがあるんですな。一眼レフも入るタイプなので、スリムなR-D1だとレンズを数個入れてもまだ余裕があったりします。  ただ、便利ではあるんですが、ちょっとデカいんですよね。カメラが入る以上、仕方ないのですが。今回はまだ涼しかったから良いですが、今後は考えないといけないかもしれません。ムレるかも。  …で、レンズはウルトラワイド・ヘリアー12mmF5.6、Jupiter-12(35mm)といったところ。実はアベノン28mmも持っていましたが、今回は使いませんでした。 ※工事現場の写真、その3とその4が入れ替わっちゃってますが、そこらへんはうまく数字順に読んでください(^^;)。

« 久米島・観光編 | トップページ | たまには小ネタも少々… »

2004/09/25

久米島・自転車編

04092511.jpg まだまだ久米島に関しては書き足りないんだけれど、一番書きたい(^^;)自転車関係の話。

 今回のブロンプトンでは前回、4月頃に沖縄に行ったときの反省を活かした装備にした。要するに「後部荷台に装着するバッグはズレを起こさないようにする」という最重要課題。まぁその他に、前回久米島での反省、「鞄は出来るだけ一つにまとめる」ということもかねること。

 そこでチョイスしたのはヨドバシカメラで売っていたキャリー付きバッグ。キャリーが付いているのでコロコロ転がしながら引っ張れるし、バックパックのように背負い込むことも出来る。で、それなりに軽量・コンパクト。

 そしてここが実は肝要なのだが、下部に鞄を支えるための突起が出ていること。キャリー自体の幅はブロンプトンの荷台よりも広く、しかしこの突起はうまく荷台の隙間に挟まるような位置関係になっている。これにより荷台にうまく引っかかるようになっており、鞄(及び内容物)の重量によって押さえ込み、またサドルピラーにベルトでくくりつけることによって落ちないことにする。荷台は元々後方に傾斜しているので、これで結構安定し、意外に乗りやすい。ちっとかかとがぶつかりやすくなっているが、荷台のコロコロよりは距離が遠いので問題なし。

 …とまぁ言った具合にサドルバッグを抱えていながらもしっかり後部バッグの調達に成功し、その他にショッパーも付くんだから、結構な積載量を確保できている。取り付けが面倒だったりするのだが、長距離移動にはむいているかも。

 ちなみにこのキャリーバッグ、それなりに幅の狭いキャリーが荷台に載せたときの安定性に一役買っているのだが、キャリーそのものとして引っ張る場合、重量を安定して支えきれず、安定して転がし始めるまでに暴れまくってしまう。そういう欠点もあるのだが、やはり荷台に載せることを考えると利点でもあるのでなかなか難しいところ…。

04092512.jpg ともあれ、久米島島内を走るのに、色々活躍してくれた。ちょっと久米島空港→ホテル間ではまだその恩恵を図りかねて、バス移動組に荷物を託してしまったが、ホテル→久米島空港では安定した走りを見せてくれた。もっとも、島内では鞄を外して走っていたけれどね(^^;)。

 んでも結構狭い島内、小回りが効く走りを見せてくれて、結構便利でした。まぁ坂道では相変わらず8段化しておけばよかったなぁ…とか思ったりもするのだが(^^;)。

04092513.jpg ちなみに右は「海の中の歩道橋」といわれるところをバックに撮ったところ。遠くてわからないと思うが(^^;)。

04092514.jpg こういうところとか、もちっと南とかにも走っていったり。写真は島尻橋。

 これ以上先の道もあったんだけれど、…上り坂だったんで(^^;)。

04092515.jpg ちなみに、一応久米島もレンタルサイクルがあって、それを利用するのも手だ。見かけはさすがに潮風を毎日浴びているだけあってボロだが、坂道ではおいらがおいてかれるくらいに使えるので、問題はないかも。ただ、やはりママチャリだし、モノによってはパンクしていたり(言えば交換してくれるだろうが、出先で気づくこともある)あまりお勧めは出来ない。

 勿論外装ギアだったりする自転車を持参するのもメンテを考えればあまりお勧めできないが、とりあえず島までブロンプトンを運んでくるのは自分の労力だけ負担で(無論、空港職員等にもご苦労をかけたが(^^;))、無料だったので、モノによってはやはり便利なのでは無かろうか?

 まぁ、多人数で折りたたみでも自転車持ち込むと、置き場所に困ってしまうかもしれないが(^^;)。南の島で夜間でも潮風にさらしたくないからねぇ。そういう意味では、今回の2台という台数は良かったのかも?


#書き忘れていたが、飛行機輸送の仕方。

 ブロンプトンは裸のまま引き渡し、「透明袋に入れて取扱注意、カゴに入れて運んで、現地で手渡し」とかなーり贅沢な注文。YuNKさんの自転車は輪行袋に入れてあるので、カゴ運びだけでも…といった感じ。とりあえず自転車の形状残さず折りたたまれるタイプに関しては、これくらいの注文でほーぼ問題なく運ばれるような気が…。

 フレームの折りたたまれない、あるいは多少ガタイのデカいモールトン、MR20等は一考の必要があるかも。まぁトライアスロン用の自転車が運ばれるのを見たので、運ばれないってことはないと思うが、無保証なので、無事な運び方の検討…という意味で…ね。

« 久米島・観光編 | トップページ | たまには小ネタも少々… »

コメント

ブロンプトンの8速化してなかったのですか。当方は
ベルト・ドライブのBD-1をインター7からインター8
にグレードアップしました。インター8はとても快適
で気に入っています。3速ではいくら体力があっても
坂を漕いで登ることは出来ないでしょう。8速にすれ
ば登れますよ。

久米島前後では預けられる体制ではなかったんですよ。夏の間、大容量カゴが使えるブロンプトンを短期間でも手放したくなかったんですよねー。通勤時に持っていく鞄、デカいから(重いし)。

ただ、涼しくなってきたら、別の自転車でどうにかなりそうなら、1週間くらい預けてどうにかしましょうかねー。…1週間で済むのかなー?(^^;)

こんにちは、初めまして。

写真を見てたんですよ。どこかで見たような自転車だなと…ふと思って玄関行ったら同じのがありました。
弟のなんですけどブロンプトンって云うんですね。初めて知りました(おぃ)
小さいけど結構荷物積めるもんですね。

どもども初めまして。ん~、こういった小径車で積載量の拡充を目指しているってのはあまり無いでしょうね。メーカーにしても、オーナーにしても。軽快にいろんなところに持っていく…ってのがコンセプトですから。

ブロンプトンには自由に使える荷台があったので、たまたまここまで積載量を増やせましたけれど、あまり設計者も念頭に置いてない使い方かもしれません。

ただ、可能性としては一端の例にはなったかと思いますし、私自身も行動範囲が広がったような気もしますし、この行為自体はOKでしょう。

misutakeさんも旅の際には、弟さんからお借りしてみては?(^^;)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27753/1517026

この記事へのトラックバック一覧です: 久米島・自転車編:

« 久米島・観光編 | トップページ | たまには小ネタも少々… »